頼りになります「打点マニア」、小谷野走者一掃打で連敗脱出!アルバースは初先発で初勝利!

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
04 /04 2018
[Readygo]Image 2018-04-04 20-59-26
ベンチも大喜び

ホークス3戦目は山岡が5回までは素晴らしい投球で無失点。
マレーロの2ランで6回にリードを奪うも、
その後の満塁のチャンスを生かせなかったことで潮目が変わり、
その裏に中村晃に逆転満塁弾を打たれKO。
その後は黒木・榊原・松葉が滅多打ちくらい一イニングで8失点。
最終回に正尚の1号が出ましたが焼け石に水で大敗を喫しました。

ホーム開幕戦の3日のマリーンズ戦は、
金子が6回まで被安打4、与死球1で零封。
しかし、7回に2死からの連打で逆転され負け投手。
打線も、宗のプロ入り初打点の1点のみ。
宗はセンターからの好返球も光りました。
T-岡田が猛打賞で、今後の活躍に期待を持たせました。

先発陣の立ち上がりは決してわるくない・・というより凄く良いので、
早い回から相手投手を攻めて、ゲームの主導権を握れば、
勝ち星はもっと増えそうな気がします。


4日の先発はオープン戦での結果は上々だったアルバース
[Readygo]Image 2018-04-04 21-33-46
初回こそ四球→犠打→ヒットであっさり先制点を奪われますが、
そこからはコーナーに丁寧に投げ分ける制球と動くボールで、
マリーンズ打線に付け入るスキを与えません。
2回以降、与えた四球は2つ、被安打も2なのに対し、
奪った三振の数は7つと上出来の内容で味方のリードを守りました。

[Readygo]Image 2018-04-04 21-33-49
球威があるわけでないので、
制球が決まらないと苦しいピッチングになる可能性もありますが、
この日のようなピッチングを続けてくれれば、先発として申し分なしです。

打線は、この日は初回にこそ逆転に成功しましたが、その後はしばらく沈黙。

初回はセカンド争いの渦中にある大城が今季初安打で出塁
[Readygo]Image 2018-04-04 21-33-38
大城は幻のタイムリーを含む3安打で、
今季のセカンド争いは山足・西野との間でハイレベルなものになりそうです。
※山足・西野が登録抹消となったので、大城には大きなチャンスです、守備でのポカに気を付けてね

その大城を塁において、正尚がバックスクリーンに特大の逆転2ラン!
[Readygo]Image 2018-04-04 20-59-11
正尚のホームランでフェンスギリギリの方が逆に見るの難しそう

ようやく追加点を得たのは6回の攻撃
四球で出た正尚・ロメロを小谷野が送って2・3塁。
マレーロが右中間を抜けんとする当たりを放ちます。
[Readygo]Image 2018-04-04 21-33-54
抜けていれば確実に2点追加でしたが、これを荻野が好捕。
ただし犠牲フライには十分で、1点は取ることができました。
[Readygo]Image 2018-04-04 21-34-00
この追加点で相性のあまりよくない二木をマウンドから降ろしたのが大きく、
7回マウンドに上がったマリーンズ西野は
コントロールが安定せず、2つの四球とヒットで一死満塁と大チャンス。
ロメロは凡退するも、満塁での期待値はチームで最も高い小谷野の打順。
そして、その期待通りに、甘い球を逃さず、センターフェンス直撃の2ベース
[Readygo]Image 2018-04-04 21-34-05
勝負を決定づける3点を奪い、8回も若月のマルチとなる2ベースから、
相手バッテリーのミスで1点追加。
7安打で7点と、相手のミスにもしっかりつけこんで効率よく得点を重ねました。

7回、黒木、8回、近藤は安定のセットアップ。
9回もセーブがつかない場面ながら増井が3人で締めてゲームセット。
3連勝と勢いに乗るマリーンズを「スミ一」で抑えきりました。

5日の先発はディクソンと涌井。
涌井の開幕戦でのピッチングは7回無失点と良い内容。
そしてディクソンは今季初登板ですが、
昨年の4連勝を始め春先は調子は良い方。
投手戦になりそうな気もしますが、勝って星を五分に戻しましょう!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。