4/11 ファイターズ3回戦① それでも私は宮城を讃える!

田牧(元)校長の道楽
04 /11 2021
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-50
9回の反撃も「宮城を負け投手にできん!」の思いだったに違いない


絶対に3タテは食らえない、
いや、食らうハズはない。
だって、3戦目の先発は宮城だから!
[Readygo]Image 2021-04-11 20-12-12

初回から宮城はエンジン全開
[Readygo]Image 2021-04-11 20-12-23
西川と大田を三振にとって安定のスタート。

すると、それに呼応するかのように、
その裏、2番佐野が相手先発の加藤の2-2からのストレートを鋭く振りぬく
[Readygo]Image 2021-04-11 20-11-07
[Readygo]Image 2021-04-11 20-11-10
[Readygo]Image 2021-04-11 20-11-14
[Readygo]Image 2021-04-11 20-11-17
[Readygo]Image 2021-04-11 20-11-20
これがレフトスタンド5階席に飛び込む、佐野の今季一号、
佐野にとって通算でも2本目となるホームランで先制。

まだまだ左右どちらの打席でも課題は多く、
スタメンでの出塁率では自慢の足で相手を脅かす機会も少ない佐野ですが、
「思いっきり振る」というスタイルを貫き続けるのも大切。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-11-23
安易に妥協せず、そのスタイルで大成するまで気張れ!

が・・この後は加藤に抑え込まれ、次の1点が遠い。

それでも宮城は孤高のマウンドを耐え抜き、
6回までにヒットを打たれたのは4回の守りだけ。
2本のヒットと死球で二死満塁のピンチでしたが、
樋口相手にクロスファイヤーを決め三振を奪う。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-12-28
[Readygo]Image 2021-04-11 20-12-31

宮城の心臓の強さって末恐ろしいレベルだ
[Readygo]Image 2021-04-11 20-12-43

何とか宮城を援護したい打線は、
5回にようやく紅林のサード強襲の2ベースと、
安達の技あり流し打ちで二死1・3塁のチャンス。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-12-53
[Readygo]Image 2021-04-11 20-12-56

しかし、ここでは佐野が続かず1点が遠い。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-00

球数も嵩み、プレッシャーもきつくなってくる7回。
先頭の中田をこのゲーム2つ目の四球で出してしまい、
続く渡邊にも連続四球で無死1・2塁のピンチ。
樋口の送りバントは伏見が封じ、ランナー動けず。
次の代打松本に対しては完全に討ち取った当たりの投ゴロ。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-05

当たりが弱すぎで宮城のグラブに収まるまで少し間がありましたが、
宮城はこれを捕球し、2塁にきっちり送球。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-09
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-12
もちろん一塁走者はフォースアウト。

しかし、タイミング的に際どいと焦った安達の一塁への送球が逸れる。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-20
ただ、これフツーの送球でもセーフだった可能性あるね。

したがって安達を責めるということではないんだけど、
むしろファーストに投げないほうが「悪い流れ」を呼び込まなかったのかも知れない。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-23
二死1・3塁、宮城の球数はこの時点で100球。
球数的には微妙でも無失点ということを考えれば
ここで替えるというのはむしろ怖い。
ただ、攻守両面において、中嶋監督の勝負勘が
微妙にズレているように感じるのも、
ここんとこの敗戦で感じてはいるところ、

で・・・その「勘の悪さ」がここで出てしまいました。
ここまで2打席討ち取っていた清水に初球を打たれ同点に追いつかれ、
続く代打、郡にもやはり初球を狙い打ちされ、逆転されてしまう。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-31
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-46

恐らく7回を抑えれば、8回からはリリーフがマウンドに上がったでしょうから、
宮城にとっては「あと一人」だったわけですが、それが遠かった。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-42
しかし、僅か1点だけのリードを6回まで
完璧に守り抜いた宮城をどうして責められよう。
むしろ19歳2年目の投手がここまで踏ん張れたことは称賛に値する。

逆転されたといってもたった1点差。
7回裏に取り返せば宮城に負けもつかない、
逆転すれば再び勝利投手の権利だって点滅する。

しかし・・だ。
この日緊急昇格した大下からの6・7・8番が加藤の前にあっさり沈黙。

そして8回にマウンドに上がった能見が、
高濱のソロと樋口の2ベースで2点を失い、
ほぼ勝敗は決する。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-55
ここも「勝負勘」の悪さかなぁ・・
同じサウスポーで、宮城と能見を打者目線で比べたら、
能見の方に「打ちやすさ」を感じたのかも知れない。
宮城に完全に抑えられた樋口が打っただけになおさらそのように思える。

かといって、この日は9回に漆原を使えないという思惑があって、
ヒギンスを出し惜しんだというのもあったのかも知れない。
まぁ「勝負勘の悪さ」ってそうしたことも含むんだろうけどね。

3点差がついて絶望的になったかと言えばさにあらず、
8回もマウンドに上がった加藤に対し、
代打ジョーンズと佐野のヒットで一死1・3塁。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-14-00
ここで打席には正尚と、
一発出ればイッキに同点という「ラストチャンス」が訪れる。

しかし・・ここまで加藤に翻弄されて3打席凡退だった正尚は、
まるで「チャンスの弱いオリックス打者の総意」が乗り移ったかのように、
2ナッシングからの低めのボールを焦って打ちに行って、
5-4-3のダブルプレー・・最後の望みは一瞬で潰える・・・
[Readygo]Image 2021-04-11 20-14-05
[Readygo]Image 2021-04-11 20-14-09

私も含め、この8回に逸機で「3タテ」を覚悟したと思います。

ところが・・・ようやくというか、
オリックスナインの意地が9回に爆発する!

長いので2回に分けます




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。