4/11 ファイターズ3回戦① それでも私は宮城を讃える!

田牧(元)校長の道楽
04 /11 2021
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-50
9回の反撃も「宮城を負け投手にできん!」の思いだったに違いない


絶対に3タテは食らえない、
いや、食らうハズはない。
だって、3戦目の先発は宮城だから!
[Readygo]Image 2021-04-11 20-12-12

初回から宮城はエンジン全開
[Readygo]Image 2021-04-11 20-12-23
西川と大田を三振にとって安定のスタート。

すると、それに呼応するかのように、
その裏、2番佐野が相手先発の加藤の2-2からのストレートを鋭く振りぬく
[Readygo]Image 2021-04-11 20-11-07
[Readygo]Image 2021-04-11 20-11-10
[Readygo]Image 2021-04-11 20-11-14
[Readygo]Image 2021-04-11 20-11-17
[Readygo]Image 2021-04-11 20-11-20
これがレフトスタンド5階席に飛び込む、佐野の今季一号、
佐野にとって通算でも2本目となるホームランで先制。

まだまだ左右どちらの打席でも課題は多く、
スタメンでの出塁率では自慢の足で相手を脅かす機会も少ない佐野ですが、
「思いっきり振る」というスタイルを貫き続けるのも大切。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-11-23
安易に妥協せず、そのスタイルで大成するまで気張れ!

が・・この後は加藤に抑え込まれ、次の1点が遠い。

それでも宮城は孤高のマウンドを耐え抜き、
6回までにヒットを打たれたのは4回の守りだけ。
2本のヒットと死球で二死満塁のピンチでしたが、
樋口相手にクロスファイヤーを決め三振を奪う。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-12-28
[Readygo]Image 2021-04-11 20-12-31

宮城の心臓の強さって末恐ろしいレベルだ
[Readygo]Image 2021-04-11 20-12-43

何とか宮城を援護したい打線は、
5回にようやく紅林のサード強襲の2ベースと、
安達の技あり流し打ちで二死1・3塁のチャンス。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-12-53
[Readygo]Image 2021-04-11 20-12-56

しかし、ここでは佐野が続かず1点が遠い。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-00

球数も嵩み、プレッシャーもきつくなってくる7回。
先頭の中田をこのゲーム2つ目の四球で出してしまい、
続く渡邊にも連続四球で無死1・2塁のピンチ。
樋口の送りバントは伏見が封じ、ランナー動けず。
次の代打松本に対しては完全に討ち取った当たりの投ゴロ。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-05

当たりが弱すぎで宮城のグラブに収まるまで少し間がありましたが、
宮城はこれを捕球し、2塁にきっちり送球。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-09
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-12
もちろん一塁走者はフォースアウト。

しかし、タイミング的に際どいと焦った安達の一塁への送球が逸れる。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-20
ただ、これフツーの送球でもセーフだった可能性あるね。

したがって安達を責めるということではないんだけど、
むしろファーストに投げないほうが「悪い流れ」を呼び込まなかったのかも知れない。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-23
二死1・3塁、宮城の球数はこの時点で100球。
球数的には微妙でも無失点ということを考えれば
ここで替えるというのはむしろ怖い。
ただ、攻守両面において、中嶋監督の勝負勘が
微妙にズレているように感じるのも、
ここんとこの敗戦で感じてはいるところ、

で・・・その「勘の悪さ」がここで出てしまいました。
ここまで2打席討ち取っていた清水に初球を打たれ同点に追いつかれ、
続く代打、郡にもやはり初球を狙い打ちされ、逆転されてしまう。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-31
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-46

恐らく7回を抑えれば、8回からはリリーフがマウンドに上がったでしょうから、
宮城にとっては「あと一人」だったわけですが、それが遠かった。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-42
しかし、僅か1点だけのリードを6回まで
完璧に守り抜いた宮城をどうして責められよう。
むしろ19歳2年目の投手がここまで踏ん張れたことは称賛に値する。

逆転されたといってもたった1点差。
7回裏に取り返せば宮城に負けもつかない、
逆転すれば再び勝利投手の権利だって点滅する。

しかし・・だ。
この日緊急昇格した大下からの6・7・8番が加藤の前にあっさり沈黙。

そして8回にマウンドに上がった能見が、
高濱のソロと樋口の2ベースで2点を失い、
ほぼ勝敗は決する。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-13-55
ここも「勝負勘」の悪さかなぁ・・
同じサウスポーで、宮城と能見を打者目線で比べたら、
能見の方に「打ちやすさ」を感じたのかも知れない。
宮城に完全に抑えられた樋口が打っただけになおさらそのように思える。

かといって、この日は9回に漆原を使えないという思惑があって、
ヒギンスを出し惜しんだというのもあったのかも知れない。
まぁ「勝負勘の悪さ」ってそうしたことも含むんだろうけどね。

3点差がついて絶望的になったかと言えばさにあらず、
8回もマウンドに上がった加藤に対し、
代打ジョーンズと佐野のヒットで一死1・3塁。
[Readygo]Image 2021-04-11 20-14-00
ここで打席には正尚と、
一発出ればイッキに同点という「ラストチャンス」が訪れる。

しかし・・ここまで加藤に翻弄されて3打席凡退だった正尚は、
まるで「チャンスの弱いオリックス打者の総意」が乗り移ったかのように、
2ナッシングからの低めのボールを焦って打ちに行って、
5-4-3のダブルプレー・・最後の望みは一瞬で潰える・・・
[Readygo]Image 2021-04-11 20-14-05
[Readygo]Image 2021-04-11 20-14-09

私も含め、この8回に逸機で「3タテ」を覚悟したと思います。

ところが・・・ようやくというか、
オリックスナインの意地が9回に爆発する!

長いので2回に分けます




スポンサーサイト



桜に囲まれて「18きっぷ」旅 2日目③吉備津神社の壮麗な社殿に息をのむ。ついでじゃないけど吉備線完乗。

足まかせ旅日記
04 /11 2021
210329P3040281.jpg
「級」でなく正真正銘の国宝社殿です


岡山駅は以前に訪れた時も気になっていたんですが、
ホーム上屋の「袖」(というのかな?)の部分の装飾が独特。
210329P3040272.jpg
210329P3040271.jpg
屋根の部分に「明り取り」があるのも独特ですが、
袖の部分に楕円模様の装飾を入れるのは古いホーム上屋によくあるパターンですが、
岡山駅のそれは長方形の連続になっていて、その空間にさらに装飾を施すという二段構え。
支柱の組み方も結構複雑でしかも全て木製。
岡山駅の在来線ホームに訪れの際は目線を少し上にもっていってみて下さい。

本四連絡線の発着ホームでは、
アンパンマントロッコが瀬戸大橋を渡るルートで運行中。
210329P3040274.jpg
あの橋をトロッコで渡るのって凄い楽しそう。
音も相当にうるさくなりそうだけど。

桃太郎線こと吉備線のホームは津山線と同じで一番端。
210329P3040273.jpg
こちらは100%、キハ40で運用されています。

吉備線は津山線と同じく開業したのは中国鉄道という私鉄。
戦時統合で国鉄に吸収されましたが、
開業当時は高梁川の舟運と岡山を結ぶ目的で敷設されたもの。
現在は、沿線に参詣スポットとなる寺社が多く、観光路線の性格も併せ持つ、
岡山都市圏の通勤・通学輸送が盛んな路線です。
広々とした岡山平野の真ん中を走り、まさに吉備路を行きかう路線です。

古代、独自の王朝があった吉備国は実り豊かな土地でもあるので、
備前・備中・備後と3つの国に分割されていますが、
明治期に陸奥国が県が置かれるまで暫定的に3つに分けられた事例はありますが、
古代律令制で3つに分割されたのはここだけです。
その備前と備中の境目にあるの吉備津駅。
210329P3040276.jpg

無人駅で駅舎はいたってシンプル
P3040292.jpg

隣の駅がそれぞれ「備前」と「備中」です。
210329P3040293.jpg


岡山側の隣駅が備前一宮駅で、吉備津彦神社の最寄り駅。
そして吉備津駅は備中国一之宮である吉備津神社の最寄り駅で、
駅から線路と並行した道を少し歩くと大きな参道の入り口となります。
210329P3040277.jpg

背の高い松が両脇にずらりと並ぶ参道をのんびり歩くと、小高い丘が見えてきて、
その丘全体が神社の神域になっています。
210329P3040278.jpg

鳥居をくぐり階段を登ると真正面に拝殿が現れますが、
その拝殿に続く形で本殿があり、拝殿を回り込むとその全景が目に飛び込んできます。
210329P3040279.jpg

吉備津造とも称される独特の作りで、
翼を大きく広げたように棟を2つ並べた造りから、
比翼入母屋造という様式になるようです。
210329P3040280.jpg
壮麗さというか雄大さというか、
圧倒される建築美があります。

どの角度から見ても溜息の出る美しさ
210329P3040282.jpg
210329P3040283.jpg
現存する社殿は古く、室町時代の3代将軍足利義満が造営したもの。
お寺と違い、神社の場合は遷宮などで社殿そのものが新しくなったりすることもあるので、
国宝に指定されている神社の社殿というのはそれほど多くない。
全国でも出雲大社や日光東照宮など30に満たない数しかなく、
吉備津神社拝殿および本殿はそんな価値ある社殿の一つということになります。

拝殿に至る階段の反対側は緩やかな回廊となっていて、
そこから眺める満開の桜が美しい。
210329P3040285.jpg
210329P3040286.jpg

吉備津神社は鳴釜の神事でも有名で、
その神事を行う場所は本殿とは別のところにあります。
210329P3040288.jpg
ざっくり言うと釜で湯を沸かして、その音で吉凶を占うという、
古代から行われてきた占術の一つってことでしょうね。
江戸期の作家、上田秋成の「怪奇」短編集にも「吉備津の釜」というお話がありますね。

丘のふもとにある宇賀神社の寝殿造っぽい回遊式の庭園も美しかった。
210329P3040290.jpg

帰りは参道と違う道をテキトーに歩いてみましたが、
途中に、臨済宗の開祖、栄西の出生地の史跡がありました。
210329P3040291.jpg
岡山県って結構歴史上の人物の出生地ってのが多いかも?
星野仙一さんとか・・(違)

最初の予定では終点の総社駅で昼食食べて乗り継ぎの時間潰すつもりでしたが、
吉備津駅で途中下車して1本分の時間作って正解でした。
ということで約一時間後の次の総社行きに乗車。
210329P3040294.jpg

岡山駅からだと約49分で終点の総社駅に到着。結構近い。
210329P3040296.jpg

岡山(倉敷)と米子を結ぶ伯備線との接続駅で、月曜日なので学生の利用が多い。
210329P3040298.jpg

総社駅から次に乗るのは、その伯備線ではなく、
「18きっぷ」の使えない第3セクターの井原鉄道です。
210329P3040297.jpg
智頭急行と同じく、国鉄の計画路線だったのが、
一旦中止になった後、鉄建公団が建設し、
地元自治体の支援で運営されている路線です。
この井原線に乗って、今度は備中国から備後国へ、
岡山県から広島県に向かいます。

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。