ジウン:TSエンタとの決別を表明・・シクリから離れソン・ジウンとして活動することを決断

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
02 /28 2018
[Readygo]Image 2018-02-28 22-59-16
写真のないインスタ・・そりゃジウンもどんな表情したらいいかわからんよね。


本日(28日)にジウンヒョソンが所属するTSエンタと
契約・賃金を巡って法的に紛糾しているとの報道が各所でなされ、
TSエンタは公式に、このことを認めながらも「シクリの解体ではない」と表明しました。

しかし、その後、ジウン自らがインスタグラムへの投稿を通して、
TSエンタとの決別シクリからの離脱の意思表明を行いました。

以下、ジウンのインスタ文章(自動翻訳したのちに文を整理しました)
こんにちはソン・ジウンです。
まずシークレットとソン・ジウンを愛してくださって待ってくださったファンの方々に
この場(インスタ)を通してこのようなことを報告することを、
申し訳ないという言葉を最初にしなければならないと思います。
この記事を書くまで私には多くの勇気が必要でした。
いつも良い話だけ伝えていたかったのですがそうもできず、心が重いです。
現在のコミュニケーションの窓口がないため、
やむを得ずインスタに文を残すことへのご理解お願い致します。
-
練習生時代から2009年にデビューをし、
活動を通して小さな私の夢を大きな夢に広げてくれた
TSエンターテイメントへの感謝の気持ちは変わりません。
会社があったからこそ、
お互い信じて助け合いながら活動することができるシークレットが存在することができたし、
今もその夢を応援してくださる貴重なファンの皆さんに会うことができました。
もう一度お礼申し上げます。

そんな気持ちがあるので、どのようにすれば、今の状況を正確に伝えて致すかどうか、
これまでも悩んできたのは事実です。 -
記事にある通り、2017年8月にTSエンターテイメントを相手に、
商事仲裁院に専属契約不存在調停申請書を出したことは事実であり、
先日、専属契約の効力が存在しないという判決を受けました。
そして民事訴訟中という記事の内容は、
事実ではないという点を記事を見て混乱された方に明確にお知らせいたします。
-
どのくらいのファンの皆さんがシークレットを待ってくださったかを知っているので、
申し訳ない気持ちが大きいです。
しかし、多くの方々に明るいエネルギーを伝達したいという気持ちだけは相変わらずです。
私はこれからシークレットというチームを離れソン・ジウンという名前で
新たなスタートをしようとしています。
皆さんの激励と応援が私には本当に大きな力になると思います。
今回のことを通じて、私も成長することができる時間でした。
こらからも、より明るい姿で、
ソン・ジウンとして再びお会いすることを願い文をを終わります。

申し訳ありませんでした。感謝します。


恐らくは、TSエンタとの間での話し合いが円満に解決したから、
意思表明をしたかったのでしょうが、
記事が出てしまい、さらなる混乱を招くことを避けるために、
自分の言葉で、これまでのことと、今後のことを語る決意をしたのでしょう。
さらには、TSエンタサイドの「シクリは解体しない」という言葉に対しても、
はっきりと自分の立場を伝える必要もあったのだと思います。

商事仲裁院での専属契約無効の決定が、
ジウンを本当に解き放たってくれるのかということは私にはわかりませんが、
そのようになって欲しいという気持ちです。
TSエンタに所属すること、シクリという枠に縛られることが、
ジウンのタレントしての活動を制約することになるなら、
その縛りから解き放たれることが、ジウンの活動する姿を見るために不可避です。

ジウンの他に得難いシンガーとしての実力、
「切ないロマンス」で開眼した演技の可能性、
そして何よりも人の心を暖かくせずにはいられない、その魅力的なキャラクター、
活動する場が与えられない限り、それをファンが受け取ることが出来ません。

一刻も早くジウンがTSエンタとの関係を円満に整理できて、
新たな事務所でのソン・ジウンとしての活動が始まることを願ってやみません。

なお、ヒョソンについても、「未払い」紛争だけでなく、
契約論議が出ているとの報道もありますが、
ファンをとことん大切にするヒョソンのことです、
早い段階で自分の言葉で現況について説明してくれるでしょう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。