マレーロ「神走塁」・・でも三塁コーチャーは・・・

日々の雑感
04 /16 2018
[Readygo]Image 2018-04-16 21-06-18
マレーロはもちろん称賛されてしかるべき

15日の神戸でのファイターズ戦での5回のマレーロの本塁突入。
別件のことも相まって、翌日になってもニュースになっていましたが、
その中で選手、コーチのインタビューもあって、
マレーロの激走で2点をたたき出した若月は「きょうはしっかり踏んでくれましたね」と感謝。
三塁コーチャーの風岡内野守備走塁コーチ
「神足だったね!」と絶賛した。


180418 Orix001

そこは、「俺の判断ミスを帳消しにしてくれたよ」じゃないか?
確かに、2死で次の打者が左対左となる宗であることやら、
コリジョン導入後は、このケースで走者優位なとこあって、
判断としては微妙なとろもあったかも知れんけど、
結果から見れば「腕回した」のは判断ミスもいいとこ。
[Readygo]Image 2018-04-16 21-30-12
これは「回してはいけない」ケースでした。
もちろん100%正確な判断って出来るわけないし、
時にはギャンブルで突っ込ませることはあるし、それが上手くいくこともある。
が、自分の判断ミスを棚に上げて「神足」なんて喜んでいる場合か。
風間コーチ、頼むからもう少ししっかりしてくれ。

で、これが通常よりも大きく話題になったのは、
ご本人の昨年の「ホーム踏み忘れ」もさることながら、
[Readygo]Image 2018-04-16 21-05-36
その前日の従兄弟の「やらかし」のせいでもあります。

これについては、現在ダイヤモンドバックスで同僚である
平野佳寿投手のコメントがふるってましたね。
「(追い越しは)本塁打では見たことがないですね。ヒットとかではありますけど、
踏み忘れとか…。ちょうど踏み忘れたのはあいつのいとこです」

マレーロ一族の「やらかし現場」の両方にいた平野もある意味凄いな。
その平野、メジャー挑戦一年目のスタートは快調。
[Readygo]Image 2018-04-16 21-45-25
8試合に登板して失点したのは2試合。
セットアッパーとして全てのゲームで勝利に貢献しており、
9日は勝利投手にもなっています。
平野の活躍もあってかダイヤモンドバックスは現在ナ・リーグ西地区で首位。
大谷の陰にかくれてあまり目立っていませんが、オリ党としては、
彼のメジャーでの活躍は嬉しい限りです。

さて、17日の千葉でのマリーンズ戦の予告先発は、
前回と同じ組み合わせの金子と石川。
石川は2戦2勝と最高の滑り出し、防御率も1点台。
かたや金子は未勝利で防御率も6点台と、
昨年の4月MVPの面影なし。
金子の意地と打線の援護に期待するしかありません。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。