5/1 アルバース、獅子の勢いを止める好投!黒木も力投!山本は圧巻の初セーブ!

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
05 /02 2018
180501Orix04.jpeg
安達に当たりが出てくると、「打線」がより機能してきます。

1日からの三連戦は「関西クラシック」第2弾。
阪急ブレーブス「最後の」ビジターユニフォームです。
このときの「Hankyu」ロゴがカッコいいんですよね。

前のシリーズでホークスが南海時代のビジターユニで、
同じ時期のもので合わせてくれたのですが、
今回のライオンズは・・・
[Readygo]Image 2018-05-01 21-23-27
これも「懐古ユニ」ですが、時期が違う。
まぁ、ライオンズブルー一色のビジターユニだと、
「西武最強時代」を彷彿させ気後れしてしまうので、
このユニで良かったと言えば良かった。

オリックスは初回から制球不安定な相手先発高木を攻略。
ヒットと四死球2つで作った2死満塁のチャンスで、バッターは安達。
[Readygo]Image 2018-05-01 21-20-48
安達は初球を叩いて、打球は右中間の深いところ真っ二つ。
これが走者一掃の2ベース(安達は3塁まで進塁)で、イッキに3点先制。
[Readygo]Image 2018-05-02 02-33-46
打率もじわじわ上がってきた安達。
軸のブレないしっかりしたスイングになってきましたね。
若月も結構いいところで打つし、
福田もこの日はマルチと下位打線にも当たりが出てきています。
安達から始まる下位打線がチャンスを作ったり、
そこで得点出来るようになると打線がより強固なものになっていきます。
これでT-岡田に凄味が戻ってきたら完璧なんですけどね。

ともあれ前日に続き、立ち上がりの悪いピッチャーから先制点を奪えたのは大きい。
[Readygo]Image 2018-05-01 21-20-53

4回もヒットと3つの四球で1点追加。
ただ、3番ロメロがここでダメ押し打ってたら、
もっと楽な展開になっていただけに残念。
ロメロ、マレーロがまだまだ期待値より低い状況に甘んじているわけですが、
彼らの爆発は必ずやってくると、固く信じています。

序盤で4点のリードを貰った先発アルバースは、超強力ライオンズ打線を、
4回まで秋山にヒット2本打たれたのみで無失点。
180501Orix03.jpeg
ストレート、変化球ともに制球良く、ライオンズ打線を翻弄。
5・6回に1点ずつ取られましたが、
隙を見せたら嵩にかかってくる相手を要所では封じます。
(特に6回は山川・外崎に自分のバッティングをさせなかった)

7回は併殺を焦った安達のエラーで一死1・2塁と三たびのピンチを迎えましたが、
ライオンズ打線の中では唯一打率低迷の金子を落ち着いて処理。
[Readygo]Image 2018-05-01 21-20-58
改めて6-4-3の併殺を完成させ、最後のピンチを乗り切りました。

自分の役目をきっちり果たし切り、吠えるアルバース。
この日も無四球と、そのコントロールの良さが一番の強味。
頼りになるローテーションピッチャーです。
[Readygo]Image 2018-05-01 21-21-44

※それにしても、あそこで金子が送って秋山に打順という流れにならなくて良かった。
ライオンズの「勢いありすぎ」打線の油断みたいなもんだったのでしょうか?

この日は増井の連投を回避するために、8回は黒木、9回は山本の救援布陣。
黒木はこの日もストレートが高めに浮き気味で少しおっかない。
源田にヒットを打たれ、一死一塁。
ここで源田に走られたらかなり嫌な展開だったんですが、
次打者浅村は初球を振ってくれました。
150キロ超のストレートがインコースをえぐれば、
多少球が高めにいこうが力で押し切れます。
[Readygo]Image 2018-05-02 02-34-09
浅村は黒木のストレートにバットを粉砕されショートゴロ併殺。

ピンチに動じないマウンド捌き・・・
これが甦ってくれば黒木は最も頼もしいセットアッパーです。
[Readygo]Image 2018-05-02 02-34-22

最終回は2点差のまま、初めてラストイニングのマウンドに上がる山本。
[Readygo]Image 2018-05-02 02-34-34
昨年、セットアッパーで無双だった黒木がこの座に就いた途端に、
そのプレッシャーに自壊していったことを思うと、
入団2年目の剛腕とて、まだ19歳、腕が委縮しないかと不安でしたが、

将来のオリックス投手陣をしょって立つ逸材は
そんなオリ党の心配を吹き飛ばす、いつも通りの剛腕ぶり。
現在2冠の山川を外角スライダーで空振り三振
外崎は一球でショートゴロに仕留め、
最後のメヒアは140キロ超のフォークで空振り三振
[Readygo]Image 2018-05-02 02-34-49
全ての球種のコントロール、スピード、キレ全ての面で申し分なく、
yahooの実況のコメント欄でも、
ライオンズファンからも驚嘆と称賛の声があがっていました。

増井を休養させるための「お試し登板」的な側面もありましたが、
そんなベンチの期待に十二分に応える、恐るべき19歳右腕。
180501Orix02.jpeg
先発としてはスタミナ面でやや難があり、
今季については適材適所なのはむしろこの位置なのかも?
増井も百戦錬磨ですが、年齢のことを考えれば過度な連投は不安要素。
他のセットアッパーの調子如何の部分はありますが、
山本もセットアッパー、クローザーを兼任しながら、
先発として必要なスタミナも身につけていければいいですね。

アルバースもお立ち台で山本のことを絶賛してました。
180501Orix01.jpeg
ブレービーの姿にオールドファンは涙します。

2日の予告先発はディクソンとカスティーヨ。
カスティーヨ2勝に対し、ディクソンはまだ勝ちがついてませんが、
同じ登板数で防御率は僅かながらディクソンが上。
本来、この時期の投球内容が素晴らしいディクソンですので、
若月であれ山崎であれ、好リードで、2日続けてライオンズ打線を翻弄してもらいたい。

そして打線は、正尚、ロメロ、マレーロでのアベック弾がそろそろ見たいぞ!
(もちろんトリプル弾も大歓迎)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。