7/12 前半戦を「貯金2&Aクラス」でターン! ラオウ杉本のグランドスラムがチームを救った!

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
07 /12 2018
[Readygo]Image 2018-07-12 00-54-25
辛島からすれば「顔見るのもイヤ」になったんじゃないか?

11日は前半戦最後のゲーム、仙台でのイーグルス戦。
これを落とすと「貯金ゼロ&Bクラスターン」となるところ。

先発の金子は初回に2四球でピンチを招くも、
今江・銀次を連続三振にとってピンチを脱すると波に乗ります。
[Readygo]Image 2018-07-12 01-13-45

三者凡退は2回だけど、5回には只今売り出し中の田中和基に3ランを浴びましたが、
失点したのはそのイニングだけ(3点はでかいけどさ)。
[Readygo]Image 2018-07-12 00-54-54
かってイーグルスを完全にお得意様にしていた頃のような、
「見下し切った」ピッチングではなかったですが、
7回に一死1・3塁のピンチでマウンドを降りるまで頑張ってくれました。

これで金子は前半戦4勝5敗。
開幕から4連敗した後は、4勝1敗と白星先行ペース。
勝ちのつかなかったゲームでも序盤で崩れなくなってきました。
後半戦は白星を計算できる本来の金子になってくれることでしょう。

打線は苦手左腕辛島に対し、
危惧した通り、好調の西野・福田を外して正尚以外右打者のオンパレード。
ただし、下位打線はマレーロを外して、伏見、武田を先発に起用したことで、
山崎勝己も含め、昨日よりは期待を持てるようになったのは確か。
さらに、西村との交代で今季初昇格の杉本裕太郎もスタメン7番。
この下位打線の起用がズバリ当たりました。

ロメロ・正尚・伏見のヒットで一死満塁のチャンス。
次打者の武田がしぶとく外野に運んでまず1点。
[Readygo]Image 2018-07-12 01-13-51

そして昨年の9月9日、同じ仙台で、
今日のように初昇格で初打席に辛島からプロ一号を放った杉本の打席。
前の打席でも四球を選び、辛島との相性は生きている感じでした。
そして、この打席では4球目内角低めを上手くバットに乗せる。
[Readygo]Image 2018-07-12 00-55-29
[Readygo]Image 2018-07-12 00-55-07
ボールをバットに乗せた後のリストの使い方は一級品。
かってのイデホを彷彿させるスイングが魅力のラオウ杉本。
高く打ち上げた打球はどんどん伸びていってバックスクリーンに舞い降りる。
杉本プロ2本目の一打は当然始めてのグランドスラム!
オリックスの天敵辛島を一打で粉砕しました。

5回に3点を返されましたが、6回にすぐに突き放す。
ここでも得点したのは下位打線。
伏見が四球を選び、武田が送って一死2塁。
杉本に代わって守備から入った後藤が
外角のボール球に食いついてライト前にポトリ。
[Readygo]Image 2018-07-12 01-13-55
180711Orix01.jpeg
「しぶとい打撃」って言えばそうなのだろうけど、
この打撃フォームでずっとがんばるつもりか?

7回は大城が2ベースで出塁して、イーグルスは古川から松井裕樹に投手交代。
西野、ロメロが倒れて2死になるも、正尚が四球を選んで1・2塁。
伏見が定石通り「四球後の初球」を叩いて右中間を抜く当たり。
[Readygo]Image 2018-07-12 01-14-10
走者一掃の3ベースとなって、トドメの2得点!

伏見、2安打2打点で先発起用に応えました
[Readygo]Image 2018-07-12 01-14-13

リリーフ陣は昨日のリベンジ。
7回一死1・3塁のピンチでマウンドに上がった一将は、
2番、茂木をレフトフライ、3番島内には粘られながらも
最後はインコースにズバッと投げ込んで見逃し三振!
[Readygo]Image 2018-07-12 01-14-16
[Readygo]Image 2018-07-12 01-14-19
ここで点を取られていたら、
8回の山本にも余計なプレッシャーを与えかねなかっただけに、
見事な「火消し」ぶりでした。

そして8回は山本は先頭今江をゴロに仕留めて昨日のお返し。
死球で一人ランナーは出してしまいましたが、
後半戦に向けて、再び「無失点街道」を歩み始めました。

5点差ということで、最終回は澤田が登板。
[Readygo]Image 2018-07-12 01-14-23
最後は立教大の同窓、田中をセカンドゴロに仕留めてゲームセット。

これで前半戦終わって、39勝37敗4分けで、ホークスと並んで3位。
貯金もAクラスも2014年以来のことです。
パ・リーグ各チームとの対戦成績では、
ライオンズ・ホークスに「-2」、ファイターズ・イーグルスに「-1」で、
貯金があるのはマリーンズに対しての「+3」のみですが、
大きく負け越しているチームがないのはいいですね。

防御率はリーグ2位、チーム打率は5位。
得点と失点が302点で同じというのが珍しい。
「僅差をリリーフ陣でなんとか勝ってる」というのと、
リーグで一チームだけの「4引き分け」を見事に表している数字ですね。

オールスターにはファン投票での増井・正尚と、
監督推薦のアルバース・山本、
さらにプラスワン投票で2位ながら繰り上げで出場が決まった安達と、
京セラドームでの開催に5人出場出来るのはめでたい。
さらに元オリ戦士、坂口もプラスワンで選出され、
2011年以来2度目の出場となったのも嬉しい。
かってのホーム球場京セラで万雷の拍手で迎えられることでしょう。
山本にとっては初出場がホームと、出身高校都城高校のお隣県での開催。
とはいえ、山本自身は岡山出身なので、九州出身ではないので、
両ゲームでの登板とかはやめてね。

後半戦の展望については、
オールスター戦での各選手の活躍の記事のときにでも・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。