「貧弱、貧弱ゥ!!」この下位打線ではどうにもならぬ・・

バファローズ黒星日記(since 2015)
07 /11 2018
[Readygo]Image 2018-07-11 00-32-52
リリーフ陣はこんな日だってあらーな。
でも、打線の貧弱さは毎度じゃないか。

小谷野・中島・T-岡田の離脱って、打率やらホームランの数とか考えると、
「ま、案外痛くないのかも」って感じているところもあったんですが、
西野が上位打線にまわらざる得なくなったことで、
打線のつながりが「4番前後」でぶっつり切れるようになってしまった。

10日は山形でのイーグルス戦
山形市総合スポーツセンター内に昨年竣工した「きらやかスタジアム」での、
プロ野球初開催ゲームとなりました。

その新球場のプロ1号を打ち込んだのが、4回の正尚
[Readygo]Image 2018-07-11 01-28-28
[Readygo]Image 2018-07-11 00-33-22
美馬のボールに差し込まれながらも、力で左中間に叩き込みました。

[Readygo]Image 2018-07-10 19-36-15
初回のロメロの犠飛とこの一発で、2点リードのオリックス。
先発のアルバースは毎度おなじみの丁寧なピッチングでゼロを重ね、
大きくない点差ながら、このまま逃げ切れるんじゃないかと思いましたが甘かった。

180710Orix02.jpeg
アルバースは調子はいい方ではなかったそうで、
走者を許さなかったのは1イニングだけ。
とはいえ、長打も連打を許さず、2桁勝利も確実と思ったんですが・・・
[Readygo]Image 2018-07-11 01-28-42

打線の方は1~3番までは大城猛打賞、福田一安打、西野マルチと好調を持続
(西野は併殺ひとつあったが・・・)
180710Orix01.jpeg

西野はサードの守備でもアルバースを助けました。
[Readygo]Image 2018-07-10 19-27-41
[Readygo]Image 2018-07-10 19-27-44
[Readygo]Image 2018-07-10 19-27-47
今の西野の状態ならどの打順においても活躍しそうだけど、
5番のロメロ以下スカスカの状態で、この日も安達の一安打のみ。

下位打線が出塁して上位にまわれば2点以上の得点チャンスもあったかも。

8回に大城が2ベースで出て2死3塁となったて西野に打順が回った時に、
イーグルスは美馬から左の高梨にスイッチ。
オリックスベンチはここで代打伏見を選択しましたが、
果たしてこの選択が正しかったのかどうか・・・
結局、伏見が四球を選んで、正尚が討ち取られたので、
この回については仕方がなかったのかも知れない。

しかし、逆転された後の9回に、
安達がエラーで出塁して一死2塁と同点のチャンスになったときに、
頼れる打者がベンチにいない状態。
結局、後藤、小島がそのまま打席に入って無抵抗のままゲームセット
[Readygo]Image 2018-07-11 01-29-07
「どっちもどっち」だったかも知れないけど、小島のところは西村の方がよかったよな。
伏見という代打カードを先に切ってしまったしわ寄せがここで出たと思うと、
8回の選択は間違っていたということになる。

ただ、さすがに8回に山本が今江に逆転2ラン打たれるという想定はしてないだろうから、
8回に追加点とっておきたかったのもわかる。

が、それはそれで好投のアルバースを6回97球で降ろしたことに起因しています。
次のイニングで100球超えるのはあったとしても、
イーグルス打線がアルバースを攻略できてなかったことを考えると、
1点取られるまでは辛抱してもよかったんではないだろうか、
結局、安全策として7回に一将を投入したことが裏目に出てしまい、
その後の攻撃オプションでの手詰まりにつながりました。
[Readygo]Image 2018-07-11 01-28-52
一将も一死1・3塁から犠飛の1点でよく凌いだけどね。

8回の今江が放った山本からの一発は、
初球で決して甘いコースでもなかった。
[Readygo]Image 2018-07-11 01-29-02
今江の集中力が勝ったということでしょうね。お見事でした。

一将は18試合ぶり、山本は16試合ぶりの失点。
山本の被弾は今季初めてです。
むしろ2人とも、ここまでの活躍の凄まじさをを改めて感じさせる「救援失敗」でした。

出来ればこの「失敗」が勝敗に影響を与えないような点差の中で起きて欲しかった。
相手先発の美馬の立ち上がりがそれほど良いわけもなかっただけに悔しい。

先日の書きましたが、イーグルスとのゲームも、
「取りこぼせない下位チームとの戦い」という状態ではありませんし、
それは何もオリックスに限ったことでないので、
それほど「負けられないカード」というわけではない。

ただ、先週一つ負け越していることを考えると、
この2連戦は出来ることなら2つともとっておきたかった。
11日も星を落とすと結局前半戦を「貯金ゼロ」で終わることにもなってしまいます。

そんな状況で、先発は金子と辛島。
やっぱり苦手な辛島が上がってきました。
金子の粘投は期待できますが、打線が辛島を攻略できるかどうか。
「左」だからって西野・福田を先発から外したらヤバいような気もします。
先発マスクが山崎だったら、若月よりも打ちそうなんで期待持てるんだが・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。