8/11 日替わりヒーロー:今日は安達が決めた!

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
08 /11 2018
[Readygo]Image 2018-08-11 18-24-46
お立ち台のメンツがかわるのはチーム状況が上向きの証

11日はゲーム前の練習で西野が打球を顔に受け骨折。
小田がようやく戻ってきたのに、今度は西野が離脱。
イケメン2人のそろい踏み期間は短い。

相手先発がボルシンガーということで苦戦を覚悟していましたが、
一番に入っている宮崎がこのゲームも元気。
初回は先頭打者ヒットで塁に出て、ナカジの犠牲フライで先制のホームを踏む
[Readygo]Image 2018-08-11 18-38-55
[Readygo]Image 2018-08-11 18-38-58

逆転された2回には白崎の2ベースで得たチャンスをバント失敗で消した後に、
2死1・2塁から2ベースで同点に追いつく活躍
[Readygo]Image 2018-08-11 18-39-26
[Readygo]Image 2018-08-11 18-39-33
ここで、チャンスが萎んだままだと後味悪かったから、宮崎の働きは大きい。

先発のローチは3回までに角中のソロを含む5安打を打たれ3失点。
[Readygo]Image 2018-08-11 18-39-20
この日の登板ではボールに力がないところを攻略された感じ。
2シーム系のボールが威力を発揮しないとすぐ捕まってしまいます。
むしろ3回のマリーンズの攻撃は1点で済んでラッキーでした。
・・ということでローチは3回で早めに見切って、4回からは山岡が登板。
[Readygo]Image 2018-08-11 18-39-43
ヒットは3本打たれましたが、ボールに力があって連打を食らわずに済みました。

[Readygo]Image 2018-08-11 18-38-29
中継ぎになってから確実に本来の自分の投球を取り戻しつつあるようです。
これが、シーズン終盤の競った展開で生きてくるようになればいいんだけど。

7回に一死から山岡がアジャ井上に2ベースを打たれ、
左の角中のところで山田にスイッチ。
[Readygo]Image 2018-08-11 18-39-56
登板過多気味なのは心配ですが
初めて期待され信頼されマウンドに送り出されているといっても良い状況で、
本人も意気に感じている部分もあるんではないでしょうか。
角中・鈴木大地と厄介な左打者をフライに仕留めピンチを脱し、
さらに8回もマウンドに上がり、ここも左2人、右1人を抑え三者凡退。
この山田の奮投が、8回裏の反攻につながりました。

3回以降はボルシンガーに白崎のヒット1本のみに抑えられ、
7回も代わった岩下からチャンスは作るも併殺で点差は1点のまま。
前回のマリーンズ戦では、僅差で3タテを食らっていて、
今回もマリーンズの救援陣に抑え込まれる予感がしましたが、
8回の益田が大乱調。
中島・正尚に連続四球。
伏見に代えて福田を起用し送りバント
(この作戦については賛否両論あるでしょうね・・というか否が多いか)
一死2・3塁から白崎にも死球を与え、結局満塁。
大城は気負いすぎたかボール球を振って三振で2アウト。
次打者は安達でここんとこ調子は悪く、打率も2割切る寸前。
が、西野を怪我で欠き、ベンチで打てそうなのは小田のみ。
小田を送って左投手を出されることを恐れたか、ベンチは安達に賭ける。

安達は3球目の低めの球を軽く合わせるように打ち返す
[Readygo]Image 2018-08-11 18-38-34

ところがこれがセンター方向にぐんぐん伸びていって、センターのアタマを超える
[Readygo]Image 2018-08-11 18-38-37
2死ですから、このあたりなら走者は全員生還、安達も3塁へ。

安達が右方向に長打や大きなフライを打つ時の打法が出ました。
コントロールに苦しむ益田の投げる球を見透かしたような、あわせたバッティング。
これは安達だからこそ出来たバッティングだとも言えるでしょう。あっぱれ!
[Readygo]Image 2018-08-11 18-38-43

この瞬間、勝利投手の権利が舞い込んできた山田もこの表情
[Readygo]Image 2018-08-11 18-38-40

さらに武田がレフト前に打ち返して安達も生還し、この回4点!
[Readygo]Image 2018-08-11 18-40-04

一気に逆転したあとは、増井が9回をピシャリ
[Readygo]Image 2018-08-11 18-40-23
増井はこれで3連続セーブ。完全に復調してくれたようです。立ち直るの結構早い。

そして山田は2016年の9月25日のマリーンズ戦以来の勝利で、
プロ入り10年目、ようやくの通算3勝目です。
今季は本人にとって「崖っぷち」の年であるとファンからも思われていましたが、
ようやく活躍の場を得られたようで、オリ党としても嬉しい限り。

こうなると、明日も勝って3タテを狙いたいところ。
オリックスの先発は久々の東明。
昨年6月以来、今季はもちろん初先発。
ファームではずっと調整を続けていたので、
あの荒れ気味ではあるけど力強い直球がどこまで戻ってきているか楽しみ。
マリーンズは一軍初登板の高卒2年目の種市篤暉。
勝負の行方がどうなるか、まったく読めませんが、
「初勝利プレゼンター」にだけはならないように・・・。
西野の代わりの昇格ですが・・小島とかもうやめてよ。
ファンはみんな同じ思い「杉本をあげろ!」・・だと思うよ。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。