根深い病根「延長恐怖症」:ブルペンとベンチの判断が岩本のプロ復帰勝利を吹き飛ばす

バファローズ黒星日記(since 2015)
07 /31 2018
[Readygo]Image 2018-07-31 22-47-01
手にしかけて白星がスルリと逃げていた・・でもまだチャンスはたくさんあるぞ


31日からは京セラでイーグルスと「最下位争い」
幸い全部負けてもまだ5位キープではありますが、
それよりもマリーンズ、ホークスがもたついている中、
3位争いに食らいついていけるよう、態勢を立て直さなくてはいけない。

相手先発は則本。
ウチは今季打ててないけど、他球団は攻略している相手。
2点リードされた5回に大城のタイムリーで1点返し、
6回は、5試合ぶりのマルチ安打の正尚と伏見の連打で2・3塁のチャンス。
西野が前進守備の頭を超す逆転3ベース。
[Readygo]Image 2018-07-31 22-46-38
[Readygo]Image 2018-07-31 22-46-33
チームでもトップクラスの勝負強さを発揮するようになってきたイイ男。
安達もヒットで続いて2点リードで則本もこの回でマウンドから降ろし、
ようやく天敵の1人を攻略出来ました。

これで2失点に抑えるも球数がかさみ、
5回でマウンドを降りた金子の後を受けて
6回1イニングを無失点に抑えた岩本に、
2015年以来の勝ち投手の可能性が出てきました。

しかし、7回にヒットと2四球で得た
2死満塁のチャンスを潰したことでゲームの流れが変わったようでした。
あの場面、「2点リード」をセーフティリードと勘違いしたのか、
ここまで無安打の小谷野に代打を送らなかったのが元凶。
確かに小谷野の「勝負強さ」に賭けたい気持ちもあったろうけど、
まだ白崎の方が可能性があったかも?

そして8回にマウンドに上がった一将が大誤算。
でも、あの打たれっぷりだと、ブルペンの時点で
「良くない」ことはわかっていたんではないだろうか?
もはや増井以外の「方程式」は瓦解しているんだから、
山本のポジションを機械的に一将でスライドさせることもなかった。
無死1・2塁での茂木の場面でワンポイントで齋藤・・・・いねぇ!抹消されてたんだった。
そもそもブルペンに左投手が一人もいないってのもたいがいなことだよな。
で・・・・比嘉の投入タイミングが完全なミスでしたね。
打者3人であっさり同点にされてしまったので、
延長を意識してしまったんではないでしょうか?
でも、どう考えても「同点で止める」のが最優先で、
「延長になってから」を考えるのはその後ですよね。
福良監督の「延長恐怖症」が出てしまうと、
だいたい策が裏目に出ているような気がする。
結局、一将がアウト一つも取れずに4点失ったあとに
比嘉がマウンドに上がってゼロに抑える。
チグハグもここに極めり・・といった采配ミスでした。

戦力が疲弊している中でこんな戦いしてたら3位争いに食い込めるわけもない。
福良さん、窮した時の采配や判断は「いい目」が出る方ではないので、
なんでもいから理由つけてしばらく休んでくれないかなぁ。

2戦目はアルバースと古川・・・これで負けたら、どこで勝つんだ?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。