「The Unit」第13週⑥ エンシアチーム「Always」・・・エンシア&キヨキヨ団

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
01 /28 2018
[Readygo]Image 2018-01-23 04-15-28
エンシア、ヒョンジュを「私物化」

「The Unit」第13週女子組4thミッションの最後はエンシアチーム
ステージ動画は→こちら

「Poco a Poco」の争奪戦では、メンバーのエギョ攻撃も空しくチャヒチームに取られ、
[Readygo]Image 2018-01-23 02-03-52
[Readygo]Image 2018-01-23 02-03-58
[Readygo]Image 2018-01-23 02-04-03

無競争のカタチで「Always」に決定
[Readygo]Image 2018-01-23 02-04-37
自らが集めたメンバーのことを考えれば「Poco a Poco」という選択は間違ってないけど、
エンシア自身のボーカルを活かすのであれば「Always」の方が相応しかったろうし、
結果から見ても、これは正解な選択だったわけだ。
(さらに言えば、そっちならシン・ジフンの歌声も生かせなかったと思う)

が・・エンシア自身は「Poco a Poco」に未練たらたらだったようです。

で、そのエンシア、ミッションに勝つためでなく、
ヒョンジュジウォンを愛でたいために
チーム組んだんじゃないかと思えるほどに、「妹たち」を溺愛。
[Readygo]Image 2018-01-23 04-15-17
[Readygo]Image 2018-01-23 04-15-23
特にヒョンジュへの偏愛ぶりはヒョンジュファンの男どもを敵に回しかねないレベル

さすがのヒョンジュもやや持て余し気味?
[Readygo]Image 2018-01-23 04-15-33

グッデイ・ジウォンの方はダイエットのため自主的に摂食制限中
[Readygo]Image 2018-01-23 04-15-46
[Readygo]Image 2018-01-23 04-15-51
と言いながらも、空腹時用に食料をキープしている姿はカメラに収められてました。

練習ではエンシアと並んでメインボーカルになる
ソロ歌手のシン・ジフンの喉の調子が良くなく不安を残しますが・・・
[Readygo]Image 2018-01-23 04-15-41
[Readygo]Image 2018-01-23 04-16-19


それ以外は概ね明るい練習風景。
特にラブムユジョンのパートで歌詞がどうしても「チキン」に聞こえてしまって、
笑いが止まらなくなってしまうシーンが面白かった。
[Readygo]Image 2018-01-23 04-16-03
[Readygo]Image 2018-01-23 04-16-09

放送後の話題となっていたのは、ヒョンジュの幼い声での歌い方への指摘で、
[Readygo]Image 2018-01-23 04-16-15
ヒョンジュApril時代にそのような歌い方を強要されていたこと。
これは(番組外で)ちょっとした論議に発展したようですね。

ステージ前の映像も他のチームと違って、何かほんわかした感じでした。
[Readygo]Image 2018-01-23 04-16-24

ステージの方は、個別フォーカスで聞いた時よりもボーカルが安定している印象
[Readygo]Image 2018-01-23 04-16-34
[Readygo]Image 2018-01-23 04-16-45
ダンスについては練習シーンでも扱われなかったことが示すように、
曲にあったものではあるけど、ダンススキル云々ということはなし。
よって、イ・ジュヒョンの目立つ場所がなかった(ボーカルはまだまだのレベルだったしね)。
[Readygo]Image 2018-01-23 04-17-28
個別フォーカスで見ると、きっちり踊っているのはわかるし、
その動きも美しい・・それだけにダンスソロの場面を作ってあげて欲しかった。

エンシアは超安定のレベルだし、
心配されていたシン・ジフンも不安を払しょくする素晴らしい出来栄え、
ヒョンジュジウォンを選んだ「好み」の観点は置いとくとして、
自分のボーカルの力量だけに甘えずに、強力なボーカルを補強しているあたり、
エンシアもなかなか戦略家の資質を持っている。
[Readygo]Image 2018-01-23 04-16-50
[Readygo]Image 2018-01-23 04-17-06

そして、そのボーカルの補強ということで
良かったと感じたのがユジョンのボーカルの絡ませ方。
[Readygo]Image 2018-01-23 04-16-55
[Readygo]Image 2018-01-23 04-17-00
声量の豊かさや技量を出す部分はエンシアシン・ジフンが担いましたが、
情感の豊かさについてはユジョンがより多く役割を負っていたように感じました。

私自身がラブムの中で彼女とソヨンのボーカルが好きだから
そのように感じたのかも知れませんが、
ユジョンのボーカルが響くパートはラブムの曲にように感じることもできました。

ヒョンジュの笑顔を消した表情も、個別フォーカスで見るよりは違和感はなかった。
[Readygo]Image 2018-01-23 04-16-29
[Readygo]Image 2018-01-23 04-17-11

ジウォンはこの髪型にしたことでステージ登場時は注目をあつめたけど、
実際のパフォーマンスでは個性を生かす方向には働かなかったような気もする。
[Readygo]Image 2018-01-23 04-17-34

チーム最年長のセリは、練習シーンでもう少し取り上げて欲しかったなぁ。
[Readygo]Image 2018-01-23 04-17-42

喉の不調を克服したジン・ジフンはステージ裏で安堵の号泣
[Readygo]Image 2018-01-23 04-17-54
彼女はまだ19歳ですがキャリア自体は14歳からスタートしているので、
芸歴ではエンシアと同期です。
そして特筆すべきは、歌手だけでなく
フィギュアスケーターとしても選手歴があるということ。
今回はピ(RAIN)からも絶賛されていて、チーム内評価でも、
[Readygo]Image 2018-01-23 04-18-01
ヒョンジュジウォンも押しのけて2位。

[Readygo]Image 2018-01-23 04-18-06
前回のネット投票の中間集計では22位と当落線上にいますが、
この放映日から25日までの駆け込み投票で、
台風の目のような存在になるかも知れません。

順位全体は
エンシア→シン・ジフン→ジウォン→ユジョン→ヒョンジュ→イ・ジュヒョン→セリの順。
ユジョンにもっと票が集まっても良いのにとは思いましたね。

チームの総合順位が一位であったことは既にお話しした通り
[Readygo]Image 2018-01-23 04-18-40
この結果シン・ジフンに7000票加算されるのは順位変動に影響与えそうですね。

20日の放送でのネット投票の中間集計は10位と19位のみ公開
[Readygo]Image 2018-01-23 04-18-46
アンの19位は動きがなかったですが、ここから1つ上がるか上がらないかで、
天国と地獄の差になるので、
ラスト5日で(どれだけいるかはわかりませんが)SISファンが動いたかも?
そしてヒョンジュが初めての9位圏外に後退。
もし代わりに9位内にランクインしたのが、
前回大躍進したマチルダ・ダナだとしたら、
それに連動してセミの順位もさらに上がっているかも?

30日にはラストミッションについての番組からの発表もあるということで、
ラスト2回、いよいよ大詰めとなってきました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。