8/4 ローチ粘投!山田ナイス火消し!そして岩本がプロ復帰後初勝利!

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
08 /04 2018
[Readygo]Image 2018-08-04 19-48-24
出身地(山口)に近い福岡で初ヒーローインタビュー

4日はともに初顔合わせとなるローチと松本裕樹の先発。
[Readygo]Image 2018-08-04 19-48-34
マウンド上での立ち姿が見事なほどに威圧感に欠けるローチ
昨年のヘルメンとはエライ違いだ。

・・・が、しかし・・・
オリックスほどではないけどチーム力が低下中のホークスはローチを攻めきれない。
[Readygo]Image 2018-08-04 17-16-10
ツーシーム主体の丁寧なピッチングのローチの前にホークス打線は凡打の山。
奪三振も少ないけど、四球も与えず、併殺打は3つ。
4回に上林の3ベースと牧原のヒットで1点失いましたが失点はそれだけ。
球数も少なく、8回二死で今宮に2ベースを打たれて交代するまで、
淡々とペースを崩さず投げてくれました。

[Readygo]Image 2018-08-04 19-48-42
登板3戦目で断言していいかな?「いい選手とってきた!」

これだけテンポ良く投げてくれたら、
打線にもいい影響を与えるのでは・・と思いきや・・・

今のオリックス打線をなめてはいけない


こちらも松本裕樹に完璧に抑えられます。
小田・中島がケガから復帰して即スタメンに名を連ねましたが打てない。
ようやく7回に正尚にホームランテラスに飛び込む一発が出て同点に追いつきましたが、
そこまでに打ったヒットはたった2本(西野・福田)

正尚のホームランは左中間深いところに低い弾道で飛んでいきました。
[Readygo]Image 2018-08-04 16-41-13
[Readygo]Image 2018-08-04 18-07-43

リリーフ陣で内容が良かったのは8回の山田と9回の山岡、そして11回の岩本
[Readygo]Image 2018-08-04 19-48-48
山田は同点での8回2死2塁、バッター上林のところで登板。
これまで、このような場面でほぼ上林にやられていましたが、
ここは山田の気迫勝ち。
内角際どいところを混ぜつつ、外角勝負で内野フライに仕留めピンチ脱出。

9回の山岡は牧原・柳田を三振にとり、デスパイネはセカンドゴロ。
この回のマウンドを増井でなく山岡に託したのは正解でした。
相手打者に立ち向かう気迫を取り戻すためにも、しばらくクローザーを任せてもいいかも?

岩本のことは後に譲るとして、
9回に勝ち越しチャンスでの攻撃。
ヒットの大城を塁において、正尚申告敬遠、中島も歩いて2死満塁。
次打者はここまでノーヒットですが伏見ですので、大チャンスです。
が・・・ここで代打・小谷野

なんでじゃあああああ!!

伏見の調子がよっぽどよくなかったのか、森との相性を考えたのか、
小谷野に何かしらのオーラーを見たのか、
これについては皆目見当つきません。
ただ、いちファンとしては、「何とかして欲しいけど、何ともならんだろう」としか思えない。
そして、その嫌な予想は当たって、外角の球に泳がされてセカンドゴロ
[Readygo]Image 2018-08-04 19-48-51
まだ「〇〇の花道」を与えるには早すぎるし、
伏見がダメだったとしても、白崎も宮崎もまだベンチにいたんだが・・・

「鬼門」延長戦に入って10回の攻撃では、
帰ってきた「ツキ男」イケメン小田が先頭打者。
[Readygo]Image 2018-08-04 19-49-09

ここまではノーヒットで、復帰いきなりスタメンは厳しいのかなと思っていましたが、
ゲーム終盤に異様に強いのもこのイケメン
[Readygo]Image 2018-08-04 19-49-12
見事に右中間ど真ん中を破って3ベース!
ケガ前の勢いをそのまま引っ提げての復帰でした。これはメデタイ!

続く福田は彼らしいピッチャー返しの勝ち越し打
[Readygo]Image 2018-08-04 19-49-25
[Readygo]Image 2018-08-04 19-49-29
どの打順にいてもいい仕事するなぁ

これで山岡に久々の白星がつく可能性が出たわけですが、
増井が4試合連続の背信投球。
先頭中村にボール2つ先行した後2ベースを打たれ、
内川を三振に取った後、松田は申告敬遠。
確かにウチは松田にも上林同様いつも手痛い目にあっていますが、
逆転サヨナラのランナーを「進呈」する弱気はどうだろうね?
結局、その「弱気」が代打長谷川に初球を叩かれることにつながったとしか思えない。
[Readygo]Image 2018-08-04 19-49-34
フェンス直撃の2ベースで同点に追いつかれてしまいました。
これ2死だったらサヨナラになっていたかもね。

なおも一死2・3塁とピンチは続きましたが、
ここは増井がなんとか自分で危機を脱しました。
今宮申告敬遠で満塁にして、上林・牧原を内野ゴロで抑えたのは、
立ち直りの兆しと言えなくもないけど、
ここは暫く大胆な配置転換するか、増井を一度休ませてもいいかも?
どの時点(何回連続失敗)で判断するかは監督の専権事項なので、
ファンがとやかく言うことではないと思っているけど、
今回の失敗が「限界」のようには思えます。

同点に追いつかれるも、ホークスもリリーフ陣も決して良くはない。
11回、一死から正尚が歩いて、ナカジがヒットで続いて1・2塁。
再びの勝ち越しチャンスが訪れました。
次打者は・・・小谷野?え・・・凡退した後で守備に入っていたの?・・なんで?
なんて疑問がアタマをグルグル回っている間に3球目、
インコースの球に今度は詰まってサードゴロ。
絵にかいたようなダブルプレーであっという間にチャンス終了。
てか、小谷野をそのまま打席に立たす以前に、中島に代走だしておけよ!

「また延長で勝てないのか・・・」そんな思いを抱きましたが、
11回の裏は岩本が柳田・デスパイネと一発が怖い打者を討ち取って、
たまーにこんな時にヒーローになる福田秀平もライトフライと三者凡退。
[Readygo]Image 2018-08-04 19-19-13
今のオリックスリリーフ陣で一番の安定ぶりをこの日も見せてくれました。

12回の攻撃は先頭の小田が四球で出塁。福田が送って一死2塁。
ここで代打で白崎が登場。結果は見事にセンター前ヒットで1・3塁。
次打者の武田ならスクイズは難しいか大きなフライは打てる!
[Readygo]Image 2018-08-04 18-16-05
期待通り、武田は2球目をセンターに大きなフライ
3塁から小田が勝ち越しのホームイン!
[Readygo]Image 2018-08-04 19-49-37
2度の勝ち越し、いずれもホームを踏んだのは小田・・さすが「持ってる」イケメン!

1点では心もとないも12回裏は比嘉が登板
案の定というかヒット2本で一死1・3塁と最後も大ピンチ。
が・・今宮が初球を打って併殺打となって、ゲームセット!
[Readygo]Image 2018-08-04 19-49-50
比嘉、何とか1点差を守って今季初セーブ。

勝利投手は岩本。3年ぶりのプロでの勝利、おめでとー!
[Readygo]Image 2018-08-04 20-53-06

ようやく延長戦での連敗も止めて、この勢いで勝ち越しも狙いたいところだけど、
3戦目の先発は松葉・・・・
ホークスの左打者を抑える保証はないし、
不調も内川をも目覚めさすんじゃないかと心配しかない。
対する相手先発は武田。
「無期限2軍調整」を命じられるほどの不調っぷりだったのに、
コマ不足ですぐ昇格した後は完封勝利。
3戦目は「どっちの武田」が顔を出すかが勝敗のポイントになりそう。
序盤が打ち合いになるようなら勝機ありそうなんだけど・・・

とにかく・・・小谷野はもう使わないであげて!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。