パク・セワン:ネスレシアター「キットカット:halfway」韓国版の主演

田牧(元)校長の道楽
11 /14 2017
[Readygo]Image 2017-11-08 12-37-36
フル韓国バージョン第一作の主演に選ばれました


10月31日にネスレ日本公式チャンネルで公開された、
ネスレシアターショートムービー「キットカット halfway」
日本人の監督(長澤雅彦)で制作された作品です。

(日本語字幕つきなので是非見ていただきたい)

その主役イジョンを演じたのが、目下当ブログ推しのパク・セワン
[Readygo]Image 2017-11-08 12-36-44
「学校2017」でのオ・サランの演技が認められたということでしょう。
2015年から始まるネスレシアター(過去には知英も主演しています)の、
初の韓国版での主演に選ばれました。

[Readygo]Image 2017-11-08 12-36-51
[Readygo]Image 2017-11-08 12-36-57
他にBTOBイ・ミンヒョクが恋人役のヨヌ。
友人ヘラン役をキム・イェウンが演じています。

保健室での「告白の練習」シーンでのイジョンの「恋するオトメ」な感じ、
パク・セワンさんの演技が冴えます。
[Readygo]Image 2017-11-08 12-37-01
[Readygo]Image 2017-11-08 12-37-06
[Readygo]Image 2017-11-08 12-37-15
演技ではあるんだけど、ナチュラルな感じが出せるのが彼女の魅力です。

で、まぁ上手い具合にこの保健室から交際がスタートするわけだが・・
[Readygo]Image 2017-11-08 12-37-19
[Readygo]Image 2017-11-08 12-37-30
[Readygo]Image 2017-11-08 12-37-41
[Readygo]Image 2017-11-08 12-37-51
[Readygo]Image 2017-11-08 12-37-55
[Readygo]Image 2017-11-08 12-38-00
ひとつひとつの表情が全部私のツボにはまってしまいます。
もちろんヨヌ役のミンヒョクくんもいいんだけど、彼って今年で27歳なんですよね。
でも不思議なくらいに高校生役に違和感がない。

ラストは韓国のセンター入試ともいうべき修能試験の会場
※現実でも明後日16日に行われます
[Readygo]Image 2017-11-08 12-38-05
[Readygo]Image 2017-11-08 12-38-11
[Readygo]Image 2017-11-08 12-38-16
[Readygo]Image 2017-11-08 12-38-23
キットカットをお守りのように渡しますが、
「きっと勝つ」を韓国に持ち込むのはムリがある(笑)

[Readygo]Image 2017-11-08 12-36-35
これがきっかけになって韓国でも「受験アイテム」としてキットカットが流行れば面白いけどね。
※韓国では「大学にくっつく」ということで飴や餅が定番らしいですね。

セワンさんが出演するMBC水木ドラマ「ロボットじゃない」は12月からスタートの予定です。

オマケ:セワンさん京都・大阪旅行のときの追加インスタ画像
[Readygo]Image 2017-11-07 05-25-49[Readygo]Image 2017-11-07 05-25-54
[Readygo]Image 2017-11-07 05-26-03[Readygo]Image 2017-11-07 05-26-07
[Readygo]Image 2017-11-07 05-26-11[Readygo]Image 2017-11-07 05-26-39


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。