4/30 ホークス7回戦 やっぱクローザーってのは特別な仕事なんだよ

ガッチリMAX ! 2021 Orix Buffaloes Road of Victory
04 /30 2021
[Readygo]Image 2021-04-30 21-33-17
祝!引き分け地獄脱出!

30日からは京セラでホークスとの3連戦。
ゲーム前に相手クローザー、森の登録抹消のニュース。
時間がかかる可能性もあるらしく、ホークスにとっては非常事態。
こーしたときでもすぐに穴埋めする人材が出てくるのが、
常勝チームの層の厚みなんですが、
ウチはまだ平野が昇格できない・・これはちょっと心配。
ロメロはウエスタンのゲームが2試合続けて雨でながれたことも影響してるだろう、
一軍で結果残すたねにはもう少し下で実戦感覚を戻す必要があるようだ。
で、ディクソンの状況ですが、
家族ビザの発給ができないということでの来日遅延のようで、
このまま家族と一緒に来日できないようであれば、
契約解除の可能性も浮上してきたようですね。
まだ、今後のディクソンと球団の交渉がどう進展するかわかりませんが、
万が一契約解除となれば痛手を負うのは双方。
ですので、私個人の見解としては、
もしディクソンが家族と一緒にいることを優先するとしても
それはそれで仕方ないと思ってます。
もちろん、単身来日してくれれば嬉しいけど、
果たしてそれでディクソンのメンタル面がもつのかどうか。
あと一年の在籍で外国人枠から外れただけに勿体なくはある。

さて、ともに後ろに不安を抱えた両チーム。
となれば、先発の頑張りが必要不可欠となるわけですが、
オリックス先発山岡がいきなり初回につかまり2失点。

ただ、そのあと2・3回とゼロに抑える間に味方が追いつく。
2回、相手先発石川から紅林2ベース、太田タイムリーと、
「若い2人」でまず1点返す。
[Readygo]Image 2021-04-30 21-15-09

この2人が上の方の打順で、こうして2人のバットで
点をとるシーンが当たり前になっているころには、
チームも優勝争いの常連になっているだろうな・・ならないと困る。
(少なくとも今季が「2度とないチャンス」だなんて未来なさ過ぎる)

3回は、正尚がエラーで出塁し、杉本のサードゴロで2塁に進み、
続くモヤのタイムリーで同点に追いつく。
[Readygo]Image 2021-04-30 21-14-23

「これはいけるかも?」と中盤以降での逆転を夢想しましたが、
打線の援護あるときほど、意外と脆いのが山岡で、
4回に一死満塁から今宮に2点タイムリーを浴び、
貰った点を綺麗に吐き出す。

ただ、2点差が再びつき、打線が沈黙すると山岡は頑張る
[Readygo]Image 2021-04-30 21-26-28
5・6・7回は打たれたヒットも1本のみで、
与四球もゲームを通して2個だけと「荒れないピッチング」でゲームは作る。

8回は山田と初マウンドの阿部が相手を封じ、
その裏はモイネロから正尚が1点差に迫るソロ。
[Readygo]Image 2021-04-30 21-15-55
続く杉本もヒットを放ち、「モイネロ攻略なるか?」と期待しましたが、
モヤは併殺にたおれ、代打、アダム・四球の神様・ジョーンズが歩き代走小田。
小田が盗塁を試みるも甲斐に刺され、追いつくことは叶わず。
これで森が9回に控えていたら、
相手も「ソロ一発くらいどってことない」と思えたでしょうが、

ウチの9回は2度目の「敗戦処理」漆原。
漆原・・自力では勝利を呼び込めてないですが、
今んとこ不思議なツキに恵まれているようで・・・
与えられた仕事をきっちり果たすことで、幸運の女神が彼に微笑みます。
・・ってか女神に惚れられているのかも?

相手の「臨時」クローザーは、
故障離脱の前はポストサファテに実は森よりも近かった岩嵜。
長いリハビリの末の復帰で、かっての「手も足も出ない」感はまだ戻ってきてない。

ここまで不発だった頓宮が「仕切り直し」の打席でヒット。
代走に大城が送られ、続く紅林はこの日3本目のヒットで1・2塁。
こうなれば太田にも期待を・・と思いましたが、
ベンチは山足を代打に送り、犠打を指示・・・がこれが失敗し三振。
流れ的には嫌な感じしかしませんでしたが、
宗がそんなこちらの思いを払しょくする逆転サヨナラ打!!!
[Readygo]Image 2021-04-30 21-24-38
先に追い込まれながらも並行カウントになってから3球ファールで粘り、
8球目の高めのストレートを迷わずスイングし、
打球はやや前進守備気味の左中間のど真ん中を破りフェンスまで点々。
自動スタートではないながらも、一塁から紅林が生還するに十分な深さで、
このゲームでの二桁安打に乗せる宗の一打は値千金のものとなりました。
[Readygo]Image 2021-04-30 21-25-40

明日は休養十分な増井、明後日はここんとこ内容は悪くないサチヤ。
それに対し、ホークスは「ファイターズのお下がり」マルティネスが明日今季初先発と、
森の不在以上に先発のコマが意外と貧弱。
そうしたことを考えると、初戦でモイネロ、岩嵜を攻略できたのは大きいし、

失点しながらも致命傷は負わずイニングを稼いだ山岡や、
その点差をキープした山田、阿部、漆原も良くやった。

明日も勝ってホークスを飲み込む戦いができるようになれば、
これから先のチームの浮上も現実味を帯びてくるかも。


スポンサーサイト



桜に囲まれて「18きっぷ」旅 4日目⑥ 一畑電車で出雲大社へ

足まかせ旅日記
04 /29 2021
210331P3060775.jpg
運転士さんがお守り袋を運転台に置くのも「お膝元」らしい


一畑電車の主力の一つが、
京王の名車、5000系の譲渡車2100系。
今回乗ったのはデハ2113とデハ2103の2両編成。
2113のほうはフツーのロングシート
210331P3060770.jpg
二扉車に改造されている特色はあります。

2013は観光客向けに車端部以外を片方の窓側に並列配置し、
テーブルを備え付けるという大幅な車内改造。
210331P3060771.jpg
210331P3060772.jpg
北松江線を走るときは宍道湖を眺める側(南側)にするのでしょうは、
出雲大社前行きは北側を向いてました。

窓に近い方はベンチシート風(ソファー風?)。
210331P3060783.jpg

その背後から眺める席は水戸岡デザイン車両でよく見かける折り畳みテーブル付き。
210331P3060786.jpg
背後の席を高くするのでなく、前のベンチシートを少し低くして
後頭部が邪魔にならないよう配慮してます。

荷棚のデザインも少し凝ってます。
210331P3060785.jpg

また運転台の背後にはリクライニングシートを配し、
前面展望を楽しめるようにもなってます。
210331P3060773.jpg
しかもこの席は嵩上げしてくれていて眺望が良い。
(秩父鉄道の「形だけかぶりつき席」に見習って欲しい)

途中の川跡駅でスイッチバックして大社線に入っていきますが、
この駅では各方面からの列車が同時に入線し、
乗り換えの便が図られています。
210331P3060781.jpg
210331P3060778.jpg
大社線からやってきたのはクロスシート改造車である5000系
正面は京王時代の面影がないレベルで改造してます。

松江方面からやってきたのは、
一畑電車オリジナルの新製車両、7000系。
210331P3060777.jpg
近畿車両とJR西の関連会社、後藤工業(米子にある後藤総合車両所で
車両の検査、修繕、リニューアルを行う会社です)
が受注して新造されたものです。
地方私鉄で自社発注車両って路面電車以外だと相当珍しく、
経営状態のそこそこ良い、静鉄、遠鉄、伊予鉄以外では久々のような気がします。
その理由が「譲渡をあてこんだ東急の中古車両が
地方私鉄に人気過ぎてまわってこない」なのは少し笑えます。

川跡駅は途中下車したくなる駅舎だったんですが、
今回は時間がないのと、フリー切符じゃないことから断念。
210331P3060782.jpg
駅員さんがマイクで駅構内にガンガン響かせる、
小気味よい乗り換え案内が聴きごたえがあった。

大社線の車窓風景は、出雲平野のランドマーク出雲ドーム以外は長閑な田園風景。
210331P3060784.jpg


出雲ドームは開場が1992年なので、前に来たときは建設中だったのかも知れない。
開業当時は世界最大の木造建築物だったそうで、
ドームという巨大建造物の躯体を木製でやろうという発想に恐れ入ります。
210331P3070848.jpg

途中の駅名ではここがインパクトあった。
210331P3070847.jpg
佐賀県民が聴けば涎をこぼしそうな「ようかん」駅。
この近くの池が斐伊川から注ぐ水を、
「遥かに湛える」というのが由来だそうです。
字面見たときは仏教用語かなんかだと思った。

その一つ手前、高浜駅の近くの保育園では、
1927年製造で1998年まで現役だったデハ3・デハが保存されています。
210331P3070849.jpg

そして終点の出雲大社前駅には、1928年製のデハニ52が、
保存ではなく、車籍を残したまま展示されています。
210331P3060792.jpg

雲州平田駅に留置されているデハニ53も車籍は残されており、
2009年に一度最後になった動く姿を、
今後再び見ることが出来る可能性もあるわけです。
琴電の1000形が今年で終焉を迎える中、
路面電車以外で戦前の電車がまだ走行しているのは、
上毛電気鉄道のデハ100系のみ。
それだけに一畑電車のデハニの復活は是非実現して欲しい。

次回は、そのデハニ52と、出雲大社前駅のホームをたっぷり堪能。
次々回は駅舎をとことん味わいます。

桜に囲まれて「18きっぷ」旅 4日目⑤ 宍道駅・・・エヴァとのタイアップなしは勿体ない

足まかせ旅日記
04 /29 2021
210331P3060756.jpg
長野県在住者にとっては懐かしの381系

木次駅から宍道駅まではそこそこ開けた区間を走り、乗降客も多い。
210331P3060741.jpg
出雲大東駅のように大きな駅舎を持つ駅もあります。

加茂中駅には(簡易式)ラッセル車が留置されてました。
210331P3060745.jpg

この駅では家族連れの春らしい長閑な光景を車中から撮れました。
210331P3060746.jpg

沿線いたるところで桜満開
210331P3060747.jpg

古い木造建造物と桜の取り合わせはいいですね。
210331P3060751.jpg

木次駅から34分で終点、宍道駅に到着。山陰本線との乗換駅です。
210331P3060753.jpg
210331P3060752.jpg

「シンジ」という駅名は全国でもここだけ。
駅舎のここは「宍道」ですの垂れ幕に、
碇シンジくんのイラストとか入れたら面白いのに。
公式にタイアップすれば劇場版の公開にあわせて盛り上がったのに。
同じJR西日本管内の宇部新川駅は聖地として、
駅としてのテコ入れもしてるだけに、
隣同士の駅でこれは勿体ない。

明治42年開業の古い駅ですが、
開業当時の面影はあまり感じられない。
跨線橋もそこそこ古いですが、そこまで「骨董品」ではない。
210331P3060759.jpg
210331P3060758.jpg
かっては駅舎と反対側に4・5番ホームがあり、
現在も跨線橋がつながっていて、ホームは閉鎖されたものの、
跡地を利用した駐車場の出入り口となっています。

駅舎自体は開業時からのものですが大幅に回収されています。
ただし外観そのものは開業時の姿と大きく変わらないようで、
どちらかと言えば装飾少な目の
武骨なスタイルの駅舎として長い歴史を刻んできたようですね。
210331P3060760.jpg

出雲市行きの待ち時間は14分。
さほど長くはなかったですが、その間に、
出雲市に向かう特急「やくも」が先行。
210331P3060757.jpg
現在も「やくも」は全て「元祖振り子式」381系で運用されています。
長野~名古屋の特急「しなの」が381系の最初の運用でしたが、
こちらは21世紀を迎える前に定期運用から外れ、
JR西日本の「くろしお」など他の区間での運用も既に終わっています。
現在はこの「やくも」のみが381系による運用で、
JR東日本の185系の定期運用が終わった今、
「最後の国鉄時代から生き残る特急車両」ということになります。

やってきた各駅停車ももちろん国鉄型。
いわゆる「食パン改造」と呼ばれる中間車に運転台を付けた115系G編成
210331P3060761.jpg
「のっぺり」ぶりでは全国にある中間車改造でも群を抜いています。

出雲市駅までの間にも直江駅などいい木造駅舎があります。
210331P3060763.jpg
ただし、直江駅は現在は跨線橋を改造した簡易改札口が作られており、
この駅舎は役目を終え閉鎖されています。

宍道から9分で出雲市駅に到着。
210331P3060765.jpg

大社線が随分昔に廃止されて以来、
国鉄・JRの出雲大社への玄関口はこちら。
210331P3060766.jpg
高架駅の入り口に大きな社殿風の車寄せ(・・と言うべき?)が建っています。
大社線はなくなってもここから出雲大社へのバスは何本も出ていて、
アクセスについてはむしろ良くなっているとも言えます。
(大社線の大社駅は出雲大社からは少し離れていたので)

もう一つの出雲大社へのアクセスルートが一畑電車
210331P3060767.jpg
山陰本線の高架線と並行していますが、
駅の位置は少しずれています。

JRの高架下とは連続していて、土産物などを見ながら
ブラブラ歩くと一畑電車の駅に着きます。
210331P3060769.jpg
210331P3060768.jpg

一畑電車の駅の高架化はJRよりも2年後。
210331P3060774.jpg
私が前に来たのは1990年のことなので、
どちらもまだ地上駅時代だった・・・・写真撮っておけばよかった。

そのときも一畑電車に乗って出雲大社に向かいましたし、
松江方面も含め全線乗車していますが、今回久々の乗車。
川跡駅での乗り換えなしの直通便で出雲大社前駅に向かいます。

次回は乗車した観光の車内改造車「楯縫(デハ2103)」の紹介中心で。

4/28 イーグルス5回戦 壮絶な投手戦、由伸vs則本・・互いに一歩も退かず

田牧(元)校長の道楽
04 /28 2021
[Readygo]Image 2021-04-28 20-37-08
無観客の球場だと2人のマウンドでの息遣いすらも聞こえてきそう


前日、悔しい引き分けとなったオリックス。
審判の誤審も取りざたされ、この件については正式に連盟に抗議はいれておくべきだとは思います。
まぁさすがに「不公正なジャッジを正せ」なんてアホな抗議はしないとは思いますが。

3戦目は延期になったのでカードだけ見れば、負けたら借金が増える2戦目。
エース山本由伸が圧巻の投球を見せると、
それに呼応するかのように前回のホークス戦では打たれた則本も、
オリックス打線につけ入るスキを与えない完璧なピッチング。
双方ともボールがキレキレですので追い込まれる前に打たざるを得ず、
少ない球数でサクサクとゲームが進んでいく感じ。
しかもどちらも四球もほぼ出さないんですから、ゲームとしては締まった内容になる。
[Readygo]Image 2021-04-28 20-36-22


由伸が得点圏にランナーを進められたのは1・6・9回のみ
(三者凡退でなかったのもその3イニングのみ)
そんなピンチの場面でもタイムリーを打たれる気配がまるでないのが由伸の凄いところ。
96球、被安打3・与四球1・奪三振5と、圧巻の完封劇。
[Readygo]Image 2021-04-28 20-35-46
三振が少ないのは相手が追い込まれる前に打ちにいってたからというのもあるし、
由伸の9回まで自分が投げ切るという意志の表れでもあったんだろうね。

対する則本も5回の紅林の2ベース以外は2塁踏ませず。
ヒットも初回の正尚に打たれたのを含め2本だけで、こちらも与四球は1個。
奪三振は6つと則本にしては少なく、
こちらもオリックス打線が早打ちせざる得なかったことを示しています。
[Readygo]Image 2021-04-28 20-36-47

で、最終回は松井裕樹を送り込むイーグルスベンチ。
安達、正尚が討ち取られ、杉本は四球を選び代走佐野。
代打、ジョーンズはストレートの四球で1・2塁と最後のチャンス。
ここで打席には期待度ナンバー1のT-岡田
しかし、2-2から外角低め一杯にスライダーを決められ見逃し三振でドロー。
まぁ、ありゃ打てない・・最後の一球についてはTを責められない。
ただ、松井にプレッシャーかけるという目的で佐野が3盗するという戦術はなかったかな。
また、相手バッテリーがそれを警戒して
ストレート中心に配球組み立ててくるのを読んでのバッティングが出来なかったものか、
一球も振らなかったことは悔いが残る。

3戦連続で引き分けですかー
このゲームについては相手も良すぎたし、
仮に太田のとこ大城出してもそう結果はかわらなかったでしょうよ。
(福田、西野を上げろって声もあるけど下でもそう結果は出してないからね)
またリリーフ陣の現状を鑑みれば前に2戦も、
「負けないでよかった」というのが正直なところ。

次はここんとこちょっと負けがこんでるホークスとの京セラでも3連戦。
初戦の先発予定の石川さえ攻略できれば五分以上の戦いができる可能性もある。
6回までにリードを奪えるよう攻撃陣の奮起が必要。
モイネロを打てとはいわないけど、いい加減、泉は打って欲しい。
先発は田嶋が抹消されて阿部が上がったけど、
この日ベンチ入りせず・・でもさすがに先発はないだろ。
山岡、サチヤ、増井か、
増井からの順番崩さずにスライドにするということだとは思うんだけど、
どちらにしても後ろがもう少し何とかならんと安心できん。
平野が上がってこれないのが気になってしかたない。
ロメロは下で2ベースも打ったし、そろそろのような感じですが。

桜に囲まれて「18きっぷ」旅 4日目④ 木次駅、斐伊川、春爛漫

足まかせ旅日記
04 /28 2021
210331P3060738.jpg
桜並木の向こうに駅

木次駅は車庫もある木次線の中心駅であり、
雲南市を代表する駅ということもあり、
木次線の中では最も規模が大きい。
210331P3060720.jpg
210331P3060719.jpg
210331P3060725.jpg

備後落合方面にも宍道方面にも当駅始発の列車が設定されています。
210331P3060722.jpg
210331P3060740.jpg

ホームには地元高校生や専門学生が制作したアート作品があり彩りを添えています。
210331P3060723.jpg
210331P3060724.jpg
210331P3060721.jpg
木次線のうち松江市を除く島根県エリアの駅では、
全ての駅に神話に因む愛称が付けられていて、
木次駅は「八岐大蛇」駅となっています。

木次線内では唯一の直営駅で当然駅員も常時配置。
特徴的な建物ではないですが、
ファザードの形とそこに描かれた「ステンドグラスの代用」みたいな絵がユニーク。
210331P3060727.jpg
210331P3060739.jpg

駅前広場から斐伊川の堤防に延びる目抜き通りは桜が満開
210331P3060726.jpg
210331P3060728.jpg

通りにある商業施設には屋台も出て、
こんなご時世ですが花見客でそこそこ賑わっていました。
210331P3060729.jpg
ちょっと興味惹かれたけど、ソバ食べたばかりだし我慢。

駅のすぐ近く、斐伊川沿いの堤防は、
「日本さくら名所百選」に選定されているそうで、
こちらのほうは桜並木の下にぎっしり露店が並び、
行き交う人もかなり多め。
210331P3060737.jpg
210331P3060730.jpg

そもそも人混みと喧騒が苦手で、屋台の用もないので、
その桜並木の中には入って行かず、
近くの斐伊川にかかる橋からこの桜並木を遠望。
210331P3060731.jpg
210331P3060732.jpg
210331P3060733.jpg
210331P3060734.jpg
210331P3060735.jpg
個人的には満開の桜って間近で見ると、「綺麗」と感じるよりは、
「少し気持ち悪い」と感じてしまう方なので、この距離からの方が丁度よい。

満開の桜を堪能して、12時16分、木次始発の宍道行きに乗車。
木次線の中で大正5年に簸上(ひかみ)鉄道として最初に開業した区間に乗車し、
終点宍道駅で約30年ぶりの山陰本線との再会です。

次回へ続く



4/27 イーグルス4回戦 クローザー不在で「9回の悪夢」再び

田牧(元)校長の道楽
04 /27 2021
[Readygo]Image 2021-04-27 20-24-49
今願うことはシーズン通しての活躍と、このカードでの今季一号


27日からのイーグルス戦はコロナ感染対策で無観客。
そして29日の3戦目は日程延期となりました。
また、前回抑え失敗のヒギンスが腰のアクシデントが判明し抹消、
かわりに平野が上がってくると思いきや、
山崎颯一郎が育成枠入りを乗り越え初の一軍昇格。
ファームでの実績を見る限り、
いきなりに勝ちパターンでの投入はないと思いますが、
上でいい結果を残し、リリーフ陣の一員として名乗りを上げてくれることを願う。

結局、平野、ロメロの27日昇格の報道はガせだったわけだ。
ロメロはまだ調整軌間だから仕方ないにしても、
平野が10日過ぎて昇格ないってのはちょっと心配。
クローザー不在の中で、増井登板予定だった29日が
「飛んだ」のはある意味良かったのかも。

初戦は田嶋と岸の投げ合い、
田嶋は3回まで毎回ヒットでランナーを出しながらも後続をきっちり断ち無失点。
bandicam 2021-04-28 02-40-30-211

しかし、4回に浅村と新加入ディクソンに連打され無死2・3塁のピンチ。
内田に犠牲フライを打たれ同点に追いつかれるも、
そこから辰巳、村林を三振にとり最少失点にとどめる。

打線がすぐに点を取ってくれた後、
5回は三者凡退に討ち取り勝利投手の権利を得る。
6回は先頭の島内に2ベースを浴び、続く浅村にはこのゲーム初めての四球を与え、
再び無死1・2塁のピンチ。5番ディクソンにはセンターオーバーの大きな当たりを打たれ、
再びの同点を覚悟しましたが、
ここで中川がフェンスにぶつかりながらキャッチし田嶋を救う。
bandicam 2021-04-28 02-40-50-275

この後、内田、辰巳を討ち取ってピンチ脱出。
7回は二死から小深田から7つ目の三振を奪い、
[Readygo]Image 2021-04-27 21-59-18

119球1失点でこのゲームも先発として十分な働き。
[Readygo]Image 2021-04-27 21-59-24

打線は、ここんとこチャンスに無茶苦茶強いTがこのゲームでも活躍。
2回、四球の杉本、ヒットのモヤを塁において、
岸のスローカーブに上手くタイミングをあわせ、
あとちょっとスタンドインの先制2ベース!
[Readygo]Image 2021-04-27 20-24-53
[Readygo]Image 2021-04-27 20-24-56
[Readygo]Image 2021-04-27 20-24-59
スイングがホームラン量産できるそれに近づいてきている感じです。

同点に追いつかれた4回は、中川がヒットで出て、続くTもセンター前。
bandicam 2021-04-28 02-40-38-864
bandicam 2021-04-28 02-40-43-752

2回のチャンスで凡退した頓宮が今度はレフト前にタイムリーで再び突き放す。
bandicam 2021-04-28 02-40-47-591

ただ、2回も4回もそこからの「もうひと押し」が足らず、
後ろの不安がある現状では、最少得点差というのは勝っていても安心できない。
そんな不安を少し解消してくれたのが6回のモヤの一打。
追い込まれた後の4球目の高めのストレートをジャストミート
[Readygo]Image 2021-04-27 20-25-02
[Readygo]Image 2021-04-27 20-25-06
[Readygo]Image 2021-04-27 20-25-11

2点差ならば少しは安心というところで、
8回のマウンドは、安定感のある富山があがる。
bandicam 2021-04-28 02-40-56-507

が・・・「自分の後ろが不安定」というのは、
富山の投球にも影響を与えるのか、
先頭の鈴木大地にヒットを打たれ、一死後に浅村の2ベースで1点を失う。
bandicam 2021-04-28 02-40-53-534

ただ、これでようやく落ち着いたのか、
続くディクソン、内田はなんとか抑えてリードはキープ。

9回、誰が投げようが1点差は「負けフラグ」に近い気分でいた中、
その前の攻撃で救いの神登場。
7回は福山に抑えられたものの、8回にマウンドに上がった渡邊が不安定。
先頭の正尚にいきなりぶつけ、次の杉本にもボール2つ先行し、
ストライクを取るしかなくなったところにラオウのバットが一閃!
[Readygo]Image 2021-04-27 21-32-55

点差を3点差に広げる4号2ランが飛び出し、さすがにこれなら誰が投げても大丈夫・・


・・・・と思ったら甘かった!!!!

どうやら9回のマウンドの悪魔はウチの全てのリリーフ投手を飲み込むようで、
セーブシチュエーションでマウンドに上がったK鈴木は、
彼のダメダメパターン「先頭打者四球歩かせ」で、楽勝気分に暗雲が垂れ込める。
で、悪いことは連鎖するもんで、守備固めで入ったハズの山足が、
何でもないサードゴロで悪送球やらかし無死1・2塁。
ここでKを諦め、代打に左の茂木が送られたのもあって山田をマウンドに送る。
bandicam 2021-04-28 02-40-59-122

が・・山田もスライダーで追い込みながらも、そのスライダーがウインニグショットにならず、
茂木を歩かせてしまい無死満塁。
続く小深田は何とかサードゴロに討ち取ったものの、
山足がホーム送球前に3塁ベースを踏んでないとジャッジされ、
bandicam 2021-04-28 02-41-02-784

中嶋監督のリクエスト実らず併殺とはならず、まだ一死満塁。
ここでこの日猛打賞の鈴木大地にはスライダーをセンター前に弾き返されまず1失点。
bandicam 2021-04-28 02-41-05-556

山田が左打者にスライダーを打たれたり見極められているのなら、
調子としては良くないわけだから、ここで次の投手という手でもよかったろうに続投。
そして、それが見事に裏目に出て、島内もスライダーで仕留められず、
最後はチェンジアップを痛打され、まさかの・・いや案の定の同点2ベース。
bandicam 2021-04-28 02-41-08-297

ここでようやくマウンドに比嘉が上がり、浅村は歩かせ、ディクソンで勝負。
ディクソンは注文通りにショートゴロに討ち取り、併殺チェンジと思いきや、
今度は相手のリクエストで判定覆り二死満塁とピンチ継続。
最後は何とか内田のショートゴロを紅林が上手く捌いて負けはなくなる。

しかし、こうなれば相手も9回は松井裕樹を出してくる。
先頭の大城は四球を選び、宗が送って一死2塁。
しかし、ここで紅林はまだ荷が重く、あっさり三球三振。
最後の希望は正尚だけど、その次は最終回に守備から入った若月なので、
相手はまともに勝負する必要はない・・というか当然のように申告敬遠。
打席には若月に代えて、本来は「お休み」のハズの安達が入る。
むしろこの場面なら「若月の出会いがしら」の方が
松井のボールに対して「奇跡」起こせたかもね。
若月としても、彼のリード云々でない次元で投手がアレだったにしても、
忸怩たるものあったかも知れんし、その気持ちに賭けてもよかったような・・

で、結果、安達は松井裕樹のフォークを打てず見逃し三振で終わる・・と。
bandicam 2021-04-28 02-41-10-723

うーん、勝てたのになぁ・・2試合連続でこれはキツイ。

まず、「負けが決定的になってきたときに
ブログ書きはじめたら逆転する」のジンクスに加えて、
「勝利が決定的になってもゲームセットまで
ブログを書き始めてはならない」
を加えないといかん。

それと・・

最終回だけでいいのでマウンドに盛り塩しておいて!

現状では9回誰が良かったというのは結果論でしかないし、
「だからFAで○○とっておけば」みたいなことも今言ったって所詮戯言。
先発の誰かを抑えにまわすべきてのは、まぁ建設的な意見ではあるけど、
私はこの盤石な先発陣は崩してほしくないという気持ちの方が強い。
(先発で調子があがらないから抑えにまわしてみるってならわかるけど)
新たら守護神を生み出すために今はチームとして苦しむときなんだろうし、
その苦しみの中から「絶対の抑え」が出てくるのを待つしかないのかも。
吉田凌が下でも投げてないのが痛いなぁ・・

明日の由伸には完投期待するか、
打線が則本相手に5点差以上つけるかのどっちか期待するしかないか。

桜に囲まれて「18きっぷ」旅 4日目③ 出雲坂根のスイッチバックは2段?3段?

足まかせ旅日記
04 /27 2021
bandicam 2021-04-24 18-38-36-138
出雲三成駅の紅桜も満開


旅客路線でスケールの大きいスイッチバックと言えば、
まず第一に挙げられるのが肥薩線の大畑(おこば)駅。
ここはループ線の途中にスイッチバック構造の駅がある全国でも唯一の事例。
次に箱根登山鉄道の大平台駅の前後、
出山信号所~大平台駅~上大平台信号所と
三か所のスイッチバックが連続する区間で、
大平台駅を出てすぐの急カーブ区間も含め、
山岳鉄道の魅力を十分に味わえます。
そして、篠ノ井線の姨捨駅のスイッチバック。
ここはスイッチバックのスケールというよりは、
駅および路線からの善光寺平の景観が、昼夜問わず素晴らしいことが魅力です。
そんな魅力的なスイッチバック区間の一つに数えられるのが、
ここ、木次線の出雲坂根駅の通称「三段スイッチバック」


備後落合側の三井野原駅と出雲坂根駅の標高差は162メートル。
三井野原駅から先、まだ少しだけ標高が高くなるので、
出雲坂根駅の場所まで降りるには長大なループ線を使うか、
駅の手前でも一度スイッチバックして、
さらに出雲坂根駅でもう一度スイッチバックしないと、
標高差を埋めることができません。

駅後方に見える、「おろちループ」の高さから降りてきたということです。
210331P3060690.jpg

駅の先にある分岐での登りと降りの高低差もかなりあります。
210331P3060689.jpg

2013年から5年間の一日平均乗降客数は僅かに1人。
それでも、2010年には駅舎が新しくなっています。
週末運行のトロッコ列車「奥出雲おろち」号の木次行きはこの駅で18分停車するので、
そうした観光向けの改築ということでしょうね。
210331P3060688.jpg

なお、一般的には「三段」スイッチバックと呼ばれますが、
方向転換する箇所は二か所なので厳密に言えば、
この駅も姨捨駅と同じ「二段」スイッチバックです。
ただ、姨捨駅のようにあまり標高差のない箇所で2回方向転換するのと違い、
それぞれのスイッチバックの場所に標高差があるので、
イメージ的にスイッチバックを挟んだ両側も含め「三段」と呼んでいるんでしょうね。

出雲坂根駅からは少し開けた場所に出て、
斐伊川とその支流沿いを走っていきますが、木次駅までのどの駅も良い。
映画「砂の器」でロケに使われた駅舎(八川駅・出雲八代駅)や、
その「砂の器」の原作の舞台になった駅(亀嵩駅)など味わいのある古い木造駅舎や
社殿風の駅舎(出雲横田駅)、たたら製鉄で有名な奥出雲をイメージしたような
斬新なデザインの駅(出雲三成駅)もあります。
今回は列車交換があった出雲三成駅以外では降りている余裕がなかったので、
撮影は全て車内から。

出雲横田駅。
210331P3060702.jpg

亀嵩駅
210331P3060704.jpg

出雲三成駅
210331P3060709.jpg


出雲八代駅
210331P3060711.jpg
210331P3060712.jpg

下久野駅
210331P3060714.jpg
210331P3060715.jpg

日登駅
210331P3060716.jpg
210331P3060717.jpg

亀嵩駅は駅舎の中に出雲そばの店舗が入っていて、
電話で予約すれば、列車の時間に合わせてホームに持ってきてくれます。
210331P3060705.jpg
210331P3060706.jpg
ローカル駅の活性化として無人化した駅舎を利用して店舗化するというのは、
ここ最近結構盛んに行われていますが、亀嵩駅の蕎麦屋、扇屋さんは、
昭和48年開業と歴史も古く、「駅ナカ」の老舗と言っても良い存在。
地元の信州そばと並んでで出雲そばが大好きな私も大満足な手打ちそばでした。
ただ、できればテーブルある席で食べたかったな。

出雲三成駅では列車交換で数分停車したので、
ホームの満開の桜をバックにした写真と動画も撮れました。
210331P3060707.jpg
210331P3060708.jpg
bandicam 2021-04-24 18-38-32-990

紅葉の季節にでも再訪して全駅下車したくなる路線です。
そのときには出雲市に住む友人お勧めの八川駅近くの蕎麦屋にも行きたい。

備後落合駅から2時間8分。奥出雲路をのんびり揺られて、木次駅に到着。
210331P3060718.jpg

木次駅では次の宍道駅行きまで34分の待ち時間。
駅を少し離れて斐伊川沿いの桜見物に興じます。
210331P3060736.jpg
次回へ続く

桜に囲まれて「18きっぷ」旅 4日目② 備後落合駅の朝はとても静か・・多分、昼も夜も静か

足まかせ旅日記
04 /26 2021
210331P3060661.jpg
山に囲まれた駅、広い構内に列車がポツン

午前8時16分、木次線との分岐駅である備後落合駅に到着。

この先、芸備線の新見行きは一日に3本だけ
(途中、東城駅からは本数が3本増えます)
210331P3060653.jpg

木次線も平日は3本だけで、土祝日には観光用のトロッコ列車が一本追加。
210331P3060656.jpg
210331P3060660.jpg
ただし2・8・11月以外の木曜日は平日3本のうち2本が運休となります。
(こちらも出雲横田駅からは6本増え、木次から先はさらに増えます)

三次方面も備後落合駅始発は5本だけで、
平日は一日に11本しか列車が発車しない閑散とした駅です。
210331P3060663.jpg
210331P3060655.jpg

しかしかっては陰陽連絡の拠点駅の一つで、
広島方面から木次線に乗り入れて米子まで行く急行「ちどり」や、
芸備線から伯備線に入って岡山まで行く急行「たいしゃく」も停車し、
1980年6月の時刻表で見ると、
「ちどり」3往復、「たいしゃく」2往復の他に、三次方面が8本、
新見方面が7本、木次線は6本の列車が備後落合駅から出発していました。
1966年12月号で見ると、普通列車の本数にはたいして変化がないものの、
三原、福山、徳山から芸備線、木次線を経由して米子までスキー客を乗せて走る
臨時夜行快速「大山銀嶺」号や、木次線内のスキー場に向かう、
「三井野原銀嶺」号が運行されていて、
備後落合駅も今と比較にならない活況を呈していたようです。
その名残が広い構内と、蒸気機関車時代の転車台、貯炭場の遺構に残されています。
210331P3060657.jpg
210331P3060658.jpg
かっては機関庫、給水塔、職員官舎もあり、
駅周辺には山間部ながら鉄道関係者で賑わい、
それに伴って駅前に商店や理髪店などが軒を並べていたそうです。

今の駅周辺は数軒の民家があるだけで、
小鳥原川のせせらぎが昔のままに清らかに流れるだけ。
210331P3060665.jpg
210331P3060664.jpg

そこそこ標高がある山ン中ですので、
3月末でも桜はまだ七分咲き程度でした。
210331P3060666.jpg

駅舎自体はさほど古くない味気ない建物。
210331P3060668.jpg
210331P3060662.jpg

ただし待合室にはかっての駅の賑わいを記録した写真などが展示されていて、
乗り換えで待ち時間を過ごす乗客のために、
地元のボランティア(国鉄OB?)の方が、往時の様子などを語ってくれていました。
210331P3060669.jpg

9時6分に木次からの列車が到着して、そのまま折り返し。
210331P3060670.jpg

残念ながら旅情を大いに損なうオールロングシート車
210331P3060671.jpg

三次行きが先に出発。
210331P3060672.jpg

54分の待ち時間を経て、9時20分に木次行き発車。
途中で芸備線と別れ、中国山地の山間部をぐんぐん登ってきます。
210331P3060674.jpg
210331P3060677.jpg

島根県に入って最初の駅、三井野原駅はJR西日本で最も標高が高い駅
210331P3060676.jpg
かっては広島県だったのが越境合併で島根県になったエリアです。
最高標高地点といっても727メートル・・長野県民からするとたいしたことないな。

三井野原駅から先、標高はさらに高くなって、
奥出雲地方でも最も山深いところを通り、
並行する国道341号は「おろちループ」呼ばれる二重のループ橋で、
難所越えをしており、その全景を車窓から眺めることが出来ます。
210331P3060679.jpg
210331P3060681.jpg
この風景に差し掛かった時に、運転手が、
「徐行いたしますのでごゆっくりご覧ください」みたいなアナウンスしてましたが、
もともとこの区間自体が20キロ制限区間だから、「ゆっくり」写真も撮ることができました。
でも、この「おろちループ」の完成が木次線や芸備線の利用減に拍車かけてるんだから、
悠長に車内から観光案内しとる場合じゃなんだけどな。

奥出雲の道路のハイライトが「おろちループ」なら、
鉄路のハイライトは出雲坂根駅までの三段スイッチバック。
210331P3060682.jpg
210331P3060683.jpg
ポイントの凍結防止のシェルターの先で停車し、
運転手が後方に移動し、スイッチバックの始まりまです。

次回はその動画からスタートです。

4/25 ファイターズ6回戦:正尚途中退場がとにかく心配

田牧(元)校長の道楽
04 /25 2021
bandicam 2021-04-25 18-08-57-664
打力は衰えたけどツキは持ってる?

宮城の離脱で先発のお鉢が回ってきた竹安。
bandicam 2021-04-25 18-06-49-106
リード面での信頼から先発のマスクを被るのは若月。

が・・ベンチの目論見は初回でご破算になってしまう。
先頭の郡を追い込みながら外角低めのストレートを打たれ、
bandicam 2021-04-25 18-06-56-496

次の渡邊はボール2つ先行の後の
低めの甘いボールを2ベースにされ2・3塁。
西川は一塁ゴロに討ち取ったものの3塁ランナー生還。
近藤にはストレートの四球を与え、
4番に復帰した中田のところでは注文通りのショートゴロを打たせ、
併殺でピンチを切り抜けると思いきや、
ショート安達がまさかのファンブルで併殺どころか1点追加。
なおも一死1・2塁とピンチは続き、
淺間にもライト前に打たれ3点目を入れられる。
bandicam 2021-04-25 18-07-02-775

次のロドリゲスは併殺に仕留めて何とか相手の攻撃を終わらせるも、
「ウチと金子」の組み合わせを考えると、
かなり痛い初回の3失点。

2回以降は低めに球を集めずに、
コースを散らすことで5回までゼロに抑えることができていただけに、
初回に軌道修正できないまま打たれまくったのが悔やまれる。

打線の方は相変わらず金子に対しての詰めが甘い。
2回はモヤの2ベースと中川の進塁打、Tの犠牲フライで1点を取れたけど、
bandicam 2021-04-25 18-07-05-942
bandicam 2021-04-25 18-07-09-808
モヤさんスライディングの目測誤っとる・・

1・3回の正尚のヒットは活かすことができず、
致命的だったのが5回の攻撃。
太田、宗の連続ヒットで無死1・2塁と絶好のチャンス。
ここで安達へのベンチの指示は送りバント。
まぁ、正尚が後ろに控えているんだから当然のともいえる選択なんだけど、
3塁進塁のためのバントは決して「安全策」ではない。
逆に、相手がバントシフトをとってくれれば、
安達ならばそこをついたバッティングも可能。
つまり、100%ってよりもは安達に柔軟性持たせた方が良かったようにも思える。
で、2球目のストライクでバットに当て損ねたとき、
飛び出していた太田がコケてしまい帰塁できずに牽制アウト、
bandicam 2021-04-25 18-07-13-920
bandicam 2021-04-25 18-07-26-163
bandicam 2021-04-25 18-07-40-215
bandicam 2021-04-25 18-07-44-287
この走塁ミスはあまりにもお粗末。
コケた時点で大人しくセカンドに戻っていれば、
捕手の石川も投げなかったろう。
それを石川の躊躇を「行ける」と勘違いしたのか、
3塁に向かって走ろうとするもんだから、石川に刺されてしまう。
さすがにこのミスは示しつかんと思うけど、
この後ベンチに下げなかったもんなぁ。
果たして大阪に戻ってから中嶋監督がどういった判断を下すか。

安達は次のボールで中途半端にバットを止めて三振という最悪の結果に。
しかもその後に正尚がライト前にヒットを打ったわけだから、
金子をこの回で攻略出来ていた可能性もあったわけだ。

金子はこの回で「お役御免」となったわけだけど、
またしても「苦手意識」は克服できないままだった。

しかも、5回裏の守備で正尚が際どいフライを飛び込んで好捕するも、
足を痛めたらしく、6回の守備で交代。
bandicam 2021-04-25 16-54-04-146
bandicam 2021-04-25 16-54-07-394
bandicam 2021-04-25 16-54-10-719
大事に至らければいいんだけど、
ここでの正尚の離脱はチームには致命傷になる。

6・7回と山田、能見が相手をゼロに封じるも、
ウチも堀、ロドリゲス相手に追い上げることができない。
bandicam 2021-04-25 18-07-50-163
bandicam 2021-04-25 18-07-52-393


・・・とここまで書いた時点で8回表の攻撃ですよ!

8回のファイターズのマウンドは当然、宮西。
しかし前日に満塁まで追い込んでいるし、
その前のマリーンズ戦ではセットアップ失敗している。
「出てきた時点で降参」という相手ではない。

それを証明するかのように、
先頭の安達がここまでのミスを(少し)取り返すセンター前ヒット。
次は正尚退場の後に3番に入った紅林の初打席。
まるで正尚が乗り移ったかのように
紅林は右中間を破るタイムリー2ベースを放つ!
bandicam 2021-04-25 18-08-14-314
bandicam 2021-04-25 18-08-17-557
bandicam 2021-04-25 18-08-27-226

紅林にとってはこの一打は大きな自信になってくれるかも?
bandicam 2021-04-25 18-08-32-142


なおも無死2塁で杉本の打球はショートの横を抜けんとする打球。
谷内は捕球するもどこにも投げられず1・3塁。
ここでベンチはモヤに代えてジョーンズを送るという賭けにでる。
正直、この賭けはファン的には「???」だったんですが、
ここんとこのジョーンズの代打での成功率はやたら高い。
・・・というか何かツキらしくものを身に纏っている感じがある。
この打席でも初球、外角のボールに手を出し、
ライト線に力なく上がったボールはファーストとセカンドトが追いかける。
bandicam 2021-04-25 18-08-35-767
bandicam 2021-04-25 18-08-38-454

しかしボールはセカンド渡邊のグラブの先をかすめ、
bandicam 2021-04-25 18-08-42-362

しかもフェアグランドギリギリに落ちる、超ラッキーなヒット。
これで同点に追いつき、中川が送って一死2・3塁。
次打者Tはきっちり犠牲フライを決めついに逆転成功。
bandicam 2021-04-25 18-09-12-798
bandicam 2021-04-25 17-21-38-328

またしても「負けが決定的になったらブログ書き始める」の、
私のジンクスが功を奏した(違う)ような逆転劇でついに宮西をKO。

8回裏は富山が三者三振を奪い、勝ち越しに一歩近づく。
が・・・9回マウンドに上がったヒギンスがいきなり近藤に同点アーチを浴び、
bandicam 2021-04-25 18-09-17-565

この時点でチームの勝ちもカード勝ち越しも消滅。
なおも一死後に淺間に四球を与え、ヒギンスはここで交代。
最後は代わった比嘉が大田は歩かせるも、
今川をセカンドゴロの討ち取ってゲームセット。
bandicam 2021-04-25 18-09-19-804
打順を考えれば塁空いている状態での代打大田は、
歩かせてもいいわけで、その前に送りバントでアウト1つ貰えたのは有難かった。

勢いに乗じて勝ち切りたかったけど、
今のヒギンスでは、まだそこまで盤石ではない。
来週、平野が復帰したら、
当面はクローザーは平野になりそうだけどね。

正直、よく負けなかったってとこだよ。
そもそもが宮城の離脱での竹安先発で、
前半で守備にも走塁にもミスが出て、
あげくに正尚が途中退場という、
「負けフラグ」立ちまくりの状況からの同点・逆転だからね。
これで一週間の戦果としても借金3つ減らせたんだから上出来。

来週はずっと無観客の京セラで、
イーグルス、ホークスとの対戦。
一つでも借金減らせればいいけど、
最低でも五分で凌いでもらえれば・・ってとこかな。
ロメロの早期復帰を願う声も多いだろうけど、
ファームでヒット1本(しかも内野安打)打ったからといって、
即一軍というのは早計でしょう。
(少ない打数なのに打率だけで状態判断できるわけないしね)

とにかく、正尚の膝の打撲がゲーム出場に支障なく、
平野が戻ってくるだけでも、来週の戦いは面白いものにはなる。

桜に囲まれて「18きっぷ」旅 4日目① 芸備線閑散区間・・途中下車したいけど、無理。

足まかせ旅日記
04 /25 2021
210331P3060633.jpg
塩町駅までは福塩線の列車もあり、列車交換もある。


備後落合へ向かう芸備線の一番列車は6時55分発と、そんなに早くない。
210331P3060623.jpg

その前に福塩線に直通する府中行きが2本出てるので、
三次駅の朝自体は5時15分と早くから始まる。
210331P3060625.jpg
210331P3060624.jpg

かってほどではないにせよ陰陽連絡の拠点だっただけに、
駅の規模はそこそこ大きく、備後落合寄りのホームの先には、
かっては転車台もあった留置線がある。
210331P3060627.jpg

ホーム上屋も待合室も三次駅が今よりずっと賑わっていた時代のままです。
210331P3060628.jpg

途中列車交換で3分停車した神杉駅もなかなかいい駅舎
210331P3060631.jpg

「神すぎる」駅名ですw
210331P3060632.jpg

朝靄が晴れた三次盆地を東へ進む列車
210331P3060635.jpg

塩町駅で福塩線と別れ、ここから先は一日6往復の超閑散路線となります。
山ノ内駅は簡素な待合室しかありませんが、駅前の欅の木が見事。
210331P3060636.jpg

備後庄原駅は広島県北東部で島根・鳥取・岡山と境を接する庄原市の中心駅。
210331P3060638.jpg
立派な駅舎を持ってますが、駅前から出るバスの方が
三次、広島中心部へははるかに利便性が高い。
「過疎地域の鉄道駅の役割」を考えさせられる駅です。
あと、ホームが広島カープ関連の飾りで溢れていて・「なぜ?」って印象。
そりゃぁ、広島だろうからなんだけど、由宇には2軍施設があるからわかるけど、
庄原にもカープ関連の施設があるのか?

備後庄原駅で盆地が終わり、山間部で入っていきます。
この先は本数も1本減り、一日5往復となります。
210331P3060643.jpg

この先も途中下車したくなり駅舎を持つ駅がちゃんとあるんだけど、
そうなるとこの区間だけで一日が終わってしまう。
備後西条駅は駅舎にヘアサロンが入居してるようだけど今もやってるのかな?
210331P3060647.jpg
210331P3060648.jpg

比婆山駅は比婆道後帝釈国定公園のある比婆山地に由来していますが、
その玄関口としての役割はほぼ失っています。
210331P3060649.jpg

ここから、さらに谷沿いに線路はわけいっていって
20キロの徐行区間をゆっくり走り、
210331P3060651.jpg

三次駅から81分で備後落合駅に到着。
210331P3060652.jpg
備後落合駅まで乗りとおした乗客は、ほぼ全員旅行客でした。


テツにとっては旅情溢れる駅ですが、
一般の旅好きにとってはどうなんだろ?
210331P3060654.jpg

備後落合駅での木次線乗り換えは64分待ち。
長すぎる接続時間ですが、否応なしに駅とその周辺をたっぷり堪能できます。

続きは次回へ

4/24 ファイターズ5回戦:敗因のはっきりしない敗戦・・でも明日にはつながる

バファローズ黒星日記(since 2015)
04 /24 2021
bandicam 2021-04-24 18-54-29-686
何はなくとも今季一号おめでとう!


勝てば、明日の「不安な先発」の前に、勝ち越しが決まる2戦目。
先発のサチヤが悪かったのは3回だけ。
bandicam 2021-04-24 18-55-58-488

ただ、その3回に集中打浴びて一挙に5点撮られたのが直接的な敗戦。
先頭の中田にこのゲームの初ヒットを許し、
犠打でランナーを進められ、石井に粘られ10球目をセンター前に打たれ1・3塁。

郡には2球目の外のボールをきれい打たれてまず1失点
bandicam 2021-04-24 18-56-10-906
コースは悪くないんだけど高かったかなぁ・・

次の渡邊に対しては追い込みながら、
これも外のボールを打たれて2点タイムリー2ベース。
bandicam 2021-04-24 18-56-20-507
これも高さが打ちごろではある。
ここまで持ち味である緩急を上手く使えておらず、
投球が少し単調になってしまっているような感じ。

ここで補正できていれば、
今の打線なら上沢相手とはいえ何とかなりそうだったんですが、
続く西川にもファウルで粘られてインコース高めを
スタンドまでもっていかれ5点目を失う。
bandicam 2021-04-24 18-56-24-147
これをホームランにしたのは打った方が上手いけど、
やはり決め球に苦労してしまったかなぁ。
推測でしかないけど、「四球を出さないこと」に腐心しすぎて、
勝負しきれなかったのが逆の結果に繋がったのかも。
4回以降はカーブも上手く使えて相手をほぼ完全に封じていただけに。
この回の途中からでも軌道修正できなかったものか・・

ただこの後、7回途中まで(これ以上)ゲームを壊さず117球投げぬいて、
負け試合での投手の節約には貢献してくれました。
bandicam 2021-04-24 18-51-40-824
明日がブルペンデーになる可能性が高いだけに、
明日勝てれば、この日のサチヤも「貢献した投手」の一人に含めてもいいと思う。

3回以外の被安打は2で与四球も2個だけ。
「自ら崩れるサチヤ」の悪いパターンではないので、
来週の登板で今季一勝目を勝ち取って欲しい。

打線の方は苦手上沢に対し、散発的な反撃。
4回に安達の2ベースと杉本のピッチャー強襲ヒットでまず1点
bandicam 2021-04-24 18-56-40-128
bandicam 2021-04-24 18-56-40-128
安達がモヤのセンターフライでしっかり3塁に進んでいたのも大きかった。

6回は正尚の完璧な一打
bandicam 2021-04-24 18-54-11-428
bandicam 2021-04-24 18-54-14-649
bandicam 2021-04-24 18-56-47-606
bandicam 2021-04-24 18-56-50-461
コース的には上沢の失投だけど、
初球の甘い球を逃さなかった正尚も見事。
これでトップと3本差ながらホームランダービー2位に浮上。
ただ、打点の積み重ねに繋がっていないのがもどかしいところ。

最終回はクローザー杉浦から代打中川が今季一号。
bandicam 2021-04-24 18-57-50-926
bandicam 2021-04-24 18-57-54-432
これも、ど真ん中ストレートですので、失投ではある。
ただ、クローザーからすれば点差がある中での
ソロ一発はそれほど痛くはなく、
これを足場に杉浦に揺さぶりをかけられなかったのが残念。

攻撃の面で「負け」に繋がったポイントが3つ。

まず初回の宗の盗塁失敗
bandicam 2021-04-24 18-55-44-837
チームとしての盗塁数がリーグ最低で、
印象だけど成功率も高くない。
今季はここまで「足」で損している場面が多いなぁと感じてます。

次は7回の二死1・2塁での正尚のレフトへの一打
bandicam 2021-04-24 19-04-59-118
bandicam 2021-04-24 18-57-05-206
前の打席のホームランから、
相手が外中心に攻めると読んでの流し打ちで、
それそのものは正解だけど、相手の好守に阻まれてしまいましたね。
ここ抜けてたら1点差になってた。

3つめは8回に宮西を攻めての二死満塁のチャンス。
ライン際のゴロがファールにならず→死球→四球での満塁ですので、
宮西からしたら相当にプレッシャーがかかっている場面。
もちろん相手は百戦錬磨の宮西なので、
そこからでも自分の投球をすることは可能だろうけど、
ここはとことん粘って相手の根負けを誘発できるバッターが良かった。
・・・・まぁベンチにそんな打者いなかったけど。
頓宮もボールよく見てフルカウントまで粘ったし、
最後もボール球に手を出したわけではないので責められない。
bandicam 2021-04-24 18-57-40-958
むしろ最後のボールは打ち頃過ぎて力んだのかもね。
「引っ張り」で良かったような気もするんだが・・・・。

これで明日のゲームは負けられなくなった(引き分けならヨシだけど)
打ち合いに持ち込めたら勝機はあるかな。
そのためには金子を攻略、最低でも序盤で球数投げさせて
早めにマウンドから降ろすことがポイント。
なんだかんだでこのゲームでも安打数は上回っているし、
打線についてはさほど不安はない。
ただその「調子の良さ」を逆手に取られて、
ポンポン早打ちして凡打の山を築いてしまうことが心配。

桜に囲まれて「18きっぷ」旅 3日目⑧芸備線、甲立駅・三次駅・・たまには名物らしいものも食す

足まかせ旅日記
04 /24 2021
210330P3060600.jpg
甲立駅の桜は1本だけでしたが枝ぶりが見事。

志和地駅から再び広島方面に2駅戻って、甲立(こうたち)駅で下車。
210330P3060598.jpg
この時点で夕方4時38分。だいぶ影が長くなってきました。

合併前の甲田町(甲立町と小田村の合併地名)の中心駅で、
駅の周囲は小規模ながら市街地が広がっています。
210330P3060599.jpg

ホーム上屋はそこそこ古いものが残っています。
210330P3060601.jpg
210330P3060606.jpg

甲立駅は厳密な意味では駅舎は存在せず、
駅の隣に平成8年に建てられた、
安芸高田市に合併される前の甲田町の施設、
「インフォメーションセンター甲迎館」がその役割を担っています。
210330P3060602.jpg
現在は市が指定した管理業者によって運営されています。
この建物を通らずとも、手前の階段で駅前広場に出られるので、
駅舎でないと言えばそうとも言えます。

入り口に地元の女の子3人が座って雑談に興じていたのでしばらく写真撮れず。
210330P3060603.jpg
それにしても、公共施設としては凝った外観です。
(似非モダン風と言ったらちょっと言い過ぎかな?)

駅前の吉川酒店の建物の方がれっきとしたモダン建造物。
210330P3060604.jpg
210330P3060605.jpg
芸備鉄道開業の年に開業した100年の歴史を持つ酒店です。

人がいなくなったので甲迎館の正面撮影
210330P3060608.jpg

一階部分は切符売り場、トイレ、談話室があります。
210330P3060609.jpg
210330P3060610.jpg

2階には会議スペースなどがあるようですが、
一部吹き抜けになっている凝った造り。
210330P3060611.jpg

この2階部分と駅の跨線橋が結ばれているんですが、
これだけ立派な建物を作りながらエレベーター未設置。
210330P3060612.jpg
高齢者の多い地域でバリアフリー化が求められる
この時代の公共施設にしては配慮が足りない施設です。
これなら構内踏切にしたほうがよっぽど利用者に親切ですね。

かっては貨物取扱量も多かったのか、
駅横には規模の大きな貨物ヤード跡が残っています。
210330P3060613.jpg
反対側にもかっては側線があったのかスペースが残っていますね。

甲立駅で30分ほど時間を過ごして、
最初のプランでは広島駅から乗る予定だった、
快速「みよしライナー」に乗車。
210330P3060615.jpg
西三次駅も含め実に効率的な4駅訪問でした。

「みよしライナー」はJRで最後まで残った
定期運用の昼間急行「みよし」の後継。
芸備線・木次線を経由して広島と米子を結んでいた、
陰陽連絡急行「ちどり」の末裔であるとも言えます。

途中駅には停車せず、16分で終点三次駅です。
三次駅の手前で廃線になった三江線の線路跡と並行します。
210330P3060616.jpg

17時27分、3日目の宿泊地、三次に到着。
210330P3060617.jpg
江の川の水運で発達した盆地で、
古くより陰陽連絡の交通の拠点でした。
そうした街に出来た駅なので規模も大きく、
かっては夜行も含め急行列車が何本も行き来した面影が残っています。

現在の駅舎は急行が廃止されて後の平成27年に新築されたもので、
駅を往来する列車の本数が往時よりは少なくなってからのもの。
210330P3060618.jpg
平日の夕方でしたが行きかう人も少ない駅周辺。
地域住民の行動圏は駅が中心ではなく、
ロードサイド中心になっているのは地方都市ならどこも同じで、
三次市も駅から少し離れた幹線道路の近辺に大型店が集まっていました。

それでも備北地方の玄関口だけに、
観光客向けも含め駅前広場に商業ビルも建っています。
210330P3060620.jpg
そこで少し早い夕食として、三次風のお好み焼き初体験。
いわゆる「三次唐麺焼き」というもので、
三次市の観光案内ではこんな感じで紹介しています。

bandicam 2021-04-24 01-18-47-605

で、私が注文したのがこちら
210330P3060619.jpg
自分でお好み焼きを作る時も麺をパリパリに焼くのがスタイルなので、
これは私好みのお好み焼きでした。
ただ、広島では結構デフォルトらしい、
「イカ天」は味はともかく、
中で蒸されて食感がフニャフニャしてちょっと邪魔。
それにしても、注文したものを食べる前に写真に撮る際、
なんか気恥ずかしくて慌てて撮ってしまいピンボケになることが結構多いな。

三次での宿は駅から少し離れた場所にある「三次ロイヤルホテル」
210330P3060622.jpg
歩いて行くのはちょっとしんどかったのでタクシー利用しましたが、
メーター1回上がっただけで済みました。

部屋のバスルーム以外に大浴場が別にあって快適な宿でした。
210330P3060621.jpg

朝食も充実している感じだったんですが、
三次駅でも一番列車に乗るためには
その時間より前に出なければいけなかったのでパス。

旅の最終日は中国山地を突っ切って、久々の山陰地方です。


4/23 ファイターズ4回戦:山岡、8回を1失点で今季初勝利!チームは投打かみ合って4連勝!

ガッチリMAX ! 2021 Orix Buffaloes Road of Victory
04 /23 2021
[Readygo]Image 2021-04-23 20-02-54
山岡の初勝利もだけど、モヤの今季1号も遅すぎ。でもこれからだ!

前日の逆転サヨナラ勝ちの興奮冷めやらぬまま、
舞台を札幌に移してのファイターズ3連戦。
来週の京セラは無観客になりそうなので、
歓声を受けてのゲームはとりあえずこの3連戦まで。

ゲーム前に宮城が急性胃炎で登録抹消との残念なお知らせ。
2年間19歳には見えない熟練のマウンドさばきを見せてくれていましたが、
やはりそこはまだ未成年、きっちりストレスをため込んでいたというわけだ。
10日間の抹消ということは
ギリギリ来週日曜の登板には間に合わないってことか。
ただGW日程で3日の月曜日にゲームがあるので、
田嶋のローテーションを崩さずにそこに持ってくる可能性もありますね。
なお、代わりに上げたK鈴木はブルペンに入り、
宮城の代役は竹安が務めることになりそう。

・・・となるとファイターズ戦に勝ち越すたねには、
初戦の勝利が不可欠となってくる。
相手先発はウチが昨年2戦続けて点を奪えなかったバーヘイゲンだけに、
山岡の頑張りに勝負の行方がかかる。

その山岡、初回の二死1・3塁以外は大きなピンチもなく、
ファイターズ打線を淡々とゼロに封じていく。
bandicam 2021-04-23 22-13-02-875
7回まで被安打5、与四球は1個だけで三振も9個奪い、
勝ち星がつかないながらも好調だったここ2回の内容を維持。

打線の方は4回、4番に入った杉本が内野安打で出て、
モヤが甘く入ったチェンジアップを逃さずジャストミート
[Readygo]Image 2021-04-23 20-02-46
[Readygo]Image 2021-04-23 20-02-49
[Readygo]Image 2021-04-23 20-02-52
出場13試合目でようやく出た今季一号が、
バーへイゲンから20イニングぶりの得点となる先制2ラン

6回には二番手河野から杉本がこの日2本目の内野安打で出てさらに盗塁成功。
頓宮が歩いて、バッテリーエラーで二死2・3塁。
ここで佐野の打球はサードゴロとなるも、
サード、ロドリゲスがファンブルし、
サードに駆け込んできた頓宮にもタッチできずセーフ。
bandicam 2021-04-23 22-54-04-351
もちろん、杉本はホームインし、貴重な中押し点。

さらに続く紅林が外角低めのボールを引っ張ってラインに入れる
bandicam 2021-04-23 22-54-26-213
bandicam 2021-04-23 22-54-28-848
bandicam 2021-04-23 22-54-31-809
あのコースを引っ張ってフェアグランド長打コースに飛ばす技は見事。
これが走者一掃の2点タイムリー2ベースとなり、
この回、山岡に大きな援護点となる3点をゲット。

この日は大城死球の後に代わった太田もヒットが出て、
正尚、Tがノーヒットながらもチームとしては2桁安打。
「かみあっている」というところにはまだまだだとは思いますが、
若手、中堅、ベテラン、助っ人が
それぞれに日替わりでいい仕事するようになってきました。
bandicam 2021-04-23 22-54-36-212

100球を越えた後の8回も山岡はマウンドに上がり、
ヒット2本浴びて無死1・3塁と、このゲームで最大のピンチを招く
しかし、内野ゴロでの1失点だけに止め、
最後は不調でベンチスタートとなった中田が代打で出来ましたが、
浅いレフトフライに仕留め、124球の熱投を締めくくる。
bandicam 2021-04-23 22-54-39-491
bandicam 2021-04-23 22-54-44-562
中田の前の打者、ここまでヒット2本打たれていた
淺間を三振に仕留めたのが大きかった。

1点取られても4点差で十分な点差でしたが、
9回に取られた分をきっちり取り返す勢いが今の打線にはある。
先頭の宗が3試合連続となるヒットを放ち、
太田が送って、正尚申告敬遠の後、杉本が猛打賞となるヒットで満塁。
ここでモヤがきっちりタイムリーを放ち、こちらも猛打賞。
bandicam 2021-04-23 22-54-51-243
正尚・杉本・モヤの並びだと、
今後、対戦相手は正尚との勝負を避けられなくなるだろうね。

5点リードの最終回のマウンドは、
昇格したてのK鈴木の今季初登板。
bandicam 2021-04-23 22-54-55-583

「お試し登板」の意味合いもあったろうけど、
9回にマスクを被った若月のリードも良かったのか、
5球で2アウトをとって、最後の打者からは三振を奪いゲームセット。
bandicam 2021-04-23 22-55-02-008
bandicam 2021-04-23 22-54-58-941

投打しっかり嚙み合って、大きなミスも出ず、4連勝で借金は2つまで減少。
2戦目はサチヤと上沢が先発ということで、
サチヤに大きな不安はないものの、相手が相手だけに勝てればめっけもの。
ホームで勝てないファイターズの「変なプレッシャー」にでも期待しようか。
問題は3戦目。こちらの竹安に対し相手はどうくるか。
先週の金子は先発ではなかったけど長いイニング投げて、
その後はベンチの入ってないので、ウチ相手には先発で来るんだろうな。
ここを何とか競り勝つことで、ここから借金を再び増やさないようにしたい。

桜に囲まれて「18きっぷ」旅 3日目⑦芸備線、吉田口駅&志和地駅

足まかせ旅日記
04 /23 2021
210330P3060576.jpg
どの駅もホーム脇の桜が美しい

もともとの予定では可部線を往復乗車して、
芸備線は16時4分広島駅発の快速「みよしライナー」でイッキに三次駅まで行って、
少し余裕があるので、その先の福塩線との接続駅、塩町駅だけ訪問する予定でしたが、
山陽本線の駅を一駅パスして、可部線は次回に譲り、
13時15分発の各駅停車三次行きに変更。
まず「駅舎が跡形もなくなっていた」西三次駅で降りて、
次に広島行きに乗り込んできた道を戻り、
江の川と別れて、戸島川沿いの吉田口駅で下車。
210330P3060561.jpg

駅舎と反対側の風景も牧歌的そのもの。
210330P3060563.jpg

吉田口駅は安芸高田市の駅ですが、
中心地である吉田町からは離れているので吉田口。
芸備鉄道が三次まで線路を通す際に技術的な困難さ
(恐らくは江の川を2回渡るという問題)から、
毛利家の躍進前の本拠地、
安芸郡山城のお膝元である吉田町は経由しませんでした。

そんな経緯のある吉田口駅は大正4年開業。
現在の駅舎は平成4年竣工と比較的新しい。
210330P3060562.jpg
傾斜の強い三角屋根が特徴的で、
駅が無人化された後に、合併前の甲田町が集会所としての利用や、
店舗入居を見越して建築したもの。
210330P3060565.jpg
かってはお好み焼き屋が入居していたそうですが、
現在は空き店舗となっており、洋館風の立派な駅舎も持て余し気味。

この駅で途中下車しようと思ったのは、
先に通過したときに駅近くの民家の姿が気になったから。
駅から北に向かって1分。
和洋折衷の不思議な造りの民家です。
210330P3060566.jpg
210330P3060567.jpg
屋根が三角でなくマンサード風で、
その下の切妻面は三角屋根が張り出し、
さらに玄関の扉の上に雨除けの庇がある。
また、三角屋根と庇の間にも、
明り取り用と思われる楕円状のガラス窓を配してます。
年季の入った板壁もいいですが、正面のインパクトが強い。

また近くを流れる江の川の支流、戸島川の堤防の桜並木が美しい。
210330P3060568.jpg

望遠レンズで撮ってみるとこんな感じ。
背後のなだらかな山との対比もいいですね。
210330P3060569.jpg

滞在時間15分で次の駅へ。
210330P3060572.jpg

一時間に1本程度の区間ですが、
行ったり来たりのスケジュールが実に組みやすい。
「駅テツに優しいダイヤの三次線」です。

13分で3駅先の志和地(しわち)駅に到着。
210330P3060573.jpg
210330P3060592.jpg
桜並木、ホーム上屋、木造駅舎の並びがなかなか絵になる。

志和地駅の駅舎は昭和18年に改築されたものだそうですが、
国鉄の標準的な駅舎の姿ではなく、
芸備鉄道時代の雰囲気を残しているような感じです。
210330P3060577.jpg
210330P3060578.jpg
屋根と庇の傾斜と長さが異なっていて、
それがホーム側からの駅舎の姿のバランスよい美しさにつながっています。

瓦屋根の駅舎の庇は古き木造駅舎に相応しく全面的に木製。
210330P3060591.jpg
210330P3060586.jpg

ぽつんと立つ古いホーム上屋もなかなか風情がある。
210330P3060584.jpg
210330P3060593.jpg


入り口側正面は飾り気がなく素っ気ない。
210330P3060582.jpg

角度を変えて見ると、屋根の傾斜がいい感じ出してます。
210330P3060589.jpg
210330P3060585.jpg


駅舎内部は下張りの板以外は古さはあまり感じられない。
210330P3060581.jpg
210330P3060580.jpg
駅正面の「顔出し」看板と、この「化け猫風」の絵はナゾな存在。
地元の人が駅の彩りとして置いたのかな?

駅前の民家の離れみたいな建物も和洋折衷で素敵
P3060583.jpg


17分の滞在で、三次方面からやってきたキハ120に乗って、2駅先の甲立駅へ。
210330P3060596.jpg

3日目最後の訪問駅は次の記事で

4/22 ライオンズ6回戦:増井も打線もよく粘った・・・そして最高の結末!

ガッチリMAX ! 2021 Orix Buffaloes Road of Victory
04 /22 2021
bandicam 2021-04-22 22-40-58-860
最高な2人!

今季初の3タテがかかったライオンズとの3戦目
先発の増井は1・2回を三者凡退に片付ける順調なスタート。
bandicam 2021-04-22 22-29-25-586

しかし3回に下位の山田、金子に連続長打を浴び1点を失い、
bandicam 2021-04-22 22-29-35-631

頓宮がフォークを前で止めることが出来ずにもう1点取られ、2失点。
bandicam 2021-04-22 22-29-39-499


2点を追う打線は、その裏に好調、宗が2ベースで出塁。
bandicam 2021-04-22 22-29-43-576

正尚歩いて、森の牽制悪送球があって二死1・3塁。
bandicam 2021-04-22 22-29-46-246

ここで安達がセンター前にしっかり打ち返して1点返す。
bandicam 2021-04-22 22-29-51-435

状況に応じたバッティングを出来るのが安達の強み。
bandicam 2021-04-22 21-03-21-799

続く4回は森ヒット、中村2ベースでせっかくとった1点を返されまた2点差。
bandicam 2021-04-22 22-33-04-255

ただし一死2塁からは増井が粘り、
正尚が相手のタッチアップも阻止し1点だけで済む。

相手も正尚を舐め過ぎ・・そりゃ弱肩だけどさ・・。

惜しかったのは4回裏の攻撃。
スタメンに入った6番Tが2ベースで無死2塁。
頓宮死球、代わった佐野から宗が四球を選び二死満塁。
ここで正尚と逆転も期待できる場面。
正尚の当たりはピッチャーの横を抜き、
ボテボテながら二遊間を抜けそうなコース。
bandicam 2021-04-22 21-09-23-387

・・がボテボテ過ぎたか、
ショート源田が定位置からこれに追いつき間一髪アウト。
bandicam 2021-04-22 21-09-37-540
bandicam 2021-04-22 21-09-53-124
あとちょっとで1点取られてたのは当然として、
この後の安達、モヤが動揺した佐野にとどめ刺せていた可能性が高い。
それだけに、正尚のアウトもだけど、
紅林と太田が2人揃ってキャッチャーフライに倒れたのも痛かった。
2人揃って凡退ってのは勘弁して欲しい。

5回の増井もアップアップ。
呉ヒット、山田2ベースとあっという間に無死2・3塁。
球数は54球ながらもここで代えるだろうと思いきやベンチ動かず。
ここからが増井が踏ん張りを見せ、
金子にはサードゴロを打たせ、ランナーは突っ込めず。
打撃好調の若林はストレートで三振にとり、
最後は難敵源田相手に最後にフォークが理想的なコースに決まり3アウトチェンジ。
bandicam 2021-04-22 22-33-08-033
無死2・3塁で上位打線に回って得点許さずはホント凄い。

その裏は3人目宮川から先頭安達が四球を選ぶも、
モヤ、中川が凡退してあっさり二死。
しかし、Tの打席でバッテリーミスが出て安達は2塁へ。
Tは追い込まれながらもファールで粘って7球目をセンター前に運びタイムリー。
bandicam 2021-04-22 22-33-14-916

派手さはないもの粘り強く打線が1点ずつ相手に迫る

驚いたことに6回も増井がマウンドに。
先頭の森は三振にとるも、中村四球、栗山2ベースで、
また2・3塁のピンチ。
いくらなんでもこれは限界と思ったけど、まだベンチは動かない。
で、愛斗は一球でショートフライに仕留め、
呉は115キロのカーブを打たせて、またしてもピンチ脱出。

クローザーの時の名物「増井劇場」を、
まさか4イニング連続で見せられるとは思いもよらなんだ。

そのうち2イニングは絶望的なピンチを無失点で抑えただけに、
3失点とはいえ、この増井の奮投を打線が無にしてはいけない。

・・と6回裏に頓宮が豪快に応える。
4人目松本の初球、少し安易にストライクを取りにきた
外角ストレートを見逃さず右中間スタンドへ同点ソロ!
bandicam 2021-04-22 21-08-44-742
bandicam 2021-04-22 21-08-48-139
4月6日以来の一発で、長打も8日の2ベース以来。
ここ一番でゲームの流れを変える頓宮の魅力が戻ってきました。

この同点で、「こりゃいけるかも?」と
抱いた期待をどん底に叩き落したのが8回の守り。

7回は富山が安定の三者凡退でいい流れを作るも、
ウチもお付き合いしてか三者凡退。

8回を誰が投げるかが一番の課題でしたが、
本日は信頼度の高いノウミサン。
・・・が、ノウミサンだって不調な時は当然ある。
源田にピッチャー強襲をくらい、無死一塁。
森が送ったのはむしろ安堵でしたが、
中村申告敬遠の後、勝負を急ぎ過ぎたか栗山に当ててしまい満塁。
ここで能見を諦め、ベンチは比嘉を投入。
2点目は失うまいとの外野の前進守備が裏目に出て、
愛斗の当たりは走者一掃の2ベースとなり、
終盤としては致命的な3点差となってしまう。
bandicam 2021-04-22 22-35-03-326
bandicam 2021-04-22 22-35-06-539

その裏は平良の前に頓宮のヒット以外は沈黙。
9回は敗戦処理的に漆原が投げてゼロに抑えるも、
最後の攻撃の前に立ちはだかるのは当然、増田。
しかし増田は前回登板でホークスに2点奪われチームの勝利を消している。
その悪いイメージが増田にまだ残っていたのか、
宗、正尚に連続でライト前にもっていかれ無死1・2塁。
bandicam 2021-04-22 22-35-10-446
bandicam 2021-04-22 22-35-13-049

ただ・・安達、モヤが討ち取られてランナー動けず。
ベンチは中川に代えてジョーンズを代打に送る。
ジョーンズは安定の力ないサードゴロ・・・
bandicam 2021-04-22 22-35-16-415

ここで勝負あったかと観念しましたが、
サード佐藤がフツーにファーストに投げればいいものを、
わざわざ「ジョーンズよりはるかに足の速い」
代走小田が駆け込むセカンドに投げてセーフ!
bandicam 2021-04-22 22-35-23-392
bandicam 2021-04-22 22-35-27-847

首の皮一枚でつながり打席にはこの日は期待の持てるT
この打席でも追い込まれながら、
苦手な外角のボールを辛抱強く粘り、
7球目内に入ってきたストレートを逃さず叩き、
ライトフェンス直撃の走者一掃同点3ベース!
bandicam 2021-04-22 22-35-30-823
bandicam 2021-04-22 22-35-33-473

これあとちょっとで逆転サヨナラ満塁「釣銭なし」ホームランだったな
bandicam 2021-04-22 22-36-12-400

もちろんジョーンズには代走佐野を送っていたのでラクラクホームイン。
bandicam 2021-04-22 22-35-42-466
まさかまさかの同点劇で「もう充分!」と思ってましたが、
次打者は調子上向きのラオウ・・なんか打順の廻りが凄くいいぞ!
3球フォークに対して粘れたのが大きく、
7球目の外角スライダーに必死にバットを合わせてレフト前にサヨナラヒット!
bandicam 2021-04-22 22-40-12-297
bandicam 2021-04-22 22-40-19-587

これまたギリギリんとこだったけど、よく抜けた。
bandicam 2021-04-22 22-40-24-279

今季初のサヨナラ勝ちは、2死から3点差を跳ね返し、
漆原のプロ入り初勝利と2年越しのスイープまでついてくる、
チームにもファンにとっても狂喜乱舞の大勝利!
bandicam 2021-04-22 22-40-51-479


さぁ、この勢いを札幌に持ち込んで、
ファイターズ相手に今度こそ星を稼がせて貰おう!
初戦は山岡とバーヘイゲンが先発。
バーヘイゲンが前回の初登板がまだ様子見だったので、
つけいる隙は十分にありそうだぞ。

追記:この記事、9回の二死1・2塁から「負け前提」で書き始めてたんですよね、
そしたらあれよあれよとサヨナラ勝ち。
こりゃ、私のオリックスブログ記事に「変なジンクス」できちゃったなぁw

4/21 ライオンズ5回戦:「クローザー捕手」誕生なるか?若月の好リードあってかヒギンス僅か4球でセーブ!

ガッチリMAX ! 2021 Orix Buffaloes Road of Victory
04 /22 2021
[Readygo]Image 2021-04-21 21-47-31
今日の活躍が続けばサードポジション奪取もあり得る

対ライオンズ2戦目は由伸が先発
[Readygo]Image 2021-04-21 21-47-45

6回までで三者凡退が一イニングだけと、
ライオンズ打線にそこそこ打たれながらも、
5回までは要所を締めゼロに抑える。
[Readygo]Image 2021-04-21 21-47-55
1・3回は2番源田にヒットを打たれるも続く森、中村はきっちり抑える。

打線の方は初回、先頭、宗ヒット、続く正尚ファーボールと、
いきなり無死1・2塁のチャンスを作るも、
3番中川に送りバントさせる「手堅い」というよりは「頭悪い」作戦が功を奏さず。
だって、4番モヤのあと5番にジョーンズだぜ。
一塁空いていて、次の打者が「安パイとして認知されている」ジョーンズなんだから、
モヤ相手に「歩かせてもいいや」的厳しい攻めになるのは明白。
で、厳しいコース攻められて、
それを跳ね返すほどの「怖い」打者でもないぞ、モヤは。
結局、モヤ三振、ジョーンズはレフトフライでチャンスを逃す。
初回あのような攻めを選択するなら5番にラオウいれとくべきだったね。
相手に与える心理的効果もかなり違ったと思う。

このまずい攻めで相手先発今井を勢いづかせたか、
5回までの得点は正尚のバックスクリーンへの特大の一発による1点のみ。
[Readygo]Image 2021-04-21 21-47-58
[Readygo]Image 2021-04-21 21-48-00

2戦連続の4号。いよいよ本領発揮となるか?
[Readygo]Image 2021-04-21 21-48-10

無双なときの由伸ならばこの1点でも十分だったかも知れないけど、
5回までにヒット5本浴び、
球数も結構嵩んでいたこの日の由伸にはさすがに足りない。
6回、源田にこの日3本目のヒットを浴び、
2打席抑えていた森にもライト線に2ベースを打たれ無死2・3塁。
[Readygo]Image 2021-04-21 21-48-22
[Readygo]Image 2021-04-21 21-48-25

ここで2打席凡退してた中村が
会心の当たりではないながらも三遊間をゴロで破るタイムリー。
[Readygo]Image 2021-04-21 21-48-27

続く栗山は併殺打に討ち取るも、
その間にサードランナーが生還し逆転されてしまう。

しかし、5回までゼロに抑えていた由伸に
「負け」がつけてしまうのは、
チームメイトとしてあまりにも情けないと思ったか、
その裏にようやく今井を攻略、
一死後に中川がこの日2本目のヒットを放ち、
[Readygo]Image 2021-04-21 21-48-30

モヤが倒れた後、ジョーンズが高いフライで左中間フェンス直撃。
[Readygo]Image 2021-04-21 21-48-33
[Readygo]Image 2021-04-21 21-48-36

二死だったので、あれだけ滞空時間が長ければ
中川も余裕一塁から生還でき同点に追いつく。
[Readygo]Image 2021-04-21 21-48-38
セカンド塁上での喜びや神様に感謝を捧げる表情を見ると、
「期待に応えられてない」鬱勃たる感情を抱えているんだろうなぁ・・とは思った。
でも、それを爆発させる「たまの」結果ではなく、
スタメンで出てる限りはやはり「ほぼ毎試合」結果を示すことを求めたい。
なんし昨年分だって取り返して貰いたいんだから。

100球越えた7回を由伸が三者凡退に抑え、
その裏は一死から伏見が久々のヒット
・・と思ったら前の出場ゲームでも2ベース打ってた。
無安打が長かったのはその前で9試合。
・・ということは伏見も不調を脱したのかも知れない。
太田が好プレーに阻まれて二死となり、宗に打席が回る。
第一打席ヒットの後、第2打席でもセンターへ
大きな当たりを放っていたので期待はもてた。
で、今井の投じた初球のカーブ。
宗にとって一番打球が飛ぶコースにボールが来ました。
[Readygo]Image 2021-04-21 21-46-15
[Readygo]Image 2021-04-21 21-47-24
[Readygo]Image 2021-04-21 21-47-27
今季一号は由伸の白星を呼び込む勝ち越し2ラン!
守備でもいいところを見せた宗ですが、
これが次の出場機会でも続くかどうかがポイントなんだよね。
コンスタントな活躍となればサードのレギュラーは
間違いなく彼のものなんだが。

リードをもらい、8回もマウンドに上がる由伸。
合計5安打浴びている1~3番の打順でしたが、
投ゴロ、二ゴロ、レフトフライと完全に封じ込める
[Readygo]Image 2021-04-21 21-48-45

8回121球、被安打は8と多めですが、
打たれながらも四球は一個も与えないのが、
相手に流れを渡さなかった最大の要因。
[Readygo]Image 2021-04-21 21-48-56
奪三振も4つだけと決して本調子ではなかったんでしょうが、
それでもちゃんとゲームメイクし、
しかも8回まで投げるのが由伸のエースたる所以。

ただ、「このまま9回も由伸で」と思ってしまうくらいに、
2点差では後ろの投手が心配。

9回にマウンドに上がったのは
前回思いっきり背信投球をやらかしたヒギンス。
[Readygo]Image 2021-04-21 21-49-17

しかし、この日はキャッチャーが違う
[Readygo]Image 2021-04-21 21-49-08
前日同様に「クローザー」捕手として若月がマスクを被る。

単純にそれが功を奏したと言い切れませんが、
前回あれほどストライク入れるのも苦労したヒギンスが、
なんと僅か4球であっさり抑え成功。
[Readygo]Image 2021-04-21 21-49-25

オープン戦のブルペンデーを若月のリードでゼロに封じたときに、
「若月に終盤のリードは任せてもいいんじゃない?」と書きましたが、
その「私の願望」が実現したカタチ・・しかもそれが大成功。
もちろん投手のポテンシャルとその日の調子があってこそのことで、
「若月がリードすれば大丈夫」と言い切れるものではないですが、
このカタチが続いてくれれば嬉しい。

何はともあれ、由伸は3勝目で、
チームは久々のカード勝ち越し確定。
次は昨シーズン一度もクリア出来なかったスイープチャレンジ。
(6連戦を3連戦+3連戦と考えればクリアしてましたが)
先発の増井は信頼度は十分、
そして相手先発伊藤は4年間で先発での勝利は1回だけ。
先発としての実績も信頼もない相手ですので、
早いイニングで潰してしまいたい。
正尚の3試合連続の一発をランナーたまったところで見たい。

桜に囲まれて「18きっぷ」旅 3日目⑥広島駅大改装中

足まかせ旅日記
04 /21 2021
P3050531.jpg
全国ターミナル駅で唯一の風景もあと数年で見納め


広島駅の外に出たのは、マツダスタジアムが出来た年の交流戦以来。
まだ平野が先発で投げてた時代ですからかなり前ですね。
そのときは、南北それぞれに改札口があったわけですが、
現在は橋上駅舎化され真新しいコンコースとなっています。
210330P3050530.jpg
210330P3050547.jpg
新しいといってももう4年たってますけどね。

そして長らく駅の顔であった南口の駅ビルは昨年3月に閉館し、
現在は解体工事が進んでいました。
210330P3050532.jpg
210330P3050541.jpg
解体後は地上20階建ての新しい駅ビルが建ちます。

そしてその駅ビルの2階部分に入ることになるのが広島電鉄広島駅。
210330P3050533.jpg
210330P3050535.jpg
全国のターミナル駅に接続する路面電車、ライトレールはいくつかありますが、
広島以外ではスルー線構造、行き止まり構造のどちらであっても線路は最大で複線。
富山駅のように3つ以上の乗り場を持つ駅(電停)もありますが、
どこもシンプルな島式のホームを並べたものとなっています。
広電広島駅がかっての京都市電京都駅など大きな都市で見られた、
ポイントを配した3線以上の線路を有する駅構造がある唯一の駅となります。
(広電は西広島駅も同様の配線・ホームを持っています)

2025年には新駅ビルが完成するので、その時点か、
それ以前での仮設移転で、現在のこの駅の姿は見られなくなるわけです。
210330P3050538.jpg
210330P3050543.jpg
次から次へいろんな車両が入線してきて、
奥の引き込み線に一旦引き上げてから、
またそれぞれの方面の出発乗り場で乗客を乗せて出発していく姿は、
路面電車王国広島の見どころの一つ。
P3050545.jpg
P3050534.jpg
P3050542.jpg

また新駅ビル2階に新しく駅ができることで、
広島駅へのルートも変更になり、
現在の的場町~猿吼橋町~広島駅が廃止になり、
稲荷町から駅前大橋を渡り、広島駅に直角に入線するルートが新設されます。
210330P3050546.jpg
ここの道のどこからか高架になって広島駅の2階に突っ込むことになります。
それはそれで路面電車としては全国初めてのことになり、
駅構造としてもモノレールが同じ構造で
乗り入れている小倉駅以来の事例になりますね。

そんなわけで、広島駅からも見える
猿吼橋町の電停もあと数年で姿を消します。
210330P3050537.jpg
210330P3050540.jpg

2025年に広島駅がどんな姿に変貌しているか・・楽しみです。

広島駅からは芸備線初乗車。
210330P3050548.jpg
キハ1202両編成でしたが、広島近郊は利用客も多く、
出発ギリギリに行くとロングシートもほぼ席が埋まってました。

さすがに終点の三次駅近くにだとガラガラでしたけどね。
210330P3060550.jpg

三次駅の一つ手前、西三次駅で途中下車。
210330P3060551.jpg
210330P3060553.jpg

西三次駅は古い木造駅舎が残っているということで立ち寄ったわけですが・・
210330P3060555.jpg
210330P3060556.jpg
きれいさっぱりなくなっていました!
今年の2月に解体されてしまったそうで、
開業時の芸備鉄道時代の駅舎で唯一残っていたものだっただけに残念。
一日の平均乗降客が6人程度だったということもあって、
維持するコストを考えると仕方ないんですが、
築110年の建物だっただけに勿体なくもある。

210330P3060559.jpg
かっては貨物の利用も多く、使われなくなった信号機にその名残を留めています。

ここから少ない本数ながらも上下の接続が良く、芸備線の駅を3駅巡ります。


4/20 ライオンズ4回戦:相手の自滅みたいな感じで大勝だけど、序盤は苦しかった

ガッチリMAX ! 2021 Orix Buffaloes Road of Victory
04 /21 2021
[Readygo]Image 2021-04-20 21-09-46
たった一人の選手の復帰が「点」を「線」にする


20日からは京セラでライオンズと3連戦。
モヤが復帰し大下が抹消される。
待機期間が明けたロメロはこれから実戦復帰に向けての調整が始まるということで、
具体的な一軍お目見えはまだ未定のようですね。
また、来日すら出来ていないディクソンはどうなってるんだろ?
就労ビザの取得での障壁なんだろうけど、
現状と目途については球団広報からアナウンスして欲しいな。
そうじゃないと「本人が来たがってない」なんてアホな憶測するファンも出てくる。

先発の田嶋は初回からピリッとせず、2つの四球と死球1つで満塁のピンチを招く。
ここはなんとかゼロに抑え、その裏の攻撃。
先頭の中川、2番の正尚がヒットで出るも3番安達が併殺打。
実績的にはたいしたことない相手先発、上間を助けてしまいそうになりましたが、
ファームでの実戦を経ずに復帰即スタメンとなった
4番モヤが右中間を抜く先制3ベース。
bandicam 2021-04-21 01-36-52-013
bandicam 2021-04-21 01-36-58-594
このへん「流石!」と「待ってました!」って言葉しかないよね。
で、ジョーンズが2年目二十歳・一軍2度目の登板の投手相手すら
打てずにお約束のサードゴロで1点どまり。

すると、一回の不安定さを引きずった田嶋が2回につかまる。
先頭にヒットを打たれ、その後は左へ右へと連続タイムリーを浴び逆転される。
bandicam 2021-04-21 01-37-02-117
bandicam 2021-04-21 01-37-04-639
初回に際どいとこをコールしてもらえず、
全体的に勝負球が甘くなってしまったのか、
相手打者の懐を攻め切れなかったのか、
この日の田嶋はボカスカ打たれる。
bandicam 2021-04-21 01-37-12-736

それでも相手ピッチャーの未熟さに助けられてか、
その裏も杉本、紅林、太田のヒットで2点奪い再びリード。
bandicam 2021-04-21 01-37-17-703
bandicam 2021-04-21 01-37-20-017

このレベルの投手なら太田の思い切りの良さは功を奏する
bandicam 2021-04-21 01-37-27-002
見方を変えればこと打撃に関しては、
下で格落ちの投手と対峙しても成長にはつながりにくいということだ。
一軍のトップレベルの投手との対戦を通して、
自らの持ち味を伸ばしつつ、欠点をなくしていくしかないでしょうね。
太田、紅林についてはよほどのことがない限り下に落とさないというのが監督の覚悟なら、
2人にはそれに応えて欲しいし、ファンはそれを見守るしかないと思います。
そもそも、ファンの要望を監督が耳にして選手起用していると考えるのがオカシイ

久しぶりに打線が効果的に得点をあげているというのに、
得てしてそーゆーときに限って投手がもたない。
田嶋は3回も4本の長短打を集められて同点に追いつかれてしまう。
bandicam 2021-04-21 01-37-30-185
bandicam 2021-04-21 01-37-32-910
二死からの三塁線を破るこのタイムリーは、
紅林が止めていたとしても一塁への送球は間に合わなかったろうから、
守備の問題ではない。紅林、今日はファインプレーも出たしね。
むしろ、この回は「よく1点で済んだ」といった感じで、
田嶋は次の回は何とかゼロに抑えて、82球、被安打8で降板。
初回の2つの与四球からの修正がきかなかったということだけど、
頓宮のリードには問題なかったかな?

このゲームの功労者(その①)は5回にマウンドに上がった竹安。
bandicam 2021-04-21 01-37-42-871
6回二死までランナーを許さず、ゲームを引き締めることができました。

で、その5回に味方が逆転してくれたので今季初勝利も手にすることが出来ました。

その5回の攻撃。
安達、モヤがヒットで出て二死1・2塁。
杉本がインコースのストレートを窮屈なスイングなら上手く打ち、
レフトライン上に落ちる。
[Readygo]Image 2021-04-20 21-09-05
[Readygo]Image 2021-04-20 21-09-13
これでセカンドランナー安達がホームインし再び引き離す。

ただ、この場面で気になったのは杉本の走塁。
打ったあとすぐ走らずに打球の行方追っちゃいかんだろ。
[Readygo]Image 2021-04-20 21-09-16

結果、コース的には2塁を落とせたハズなのにシングル止まり。
[Readygo]Image 2021-04-20 21-09-19
[Readygo]Image 2021-04-20 21-09-21
勝ち越し打だから喜ぶのはわかるけど、その前の出塁のときも、
ライトフライでタッチアップできなかったミスあるし、
細かいところも「結果オーライ」にせずチームとしてしっかり反省点を共有して貰いたい。

6回には正尚の豪快な一打で2点差に広げる。
bandicam 2021-04-21 01-37-50-810
bandicam 2021-04-21 01-37-57-445
bandicam 2021-04-21 01-38-03-514

打球の行方を追っていいのはこーゆー当たりの時だよ。
bandicam 2021-04-21 01-38-10-785

2点のリードは安全圏ではないのが今のウチのリリーフ事情。
なのに、8回は何故か漆原・・そしてファンの悪い予感は当たる。
先頭にいきなり四球を与え、一死後にヒットを打たれ1・2塁のピンチ。
この回からマスクを被った若月も投手がコレではやりようがない。
で、ベンチもついに漆原を見切ったか、回の途中で能見(功労者その②)を投入。
能見は代打栗山を僅か2球で6-4-3の併殺打に討ち取ってピンチ脱出。
bandicam 2021-04-21 01-38-16-428
bandicam 2021-04-21 01-38-19-381
ベテラン同士の対決は左対左のアドバンテージで能見の勝利。
漆原は暫くは上で投げるのは難しそう。
下で試合数投げていて結果残しているのは齋藤とK鈴木くらいか。
吉田凌が3月末に1試合登板したあと投げてないのが気になる。

ゲーム自体は8回裏に相手投手陣が崩壊して終了。
安達のヒットと2つの四球で一死満塁のチャンス。
ここからジョーンズ、杉本連続押し出し死球で労せず2点。
bandicam 2021-04-21 01-38-22-002

で、紅林の犠飛、大城、若月の連続2ベースでさらに4点追加。
bandicam 2021-04-21 01-38-24-406
bandicam 2021-04-21 01-38-26-952
bandicam 2021-04-21 01-38-29-212

頓宮も代えられる前にヒットを打って先発全員安打とはなりましたが、
若月が自分に与えられた一打席で結果を出したことを鑑みれば、
そろそろ一度先発マスクを若月に任せてみてもいいとは思う。
bandicam 2021-04-21 01-38-38-488
まぁ、明日は由伸だから誰でもいいんだけど。

最後は鈴木優がランナーをだしながらも2つの奪三振でゲームセット。
bandicam 2021-04-21 01-38-44-338

終わってみれば今季最多の17安打で、11対3の圧勝でしたが、
中盤まではどっちに転ぶかわからないやや締まらないゲームだった。
竹安が相手の勢いを止めたのと、能見がピンチを救ったのが大きい。
そして何よりもモヤの復帰で、
ようやく打線が機能するようになったのが明日からの希望になる。

相手の明日の先発は今井。
今季の成績は1勝1敗だけど内容は良い。
初戦の投手のように容易には打てないだろうから、
一つ進塁、一つのチャンスを大切にして着実に由伸を援護したいところ。
由伸は開幕戦のリベンジ・・やってくれると信じてます。

桜に囲まれて「18きっぷ」旅 3日目⑤通津駅界隈をブラブラして昼食タイム

足まかせ旅日記
04 /20 2021
210330P3050515.jpg
通津駅も海沿いのこじんまりとした木造駅舎


徳山と岩国の間の山陽本線は、
下松・光・柳井と海沿いの街を通っていきます。

対岸の笠戸島や屋代島を結ぶ大きな橋も車窓から眺めることが出来ます。
210330P3050500.jpg
こちらは屋代島(周防大島)と結ぶ大島大橋

柳井駅を過ぎ岩国市に入ると、線路は海岸に張り付くようになり、
神代駅、広島カープの2軍練習場の最寄り駅、由布駅を過ぎ、通津(つづ)駅に到着。
210330P3050501.jpg

海岸線と山に挟まれた場所に駅が作られています。
210330P3050507.jpg
・・といっても港のある海岸線は駅からは少し離れています。

昭和9年開業とこの区間では比較的新しいものですが、
駅舎は開業当時からの木造駅舎っぽい。
210330P3050503.jpg

岩国方面ホームの待合室も恐らく開業当時からのもの
210330P3050505.jpg

窓枠や駅務室の扉は新しくなっていますが、
壁面は下見張り以外は開業当時のままなんじゃないかな?
210330P3050520.jpg

待合室は逆に下見張りの部分が古いままのような気がする。
210330P3050517.jpg

駅務室のスペースがそれほど広くはなく、
こじんまりとした田舎の駅舎という感じです。
210330P3050516.jpg
210330P3050521.jpg
210330P3050524.jpg
駅名標は国鉄時代からのものを今も掲げていますね。

この駅で目に付いたのは駅舎横のトイレ
210330P3050522.jpg
レンガを組み上げて作られているあたり、
開業当時かどうかはともかく相当に古いし、
こうしたものが現在も使われているのは珍しい。

こうしたレトロ感溢れる駅に113系は良く似合う。
210330P3050526.jpg
210330P3050527.jpg
まぁ、70系や80系ならさらに似合うでしょうが、
それはもはや叶わぬ夢。

たまたま通過していったトワイライト塗色のEF65が客車牽引してたら最高だったな。
210330P3050510_202104182203333f4.jpg

さて、通津駅での待ち時間は約一時間。
駅と海岸線の間を通る国道188号に出ると、
マックスバリュとチェーン店でないファミレスがあり、
「ウォシュレットのあるとこ」で用をたしたい私は、
まずマックスバリュの店内へ・・ここはナシ。
で、さすがにファミレスならセーフでしょってことで、
確かめもせず昼食も兼ねて店内へ。
210330P3050514.jpg
結論から言えば、「ウォシュレットなし」どころか「和式」
かといって、ここでの食事を辞退することもなく、
ごくごくフツーのハンバーグ定食を堪能しました。
210330DSC_0605.jpg
意外とこーゆーベタなのってレアなよね。
ちゃんと美味しかったし。

当初の予定では神代駅にも寄り、
広島駅での芸備線の快速の時間までに可部線を往復するつもりでしたが、
それだと芸備線の三次までが「ただ乗る」だけになり面白くない。
神代駅と可部線をパスすれば、芸備線でいくつかの駅巡りが出来るので、
ここで予定変更して、岩国駅乗り換えで広島駅まで出てしまうことに。
210330P3050528.jpg

岩国駅の駅トイレで「安堵の時間」を過ごし、
気になった観光ポスターをパチリ。
210330P3050529.jpg
幕末維新の長州人と言えば、吉田松陰や高杉晋作などが有名ですが、
長州藩は長門国、周防国の二国にまたがり、
「教科書レベル」の維新著名人は城下であった萩のある長門国出身が多い。
てなわけで瀬戸内側である周防国でピックアップすると少し異なった人選になります。
あえて名付けるならば長州ファイブならぬ周防セブン。
ただ、鋳銭司村出身の大村益次郎は入れて欲しかったなぁ。

岩国駅から227系に乗って広島駅へ、
現在大改造中の広島駅をちょっと見学して、
次は芸備線初乗りになります。




ヒョソン:V-LOG ヒョソンの韓服DAYS

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
04 /19 2021
bandicam 2021-04-19 21-18-32-237
凛として咲く花の如く

今月の12日の韓服愛感謝状授賞式、
そして14日の鐘路韓服トークイベントに出席したヒョソン
この2日の様子をヒョソンのyoutubeチャンネルで公開。


まずが12日の授賞式前後

着付けも完了していざ会場へ
bandicam 2021-04-19 21-14-04-465
bandicam 2021-04-19 21-14-00-746

その前にマスクの装着も忘れずに
bandicam 2021-04-19 21-14-07-050

会場は案外小規模なトコでしたね
bandicam 2021-04-19 21-14-10-036

授賞式後のヒョソン
bandicam 2021-04-19 21-14-15-222
bandicam 2021-04-19 21-14-17-687

2日後にはソウルの鐘路(チョンノ)区の武溪園(ムゲウォン)とう伝統文化地区で行われた、
韓服トークイベントにも出席。
bandicam 2021-04-19 21-14-37-619
bandicam 2021-04-19 21-14-41-228
bandicam 2021-04-19 21-14-43-977

控室も施設内の韓屋。
bandicam 2021-04-19 21-14-26-400
bandicam 2021-04-19 21-14-34-710

韓服着て韓屋で韓食(かな?)ヒョソン
bandicam 2021-04-19 21-14-29-517

夜のラジオも韓服風デザインのファッションでパーソナリティーのお仕事
bandicam 2021-04-19 21-14-50-218
bandicam 2021-04-19 21-14-53-357

以上、韓服で過ごしたヒョソンの2DAYSでした。

トークイベントのときの写真映えが良い
bandicam 2021-04-19 21-18-28-574
bandicam 2021-04-19 21-18-49-141
bandicam 2021-04-19 21-18-17-909
bandicam 2021-04-19 21-19-03-610
bandicam 2021-04-19 21-19-07-165

桜に囲まれて「18きっぷ」旅 3日目④黄砂で霞む瀬戸内の景色

足まかせ旅日記
04 /19 2021
210330P3050482.jpg
満開の桜もやや霞む

最初の予定では次の訪問駅は新山口駅手前の四辻駅でしたが、
昨年10月に古い木造駅舎が解体されてしまっていたので、
戸田駅のお隣、富海(とのみ)駅に訪問先を変更。
戸田駅から再び海岸沿いに出て、小さな入り江にあるのが富海駅。
210330P3050473.jpg
210330P3050475.jpg
ホームの桜が満開でした。

駅の開業は明治31年と古い
210330P3050478.jpg
210330P3050474.jpg

駅舎にある財産票には前年の明治30年とあるので、
開業前に建てられた駅舎が現在も原型を保って使われているということです。
210330P3050480.jpg
210330P3050481.jpg
駅務室の引き戸はかなり古いものっぽい

もちろん120年以上前の建材がそのまま残っているということはほぼなく、
補強、補修は駅舎のほぼ全部に渡って行われているようです。
210330P3050495.jpg
210330P3050496.jpg
横に長い駅舎で屋根の長さがホーム側と正面で異なり、
駅舎の長さと同じ分がホームの庇になっています。

ホーム側から見た駅舎としての立ち姿がすっきりしたものに見えますね。
210330P3050494.jpg

駅舎内部はそれほど古さを感じるものではない。
210330P3050483.jpg

駅舎正面は車寄せの屋根の奥行きが
少し深い以外はシンプルで標準的なスタイル。
210330P3050484.jpg
210330P3050486.jpg
田舎の小さな駅といった佇まいがいいですね。


徳山方面の待合スペースにある富海をPRするイラストがオシャレ。
210330P3050479.jpg
これ、この駅だけでなく、徳山とか新山口の新幹線ホームに
飾ればいいのにと思うくらい出来栄えが良い。

駅から少し歩くと山陽道の旧道に出ます。
210330P3050492.jpg
現在の山陽本線と同じルートではなく、
戸田から山を越えて、富海に出る国道2号線のルートのようですね。
この手前で国道2号線は山陽本線の北側を通り、
浮野峠をトンネルで抜け防府に至ります。

旧道を越えるとすぐに富海の海岸に出ます。
210330P3050491.jpg

南沙織、森高千里のヒット曲「17才」の歌いだし、
「誰もいない海♪」のイメージをこの海岸から得たとの逸話もある海です。
210330P3050487.jpg

「17才」を作詞した有馬美恵子さんがここ防府市の出身だけに事実なんでしょうね。
210330P3050488.jpg
この日もまさに「誰もいない海」でした。

快晴であれば周防灘の先、大分の国東半島まで視界に入る海岸線ですが、
3月末の黄砂の大襲来で、この日は晴れにもかかわらず、
空が全体的に霞んでおり、そこまで視野が開けず。

防府側の防波堤は山陽本線が並行しており、
そこを貨物列車が通過していきましたが、
こちらも防波堤に遮られて全景とはならず・・まぁ仕方がない。
210330P3050489.jpg


瀬戸内海の眺望が少し期待と違っていたので、
この後の計画を少し変更することになります。
210330P3050498.jpg
ともあれ、岩国行きに乗車して、
次は徳山~岩国間の海岸線に並行するエリアへ向かいます。

4/18 マリーンズ6回戦:辛い時こそ前を向こう!

バファローズ黒星日記(since 2015)
04 /18 2021
bandicam 2021-04-18 18-05-15-252
これでレフト前まで飛ばせる化け物だっているんだぜ(前向き)


勝てば「借金1増」負ければ「借金3増」とかなり違いとなるこの一戦。
連敗ストッパーを19歳に託さざる得ない。
bandicam 2021-04-18 18-05-45-796

3回にマーティンにタイムリーを打たれ1点を失いましたが、
その回以外には大きなピンチもなく、毎度のごとく安定のピッチング。
bandicam 2021-04-18 18-06-30-139
bandicam 2021-04-18 18-06-33-012
bandicam 2021-04-18 18-06-35-931

7回に二死2塁のピンチを招き、114球でマウンドを降りるも、
8奪三振を奪う申し分のない内容で3勝目も視野に入る。

このピンチも比嘉がきっちり刈り取る
bandicam 2021-04-18 18-06-38-465

不安があるとすれば、点差が僅かに1点だったということ・・・

相手先発は「初物&サウスポー」とウチにとって二重苦の鈴木昭汰
案の定というか3回まではノーヒット。
ようやく4回に正尚がレフト線に2ベースを放ちチャンスメイク。
bandicam 2021-04-18 18-06-04-238

安達、ジョーンズが倒れ二死となるも
5番杉本がバットを粉砕されながらもレフト前に運び同点タイムリー。
bandicam 2021-04-18 18-05-05-317
bandicam 2021-04-18 18-05-08-393
bandicam 2021-04-18 18-05-11-294
「ヒビの入ったバットでスタンドイン」ってのはなくはないけど、
ここまで木っ端微塵に粉砕されながら外野まで運ぶパワーは凄い。
この日もマルチ安打で打率も3割に近づいてきたラオウ。
チーム成績はどん底ですが、そこからチームを浮上させるキーマンになりそうです。
bandicam 2021-04-18 18-06-22-000

6回は3番に入った安達が二死から内野安打で出て、
「何故か」4番のジョーンズがようやく意地を見せ、レフトフェンス直撃の逆転2ベース。
bandicam 2021-04-18 18-05-28-329
bandicam 2021-04-18 18-05-31-029
bandicam 2021-04-18 18-05-33-592
ホント、ようやく打球がまともに上がったという感じで、
ここまでのフラストレーションを思えば、この一打程度で満足はできません。

このガッツポーズも「よくやった!」と思うよりはイラッとするのが正直なところ。
bandicam 2021-04-18 18-05-36-198
来週、ロメロ、モヤが合流しても外国人枠的にベンチ入りは可能なわけだけど、
総枠として日本人選手の誰か弾き出されるのもどうなんだろ?
日本人選手でジョーンズより重要度低い選手いる?

1点差ではこころもとない現状において、悔やまれるのが7回の攻撃。
先頭の紅林が外角のボール球に食らいついて出塁。
bandicam 2021-04-18 18-06-41-300

佐野が送って、太田遊ゴロ、中川四球で二死1・2塁。
ここで正尚がライト前に痛打。
bandicam 2021-04-18 18-06-47-285

二死ですのでセカンドからの生還はフツーに考えれば問題ない場面ですが、
ライトには強肩・好守のマーティン・・しかも捕球位置が結構前。
bandicam 2021-04-18 18-06-50-290

見事しかいいようのないダイレクト返球で、
際どいどころか、かなりの余裕の本塁前憤死。
bandicam 2021-04-18 18-06-52-962
状況的にはベースコーチが回すのは定石だけど、
そこはやはり相手見て考えないとね。
ファイターズの大田の返球のときも同じミスやらかしてるでしょ?
正尚の打球の速さ、紅林のスタート、マーティンの捕球位置と肩
そのへんを総合的に判断したときに果たして「GO」は正解だったのかどうか、
これはまたまたファンからの強烈な「風岡バッシング」にはなりそうですね。

・・というのも8回は富山が2・4・5番を三者三振で完全に抑えたのに、
9回のヒギンスが大荒れだったから。
レアード、山口をいきなり歩かせて無死1・2塁。
藤岡が送って一死2・3塁・・正直ここでヒギンスは代えて良かったんだろうけど、
次の菅野を討ち取って「あと1人」となったことで判断誤ったんだろうね。

で・・岡の三遊間を抜けんとする当たりは安達が好捕するも、
どこにも投げられずに同点。
bandicam 2021-04-18 18-07-17-457

続く荻野にもストレートの四球で満塁。
だれがどう見たって、この日のヒギンスはダメ。
そうなったときに自己修正できるタイプじゃないんだから
交代させる以外に手段はないはず。
まして延長もないし、翌日はゲームもないんだから、
ブルペンにいる投手はどんどんつぎ込んでもいいのに、
中嶋監督も高山コーチも窮地での判断がなんか鈍いし遅い。

結局、マーティンにもストライクがまともに入らず、
押し出して逆転されるという最悪の展開に。
bandicam 2021-04-18 18-07-20-476
「一人相撲」になってしまったヒギンスを責めるというよりは、
そうさせてしまったベンチワークの鈍さが原因だよな。

この後に能見を投入して中村奨吾は討ち取るも時すでに遅し・・・だ。

「1点差」それはウチにとっては極めて危うくも、
益田が万全で、しかも相手がウチの打線であるマリーンズにとっては十分な点差。
bandicam 2021-04-18 18-07-23-190
全くの無抵抗でゲームセット。

今週の戦績は1勝4敗1分。
負けゲームのうち3試合が逆転負けと
ファンにとってまるで気の晴れない一週間でした。

得点力の低さとリリーフ陣の弱さ・・課題がそのまま戦績につながりましたね。
ヒギンスについては今日はたまたま悪かったけど、
これが毎試合続くとは限らないのでそこまで悲観することはない。
攻撃陣もロメロとモヤがラインナップに加われば変わる・・と信じるしかない。

今週の借りは来週以降の戦いで返してもらうしかないからね。


桜に囲まれて「18きっぷ」旅 3日目③岩徳線完乗。そして山陽本線の駅巡りへ。

足まかせ旅日記
04 /18 2021
210330P3050448.jpg
個人的にこのアングル好きなんですよ。


岩徳線は西岩国駅を出ると錦川を渡る。
210330P3050427.jpg
残念ながらここから錦帯橋は見せませんが、堤防の桜並木が満開。

山城である岩国城の再建天守は小さくですが見えます。
210330P3050428.jpg

次の川西駅は錦川鉄道の分岐駅。零キロポストも立ってます。
210330P3050429.jpg

山陽本線の山ルートともいうべき路線で距離的には、
岩国~徳山の短絡線にはなっていますが、単線非電化で本数も多くない。
(ただ、この区間は山陽本線も一時間に1本程度)
210330P3050431.jpg
210330P3050433.jpg
キハ40のボックス席は窓側に肘掛けもないそっけない造りですが、
「のんびり旅している」って感覚にはなれる。

いくつかの駅で木造駅舎が残っているんですが、
今回は途中下車する余裕なし。
210330P3050435.jpg
210330P3050436.jpg
周防久保駅の駅務室の下見張りはちょっと独特。

途中駅で観光案内版のような」ものがありました、これ実は広告。
210330P3050434.jpg

山口県内で3店舗展開する「アミューズメント居酒屋」(私命名)「いろり山賊」です。
そこのHPに同じ画像があったので詳しく見てみると・・
210417map3.png
この駅の近くに那珂店があるようですね。

近いといっても駅前とかではなく、
山を切り開いて複数の古民家風の店舗を配するスタイル。
210417798.jpg

ここの名物が鶏肉の山賊焼きと山賊むすび
210417640x640_rect_115955976.jpg
ただ食事を楽しむというよりは、非日常的な空間で時間を過ごせる
家族連れでもカップル楽しめる山口県民の人気スポットのようですね。
ただ、クルマじゃないとちょっと行きにくい。

約80分ほどで終点の徳山駅に到着
210330P3050437_20210417034007b73.jpg

岩徳線はキハ40系、山陽本線のこの区間は115系のみと、まさに「國鐵山口」
東日本ではお目にかかることがない二扉改造車です。
210330P3050438.jpg

徳山駅から山口方面に向かい、新南陽、福川と港湾部に沿って走りますが、
そこから先は夜市川に沿って山間に入り戸田(へた)駅に到着。
210330P3050440.jpg
210330P3050441.jpg
かっては3面4線だったようですが、現在は左側の単式ホームは使われていません。

跨線橋は両側に昇降口があり、片側は待合室と直結しているというのが面白い。
210330P3050443.jpg
210330P3050446.jpg
しかも、この待合室が大きい割に半開放タイプってのも珍しい。

跨線橋の通路もローカル駅にしては幅広
210330P3050445.jpg

こうして見ると、山に囲まれた盆地の駅のように見えますが
山を越えるとすぐ瀬戸内海です。
210330P3050451.jpg
駅の近くには山陽新幹線と山陽自動車道が通ってますがいずれもトンネルの中。

戸田駅の開業は明治44年。
現在の駅舎の建築時期の記録はないようですが、
スタイル的には開業時からのフォルムであるように思えます。
210330P3050471.jpg

壁面はモルタルなどでの補強もなくほぼ板塀のまま
210330P3050466.jpg
支柱の間にはめ込まれた板の並びが美しい

車寄せの支柱も年季が入ったもの
210330P3050447.jpg

入り口が端によっていて、駅舎の横幅の広さが目立つ構造
210330P3050452.jpg

二段の瓦屋根の長さが揃っているところも駅舎の美しを演出しています。
210330P3050453.jpg
210330P3050455.jpg
駅舎の雰囲気としては伊予鉄の松前駅に似てますね。

側面の板壁が古き良き和風民家のよう
210330P3050457.jpg

次の下関行きを待っている間に、キハ40の回送列車が通過
210330P3050464.jpg

駅の待合室の内装は結構手が入っている感じ。
それでも昭和後半から時間が止まっている感じはします。
210330P3050458.jpg

ケースの中の生け花が太陽光に照らされて美しかった
210330P3050461.jpg
無人駅ですので地元の方々の心遣いでしょうね。
待ち時間が長い時はこうした気配りに心安らぐ。

もう一つの安らぎ・・この季節は利用者の少ない駅は
どこもツバメが巣作り・子育てで忙しい。
210330P3050465.jpg

ホーム脇には菜の花が満開でしたが、
JR西日本の「末期色」と重ねると見事な保護色、
210330P3050468.jpg

次は隣駅。穏やかな瀬戸内の海岸の最寄り駅、富海駅です。

4/17 マリーンズ5回戦:勝てる気配が・・・・・・ない!

バファローズ黒星日記(since 2015)
04 /17 2021
bandicam 2021-04-17 17-06-17-281
ラオウの一発と比嘉の復活だけが明るい話題・・サチヤも悪くはなかったけどね。


2-7● 完敗でした!

勢いが完全に向こう側にあって、
サチヤが6回まで何とか2失点で踏ん張ってましたが、
味方の援護なしで7回に力尽きたって感じ。
ストライク先行でカーブとのコンビネーションがいいんだけど、
2ストライクとるまでにいいボール使いすぎて、
「次で仕留める」って決め球で苦労するときがあるし、
いい打者相手だとそこをつかれてしまうのが課題かな。
でも、一年通してローテーション守ってくれる雰囲気は充分にある。
bandicam 2021-04-17 17-40-58-748


鈴木優が浴びた岡からの一発も、
高さはともかくコースはそんなに甘くないので、
しっかり振りぬいた岡の勝ちってことでしょう。
9回の竹安は・・・またも味方の「足引っ張り」からの失点。
踏ん張れない竹安の弱さもあるけど、総合的なディフェンスの弱さだよね。

問題は言い飽きたけど打線だよなぁ。
6回までは美馬に抜群に相性良い安達の3安打以外はTの1本だけ。
ついに、太田も紅林も佐野もいないスタメンで、
「中堅・ベテランで固めました」ってオーダーにしたけど、
だからどーなるという現状ではないってことが明らかになりましたね。

ということで、

監督の若手積極起用を非難するの禁止!

・・ということでいいっすか?

そもそも将来のための起用に温情もへったくれもないし、
この時期に「監督交代」とか言い出す輩って‥何だろうって思う。
そんなに「勝てるチーム」応援したいなら
別のチームにファンになればいいのに。
そうしたらこっちの不愉快さも少し減るんだけどなぁ
(まぁ読まなければいいだけなんだけどね)


かろうじてファンの鬱憤を晴らしてくれたのは、
7回のラオウの特大2ラン。
bandicam 2021-04-17 17-28-50-749
bandicam 2021-04-17 17-28-53-672
bandicam 2021-04-17 17-28-56-767
低めのボールを上手くバットに乗せたなぁ。
あのスイングだと、そりゃスタンド上段まで飛んでいきます・・って当たり。
これで2日連続の3号、杉本の調子が上向いてきたこのタイミングで、
モヤも戻ってくるしロメロも多分出てくれるだろう、
Tのスイングもだいぶ良くなってきたし、
来週については攻撃陣に少しは期待したい。
今が「底」だってことだと思うようにして耐えよう。

宮城、スマンが明日も耐えて、
鈴木昭汰との投げ合いに勝ってくれ!

明日さえ勝てば、今週は借金一つ増えるだけで済む。
その意味では明日の勝ち負けの違いはでかいんだよなぁ

相手は左腕ですが、ジョーンズスタメンよりはTの方がいいと思うし、
さらに言えば、伏見と頓宮両方スタメンに起用するとか、
福田緊急昇格・・ダメっすか?



桜に囲まれて「18きっぷ」旅 3日目② 西日本でも有数の名駅舎、西岩国駅(後編)

足まかせ旅日記
04 /17 2021
210330P3050416.jpg
好きな駅舎ランキング、当然ランクイン(上位)です。

昭和4年竣工の西岩国駅の駅舎は、
街の玄関口としての顔を持った堂々たる洋風建築の外観。
210330P3050402.jpg
正面の車止めの4本の柱の並びが美しい。
弓型のアーチは錦帯橋をモチーフにしたものとも言われています。
山型の切妻壁面は装飾のためのもので、
大正末期以降によく見られた看板建築を彷彿させます。

綺麗な左右対称の本屋の片側だけに増棟があるような感じ
210330P3050403.jpg
210330P3050405.jpg
背丈のある建物ですが平屋造りです。
屋根裏の面積大きいんだろうなぁ。

山型の採光(通気?)窓は非対称に配置されています。
210330P3050408.jpg

エントランス側面もアーチ状。
こうした風格ある「玄関」を残している駅は
それほど多くはないですね。
210330P3050407.jpg

こちらは駅の由来解説。もちろん登録有形文化財です。
210330P3050406.jpg

駅の目の前に交通量の多い国道2号線があって、
反対側とは陸橋で結ばれています。
そこからの駅舎全体の眺めがまた良い。
210330P3050410.jpg

ここで写真を撮っていると、岩国行きのキハ40が到着
210330P3050413.jpg

望遠レンズでそのまま出発を追いました。
210330P3050414.jpg
210330P3050415.jpg
こうした風景にはやはり国鉄型が似合う

40分の滞在時間の間にホームにも日があたってきました。
210330P3050417.jpg
日が高くなったら待合室の照明は消してしまうようで、
朝早い時間に来てよかった。

ほんと惚れ惚れする見事な駅舎です。
地元の人たちの手で末永く大事にして欲しい。
210330P3050419.jpg

徳山行きと同時に、錦川鉄道からの岩国行きの車両が入線。
210330P3050421.jpg
210330P3050422.jpg

元国鉄の岩日線。山口線の日原駅と結ぶ計画でしたが、錦町までの部分開業で、
国鉄再建の過程で第3セクター路線になりました。
錦川に沿って延びる路線で、愛称は錦川清流線。こちらへの乗車はまたの機会に。
210330P3050425.jpg

道を挟んだところにセブンイレブンがあってので朝飯を購入。
210330P3050418.jpg
「山賊焼」とありますが、長野のそれとは違うスタイル。
山口の「山賊焼き」はとある人気店に由来しているようで、
その由来については後程・・

徳山行きに乗車して、ここから岩徳線全線乗車です。
210330P3050420.jpg

4/16 マリーンズ4回戦:一発に沈み、勝ちを逃す・・平野離脱の影響がすぐに出た。

田牧(元)校長の道楽
04 /16 2021
[Readygo]Image 2021-04-16 20-11-09
次はランナーいるところでのデカいの期待


16日からはマリーンズ3連戦。
平野が首の痛みで抹消され、代わりに比嘉が昇格。
後ろに不安が多い中、「平野は残して比嘉昇格」が既定路線だったと思うので、
この離脱は当然のように痛い・・・というかこの日の結果に直結したとも言える。

先発の山岡は前回の好投以上に内容が良く、
5回に初めて迎えた一死2・3塁のピンチも、後続を連続三振にとってゼロに抑える。
[Readygo]Image 2021-04-16 22-03-54
[Readygo]Image 2021-04-16 22-03-56

7回まで投げて被安打5、与死球1、奪三振9、無失点と素晴らしい内容で、
これで山岡に「勝ち」がつかないってチームとしてどうなの?と言わざるを得ない。
[Readygo]Image 2021-04-16 21-08-55


打線の方は案の定と言うか、相手先発二木に手こずる。
2回にラオウのソロが出たけど、それ以外はスイスイ抑えられる始末。

ラオウの一発はライナーでスタンドに吸い込まれるような当たりでした。
[Readygo]Image 2021-04-16 22-03-46
[Readygo]Image 2021-04-16 22-03-49

チャンスで何とかしてくれそうな雰囲気出てきました
[Readygo]Image 2021-04-16 20-12-32

この日は第一打席でもヒットを放ち、
第3打席ではチャンスでジョーンズの前に申告敬遠。
あの回なぁ、無死から正尚が内野安打で出て、
すぐに中川に送りバントさせたけど、
「先の先」を読んだら、アウトカウント一つ与えるのは得策じゃないよな。

ようやく二木を攻略で来たのが7回。
エラーで出塁した頓宮と、ヒットの宗を塁において、
二死から正尚、中川の連続タイムリーで2点追加。
[Readygo]Image 2021-04-16 22-04-00
[Readygo]Image 2021-04-16 22-04-02


ただ、なおも1・3塁のチャンスでTが凡退したのが後から見れば痛かった。

8回、3点のリードでマウンドには漆原。
先頭の荻野に2ベースを打たれ、マーティンは三振にとるも中村奨吾には四球。
ここで頓宮がマウンドに行き、漆原を励ますも、
4番安田への初球が甘く入って痛恨の同点3ランを浴びる。
[Readygo]Image 2021-04-16 21-47-43

これ、頓宮がここに構えてなかったので、このコースに要求したのかどうかわからん、
しかし、打率に比して打点がやたら高い・・
つまり「チャンスに無茶苦茶強い」相手に対しで、
もし初球から「変化球でストライク」要求しているなら、頓宮のリードミスかなぁ・・
[Readygo]Image 2021-04-16 21-47-31
よって、この被弾についてはあまり漆原を責めたくはない。
ただし、その前の中村への四球は反省材料。

もし平野がいたら、安田のところでマウンドに送っていたかも、
(そもそも、回のアタマから平野だった可能性もある)
で、相手が左の安田ってことで比嘉の投入に躊躇があったかもなぁ。

まだ2回攻撃のチャンスは残っていたけど、
8回は二死1・2塁のチャンスで宗が凡退。
9回は中川が「今季2試合目」の二桁安打となる10本目のヒットで出たけど、
最後は代打、大下があっさり凡退。
このゲームはチャンスで打つ場面もあったので、攻撃陣についてもあまり責めたくはないですが、

目の前で申告敬遠されて、
相手の注文通りに凡退する元メジャーはいらんよね?


意地もプライドも技術も何も感じることできない置き物以下・・・


明日はサチヤと美馬が先発。
美馬に対してはどちらかと言えば相性はいい方なので、
何とかサチヤに今季初白星をつけて欲しいけど、
そのためにも元メジャーは舞州に埋めておいて欲しい。
で、その枠で福田か西野上げて。

桜に囲まれて「18きっぷ」旅 3日目① 西日本でも有数の名駅舎、西岩国駅(前編)

足まかせ旅日記
04 /16 2021
210330P3050401.jpg
待合室の照明の色合いがまた良い

まだ夜が明けきらぬうちにホテルをチェックアウトし、
人がほとんどいない岩国駅へ。
210330P3050378.jpg

午前5時58分発岩徳線徳山行き乗車から3日目はスタート
210330P3050379.jpg
人の気配がない早朝のホームに、
キハ40がエンジン音響かせて発車を待っている雰囲気って好きだな。

岩国駅をほぼ無乗客で出発し僅か5分で西岩国駅に到着。
今回の旅の中で「絶対に外せない」目的地で、
旅のスケジュールもこの駅の訪問を軸に組み立てました。
210330P3050381.jpg
日本三大奇橋の一つ錦帯橋の最寄り駅で、
こあたりはまだ岩国の市街地です。

この駅で40分の滞在ですが、錦帯橋に行くということではなく、
ただただ駅を鑑賞するためのとった40分です。
210330P3050380.jpg

徳山方面側のホームのホーム上屋は造りに特徴はないですが長い。
210330P3050382.jpg
210330P3050393.jpg

そもそも西岩国駅はローカル線の駅、しかも拠点駅でもないのにやたらと長い。
210330P3050388.jpg
210330P3050385.jpg
もともとは2面3線でしたが、内側のレールは撤去されています。

跨線橋は板囲いの開放型、ここはそれほど特筆すべきとこではない。
210330P3050387.jpg

長いホームと貫禄あるレトロな洋服駅舎。
これはどこから見ても拠点駅のそれです。
210330P3050383.jpg

鉄道ファンならご存じでしょうが、
岩徳線が部分開業した際に、ここは岩国駅として開業し、
もともと山陽鉄道時代からの岩国駅だった現在の岩国駅(ややこしい)は、
麻里布駅と改称され、こちらが岩国の中心駅位置付けられました。
(現在の岩国駅周辺は駅開業に街が発展したわけで、
もともとは西岩国駅近辺が岩国の中心エリアでした)
また、岩徳線が全通した昭和9年に、こちらのルートが山陽本線となり、
海側を走っていた区間は柳井線となりました。
その期間は10年間と短く、昭和19年に元のルートが山陽本線に戻りましたが、
一時的であれ幹線ルートの役割を与えられていたということもあって、
立派な駅舎と長大なホームを有していたわけで、
現在の残るその姿そのものが歴史の歩みを今に伝えてくれています。

ただし、支線となってしまったことや、
街の中心が岩国駅周辺に移ってしまったこともあり、
平成4年には無人駅になってしまいました。
210330P3050389.jpg
210330P3050390.jpg
駅舎横の臨時改札口も木製のラッチや柵がそのまま残されています

駅舎側の上屋も重厚な造りです。
210330P3050394.jpg
210330P3050391.jpg

改札口の木製ラッチは開業50周年を迎えた
昭和54年に復元されたものだそうです。
210330P3050392.jpg

待合室の照明やベンチも同じ時に復元されたものですが、
昭和4年に開業したときを彷彿させるレトロ感満載の雰囲気。
210330P3050395.jpg
210330P3050396.jpg

長崎の大村駅もそうでしたが、縦長の側窓が、
戦前の洋風建築駅舎の素晴らしい味わいです。
210330P3050398.jpg

現在は駅務室スペースなどが地元のNPOふれあい交流館となっていて、
駅の美観維持もそちらが担ってます。
210330P3050399.jpg
早朝から清掃作業が行われていました。

目の前を旧型客車を牽引した蒸気機関車が走り去っていきそうな雰囲気
210330P3050400.jpg

駅舎内だけでも伝えたいことが多いですが、
この駅の見どころは何と言っても駅舎外観。
テツとしては錦帯橋になどに行ってる場合ではない!
(中学の修学旅行でそっちには行ってるしね)

そちらについては次回じっくりと。

4/15 ホークス6回戦:「紙一重の差」・・・そこが大きい

バファローズ黒星日記(since 2015)
04 /15 2021
bandicam 2021-04-15 22-39-43-656
でっかい「不良債権」だなぁ・・おい

何とか勝ち越したい、福岡でのホークス3連戦。
bandicam 2021-04-15 22-39-01-417

先発の増井はピンチは招きながらも、
要所要所はしっかり抑え4回まで無失点。
bandicam 2021-04-15 22-39-09-888
球数も少なく、ここまで順調でした。

打線は4回まで相手先発武田にからっきしでしたが、
紅林、安達のヒットと大城の犠打で一死2・3塁。
正尚が捕ゴロに倒れ二死となって、
3回に2つの四球と内野安打で作った二死満塁のチャンスで凡退した中川が、
外角の球を何とか食らいつく。
bandicam 2021-04-15 22-38-44-959

球足が遅くなったのが幸いして、内野安打となり紅林がホームイン。
bandicam 2021-04-15 22-38-49-096

中川が走って2・3塁となって、
タイムリーが出だしたTが、
ここでも体勢を崩しながら一二塁間を破り2点タイムリー。
bandicam 2021-04-15 22-39-13-140

惜しかったのが、この後の杉本の打席。
bandicam 2021-04-15 22-39-16-100
センターに抜けそうな当たりだったけど、
ショート今宮に阻まれた。
bandicam 2021-04-15 22-39-18-622

この「守備の差」が、この回の明暗となって現れます。

3点のリードを貰い、先頭の松田をファールフライに討ち取り、
このままスイスイいきそうな感じの増井でしたが、
甲斐にヒットを打たれ、この日投げにくそうだった今宮に四球を与え、
周東にレフト前に打たれ1点を返される。
調子がイマイチな柳田はセンターフライに仕留め
勝利投手の権利まであとアウト一つ。
ただし、ここで鬼門のごとく2安打打たれているグラシアルが立ちはだかる。
案の定というか、グラシアルの一打は
増井の横を破りセンターに抜けそうな当たり。
bandicam 2021-04-15 22-39-21-608

が・・この日のセカンドは太田ではなく、
守備範囲が広く、シフティングが上手い大城。
大城らしく打球コースを読んで、セカンド後方でゴロをキャッチ。
bandicam 2021-04-15 22-39-25-376

フツーに投げればよかったんだけど、
何故か送球が高い・・「高さ」のあるモヤじゃないのに・・・大下じゃ飛んでも届かん。
bandicam 2021-04-15 22-39-29-575

これで1点差となり、なおも2・3塁のピンチ。
増井が踏ん張ってくれればよかったんだけど、
栗原に対し仕留めにいったフォークが高めに浮き痛打される。
bandicam 2021-04-15 22-39-33-084
コントロールミスではあるけど、
失投を確実に捉えられる打者がたくさんいることが羨ましい。

bandicam 2021-04-15 22-39-36-029
増井はこの回だけだったなぁ・・3点貰った直後だっただけに勿体なさ過ぎた。
なんで、あそこまで今宮相手にストライクが入らなかったんだろう。

逆転されたとはいえ、まだ中盤、しかも1点差。
だけど、ウチはホントに泉が打てない。
bandicam 2021-04-15 22-39-39-310
一昨年はまだ攻略できてたんだけど、
昨年は一点も奪えていない。
モイネロ、森がどうこうという前に、泉の攻略を何とかしないと。

ウチのリリーフは7回途中から鈴木優、8回は富山がしっかり抑え、
点差を広げられずには済みましたが、
こちらも津森、嘉弥真、岩嵜の前にチャンスを作れない。
森がこの日は不在ということで、
「一イニング分」だけ反撃のチャンスがあったのに、それを生かせない。
左の岩嵜でジョーンズを代打に出したけど、
あのザマなら、まだそのままTの期待が持てた。
で、最終回、絶望的なモイネロ登場。
が・・・一死から紅林、安達の連打で意外なことにチャンス到来。
bandicam 2021-04-15 22-39-47-416
bandicam 2021-04-15 22-39-50-129
bandicam 2021-04-15 22-39-53-529
この安達の見事なセンター返し、
ベテランがモイネロへの対し方を身をもって示してくれているんだが、

チャンスでの代打伏見はただ振り回すだけ。
bandicam 2021-04-15 22-39-57-216
この場面、まだ若月か山足の方がねちっこいバッティングできたかも?

それでも最後の希望として正尚が打席に入りますが・・・
bandicam 2021-04-15 22-39-59-694

そもそも、この日は
ゲームを通して正尚がブレーキでした。

(一応内野安打2本打っているけどね)

「弱いチームは僅差で負ける」・・のお手本のような負けゲームでした。
3連戦で一番浮き彫りになったのが「守備力の差」
「余計な点を与えない」「ピンチを事前に摘み取る」
どちらも守備の固さがモノを言います。
若手がその重責を担いきれないのはまだ仕方ないにしても、
中堅クラスが足を引っ張るようではキツイ。

シーズンを通してそのへんが改善されるといいんだけど、
早急ということでは難しいんだろな・・
福田を上げたところでポカはでるし。

明日からはマリーンズと京セラで3連戦。
イーグルス相手に2勝1分けだから・・調子はいいんだろうな。
一戦目の先発は山岡と二木。
山岡の状態は良くなってきているけど、
ウチが二木を打てないのがネック。
先発投手の好投を無駄にしないことを祈る。

桜に囲まれて「18きっぷ」旅 2日目⑦ 次は呉の街をゆっくり散策したい

足まかせ旅日記
04 /15 2021
210329P3050370.jpg
オリジナリティ溢れる呉線吉浦駅。

乗降客で賑わう呉駅を通り過ぎて、一駅先の吉浦駅で下車。
対面式でない2面2線で上下線でホームが振り分けられています。
210329P3050363.jpg
210329P3050364.jpg
広島方面ホームの上屋は跨線橋と連続した構造。

呉方面ホームは駅本屋の大きな屋根がそのまま上屋に。
210329P3050373.jpg

駅の開業は明治36年ですが、駅舎の方は昭和21年築の3代目
210329P3050367.jpg

開業以降貨物取扱が増大し、その都度駅構内を拡充していたというのもあって、
2階建てで駅務室スペースがかなり大きくとられています。
210329P3050372.jpg
210329P3050368.jpg

また、呉市の中心街とは入り江を挟んで離れた場所ですが、
駅前に呉市のメインルートである国道31号が通り、
道路沿いに商店が軒を並べ、駅周辺は活気があります。
210329P3050369.jpg

待合室は2階までの吹き抜けになっていて広々とした印象
210329P3050365.jpg

天井から吊り下げている蛍光灯のワイヤーも長い
210329P3050366.jpg

広島方面から来た電車の乗り込み、先ほど通り過ぎた呉駅へ。
210329P3050374.jpg

呉駅は駅ビルの多くの商業施設が入居していて、
観光拠点としても日常利用としても利便性の高い駅です。
210329P3050377.jpg
210329P3050376.jpg
評価の高かったアニメ「この世界の片隅に」の舞台ともなった街です。
(その前に「仁義なき戦い」の舞台としても有名ですが・・
さすがに観光ポスターにはできんのう・・・)


呉駅に着いた頃にはすっかり日も暮れて、この日の活動は終了。
駅ビルや駅周辺には寿司屋をはじめ、
瀬戸内の美味が味わえそうな飲食店も多かったのですが、
私がチョイスした晩飯はコレ
210329P3050375.jpg
鉄板ミートスパ・・名古屋メシスタイルじゃん!
①タバコ吸える ②充電できる ③WiFiあってブログ作業できる・・・
この3点でお店をチョイスした旅情もへったくれもないワタクシ
でも、ここの鉄板スパ美味しかった。
40年ほど前、地元の高校・・というか国鉄(当時)茨木駅東口に、
「一番」という中華料理店みたいな名前の喫茶店があって、
そこのスパゲッティが鉄板に盛り付けてあって、大好物でした。
名古屋メシとして有名になる前から地元にもあったのだよ。

呉駅で一時間ほどいましたが、ほぼこの店(大和珈琲)で過ごし、
通勤客に交じって広島行きに乗車。
呉線はここから先も海際を走る区間が多いんですが、
さすがに真っ暗で何も見えず。
いささか不本意な完乗となったので、呉市再訪を含めまた来たい。
広島駅では僅かな時間で乗り換え、宿泊先の岩国へ。
岩国に着いたのは夜9時過ぎで、
ブログ作業を終え早めに就寝。

翌朝は6時前の岩徳線の始発に乗って、
今回の旅のメインの一つ、西岩国駅へ向かいます。

次回へ続く。

4/14 ホークス5回戦:王者の本気の前に完敗・・好投、攻守、チームバッティング・・全てが高い壁

バファローズ黒星日記(since 2015)
04 /14 2021
bandicam 2021-04-14 22-30-25-759
ちょっと気負いすぎたかなぁ・・・

ホークスに対してカードを跨いでであっても3連勝したってのは2年ぶりだそうで、
昨年、いいようにカモにされたのとは今季は少し違うぞ・・と思いたいオリ党ですが、
その思いをより強くするためには由伸の圧巻のピッチングが不可欠。
初回から、それをホークス打線に見せつけるわけですが・・
bandicam 2021-04-14 22-29-38-292
bandicam 2021-04-14 22-29-54-657

2回、栗原に球数を要した上に歩かせてしまい、
デスパイネには高めの釣り球に手を出され無死1・2塁。
中村晃のバントは防いで、しかも併殺。
2塁にランナーを残すもピンチは脱したと思われましたが、
松田にセンターの打ち返され1点を失う。
bandicam 2021-04-14 22-30-06-081

3・4・5回はゼロに抑えるも、球数は結構嵩む由伸。
1点差のまま迎えた6回、四球とヒットでの一死1・2塁で、
中村晃に足元を抜かれるセンター前ヒットを打たれ2失点目。
bandicam 2021-04-14 22-45-02-000

さらに松田にもピッチャー返しされ満塁とピンチは続く
bandicam 2021-04-14 22-30-33-654

とどめは甲斐にもセンター前にポトンと落ちるタイムリーを打たれ、3失点目。
bandicam 2021-04-14 22-30-38-046
bandicam 2021-04-14 22-30-40-651
二死だったらもう1点入ってただろうね。

この3連打も先頭のグラシアルのヒットも全てセンター方向に打ち返すバッティング。
手強い相手を打ち崩すためにチーム一丸となって攻め口をつくる。
あるいはそのような指示がベンチからなくても、
個々の選手の判断として効果的な攻略法を選択する。
それが出来ているチームとそうでないチームの差が露骨に出たような気がしました。

この後、鈴木優、山田が続くピンチを抑えましたが、
7回には回跨ぎした山田が2ベース2本と犠飛で1点を失い終戦。
bandicam 2021-04-14 22-30-44-435
まぁ、由伸が3点取られた時点で終わっていただろうけどね。

打線の方は和田の前に凡打の山。
bandicam 2021-04-14 22-30-09-718
四球で出た紅林の進塁の助けも出来ず、
自身も三振に倒れた大城のように、
少ないチャンスをモノに出来ないチーム力の差が口惜しい。
データがどうとかオーダーがどうとか、
そんな次元の話ではないのは明らかだし、
この状況で「優勝しなければならない」と思えるファンはオメデタイ。
チームとしての成長はまだまだ途上です。

最後の望みは8回の紅林・大城の連打での無死1・3塁のチャンスでしたが、
ここも太田の併殺打の間の1点だけではどうにもならない。
bandicam 2021-04-14 22-30-48-721

ホークスナインは守備でも随所で和田をアックアップして、
ピッチングと攻守の合わせ技でウチがつけいる隙を見せませんでしたね。

それでも3戦目で勝てば2カード連続の勝ち越し。
守備陣が先発の増井をしっかりバックアップできるかどうか、
それが出来るようであれば善戦も出来るだろうし、
今後の戦いにも期待が持てる。
相手先発武田に対しては前回「土」はつけたけど、
初回の3連打以外は攻略したとは言い難く、
由伸の圧巻の投球で勝てたようなもの。
それだけに、今度は打ち勝つゲームにして欲しいし、
前回のファイターズ戦での
武田の内容からすれば決して不可能ではない。

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。