5/6 増井はドMなのかドSなのか・・最後はハラハラするも5HRでカード勝ち越し!

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
05 /06 2018
[Readygo]Image 2018-05-06 18-45-22
安達、「サイレントトリートメント」にあう

5日の福岡でのホークス2戦目は相手先発の武田に福田の2ベース1本に封じられ、
ホークスの今の弱点である「後ろの投手」を引っ張り出す展開にならず完敗。
山岡は6回3失点と頑張りましたが味方の援護に恵まれませんでした。
7回に投げた近藤の内容が良かったのが唯一の救い。
内川はヒット1本打って、2000本安打リーチとなりました。

6日は魔のGW9連戦の最後。
ここで勝って3つ借金を減らすか、1つしか減らないでは大きな開きがあります。
相手先発の中田の毎度の立ち上がりの乱調につけ込めれば・・と思っていましたが、
初回三者三振でスタートするなど、中田が「荒れない」。
もともと球の勢いはあるので、そうなると攻めあぐむ不安がありましたが、
この日は今季のオリックスらしからぬ「一発攻勢」で加点していきました。

2回は先頭の小谷野が内角の球を逆方向に上手く打って
ライトのフェンスとテラスの境目に飛び込む先制弾。
[Readygo]Image 2018-05-06 18-44-36
[Readygo]Image 2018-05-06 18-44-52

同点の4回は安達。
外角のボール球をカットするようなバッティング
[Readygo]Image 2018-05-06 18-45-08
[Readygo]Image 2018-05-06 18-45-15
安達自身もファールだと思い足が止まっていましたが、
これが風もないのにフラフラ舞い上がって、ライトスタンドにストン。
「あらら」という感じの2号ソロで勝ち越しに成功。

再び同点に追いつかれ、迎えた7回
[Readygo]Image 2018-05-06 18-44-08
この日通算1000試合出場を果たしたT-岡田が、
真ん中高めをジャストミート!
[Readygo]Image 2018-05-06 18-45-40
[Readygo]Image 2018-05-06 18-45-46
いい時のTらしい角度のついた打球がバックスクリーン横まで飛んで行って、
先週に続き、中田から放った2号ソロでまた勝ち越す。

さらに続くロメロも甘く入った初球を見逃さず、レフトにドカン!
[Readygo]Image 2018-05-06 18-45-59
ここまで中田は与四球は1つだけと「らしくない」内容で、
(今季、無四球のゲームありますが)奪った三振も11個。
被安打が5で、そのうち宗の2ベースを除けば全てソロホームランという、
「全体の内容は良いのに甘く入ったところを確実に仕留められた」内容。
いつものように「荒れなかった」からこそ、これだけホームランを打たれたとも言える。
この後マレーロに四球を与えて中田が降板。
正尚もヒットで出てチャンスを広げましたがさらなる追加点はならず。

が、続く8回にも打順が回ってきたTが、今度は内角のボールを完璧にとらえる。
[Readygo]Image 2018-05-06 18-46-28
前の打席よりもさらに角度がついた打球は高々と舞い上がってライトスタンド中段に着弾。
ようやく本領発揮しだしたTの連続ホームランで終盤にリードを3点に広げました。
これで9回のチャンスに1点でもとっておけば、
最終回にあんなにハラハラせんで済んだんですが・・・
(山崎のスクイズでの宗の判断悪かったなぁ・・・)

オリックス先発田嶋は、ホークス戦早くも3度目の先発
[Readygo]Image 2018-05-06 18-43-28
6回以外は毎回ランナーを許し、
2回にデスパイネのソロ、6回には内川の犠飛で計2点を失いましたが、
大きく崩れない投球で先発の役目を十分に果たします。
2回の一死2・3塁が大きなピンチでしたが、
ここで市川をセカンドライナー、川島を三振に仕留めて危機を脱したのが大きかった。
[Readygo]Image 2018-05-06 18-43-42
同点の6回でマウンドを降りた田嶋でしたが、
7回に味方がリードを奪ったので、4勝目を手にすることができました。
実力だけでなく運も味方につけることが出来る頼もしいルーキーです。

7回は黒木が先頭にストレートの四球を与える「怖い」展開でしたが、
この日は低めに外れてた分、いつもよりマシ。
今宮には犠打を決められましたが、
ここで変に粘られずにアウト一つ貰ったのが大きかった。
(つまり、オリックスの初球からバント作戦も相手にはそのように思われるということ)
続く怖い柳田には外のストレート力押しで、空振り三振。
ボールが高めに浮かず、勢いがありました。
そして、この時点で「最後の打席」と思われた内川も一球でサードゴロに仕留め、
中継ぎとしての役割をきっちり果たしました。

8回の山本は圧巻。
デスパ、ショートゴロ、中村ショートフライ、松田セカンドゴロと、
力あるバッターに外野へ飛ばさせない力でねじ伏せるピッチング。
3点差のままで9回の増井にバトンタッチします。

[Readygo]Image 2018-05-06 18-46-41
9回のホークスは打順8番から。
3人塁に出るか、同点に追いつかれてない限り内川には回ってこない。
上林・城所と連続三振であっさり「あと一人」
これはさすがに、このまますんなり終わるだろう、
「(解説の)池田親興さん、残念だったねぇ」とほくそ笑んでいたわけですが、甘かった。
高田、今宮に連続でヒットを打たれ、柳田にはフォークのコントロールが乱れて四球。
2死満塁で内川という、
「2000本安打達成をサヨナラ満塁ホームランで」・・という最悪のお膳立て
8回のTのホームランが撃ち込まれたときに、シーンとしていたライトスタンド・・
どころか球場全体が異様に盛り上がる。
オリ党は2016年の柳田のサヨナラ3ランの悪夢がよみがえる・・もう悪い予想しか出来ない。

が・・・・
[Readygo]Image 2018-05-06 18-46-48
ストレートで押した3球目、少し当たりはよかったけど、ライトフライ。
こんな時に限って守備固めしておらずロメロがそのまま守っていたけど、
ライト線に走っていって無事キャッチ!

鷹党の期待値を最大にする見せ場を作り奈落に落とす、今季最大の増井劇場。
増井がドSなのかドMなのかわからなくなりました(笑)
180506Orix01.jpeg
山崎の表情見ると、彼が最大の「被害者」のような気もする。

これで多くの不安が「かなり負ける」と覚悟していた、
鷹獅子鷹のGW9連戦を6勝3敗で乗り切りました。
毎年、どこと対戦しようが戦績がよろしくないGWでしたが、
今年は苦しいチーム状況、対戦相手なのに、この成績を収めました。
9連戦の中で先発・中継ぎ・抑えともいい働きをしたのと、
ロメロ・マレーロ以外の打者がそこそこ打てるようになってきたことが勝因。
順位も一つ上がって4位となり、2位ファイターズまでのゲーム差も3.5。
「一強」は一人突っ走っていますが、2位から5位までの団子の中には入ってきました。

来週のカードはファイターズとイーグルス。
ファイターズ戦はスイープ食らった組み合わせと同じ。
しかもマルティネスは1回登板が飛んで休養充分。
上沢、高梨ともに前回の内容が良い。
イーグルスはチーム状態が泥沼だけど、則本との対戦がある。
正直、3勝3敗なら御の字のような気がします。

ともあれ、選手のみなさん、9連戦お疲れさまでした。
楽しいGWを過ごさせてもらってありがとう!

最後にもう一度「本日のソロホーマーたち」
[Readygo]Image 2018-05-06 18-48-40
[Readygo]Image 2018-05-06 18-48-24
[Readygo]Image 2018-05-06 18-47-26
[Readygo]Image 2018-05-06 20-37-27




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。