8/10  Wユウキ「笑顔と泣き顔」のお立ち台 「直上の」ライバルに先勝!

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
08 /11 2018
[Readygo]Image 2018-08-10 22-40-34
西には「グッ」とくるものがあって、宮崎には「ドッ」と笑いがこぼれる。

10日から「夏の陣」後半戦であるマリーンズ戦
この直上のライバルにまず勝ち越すことが、CS進出への第一関門
2戦目がボルシンガーであることを考えれば、アタマをとることがとても重要。

オリックス先発西は6月19日以来遠ざかっている白星目指して力投
[Readygo]Image 2018-08-10 20-51-41
そこからの4試合、「内容は良かったが援護がなかった」なんてもんじゃなく、
ほぼ自らの投球で沈んでいったものだけに、
味方の援護云々ではなく、まず本来の西のピッチングを取り戻すことが肝要。
そして西の真骨頂といえば、コーナーへズバズバ勢いの良い球が決まること。
[Readygo]Image 2018-08-10 21-38-45
[Readygo]Image 2018-08-10 21-38-39
[Readygo]Image 2018-08-10 21-39-12
この日のゲームでは、それを久々に見れた感じで、
福浦の代打タイムリーを含め被安打も6でしたが、
三振も7つ奪い、うち4つが見逃し三振で、制球の冴えを示しました。
(最後のは逆球っぽく見えるけどw)

若月との呼吸もばっちりで、7回1失点。
打線の援護が薄かったので、この時点では白星を確信できる状況ではなかったですが、
久々の西らしい胸のすくような投球を見せてくれました。
[Readygo]Image 2018-08-10 21-39-27

打線は相手先発二木の前に打てたヒットは3本だけ。
これで2点取れたのは結構ラッキー。
2回はまさにそのラッキー通りで相手の守備ミスから1点先取。
5回も二死から若月が四球で出て、
宮崎がフェンスの真上にあたる2ベースで貴重な追加点。
[Readygo]Image 2018-08-10 21-38-58
180810Orix02.jpeg
[Readygo]Image 2018-08-10 21-39-06
ホームランにも見えた当たりでしたが、判定は覆らず。

1点のリードを、8回山本、9回増井がともに三者凡退で守ってゲームセット
180810Orix01.jpeg
[Readygo]Image 2018-08-10 21-40-01

西に久々の6勝目と、山本も10代の投手では初となる30ホールドポイントを獲得
チームとしても6月26日以来のカード初戦の白星となりました。
マリーンズには前回スイープを食らっているので、お返しをしたいところですが、
11日の先発はローチとボルシンガー・・苦しい戦いです。
ローチはある程度抑えてくれるという期待はありますが、
打線がどれだけ彼を援護できるか・・・せめて3点はとってくれ!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。