3/31 ホークス2回戦:初回の猛攻と増井の好投で五分に戻す

ガッチリMAX ! 2021 Orix Buffaloes Road of Victory
04 /01 2021
[Readygo]Image 2021-04-01 08-09-25
まだまだ伏兵なんて呼ばせない

「サンライズ出雲」の寝台券を乗車一時間前にもかかわらず取れた
(しかも天井の高いシングルの平屋部分)ので、
長野に戻ってきての更新となります。
(サンライズにもWiFi導入してくれんかなぁ・・)

負け越し、あるいはスイープを避けるために大切な2戦目
先発は「最後のひと枠」に食い込んだベテラン増井。
初回、今宮、柳田を丁寧なピッチングで三振にとる順調な滑り出し
[Readygo]Image 2021-04-01 08-08-26
[Readygo]Image 2021-04-01 08-08-29

するとその裏、相手先発の大竹にいきなりオリックス打線が襲い掛かる。
まず、今季初めて一番に入った太田がヒットで出塁。
[Readygo]Image 2021-04-01 08-08-32
2番佐野が送って、はじめて1・2番によるチャンスメークに成功。

正尚、ジョーンズが四球を選び一死満塁とチャンス拡大。
・・とここまでの試合展開ならば「恐怖の得点圏一割未満打線」が、
「火を噴く」ならぬ「火を消す」ところでしたが、
この日モヤに代わってファースト5番に入った中川が、
左中間フェンス直撃の2点タイムリー2ベースを放つ
[Readygo]Image 2021-04-01 08-08-39
[Readygo]Image 2021-04-01 08-06-31
ようやく「チャンスに強い」中川が戻ってきたか

6番杉本が四球を選び再び満塁として、
頓宮がインフィールドフライで倒れ二死となった後、
サードで今季初スタメンとなった大城が、これまた今季初打席。
「大城のジンクス」・・それは「使われはじめは打つ」と「打ちだしたらしばらく止まらない」
これ、引退した小島やファームいる西野にも当てはまるんだよな。

その辺も含めて「福田おとして大城残した」中嶋監督の采配が大当たり。
ファールで粘っての7球目のストレートを叩いた当たりは
センターオーバーの走者一掃2ベース!
[Readygo]Image 2021-04-01 08-08-46
[Readygo]Image 2021-04-01 08-08-48
すでに3つの四球を出している大竹からすれば、
ここで押し出しでの追加点は絶対避けたい。
ならぼ際どいところでの勝負はないと大城は踏んだのでしょう。
だからこそファールでも粘ることもできたし、
自分のポイントに入ってきたボールを強くたたくこともできた。
大城は次の打席でも得点につながるヒットを放ち、
3打数2安打3打点と大殊勲の活躍・・これが3戦目も続けば面白いけど
武田の投球には翻弄されそうなタイプなんだよな。

これで一気に5点を先取し、打順は9人目の紅林
打線の勢いそのままに、紅林も追い込まれながら
高めのややボール気味の球を強くたたいて76点目のタイムリー
[Readygo]Image 2021-04-01 08-09-49
[Readygo]Image 2021-04-01 08-09-55
やはり紅林の魅力はフルスイング・・このまま頑張れ!

2回には佐野のファインプレーも出て増井を盛り上げる
[Readygo]Image 2021-04-01 08-06-36
[Readygo]Image 2021-04-01 08-07-58
打率もそろそろ上向いていくさ

4回まで二死からの内野安打1本だけの「ほぼ完璧」ピッチングだった増井ですが、
5回に先頭打者に2ベースを打たれる「ピンチらしいピンチ」
しかし、ここでも栗原、松田を
連続で見逃し三振に仕留めるコントロールの良さを発揮。
[Readygo]Image 2021-04-01 08-10-22
[Readygo]Image 2021-04-01 08-10-26
抑えの時以上に、「この日の勝負球」を見つけやすいし、
それを軸にピッチングを組み立てる能力は当然ある。
本人の「ストッパー第一主義」とは裏腹に先発の方により適性があるタイプなのは、
ファイターズ時代の先発転向したときに二けた勝っていることからも明らか。
bandicam 2021-04-01 11-17-04-357
復帰明けということもあってか76球投げた5回で今回は終了。
被安打は僅かに2本、与四球も3つで済ませ、
ホークス打線の勢いを止めました・・これは3戦目に向けても大きい。

打線は3回に頓宮、大城のヒットでチャンスを作り紅林の犠飛で1点追加
[Readygo]Image 2021-04-01 08-10-16
[Readygo]Image 2021-04-01 08-10-19
先日のホームランでの打点の後、
この日はタイムリー、犠飛と全ての打点パターンをコンプリートして3打点。
でも、これはこれから打点を積み重ねる序章に過ぎない。
そう遠くない将来、100打点越えの紅林の姿を必ず見える。
そしてそれは紅林の前後の世代がオリックス黄金期を作ることを意味する。

課題は3回にKOした大竹の後を継いだ
ホークスのリリーフ陣相手にチームとしてノーヒットだったこと。
それどころか8回に頓宮と大城が四死球を得た以外は、
4回から7回までずっと三者凡退が続く淡白さ。
正尚とラオウの打率が一割台に低迷しているのはちょっと気がかり。

6回、増井の後をうけたのは今季初登板の竹安
[Readygo]Image 2021-04-01 08-10-41
最初のイニングは三者凡退にとるも、
次の回につかまって2本のヒットで1点取られた後、
四球2つで二死満塁のピンチ。
一歩間違えれば点差が詰まるシーンで、
ベンチはサウスポー富山を投入。
[Readygo]Image 2021-04-01 08-10-58

相手は途中から今宮に代わって2番に入っていた真砂・・これは助かった。
富山はストライク先行で追い込んで、最後は外のボールで見送り三振!
[Readygo]Image 2021-04-01 08-11-01
[Readygo]Image 2021-04-01 08-11-11
[Readygo]Image 2021-04-01 08-11-15

8回は能見が佐野のエラーもあって1点を失う
[Readygo]Image 2021-04-01 08-11-19
[Readygo]Image 2021-04-01 08-11-22
これ右中間に転がるあたりに回り込んで追いついたのは佐野の足の力ですが、
正面に回り込み切れなかった分取り損ねましたね。

5点差のセーフティーリードを最終回に守り切ったのは鈴木優
[Readygo]Image 2021-04-01 08-11-26

こういった展開で明日に繋げさせないよう三人で斬るのは大事
[Readygo]Image 2021-04-01 08-11-29

昨年の最初のホークスとの対戦は6連戦で1勝5敗。
マリーンズ相手の6連敗のあと、
ライオンズ、ファイターズに勝ち越してついた勢いを完全に潰されました。
今季はどちらの流れになるのか・・
それを占うのが4月最初のゲームになりそうです。
相手先発の武田は昨年の不甲斐ない成績から奮起してか
オープン戦では好調を維持。
あの見るのもイヤな薄ら笑い顔に苦しめられる可能性もあり、
昨年の(たかが一試合3イニングの)対戦データは正直あてにならない。
むしろ、一軍での対戦では未知数である
紅林や頓宮が先入観なしに挑んでいい結果を残すかも。

球界トップクラスの投手にさっさと今季初白星をつけてあげてくれ

スポンサーサイト



gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。