速報:シクリ「解体危機」のニュース

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
02 /28 2018
[Readygo]Image 2018-02-28 16-49-53
事務所サイドはそうは言うけど・・多分ムリだろうな


本日(28日)に韓国の芸能サイト「オーマイスター」を皮切りに
各芸能サイトにも記事が出だしていますが、
ジウンが昨年8月からTSエンタに対し、
「専属契約無効」の仲裁申し立て(訴訟とも違うようです)を出していて、
この2月にその申し立て理由の一部が認められたとのこと。

[Readygo]Image 2018-02-28 16-48-25


またヒョソンもTSエンタ相手に
未払い金の支払いついて法的な解決を求めているとのことです。

[Readygo]Image 2018-02-28 16-49-15

TSエンタサイドはジウン、ヒョソンとの紛糾自体は認めたものの、
解体の手順を踏んでいるということでなく、
メンバーが求めれば活動再開もあり得るという公式見解を出しています。

[Readygo]Image 2018-02-28 16-50-24

とはいえ、「現在としてはチョン・ハナさんのアルバム活動だけ準備中」
ということをつけ加えたのも、何やらその場しのぎ感満載で信じがたい。

なんにせよ、昨年後半以降にヒョソンジウンに新たな仕事がない理由がわかりました。
ようは、事務所と揉めていたので、それどころじゃなかったということです。
もちろん、そんな状況下で、ソロ活動もグループ活動も出来るわけはないですね。

そして、SNSでの2人の名称変更などの「ささやかな」行動は、
事務所に対しての決別の意志表明に他ならないものということでしょう。
ヒョソンについては事務所との契約云々については問題化されていませんが、
ジウンの係争事案が認められるということはヒョソンにおいても同様ということになるでしょう。

つい先日の記事で
「事務所がサポートしないなら、バラバラになろうとも離れるべき」と書きましたが、
そのことは既に進行中だったわけです。

ジウンの係争項目の一つである、
「本人の同意なしに専属契約権利を第三者に無断譲渡した」が
いったいどんなことを表しているのか、
これについてはもう少し詳細な情報がないとわからないんですが、
ビエピの時と同様にTSエンタの不誠実さと受け取られても仕方のない状態ですね。
昨年の3月に社員などへの給与の未払いが起きたりと、
事務所の台所事情の苦しさも取り沙汰されていましたが、
それは所属タレントには何ら責任のないこと。
そういった状況下にあって、
所属タレントをどのように守るかが契約を結んでいる事務所の責任でもあります。

そして、そのような責務を果たせない事務所であるならば、
そこからタレントが離れてしまうのもやむ得ないことでしょう。

これまで表面化されなかったシクリの契約問題ですが、
今後一気に事態が進んでいくのではないかと思われます。
むしろ、そのことによってヒョソン、ジウンに新たな活躍の舞台が出来れば、
シクリは解体されるとも、2人とっては良い結果につながるでしょうね。

それにしても、グループ解体の過程が、
T-ARA並みにドロドロになることは予想だにしませんでした。
後輩グループへの悪影響だけは最小限に止めてもらいたいものです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。