4/7 マリーンズ2回戦:鬼門はやっぱり鬼門でした・・

バファローズ黒星日記(since 2015)
04 /07 2021
bandicam 2021-04-07 21-02-11-087
鈴木優にとってもファンにとっても悪夢だ


対マリーンズ2回戦の先発は増井と岩下。

増井は初回に先制点を奪われ、3回にもヒット2本で1点を失うも、
それぞれの回の、失点後のピンチはなんとか凌ぎ、
球数は嵩みながらも5回をなんとか2失点で投げ切る。
bandicam 2021-04-07 21-02-53-603
制球に苦労した印象もありましたが
悪いなりに何とかするのがベテランの強み。
この日の増井のピッチングについては責められる内容はない。

問題は岩下相手にからっきしだった打線。
3回に太田が今季一号を放ち、一度は同点に追いつくも、
bandicam 2021-04-07 21-47-49-529
bandicam 2021-04-07 21-47-51-898

その場面以外はまるでチャンスなし、ヒットどころか四球すら選べず、
ただただ淡白にアウトを重ねていって、
岩下から球数を引き出すことすら出来ない。
bandicam 2021-04-07 21-47-56-885
bandicam 2021-04-07 21-47-59-106

不振の極みジョーンズをベンチに下げ、Tを起用するもやはり代わり映えなし。
「安達お休み」でショートに入った大城も起爆剤にならず、
紅林は2三振の後、7回のチャンスでは代打を送られる始末。

その7回も岩下の疲れからかようやく
2つの四球と頓宮のヒットで一死満塁のチャンスを掴むも、
bandicam 2021-04-07 21-48-05-052
Tの犠牲フライでの1点が精一杯で、期待の代打伏見は唐川に抑えられる。
bandicam 2021-04-07 21-48-07-737
(まぁ、中継ぎに回ってからの唐川はかなり手強いんだけどね)

勝負的には山田が6回に1点取られたところで決していたかな。
二死まであっさりとった後に、「左打者に絶対」だった
スライダーを鳥谷打たれたことが動揺を招いたのかもしれん。
その後に田村に打たれた2球目のストレートはちょっと安易だったか。
岡には粘られて、最後はチェンジアップを打たれ失点したけど、
bandicam 2021-04-07 21-48-01-982
次も右の荻野ということを考えれば、
鈴木優の投入が一手遅れたという感じ。
で、その鈴木優が牽制でアウトを取れたのもあって
回跨ぎになってしまったのも結果的には失敗。
まぁ、7回のソロ・2ラン・2ランでの5失点は忘れるしかないね。
また、どっかで「だから京セラにもラッキーゾーンを」
って愚策言い出しそうだけど・・
投手力優位のチームがわざわざホームで不利になる
小細工してどうしようってんでしょうね?

そもそも・・
打たれた3本ともスタンドインだ。
文句のつけようがないくらいに力負けってことだ。


8回の竹安の1失点も
相手の勢いに飲まれたってことだし大勢に影響はない・・忘れよう。

ロメロの復帰への期待がどんどん高まっていくけど、
これでロメロが「不発」なら、それこそ「店じまい」かも・・
それくらいに「打てない投手」への工夫のなさが昨年から変わってない。

3戦目は中6日で万全の由伸。
マリンとの相性は良くないといわれながらも、
昨年の10月の登板では8回被安打2、無失点で勝利。
(それが昨年唯一のマリンでの勝利だったわけだ)
その前の6月の登板ではよもやの5回5失点で降板
ファンとしては10月のピッチングになることを願うしかない。
マリーンズの先発は育成から昇格し、初先発で初勝利を飾った本前。
もちろんオリックスとは初対戦ですが前回のイーグルス戦では、
5イニング投げてホームラン3本打たれて4失点。
ホームラン打った3人が全員左打者なので、
ウチにとって不利な相手ではなさそう。
最後の打席で自打球あてたモヤが心配だけど、
彼と正尚の爆発に期待したい。

この一週間の勝ち越しを考えると「負けられない」一戦になります。

スポンサーサイト



桜に囲まれて「18きっぷ」旅 一日目⑤「忍者市」は雨模様・・忍者「市」って何だよ?

足まかせ旅日記
04 /07 2021
210328P3030171.jpg
徹底してます(伊賀上野駅JRホームにて)

伊賀神戸駅の伊賀鉄道ホームでも「忍者」は隠れていましたが・・
210328P3030135.jpg

上野市駅ではもはや「隠れている」といった次元ではない
210328P3030139.jpg
210328P3030140.jpg
210328P3030152.jpg
むしろ堂々とお出迎え・お見送りしてくれてると言っても差し支えない。

で、松本零士さんにとって縁の地でも何でもないのに、
ラッピングイラストを手がけた縁でか、
鉄郎とメーテルのブロンズ像まで立ってる。
210328P3030143.jpg
小倉駅のブロンズ像よりも鉄郎の横幅が広くて顔がほぼ隠れている。
これではトチローと区別がつかない。

上野市駅は開業の翌年、大正6年に建てられた
大きなマンサード(腰折れ)屋根が目を引きます。
210328P3030144.jpg

マンサード屋根様式の洋風駅舎は全国にいくつかありますが、
「横長でない」駅舎で、これだけ大規模なものは上野市駅くらいしかないのでは?
また、腰折れ屋根を十字型に組み合わせたスタイルも珍しい。
210328P3030146.jpg

ホーム側から見てもそのスタイルは異彩を放っています。
210328P3030157.jpg
昨年、国の登録有形文化財となりました。
末永くこの姿が町のシンボルとして残って貰いたいです。
ちなみに駅名の上野市は平成の大合併で伊賀市の一部となりましたが、
馴染みある駅名として変更しないまま現在に至っています。
で、本来は「上野市」でなということもあってか、
愛称である「忍者市」駅を大きくクローズアップしているとも言えます。

駅舎内については特にレトロな雰囲気がないのが少し残念。
210328P3030142.jpg

ホームは一面2線だけですが、
貨物輸送があった時代の貨物用ホームが現在も残っています。
210328P3030136.jpg
狭軌路線ですので関西本線との貨物のやりとりもできたわけです。

「縁がある」という意味では何はなくとも松尾芭蕉
210328P3030148.jpg
奥に見える上野城は築城の名手と言われた藤堂高虎の縄張りによるもので、
天守は昭和10年に建てられた模擬天守で、江戸時代にはなかったもの。
藤堂家の津藩の支城として城代がおかれ、そのに城下生まれた(諸説あり)が、
「奥の細道」で有名な元禄期の俳人、松尾芭蕉です。
といっても、武士だったということではなく、武家の元で下働きのようなものをしていて、
30歳前後で江戸に出て俳諧師としての道を歩むようになったようですね。
そういった意味では、出生の地という縁はありますが、
伊賀上野の地に大きな足跡を残したというわけではないようです。

ただ、芭蕉がまだその名を名乗る前に
初めて記した句集を奉納したのが
駅近くにある上野天神宮(菅原神社)だそうです。
210328P3030149.jpg
210328P3030150.jpg
この神社で10月に行われる上野天神祭は
国の重要無形民俗文化財に指定されています。

駅ロータリーの向かい側にあるのが伊賀市の施設であるハイトピア伊賀。
210328P3030151.jpg
建物内には公共施設や飲食店街があります。

その隣のシャッター通りと化していたアーケードを、
新天地Otonariとしてリニューアル。
210328P3030147.jpg
多くはないですが新しくオシャレな店舗が入居して活況を呈しています。

ちょっと面白いなぁと思ったのが、上野市駅と隣の駅の駅名の関係
210328P3030156.jpg
城下町ですので、「西大手」「広小路」とそれっぽい駅名となっていますが、
これって東京メトロ銀座線の「上野」「上野広小路」と同じ感じになってますね。

200系には「忍者ラッピング」でない車両もあることはある。
210328P3030154.jpg


上野市駅から伊賀上野駅まで乗った200系は、
伊賀鉄道のマスコットキャラ「ふくにん」ラッピング。
210328P3030160.jpg

JR西日本の駅に間借りしている感じの伊賀鉄道伊賀上野駅ですが、
観光誘致のアピールはかなり強め。
210328P3030162.jpg

伊賀鉄道のエリアだけでなく、
JRのホーム上屋にも「こっそり」アピール
210328P3030168.jpg
気づきにくいですが柱に手裏剣刺さっています。

次回は、この伊賀上野駅から柘植駅に出て、
そこから草津線を経て、新快速で一気に姫路まで。


gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。