ヒョソンは法廷闘争中でした・・・専属契約効力不存在確認訴訟

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
03 /02 2018
[Readygo]Image 2018-03-02 02-13-13
そんなことおくびにも出さずにビデオスターに出続けていたのか・・
ヒョソンのプロ根性を見る思いですね(もちろん誉め言葉)。


28日に自らインスタでTSエンタとの決別を表明したジウン
ただし、TSエンタ側は大韓商事仲裁院の決定に承服しておらず、
法的拘束力はないとして、今後のもつれを予感させます。

そして、シクリとしての最後の活動曲「I'm in Love」が、
2014年8月だったので、丁度「3年6か月」の年月をおいて、
この事態になったことに、何とも言えない思いになりました。

ヒョソンについては、賃金未払い等の紛争というのが最初の報道でしたが、
実はジウン以上に状況は深刻で、ソウル西部地方裁判所に、
TSエンタ相手に、専属契約効力不存在確認訴訟を起こしていました。
1月に弁論期日が行われ、3月に第2回弁論期日が予定されているとのこと。
ヒョソンがTSエンタを訴えたのが、昨年の9月29日

よりによって私の誕生日・・・はどうでもいいとして、
シクリが2009年に初めて人前のステージにたった、
デビューファンミーティングの日ですかぁ・・・。

[Readygo]Image 2018-03-02 02-13-19[Readygo]Image 2018-03-02 02-13-27
ヒョソンの場合、裁判で係争中ということもあって、
本人の口からこのことについてコメントが出るのはまだ先のことだと思います。
ジウンについてもTSエンタの対応次第では長期化する可能性があり、
2人のタレントとしての空白期間がさらに長くなることが懸念されます。
ヒョソンがビデオスターに出演できているのもよくわからん現象ですがね)

ビエピの時にはなんとか和解に持ち込めたTSエンタですが、
今回は頼むから2人を解き放って下さい。

ヒョソンジウンは新たな活躍の場を得られ必ず再び輝くことが出来ます。

私が心配しているのは、以前のビエピの件で、
ビエピファンがTSエンタに反感(というか嫌悪)を持ち、
そのあおりをソナムが食らった(つまりビエピファンから支持を得れられない)ように、
今回の件でもシタの心は完全にTSエンタからは離れてしまい、
ソナムの応援を望めなくなるということ。
(中には私みたいなパターンもいないでもないですが)

シクリの歩みをMVやステージで辿ったDVD(自作)を見て、
2度と戻ってこない日々を思い、一人しんみりしています。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。