訃報:エンケン(遠藤賢司)死す

日々の雑感
10 /26 2017
[Readygo]Image 2017-10-25 23-14-21
でも彼の遺した純音楽は不滅だ

25日、前日にかねてよりの癌での闘病の中、
昏睡状態に入ったという報せがあった
「純音楽家」の遠藤賢司の訃報が届きました。
享年70歳。

私にとってはこのブログでは最初期に記事にしたこともある、
日本のミュージシャンでは最も敬愛する人物。

音楽ともに生き、音楽とともに死んでいったエンケン。
最後までステージに立とうとし、
それが叶わない無念をファンにも語っていました。

デビュー以来、自分の感性を全て歌に叩き込んできたエンケン。
それ故に、音楽の方向性はまさに万華鏡の如く、
森羅万象あらゆることに過剰なまでの思い入れを持ち、
何よりも自分に向けられた自らの眼差しを歌によって反射し、
全てを時には優しく語るように、時には天を衝くが如き絶唱で歌い、
ギターもまたその歌声に合わせてかき鳴らし続けました。

エンケンの歩んできた音楽の道は、
その過剰さ故に、全ての人に受け入られるものでなく、
例えば代表曲「カレーライス」のように広く認知されているものがある反面、
耳に心地よく響いてこない楽曲も多々あります。

[Readygo]Image 2017-10-25 23-14-34

しかし、彼の情念と正面から向き合って耳を澄ませば、
その真摯な歌心にひきこまれずにはいれません。

エンケンがもうこの世にはいない・・・。
この喪失感は私にとっては大きい。
でも、エンケンの叫びと囁きは、
これからも私に生ある限り、耳元で鳴り響き続ける。
だからこれからもエンケンは私とともにあり続ける。

不滅の男は、私に夢よ叫べと語り続けてくれる。



RIP.ENKEN
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。