埼玉・東京未乗区間の旅①秩父鉄道

足まかせ旅日記
10 /31 2017
CIMG3868.jpg
「鉄道むすめ(ハロウィン仕様)」がお出迎え

(私にとっての)3連休の中日。
台風一過で天気も良くなったので、
6時2分の始発「あさま」でお出かけ。
高崎と伊勢崎の2分の乗換えをクリアして、
朝8時8分に東武館林駅に到着
171030DSC_0163.jpg
ここで途中下車したのは時間に余裕があったのと、
「関東の駅100選」に選定された洋風駅舎を見たかったから。

171030DSC_0164.jpg
橋上駅舎を作ったときに元の駅舎を遺したのは大英断。

また館林駅は伊勢崎線の他、佐野線、小泉線の始発駅で、
ホームは2面ながら、
そのどちらもが切れ欠きホームになっているというのも珍しい
171030DSC_0165.jpg

館林で区間急行浅草行きに乗り換えて羽生で下車。
ここからが今回の未乗区間(というか未乗鉄道会社)の秩父鉄道の旅。
CIMG3870.jpg
単純に秩父に行くだけなら、
高崎で降りずに熊谷まで行って乗り換えた方がラクなわけですが、
それでは羽生~熊谷間が未乗車のまま残ってしまう。
それに急行「秩父路」に始発である羽生から乗る行程も組めたので、
長野からだととても遠回りなわけですが、羽生から乗っての完乗を目指しました。
CIMG3871.jpg
急行料金200円必要な「秩父路」
使用車両は元西武101系の6000系
三扉の真ん中を撤去して、2扉クロスシートに改造。
CIMG3872.jpg
リクライニングはするけど、
ドア付近以外は全て向かい合わせシートになっていて
いわば「転換しないクロスシート」という珍しい改造。

運転室背後の座席はフツーなら前面展望席となるわけですが・・
CIMG3873.jpg
これで前面展望できるのは「座高のバケモノ」だけです。
どうせなら、この窓位置も変えればよかったのに。

羽生~熊谷間は住宅地が多いかと思いましたが、
171030DSC_0166.jpg
さすが埼玉北部、田んぼや畑が結構広がってます。
この日は今年の「木枯らし1号」ということで、
電車に乗っていても凄い風が吹いていることがわかるレベルでした。

羽生~熊谷間は行田市にだけ停車して、19分で熊谷に到着
171030DSC_0167.jpg
(各駅停車なら23分なので微妙に速い)

熊谷駅の留置線には
6000系の秩父鉄道のかっての塗装リバイバル車が停まってました。
171030DSC_0168.jpg

関東平野の端っこ寄居には熊谷から23分で到着
171030DSC_0170.jpg
ここはJR八高線、東武東上線との接続駅。
都会でない場所で異なる3つの鉄道会社の接続駅というのも、
結構レアな場所ではないでしょうか?

寄居を出た後はどんどん山が近づいてきて、
荒川も上流部の渓谷になっていきます。
CIMG3875.jpg
ただし前日の大雨で、荒川橋梁からも眺めはこんな感じ

171030DSC_0174.jpg
川下りで有名な長瀞渓谷観光の拠点駅である長瀞駅。
ここの駅も「関東の駅100選」選定駅ですが、
秩父鉄道は駅員が常駐(委託もあると思いますが)している駅が多く、
しかも開業時の姿を残している駅が多いので、
ひとつひとつじっくり見てまわりたいくらい味があります。

急行「秩父路」は最初から最後までガラガラで、終点の影森に到着
(私の乗った車両は熊谷から先は家族連れ(4人)だけでした)
CIMG3880.jpg
CIMG3878.jpg
ここはホームに改札があるので駅舎がない。
土日は終点の三峰口まで行くのですが平日はここ止まりで、
後続の各駅停車を約30分待ち。

影森駅には留置線や貨物用の側線があり賑やか
CIMG3882.jpg
CIMG3884.jpg
秩父鉄道は三岐鉄道と並んで、今やほとんどなくなった、
私鉄での貨物輸送が多く残っている路線。
どちらも共通しているのが貨物輸送の主体がセメント関連であること。


16分で秩父盆地のどんつき三峰口に到着
171030DSC_0182.jpg
171030DSC_0176.jpg
三峯神社など奥秩父観光の玄関口です。

CIMG3888.jpg
171030DSC_0178.jpg
171030DSC_0177.jpg
この駅も「関東の駅100選」第3回選定駅。

駅構内にはかって使っていた貨物車両などを展示
171030DSC_0181.jpg
ただし、保存状態はそんなに良くない。

私は乗ってきた電車で折り返して御花畑駅で下車
171030DSC_0184.jpg
171030DSC_0185.jpg
この駅は「100選」には入ってませんが、
かわりに駅舎が国の登録有形文化財です。
秩父市の市役所など街の中心部に近く、狭いながらも賑わっている駅で、
駅を出た細い道にも店が並んでいます。

この駅から徒歩5分のところに西武秩父駅(写真左)があり、
CIMG3893.jpg
西武の駅の手前から伸びた分岐線が秩父鉄道とつながっています。
この分岐線を介しての直通運転が、長瀞行きと三峰口行きで設定されていて、
土日は池袋からの直通列車があります。
かっては東武東上線や国鉄・JR線からの直通列車もありましたが、
今や西武との直通運転のみとなっています。

そして私も西武秩父駅に移動し、
ここから西武鉄道未乗区間の旅が始まります。

後半へ続く

オマケ
171030DSC_0183.jpg
影森駅で待機していた元都営三田線の6000形の5000系
現在日本国内では秩父鉄道と熊本電鉄のみで運行されている貴重な車両。
(海外ではインドネシアのジャカルタ近郊で見ることが出来る)
秩父鉄道も元東急の8500・8090系と、
全国どこでも・・というかそもそも東急でもまだ現役の車両が増えていて、
旧国鉄101系のように「博物館」レベルの車両が運用から外れてしまったのは残念。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。