7/17 打ってくれた!勝ってくれた!それだけで十分なのにラオウ満塁弾に完封まで!

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
07 /18 2018
[Readygo]Image 2018-07-17 21-57-40
[Readygo]Image 2018-07-17 21-57-28
何はなくともこの2人だよな

前日の完敗を何が何でも取り返さないいけない17日。
打線はマレーロを下げて、ラオウ杉本をスタメン7番に起用。
福良監督の先発オーダーは、少なくとも「ランナーが出た時の采配」よりもは
的中率が高いことがこの日も証明されました。

先発のディクソンは初回、西川四球、近藤2ベースで一死2・3塁と、
昨日の悪夢が甦りそうになりましたが、
この日の4番が中田翔ということで、不思議なことに「恐怖感」が薄い。
実際、ここで中田は三振
[Readygo]Image 2018-07-18 00-26-24

で、昨日初回で勝負を決められたアルシアに対しても、見逃し三振でピンチを切り抜けます
[Readygo]Image 2018-07-18 00-26-41
[Readygo]Image 2018-07-18 00-26-49
これで勢いに乗ったディクソンは2回以降奪三振ショー

2回は、空振り・見逃し・見逃しの三者三振
[Readygo]Image 2018-07-18 00-25-47

3回・6回もそれぞれ2奪三振で、ここまでで10奪三振。
そのうち見逃し三振が半分で、若月の好リードと、
それに応えるディクソンの直球・変化球ともの制球の安定ぶりが素晴らしかった。

元々ディクソンを大の苦手にしていたファイターズですが、
投球傾向が把握されたか、ここ数年はむしろカモにしていました。
今季初勝利もファイターズからでしたが、
この日はファイターズの「ディクソン攻略法」の
「ウラ」「ウラのウラ」をかいたようなピッチングで、
打たれたヒットも初回の近藤の2ベースの後は、
8回と9回にヒット1本ずつ、計3安打だけ。
奪三振も最終的には12と自己最高。
さらに外野フライは2回だけで、残り13のアウトは内野への当たり。
(併殺が1つ)
つまり、ディクソンの「らしさ」と「意外さ」を
見事に組み合わせたピッチングだったということです。
[Readygo]Image 2018-07-18 00-27-17
今季、ここまで開幕から連続81ゲーム無完投で、
「あと一つ」でファイターズが持つプロ野球記録に並んでしまうところでした。
打線が大量得点してくれたというのもあって、
球数はとっくに100球を超えていましたが、
不名誉な記録に並ばないチャンスとばかりに最終回も続投。
ここで近藤を三振にとれば、先発野手全員から奪三振というオマケつきでしたが、
残念ながら粘られて歩かせてしまいます。続く中田も四球で2死満塁。
球数も140球超えて、もうヘロヘロ状態でしたが・・・
[Readygo]Image 2018-07-18 00-27-52

最後はアルシアをサードファールフライに討ち取って、
チームの今季初完投だけでなく、自身にとっても4年ぶり2度目の完封。
[Readygo]Image 2018-07-18 00-25-53
一度目の完封も、当時お得意様だったファイターズ相手。
「ハムに強いディクソン」が戻ってきたのかも知れません。
結局、球数も自己最高の146球・・・
不名誉な記録に名を残さずにすみました。お疲れさま!

打線の方は「史上8人目」という名誉な記録が誕生

初回に西野・正尚のヒットで2死1・3塁となったところで、
ファイターズ先発マルティネスの牽制悪送球で西野がホームインし先取点。

3回は、無死から若月・大城・ロメロヒットで一死満塁。
正尚は詰まりながらもライト前に2点タイムリー。
[Readygo]Image 2018-07-18 00-25-56

伏見が2ベースで続いて、一点追加し安達は死球で、また満塁。
マルティネスは今季最短のノックアウト。
[Readygo]Image 2018-07-18 00-26-53
伏見はこの日、2ベース2本で、打率が3割に近づいてきました。
このままファーストでレギュラー定着しそうです。

マウンドは玉井に代わり、バッターはラオウ杉本。
2-1からの4球目、外角のストレートに長いリーチで届くラオウ。
[Readygo]Image 2018-07-18 00-26-04
[Readygo]Image 2018-07-18 00-26-07

強く振り切った打球は右中間にライナーで飛んでいく
[Readygo]Image 2018-07-18 00-27-07
右中間を破る当たりかと思われたましたが、
ボールは失速せず、そのままライトスタンド前列に!
[Readygo]Image 2018-07-18 00-28-06
①打球が逆方向なのに驚くほど伸びたこと。
②またしても満塁ホームランを打ったこと。
この2つの驚きでライトスタンドとベンチは大騒ぎ。
[Readygo]Image 2018-07-18 01-48-10
本人も「スタンドまで届くとは思わなかった」と言った驚弾でした。

2試合連続の満塁ホームランというのは、
長いプロ野球の歴史の中でもまだ8人しか達成してない大記録。
(日本人としては4人目)
オリックスの満塁男、藤井康雄コーチも未達の記録です。
杉本はこれでプロ通算4安打14塁打10打点と強烈な数字になっています。
でも、数字を強烈に感じるのは、その活躍がまだ一瞬の輝きであるから、
むしろ、この記録が「そんな選手もいたねぇ」で終わるのでなく、
「そんなときもあったねぇ」と言われるように、
もっと恒常的に活躍できる選手になって欲しい。

3回終わった時点で8点とゲームの行方はほぼ決しました。

しかし、まだ攻撃の手を緩めないオリックス打線。
6回には5月17日以来、今季3度目のマルチで若月が出塁、
大城がエラーで出塁し、1・2塁となって、
西野の一打は、レフト線ボールボーイの椅子に当たって2者生還の2ベース
[Readygo]Image 2018-07-18 00-27-22
[Readygo]Image 2018-07-18 00-27-26
まぁ、2死だったし、大城の足だから、これがなくても2点入ってただろう。

[Readygo]Image 2018-07-18 00-27-39
西野の打率も3割3分前後と、勢いが止まらなくなってきました。
小谷野が開幕前に願っていた「俺を押しのける奴」がようやく出てきました。

8回には「公文vsトライ」という珍対決が実現し、伏見が2本目の2塁打。
安達の代打、鈴木昴平は無安打を継続してしまいましたが、
守備固めに入っていた後藤はタイムリーヒット。
ここ6試合で11打数5安打3打点と、意外にも結果を出しています。

最終的には11-0でファイターズを圧倒。
明日にカード勝ち越しの望みをつなぎました。

3戦目の先発は金子と村田
2人の投げ合いは2度目で、前回はともに1失点の好投で、
最後は延長12回にオリックスがサヨナラ勝ち
あの「小田棒立ちサヨナラゲーム」です→これ
ロメロの同点弾が出たり、金子がようやく復活したゲームでもありました。
リリーフ陣は温存できているし、明後日は移動日なので、
もつれてもいいから、ドラマティックに勝ち越しして欲しい。
(白崎がひょんなことからヒーローにならんかな)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。