4/18:「打順変更:正尚2番」がハマって、苦手唐川を攻略。増井も初セーブ!

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
04 /19 2018
[Readygo]Image 2018-04-19 00-37-25
宗、同点タイムリーだ!

17日の幕張でのマリーンズ戦初戦は、
序盤いい立ち上がりだった金子が5回に味方のミスもあって3点取られ逆転されるも、
6回にロメロの2ランで同点においつく。
その後の早めの投手交代は成功したように見えましたが、
7回に近藤がルーキー藤岡に2ランを打たれジ・エンド。
追撃期に送りバント失敗もあり、石川に完投を許してしまいました。

得点に直結するパスボールとバント失敗と開幕から精彩を欠いた伊藤光が2軍落ち
代わって山崎が昇格してきました。
でも、若月にレギュラー捕手がほぼ一本化しつつあるので、
ディクソン先発でも先発マスクはないかも?

ともあれ、これで6カード連続で初戦負け。
なかなか「アタマ」がとれません。

18日のゲームの先発はアルバースと、
今季初先発のオリックス「だけ」キラー、唐川。

アルバースは5回で115球と球数を要しましたが、
与えた四球は一つだけで、ヒットもシングル3本打たれただけ。
球威がないことで粘られてはしまいましが、
粘り負けせずに、丁寧に打者を討ち取って1失点のみ。
[Readygo]Image 2018-04-18 21-53-26
後ろの準備は大変そうだけど、
シーズン通じて計算が立つ先発投手になりそうです。

打線の方は、オリ党が切望していた攻撃型オーダーを今季初採用
2番に正尚、3番に小谷野でロメロ、マレーロと続くオーダーにしました。
一番の宗についでは現状の成績から納得できない人もいるかと思いますが、
私はこの一年、ここだけは崩さずに貫いてほしいと思っています。

が、その攻撃型打線も天敵には歯が立たず。
5回まではパーフェクトに抑えられ、球数もたったの48
つまりアルバースの半分以下の球数で手玉に取られます。
相変わらずオリックス打線に「だけ」は強気に低めをバンバン攻める唐川です。

が、良すぎた反動なのか、唐川が6回に突如崩れます。
突破口は安達、そして代打に送られたT-岡田が連続ヒット
[Readygo]Image 2018-04-19 01-07-21
180418Orix02.jpeg
Tはこの日、途中出場で2打数2安打(一四球)
2本目のヒットもクリーンヒットで、少し上がり目なのを感じさせました。

ここで、打順は宗にまわり、
唐川が投じた低めの球を奇麗にすくい上げて同点タイムリー。
[Readygo]Image 2018-04-19 00-19-57
[Readygo]Image 2018-04-18 21-54-45

なおも一死1・2塁で、続けて正尚が登場。
これまでの打線なら途切れてしまう可能性もあったわけですが、
唐川からすれば緊張を強いられる打順となっています。
そして正尚がきっちりセンター前ヒット。
T-岡田は三塁止まりでしたが、これで満塁。
ただし、このチャンスで小谷野は凡退し2死。
同点止まりの嫌な予感がしましたが、
ロメロが外のボール球をちゃんと見極めて四球を選びます。
[Readygo]Image 2018-04-19 00-20-13
この押し出しで逆転に成功。
そしてマレーロが教科書通りに「四球後の初球」をジャストミート
[Readygo]Image 2018-04-19 00-19-59
[Readygo]Image 2018-04-19 00-20-03
これで2者が生還し3点差に。
出だし絶好調だった唐川をワンチャンスでKOし、
アルバースに2勝目をもたらしました。

6回は吉田一将、7回は近藤が完全に抑えリードを守ります。
[Readygo]Image 2018-04-19 01-23-14
近藤は昨日のリベンジを果たし、
一将は昨年の4月同様の無双状態。

これで黒木が完璧なら申し分ないんですが、
中継ぎ全員が完璧ってのは、そうは何度もあるもんじゃない。
黒木はストレートのコントロールが定まらず、高めに抜け気味。
先頭の田村のショートライナーもヒット性の当たり。
平沢にストレートの四球を与え、
荻野に2ベース、福浦にヒットを打たれ、あっという間に2失点。
中村を何とか討ち取るも2死2塁で4番の井上。
ここで打たれれば同点というピンチでしたが、
我がチームは、まだ井上からは「痛い目」にあった記憶はあまりない。
ここも、決して投げ勝ったわけではないけど、
相手がボール球に手を出してくれて内野ゴロでピンチをかろうじて脱しました。

そして、最終回は増井が登場
[Readygo]Image 2018-04-19 01-22-59

先頭、鈴木の一打はひやっとしましたが大きなライトフライ。
清田はピッチャーゴロと、増井の貫録勝ち

180418Orix01.jpeg

が、根元の当たりは1・2塁間へ、
大城が追いつきましたが、根元の足が勝ち。
※大城は昨夜の捕球ミスの挽回のチャンスでしたが惜しかった。
今日もエラー一つしちゃったけど、
山足が戻ってくるまでは、西野でなく大城でいくんだろうな。

根元は盗塁を決めて、一打同点のピンチ。
しかし、田村はセカンドゴロで、大城が慎重に捌いてゲームセット。

[Readygo]Image 2018-04-19 00-20-30

苦しみましたが増井に移籍後初セーブがつきました。

これで1勝1敗、明日、シーズン初の勝ち越しをかけて、田嶋が先発。
マリーンズの先発は涌井ですからラクには勝たせてくれないでしょうが、
田嶋のクロスファイヤーの炸裂に期待しましょう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。