三浦半島、横須賀線・京急線未乗区間走破の旅① 「休日おでかけパス」はかなりお得

足まかせ旅日記
03 /19 2018
180318CIMG3961.jpg
E4系の余命あと2年・・・まだ結構乗る機会はありそうです。


18日は久々に遠出。
長野も暖かくなってきましたが、より春の雰囲気を感じるために、
神奈川県は三浦半島までお出かけ。

といっても、目的はあくまで未乗区間の走破。
今回は横須賀線と京急線の南端部分を乗りつぶしてきました。

いつもなら「首都圏週末フリー乗車券」を使うところですが、
今回は月曜日まで滞在がずれ込む可能性もあったのと、
金曜日までに切符が買えなかったというのもあって、
「休日おでかけパス」を熊谷駅で途中下車して購入。

使ってみて、これの意外な効能を発見。
まず、週末キップよりもフリー区間が若干広い。
西は小田原、大月、北は寄居、神保原、自治医大、
東は土浦、君津、茂原までと、
大船・高尾・大宮・取手・蘇我に囲まれたエリアだけの週末フリーに比べて、
行動の自由度が高い。
(今回んいついては、週末フリーでも行ける範囲でしか動きませんでしたが)

次に、「週末フリー」よりは高くはなるものの、
単純に東京23区内往復するよりも安いことも判明。
長野~23区内の往復の乗車券料金は8000円。
それに対し、「休日おでかけパス」だと、
新幹線だと本庄早稲田、高崎線だと神保原以南がフリーエリアになるので、
長野から行きは熊谷、帰りは本庄早稲田からの乗車券購入で十分。
そうすると、合計で7530円となるので、
フリーエリアを乗り降りできて、さらに単純往復よりも安いというとになるので、
かなりお買い得キップであると言えます。
もちろん、熊谷でわざわざ途中下車するのがメンドクサイ場合は、
大宮や東京で購入したとしても、そこから鎌倉や房総半島に行くのなら、
十分に元は取れます。
そして帰りは窓口でこの切符を見せて、
「乗車券は本庄早稲田から」と言えば、そこまでの乗車券代が浮きます。

ちなみに行きに本庄早稲田で途中下車すると乗車券分はさらに安くなりますが、
新幹線だけの駅なので、その後の新幹線料金が余計にかかり、
高崎から在来線に乗り換えて、神保原で途中下車する場合は、
時間がかなり余計にかかるという問題点があるので、
行きについては熊谷で降りて「休日おでかけパス」を購入するのがベストの選択。

朝、そのために長野から行く場合、
6時18分の「あさま」が、上田・佐久平を停車しないのに、
軽井沢から先は全部各駅停車というものなので、
熊谷まで乗り換えなしで行けますが、
今回はあえ6時2分の「あさま」に乗って、
高崎で4分の接続で「Maxたにがわ」に乗り換えるという選択をしました。
180318CIMG3957.jpg
東京方面行きなのに、発車するホームが反対側なので要注意。

現在上越新幹線だけで運用されている、
オール2階建てのE4系
180318CIMG3960.jpg
今年から北陸新幹線用のE7系が上越新幹線でも配備されるようになり、
2020年度末には完全に置き換えられてしまう予定。
東北新幹線では速度アップの障害ということで、早い時期に撤退しましたが、
今後は上越新幹線の速度アップのために姿を消すことになります。

2階席普通車自由席は3列×3列で、リクライニングもなければひじ掛けもなし、
とにかく「詰め込めるだけ詰め込む」という発想の車種で、
「2階席からの展望」という有難味もそんなにはありません。
180318CIMG3958.jpg
180318CIMG3959.jpg
とはいえ、日本国内では2階だての新幹線としては最後の存在で、
今後は出てくることのない車種ですので、
できるだけ機会を作って乗っておきたいところです。

いつもなの大宮下車よりも熊谷下車により一時間ほど時間がかかりましたが、
それは熊谷で朝食をとったのと、
7時48分の特別快速・小田原行きに乗るために時間調節したから。

で、今回はグリーン車券についても、今まで知らなかったことが判明。
同一方向であるなら一枚のグリーン券で乗り継ぎ可能ということです。
例えば、今回のように熊谷から久里浜に行くのには、
大船での乗り換えが必要。
こーゆー場合に、大船から先についても同じグリーン券が使えます。
そして、首都圏エリアの場合、普通列車のグリーン料金は、
50キロ以上ならどこまでも同じなので、遠くまで買っておいた方が得。
しかも休日ならば780円というお手頃さ。
熊谷から大船だと所要時間もたっぷり2時間なので、
2階建てでリクライニングシートのグリーン車の快適さは嬉しい。

大船駅で久里浜行きの乗り継ぎに間があったので、
駅の外に出てまず一服。
そして、グリーン席なら周囲気にせず食べられるので、
大船駅の名物駅弁「鯵の押し寿司」を購入
180318DSC_0158.jpg
小鯛とセットの方をチョイスしてみました。
身が大きめで酢の〆加減がやや強めだったのが私好み。

さて、ここからが未乗区間の旅ですが、続きは後半へ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。