6/17 田嶋、先週の雪辱を晴らす圧巻の投球で6勝目!武田3打点 「अच्छा / アッチャー」(いいね!)

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
06 /18 2018
180617Orix01.jpeg
誰得イベントなのかはよくわからんが、
インド国旗とロゴのマッチングセンスはグッド。
何よりも、ヒンズー教では牛は神聖なのだ!

16日のゲームはディクソンが今季一番といって良い好投。
「飛車角抜き」のベイ打線とはいえ、
7回を被安打2、与四球0、9奪三振で無失点。
特に3回にショートゴロを打たれるまで、
7つのアウトを三振と投ゴロと、全て「1人」でとったのには痺れました。
その後も外野まで飛ばされたのは僅か3回。
その外野フライが2つ出た7回で92球ながらマウンドから降ろしたのは、
味方も相手先発濱田を攻略できなかったから。
初回の無死2塁のチャンスをモノにできなかったのが痛かった。

お互いに先発が無失点のままマウンドを降りたあとも、
「点とれない」合戦は続き、
延長11回に近藤が先頭への四球と神里の3ベースで1点をとられギブアップ。
パの上位球団が全て勝ったためにゲーム差が開き、
ホークスにも上に行かれてしまいました。

なお、16日のゲームで小田が守備で腕を骨折し抹消。
かわりに宗が久々に一軍に戻ってきました。
小田の離脱は痛いですが、
17日のゲームでは、それを宗や競争激しい外野陣が埋めました。

オリックス先発の田嶋は、初回に大城の好プレーで併殺をとりリズムに乗ります。
[Readygo]Image 2018-06-17 20-10-14
[Readygo]Image 2018-06-17 20-10-21
大城のベース後方の深い位置での守備は安定感があります。
(それだけに、イージーミスが減ればもっといいのに)

ベイスターズの先発は3戦連続左腕の今永。
ということで昇格した宗はスタメンにはならず、
正尚以外は右打者を並べた布陣。
その中で2回に武田が結果を出します。

先頭の正尚が歩いて、中島三振のあと安達が死球で1・2塁。
7番に入った武田が、レフト線深いところに打ち込んで2ベース!
[Readygo]Image 2018-06-17 20-10-46
この一打で2者生還し、まず2点のリード。

4回は昨日連続試合安打が途切れた正尚がヒットで出塁。
中島倒れた後、安達がヒットで一死1・3塁で再び武田。
[Readygo]Image 2018-06-17 20-10-52
追い込まれましたが、低めのボール球を上手くすくい上げて犠牲フライ。
序盤、一人で3打点。昨年の交流戦の通算打率3位と名を上げた武田が、
交流戦最終盤で外野ポジション争いに割り込んできました。

田嶋は2回から4回にかけて6連続奪三振にとるなど無双のピッチング
[Readygo]Image 2018-06-17 20-10-26
[Readygo]Image 2018-06-17 20-10-29
球に勢いがあって伸びていたのか、どの選手も高めのボール球を振る振る
右打者へのクロスファイヤーが炸裂していました。

180617Orix02.jpeg
初めての被安打が5回の宮崎のソロで1点は失いましたが、
7回までそれを含めて被安打は僅か2本。
与四球も2つだけで9奪三振も含め、前回の雪辱を晴らす6勝目をマークしました。

打線は7回に記録を作ります。
一死から、大城が左中間を破る3ベース
[Readygo]Image 2018-06-17 20-10-55

若月のサード強襲ヒットで、ベイを突き放す4点目
[Readygo]Image 2018-06-17 20-10-59

次打者は守備から入って初打席の宗。
「左対左」をものともせず、センターの横を抜く3ベースで1打点。
[Readygo]Image 2018-06-17 20-11-03
「俺も忘れちゃ困るぜ!」と再びの外野レギュラーへ強烈アピール

ここで今永をマウンドから降ろし、ベイは右の平田をマウンドに。
すろとオリは山足に代えて「競争相手」の福田が代打。
福田は身上の粘りを見せ、8球目のフォークをジャストミート。
[Readygo]Image 2018-06-17 20-11-07
右中間を破れば、福田の脚ならサードベースを墜とすのは訳ないこと。

[Readygo]Image 2018-06-17 20-11-10
なんと、この回、大城・宗・福田と3つの3ベースが飛び出しました。
これはパリーグでは63年ぶりのタイ記録だそうで、
1954年の近鉄、1955年の阪急以来と言うことです。
その記録にオリックスが並ぶ・・・これは因縁めいたものを感じさせますね。

この回、ロメロの犠牲フライでもう1点追加し、7対1と大きくリード。
ロメロ、他の打席は3三振でしたが、「一日一善」は実行してくれています。
なお、打点には絡みませんでしたが、ナカジもマルチ安打を記録。

この点差だと、山本・増井はお休みで、
比嘉・岸田のリレーで、8・9回を締めてフィニッシュ!
[Readygo]Image 2018-06-17 20-11-13

Tをベンチに置いたままで勝っちゃいました。
[Readygo]Image 2018-06-17 20-11-15
正尚を中心に、投打ともに若い力が躍進するとともに、
ベテランとも上手く噛み合って、いい勝ち方が安定して出来るようになってきました。

この日はライオンズ、ファイターズ、ホークスが敗れたので、
ゲーム差も順位も一昨日前に逆戻り・・よかったよかった。

ただし、あと一ゲーム残しながら、スワローズが勝ってしまったので、
最終的には、良くて同率の首位ということになり、
直接対決でウチに勝ち越しているスワローズの優勝が決まりました。
でも、パリーグが勝ち越しているために、
MVPはオリックスから選ばれる可能性があり(正尚か?)、
賞金も一番高額になるという「珍現象」が生じそうです。
交流戦明けに勢いをつけるためにも、
水曜日のタイガース戦はしっかり勝って、交流戦を奇麗に終えたいものです。

タイガース戦の先発は多分山岡だろうけど、
ホークス3連戦は、ディクソンを抹消しているので、
金曜の西、日曜の田嶋は決定として、土曜日は誰が先発するんだろ?
ファームから誰かにチャンスを与えることになるんだろうけど、
東明かK-鈴木のどちらかかな?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。