いっそ榊原か青山で白旗あげたほうがまだ傷が浅かった

バファローズ黒星日記(since 2015)
08 /02 2018
180801Orix02.jpeg
今季2度目の猛打賞の伏見でしたが、それが全て得点に絡まなかったのが敗因
「伏見・正尚・西野」のクリーンアップがベターじゃないかい?

1日のイーグルス戦はアルバースが安定の投球で、
7回まで田中和基に打たれたホームランでの1失点のみ
180801Orix01.jpeg

ただし打線も相手先発古川の前にあと一押しが出来ず、
初回の正尚のタイムリーと、ロメロに代わって昇格したマレーロの一発のみ。
180801Orix03.jpeg
前回の再昇格後は2戦続けて打ったけど、2日も打てるかな?
てか、ロメロの負傷は無茶苦茶痛い。
彼の諦めない姿勢がベンチからなくなってしまうと、状況がさらに悪化しそう。

1点リードの8回。
この日のセットアッパーは6月22日の「誤審弾」以来、12試合連続無失点を続けている近藤。
今、増井の前を任せられるのは彼しかいない状況だったわけですが・・
先頭の田中に今度は左打席で同点ホームランを浴び、
さらに四球と送りバントで一死2塁となったところで比嘉にバトンタッチ。
この回は比嘉抑えて同点どまりでしたが、結局「勝てない」延長戦へ。
10回は岩本、11回は初のリリーフ登板となった山岡がなんとか抑えますが、
打線の方がイーグルスのリリーフ陣に抑えれてサヨナラの気配がまるでない。
そして、「計算できる」投手が底を尽きた12回。
前日の(心の)傷がまだ癒えていない(であろう)一将が登板。
2死まではとれたけど、あと一人で負けがなくなるというところから3連打で2失点。
これは本人もファンも立ち直るには時間がかかる結果です。
まだAクラス入りを諦めるようなゲーム差ではないとはいえ、
一将も一度抹消してリフレッシュが必要でしょう。
彼が不在の間は、
岩本が代役を務めてくれそうなのと、山本の再昇格で耐えるしかないでしょう。
(山本の再昇格までは、まだ少し日数が必要だけど)
Aクラス争いを終盤でできる状況になったとしても、
そこまでにリリーフ陣を立て直さないことにはどうにもならない。

2点リードされた12回裏は先頭の白崎が2ベースで出塁。
次の武田が凡退したのは仕方がないとして、
安達をそのまま打たせ、
この日マルチの若月のところで小谷野を代打に送ったのは納得いかない。
ベンチにはまだ西村もいたんだし、まず安達のところで代打でしょう。
で、若月と「今の」小谷野なら、まだ若月の方が期待は持てた。

負けがこむと「悪い面」ばかりが目に付いてしまいがちではありますが、
やはり「勝てない」のには、それなりの理由があるように思ってしまいますね。

これで4カード連続の負け越しが確定
3戦目はディクソンと美馬・・・分は悪くないんだから、なんとか一矢報いて、
次のホークス戦へ弾みをつけて欲しい。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。