5/8 勝ったのはこっちなのに、話題が清宮ばっかり・・山足だってルーキーだぞ!

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
05 /08 2018
[Readygo]Image 2018-05-08 21-19-32
こー見えても、24歳のルーキーです。

京セラに戻ってきて、今週はホームで6連戦。
まずは前回札幌で3タテくらったファイターズと対戦。

180508Orix01.jpeg
先発のアルバースは、初回に大田にソロを打たれ、
3回は3ベースを打たれ3失点。
しかし、そこから立ち直って、4~7回は無失点。
与えた四球は一つだけと相変わらずの安定感。
大田に対しても5回の二死1・3塁のピンチではインコースを果敢に攻めて、
最後はタイミングを外して空振り三振に仕留めました。

若月とのバッテリー相性もかなりいいんでしょうね。
先発陣でもトップレベルの安定感で4勝目
[Readygo]Image 2018-05-08 21-47-21

打線は、防御率2点以下で前回ひねられたマルティネスを序盤から攻略。

2回に一死からT-岡田・マレーロがヒットで出て1・3塁。
安達のサードゴロでまず同点。
そして復帰即セカンドスタメンの山足が、
低めのカーブにしぶとく食らいついてセンター前に逆転タイムリー。
[Readygo]Image 2018-05-08 21-19-36
[Readygo]Image 2018-05-08 21-19-38

2死ながら浅いゴロで結構ギリでしたが、マレーロのよく走りました。
山足、すごいなぁ・・・ケガが治ったあとファームで調整していたとはいえ、
一か月以上間隔あけての復帰戦の最初の打席で結果だす。
西野・大城はもとより、福田と比しても信頼度が高いのがわかる。

再び1点リードされた3回は、ロメロが豪快な一打
[Readygo]Image 2018-05-08 21-19-41
[Readygo]Image 2018-05-08 21-19-44
打った瞬間の同点6号ソロ。
続く4回にも2点タイムリーを打ち、ようやく「底」を脱した気配です。

4回はオリ党歓喜の大開放タイム。
一死からマレーロヒット、安達2ベースで2・3塁。
続く山足は今度もピッチャー返しのクリーンヒット!
[Readygo]Image 2018-05-08 21-47-17
これで2者生還して再逆転に成功。
若月が送って、正尚は敬遠で2死1・2塁。
宗も歩いて満塁でクリーンアップ。
ここまでのゲームでは、「ここで終了」という流れが多かったですが、
ロメロが2点タイムリーでマルティネスをKO。
小谷野も代わった玉井からライト前にタイムリーと、
180508Orix02.jpeg
打者一巡で5得点の猛攻。
序盤で8点とって、完全にゲームの主導権を握りました。

8回は初登板から11試合無失点を続ける澤田が、
この日も3者凡退で無失点を継続。
[Readygo]Image 2018-05-08 21-47-24
大田を力押しで三振にねじ伏せるんですからたいしたもんです。
これで12試合で被安打はたった4、与えた四球は1つだけです。
奪三振も登板イニングを上回る15と、物凄い安定感です。

最終回に投げた一将、先頭の中田にソロを打たれますが、
その後は清宮を含めしっかり抑えて、楽勝ムードのままゲームセット。
[Readygo]Image 2018-05-08 21-47-26

自軍と相手のローテーションの組み合わせ上、
2・3戦目に不安が残るだけに、初戦を取れたのは大きい。
しかも、2番から8番までの先発メンバーにヒットが出て、
懸念だったロメロ・マレーロが揃ってマルチ。
打線が全体的に上向きになってきたのが明るい材料。
これに好調の投手陣が絡めば5月反攻に大きな期待が持てます。

それにしても、これだけ気持ちよく勝ったのに、
ネットニュースは清宮の連続安打のニュースばっかり。
そりゃ、ドラフト制後の新人タイ記録だから沸き立つのはわかるけど、
もう少しウチ(特に山足)のことも触れてくれよ。
明日は新記録がかかるから尚更報道が偏るんだろうなぁ。
ディクソンのナックルカーブでゴロの山を築かせてやれ!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。