ホーム最終戦にこれはないだろう(怒)

バファローズ黒星日記(since 2015)
10 /08 2017
[Readygo]Image 2017-10-08 02-17-12
今季のいいところも、来季への展望も何もなかった

7日はホーム京セラドームでの最終戦。
もはや勝ち負けはどうでもよいとは言うものの、
ホームのラストゲームくらいは勝って締めたいところ

なのに・・・とにかく打てない、まるで打てない

2回の小谷野と、3回の岡崎の単打だけではどうにもならない。
171008Orix01.jpeg
クリーンヒットでなかったとはいえ、岡崎プロ初安打おめでとう!
相手のエラーやら四球貰ったチャンスを生かすこともなく、
今季15度目の完封負け。
若手の起用という兼ね合いがあったからだろうけど、
マレーロをベンチに置いたままの無策ぶり
(武田が途中で引っ込んだように、
マレーロにも何かアクシデントあったんなら別だけど)


先発の山岡は5回まではなんとかゼロに抑えてきたけど、
6回に無死1・2塁となったところで球数も120球を超えて降板
171008Orix03.jpeg
結果論だけど、
あの回は1点取られるまでは投げさせて良かったと思う。

で代わった岸田はあっさり送りバントを決められ、
打率2割切っている足立にライトオーバーの3ベース打たれて、
きっちり走者一掃の2失点。
[Readygo]Image 2017-10-08 02-26-10
来季も契約続行らしいけど、年棒はかなり下がるだろうな。
でも、何とか再起して欲しいと願って止みません。

7回は佐藤達也が3人で抑えて、復活の期待を抱かせます。
8回の同点のチャンスを逃して、それでもまだ2点差。
9回裏の攻撃に一縷の望みを残していましたが、
その前のイーグルスの攻撃で完全に粉砕されます。

しかも、今季5試合目の出場となった
4年目の吉田雄人が2つのエラーで最悪のラストイニングを演出
[Readygo]Image 2017-10-08 02-26-21
なんでもないライト前ヒットのゴロを後逸して、
バッターまでホームインを許す始末。

[Readygo]Image 2017-10-08 02-26-27
さらに、こちらは得点は防げなかったとはいえ、
もう一度自分に飛んできた打球を今度はファンブル。

今季ようやく一軍のゲームに出ることが出来て、
結果を見せなければならないのに、
何のアピールも示せないどころか、マイナスの印象を残してしまう始末。
今季一番悲しかったのが、野手については、
若手も中堅も成長を示せた選手が数えるほどしかいなかったこと。
[Readygo]Image 2017-10-08 02-26-32
その象徴である駿太が、工夫のないバッティングの内野フライでゲームセット。

来季、T・正尚・ロメロ・マレーロがシーズン通して活躍できるなら、
そこそこの攻撃力も期待できるでしょうが、
脇を固めるのが小谷野、中島頼みでは、
今季からの上積みはそんなに期待できない。

他の選手の打撃力の底上げは不可避です。
そのためにもホークスを退団した藤井康雄さんには
是非とも戻ってきて欲しいところですが、
球団は獲得に動いてくれるだろうか?
オリ党としては、どんな強力な補強よりも、
藤井コーチ復帰が嬉しいニュースになるんだけど・・・
※ただ、もしそれが叶うならば、清宮を彼が育てるところ見てみたいから、
彼をドラフト一位指名するのも面白い。

171008Orix02.jpeg
現地では声援と罵声のどっちが大きかったのかな?

来季はせめてCSに挑む挨拶になって欲しいものだ、
そのために「途中で」監督が代わっていてもいいから。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。