正尚の一発は出たけど、山岡の「ボコられ」も出てしまいました。

バファローズ黒星日記(since 2015)
07 /06 2018
[Readygo]Image 2018-07-05 20-43-43
今季の実績通り、3試合連続ノーヒットにはならなかった

5日のマリーンズ戦。
新外国人投手の獲得の情報もあり、
オールスター前、いわば「背水の陣」の山岡の先発。
4回まではストレート主体にいい案配にボールも散って、
マリーンズ打線を球数も少なくゼロに抑えることが出来ていて、
「今日こそは」との期待を持ちましたが、
1点リードで勝利投手の権利のかかった5回につかまりました、
それも、集中打で一挙に5点という、
毎度おなじみのビッグイニングメイカー状態。

[Readygo]Image 2018-07-06 01-21-57

先頭のアジャ井上の一発に始まり、
マリーンズ打線がストレートに狙いを絞って打ちにきていたようです。
であるのに、この回については投球パターンを修正することもないままに、
つるべ打ちにあってしまいました。
途中で相手の目先を変えるピッチングが出来なかったものか・・
幸いというか、球数に余裕があったので、6・7回も投げて(しかもゼロ封で)、
継投陣の「休養」にだけは貢献してくれました。

オールスター明けも8月末までは週6ゲーム状態は続くのと、
田嶋の復調の兼ね合いによっては、
ファームの投手を試すにも先発要員が足りない可能性もあるので、
登録抹消にはならない可能性もありますが、
多くのオリ党が思っているように、一度下で再調整すべきなんでしょうね。

打線の方は、今季未勝利の唐川が、
ほどよくチャンスをくれるのに、それを活かせず犠飛の1点のみ。
全体的に淡白な攻撃になってしまった印象です。
3回にマレーロが中途半端な走塁で
無死2・3塁のチャンスを作れなかったのも痛かった。
あそこで唐川を潰すことも不可能ではなかった。

現地観戦した人にとってはライトスタンドに凄い勢いで叩き込まれた、
6回の正尚の一発だけが救いだったのかも。
[Readygo]Image 2018-07-05 20-43-20
[Readygo]Image 2018-07-05 20-43-23
[Readygo]Image 2018-07-05 20-43-26

あまりにも見事なスイングなので、横からもじっくり
[Readygo]Image 2018-07-05 20-43-29
[Readygo]Image 2018-07-05 20-43-31
[Readygo]Image 2018-07-05 20-43-34
[Readygo]Image 2018-07-05 20-43-37
[Readygo]Image 2018-07-05 20-43-40

これだけの一発を打った後だけに、
8回の一打同点のチャンスは大きな期待を持ってしまいましたね。
でも、外角低めを徹底して攻められて、前の打席の再現とはなりませんでした。

まぁ、1勝1敗1分で5分ですから、最低限のラインはクリア。
ホークスもイーグルス相手に星を落としたので、また3位に3チームが並びました。

週末の対戦カードは、マリーンズ-ファイターズ、
イーグルス-ライオンズがともに3連戦で、オリックス-ホークスが2連戦。
ただし、京セラの一試合以外は全て屋外球場で、
金土は全部雨天中止になる可能性も高い。
オリックスは西・ディクソンで、
週明けのイーグルスとの2ゲームがアルバース・金子になるんだろうけど、
もし金曜の神戸は中止ならば西をスライドさせて欲しいなぁ。
2連戦なら1勝1敗でいいけど、1ゲームしかないなら必勝態勢で臨んで欲しい。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。