5/17 なんとか勝てたけど、指揮官の勝負勘の悪さよ・・・好投、西にまた白星なし

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
05 /18 2018
[Readygo]Image 2018-05-17 22-50-25
イケメンさまさま

移動日を挟んで幕張でのマリーンズ戦2年目。
オリックスの西は予定通りとして、
マリーンズの先発は涌井でも唐川でもなく、ルーキーの渡邉啓太。
プロ入り初登板・本拠地デビューです。

我がオリックスはいわゆる「初物」に対して、
「プロの洗礼」を浴びせるよりもは、気前よく歓迎してしまう方。

ただ、ふくらはぎの違和感で抹消された宗に代わって今季初昇格した宮崎と、
熾烈なレギュラー争いをしている西野の1・2番コンビには、そんな気持ちはさらさらなく、
[Readygo]Image 2018-05-17 23-07-31
宮崎、センター前、西野は内野安打と連打で「プロの洗礼」を浴びせます。
正尚は四球を選び、無死満塁と、デビュー戦の初回に大ピンチを作った渡邉ですが、
ここからオリックスの「気前良い歓迎」の側面が顔を出します。
ロメロ・小谷野・Tと3人そろって仲良くフライアウト。
初回で一気に潰せる展開だったのに、頼まれもしないのに助命する中軸です。

現在のオリックスは下位打線でチャンスを作るし、
下位打線で得点もする・・いわば「中軸最弱ラインナップ」です。
2回、前のゲームからの好調が持続している大城が一死から2ベース。
[Readygo]Image 2018-05-17 23-07-35
[Readygo]Image 2018-05-17 23-07-41
「競争相手」が全員一軍のベンチにいるんですから気合も入ります。
この後の走塁、守備でもいいところ見せる大城。

続く若月はセンター返しのタイムリーヒット!
[Readygo]Image 2018-05-17 23-06-42

際どいタイミングでしたが、大城が上手くタッチをかいくぐりホームイン!
[Readygo]Image 2018-05-17 23-07-44

宮崎が倒れた後、西野が2打席連続のヒットで、2死1・2塁。
正尚の高く上がったフライでショートとレフトが交錯し落球。
これでさらに2点追加し、先発に西を早い回で援護できました。

[Readygo]Image 2018-05-17 23-07-59
西は2・5回に1点ずつ取られますが、安定のピッチング。
5回の失点は、セカンドゴロのリプレー検証によって判定が覆ったことによりますが、
[Readygo]Image 2018-05-17 23-07-50
これも大城が、ファースト寄りのものすごく深いところでの捕球からの
素早い送球でのギリギリのタイミングでした。
アウトだったら超ファインプレーだったですね。
深い守備位置と的確なポジショニングには定評があるのに、
大事なとことでポカが多い大城・・・・かっての後藤光尊を彷彿させますね。

4回以降もチャンスがありながら追加点を奪うことができず、
リードしているにもかかわらずもどかしいゲーム展開。
特に6回は、昇格即マルチの宮崎を守備固めで武田に替えてしまっており、
一死1・3塁のチャンスで、全部ボール球振って三球三振。
宮崎には守備に不安があるし、武田の打撃もまるで期待がなわけではないので、
采配として全く間違っているわけではないですが、
次打席、三打席連続ヒットの西野を、相手が左投手だからと山足に替えた結果、
その山足もあっけなく三振で大きなチャンスをフイにするあたり、
ベンチの勝負勘の悪さを嘆きたくはなります。

ふがいない攻撃陣に影響を受けることなく、
西は6・7回を三者凡退で片付け99球でマウンドを降ります。
[Readygo]Image 2018-05-17 23-07-11
「完投できたんじゃない?」という声もありますが、
中5日だし、明日もゲームがないということで、
山本・増井の盤石リレーという判断自体は間違ってはいないと思いますが、
結果論から見れば、ここも勝負勘が働かなかったということでして・・・・
[Readygo]Image 2018-05-17 23-08-04
なんと山本のワイルドピッチで同点に追いつかれ、西の白星吹っ飛ぶ。

ただ、ここで「悪い運気」とでもいうモノを西一人に背負わすことで、
最終回はイッキにいい流れがオリックス側に流れ込んできました。

まずマリーンズの抑え内の出来が悪い。

先頭の山足がフルカウントからライト前ヒット。
すかさず2塁を盗んだ山足にリプレー検証が入りますが判定は覆らず。
[Readygo]Image 2018-05-17 23-08-11

そして正尚がヒットで続いて1・3塁。
ただし、この日の先発で唯一ヒットのないロメロが、
ここでもボテボテのサードゴロ。
幸い併殺にはならず、チャンスは残りましたが、
次打者は小谷野ではなく守備固めで入っていた小田。
ベンチには伏見も中島もいて、
外野守備に大城を回すのであれば代打を送ることも十分考えられる展開でしたが、
小田を代えようという動きはなし。
勝負勘が外れまくったこの日のゲームでしたが、
ファイターズ戦でのサヨナラを生んだ小田に賭けた、
この最後の判断だけは「吉」と出ました。
[Readygo]Image 2018-05-17 23-07-03
[Readygo]Image 2018-05-17 23-08-27
スクイズを警戒してストライクを投げてこないと読んだのか、
低めのボール球を狙い撃ちしてセンター返しに成功、
再びマリーンズを突き放す「2年ぶり」の打点となる2ベース。
[Readygo]Image 2018-05-17 23-07-08
私も、この場面は「あーあ小田かよ」という気持ちではなく、
「また、何かあるんじゃないか?」という期待を持って見守っていました。
清宮の「デビュー戦からの連続試合安打」が騒がれていたときも、
あんまり触れられることがなかった小田ですが、
その記録保持者は小田(2015年、9試合連続)です。
しかも、その期間の打率は.457でした。
ただし、その輝きは閃光のように一瞬で終わってしまい、
長い低迷に入ってしまいました。
ただ、一打サヨナラの場面では結果を残すなど、
何か期待を抱かずにはいられない存在でもあります。
昨年は僅か一安打で終わり、打率も1割にも届きませんでしたが、
今年はこれで3割3分3厘、しかもこの後に盗塁を成功し、
Tのタイムリーを呼び込んだように、走塁でも貢献しています。

「小田まで回れば、何かが起こる」そんなジンクスが生まれるといいですね。

9回は3点差とセーブがつく場面で増井、安定の「4凡」
[Readygo]Image 2018-05-17 23-08-19


これでマリーンズとの対戦で4連勝。
一つ下の相手に取りこぼさない戦いができているのはいいことです。
(2つ下には痛い目にあってますが)
今週の対戦もこれで5分以上は確定で借金が増えなくてヤレヤレです。

土・日は神戸でライオンズと対戦。
ここんとこ「眠れる獅子」状態になっているわけですが、
先週、「飛べない鷲」を羽ばたかせてしまったようなことにならぬよう願ってます。
山岡・田嶋には大いに期待するとして(特に栗山封じ)、
打線も多和田へのリベンジと、好調榎田を止める働きを期待したい。

ロメロを外して、中島をスタメンにしてもいいんではなかろうか?



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。