4/22 山岡完璧!2カード連続勝ち越し!打線も効果的得点で援護!

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
04 /22 2018
[Readygo]Image 2018-04-22 16-49-53
今年は二桁いけるぞ!

カード勝ち越しがかかった、
22日の仙台でのイーグルス3戦目。


先発の山岡は安定のピッチング。
[Readygo]Image 2018-04-22 16-41-19
大事をとってスタメンから外れた若月に代わり、
ベテラン山崎とのバッテリーでしたが、
山崎も初組み合わせでさすがの円熟のリード。
3・4・5回は三者凡退で、ヒットを打たれた回も傷口を広げず
イーグルス打線につけいるスキを与えません。
四球を1個しか与えなかったのもよかったですね。

味方の大量リードにも守られ、
そのまま完封を目指してもよかったと思うのですが。
100球を越えた7回でお役御免。
8回、一将、9回は澤田で完封リレーを完成させました。

180422orix02.jpeg
山岡はこれで2試合連続の無失点。
今年も安定したピッチングを一年通して見せてくれそうです。
次回はホークス戦での登板になると思いますが、リベンジ期待しています。

今週の4勝はすべて先発投手に勝ち星がつき、
先発陣の陣容についてはパ6球団でも上位と言って良い状態。
金子だけが波に乗り切れていないですが、
仮に彼が一度調整に入ったとしても、
山本が出ぐすね引いて下で待っています。

28日からのGW9連戦。
毎年のように相性の悪い時期ですが、
今年はホークス~ライオンズ~ホークスと、組み合わせも最悪。
勢いに乗っている先発陣に一層の期待がかかります。

打撃陣は中盤から山岡の援護に成功。

5回先頭マレーロが2ベースで出塁
[Readygo]Image 2018-04-22 16-41-53
この日のマレーロはここから猛打賞。
全ての得点に絡みました。

マレーロがTのセンターフライで3塁に進み、続く大城はセカンドゴロ。
飛び出したマレーロは挟殺されそうになりますが、
サード、ウィーラーの送球がそれてホームイン!
[Readygo]Image 2018-04-22 17-31-51


大城は塁を欲張ってアウトになりましたが、
山崎が粘って四球を選び、
宗が右中間を真っ二つに破る3ベース
[Readygo]Image 2018-04-22 16-51-34
[Readygo]Image 2018-04-22 16-51-38
この日の宗はマルチ安打。
先頭打者としての役割はともかく、
打線に欠くことのできない戦力になってきています。

6回は代わった釜田から集中打。
まず、ロメロが一死から左中間に3号ソロ。
[Readygo]Image 2018-04-22 15-56-50
昨年、幕張で戦線離脱に至るケガをした日に、
その悪夢を振り払う一発を放ちました。

小谷野・マレーロが2ベースで続き2・3塁
ここで、この日はスタメンのT-岡田。
今年まだこういったチャンスで十分に結果でてなかったのですが、
ここはライト前にタイムリーヒット!
[Readygo]Image 2018-04-22 17-42-10
一死1・3塁で大城のセカンドゴロの間にさらに1点追加。
6回までで5点のリードと、山岡を援護するに十分な得点を重ねました。

8回はイーグルスにとどめを刺す3得点を下位打線でもぎとります。
2つの四球とヒットで無死満塁。
ここまで運よく得点に貢献していた大城が、
今度はあわや満塁弾のフェンス直撃の2ベースで2打点
[Readygo]Image 2018-04-22 17-52-32

さらに昨年はヒットを2本しか打ってなかった山崎が、
ライトオーバーの2ベースを打ちさらに1点。
180422orix01.jpeg
山崎、昨年からヒットについてだけを言えば、全部2ベースです。

これで14安打8得点と、一週間ぶりの完勝となりました。

今週は2カードとも勝ち越しで借金は2つ減少。
来週アタマは札幌でファイターズ3連戦。その後が「地獄のGW9連戦です」
GWは勝ち越す希望が果てしなく薄いので、
欲を言えば、ファイターズ戦は勝ち越しよりも、もう一つ上を目指したい。
そのためには初戦の金子が意地を見せてくれることと、
打線の好調維持が不可欠。
出来れば「2番正尚」に戻して欲しいよなぁ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。