5/2 ライオンズのお株を奪う大逆転で初の3連勝! 一将・山本・増井は完全リレー!

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
05 /03 2018
180502Orix02.jpeg[Readygo]Image 2018-05-02 21-36-01
前日願った通りに出ました、アベック弾!!

2日のライオンズ戦2戦目、何はなくともスコアボード
[Readygo]Image 2018-05-02 22-23-34
よく勝てたなぁ・・、相手はライオンズだぞ

初回、ディクソンがライオンズ打線にいいように打たれてしまい、
本人もオリ党もこの表情
[Readygo]Image 2018-05-02 22-24-15
よーいドンで4失点ですので、そりゃ茫然自失となるわなぁ。
一与四球、五被安打、うち3本が2ベースですから、
手の付けられない状態でした。

4回には「目覚めた」メヒアに今季一号を打たれ、5失点と、
いただけない内容でしたが、
2つの併殺でピンチを摘み取るなど、
他のイニングでは立ち直ったピンチングを見せて、
責任投球回数の5回まで傷口を大きく広げずに投げてくれたことが、
後の「勝利を呼び込む」継投に繋がりました。

ディクソンを1回早々で降板させなかったベンチの判断もナイスでした。

とはいえ、今のウチの打線の状況で5点のリードは重い。
この時点で、「明日の負け」込みで、
「福岡で勝ち越せたら借金1つ減って上出来かぁ」と、
すっかり後ろ向きに前を見ていました。

が、勇者のユニフォームを纏った選手たちは、
これまでの様に脆弱ではなかった。
※とはいうモノの、今回着ているビジターユニって、
ブレース最後の優勝の翌年からなので、優勝経験ないんですよね


決して状態の良くないライオンズ先発カスティーヨに対して、
4回、四球の小谷野を置いてマレーロが外角の球を豪快に叩いて8号2ラン!
[Readygo]Image 2018-05-02 22-24-50
マレーロの6試合ぶりの一発でチームが波に乗ったか、
2死後に下位打線の宗、山崎が連打で1・2塁のチャンスを再び作ります。
ここで今季初の一番に入った正尚が左方向に上手い流し打ち。
[Readygo]Image 2018-05-02 22-26-59
180502Orix03.jpeg
これが2ベースとなり、まず宗がホームインして2点差。

2番はプロ初安打→初マルチとゲーム毎に調子を上げているルーキー福田。
このゲームでの2番起用は「小技担当」かと思いきや、そうではありませんでした。
[Readygo]Image 2018-05-02 22-25-33
初球を強く叩いて、打球はセンター前へ、
名手秋山がチャージをかけるも僅かに届かず、
ボールはグラブにあたって、後方へ転々。
2死ということもあって、この打球ならば2者生還には十分。
[Readygo]Image 2018-05-02 22-26-14
この回、一気に5点奪って、なんと同点に追いついちゃいました。

[Readygo]Image 2018-05-02 22-29-17

福田周平、このゲームでは初タイムリーを記録
(ついでに初盗塁も記録しちゃいました)
福田、山足、大城、西野で今季はレベルの高いセカンド争いを一年続けて欲しい。

6回からは前回登板では延長でホークス打線にボコられて負け投手になった吉田一将。
しかし、この日は気合十分のピッチング
180502Orix01.jpeg

5人連続で討ち取って、6人目の源田には12球粘れましたが、根負けしませんでした。
[Readygo]Image 2018-05-02 22-27-42
[Readygo]Image 2018-05-02 22-27-52
最後はキャッチャーへのファールフライで勝負あり。
ここで根負けして塁に出してたら、厄介なことになっていたかも知れなかったので、
そこで踏ん張れたのは大きかった。
[Readygo]Image 2018-05-02 22-28-05
どっからでも長打が出る怖い打線相手に苦心の配球の山崎も安堵の笑顔。

バッテリーの粘りが、打線の背中を押したか、
その裏の攻撃でロメロの一発が出てついに勝ち越し!
[Readygo]Image 2018-05-02 22-28-54
低い弾道のライナーでレフトスタンド前列に飛び込んだ当たり。
昨年はケガで離脱していた5月。
今季はその不在で落とした星も取り返すくらいの気持ちで、
5月(もちろんその後も)は大いに暴れまくって欲しい。

8回は山本がライオンズのクリーナップの前に仁王立ち
[Readygo]Image 2018-05-02 22-29-59
浅村、山川、森に自分のバッティングをさせず、
全て詰まらせて内野ゴロ。
3人誰でも同点弾を打てる実力もあるし、
我がチームは、これまでさんざんそんなメに遭ってきましたが、
山本はそんな気配を微塵も感じさせませんでした。

むしろ不安要素が大きかったのは9回の増井。
オリックスに強い栗山、お目覚めしたっぽいメヒアと、
下位打線だけど、恐怖感一杯。
でも、一日休んで体力充実の増井は、
百戦錬磨のクローザーとして、
後輩山本の活躍に意地を見せないわけにはいきません。
この日のピッチングはまさに圧巻。

外崎を内角低めに落とすフォークで空振り三振
[Readygo]Image 2018-05-02 22-30-09

栗山も外のフォークで空振り三振(振り逃げされかけたけどね)
[Readygo]Image 2018-05-02 22-30-21

最後のメヒアには、
3球目からほぼ同じコースに寸分たがわずフォークを投げ込んで空振り三振!
[Readygo]Image 2018-05-02 22-30-32

三者連続空振り三振!!
阪急ブレーブス「17」番の重みに十分応えた身震いするような素晴らしい内容でした。
[Readygo]Image 2018-05-02 22-30-48

勝利投手はライオンズに追撃を許さなかった吉田一将
[Readygo]Image 2018-05-02 22-31-47
「14」と「17」の活躍・・・昭和50年代前半を彷彿させましたね。

これで、GW9連戦、2カード連続の勝ち越し確定
しかも、ようやくですが初の3連勝。
GW前にこーなることは予想できませんでしたが、
これは嬉しい誤算ですね。

3日は金子と十亀が先発。
どっちも相手チームに対しての相性がよろしくない。
しかも今シーズンの調子もよろしくない。
派手な打ち合いになる可能性もありますが、
金子が背負う「19」番で、このユニフォームは、
阪急ブレーブス(投手で)最後の戦士、高木晃次がつけていたもの。
遅咲きながら息の長い選手生活を送った選手です。
金子にも、「第2次全盛期」を予感させるピッチングを期待します。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。