大城殊勲!連敗ストップをサヨナラ打で決めた!宗も猛打賞で初のお立ち台!

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
04 /13 2018
[Readygo]Image 2018-04-13 01-54-42
やったぜ!逆転打!

前日の悔しい引き分けの翌日。
12日のイーグルス戦はディクソンと藤平の一歩も引かない投げ合い
180412Orix03.jpeg
先にマウンドを降りたのはディクソンですが、
この日はナックルカーブも決まり、
いつもなら崩れる前兆である四球も一つ与えただけで、
被安打も初回と6回の3本だけでうち2本は内野安打。
前回の悔しさを晴らす完璧な内容で6回をゼロ封。

7回に吉田一将、比嘉で1点を先取されましたが、
[Readygo]Image 2018-04-13 01-54-50
※判定はアウトでしたが、チャレンジ導入でセーフとなりました。
確かにタッチできてませんですね。


その裏に、相手の守備の乱れでおいたランナー2人を、
この日既にヒットを1本放っている宗がレフトオーバーの2ベースで返します。
[Readygo]Image 2018-04-13 01-54-34
[Readygo]Image 2018-04-13 01-40-35
開幕からスタメンを張り続けるプレッシャーからか、
打撃面で精彩を欠いていましたが、期待の宗がようやく目覚めました。

この大城が続いて一死1・3塁と追加点のチャンスでしたが、
正尚・ロメロが凡退してイーグルスを突き離せず。
※この日のロメロは3回の正尚敬遠での満塁のチャンスでも三振。
昨日の復調が続いてくれませんでした。


8回は黒木が力でイーグルス上位打線をねじ伏せ三者凡退。
いよいよセーブがつく場面での増井の登板となりました。

が、先頭からいきなり連続ヒットを浴びて、無死1・3塁のピンチ。
今江は三振に討ち取るも、アマダーにライト前に運ばれて同点に。
なお、1・3塁と逆転のピンチでしたが、
次の内野ゴロで3塁ランナーを殺し、
最後は三好を三振にとって何とか同点どまりで凌ぎました。
※あそこで茂木を代打で送られたら嫌だったろうなぁ。

9回裏は下位打線から、まだベンチにマレーロ残っているんだから、
「一発狙い」でアタマから代打でしょ?と思っていたんですが、
安達がそのまま打席へ、
ところが打率1割台の安達がここでヒット。
若月はバント失敗に終わりましたが、
宗の打席で安達が盗塁を決めて、若月の失敗を帳消しに。
そして、宗がこの日三本目のヒットで一死1・3塁とサヨナラのお膳立て。
打順はこれまた打率ぴったり2割の大城。
今度こそマレーロでしょ・・いや伏見だってまだいるし、
小島が残っているんだからかりに延長になっても守備問題ないでしょ・・
・・と私以外のオリ党も大勢いたと思いますが、
大城をそのまま打席に送り出す福良監督・・・何故だ?

が・・・大城がやってくれました!
[Readygo]Image 2018-04-13 01-54-59
180412Orix01.jpeg
180412Orix02.jpeg
オリ党の期待をいい意味で裏切った、見事なサヨナラ打!

宗も喜びを爆発させていました
[Readygo]Image 2018-04-13 01-54-47

いやー長かった。
昨年の4月は毎日が楽しかったけど、今年は出だしから辛かった。
でも、昨年と状況が逆になってくれるならば、
今の苦しみだっていくらでも甘受します。
正直、今日の勝ち方も苦しみ抜いてのもので、
相手が波に乗れていないイーグルス相手ということで、
やっと五分の戦いができてるだけなのかも・・という不安もないでもない。

13日はゲームなしで、土日と神戸でファイターズ2連戦。
デーゲームに相性の良い西を飛ばすことはあり得ないので、
田嶋と山岡のどちらかが一回登板を飛ばさられることになりそう。
それも勿体ないような気もするので、
日曜日のゲームは田嶋~山岡のリレーでいくというのも面白い。
それを事前に公言して観客動員につなげるというのもアリじゃないか?
ここんとこ酷使の中継ぎも休めるし一石三鳥くらいの効果あるかも?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。