パク・セワン:「オモク(五目)少女」24日から韓国映画館で封切り

パク・セワン(박세완):期待の新進女優
05 /11 2018
1805092018050936009141.jpg
こちらはメインポスター(左から2人目の女優はチャン・ヘサルさん)

現在、全州国際映画祭にて公開中の、
パク・セワン主演の「オモク(五目)少女」

これまでの記事でいろいろ間違っていました。
まず題名の「오목」(オモク)ですが、
これ「囲碁」じゃないですね、「五目」・・つまり「五目並べ」の方です。
[Readygo]Image 2018-05-10 03-32-08
予告編のこのカットでようやく気付いた。
「소녀」(ソニョ)のほうはガールでいいんですが、
「五目ガール」ってなんか響き悪いんで「オモク(五目)少女」と表記するようにします。

全州国際映画祭の方にはセワンさんも作品紹介で参加したようです。
180511DcrWAWsU0AYVyp7.jpg
180511Dc1L0F1UwAAGHcO.jpg
180511Dc1L0FtU0AA1d6n.jpg
「一緒に暮らしませんか?」の撮影の合間を縫っての参加だったんだろうなぁ。

もう一つ、私「ウエブドラマ」って言ってましたが、
24日から韓国の映画館で公開されるようです。
ジウン「じれったいロマンス」にも関わった、オクススTVも絡んでいるようなので、
WEB上での公開もあるかも知れませんが、
映画館での上映ということだと、ヒットすれば日本での上映の期待も持てます。

6日のMBCの番組で作品の概要を紹介したところ、
ネットユーザーの反応も良く、「오목소녀」が検索上位にランクインしたそうです。
その紹介の動画がこちら。

予告編の大部分と、それ以外のシーンも混ぜて紹介してくれています。

セワンさん演じる主人公がかって天才囲碁少女だったという設定は間違っていませんが、
ひょんなことから、「畑違い」の五目並べでチャンピオンを目指すという展開らしい。
[Readygo]Image 2018-05-10 03-31-55
[Readygo]Image 2018-05-10 03-32-01
幼いころの栄光の日が過ぎてだらけた生活を送っている
(ように見える)冒頭のセワンさんも面白い。

映画としての見どころの一つは子役イ・ジウォンセワンさんのコンビネーション
[Readygo]Image 2018-05-10 03-32-13
[Readygo]Image 2018-05-10 03-32-16
[Readygo]Image 2018-05-10 03-32-56
予告編で見る限り、常に「二個イチ」でいる感じで、
この2人のやりとりがかなり面白くなりそうです。
[Readygo]Image 2018-05-10 03-32-43
2人の息の合った演技、早く見てみたい。

そして五目並べ「なのに」、荒唐無稽な特訓シーンと、コーチの登場も面白ポイント
謎の眼帯コーチ役、キム・ジョンヨン
[Readygo]Image 2018-05-10 03-32-30
[Readygo]Image 2018-05-10 03-32-48
[Readygo]Image 2018-05-10 03-32-45

彼女を五目並べの勝負に引き込む青年役にアン・ウヨン
[Readygo]Image 2018-05-10 03-32-24
[Readygo]Image 2018-05-10 03-32-19
真顔になると山田孝之くんに似てます。

ソナより先に映画の主役の座をゲットしたパク・セワンさん。
女優としての更なる飛躍に繋がる作品となりそうです。
[Readygo]Image 2018-05-10 03-32-11
[Readygo]Image 2018-05-10 03-32-21
[Readygo]Image 2018-05-10 03-32-40
[Readygo]Image 2018-05-10 03-32-51

こちらは予告編


「オモク少女」の公式ツイッターでは、何故か日本人に向けて日本語でツイート
[Readygo]Image 2018-05-11 04-58-09

これに日本の連珠(競技五目並べ)の愛好者がリツイートしています。
パク・セワンさん、意外なところから日本でもその名を広めることになるかも?
[Readygo]Image 2018-05-08 03-09-45
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。