4/11 イーグルス戦・・なんとか負けなかった。でも連敗が止まったわけではない

バファローズ黒星日記(since 2015)
04 /12 2018
[Readygo]Image 2018-04-12 02-05-44
おっさん、守備でがんばった!

開幕早々、長いトンネルです。

5日 マリーンズ戦 5-9 ディクソンが4回でKO
打線が追い上げるも、中継ぎ崩壊で負け越し

6日 ライオンズ戦 1-5 菊池雄星とライオンズ打線の前に完敗
7日 ライオンズ戦 3-6 昨年「お得意様」だった多和田に抑えられる。
前回好投の田嶋も4回につかまる
8日 ライオンズ戦 4-7 山岡が打線の無援護に耐えることできず。
まずい攻めも続いて、スイープ食らう
10日 イーグルス戦 2-4 金子1500奪三振を勝利で飾れる。
謎采配も連発でついに5連敗

10日まで防御率が6球団で唯一の5点台。
チーム打率の当然最下位。
あれだけ推進してきた盗塁数も最小と、
どこをとってもいいとこナシのチーム状態。
スターティングメンバーに打率一割台がわんさかいたら、
よっぽど作戦に知恵を絞ったり、
チームバッティングを意識しないといかんのに、
無策に等しい正攻法が空回りしている状態。

11日のゲームもヒット自体は8本打っているし、
四死球だって6つも頂戴しているのに、とった点数は僅か2点。
イーグルス守護神松井裕樹の開幕からの不調のおかげで同点においつけたけど、
そこからホームゲームでサヨナラ勝ちにもっていけないとろが現状の弱さ。

とはいえ・・
[Readygo]Image 2018-04-12 02-06-26
[Readygo]Image 2018-04-12 02-06-34
180411Orix01.jpeg
5回と9回の小谷野の好守は素晴らしかった。
特に9回はあれがなければ負けていたでしょう。

アルバースも前回同様に粘っこいピッチングで、
先発としての役割は十分に果たしました。
180411Orix03.jpeg

ロメロも2安打と、復調気配
180411Orix04.jpeg
マレーロの波が激しすぎるけど、この2人が打たないとどうにもならん。

9回の伏見の同点打はしびれた
[Readygo]Image 2018-04-12 02-06-37
[Readygo]Image 2018-04-12 02-06-40
[Readygo]Image 2018-04-12 02-05-50
シーズンに入っても打席では結果を残しているので、
これから出番はどんどん増えていきそう。

久々登板の増井は2イニングとも走者を3塁まで進められてヒヤヒヤでしたが、
近藤・黒木・比嘉・澤田は完封リレー。
[Readygo]Image 2018-04-12 02-06-55
まだまだ「投げてみなければわからない」不安要素一杯の中継ぎ陣ですが、
ブルペンワークがしっかりして、
起用を誤らなければ結果を残す陣容だとは思うんですけどね。

が・・・12回の攻撃で、
イーグルスがスコアリングポジションにランナーを置くリスクしょってまで、
正尚を敬遠で歩かせたのに対し、
ベンチは小島をそのまま打席に送る愚策。
結果は変わらなかった可能性もあるけど、
まだベンチに伊藤光は残っていた・・・
同じ結果でもファンの納得度は違うと思うんだけどな。

12日はディクソンと藤平かぁ・・
どっちも黒星スタートだけど、内容は藤平の方が良い・・・。

180411Orix02.jpeg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。