ナヒョン:WEBドラマ「cafe キリマンジャロ」公開まだか?

SONAMOO:Green Moon Rising !
05 /31 2020
[Readygo]Image 2020-05-31 07-56-25
ソナム関連で今唯一の楽しみ


4月半ばには撮影の報告も入っていた、
ナヒョン主演のWEBドラマ「cafe キリマンジャロ」

そこから一か月以上たちましたが、これといって続報がでてきません。
かろうじてネイバー動画の方がメイキングが少し出ただけ。
[Readygo]Image 2020-05-29 01-38-20
[Readygo]Image 2020-05-29 01-38-22

ナヒョンが映っていたのも少しだけでした
[Readygo]Image 2020-05-29 01-38-25
[Readygo]Image 2020-05-29 01-38-27
[Readygo]Image 2020-05-29 01-38-29

コロナ禍での撮影の遅れってのもあるかもね
[Readygo]Image 2020-05-29 01-38-31
[Readygo]Image 2020-05-29 01-38-34

最近はyoutubeチャンネルへのアップもないので、
ナヒョンは撮影に忙しいということなんだろう・・・と思う。
[Readygo]Image 2020-05-29 01-39-50
[Readygo]Image 2020-05-29 01-40-02

ニュッサンのyoutubeチャンネルが、今のとこゲーム実況だけで、
ブログ記事にしようがないし、スミンはアクセス数上がらんから諦めたかな?
他のメンバーもインスタぐらいしか取り上げるネタはないし、
「cafe キリマンジャロ」の公開とナヒョンの活躍が待たれます。

スポンサーサイト



ヒョソン:「サムカード」・・・ヒョソンのイケメン品評会?

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /30 2020
[Readygo]Image 2020-05-29 01-34-07
「サムカード」は初めて記事にする


ヒョソンがムシンサTVのyoutubeチャンネルでMCを務める、
カップリングバラエティ番組「サムカード」。そのフルバージョンがこちら。


男性MCはラッパーのJJANGYOU(読めん)
[Readygo]Image 2020-05-29 01-33-05

男性を選ぶ女性参加者はモデルさんらしい。素人っぽくはない。
[Readygo]Image 2020-05-29 01-33-09

男性は顔を隠してそのファッションで「品定め」されるというシステム
[Readygo]Image 2020-05-29 01-33-24
私にとって一番縁遠い世界だ。
まぁ、顔出しであったとしても縁遠いが・・(悲)

で、そのやりとりをヒョソンが「解説する」だけかと思いきや
[Readygo]Image 2020-05-29 01-33-17

ヒョソンによる「お顔拝見」コーナーなんてものもあったりする
[Readygo]Image 2020-05-29 01-33-35

ここでのヒョソンのリアクションというか表情がなかなか凄い
[Readygo]Image 2020-05-29 01-33-48
[Readygo]Image 2020-05-29 01-33-51
[Readygo]Image 2020-05-29 01-33-54
[Readygo]Image 2020-05-29 01-34-01

一番凄かったのがコレ
[Readygo]Image 2020-05-29 01-34-03
木の枝でダムでも作りそうな表情です。

番組全体でのヒョソンのキャプチャ特集
[Readygo]Image 2020-05-29 01-25-03[Readygo]Image 2020-05-29 01-25-14[Readygo]Image 2020-05-29 01-25-37
[Readygo]Image 2020-05-29 01-25-50[Readygo]Image 2020-05-29 01-26-01[Readygo]Image 2020-05-29 01-26-06
[Readygo]Image 2020-05-29 01-26-10[Readygo]Image 2020-05-29 01-26-17[Readygo]Image 2020-05-29 01-26-23
[Readygo]Image 2020-05-29 01-26-48[Readygo]Image 2020-05-29 01-27-00[Readygo]Image 2020-05-29 01-27-09
[Readygo]Image 2020-05-29 01-27-16[Readygo]Image 2020-05-29 01-27-27[Readygo]Image 2020-05-29 01-27-31
[Readygo]Image 2020-05-29 01-27-35[Readygo]Image 2020-05-29 01-27-51[Readygo]Image 2020-05-29 01-27-57
[Readygo]Image 2020-05-29 01-28-09[Readygo]Image 2020-05-29 01-28-18[Readygo]Image 2020-05-29 01-28-36


最終的に男性は「顔出し」しますが、
2人はかなりのイケメンでもう一人は個性的
[Readygo]Image 2020-05-29 01-34-20
[Readygo]Image 2020-05-29 01-34-28

で、1番が選ばれましたが、この後どーなるんだろ?
[Readygo]Image 2020-05-29 01-34-31
[Readygo]Image 2020-05-29 01-34-34

ヒョソンネタ少し放置するとどんどん溜まる・・
[Readygo]Image 2020-05-30 20-35-02[Readygo]Image 2020-05-30 20-35-11
[Readygo]Image 2020-05-30 20-35-15[Readygo]Image 2020-05-30 20-35-20
[Readygo]Image 2020-05-30 20-35-30[Readygo]Image 2020-05-30 20-35-46

ヒョソン:「夢見るラジオ」OFF AIR & ビハインド

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /29 2020
[Readygo]Image 2020-05-27 00-49-49
第1回放送分です

現在、毎晩8時から絶賛放送中の、
ヒョソンがDJを務めるMBC「夢みるラジオ」
その第1回放送のダイジェストが
MBCラジオの公式youtubeチャンネルで公開されてます。


サプライズゲストで登場した元ワンガユビンのインパクトが大きかった。
[Readygo]Image 2020-05-27 00-49-08
[Readygo]Image 2020-05-27 00-49-10
[Readygo]Image 2020-05-27 00-49-15
[Readygo]Image 2020-05-27 00-49-18
[Readygo]Image 2020-05-27 00-49-21

これからヒョソンとビューティーバラエティ番組のMCを務めるし、
2人の音楽でのタッグも計画中。
オソニョ(五少女)での絆が10年以上の歳月を経て復活です。
[Readygo]Image 2020-05-27 00-49-31

ラジオブースでのヒョソンの表情・・音声だけというのもちょっと勿体ないかも?
[Readygo]Image 2020-05-27 00-47-48[Readygo]Image 2020-05-27 00-47-55
[Readygo]Image 2020-05-27 00-47-58[Readygo]Image 2020-05-27 00-48-04
[Readygo]Image 2020-05-27 00-48-20[Readygo]Image 2020-05-27 00-48-32

ヒョソンのyoutubeチャンネルでは局入りやら放送の合間のビハインド動画


「祝、初DJ」ってことでプレゼントが凄い量です
[Readygo]Image 2020-05-27 00-49-52
[Readygo]Image 2020-05-27 00-50-04
[Readygo]Image 2020-05-27 00-50-06
[Readygo]Image 2020-05-27 00-50-09
[Readygo]Image 2020-05-27 00-50-12
[Readygo]Image 2020-05-27 00-50-15

個人事務所を設立して忙しくなるだろうとは思ってましたが、
まさか帯でのレギュラーまで入るとは思わなかった。
現在のヒョソンは毎日いろんな番組の収録で大忙し。
その上、自身のyoutubeチャンネルの更新も欠かしてません。
[Readygo]Image 2020-05-27 00-50-17
[Readygo]Image 2020-05-27 00-50-23
多忙な毎日を送る方がヒョソンらしいけど、カラダには十分気を付けて欲しい。

KEEMBO : 「スキャンダラス」youtubeライブ

最強ボーカルデュオ`KEEMBO’
05 /28 2020
200526l_2020052502001081300213871.jpg
シングルのジャケ写のようです

23日に公開されたKEEMBOのセカンドシングル「スキャンダラス」
公開と同時にボヒョンボアがyoutubeチャンネルでライブを敢行
もちろんその場で「スキャンダラス」も生歌唱


最後の方にアカペラで歌うボーナスカットもついてます。
[Readygo]Image 2020-05-27 00-13-15
[Readygo]Image 2020-05-27 00-13-19

2人ともボーカルエフェクト入れるよりも地声の方が迫力も魅力も伝わるなぁ。
前回、「Thank You , Always...」では一度だけ音楽番組出演出来たけど、
今回は複数回出てくれないかなぁ。
欲を言えば、「ユ・ヒヨルのスケッチブック」とか超メジャーな番組に出て欲しいけど、
事務所的なプッシュが弱い中では難しいかなぁ。
200526l_2020052502001081300213877.jpg
200526l_2020052502001081300213874.jpg

ちなみに、今回の「スキャンダラス」にイメージフォトがついてた記事の中で、
その画像の下に「提供:Camino Entertainment」って出てんだけど、
その事務所はタレント3人だけ所属していて、KEEMBOの名前はない。
で、ボヒョンボアは、
ボーイフレンドジョンミンが昨年設立した事務所の所属になってます。
※別記事ではこちらの事務所(アラライン)提供となってました。
ついでに言っておくと、違うとこだけどジウォンも事務所決まってました。
今年下半期のソロでカムバックする計画もあるようです。


200526l_2020052502001081300213878.jpg
200526l_2020052502001081300213876.jpg
200526l_2020052502001081300213875.jpg
200526l_2020052502001081300213873.jpg

日本に来れるようになるのはまだまだ先になりそうだけど、
小さいライブハウスでもいいので、2人の歌声をたっぷり聞かせて欲しい。
呼べるもんなら私が招請したいぐらいだ。


ジウン不足、ようやく解消なるか?

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /27 2020
200527EY82Q1OUEAACOtU.jpg
レコーディングだっ!

5月も誕生日以外には、
医療活動激励リレーで画像をアップしただけのジウン
200527EYpMtUYUwAA7_QL.jpg
200527EYqvVW-VcAAxP6i.jpg

しかし、26日にインスタとツイートで、
「お待たせ」という言葉とともにレコーディング風景の画像をアップ
200527EY82SBLUYAEpJHX.jpg

これがファンにとって待望の新曲なのか、OST曲なのかはわかりませんが、
約半年ぶりにジウンのキャラメルボイスを耳にすることが出来そうです。
200527EYsmPm9UEAEGYAm.jpg
200527EYoLraMU8AAm7vh.jpg

願わくば、「Bobby Doll」以来約4年ぶりの新曲でありますよーに

ソナ:St.Scott London 2020春・夏新作モデル②

ハン・ソナ大女優への道
05 /26 2020
200524EYsJZ2iU8Ac-wZZ.jpg
ヨメの誕生日プレゼントにひとつ所望しようか・・


ソナがモデルを務めるバッグブランドSt.Scott Londonの春・夏コレクション
以前の一度記事にしましたが、まだ追加分がありました。
200524EYsJW-sUYAEP6_M.jpg
200524EYUe_7cUYAAjKwM.jpg

そして、このメイキング動画がソナにとって初めての、
キーイーストのyoutubeチャンネルへの登場。


ドラマ「コンビニのセッピョル」のビハインドもこちらで見れるようになるかも?

過去の「作品」も含めるとかなりの点数になっているので、
重複しているかどうかもわからなくなってきた。
St.Scott LondonのHPも時系列ではまとめてくれてないからね。
200524EYWD65LUYAA66qj.jpg
200524EYWDuOcUEAAqA9h.jpg
200524EYWE_63UYAEpNiz.jpg
200524EYWE1pUUEAEaE-q.jpg
200524EYWE6seUMAA7V7d.jpg
200524EYWEAjAU8AATcqa.jpg
200524EYWEj_yU8AEro1u.jpg
200524EYWEcJSUMAEivc6.jpg
200524EYWEFhjUEAAjhvw.jpg
200524EYWEK7aVAAA1r5b.jpg
200524EYWEow8U4AA9Z_K.jpg
200524EYWEP9lU8AAUt61.jpg
200524EYWFcvcUcAAsuRL.jpg
200524EYWFNkbVAAIyK1e.jpg
200524EYWFUExUYAEiGSJ.jpg

ついでにもう一つ。
The Neighbor Magazine 6月号のグラビアページをソナが飾るそうです。
[Readygo]Image 2020-05-26 02-24-37
[Readygo]Image 2020-05-26 02-24-52
こちらはかっこいいソナさんですね。

ソナ:「コンビニのセッピョル」6月12日放送開始①

ハン・ソナ大女優への道
05 /25 2020
[Readygo]Image 2020-05-24 21-05-32
台本読み合わせでは恋のライバルのお隣

ソナが出演するSBCドラマ「コンビニのセッピョル」
放送開始は6月12日。
SBCの番組HPでは登場人物の紹介も一通り終えていて、
番組予告も第2弾まで出ています(日本で見れない)。
とりあえず見れるのが、主要キャストの挨拶と台本読み合わせ現場の動画。


もちろん主要キャストの一人であるソナもインタビューに登場
[Readygo]Image 2020-05-24 21-05-29


番組HPのキャスト紹介の画像がこちら
200524EYdiz65UcAALi50.png

台本読みの時の私服もキャラクターに合わせたのかやや似てる。
200524EYG11a-UMAAHxRP.jpg


台本読み合わせ現場でのソナさんキャプチャ
[Readygo]Image 2020-05-24 21-05-02
[Readygo]Image 2020-05-24 21-05-04
[Readygo]Image 2020-05-24 21-05-07

ソナの役どころユ・ヨンジュは主人公デヒョンの恋人であると同時に元上司。
実力と美貌を兼ねそろえたキャリアウーマンというキャラクターですので、
自信に満ちた雰囲気を醸し出すことになる。
台本読みの時点から既にそんな感じで演じていますね。
[Readygo]Image 2020-05-24 21-05-34
[Readygo]Image 2020-05-24 21-05-37
[Readygo]Image 2020-05-24 21-05-39
[Readygo]Image 2020-05-24 21-05-46
[Readygo]Image 2020-05-24 21-05-42

主人公デヒョン役のチ・チャンウクくん
[Readygo]Image 2020-05-24 21-05-10
[Readygo]Image 2020-05-24 21-05-13
除隊後1年で早くも2作目の主演作。入隊前からの脂ののった状態は変わらず。
「ソル薬局の息子たち」のときには
ここまでメインを張れる役者になるとは思ってませんでした。

もう一人の主人公チョン・セッピョルを演じるキム・ユジョンさん。
かなり濃い・・というかぶっ飛んだキャラを演じることになるようで、
台本読みの時点から表情も含め演技に入っています。
[Readygo]Image 2020-05-24 21-05-15
[Readygo]Image 2020-05-24 21-05-18
[Readygo]Image 2020-05-24 21-05-24
[Readygo]Image 2020-05-24 21-05-26
10代前半にドラマ・映画で合計6回も賞を獲った天才子役も、はやハタチ。
子役を脱した後はTVドラマの出演作は全て主演という結構破格の女優です。

子役のときから既にオーラみたいなもんありましたが、
年月を経てさらにスケールアップしているような感じです。
今回のドラマの予告編でも出だしからガツンとやられました。


何はともあれ目ヂカラが強すぎる
200525Kim Youjung

ユ・ヨンジュとはデヒョンを奪い合うような関係になるので、
どのような絡み方になるのか楽しみにしています。

連続ドラマのレギュラーキャスティングとしては9作目
ソナにとって今までで一番コミカル要素が強いドラマになるかも?
200524EYsJvIpU0AEqKU4.jpg
200524EYsJyriUcAAnHJ8.jpg


ヒョソン:今度は不動産番組???その名も「シークレット不動産」

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /24 2020
[Readygo]Image 2020-05-24 20-14-25
ネタですよ・・誤解なきように

毎日のように「전효성」「한선화」など韓国語でニュース検索かけて、
「推し」の最新情報を入手している私です。
当然ヒョソンの「政治性」を表すニュースも読んではいるわけですが、
ヒョソンがそのへんについて
明確に意思表示をせねばならない事情は十分にわかっているので、
一応理解はしていますが、流石に記事にはしていません。
[Readygo]Image 2020-05-24 20-16-13
[Readygo]Image 2020-05-24 20-16-17

で、現在活動がかなり多岐にわたっているヒョソンの日々のニュースの中で、
先日こんなものまで飛び込んできました。

[Readygo]Image 2020-05-24 15-06-47

「ヒョソンのシークレット不動産」!!!
ヒョソン、「韓国史」の勉強に熱心なだけじゃなく、
土地売買に関しての勉強までしていたのか・・と驚きました。

[Readygo]Image 2020-05-24 20-14-36
[Readygo]Image 2020-05-24 20-14-41
[Readygo]Image 2020-05-24 20-14-46

もちろん、そんな訳はなくて、
こちらのヒョソン別人なヒョソンさん。
[Readygo]Image 2020-05-24 20-18-23
よりにもよって「シーレット不動産」なんてタイトルつけるから、
一瞬迷ったじゃないか。
ヒョソン記者、絶対わかってやってるだろう?
でもまぁ、もしキミがシタならば許そう。

[Readygo]Image 2020-05-24 20-14-01
[Readygo]Image 2020-05-24 20-14-10

ともあれ、ヒョソンは流石に不動産部門には進出しておりませんw
でも、向上心の強いヒョソンが、
今後意外な分野で名乗りを上げることも無きにしもあらずですね。

[Readygo]Image 2020-05-24 20-15-25
[Readygo]Image 2020-05-24 20-15-49
[Readygo]Image 2020-05-24 20-16-05

文化体育観光部のお仕事が、
そうした新たな興味の発見につながるかもね。

KEEMBO:2ndシングル「スキャンダラス」MV公開!

最強ボーカルデュオ`KEEMBO’
05 /24 2020
358031_449397_5230.jpg
曲はまぁ良い、MVは・・うーん予算がなぁ


23日午後6時、KEEMBO待望のセカンドシングル「スキャンダラス」
音源およびMV公開。
同時刻にボヒョンボアがyoutubeライブも敢行しました。
(そちらの方は別記事で)

まずは、「スキャンダラス」のMVから


音はティーサーでファンクに感じたよりもはディスコサウンド寄りかな。
かなり作りこんでいて、渦巻くような音色に仕上がっています。
そんな中でも特に耳に心地よく響くのが、
バックでずっとグネグネとうねるように鳴り続けるギターの音。
時にボーカルよりもそっちの音に耳を奪われてしまうほど。

[Readygo]Image 2020-05-24 02-52-25
[Readygo]Image 2020-05-24 02-53-00

今回の曲も主にボアの手によるものなのかな?
すんなりと耳に入ってきやすいメロディーラインではあるんだけど、
この手のジャンルとしては定番的な流れかなぁ。
無理やりにフックを効かせる必要はないんだけど、
もう少し初見のリスナーにとっても強烈に耳に残る何かが欲しかった。
耳馴染みしやすいだけに、アクセントがもう少しあれば、
いいバランスで爪痕残せたのかも。
2人のボーカルが前面に出るところが少ないのも惜しいところ。
サウンドの中に良くも悪くも溶け込んでしまっているような印象もある。
特に終わり方がユニゾンのリフレインってのも勿体ない。
あそこはコール&レスポンスでシャウトいれるか、
ボヒョンのロングトーンを被せて欲しかった。

さてミュージックビデオの方ですが・・・
[Readygo]Image 2020-05-24 02-52-10
[Readygo]Image 2020-05-24 02-52-13
[Readygo]Image 2020-05-24 02-52-16
[Readygo]Image 2020-05-24 02-52-19
実際にミュージックビデオとして見ている分にはそんなに気にならなかったけど、
キャプチャしてみると単色の背景に多少エフェクトかけても弱いもんは弱いなぁ。
何か所かでロゴ入れていたけど、もっとレタリング装飾ぶち込んでもよかったかも。

[Readygo]Image 2020-05-24 02-52-38
[Readygo]Image 2020-05-24 02-52-41
分割画像出すならもっと大胆な方が良いし、違う動き重ねた方がインパクトはある。

で、MVコンセプトは何故か2人の対決(3回戦制)
[Readygo]Image 2020-05-24 02-52-30
[Readygo]Image 2020-05-24 02-52-34

アニメそのものはアイデアとしてはアリだと思うけど、
ボアはともかくボヒョンは特徴つかめてねーなー。
[Readygo]Image 2020-05-24 02-52-48
[Readygo]Image 2020-05-24 02-52-50

一応1・2回戦とも歌唱力対決っぽいんだが、
映像の見せ方からすると、2回戦は楽器対決に絞った方が伝わりやすかったかも
[Readygo]Image 2020-05-24 02-52-45
[Readygo]Image 2020-05-24 02-52-53
[Readygo]Image 2020-05-24 02-53-04
[Readygo]Image 2020-05-24 02-52-56
[Readygo]Image 2020-05-24 02-53-07
[Readygo]Image 2020-05-24 02-53-10
ここまで1対1になるのは、そりゃそうだわな・・って感じ

3回戦はジェンガ対決・・・・
[Readygo]Image 2020-05-24 02-53-15
[Readygo]Image 2020-05-24 02-53-18

・・ではなく、最後もボーカル対決・・・
[Readygo]Image 2020-05-24 02-53-21
[Readygo]Image 2020-05-24 02-53-24

・・というよりは最早「かめはめ波」的超音波対決
[Readygo]Image 2020-05-24 02-53-27
[Readygo]Image 2020-05-24 02-53-29

結果・・・共倒れ
[Readygo]Image 2020-05-24 02-53-32
ステージで2人がぶっ倒れるくらいのシャウト合戦やってくれるなら、
これはこれでアリなんだが・・・MVとしてこの終わり方はいいのか?
2曲目で燃え尽きてどーする?

曲もMVも突っ込みどころがあるっちゃああるんですけど、
何事にも予算っつーものがるし、その範囲の中でベストは尽くしていると思う。
この曲、ライブパフォーマンスの方が
その魅力を伝えることが出来るような気もする
(今、ライブでの生歌聴いて強く実感した)ので、
オンラインでのライブだけでなく、ゲリラライブも含め、
「Thank you , Anyway..」ともども、披露する場を作っていって欲しい。
そろそろ屋外イベントも少しずつ復活してきそうだし、
そうした波にも乗っていけたらいいな。

ヒョソン:「体力認証センター」お仕事体験②

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /23 2020
[Readygo]Image 2020-05-22 17-05-03
羨まし

文化体育観光部のyoutubeチャンネルでのヒョソンのお仕事体験。
体力認証センターでの体力測定のサポートいよいよ本番。


パク・フィスンさん、仕込みなのかガチなのか・・
[Readygo]Image 2020-05-22 17-04-48

一般人2人に混じっての体力測定となりました。
[Readygo]Image 2020-05-22 17-04-52
[Readygo]Image 2020-05-22 17-04-55
[Readygo]Image 2020-05-22 17-04-57
フィスンさんリアクションがいちいち面白い

ヒョソンのサポートも滞りなく進行し・・
[Readygo]Image 2020-05-22 17-05-00

測定結果を渡して無事終了
[Readygo]Image 2020-05-22 17-05-07
[Readygo]Image 2020-05-22 17-05-13


美術館の時よりもは随分とあっさりしとした内容ではありました。
[Readygo]Image 2020-05-22 17-05-16
[Readygo]Image 2020-05-22 17-05-19

今度はどこで職場体験するのか、次回をお楽しみに。
[Readygo]Image 2020-05-22 17-03-41[Readygo]Image 2020-05-22 17-03-47[Readygo]Image 2020-05-22 17-03-55
[Readygo]Image 2020-05-22 17-04-03[Readygo]Image 2020-05-22 17-04-06[Readygo]Image 2020-05-22 17-04-15
[Readygo]Image 2020-05-22 17-04-26[Readygo]Image 2020-05-22 17-04-33[Readygo]Image 2020-05-22 17-04-36

KEEMBO : 後続曲「スキャンダラス」明日(23日)午後6時公開!

最強ボーカルデュオ`KEEMBO’
05 /22 2020
[Readygo]Image 2020-05-21 21-14-36
こちらが当初予定していた「デビュー」曲


4月10日に「Thank You , Anyway..」で復活を果たした、
SPICAボヒョンボアのユニット、KEEMBO

もともとは活気あるナンバーでのカムバックを予定していたんですが、
世界中がコロナで苦しんでいる中、
少しでも心が穏やかになるようにという願いも込めて、
ゆったりしたナンバーに差し替えたということでした。

つまり、明日(23日)に公開される曲こそ、
本来KEEMBOとしてのデビューのために準備していた曲。
そのタイトルは「スキャンダラス」、昨日ティーザーが公開されました。


ファンキーなリズムとサウンドで期待が膨らみます。
[Readygo]Image 2020-05-21 21-15-16
[Readygo]Image 2020-05-21 21-15-19

MVの衣装も曲にあわせて思いっきりファンキー
[Readygo]Image 2020-05-21 21-15-25
[Readygo]Image 2020-05-21 21-15-29

このタイプの曲だと、ボヒョンは当然として、
天性のソウルシンガー、ボアの魅力が炸裂しそう。
[Readygo]Image 2020-05-21 21-15-33
[Readygo]Image 2020-05-21 21-15-35
[Readygo]Image 2020-05-21 21-15-38

2人の掛け合いの部分は相当レベルの高い痺れるものになりそう。
[Readygo]Image 2020-05-21 21-15-42

公開後、ヘビロテで聴きまくって、日曜日にレビュー記事アップします。


氷見線・万葉線・城端線ぶらぶら旅⑥

足まかせ旅日記
05 /21 2020
20033170DSC_0367.jpg
3日間通算48駅目(電停含む)の下車駅

砺波市を素通りして、再び南砺市方面に向かい、
その中心駅である福野駅で下車。
20033167P3070465.jpg

駅本屋側のホームの造りは・・だいだい戸出駅と同じ
20033168P3070468.jpg

待合室も椅子の配置以外は同じです。
中越鉄道開業時に同じ設計で建てられたんでしょうね。
20033169P3070472.jpg

駅正面から見て城端駅・戸出駅と違い、
庇がなくて屋根が二重になっているように見えます。
20033169P3070470.jpg
P3070469.jpg
入り口左側のスペースは本来雨除けになっていたようですが、
今はほぼ自販機に占拠されてしまっています。
駅務室の部分も切妻になっている部分が後から付け足されたとするなら、
もともと庇だった部分が、待合室の拡張により駅舎と一体化した可能性もありますね。
(あくまでも推測ですので違ってたらゴメンナサイ)
なお右側の二階建ての部分は後から増築されたものだそうです。

昭和47年までは加能越鉄道加越線の始発駅でもあり、
ここから石動方面に路線が延びていました。
そのホームは城端線の駅本屋とは反対側にあったそうです。

駅舎の南側に空き地があって、こちら側にもホームがあったような痕跡があるので、
これかと思いましたが、違ってましたね。
20033171P3070473.jpg
20033172P3070474.jpg
でも、これは明らかに構内踏切のための段差で、
反対側のホームの同じ位置にも、嵩上げ前の構内踏切用の傾斜が残ってます。
P3070478.jpg
ということは、空き地となっているところは、
貨物用のスペースだったのかも知れませんね。

ホーム側にある特徴的な字体の福野駅の駅名標ですが、
こちらは開業時からのものかと言うとそうではなく、
昭和45年に地元の書道家が揮毫したもの。
20033173P3070467.jpg

平成27年の改築工事の際に撤去され廃棄寸前だったそうですが、
地元の振興会や市会議員の尽力により、保存されるに至ったとのこと。
20033174P3070477.jpg
確かにこれは「いらなくなったから捨てる」というのは勿体ない「作品」です。


最後の訪問駅をじっくり堪能し、高岡行きに乗り込む
20033175P3070479.jpg

昼間の晴天が持続していれば、もう一度雨晴に行って、
陽が落ちるまで撮影チャンスを待とうとも思っていたのですが、
どんどん雲が出てきて、立山連峰はすっぽり雲に覆われてしまいました。
しかも、西の方も雲が出てきていて、夕陽を拝むのも難しそう。
・・ということで、新高岡駅で降りて、
そのまま「つるぎ」「かがやき」を乗り継いで長野へ戻る。
新高岡駅での待ち時間に駅構内のセブンで
ホットドックとチーズバーガー買って食ったのが結局この日の二食目でした。
一人旅だと食道楽と無縁になる私です。

3日間の旅で記事総数が28回にもなったのは今回が初めて。
新しいカメラ買って、しかも相当数の駅めぐって撮りまくったせいです。
昨年から一番行きたかった富山地鉄の古い駅舎を堪能しまくって、
そかも未乗区間だった城端線も完乗できて充実した旅となりました。

現時点ではまだ県を越えて不要不急の往来は自粛ということで、
5月終わりの三連休については未定の状態。
もし可能ならば、福井鉄道、えちぜん鉄道と越美北線に行きたい。
えちぜん鉄道はオシャレなフォルムの古い駅舎があるし、
福井鉄道では現在留置されている200形をカメラに収めておきたい。
そして越美北線乗って一乗谷城址と
水の豊かな大野の街歩きがしたいですね。

氷見線・万葉線・城端線ぶらぶら旅⑤

足まかせ旅日記
05 /20 2020
20033155P3070455.jpg
真っすぐな線路

城端駅から高岡方面に半分以上戻って戸出駅で途中下車。
20033152P3070449.jpg

明治29年(開業の約半年前)に竣工した駅舎は
富山県の近代歴史遺産に指定されています。
20033153DSC_0365.jpg
修復は行われているものの、開業時からそのままの駅舎です。

庇が駅舎の半分を占める長さで、切妻面まで回り込んでいるのが特徴
20033157P3070456.jpg

その反対側は駅務室の区画
20033156P3070453.jpg
切妻面にも部屋張り出していて
屋根が三層になっているのが城端駅の駅舎との違いです。
この部分は増築部分かも知れませんね。

業務委託駅で駅員がいるので、広々とした待合室は綺麗です。
20033158P3070450.jpg
高岡駅まで15分程度なので、利用者はそこそこ多く800人強。


駅前には昭和初期っぽい古い建物もありますが、
人通りはほとんどなく静かなもんでした。
20033154P3070454.jpg
この駅で逆方向の列車待ちが50分ほどあったし、
朝コンビニで買ったパンを食べてから何も食べてなかったので、
ここらで食事でもと思ったのですが、
メシ屋どころか、コンビニも売店もなし。
駅前にこの辺では有名らしいジェラード屋さんがあったのですが、
こちらもお休みでした。

腹を減らしたまま、じっくりと駅を観察。
20033159P3070457.jpg
駅務室スペースがホームに一部張り出しているのは、中越鉄道スタイル

20033160P3070458.jpg
駅本屋の上屋は城端駅よりさらに長い。

駅舎正面の風格に負けていない、ホーム側からの眺めです。
20033162P3070461.jpg
20033164P3070462.jpg
20033165P3070463.jpg

ホームにかかる跨線橋は戦前に鉄材供出で一度なくなり、
昭和29年に再度架設されたとのこと。
柱の土台部分に少し細工が施されていたので、
もっと古い時期のものかと思いました。
20033161P3070460.jpg

城端方面のホームにある待合室は
古い木造のものに手を加えて長く大切に使っているかも知れません。
20033163P3070459.jpg
嵩上げされた現在のホームよりも一段低いところにあるのがその証拠かも。

この待合室でのんびり待っているうちに城端行きが到着
20033166P3070464.jpg
私以外でこの駅から乗車したのは1人だけでした。

次回はいよいよ最終回。
城端線開業時の終着駅で、
かっては加能越鉄道加越線の分岐駅だった福野駅に向かいます。

氷見線・万葉線・城端線ぶらぶら旅④

足まかせ旅日記
05 /19 2020
20033142P3060438.jpg
長閑な春の午後

高岡駅では2両編成の車両に下校利用の高校生がたくさん乗っていて、
この旅で初めての「密」な状態となりましたが、
駅に停まるごとに降車していって、どんどん席が空いていく。
砺波平野を端から端まで北から南へ縦断して約50分。
飛騨高地の山々が近づいてきて、終点、城端駅に到着。

20033143P3060436.jpg

山に分け入ってゆくと、世界遺産の五箇山の合掌造り集落です。
20033144P3060441.jpg

城端駅は中越鉄道が明治30年に福光駅から延伸して開業した終着駅。
二層の瓦屋根が美しい駅舎です。
20033146DSC_0364.jpg
駅舎は開業当時からのものですが、
昨年3月31日に全面的に改修して綺麗な姿になりました。
つまり、その丁度一年後に訪問したってわけだ。

観光客向けにロータリー部分に新たに日除け&雨除けを作ったようだけど、
これのせいで駅舎の全貌を拝めなくなったのはテツ的には寂しい。
20033147P3060444.jpg

かっての駅名標は待合室の中に
20033150P3060446.jpg

駅舎と同じ横幅のやや高めに作られた上屋や
ホームに張り出した駅務室の構造は、
中越鉄道時代に作られた駅舎に共通しているようです。
20033149P3060447.jpg
20033145P3060439.jpg


折り返しの高岡行きに乗り込みましたが、このようにガラガラ。
20033151P3060448.jpg

城端線での訪問駅は残る2駅。どちらも開業時からの古い駅舎です。

氷見線・万葉線・城端線ぶらぶら旅③

足まかせ旅日記
05 /18 2020
DSC_0362_20200517030656fec.jpg
保育園のようにも見える

能町駅も伏木駅同様にJR貨物の駅として併用
20033127P3060419.jpg

ただし、現在は能町駅での貨物取り扱いは中止されており、
旅客・貨物ともに無人駅。
駅舎が大きい分、余計にガランとした感じが強く、
私が訪れた時は待合室に人の姿はなし。
20033133P3060425.jpg
20033129P3060421.jpg


駅構内も多くの貨物用の側線を有して広大なスペース
20033130P3060423.jpg
20033131P3060424.jpg
この駅から、JR貨物の新湊線が分岐しています。
ただし、現在は定期の貨物列車の発着はなく、臨時便一往復の扱いのみ。
広大なスペースも無用の長物と化してしまっています。


高岡行きが到着する頃に数名の乗車客あり
20033132P3060426.jpg

隣の越中中川駅は、付近に学校も多く、能町駅の10倍近い利用客があります。
20033134P3060428.jpg
隣の建物は高岡文化ホールで、高岡古城公園の最寄り駅でもある。

簡易委託駅ですが駅員が常駐しています。
20033135P3060429.jpg

駅舎は比較的古い木造駅舎ですが、
高岡工芸高校の生徒が外壁に絵を描き、
学生が多く利用する活気ある雰囲気を醸し出しています。
20033136DSC_0363.jpg
20033137P3060431.jpg
平成13年に最初のペインティングが行われ、
平成21年に現在のものに描き直されたとのこと。
もしかしたら近いうちに今の高校生たちの手によって
新しい絵が描かれかもしれませんね。

ここから一駅先が高岡駅ですが、次の列車を待っていると城端線には乗り遅れてしまう。
かといって歩いて行くには遠いし、バス路線も駅前からはない。

一番近いのが万葉線の広小路電停。
15分に1本の電車に乗れずとも高岡市街のバスのメインルートのでもあるので、
高岡古城公園沿いに800メートルほど歩いていくことに。
交差点の手前で、高岡駅前行きの電車がやってきたので、
それには間に合わないと諦めていたら、電停で結構長く停車していたので無事乗車。
途中行き違いで長い停車が他の電停でもあって、
城端線との乗り換えには結構ギリなタイミングで高岡駅に到着。
20033138P3060433.jpg

このデ7070形は両替機が手動式というとてもレアなもの。
20033139P3060432.jpg
レバー操作で小銭が出てくる仕組みです。

万葉線は「鉄道むすめ」をあまり積極的には活用してくれてない。
20033140P3060434.jpg
まぁ、「ドラえもんトラム」の方がウリになっているから仕方ない。

ここから先は初乗車の城端線
20033141P3060435.jpg

城端線全線乗車で、富山県内の鉄道路線完全乗車達成です。

氷見線・万葉線・城端線ぶらぶら旅②

足まかせ旅日記
05 /17 2020
20033123P3060411.jpg
素敵なロケーション


バスで伏木の港沿いを通って伏木駅に到着
20033119P3060402.jpg
義経・弁慶の「如意の渡」の伝承の地です。
安宅関だけでなく、ここでも義経は弁慶に「ボコられ」てます(伝説的には)。

北陸本線よりも早く、明治33年に中越鉄道の終着駅として開業した駅で、
路線はとしては現在の城端線の一部区間に次いで古い路線です。
20033115P3060403.jpg
伏木港へ砺波平野の物産を輸送することを目的に作られた駅で、
その後も伏木港に拡充により周辺に工場が立ち並び、
貨物輸送の重要な拠点駅であり続けました。
駅が現在の位置にきたのは昭和27年で、駅舎もそのときに作られたもの。

貨物業務も多かったからか平屋ながら大きな駅舎です。
20033118P3060407.jpg

改札口も広々としてます。
20033116P3060404.jpg

元のスペースが広いせいで待合室も広い
20033117P3060405.jpg
キヨスクは平成11年に閉店
壁の装飾や木製のベンチに往年の活気が感じられますが、
現在の利用者は300人を切っており、20年前と比較しても半分以下となってます。

高岡市自体が大伴家持がかって国司として赴任したことから
万葉集との縁を観光PRに使ってますが、
その越中国の国府があったのが、このあたりで、本場中の本場。
てなわけで、伏木駅の郵便ポストにまで大伴家持がいます。
20033120P3060406.jpg

伏木駅からタクシーに乗って、かって渡し船が通っていた射水川河口に架かる、
伏木万葉大橋で渡り、対岸の海運で賑わった頃の古い町並みが残る吉久へ。
万葉線の道路併用区間があるところです。
20033121P3060409.jpg

高岡駅前から米島口までは高岡市の目抜き通りを通る万葉線ですが、
この能町口~中伏木の併用区間は交通量は多くなく、
射水川側は工場が立ち並び、住宅密集地となっているのは片側だけ。

万葉線もこの区間は単線で、吉久電停はホームもありません。
20033122P3060412.jpg
路面電車の一般的なイメージとしては、
交通量の多い広い道路の真ん中を電車が走るというものですが、
ここでは現在の日本では珍しくなった、「ポツンと路面電車」的な風景です。

かっての名鉄美濃町線の白金・上芥見間もこんな感じだったんだろうなぁ。



一つ先の新吉久電停の隣にあるTEK リサイクルセンター敷地内には、
昭和25年製造のデ5010形が静態保存されています。
20033124P3060414.jpg
富山地鉄の射水線・笹津線とも直通運転を行っていた車両です。

高岡貨物線、氷見線をオーバークロスする手前の能町口電停で下車。
20033125P3060416.jpg

アイトラムは米島口方面に去って行き、私は徒歩で氷見線の能町駅を目指す
20033126P3060418.jpg

実はここで降りずに新能町電停で降りたほうが能町駅は近かったのですが、
「似たような距離だろ」とちゃんと調べなかった私が間違っていた。
結局3倍近い距離を歩くことになってしまい、
結構疲れた状態で能町駅に到着。
20033128P3060420.jpg
続きは次回へ

氷見線・万葉線・城端線ぶらぶら旅①

足まかせ旅日記
05 /16 2020
20033112P3060393.jpg
天気はまずまず良かったんだけどねぇ

富山旅行3日目・・3月31日朝
あいの風とやま鉄道の富山駅ホームに。
20033101P3060376.jpg
高架ホームになってから初めて入ります。

ちょうど名古屋行きの「ワイドビューひだ」が発車するところでした。
20033102P3060379.jpg
キハ85系は「南紀」も含め一度も乗ったことない。
HC85系への完全置き換えまではまだ間があるので、
慌てることもないけどね。

JRから譲り受けた413系はラッシュ帯中心の運用ですが、まだまだ活躍しそうです。
20033103P3070480.jpg
※長野に帰る時に新幹線ホームから撮ったものです。

当初の予定では、未乗区間の城端線を午前中に完乗し、
午後は氷見線で雨晴海岸行って、
そこからいくつかの駅を回るというものでしたが、
この日の富山は朝から晴天。
「雪を抱いた立山連峰をバックにした富山湾」が撮れると思い、
高岡駅からまず氷見線に乗車し、雨晴駅で下車。
20033104P3060380.jpg
駅舎と駅周辺は去年来た時にたくさん撮っているのでパスして、
雨晴海岸を渚伝いに歩いて撮影ポイント探し。

晴れは晴れなんだけど、低いところはモヤがかかってる
20033105DSC_0359.jpg
200516P3060396.jpg

そんなもんだから立山連峰の稜線はうっすらとは見えるけど、
私のカメラの性能では収めきれない・・しかもモロ逆光。
200516P3060394.jpg
20033106P3060381.jpg
20033109P3060391.jpg
20033110P3060395.jpg
惜しい・・かなり惜しい

氷見線を行き来するキハ40の単行を狙うなら、
この時間帯だと能登半島を背景したほうが正解でした。
20033107P3060385.jpg
20033108P3060387.jpg

撮影ポイントを移動して、高岡方面からのキハ40を待つ
20033111P3060392.jpg
20033112P3060393.jpg
この2枚が今回のベストショットかな

次は義経岩の真向かいにある道の駅に移動して、
三階の展望スペースから撮影。
20033113P3060398.jpg
ここだと直射日光を避けることができて、立山連峰側も何とか撮れる。

今度は氷見方面からの折り返しを待って動画撮影することに。


結構うまくいきましたが、やはり山は霞んで見える。

朝一番に来ればよかったかなーと後悔しましたが、
それだとこの辺に泊まらないと無理だろうね。クルマ持ってないし。

これ以上待っても立山連峰はクリアに見えそうでないので、
列車を待たずにバスで次の目的地、伏木駅へ。
20033114P3060401.jpg
この日をもって廃止になる系統のバスがタイミングよくやってきました。
一日ずれると、バスの待ち時間も長くなるところでした。

前回も乗ったルートを通って伏木駅で降車。
前に氷見線に乗ったときはホームからしか見れらなかった駅舎訪問です。

オマケ:雨晴海岸沿いにあった小さな鉄橋。
200516P3060384.jpg

レンガ造りの風格ある橋台でした。
200516P3060382.jpg
200516P3060383.jpg

ヒョソン:「夢見るラジオ」放送開始

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /15 2020
[Readygo]Image 2020-05-14 22-36-37
毎夜8時~10時の癒しボイス

5月11日からMBC FM4Uの「夢みるラジオ」
メインDJを担当することになったヒョソン
[Readygo]Image 2020-05-14 22-32-49
ソウル上岩洞(サンアムドン)の
MBC放送センターのポスターも真ん中にドン!

ファンからはDJ就任記念のお祝いがたくさん到着
[Readygo]Image 2020-05-14 22-34-30
[Readygo]Image 2020-05-14 22-34-18

毎日、日替わりでゲストもやってきます。
[Readygo]Image 2020-05-14 22-42-15
[Readygo]Image 2020-05-14 22-42-21
[Readygo]Image 2020-05-14 22-31-31
[Readygo]Image 2020-05-14 22-31-23
[Readygo]Image 2020-05-14 22-30-43

初回放送のオープニングとエンディングのヒョソンの声をどうぞ。


記念すべきレギュラーDJの一曲目が「星光月光」というのが嬉しいね。
ジングルに「愛はムーブ」ってのも雰囲気ピッタシ
[Readygo]Image 2020-05-14 22-31-06
[Readygo]Image 2020-05-14 22-29-53
[Readygo]Image 2020-05-14 22-29-47

ヒョソンの夢見るラジオ」
番組の公式HPインスタグラムも開設されてます。

公式HPの方では「見えるラジオ」で
ヒョソンのDJぶりを目と耳の両方で楽しめます。→こちら
[Readygo]Image 2020-05-14 23-36-15
[Readygo]Image 2020-05-14 23-35-50

ヒョソン:「体力認証センター」お仕事体験①

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /14 2020
[Readygo]Image 2020-05-10 19-11-17
「弁当運び」もするスター。

国の機関、文化体育観光部のyoutubeチャンネルでのヒョソンのお仕事体験。
前回の国立現代美術館だけかと思いましたが、何とシリーズ化。


今回訪問したのはソウル松坡(ソンパ)区のオリンピック公園
[Readygo]Image 2020-05-10 19-09-14
私にとっても懐かしい場所だ。

その一角にある国民体育振興公団の施設、体力認証センター。
[Readygo]Image 2020-05-10 19-09-19
ソウル市内だけでも6か所。全国に60か所もある施設です。

まずはヒョソンの体力チェックから
[Readygo]Image 2020-05-10 19-09-22

身長測られるのは嫌そうですw
[Readygo]Image 2020-05-10 19-09-25

握力やら腹筋やら、いろんな体力測定
[Readygo]Image 2020-05-10 19-09-30
[Readygo]Image 2020-05-10 19-09-34
[Readygo]Image 2020-05-10 19-09-42
こーゆーこと一生懸命やるのもヒョソンらしい。
でも、20代の時よりも息上がるの早くなったかな?

で、健康(?)証明書が発行されました。
[Readygo]Image 2020-05-10 19-09-55

この後、制服に着替えて職場体験にすぐ入るかと思いきや・・・
[Readygo]Image 2020-05-10 19-09-59

何故かセンターの職員と反射神経測定機(かな?)で対決
[Readygo]Image 2020-05-10 19-10-05
[Readygo]Image 2020-05-10 19-10-09


ヒョソン自身は勝ったようだけど、チーム戦ということで最後はジャンケンで決着。
[Readygo]Image 2020-05-10 19-10-14
たかがジャンケンで、しかも1回勝つだけで、このポーズw
さすが負けず嫌いのヒョソンさんです。

で、結局負けて、職員の弁当運ぶことになったんだけどね。
[Readygo]Image 2020-05-10 19-10-20

さて、昼食後にいよいよ本格的にお仕事体験。
まずは受付業務からですが・・
[Readygo]Image 2020-05-10 19-10-26
[Readygo]Image 2020-05-10 19-10-30

ヒョソンも知ってる意外な人が来訪
[Readygo]Image 2020-05-10 19-10-36

わたしタレントのパク・フィスンさんです。
[Readygo]Image 2020-05-10 19-10-39

後編はフィスンさんの体力測定のサポートってことになるんだろうけど、
34歳の時にTV番組で「脳年齢64歳」と測定されたフィスンさん。
42歳の現在、果たして体力や反射神経はいかほどのものか?
これはもう爆笑の連続になるしかないです。楽しみ。

富山地方鉄道「渋イィ駅」コレクション2日目⑪

足まかせ旅日記
05 /13 2020
200330143P3060366.jpg
南富山駅前停留所手前のカーブも撮影ポイント

前日に続き、鉄道線の最終到着駅は南富山駅。
20512P3060364.jpg

前日は見れなかった、踏切で「足止め」されるLRT
200330145P3060363.jpg

しかも岩瀬浜方面の乗り入れるポートラムです。
200330146P3060365.jpg
遮断機が三方にある珍しい風景

この日乗ったのは7000形のオリジナル塗装車
P3060367.jpg

吊り掛け駆動音をたっぷり堪能して、電鉄富山・エスタ前で下車。
200330147P3060368.jpg
降りる場所は結構後方

朝も昼もパンしか食ってなくて、ようやくのちゃんとした食事タイムでしたが、
エスタの隣のマリエとやまで「ゴーゴーカレー」
わざわざ富山で「金沢カレー」もないもんだが、
食いたかったから仕方がない・・・さすがに写真は撮らなかったが。

で、陽が高いうちに、南北が直結した富山駅停留所も撮影
200330148P3060370.jpg
新幹線の改札を出て、すぐにこの風景が飛び込んでくるってのは、
テツ的にはとてもワクワクする光景。
広島駅も広電がJR広島駅の2階に高架で乗り入れるようになると、
すごい風景になるんだろうな。
(今での駅前広場の賑やかな発着風景も大好きなんだが)

かって南北を隔てていた通路もこんな感じに
200330149P3060371.jpg
200330153P3060375.jpg
電車が通過する際に歩行者整理をする係員を2人配置してますね。
で、この通路を挟んで乗り場は5つもあるわけだ。

北側は線路は開通しましたが、駅前広場の整備はまだ終了してない。
200330152P3060374.jpg

路面電車が頻繁に行き交うターミナル駅・・ずっといても飽きることはありません。
200330151P3060373.jpg
200330150P3060372.jpg

ホテルに戻って、陽が落ちてから桜木町方面を散策
松川べりの桜が艶やかにライトアップされ、
川面に映えてましたが、人通りはほんの僅か。
200330154DSC_0389.jpg
200330155DSC_0390.jpg

富山イチのネオン街、桜木町も、この時点ではまだ店こそ開いてましたが、
どの通りも閑古鳥が鳴いているよう。
通りに立つ呼び込みのあんちゃんも嘆いてました。
こーゆー状況で、初見の店にフラリと入る勇気もなく。
私も自粛ムードに追われるように大人しくホテルに引き上げました。
富山県で最初の感染者のニュースが出たのは翌朝のことでした。
感染者出る前から富山市民ちゃんと自粛してたけどなぁ・・。

さて、2日に渡る富山地方鉄道駅巡り記事はこれで終了。
残るは最終日、氷見線・城端線と万葉線のぶらり旅です。
こちらについても続けて記事にしていきます。



富山地方鉄道「渋イィ駅」コレクション2日目⑩

足まかせ旅日記
05 /12 2020
200330135P3060353.jpg
晴れてりゃ最高の撮影スポットなんだけどな

東新庄駅から一駅飛ばして稲荷町駅に到着。
200330125P3060340.jpg
ここも本線のホームがカーブを描いていて、
電鉄富山方面のアングルが絵になる。

こちらは寺田方面
200511P3060344.jpg


不二越線が合流して、
電鉄富山駅までのひと区間が地鉄鉄道線で唯一の複線区間です。
P3060343.jpg

ホーム上屋は電鉄石田駅などとおなじようなどっしりとした木製のもの
200330126P3060341.jpg

本線と不二越線の間には留置線と車庫があり、
ここも寺田駅・岩峅寺駅と同様に全体が扇形の構造になって路線が分離しています。

本線側から不二越線ホームを見る
200511P3060342.jpg

不二越線側から本線ホームを見るとこんな感じ
200511P3060347.jpg

間にある留置線にはいくつもの車両がとまってます
200330134P3060348.jpg

車庫の横に一両だけ置かれているのが、
ダブルデッカーエキスプレスの中間車両。
200330128P3060339.jpg
京阪3000形時代の塗装というのが嬉しいですね。
今や京阪でも見ることができなくなった旧配色です。
残念ながら冬期は運用がお休みで、地鉄の車両ではこれだけ未乗車。
夏にまた行かねば。

稲荷町駅は本線の本数は多いし、
電鉄富山駅への送り込みや回送入庫もあるので、
行き交う車両を見ているだけでも結構楽しい。
200511P3060349.jpg
200330135P3060351_2020051123321773c.jpg

駅舎は不二越線側にあり、本線からは少し長い地下連絡通路を通る形になります。
200330132P3060346.jpg

これは本線よりも不二越線のルートの方が先に開通したためで、
さらに本線側は、現在、稲荷公園となっている場所に燐化学工業の工場があり、
そちら側に駅舎を作るスペースも必要もなかったためだと思われます。
DSC_0381.jpg
地鉄の駅でここだけ瓦の色が違います。
駅のリフォームの際に瓦も葺き替えられたようです。

稲荷町駅の中でも歴史を感じさせるのが不二越線のホーム
200330136P3060352.jpg
利用者が多い駅には珍しい板張りです。

不二越・上滝線に乗って最後の訪問駅、月岡駅へ。
200330137P3060356.jpg
以前のデザインを残したまま全面的にリニューアルされています。

純粋な和風建築風で、同じ路線の上堀駅・開発駅とはまた違った佇まいです。
200330138DSC_0384.jpg

リニューアル以前はトタン板で外壁を補強してたので、
これは開業時の駅舎に復元したというほうが正しいのかも。
西魚津駅などのように古びた駅をそのままにしてあるところも多いですが、
有峰口駅や越中三郷駅やここのように丁寧に復元している駅もある。
また、経田駅や上堀駅のように古い駅を大切に使っているところもある。
さらには荻生駅のように全く新しくする駅もある。
今回、地鉄の多くの駅(33駅!)をまわって、
駅舎に対して色んなスタンスで向き合っていることがわかって面白かった。
200330139DSC_0385.jpg
でも、西魚津駅については今後もあのままの状態でそっとしておいて欲しい。

駅舎の中も綺麗になってますが、駅務室側を完全に塞いでしまうくらいなら、
なんか他に活用の仕方なかったかな。
200330141P3060357.jpg
映画「Railways 愛を伝えられない大人たちへ」のギャラリーにするとかね

2005111_large.jpg
ただ公開が2011年だから、ちょっと古いか


月岡駅も他の駅と同様にホーム待合室については、ほぼ手つかずの原形のまま
200330140P3060360.jpg

屋根を支える梁も立派で、ベンチも年季入ってます。
200330142DSC_0388.jpg

駅の周辺は典型的な散村風景で、堂々とした屋敷林が目立ちます。
200330136P3060355.jpg
天気が良ければ立山連峰の山並みが背後に美しく広がる場所です。
線路がそこに向かって一直線に伸びていて周囲に遮るものもない。
山に残雪がある時にもう一度訪問したい場所です。

これにて富山地鉄鉄道線33駅訪問終了。
以前に訪れたライトレール富山港線の駅や軌道線の駅を含めるとこんな感じ。
富山地鉄路線図
我ながらよく廻ったものだ。

2日目のラストは南富山駅から再び軌道線に・・
あと1回分記事あります。

ヒョソン:「メモリスト」ビハインド画像‘JHSエンタ公式’

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /11 2020
200509KakaoTalk_20200508_114751099_01_(1).jpg
tvN公式と若干重複しております


順調な滑り出しを見せているヒョソンの個人事務所JHSエンターテイメント。
Vライブチャンネルの方でもヒョソンが出演した番組やCM撮影の
ビハインド画像をアップしてくれています。
今回はドラマ「メモリスト」のビハインド画像。
放送局であるtvNの公式チャンネルでも
他の出演者に混じってヒョソンの画像も結構アップされてましたが、
こちらは当然「カン・ジウン」大特集。
200509KakaoTalk_20200508_114751099_05.jpg
200509KakaoTalk_20200508_114751099_06.jpg
200509KakaoTalk_20200508_114751099_07.jpg
200509KakaoTalk_20200508_114751099_09.jpg
200509KakaoTalk_20200508_114751099_11.jpg
200509KakaoTalk_20200508_114751099_12.jpg
200509KakaoTalk_20200508_114751099_15.jpg
200509KakaoTalk_20200508_114751099_16.jpg
200509KakaoTalk_20200508_114751099_17.jpg
200509SE-0c554cc3-3b16-467b-8090-1ae448a9a933.jpg
200509SE-c4048b0e-7496-4525-b479-b3f7673139bb.jpg
200509KakaoTalk_20200508_114751099_04.jpg
200509KakaoTalk_20200508_114751099_08.jpg
200509KakaoTalk_20200508_114751099_10.jpg
200509KakaoTalk_20200508_114751099_13.jpg
200509KakaoTalk_20200508_114751099_18.jpg
200509KakaoTalk_20200508_114751099_19.jpg
200509KakaoTalk_20200508_114751099_22.jpg
200509KakaoTalk_20200508_114751099_23.jpg
200509KakaoTalk_20200508_115903314.jpg
200509KakaoTalk_20200508_115903314_01.jpg

先日放送の「ランニングマン」や、
シリーズ化するっぽい文化体育観光部の職場体験動画も、
ビハインド画像たくさん出して欲しいですね。

ヒョソン:「メモリスト」‘記者:カン・ジウン’現場リポートビハインド

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /11 2020
[Readygo]Image 2020-05-10 19-08-43
こんな美人記者がいたら、それだけでニュースになる・・
・・と言いたいが「見てくれ重視」は日本の比ではないので、
リアルに美人記者、美人キャスターがゴロゴロいるんだよね。


ヒョソンのyoutubeチャンネルの方で、
tvNの公式とは別に、ドラマ「メモリスト」のビハインド動画を公開。


こちらの方はヒョソンが演じた
放送局記者カン・ジウンの現場レポートシーンに特化。

事前にプロの記者からレクチャーを受けたヒョソン
リポートの前の発声練習もプロ仕込みです。
[Readygo]Image 2020-05-10 19-07-57
[Readygo]Image 2020-05-10 19-08-29
[Readygo]Image 2020-05-10 19-08-14
とはいえ、これはシクリ時代からステージ前にやってることと同じだよね。

本番中の引き締まった表情は記者そのものですね。
[Readygo]Image 2020-05-10 19-07-49

いつものヒョソンの表情とのギャップがいいですね。
[Readygo]Image 2020-05-10 19-08-03
[Readygo]Image 2020-05-10 19-08-06
[Readygo]Image 2020-05-10 19-08-20

「ウォンテッド」ではTV局のAD役を務め、今回は記者役。
次のドラマではどんな役を演じてくれるか、これからの女優ヒョソンにも期待です。
[Readygo]Image 2020-05-10 19-08-26
[Readygo]Image 2020-05-10 19-08-33
[Readygo]Image 2020-05-10 19-08-36

初のラジオDJの方も始まりました。
韓国のたくさんの飲食店などの店舗、
あるいはタクシーなどから毎夜ヒョソンの声が響いているわけだ。
[Readygo]Image 2020-05-10 19-48-59

健康ドリンクのWEB広告も「母の日」展開
200509JHS01.jpg

そして人気番組「ランニングマン」にも出演・・・追いきれん!
[Readygo]Image 2020-05-11 20-16-56
[Readygo]Image 2020-05-11 20-17-02
[Readygo]Image 2020-05-11 20-17-35
[Readygo]Image 2020-05-11 20-17-38
[Readygo]Image 2020-05-11 20-17-10
[Readygo]Image 2020-05-11 20-17-13

「メモリスト」ビハインド画像、あと1回分ネタが残ってます

富山地方鉄道「渋イィ駅」コレクション2日目⑨

足まかせ旅日記
05 /11 2020
200330122DSC_0376.jpg
地鉄の駅舎の中でも最もインパクトが強い

2日目最後の行程はこちら
富山地鉄路線図200330-4

最も多く通ったのが新魚津・電鉄石田で7回行ったり来たり。
他の区間も3回以上乗り降りしている区間がほとんどで、
2日間で車窓の右も左も「見慣れた」風景になります。
これが駅舎訪問旅の醍醐味です。
ただし駅からへばりついて離れないので、撮り鉄向けではないし、
同じ形式の車両に何度も乗る可能性もあるので、
車両鉄にとってもロスは多くなるかも。

内山駅から90分かけて本線を引き返し、
電鉄富山駅の2つ手前、東新庄駅に到着
200330112P3050324.jpg

ホームのカーブが良い塩梅で、
電鉄富山方面から入線する電車をキレイに撮れる
200510P3060332.jpg
200330123P3060333.jpg

寺田方面は直線
200510P3060335.jpg


東新庄駅のユニークなところはいくつかありますが、
ホームから見て気になるのはホームと駅舎の位置関係
200330113P3060331.jpg
廃レールを活用した立派なホーム上屋と、
背もたれの高い木製ホームも味わいですが、
駅舎がホームと並行でも垂直でもない位置にある。

よってホームの階段を下りると変なスペースがある。
200330114DSC_0379.jpg
200330115DSC_0380.jpg
線路に対して45度の角度で駅舎が突っ込んでいるようにも見えます。

駅舎の裏側から見るとこんな感じ
200330121DSC_0378.jpg
周辺の土地の関係から、斜めに作るしかなかったというわけでもないようで、
どうしてこうなったかが周囲を見てもわからなかった。

そしてわからないといえば、駅舎正面のデザイン
200330118P3050328.jpg
駅舎自体は瓦屋根の木造建築で、
天井が高いということを除けばそこまで奇抜な建物ではない。
しかし、ファザードが何故か「でっかい菱形」
そしてそれを支える柱が設計上の都合からなのか、
中央の2本の横幅がやたらに長い。

どの角度から見ても異彩を放つ立ち姿です。
200330120P3050329.jpg
200330119DSC_0377.jpg

これと同じような菱形のファザードを有する駅として、
富士急行の都留市駅がありますが、
その開業年が昭和4年で、東新庄駅は昭和6年。
同じ設計者の手によるものじゃないかという思いを持ちます。
しかし、現在の東新庄駅の駅舎自体は空襲で焼失した後、
昭和26年に再建されたものらしいので、
この駅舎がそれ以前のデザインかどうかがわからない。
今度、富士急行線に行った時に都留市駅もじっくり観察したい。

待合室は天井が高い分、開放感があります。
200330117P3050326.jpg
200330116P3050327.jpg
天井が高いとはいえ、側面の窓位置と屋根の高さを考えると、
屋根裏のスペースも相当広い。
これも東新庄駅の謎なところの一つです。

駅舎の反対側は小さい公園で、桜が満開でした
200510P3060336.jpg


東新庄駅の独特の姿を25分たっぷり堪能して、
残る訪問駅はいよいよ2つ。
200510P3060337.jpg

富山地方鉄道「渋イィ駅」コレクション2日目⑧

足まかせ旅日記
05 /10 2020
200330109P3050311.jpg
エリア特急「くろべ」が内山駅を通過していきました


新魚津駅から再び宇奈月温泉行きに乗り、
初日の早朝以来の黒部川の上流部に戻り、終点から2つ手前の内山駅へ。
200330101P3050310.jpg

駅舎を正面および駅出口側から見ると、
トタンの壁とアルミの戸で作られた平凡で貧相な建物に見えます。
200330103DSC_0371.jpg
階段のつけ方がちょっと特徴的。

しかしホーム側から見ると、風情ある木造駅舎であることがわかります。

200330104DSC_0374.jpg
特に今は使われなくなった駅務室の部分がいいですね。

駅務室の方は板の壁も木枠の窓もそのままです。
200330106P3050320.jpg
200330105DSC_0375.jpg

待合室はこんな感じ。他の地鉄の駅と同じような補強がなされています。
200330102P3050314.jpg

上り線ホームの待合室は窓と屋根以外は昔のままかも?
200330107P3050313.jpg

全景を見ると結構立派な駅です。
200330108P3050319.jpg
構内踏切と駅舎が一体になってないのでホームが広く見えるせいかな?

駅から少し歩くと、前日車窓から見えた
雪を被ったヒガンザクラが線路わきに立ってました。
200330110P3050316.jpg
もう少し綺麗に撮りたかったなぁ

スマホのカメラの方が色が良く出てる?
200510DSC_0372.jpg

宇奈月温泉からの折り返しなので、またも10030形です
200330111P3050322.jpg
これに乗って、本線を一気に乗り通して、電鉄富山駅の3つ手前の東新庄駅へ。
2日目の後半にとっておいたハイライトです。

「神」逝く リトル・リチャード逝去

音狂時代(新:世界の音楽)
05 /10 2020
200509king-richard.jpg
「ロックの創始者」の一人であることは間違いない

50年代半ば、その強烈なシャウトで
ロックンロールの表現の新しい扉を開いた、
リトル・リチャードが9日に癌で死去、享年87歳。

後世に名を残す名曲を世に出したのは、
1955年から3年間と意外と短い。
しかし、それらの楽曲群はロックが現在に至るまで
内包し続ける狂気を最初に示したものでした。
※そのへんのところは以前に書きました→こちら

このときにリトル・リチャードのことはほぼ書ききっているので、
改めて書くこともないんですが、
記事を書いた当時から少し変わったことと言えば、
カラオケでそれなりに彼の歌を雰囲気だして歌えるようになったことかな。
今はカラオケボックスも自粛状態なので歌いには行けませんが、
自粛が緩やかになったら追悼の意味も込めて、
ロックを歌って盛り上がれる、音楽スナック「花の木」で、
思いっきり騒々しく「ロングトールサリー」とか歌いたいもんだ。




R.I.P Little Richard

富山地方鉄道「渋イィ駅」コレクション2日目⑦

足まかせ旅日記
05 /10 2020
20033093P3050301.jpg
三角屋根とタイル貼りの柱が他の駅舎と異なった趣


電鉄黒部駅からあいの風とやま鉄道の線路をまたいで電鉄石田駅に到着
20033086P3050293.jpg

2線2面の交換可能駅です
20033087P3050294.jpg

まず目につくのがホーム上屋。
特に下りホームは改札口まで連なる堂々たるもの。
屋根を支える梁がとても頑丈つくりです。
20033088P3050295.jpg

改札口から見上げるとこんな感じ
P3050297.jpg

ホームと段差があるタイプの駅舎で、
線路と並行に駅舎が位置しているは地鉄の古い駅舎では意外と少ない。
20033089P3050296.jpg
たいていは階段や通路を間に挟んでますし、
一つ先の経田駅はスペースが取られている。
この後訪問する東新庄駅に至っては並行でも直角でもなく斜め向いてます。

待合室と改札を仕切り扉がやたらに重厚ででかい。
20033090P3050298.jpg

待合室は古さと現役感のバランスが良く、
長い時間寛ぐことの出来る駅舎です。
20033091P3050299.jpg

駅舎は昭和33年に改築されたもの
庇というよりはどっしりとした構えの車寄せも印象的。
20033092P3050300.jpg
同じ時期に作られた駅舎があるのが、東三日市駅と上滝線の上滝駅。
3つともタイプが異なる駅舎ですので、
それぞれの駅ごとに別の設計者や施工業者に委託したのかもしれませんね。

当初の予定では、ここで一時間ほど過ごして
宇奈月方面の最後の訪問駅に向かうつもりでしたが、
駅前には住宅と畑しかなく、食事を摂れる店もないので、
先に来た電鉄富山行きに乗車。
20033094P3050302.jpg

駅舎はないけど、ホーム上屋が気になっていた新魚津駅で途中下車。
20033097P3050304.jpg

あいの風とやま鉄道の魚津駅の横に位置する乗換駅です。
20033096P3050306.jpg
かっては長大編成の特急や急行も停車したホームはすっかり無用の長物に。
新幹線のルートから外れたことで、
かっての賑わいとのギャップが激しい駅となっています。
※ただし利用者数は新幹線開通以前からじわじわ減少していて、
新幹線開業前後の差は200人程度です。

電鉄富山方のホーム先端の
資材置き場(かな?)がこの駅で唯一の古い建物。
20033098P3050307.jpg

気になっていたホーム上屋ですが、
廃レールを使った梁の構造が複雑。
20033099DSC_0370.jpg
支柱を菱形にして強度を増やすのは他の駅でもよく見ますが、
この駅では屋根と並行方向にも廃レールをクロスさせ、
菱形が垂直に交わっているような造りになっています。
20033095P3050305.jpg

電鉄黒部駅の大屋根の梁も複雑な眺めですが、
新魚津駅も「ここまで必要?」って思うぐらいに梁をめぐらせています。

予定外の駅訪問を終え、再び宇奈月方面を目指します
200330100P3050308.jpg

上市駅から4本連続の10030形

ソナ:St.Scott London 2020春・夏新作モデル

ハン・ソナ大女優への道
05 /09 2020
200507SunHwaslide_1.jpg
今年もSt.Scott Londonの顔はソナです

ソナに会いたければSt.Scott LondonのHPに行け」
というわけでもないですが、
2014年に最初にモデルになったときも含め、
モデルとしての「ソナの歩み」を確かめることができます。

今年の春夏新作のモデルもソナが担当
200504EXLHBA3U4AIOUpb.jpg
200504EXLHbmBU8AA-QTJ.jpg
200504EXLHhwGVcAEz-NY.jpg
200504EXLHIMcUYAIoTB1.jpg
200504EXLHPhpUcAEGcyx.jpg
200504EXLHUqmU8AITZrZ.jpg
200504EXLG4kmVAAYJK4w.jpg
秋冬はもともとシックなイメージを強調していたので、
大人っぽかったですが、
春夏においてもどちらかと言えば、その面が強くなっています。
とはいえ、まだ清楚な感じも十分に残していて、
ソナの女優としての多面性が生かされているとも言えます。

インスタでは過去の写真の蔵出しも含め、
ドラマ「コンビニのセッピョル」収録中で、
あまり近況を伝えられない隙間を埋めてくれています。
[Readygo]Image 2020-05-01 20-49-21
[Readygo]Image 2020-05-01 20-51-25
[Readygo]Image 2020-05-01 20-51-34
[Readygo]Image 2020-05-01 20-52-54
[Readygo]Image 2020-05-01 20-53-01
[Readygo]Image 2020-05-01 20-53-32
[Readygo]Image 2020-05-01 20-53-57
[Readygo]Image 2020-05-01 20-51-41
[Readygo]Image 2020-05-01 20-51-49
200507EXSnHvcUMAE7JT4.jpg

「コンビニのセッピョル」台本読み合わせ風景
[Readygo]Image 2020-05-09 18-25-29
右上の男優、イ・ビョンジュンさん、主人公デヒョン(チ・チャンウク)の父親役です。
「ドリーム・ハイ」でいじわるな校長やってた人ですね。
韓国男優の中でも1・2位を争う美しいバリトンボイスの持ち主です。

主演、チ・チャンウクキム・ユジョンで第一弾の予告動画でてますね。



キム・ユジョン、子役時代から活躍長いけど、
まだ20歳か・・・ずっとトップ走り続けてるな。


今後、ソナが予告動画などに登場したら記事にしますね。

富山地方鉄道「渋イィ駅」コレクション2日目⑥

足まかせ旅日記
05 /09 2020
20033082P3050289.jpg
別所線?

上市駅から、またまた滑川市中心部を素通りして宇奈月温泉方面へ。
滑川市と言えばホタルイカで有名。
なもんで、市のイメージキャラもホタルイカの「キラリン」と「ピッカ」
学校が近くにある西滑川駅には女子高生風の「キラリン」
20033072DSC_0357.jpg

滑川駅にはオリジナルスタイルの「キラリン」が駅名標にデザインされています。
20033073DSC_0358.jpg

写真撮れなかったけど、中滑川駅にも駅長姿の「キラリン」がいます。


電鉄魚津、電鉄黒部を通り過ぎて、新黒部駅の一つ先、舌山駅に到着。
20033074P3050282.jpg

長屋駅と舌山駅の間に新幹線乗換駅として新たに新黒部駅を作ったので、
新黒部駅からカーブを曲がるとすぐ舌山駅。
よって、舌山駅から新幹線の黒部宇奈月温泉駅は見えます。
20033075P3050287.jpg

地鉄の駅では珍しくカラーペンキで駅舎・待合室が塗られています。
20033076DSC_0362.jpg
ここ以外ではこの後いく内山駅と、新築される前の荻生駅くらいかな。
上田交通別所線の八木沢駅と同じような色合いです。

新幹線の駅か近くに出来たというのもあってか、
駅の周辺はところどころにある建物がそこそこ綺麗。
ひなびた場所にある木造駅舎ではない分、周囲から少し浮いた感じもします。
20033081DSC_0361.jpg
20033080DSC_0359.jpg

駅舎内部も塗装以外は特に手を加えられていない感じ。
20033079P3050284.jpg
20033078P3050285.jpg

かさ上げ前のホームの石組みと、
その上のコンクリートの武骨な感じの組み合わせも味わいがあります。
20033077DSC_0360_12.jpg
DSC_0362.jpg
P3050283.jpg
この駅で次の電車を待っている間に、ようやく少し晴れ間が見えてきました。


次に向かうは電鉄石田駅
20033083P3050290.jpg

ですが、その前に電鉄黒部駅で列車交換のためしばし停車。
20033085P3050291.jpg
電鉄黒部と宇奈月温泉を結ぶエリア特急「くろべ」待機中。
(途中、新黒部駅にのみ停車し新幹線との接続を図っています)
20033084DSC_0364_12.jpg
構内踏切からのアングルはいい写真になるなぁ。

やるならちゃんと作れ!NHK「にっぽんの廃線100」

日々の雑感
05 /08 2020
200508DSC_0339.jpg
見た瞬間に気づいたよ

緊急地震速報で放送が中断し、
6日に改めて放送されたNHKの「にっぽんの廃線100」
一時間でトーク交えながら100もの廃止された路線を紹介するのは、
内容的には「ペラペラ」になるのも仕方ないと思ってました。
それでもかなり昔の廃止路線の映像も見れたので、
それなりに満足すべきところもありました。

ただ、ここは明らかに番組の主旨とは違うだろうと思ったのは
[Readygo]Image 2020-05-08 03-55-08
「桃花台ピーチライナー」・・画面に「いやいやいや・・」って突っ込んでしまったよ。
・・とはいえ、ここもれっきとした廃線だから、まぁよい。

問題だったのは解説抜きでイッキに廃止路線を紹介するコーナーで、
「一部区間」と紹介された路線の映像。

200508DSC_0339.jpg

見た瞬間にわが目を疑ったよ。
弥彦神社の鳥居が見えるところってことは、現役路線じゃん。
廃止されたのは東三条~越後長沢で、非電化区間だ。
しかもこの「初代弥彦色」は復刻されて今も走っているぞ。
アーカイブの方ではちゃんと廃止区間の
「さよなら運転」の映像がアップされているのに、
なんでそっちを使わなかったのかなぁ。
編集作業した人が実際の廃止区間を把握してなくて、
見栄えの良い「「大鳥居をバックにした映像」を選んだんじゃないだろうか。
こーゆー雑なことされるとテツは冷めるし、
地元の人がたまたま見たら「まだ走ってるけど・・」って驚くよね。


で・・アーカイブでも間違っていたのがコレ
[Readygo]Image 2020-05-08 03-46-47
紀州鉄道線の映像。
アーカイブに保存されてるのは2001年の放送で、
ディーゼルカーのヘッドマークに「創立70周年」と書かれているので、
撮影も恐らくその年。
紀州鉄道の廃止区間、西御坊~日高川間が廃止されたのは1989年なので、
この映像は西御坊~市役所前間。
「単独路線では日本最短の鉄道」ってのを入れたかったからだろうけど、
そもそも、それは廃止区間とは関係ない話じゃないか。

まぁ、「タモリ倶楽部」の鉄道ネタのように、
純粋にテツ向けに作ったわけではないから、
内容そのものが薄くなるのは仕方ない。
(進行役が三宅裕司さんという時点でそこは納得できた)
それでも、豊富なアーカイブ駆使して番組作るなら、
下調べはちゃんとしてから放送して貰いたいもんだと思う。
※いくつかの路線ではそこの特徴やエピソードを入れていたけど、
多くの路線が「〇〇と××を結んでいました」ってだけなのも結構興ざめでした。


ちなみに、他の鉄道関係番組についても語っておくと・・・

CS日テレの「鉄道発見伝」は、
「今しか出会えない」「未来に残したい」の大袈裟ぶりが鼻につくときあるけど、
「テツ」が「テツ」向けに本気で作ってるので必ず見てます。
BSフジの「鉄道伝説」も、歴史ネタ大好きな私ですので、
25分で一つのテーマを深く掘り下げてくれて、とても楽しい。
ダメなのはテレ朝チャンネルの「昭和・平成 鉄道の時代」
切り取り方も掘り下げ方も不十分でいつも消化不良。
しかも、視聴対象が明らかに「テツ向け」なのに、
手持ちの過去の映像引っ張り出しただけの雑な作り方が腹立たしい。

上記以外のBSでよくやる「鉄道旅」番組は、
鉄道「での」旅であって鉄道「の」旅ではないので、
あえて語ることもないでしょう。
ただ・・
ローカル線の旅で出演している芸能人が、
「電車が・・・」という度に「・・・気動車」と
一人画面に突っ込みをいれているのは言うまでもない。

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。