三浦半島、横須賀線、京急線未乗区間走破の旅② 観光まるで無視のテツらしい旅

足まかせ旅日記
03 /20 2018
180318CIMG3962.jpg
たった2駅分の未乗区間だったけど、長い間放置していた。

横須賀線は、鎌倉までは何度も利用しているし、
逗子まで足を延ばしたのも複数回あった。
でも、その先と言えば、横須賀まで行ったのが20数年前に一度きり。
つまり、その先の単線区間、久里浜までのたった2駅分が未乗車のまま残っていました。
まずは、大船から再びグリーン車に乗って終点の久里浜に到着。

もともと日本海軍の重要拠点である横須賀港への輸送のために作られた路線だけに、
横須賀駅までは明治22年と早い時期に開通。久里浜までは昭和19年に延長されました。
※ただしすぐ隣の京急久里浜駅の方が開設は2年早い。
戦争の長期化にともない鉄材の不足が深刻化する中での、
路線の延長というのは結構レアなケースです。
180318CIMG3964.jpg
駅舎は昭和20年に竣工した初代のものが現役で、
シンプルなつくりではありますが、終着駅らしい風格を備えています。
隣の衣笠や、もともとの終点である横須賀も良い駅舎だし、
ホーム屋根の支柱に使われている古レールも、
明治時代の外国産レールという一見の価値があるもの。
トンネルに挟まれた田浦駅も含め、次回は一駅ずつじっくり降りたいところです。

横須賀線の完乗をクリアして、お次は京急。
こちらは金沢八景以南の路線が全て残っているので、
ルートの重複は避けられないところ。
乗り方については現地に行ってから決めようと考えていたのですが、
久里浜駅からは京急浦賀駅に向かうバスが出ているので、
そちらを利用してまず京急本線の走破から先に済ますことに。

時間があればペリー上陸記念碑も見たかったのですが、
久里浜駅から少し歩く必要があったし、
浦賀に向かうバスのルート上でもなかったのでパス。
ただ、ずっと浦賀の市街地にそれらはあるもんだと思ってたんですが、
「浦賀」沖に現れたペリー艦隊の上陸地は、浦賀ではなく、久里浜だったんですね。

京急本線の浦賀駅は築堤の上に作られているのが特徴
180318CIMG3965.jpg
180318CIMG3966.jpg
ホームは一面2線で日中は10分間隔で各駅停車のみの運行。
(早朝のみ特急も発車します)
各駅停車は京急路線内での運行のみで、都営などへの乗り入れはなし。

鉄ファンならご存知のように、こちらが京急の本線なんですが、
久里浜線が開通してからはそちらの方がメインルートになっていて、
堀ノ内~浦賀の方が支線のような扱いになっています。

こういった事例で他に現在も残っているのは、
南海高野線の汐見橋(支線)くらいかな?

裏山とつながるようにホームが作られているからなのか、
ホーム屋根に動く物陰がいるなぁと気づいてよく見ると・・・
180318CIMG3967.jpg
リスがいました。

堀ノ内で快速特急に乗り換えて金沢八景で下車。
これで京急本線は完乗達成。
180318CIMG3968.jpg
金沢八景駅は、横浜シーサイドラインの駅を直上にもってくる延伸工事中。
駅裏も公園を整備していて、橋上駅舎も建設中と、
あちこち工事だらけでした(今年度中に完成予定)。

駅周辺を少しブラブラした後に、
今度は三崎口行きの快速特急に乗って、久里浜線を一気に制覇。
180318CIMG3969.jpg
途中、京急長沢駅から三浦海岸駅にかけては海が見える区間ですが、
終点の三崎口は三浦半島の先端部分ではあるけど、
三崎港や城ケ島までは結構距離があって、それらに行くにはバス乗り換えが必要。

ただし駅は三崎漁港で水揚げが多いマグロをアピール
180318CIMG3970.jpg
「口」を無理やり活用しております。

もともとはここから油壷まで延伸計画があり、三浦市街を通る予定で、
三崎口駅は暫定的な終点でした。
しかし、2005年にこの延伸計画は凍結されてしまい、
今後も三崎口が終点のままになる可能性が高いようです。

今から40年ほど前、昭和51年に横浜の親戚のところに遊びに行ったときに、
車で城ケ島までドライブしました。
そのときに、車窓からまだ海までは距離がある場所で、
行き止まりになっている駅を見つけて、
「これが多分、三崎口駅」だと、当時既に立派なテツだった私は気づきました。

眼下に映る駅の姿は40数年前とそのまま同じ。
180318CIMG3972.jpg
でも、今回行ってみると、車道との間に、結構幅の広い歩道があったんだけど、
よく動く車の中からこれに気付けたなぁ、当時小学5年生の自分。

時間的には三崎港まで足を延ばすことも可能だったんですが、
日曜日ということもあり、道路が渋滞していたのでパス。
180318CIMG3973.jpg
駅観察を終えてから、すぐに引き返していきました。

これで京浜急行電鉄は本線、大師線、空港線、逗子線、久里浜線と全線完乗。
大手私鉄では相模鉄道に次いで2社目となりました。

ちなみに、あと「僅か」だけ未乗区間が残っている大手私鉄は・・
阪急(伊丹線のみ)・阪神(武庫川線のみ)
京阪(宇治線と中之島線)
南海(和歌山港線・多奈川線・加太線・高師浜線)
近鉄(志摩線・信貴線・天理線・道明寺線・鈴鹿線)
京成(押上線・千原線・東成田線)・西武(豊島線・有楽町線・多摩川線)
東急(目黒線・池上線の一部・こどもの国線・田園都市線の一部)
京王(競馬場線・動物園線・高尾線)・小田急(多摩線)
西鉄・名鉄・東武・東京メトロは多数残っています。

最後は久里浜で再び横須賀線に乗り換えて、
鎌倉で降りて、江ノ電乗ってこの日最後の未乗区間へ(続く)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。