速報:パク・セワン「2018KBS演技大賞」新人賞受賞!!

パク・セワン(박세완):期待の新進女優
12 /31 2018
18123120181231214811841.jpg
知ってた

大晦日は各局演技賞のトリをつとめる、KBS演技大賞。
こちらにはパク・セワンさんが新人女優賞でノミネート。
長編1本・短編1本(主演)・スペシャルドラマ1本と、
一年間で3本KBSで出演すれば、そりゃ貰えるだろうと思ってました。
そして、案の定というか、無事、新人賞受賞しました\(^o^)/

ちなみに、今年の新人賞受賞は男女2名ずつ
1812311546260581544_1_215001.jpg
男性のうち1人キム・グォンくんは「一緒に暮らしませんか」で共演、
もう一人の女性新人賞は「学校2017」で共演したソル・イナさんです。
もう一人の男性受賞者パク・ソンフンくんは、
TVの出演歴で言えば2011年からあるんだけど、新人賞に資格基準がいまいちよくわからない。
一つだけ確実な基準は「これまでに同じ局で新人賞を受賞したことない人」だけかな?

受賞シーンや受賞のことばについては後日アップするとして、
今回はこれまで一番華やかなセワンさんのレッドカーペット。
1812311546249907134_1_190109.jpg
181231201812311828773645_5c29e19a577bc.jpg
181231image_readtop_2018_813867_15462486753588307.jpg
181231201812311832440510_1.jpg
18123120181231184822810yuos-1.jpg
181231image_readtop_2018_813865_15462485963588304.jpg
181231201812311834778799_5c29e2d8dea6d.jpg
18123120181231184231189jpyj.jpg
純白のドレスがとてもよく似合っている

レッドカーペットの動画は貼っておこう


パク・セワンさん、新人賞受賞おめでとう!!
박세완씨 신인상을 축하해 !!


スポンサーサイト



ソナ:12/30「MBC演技大賞」レッドカーペット

ハン・ソナ大女優への道
12 /31 2018
181231SH03restmb_allidxmake.jpg
「婿殿オジャクドゥ」の共演者をエスコート役に・・
・・・というかこのご両人が受賞者なんですけどね。

30日、年末恒例のMBC演技大賞。
昨年はソナがショートドラマ部門の優秀演技賞を受賞。
今年も「婿殿オジャクドゥ」に出演と、MBCとソナの関係はなかなか良好。
そしてその作品にて優秀演技賞にノミネートされました。

181231SH02restmb_allidxmake.jpg
そのかわりと言ってはなんですが、
チョン・サンフンさん(左)が、週末特別企画部門の優秀演技賞(男優)に、
主演のキム・ガンウさんが同部門最優秀演技賞(男優)に輝きました。

この日でシックでエレガントなソナさん
181231tIF6WnB_o.jpg
1812312018123020065410676-540x810.jpg
181231art_15461854182144_8136c3.jpg
181231DvrHWQSU8AEkB78.jpg
181231DvrHWQUV4AAAAp9.jpg
181231SH01restmb_allidxmake.jpg
1812312018123001500_0.jpg
181231Hx88WnB_o.jpg
181231256041_314724_5552.jpg
1812312018123001424_0.jpg
1812312018123001585_0.jpg

2年連続の受賞とはならなかったけど、
ソナが局別賞レースで次に目指すのは「大賞」なので、
来年は主演オファーを受けて、さらなる飛躍を目指そう。


パク・セワン:「テンポガールズ」Naver Post画像集①

パク・セワン(박세완):期待の新進女優
12 /30 2018
181230PS06.jpg
ひたすら貼るのみ!

ファイブラザースのNaver Postサイトは
いつも所属俳優の出演作にビハインド画像などをしっかりアップしてくれています。
恐らく年明けにはソナが今月末に出演したドラマ「グッバイ私の人生の保険」と
バラエティ「ランニングマン」についても(少なくともどちらかは)アップしてくれることでしょう。
(TSエンタ見習え)
・・ということでパク・セワンさん主演作「テンポガールズ」も2度目のビハインド画像集。
数が大変多いので、ダンスステージメイクバージョンと、
制作発表会ビハインドは後半に分けて、今回はその他の撮影シーンのカットなどから。

181230PS01.jpg
181230PS03.jpg
181230PS02.jpg
181230PS04.jpg
今のところ当ブログでレビュー書けたのは上記画像のところまで(遅い・・・)

ここからはまだアップ出来ていない3話以降のビハインド
181230PS05.jpg
181230PS07.jpg
181230PS33.jpg
181230PS34.jpg
首の長さを目立たせるアングルがセワンさんを一番綺麗に写すかも?

20代後半になっても制服姿が似合ってしまいそうだけど、
早い段階でそこから脱皮していこうとするか、
自分にとってのハマり役として引き受けていくか・・・来年は悩むことになりそう。
181230PS10.jpg
181230PS14.jpg
181230PS15.jpg
181230PS39.jpg
181230PS40.jpg
181230PS11.jpg
181230PS41.jpg
181230PS35.jpg
181230PS36.jpg
181230PS38.jpg

24歳相応の雰囲気も充分に演じる力量を持っているので、
幅広い役柄にどんどんチャレンジしていって欲しいし、
そういったオファーも来て欲しい。
181230PS12.jpg
181230PS13.jpg
181230PS16.jpg

続きは後半で


ニュッサン&ナヒョン:WEBドラマ「Bloom(咲く)」最終回でやっと登場

SONAMOO:Green Moon Rising !
12 /29 2018
[Readygo]Image 2018-12-29 23-24-49
ニュッサンの目ヂカラ

ニュッサン微妙に似た人主演のWEBドラマ「Bloom(咲く)」
WEBでの公開前からニュッサンナヒョンが出演することはわかっていましたが、
第一話スタートから待ち続けるも、いつまでたっても出てこない。
で、最終話なってようやく登場。
ドラマの最後のヤマ場となるブライダルファッションのコンペ対決でのモデル役。



まずは、ライバル側のモデルとしてニュッサンが登場
[Readygo]Image 2018-12-29 23-24-25
[Readygo]Image 2018-12-29 23-24-28
[Readygo]Image 2018-12-29 23-24-32
[Readygo]Image 2018-12-29 23-24-37
[Readygo]Image 2018-12-29 23-24-42
[Readygo]Image 2018-12-29 23-24-46
[Readygo]Image 2018-12-29 23-24-53
[Readygo]Image 2018-12-29 23-24-56
[Readygo]Image 2018-12-29 23-25-01
ライバル側ということからか、どちらかというと固めの表情でのランウェー。
でも、このほうが何となくモデルっぽくはある。

かたやナヒョンは主役側のモデルで登場
[Readygo]Image 2018-12-29 23-25-04
[Readygo]Image 2018-12-29 23-25-10
[Readygo]Image 2018-12-29 23-25-15
[Readygo]Image 2018-12-29 23-25-18
[Readygo]Image 2018-12-29 23-25-21
[Readygo]Image 2018-12-29 23-25-23
こちらは満面の笑顔で愛嬌振りまきまくりのランウェー。
対決の構図が実にわかりやすい。

ニュッサンナヒョンで役をふりわるとなれば、このパターンが妥当ではあるんだけど、
ここはあえて「愛嬌ふりまく」ニュッサンを見たかったとも思う。
[Readygo]Image 2018-12-29 23-25-36
[Readygo]Image 2018-12-29 23-25-39
[Readygo]Image 2018-12-29 23-25-42

ナヒョンの美しいバックショットを見逃さなかったのはヨシ
[Readygo]Image 2018-12-29 23-25-48
[Readygo]Image 2018-12-29 23-25-52

で、コンペの勝者は主役サイド(そりゃそうだ)
[Readygo]Image 2018-12-29 23-25-55

・・ということで、セリフなし。ランウェー歩いただけのゲスト出演終了。
とはいえ、ハイライトのシーンのモデル役でオファーしてれたのは嬉しいし、
予想通りの・・いやそれ以上に美しいニュッサンナヒョンでした。

TSエンタは撮影時のバックステージ画像を必ずNaver Postにて公開しなさい。

パク・セワン:12/27 映画「オンニ」VIP試写会舞台挨拶

パク・セワン(박세완):期待の新進女優
12 /28 2018
181227PS03restmb_jhidxmake.jpg
来年は商業映画でも主演のオファーがきたりして・・

27日の映画「オンニ」のVIP試写会。
制作発表会・マスコミ試写会に続いてセワンさん3度目の舞台挨拶。
1812272018122720531461578-540x867.jpg
主演イ・シヨンさんの隣のポジションがすっかり板についてます。
シヨンさんの熱演もあって映画の前評判も上々。
これで公開後の動員もまずまずならば、
映画部門でも新人賞や助演賞のチャンスもあるかも?
予告編で見る限り、セワンさんの演技が話題を呼ぶような気もするんだよなぁ。

1812272018122720150366263-540x810.jpg
181228201812272031771179_5c24b85f3d76a.jpg
181227201812272010151510_1.jpg
18122720181227213411525.jpg
181227PS01restmb_jhidxmake.jpg
今回のカメラ写りは全体的に「まんまる」ですね。

さて、前記事のソナ以外にも素敵な女優さんが試写会に出席されてました。
1812272018122702948_0.jpg
パク・ハソンさんです。

昨年俳優のリュ・スヨンさんと2年の交際の末に結婚し、
同年8月には女児を出産。
2017年公開の「青年警察(邦題:「ミッドナイトランナー」2019年3月日本公開予定)」で、
2018年の「第38回ゴールデン撮影賞」で最優秀助演女優賞に輝き、
映画部門では初めての受賞となりました。

相変わらずの穏やかでほんわかした表情。
韓国女優の中でも一・二を争う「素敵な女性」だと私は思っています。
1812272018122702680_0.jpg
1812272018122701001905500140281.jpg
映画・ドラマでは穏やかな人柄、凛とした役、さらにはドタバタまで、
幅広い演技を見せてくれるのもパク・ハソンさんの魅力です。
「スリーデイズ・愛と正義」「おひとりさま・一人酒男女」は是非見て欲しい。

ソナ:12/27 映画「オンニ」VIP試写会に出席

ハン・ソナ大女優への道
12 /28 2018
1812272018122720064218892-540x360.jpg
来年は是非逆の立場で!

27日蚕室のロッテワールド内のシアターでVIP上映会が開かれた、
パク・セワンさん出演の映画「オンニ」
セワンだけでなく、主演のイ・シヨンさんもファイブラザース所属。
てなわけで、ソナがVIP試写会に出席するのは至極当然。

ロングコートのポケットに手入れっぱなしのソナさんです。
181227L2018122799099012273i1.jpg
181227image_readtop_2018_807347_15459077163584405.jpg
181227201812272042776065_5c24baf2167be.jpg
181227201812271940776498_5c24ac59d1ad8.jpg
1812272018122720061513049-540x810.jpg
181227018122702936_0.jpg
181227image_readtop_2018_807349_15459078593584411.jpg
181227SH01restmb_jhidxmake.jpg

同じ事務所の先輩・後輩の出演作をおっきなスクリーンで見て、
「来年こそは自分が」って思いを強くしたかな?
私も2019年はソナの映画出演
(さすがに主演までは求めないので)を楽しみに待ちたいですね。

先日のマスコミ試写会に続いてセワンさんの舞台挨拶もあったので、そちらは別記事で。


パク・セワン:「テンポガールズ」出演者打ち上げ

パク・セワン(박세완):期待の新進女優
12 /27 2018
181226PS01restmb_allidxmake.jpg
大晦日の「KBS演技大賞」ではレッドカーペット歩けるかな?

パク・セワンさん主演のKBS月火ドラマ「テンポガールズ」
放送が終了した26日にソウル市内で出演者の打ち上げが行われました。

打ち上げ参加者はセワンさん含めダンススポーツ部の「若い人」だけだったのかな?
18122647329235_340213893197296_434210796905912150_n.jpg
実はイ・ジュヨンさんよりクラス担任のドンヒ先生役の
チャン・ソンボムさんのほうが年下なんだがw

まだレビューが全16話中3話までしか進んでいないので、
セワンさん以外の登場人物と演じた役者さんへの思い入れが強くなっていない私。
レビュー書きながらドラマを掘り下げて見ていくと、
他のダンススポーツ部のメンバーについても語れるようになっているかも?

今回の画像貼りつけはセワンさんに限定
1812262018122602413_0.jpg
1812262018122602409_0.jpg1812262018122602429_0.jpg
1812262018122602440_0.jpg181226201812261840779778_5c234cc6cd46c_300x.jpg
181226201812261841777875_5c234cf50770e.jpg181226201812261954005510_1.jpg

この日は打ち上げに向かう前に少しだけVライブでファンに挨拶もしていました→こちら
[Readygo]Image 2018-12-27 17-35-43
また参加できないタイミングだった・・くそー

打ち上げ出席者会場入り動画がこちら


フラッシュたきまくりで、店内にいるお客さんには迷惑だなぁ・・




ソナ:「グッバイ私の人生の保険」ティーザー公開

ハン・ソナ大女優への道
12 /26 2018
181225Duw9nMnU0AAbhKM.jpg
放送日まであと3日

年末年始を飾るtvNの「ドラマステージ2019」
29日に放送されるソナ出演の
「グッバイ私の人生の保険」の予告動画が公開されました。
ロングVer.+ショートVer.


ソナ演じるユンはポスターから受ける印象ほどには暗い感じではない
[Readygo]Image 2018-12-25 23-19-44
[Readygo]Image 2018-12-25 23-19-52
[Readygo]Image 2018-12-25 23-20-05
[Readygo]Image 2018-12-25 23-20-22
[Readygo]Image 2018-12-25 23-20-31

ドラマとしてはモノローグや会話シーンが中心で、
言葉わからんかったらレビューのやりようないかも?
英語字幕があれば正月休みの間に記事アップすることになるかな?
ソナが初めてチャレンジするタイプの役柄なので、まずは雰囲気を楽しむとしよう。

ソナム:2018クリスマスメッセージ動画・・同じ日にTSエンタは重大発表

SONAMOO:Green Moon Rising !
12 /25 2018
[Readygo]Image 2018-12-25 02-14-44
これが中区新堂洞の移転した事務所かな?

24日、毎年恒例のTSエンタ所属タレントのクリスマスメッセージ動画


昨年は止む無くウィジンだけ別撮りでしたが、今年は全員そろい踏み
[Readygo]Image 2018-12-25 02-14-48
[Readygo]Image 2018-12-25 02-14-58
[Readygo]Image 2018-12-25 02-15-09
[Readygo]Image 2018-12-25 02-15-14
[Readygo]Image 2018-12-25 02-15-21
[Readygo]Image 2018-12-25 02-15-25
思えば、去年の今頃は
「年明け早々に日本でライブがあるっ!」って高揚していたんだが、
アレが幻に終わってしまったのがケチのつき始めだったのかも知れない。

ソナムとして日本に来るなんて、もうないような気がしてならん・・ふぅ。
せめてミンジェによるBoAメリクリ聴いて心を癒そう。


そのミンジェのメリークリスマスインスタが妙にツボ
181224DvKoQ5IUwAAnwH3.jpg181224DvKoRGdU8AYeN06.jpg

ハイディはさすがにミンジェほどに思い切りはないw
181224DvLeLgfVsAAf5lY.jpg181224DvLTnPgU8AEb1RW.jpg
181224DvLTe-0VYAAiDWQ.jpg181224DvLTgRmUcAAL97Z.jpg

ニュッサンもインスタでメリークリスマス
181224DvLGdHBUYAED7ti.jpg

さて、クリスマスイブの24日に
TSエンタからビエピファンのベイビーには悲痛なクリスマスプレゼントが・・
[Readygo]Image 2018-12-25 03-05-49
ヨングクに続いてマンネのZELOが契約満了で脱退。
こうなると、今後も契約満了の度にメンバーが抜けていく流れが見えてきました。
となるとTSエンタがマネジメントするカタチでの
(残された4人での)ビエピの活動も、そう長くは続かないということかも?
TRCNGビエピの穴を埋めるくらいの収益をTSエンタにもたらすという保証もないし、
TSエンタの財政事情の悪化もますます歯止めがかからなくなっていくかも。

こうしたクリスマス動画も来年は見られない・・なんてことも無きにしも非ずですな。
・・・というか来年のソナムの「ご挨拶」が「名前の違う事務所」から発信されているなら、
それはそれで決して悪いことでないような気もしますね。


ソナ:12/23 SBS「ランニングマン」ゲスト出演

ハン・ソナ大女優への道
12 /25 2018
[Readygo]Image 2018-12-24 22-54-31
折角だからこのコンビでゲームに挑んで欲しかった

23日の「ランニングマン」第431話。
ソナの登場は番組の残り4分の1くらいからで、次週に跨ぐ内容でした。


幼稚園児が書いた似顔絵からゲストを予想し、
レギュラー陣がペアになる相手を決めるという流れ。
ソナは似顔絵から女優と予想されてました。
[Readygo]Image 2018-12-24 22-54-37
[Readygo]Image 2018-12-24 22-54-40

SBSなもんで、女優としての「資料映像」は、
「神様がくれた14日」になりますね。
[Readygo]Image 2018-12-24 22-54-44
ソナが出演したドラマの中では一番評価が高い作品かも?
そしてソナにとっても演技開眼の思い出深い作品。

ソナに対して「立候補」したのはイ・グァンスヤン・セチャン
[Readygo]Image 2018-12-24 22-55-00

恒例3行詩対決でソナに選ばれたのはグァンスくん。
[Readygo]Image 2018-12-24 22-55-11
[Readygo]Image 2018-12-24 22-55-48
[Readygo]Image 2018-12-24 22-55-56

が・・・別のゲストパク・ハナさんがこの後グァンスくんを指名したため、
今度はソナが3行詩で「選考」される羽目に。
[Readygo]Image 2018-12-24 22-56-15
[Readygo]Image 2018-12-24 22-56-32
[Readygo]Image 2018-12-24 22-56-39

グァンスくんはソナに手を差し伸べ選ばれたかと思いきや・・・
[Readygo]Image 2018-12-24 22-56-53
[Readygo]Image 2018-12-24 22-57-02
[Readygo]Image 2018-12-24 22-57-11
ソナは「シングル待機所」にエスコートされて行きました・・つまり敗北
このように「いじられる」ソナを見るのも久しぶりだなぁ。

ちなみに隣にいるのは似顔絵から
パク・ナレさんじゃない?」と思われた、ソニョシデスヨン
[Readygo]Image 2018-12-24 22-57-18

結局最後の最後で、ソナユ・ジェソクさんとペアを組むことに
[Readygo]Image 2018-12-24 22-57-31
が・・ここで「選べる権利」ないハズのソナが、いきなりジェソクさんに3行詩を要求。

こういった「無茶ぶり」を見事に切り返すのが
ジェソクさんが長年ナンバーワンMCに君臨するが所以。
[Readygo]Image 2018-12-24 22-57-38
[Readygo]Image 2018-12-24 22-57-44
ソナがシクリ時代も含め「ランニングマン」初出演であることをネタにして、
ソナの名前の「화(ファ)」の字と「怒る」をかけて見ごとに落としました。
[Readygo]Image 2018-12-24 22-57-50

結果的にデビュー当時の憧れの人ジェソクさんとペアを組めて良かった良かった。
ジェソクさんなら、ソナのボケを上手く料理してくれることでしょうね。
[Readygo]Image 2018-12-24 22-57-57

来週はゲーム本番。
ソナによる「マドンナ」と、凄い久しぶりの「カラスの鳴き真似」が見れるぞ!
[Readygo]Image 2018-12-24 22-58-24
[Readygo]Image 2018-12-24 22-58-27

バラエティーに出てもどこか女優の品格を感じさせるようになったソナです。
[Readygo]Image 2018-12-24 23-00-29[Readygo]Image 2018-12-24 23-00-59[Readygo]Image 2018-12-24 23-01-06
[Readygo]Image 2018-12-24 23-01-29[Readygo]Image 2018-12-24 23-01-50[Readygo]Image 2018-12-24 23-02-07
[Readygo]Image 2018-12-24 23-02-12[Readygo]Image 2018-12-24 23-02-19[Readygo]Image 2018-12-24 23-02-28
・・・でも、来週は相当崩れてしまうかもね。

こちら登場前のソナのショット
181223DvF9D4GVsAA5STZ.jpg
181223DvFdnfMVYAA_SQi.jpg

オマケ:ファイブラザースの忘年会もあったようです
181223DvBKGS2U0AAZ-uT.jpg
181223DvBKC85VYAA60Cj.jpg
チュウォンくんももうすぐ兵役終えて戻ってくるし、
オム・テウンさんも専属契約結んだ。
いつの間にやら韓国内でも有数の俳優を抱える事務所に成長しております。

ソナム:2018年のソナムを振り返る・・それは期待で始まり失望に終わった

SONAMOO:Green Moon Rising !
12 /24 2018
181218DuvDzL7WwAANyAA.jpg
ニュッサン、最高傑作またも更新?

まずは21日にバースデーだったハイディの追加写真から
181223Du80fNoUYAAuON1.jpg
地下鉄構内までバースデーケーキ持って行ったのは初めてじゃないか

サイン書いたのかな?
181223Du80fNpV4AEmsxo.jpg

いい顔してるね
181223DvACYxCV4AAEXKR.jpg

さて、2018年が始まった時は、ウィジンドユニ人気&知名度急上昇中で、
最終的にはソルバンウル基礎票をも上回るであろう得票を獲得して一位で、
リブートグループ(後のUNI.T)に選ばれ、
ソナムへの注目度がようやくアップするのでは・・と期待を持ったものです(遠い目)

181223DvALM5rU8AA6eIa.jpg
181223DvALMQ5UUAEf276.jpg

しかし、番組の注目度の低さや、その後の仕掛けのまずさもあり、
UNI.Tの活動自体が大きな注目を集めなくなってしまい、
ソナムとしてのウィジンの活躍を相乗効果として生かすことができず、
ただ「メンバーが欠けた」状態を過ごすだけになってしまいました。
Mnetの「プロデュース101」では多くのグループが、
メンバーがオーディションに出場したり、
番組で注目を浴びた練習生をメンバーに迎えることで、
大きな恩恵を受けることができましたが、
ドユニではUNI.Tのメンバーに選ばれたメンバーのいるグループは、
そのことがむしろ活動の足枷になってしまい、
その足枷の影響を如何に最小限にするかが課題となってしまいました。

ソナムにとっての足枷はそれだけでは済みませんでした。
3月には先輩であるヒョソンジウンが、
事務所と専属契約で揉めていることが表面化し、
さらに4月には社長の死去という不慮の事態も起こり、
事務所のマネジメント自体が先行き不透明なものとなりました。

ここまで事態が煮詰まってしまうと、
「次の一手」を打つのは確かに難しいものとなりますが、
クラウンドファンディングで資金を集めたことも考えると、
「死中に活路を見出す」くらいの覚悟で、ウィジン抜きで新曲を出すか、
あるいは2~4人でユニットを結成したり、
TSエンタ所属や他事務所のタレントとコラボにチャレンジしてもよかった。

そしたらミンジェの活躍の場だってもっと作れたよね
181221Du8dC04UUAIBPWQ.jpg
181221Du8dDh3VAAE8YLU.jpg
181221Du8dELRV4AAulAW.jpg
181221Du8dEyfVsAUVj4f.jpg

ハイディの「覆面歌王」出演や、ディエナのミュージカル挑戦。
スミンの持続的な番組MC担当、そしてナヒョン・ニュッサン・ディエナのWEBドラマ出演。
さらには年末になってからのミンジェ、ハイディのOST曲参加と、
ウィジンUNI.Tでの活動に拘束されている間も含め
個別活動やイベントステージはそこそこ活発でした。
しかし、それらも単発的なものに終わってしまい、
ソナム本体としての新曲活動がない限りは、
大きな流れを作るものにはなり得ませんでした。

それでもニュッサンは「一人で」その流れを作れるんじゃないかと思ってはいます。
何度も言いますが、この逸材をちゃんとプロモートできないTSの罪は重い。
[Readygo]Image 2018-12-23 02-38-13
181217DucsnAvUcAAwk8Y.jpg
181217DucsnfPUcAAXE8e.jpg

ウィジンをはじめメンバーが奮戦するも
UNI.Tは期待したようなムーブメントにまではならず、
しかも、ドユニミクナの失敗で、
「サバイバルオーディションはもう終わった」と言われたにも関わらず、
今年半ばから始まった「Produce48」は注目を集め、
そこから生まれたIZ*ONEはデビューから快進撃。
結局TSエンタ、ソナムからすれば「組んだ相手が悪かった」ということでした。
ラブムの事務所は見切りが早く、
ジエンを2作目には参加させず、ラブムのカムバを優先させました。
イェビンの所属するDIAプデュドユニの「いいとこどり」とはいきませんでしたが、
UNI.Tの運営を事務所の代表が担っていたので、
DIAUNI.Tのスケジュール調整を巧みに行い、イェビンDIAに合流させています。
そしてソロ歌手のエンシアすらも、UNI.T活動が終わった翌日にソロ復帰を果たし、
年末には初のソロコンサートも開催されます。
結局、「事務所もグループもある」メンバーの中では、
UNI.T活動中あるいは終了後に
スムーズにグループ活動を再開できていないのはソナムだけです。

181223DvAkMZpUUAEhXps.jpg
結局、2018年はグループとしての新曲活動が全くない
「空白の一年」になってしまいました。
全く・・・なんで4年目にしてこんなことになっちゃんたんだろ?
これは想像でしかないけど、シクリB.A.Pを世に出した優秀なブレーンが、
TSエンタから全て去って行ってしまったんじゃないかな?
それとガチで金がないのにTRCNGデビューさせちゃったもんだから、
ソナムに回す人も金もないってこともあるんだろうな。
(シビアに言えば、「未知数」なほうが「失敗が見えてる」よりもまだ金の使い甲斐があると考えてるのかもね)

先日、KポGG応援の第一人者とでも言うべき
ぱんちゃ(ぽぴ)さんが久々にブログを更新して、
今年のGG楽曲TOP10を記事にされてました→こちら
その中で「You & I」を6位に選んでいただいたのは実にありがたかったのですが、
同時にソナムについては、
THE UNITでせっかく1位を獲ったのに
それを活かせないSONAMOOは、もうダメかもしれん。。。」
とコメントされています。
・・・まぁ冷静に考えれば同感なんですが、
ソルバンウルとしては認めたくはないですねぇ・・・ホント、どうにかなんものか。

181223Du7zoUCUwAA0tW9.jpg
今年に入って何回か書いていますが、
デビューから4年が過ぎ、契約上で言えば、残った年数は3年。
既に半分の時が、大きな成果のないままに過ぎてしまったわけです。
シクリで言えば、グループとしては最早停滞に入った時期に相当するわけです。
なもんで、私としてはグループとしての成功を願いつつも、
7人が個別活動になっても、その後も芸能活動を続けていける土台を
作らないといけない時期にきていると考えています。
ただ、そのためにはウィジン以外については、
ソナムとしてもう一旗揚げるくらいの輝きがないとダメでしょう。

ソナムとしての輝き、個別活動のチャンス・・・
そのどちらについても今の事務所にその力があるような気はしないんですよね。

今年の締めにこんなこと言うのも何ですが、

さっさとどっかが吸収合併してくれんかなぁ・・
(今年2度目の呟き)


パク・セワン:ひょんなことから日本のネットニュースに登場

パク・セワン(박세완):期待の新進女優
12 /23 2018
[Readygo]Image 2018-12-19 04-08-19
レビュー書かなきゃ

明日明後日で放送が終了する「テンポガールズ」ですが、
こちらではまだ3話分しかレビュー書けてない。
なんとか年内中か、遅くとも正月休みには仕上げたいもんだ。

さて、「テンポガールズ」絶賛主演中のパク・セワンさんですが、
韓国ですらまだ一般的な知名度は高くないわけで、ましてや日本では全くの無名。
これまで出演したドラマで強く印象を持ち
名前を憶えてくれた日本の韓ドラファンも少しはいるようですが、
「韓国女優と言えば・・・」って問われたときに名前が思い浮かぶようになるには、
今後の一層の活躍を待たねばならないでしょう・・ただし、その日は必ずやってきます!
[Readygo]Image 2018-12-19 04-08-55

さて、そんなセワンさんですがyahooニュースにひょんなことから登場しました。
・・といっても別に名前が出たわけではないんですが・・・こんな記事です。

[Readygo]Image 2018-12-23 02-57-22
「出演した女子生徒」は、正しくは「女子生徒役」ですが、
ようは韓国で「体にぴったり過ぎる」昨今の女子生徒の制服に関する記事。
その事例として、ドラマでもそんな制服が使われていることを示すために選ばれました。

どれだけ「ぴったり」かを示す図解では顔は出ていませんが、
これは「学校2017」の製作発表会のときのセワンさんです。
[Readygo]Image 2018-12-23 02-57-47

動画の方では顔も出てました
[Readygo]Image 2018-12-23 02-58-53

なんで「モデル」としてセワンさんを選んだかとゆーと、
「学校2017」の登場人物なの中で一番細いからなんだろうね。
主人公役だったキム・セジョンさんのほうが年齢的にはまだ女子高生に近いんだが、
体格的に「ぴったり過ぎ」をアピールしにくかったか?

「テンポガールズ」のメイキング動画も続々アップされているんですが、
丁度レビューしたところまでのやつを貼っておきます。


最初のシーン、セワンさん何度も走らされたみたいですね。
[Readygo]Image 2018-12-23 20-43-49
[Readygo]Image 2018-12-23 20-43-53
[Readygo]Image 2018-12-23 20-44-01
[Readygo]Image 2018-12-23 20-44-05
[Readygo]Image 2018-12-23 20-44-10
[Readygo]Image 2018-12-23 20-44-13
撮影は真夏ではなかったろうから、半袖では少し寒かったかもね。

シウンが「踊らず」にパスしたダンススポーツ部オーディションのシーン
[Readygo]Image 2018-12-23 20-44-45

ギュホ先生が柔道有段者イェジに投げ飛ばされるところ
[Readygo]Image 2018-12-23 20-44-36
[Readygo]Image 2018-12-23 20-44-38
[Readygo]Image 2018-12-23 20-44-42
ギュホ先生役のキム・ガプスさん、
生徒役の俳優さんたちに本当の先生の様に包容力ある接している感じ。

おバカコンビのドヨンとユンジ、
ドラマのいいアクセントになっています。なんか目が離せません。
[Readygo]Image 2018-12-23 20-44-49

視聴率的には裏番組に苦戦していますが、結構いいドラマなので、
いいレビュー書いて興味持ってくれる人を増やしたい。

ソナム:慰問列車「陸軍第3野戦軍司令部」:今年最後のステージかな?

SONAMOO:Green Moon Rising !
12 /23 2018
[Readygo]Image 2018-12-23 20-14-10
ウィジンのこのポーズは初めて見る

21日ハイディのインスタ画像が、ステージ衣装だったので不思議に思ってたんですが、
この日の慰問公演のステージ衣装だったようですね。
・・ということで今年最後(だと思う)の「I ( Knew It)」「I Like U Too Much」


※年末の各放送局の歌謡大祭には今年もお声かかからないんだろうなぁ・・
せめてKBSではUNI.Tを再結成させて欲しい気もするが・・
なんかそれはそれで悲しい気もするしなぁ。

「I (Knew It)」は主にアップのキャプチャ
[Readygo]Image 2018-12-23 20-10-06
[Readygo]Image 2018-12-23 20-09-29
[Readygo]Image 2018-12-23 20-10-24
[Readygo]Image 2018-12-23 20-09-53
[Readygo]Image 2018-12-23 20-09-38
[Readygo]Image 2018-12-23 20-09-42
[Readygo]Image 2018-12-23 20-09-33
全員の着座ポーズ、ウィジンはこの座り方だったか。

「I Like U Too Much」は慰問公演らしく溌溂としたシーンをキャプチャ
[Readygo]Image 2018-12-23 20-13-43
[Readygo]Image 2018-12-23 20-13-46
[Readygo]Image 2018-12-23 20-13-49
[Readygo]Image 2018-12-23 20-13-55
[Readygo]Image 2018-12-23 20-13-57
[Readygo]Image 2018-12-23 20-14-00
[Readygo]Image 2018-12-23 20-14-03
[Readygo]Image 2018-12-23 20-14-07
[Readygo]Image 2018-12-23 20-14-14
[Readygo]Image 2018-12-23 20-14-17
[Readygo]Image 2018-12-23 20-14-22
[Readygo]Image 2018-12-23 20-14-25
[Readygo]Image 2018-12-23 20-14-28

特にミンジェのこうしたステージでのノリとファンサの良さは素晴らしい
[Readygo]Image 2018-12-23 20-14-12

来年はガールズグループの本流に返り咲けるのか、
それともこのまま傍流で彷徨ってしまうのか・・・心配だなぁ

12/21 : Happy Birthday High.D !

SONAMOO:Green Moon Rising !
12 /22 2018
181217Dun27pkV4AE6nsp.jpg
ハイディも22歳ですかー

21日は「12月3連発バースデー」の締め、ハイディの誕生日でした。

181221Du3kAfdVAAEQPDu.jpg

誕生日を契機にインスタグラムも開設
181221Du70M-lUUAAEf94.jpg

この一年のハイディは何といっても「覆面歌王」への出演。
ようやく、そのシンガーとしての実力をソナム以外の場で知らしめることができました。
その効果があったのかどうか、OST曲への初参加も実現。
しかも内容的に良質なもので、今後の歌手活動への期待も高まりました。

181221DucdAk5U0AEHz0e.jpg
18122118DuW0edLUcAE9vyN01.jpg
18122118DuW0edLUcAE9vyN.jpg
181221DucdAk5VYAIfvEq01.jpg
181221DucdAk5VYAIfvEq.jpg
実はセルカ映りがかなり素晴らしい「ドヤ顔」ドヒちゃん

もちろんバースデーVライブもあり
[Readygo]Image 2018-12-21 22-40-52[Readygo]Image 2018-12-21 22-40-55
[Readygo]Image 2018-12-21 22-40-58[Readygo]Image 2018-12-21 22-41-01
[Readygo]Image 2018-12-21 22-41-03[Readygo]Image 2018-12-21 22-41-07
バースデープレゼント等の写真はまだアップされてないので後日に

スミンは謎の秘蔵動画をお祝いアップ
[Readygo]Image 2018-12-21 22-40-38

ニュッサンも秘蔵写真を公開・・・これはいいパターンだね。
181221Du3mE_tU0AYjQOI.jpg
181221Du3mE_8UYAAHLkp.jpg
181221Du3mE_5UcAYSjwp.jpg
181221Du3mE_1UcAIcs20.jpg

そして新たにミンジェもインスタで「お祝い」に参戦
181221Du3o6QCUYAAnOZ-.jpg
・・・がメインの映りがミンジェなのは流石と言うか‥何と言うか・・・


22歳最初の仕事が
今月27・28日の親友エンシアの初単コンのサプライズゲストなら嬉しいな。
ソナム年内カムバックは諦めたさ!)

誕生日おめでとうハイディ

パク・セワン:12/20 映画「オンニ」試写会に出演者として参加

パク・セワン(박세완):期待の新進女優
12 /21 2018
1812205dSGZmB_o.jpg
今年はこうして壇上に上がる機会が多かった

新年1日から韓国で封切りされえるパク・セワンさん出演の映画「オンニ」
20日にソウル紫陽洞(チャヤンドン)ロッテシネマでマスコミ向け試写会が行われました。

イム・ギョンテ監督の他、主演のイ・シヨンさん、共演のイ・ジュニョクさん、
そして主人公イネの妹ウネ役のパク・セワンさんが出席。

1812201S8JFRC444_2.jpg
181220NISI20181220_0014747888_web.jpg
イ・シヨンさんもセワンさん・ソナと同じファイブラザース所属です。

1812201S8JETF9QH_1.jpg
1812201545291002669_1_163357.jpg
1812202018122002640_0.jpg
1812202018122002721_0.jpg
1812201S8JEZ7IN4_1.jpg
ほんとうの姉妹のようにセワンさんの手を引いて壇上に上がるシヨンさん。
映画の中では行方不明の妹を姉が探し続ける展開なので、
2人が一緒に撮影したシーンはそれほどは多くないんだろうけどね。

壇上にはドーンとシヨンさんアップのポスターがありますが・・
18122020181220703050.jpg

反対側にはメインキャストとしてセワンさんもピックアップされているポスターもありました。
1812202018122016413251200.jpeg

セワンさん演じるウネは両親と死別し姉と二人暮らしで、
知的障害を負っている高校生という設定。
1812202018122015581632900.jpeg
181220201812201610938374_1.jpg
1812202018122016120898700.jpeg
181220PS01.jpg
181220art_15452953702847_e779b9.jpg
18122020181220_1545297389_52045000_1.jpg
初めての長編商業映画で難しい役柄に挑戦したわけですが、
そんな重要な役どころをセワンさんなら演じることが出来るという
制作サイドの評価があったんでしょうね。

映画のダイジェストがアップされているんですが、
これで見る限りでもかなり体当たりの演技であることがわかる。
(もちろん主演のシウンさんはそれ以上にアクションだらけの体当たりなんですが)


弱い立場のウネが心配でならない姉イネ。
[Readygo]Image 2018-12-21 05-25-42

姉の懸念通りウネは学校でもいじめにあっています。
[Readygo]Image 2018-12-21 05-25-49

そして、ついにクラスメイトの悪だくみにより拉致られ売り飛ばされてしまいます。
[Readygo]Image 2018-12-21 05-25-56
そこで監禁・暴行・レイプと凄惨な目に合うわけですが、
一度はスキを見て逃亡・・・しかしすぐに捕まります。
[Readygo]Image 2018-12-21 05-26-01
[Readygo]Image 2018-12-21 05-26-04
[Readygo]Image 2018-12-21 05-26-09
ここの泣き叫ぶシーンなんて真に迫ってますよ。

今回はかなり痛ましい役を演じたセワンさんですが、
その痛ましさが観客に伝わることで、姉イネの怒りにボルテージの高さに、
感情移入していくことが出来るのではないでしょうか。
その意味ではセワンさんのこの映画での役割は結構重要です。
[Readygo]Image 2018-12-21 05-26-12

結構バイオレンスなアクションシーンも多そうだし、
私の好みとしてはそんなにみたいとは思わない映画なんですがw
日本での公開は・・・あれば見てみようかな。
ただし・・・最後に無事に姉妹が再会するオチならば・・・だ。
(バッドエンドは見たくない)

余談:この試写会の記事を掲載した
TOP STAR NEWS・・セワンさんの写真が制作発表会のときのものだ。
雑な仕事してんじゃないよ!

ヒョソン:トミー商会Naver Post第2弾&インタビュー動画

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
12 /21 2018
181220JHS13.jpg
シタにとっては最高のクリスマスプレゼントである

先日ヒョソンのプロフィール画像のメイキングを、
開設したてのNaver Postでの第一弾記事としてアップしたトミー商会。
矢継ぎ早にプロフィール画像のBパートも続編として公開。
嬉しいことに、このBパートが一層ヒョソンの美しさを見せつけてくれています。

特にこの純白セーターのカットが素晴らしい
181220JHS01.jpg
181220JHS05.jpg
この2枚(実質一枚)が完成品のようですが、
それ以外のカットも全部採用して欲しいくらいです。
特にこの2枚、さっそく我が家のポスター用にプリントアウトしよう。
181220JHS06.jpg
181220JHS07.jpg

ヒョソンの白い肌をこれでもかと強調する最高のセッティングですね。
181220JHS08.jpg
181220JHS09.jpg
181220JHS10.jpg
181220JHS11.jpg
181220JHS12.jpg
181220JHS14.jpg
181220JHS15.jpg
181220JHS16.jpg

他の衣装のカットは以前の記事と多少重複するかな
181220JHS17.jpg
181220JHS19.jpg
181220JHS02.jpg
181220JHS25.jpg
181220JHS18.jpg
今気づいたけどトミー商会さん画像にロゴ入れてないな、
このへんまだ仕事に不慣れ感がある。

181220JHS03.jpg
181220JHS22.jpg
181220JHS21.jpg
181220JHS04.jpg
181220JHS23.jpg
181220JHS20.jpg
ファッション雑誌とかの濃い目のメークよりも、
今回の撮影のような薄めの化粧のほうが男心はくすぐられます。

これからは以前のように色んなところからモデルの仕事も舞い込んできそうですね。
181220JHS24-01.jpg
トミー商会さん、ひとつよろしくお願いしますよ。
軌道に乗ったら、是非日本でもファンミーティングを。
首をながーくして待ってますよ!

インタビュー動画も貼っておこう


こちらは撮影時のオフショット
181220JHS26.jpg
181220JHS27.jpg
181220JHS28.jpg

ここ数日のグラビア攻勢で、「ヒョソン欠乏症」はかなり改善されました。
お次はジウンだ・・・事務所移籍の件どうなっているのかな?


ウィジン:12/16 カフェバイト&ファンミイベント

SONAMOO:Green Moon Rising !
12 /21 2018
181221EJ18.jpg
ファンにとって至福の時間

16日に開催されたウィジン単独のカフェでのファンミーティング
カフェでバリスタの研修を受けて、ファンにコーヒーをふるまうというものですが、
前日に同じ企画をユンジョがやっていたようだけど、流行ってるんだろうか?

で、ファンによる撮影やら動画、ウィジンのインスタでは、
すぐにアップされたわけですが、
20日なってようやくTSエンタのNaver Postでも記事になりました。

例によってそこそこ大きなサムネイルで貼っていこう
181221EJ01.jpg
181221EJ02.jpg
181221EJ03.jpg
181221EJ04.jpg
181221EJ05.jpg
181221EJ06.jpg
181221EJ07.jpg
181221EJ08.jpg
181221EJ09.jpg
181221EJ10.jpg
181221EJ11.jpg
181221EJ12.jpg
181221EJ13.jpg
181221EJ14.jpg
ただコーヒーいれるだけじゃなくて、キッチン業務いろいろやったみたいですね。
で・・ウィジンのラテアート作品がこちら
181221EJ15.jpg

そして、ファンと向き合っての距離の近さが羨ましいミニファンミ
181221EJ16.jpg
181221EJ17.jpg
181221EJ19.jpg
181221EJ20.jpg
お開きの時も一人ひとりで握手

ファンカムによる動画も距離が近いだけにウィジンがまぁ美しい


こうしたイベントはファンにとっても「大豊作」なんだろうね。
いい写真がたくさんアップされているので、少しだけ貼らせてもらおう。
18121799E41B345C1648F719.jpg
1812179904E5345C16491717.jpg
181217Dujf6pWV4AAV6w0.jpg

そこそこな人数のファンが終結していたんですね。
羨ましくはあるけど、こーゆー場所は若い人に譲っておこう。
181217Duh2VQJUwAAYDx5.jpg

この日はウィジンのボブヘアーをファンに初お披露目
私の好みとしてはどストライクです。
181221EJ21.jpg


今後ソナムの他のメンバーでも是非こういった企画をやっていただきたい。
スミン「大きなトモダチ」との「ほわほわドゥラン」とか面白そうだぞ。

【不確定情報】ジウン、既に移籍先事務所決定?

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
12 /20 2018
[Readygo]Image 2018-12-20 02-45-17
まだ憶測の範囲内のようですが、いい方向に進んで欲しい

先日ジウンがアップしたインスタ写真
[Readygo]Image 2018-12-20 02-54-21
よくあるジウンの外食写真かと思いきや、
デザートの情報のジウンの名を書いたネームプレートがある。
しかも、名前の下には「俳優」とまで書いています。
・・・ということは、これは何らかの招待された会席。

その場所がこれ
181220DuwcLtsVAAEz7dn.jpg
181220Duwco7FU0AEkyVu.jpg
在韓ニュージーランド大使館に招待されての食事会です。
注目は一枚目の写真でジウンの隣にいるお方。
皆様ご存知の韓国トップ女優の一人ハ・ジウォンさんです。

このパーティー、ハ・ジウォンさんならびに彼女が所属する芸能事務所、
「太陽と月(Haewadal )エンターテインメント」御一行が招待されたもの。
事務所のツイートにもこのような文章が・・・
181220Duwcq_2V4AACZWh.jpg

そして、在韓ニュージーランド大使館のツイートでも
181220DuwcsjYUcAAbFRC.jpg
招待された「事務所のメンバー」としてジウンの名前が挙がっています。
残りの2人、パク・ギウンさんとキム・インシクさんが
ハ・ジウォンさんと同じ事務所と確認がとれたんで、
そこに関わりのないジウンが混じることは考えにくい。

つまり、現段階でジウンは太陽と月エンタと何らかの関りがあるということです。
そして、それはシンプルに考えて専属契約を既に結んでいるということ。
しかし、このことはTSエンタとの専属契約紛争の関係から、
現時点では公式に発表する段階にはないということなんでしょう。

それにしても太陽と月エンタのインスタからこのことに気付いた人エライ!
ソース→こちら

ジウンの芸能活動復帰は近いか?それともまだ道は険しいのか?
今後の推移に注目です。

ソナ:ドラマ「グッバイ私の人生の保険」ポスター公開

ハン・ソナ大女優への道
12 /20 2018
[Readygo]Image 2018-12-20 03-15-28
23日にはSBSの「ランニングマン」にもゲスト出演だ

年末29日に放映されるソナ出演のtvN「グッバイ私の人生の保険」
単話のドラマなので収録の方は既に終わっているのではないかと思いますが、
ポスターの方が先日公開されました。
181220Dux9ZDvU8AEeUpC.jpg
ソナもメインキャスト扱いです。

こちらはイメージポスター
181220Dux9aYRVAAAIvtC.jpg
ソナの名前は2番目に来ていますね

tvNの「ドラマステージ2019」のサイトでは、
順次プレビュー動画やドラマ詳細をアップするようで、
「グッバイ私の人生の保険」は、まだソナを含む主要キャストの紹介のみ。
181220DuyPP9UU0AA4HLD.png
もうちょっと血色の良い顔色の写真はなかったものか・・・
「死者の家族のためにAIのクローンを作る会社の従業員ユン」って役柄は、
冷たい機械的な人物ってニュアンスなのかな?
そのへんはプレビューが公開されればもう少し判明しそうですね。

23日には人気番組「ランニングマン」にゲスト出演
[Readygo]Image 2018-12-20 03-15-16
ソナにとってのデビュー当時の憧れ(「青春不敗」より)の人ユ・ジェソクと共演。
シクリとしてもソナ単独でもランニングマンへの出演はこれまでなかったので、
ジェソクさんとの共演は2011年のネネチキンのCM以来じゃないか?


これは「別撮り」だろうから、この時は会ってない可能性もあるね。
(「青春不敗」ではソナがジェソクさんに収穫したサツマイモ届けに行って会ってますね)


・・・・メイキング見てたら涙腺緩んでしまった。

オマケ:ソナの最近のインスタ画像
[Readygo]Image 2018-12-20 02-42-49
[Readygo]Image 2018-12-20 02-41-57
[Readygo]Image 2018-12-20 02-42-29
[Readygo]Image 2018-12-20 02-43-26
[Readygo]Image 2018-12-20 02-43-23


ミンジェ&ウィジン:1月から新番組レギュラー

SONAMOO:Green Moon Rising !
12 /20 2018
181218DuBweN_U8AATVh0.jpg
まぁ地上波でもケーブルでもないようだけど

新年1月20日よりミンジェウィジン「새라랜드(サラランド)」って番組をスタートさせます。
※アラバマ州のサラランドとはもちろん無関係

サラランドってのは韓国のネットショップサイトっぽい→ここ

そのサイトの商品をあれやこれや紹介する情報番組ってことか?


ミンジェ、ウィジン以外のMVはビッグフローウィジンくんと、
モデル兼俳優のイ・ソンギさん。

The Unit男女一位が揃い踏みする番組・・・・・
番組やUNI.T・U.N.Bが「大当たり」してたら注目も集めたんだろうけど、
今のところネットニュースではまったく触れられていない模様(トホホ)

ソルバンウルとしては、この2人の組み合わせというのは興味深いですよね。
前日も書きましたが、
「かなり空気を読める」ウィジンと、
[Readygo]Image 2018-12-18 23-56-44
[Readygo]Image 2018-12-18 23-56-50
[Readygo]Image 2018-12-18 23-56-52

「どちらかと言えば空気読まない」ミンジェ
[Readygo]Image 2018-12-18 23-56-48
[Readygo]Image 2018-12-18 23-56-55
[Readygo]Image 2018-12-18 23-56-57
[Readygo]Image 2018-12-18 23-56-59

ソナムではバラエティ向き2トップではあるけど、
タイプの全く異なる2人を組み合わせたのは実に面白い。
これは推測なんだけどビッグフローウィジンくんがいることから、
TSエンタへのオファーのカタチとしては
ウィジンとあともう1人」って感じじゃなかったか。
そこにニュッサンでもスミンでもなく
ミンジェをセレクトしたTSエンタ久々のグッジョブ(・・と思う)

ただ、デビューから4年経っているけど、この2人の親密度って、
他のメンバー同士の組み合わせよりも未知数な部分も多いのが心配でもある。
まぁ、ミンジェがどんどん突っ走って、
ウィジンが上手くコントロールしてくれれば何とかなるか。

インスタを開設したミンジェ、連続投稿中
181220Dux_dCsU0AAAEJp.jpg181220Dux_dvtUcAAoO88.jpg
181220Dux_e9VVYAAiNrn.jpg181220Dux_edcVsAA-MG3.jpg
ハイディのバースデー記事に貼ろうかとも思ったけど、
ミンジェメインの映りだからね。

ウィジンはセルフポートレートと風景写真をバランスよく公開してますね
191210Dt-8yWRU8AAtnQd.jpg181210Dt-8HrtU0AIAu-d.jpg
181217DudKm4FUwAAW2jc.jpg
181217DudKnUYVsAA0l_u.jpg
ウヒは所属事務所との契約は終了したけど、
21日からネット配信されるドラマに出演する。
ダルシャ後のセカンドキャリアのスタートですね。
この3ショットは15日のユンジョのカフェアルバイトイベント。
ユンジョはまだ事務所は決まってないけど、1月にファンミを行うそうだ。
で、16日にはウィジンが同じようなイベントを開催
181217DuhydpMUUAEUq_k.jpg
181217DuhzENyUUAMAisH.jpg
181217DuhzE5gUUAAWyW_.jpg
イェビンも顔を出した16日のウィジン単独のファンミの記事どうしよう・・
ファンの撮った写真や動画は一杯あるんだけど、
それはブログにはあまり転用したくない。
TSエンタのNaver Postにアップされればいいんだけど、
まさか事務所関係なしに開催されたとかじゃないよね?


12/18 Happy Birthday ! ミンジェ

SONAMOO:Green Moon Rising !
12 /19 2018
181209DtiNkGvVAAA9jHx.jpg
なかなか良い出来栄え

12月18日はソナムの次女ミンジェのバースデーでした。

181218DuoHbzHUcAAMw-2.jpg
来年はもっと凝ったもの作れよTS

この一年間はソナムの楽曲活動がなかっただけなく、
ミンジェの単独での活動も少なかったなぁ。
最後の最後で初のOST曲参加があってホッとしたけど、
もっとミンジェに歌う場を与えて欲しいもんだ。
たまにVライブでカラオケ披露している場合ではない。

誕生日を境にしたミンジェの変化は・・・インスタ開設
181218DuoLu3pUYAAITpn.jpg
181218DuoLuYpVsAAwD7M.jpg
181218Dur6sJZVAAEbsQN.jpg

誕生日のアレコレもアップしています。
[Readygo]Image 2018-12-18 23-54-10
[Readygo]Image 2018-12-18 23-53-50
[Readygo]Image 2018-12-18 23-54-49
[Readygo]Image 2018-12-18 23-54-34

もちろんバースデーVライブもあり
[Readygo]Image 2018-12-18 23-56-22[Readygo]Image 2018-12-18 23-56-25


スミンニュッサンミンジェの「秘蔵」(一応)写真を貼ってのおめでとうツイート
181218DuomozbU8AAd8kJ.jpg
181218DuomozaVAAE5Ngb.jpg
181218DuoaswcUwAA1NfG.jpg
181218DuoaswcUUAAwFMo.jpg
181218DuoaswfUcAAkZW8.jpg
181218DuoaswlU0AEuJcc.jpg

ソナム「天然型」バラエティ要員たるミンジェ
その活躍の場面がなかったのが、この一年の不満でしたが、
来年早々にWEBの方で
「プロフェッショナル型」バラエティ要員ウィジンと、トーク番組やるようです。
そのへんの記事はこの後で。

来年は「歌と笑い」で飛躍しよう!

ミンジェ、誕生日おめでとう!!

ヒョソン:トミー商会宣材写真、追加カットなど

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
12 /18 2018
1812182018121801001255200091612.jpg
素敵な30代の女性になりそうです。

ヒョソンの記事が再び増えだしているのはとても嬉しいことで。
18日はトミー商会が先日公開した宣材写真の追加カットが記事になりました。
18121824569_19636_1041-01.jpg
この2枚いいね。大きいサイズで貼りたかった。

トップの2枚はサイズが大きいのもあった。
18121820181218084811952-01.jpg
18121820181218084811952.jpg


右の写真は既出ですね、
18121824569_19636_1041.jpg

こちらは初出のビハインドカット
181218img_20181218115846_4db0229d-02.jpg


なんか失礼な記事も出てた
デビューの時の顔は影も形もなく、外見がパッと変わった姿である。
写真の補正をしたのか、整形をしたのか、ダイエットのためか、
以前とは違っても、あまりにも違う。


いつの写真と比べて言ってんだよ!(怒)

デビューから10年近く経っているんだぞ、そこと比べるなんてどうかしてる。
インスタとかちゃんと見てれば、「あまりにも違う」なんて言えないと思うんだけどね。
いい加減な記事書くんじゃないと憤りを感じますね。

パク・セワン:「テンポガールズ」第2話

パク・セワン(박세완):期待の新進女優
12 /18 2018
[Readygo]Image 2018-12-16 01-17-13
[Readygo]Image 2018-12-16 01-14-56
淀みない抑揚の効いたセリフ回し。多彩な表情変化。未来の名優ここにあり。

ゆっくりでもドラマの進行に追いつくべくレビューを進めていく、
パク・セワン主演「テンポガールズ」。
第2話はシウンがダンススポーツ部に入部する流れです。

ダンススポーツ部で実績を上げて
ソウルの大学への特別入学切符を手にすることを思いついたシウン。
早速に人数集めとして、友人2人に声を掛けます。

イェジにもナヨンにも、自分が一番の理解者のフリして甘言で釣ります
[Readygo]Image 2018-12-16 01-11-07
[Readygo]Image 2018-12-16 01-11-22
イェジは(一応)ケガで柔道を諦めて転校してきたコで、
目標を失って空虚な日々を送っています。

ナヨンはヒップホップダンスをやりたかったものの定員オーバーで断られます
[Readygo]Image 2018-12-16 01-11-27

その瞬間を逃さないシウン
[Readygo]Image 2018-12-16 01-11-29
[Readygo]Image 2018-12-16 01-11-42
ナヨンは自分の容姿に自信があり、
周囲の評価とのギャップに気付いていない存在です。
まぁ・・・ナルシストですね。

心を許せる友達もおらず、閉塞感だらけの高校生活を送っているシウンですが、
コミュニケーション能力は意外と高いようです。
[Readygo]Image 2018-12-16 01-11-45

踊り場で2人で独学でダンスの練習をしている
ドヨン(イ・ユミ)とユンジ(キム・スヒョン)に気付くシウン
[Readygo]Image 2018-12-16 01-11-50

彼女たちも誘おうかとも考えましたが・・・
[Readygo]Image 2018-12-16 01-11-59
この2人が入部すると何かとめんどくさそうなのでパス
ドヨン(左)とユンジ(右)は学校の中でも一二を争うおバカコンビ。

まだ入部もしていないのにシウンはバラ色の未来を妄想中
[Readygo]Image 2018-12-16 01-12-07
[Readygo]Image 2018-12-16 01-12-11
大会で優勝した時の受賞のコメントまで考えちゃってます。
「私には親はいません全部自分だけの力です」との決め台詞まで準備。
その妄想を中断させたのが後頭部に直撃したボール。
そのボールを「取ってくれ」と言ったのが隣の高校のスンチャン。
[Readygo]Image 2018-12-16 01-12-20

シウンとスンチャンは幼馴染。
スンチャンは幼い頃、女の子っぽい感じがあったもので、
何かきっかけがあればすぐにそれをネタに罵り合いが始まります。
[Readygo]Image 2018-12-16 01-12-24
[Readygo]Image 2018-12-16 01-12-34
で、いつも言い負かされるのはスンチャンのようです。

さて、「厄介者」のヘジンは放課後、ドンヒ先生からネチネチと嫌味を言われます。
[Readygo]Image 2018-12-16 01-12-47
[Readygo]Image 2018-12-16 01-12-50
もちろんヘジンにそんな嫌味が効くわけもなく、
むしろ強烈にやり返されてしまうドンヒ先生。
そもそもヘジンは彼のことを先生とすら呼ぼうとしないくらいに舐め切っています。
両親がいない環境で育ったヘジン。
醒めた目で世の中を斜めに見ている彼女が、
これからどう変わっていくかもドラマの大きなポイントです。

部員が不足しているとはいえ、オーディションで実力ある部員を確保したいギュホ先生。
[Readygo]Image 2018-12-16 01-12-53
ポスターの効果か、会場前には大行列が発生していて大喜び。

「競争率の高さ」に不安を感じるシウン
[Readygo]Image 2018-12-16 01-12-57

そんなこんなで、「実力はありそうだけど、
ダンススポーツには向かない」と判断された参加者をバシバシ不合格にするギュホ先生。
[Readygo]Image 2018-12-16 01-13-10
余裕の笑みで不合格を連発します。
さすがに不安を感じる部長(ムン・ヘイン)
[Readygo]Image 2018-12-16 01-13-13

独習が故にステップの名前すらあやふやなドヨン&ユンジも不合格
[Readygo]Image 2018-12-16 01-13-18

余裕ぶっこいていたギュホ先生ですが、
先ほどの行列がオーディションとは別のものと知って愕然。
[Readygo]Image 2018-12-16 01-13-27
[Readygo]Image 2018-12-16 01-13-31
残っていたのはこの3人のみ。

こうなると、オーディションは形式だけで合格にするしかない。
[Readygo]Image 2018-12-16 01-13-58
怪しげなダンスのナヨンも・・

[Readygo]Image 2018-12-16 01-14-08
ギュホ先生を背負い投げしたイェジも・・

[Readygo]Image 2018-12-16 01-14-15
更にはダンスを披露しなかったシウンも「合格」

ドヨンとユンジも追加合格
[Readygo]Image 2018-12-16 01-14-53

これで一年生メンバー2人も含め7人まで揃った
[Readygo]Image 2018-12-16 01-15-08

が・・・ダンススポーツのことを何もわかっていないのに
甘く見ている新入部員たちの自己紹介に部長はブチ切れ寸前
[Readygo]Image 2018-12-16 01-15-22
[Readygo]Image 2018-12-16 01-15-26
・・・というかキレました。
ギュホ先生に「あいつらダメっすよ、使い物になりません」と伝えようとしたら、
ギュホ先生、もっと「どうにもなりそうにない人材」を連れてきました。
[Readygo]Image 2018-12-16 01-15-37
ヘジンです。※ギュホ先生が彼女をスカウトした理由は第3話で明らかになりそうです。

これにはシウンもびっくりで思わず拒絶反応を示してしまいます。
[Readygo]Image 2018-12-16 01-15-42

が・・・ヘジンのことで揉める前に、ロッカーから謎の物音が・・・
[Readygo]Image 2018-12-16 01-15-48

そこに隠れていたのはなんとスンチャン
[Readygo]Image 2018-12-16 01-15-52
[Readygo]Image 2018-12-16 01-15-54
女子高に男子が隠れていたわけですから、そりゃ大騒ぎです。

「何故ここに隠れていたのか?」あれやこれは憶測が飛び交います
[Readygo]Image 2018-12-16 01-16-05
[Readygo]Image 2018-12-16 01-16-07
「誰かのストーカー?」などなど女子トーク大盛り上がり。
シウンは「そんなんじゃない、コイツは変態よ!」とさらにヒドイ。
で、ギュホ先生がスンチャンの親に連絡をとろうとしますが、
[Readygo]Image 2018-12-16 01-16-13
スンチャンの父親は造船所の人事担当クォン・ドンソク(チャン・ヒョンソン)

シウンの母を人員整理でクビにしたことから、彼女から恨まれています。
[Readygo]Image 2018-12-16 01-15-03
[Readygo]Image 2018-12-16 01-15-00

このときも車を横づけされたミヨンに気を取られて電話に出れず。
従ってスンチャンへの疑惑は余計深まり、
弁明しようにも言葉が上手く出てこないスンチャン。
思い余ったスンチャンはいきなり踊りだします。
[Readygo]Image 2018-12-16 01-16-20
[Readygo]Image 2018-12-16 01-16-28
[Readygo]Image 2018-12-16 01-16-23
それはもう見事なステップでシウン含め一同唖然。

スンチャン潜入の目的は・・・ダンススポーツ部に入部希望?
[Readygo]Image 2018-12-16 01-16-38

ヘジンとスンチャンの謎を残したまま第2話は終了
そして、次回はシウンのダンスの実力も明らかになります。
(ここまで、まだ踊っていません)

パク・セワンさんと「自己発光オフィス」で最初に出会って気に入ったように、
このドラマでも表情の変化が実に生き生きしています。
[Readygo]Image 2018-12-16 01-17-30
[Readygo]Image 2018-12-16 01-13-45
[Readygo]Image 2018-12-16 01-15-13
それに口跡がホント心地よい。
それぞれの場面での色んなトーンのセリフがメリハリ効いていて、
いつも聞きほれてしまいます。

表情に見惚れて、セリフに聞きほれて・・・パク・セワンさんはそんな女優さんです。


ヒョソン:トミー商会の「本気度」に期待

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
12 /17 2018
[Readygo]Image 2018-12-17 16-12-10
[Readygo]Image 2018-12-17 16-12-57
コンセプトは再生

先日、ヒョソンの移籍先、トミー商会での宣材写真のメイキングの様子が、
トミー商会のNaver Postで公開されましたが、
これがトミー商会のNaver Postでの最初の記事。
さらに、メイキング動画についてはyoutubeでもアップされていますが、


こちらについても、この動画アップのためにチャンネルを開設したもので、
ヒョソンの動画がその第一号。
[Readygo]Image 2018-12-17 16-12-16
[Readygo]Image 2018-12-17 16-12-20

トミー商会自体が立ち上げから日が浅いというのもあるでしょうが、
すれまでに複数名の俳優を抱えながらも、このようなPR活動はやってこなかったわけで、
ヒョソンが所属したことによって、
トミー商会にとっても「大きな柱」ができたということなのかも知れません。
[Readygo]Image 2018-12-17 16-12-23
[Readygo]Image 2018-12-17 16-12-27
[Readygo]Image 2018-12-17 16-12-31

これらの行動の速さはトミー商会による
ヒョソンへのマネジメント活動の本気度の高さを窺い知ることができ、
来年のヒョソンの芸能活動への期待が高まります。
[Readygo]Image 2018-12-17 16-12-37
[Readygo]Image 2018-12-17 16-12-40

以前にも書いた通り、ヒョソンは本来とても働き者。
たくさんの番組や音楽活動を同時に抱えても、それを高いクォリティで消化する実力があります。
そんなヒョソンの再生に対しるトミー商会の手腕を存分に発揮して貰えれば喜ばしい限りです。
[Readygo]Image 2018-12-17 16-12-50
[Readygo]Image 2018-12-17 16-12-54

年明け早々からのヒョソンの活発な活動が楽しみですね。

ナガブロついに100位圏外に・・・

日々の雑感
12 /16 2018
Merry-Christmas-Wishes-thumb-1200x675-18192.jpg
一週間ほど早いけど、このタイミングでメリクリ

2016年6月には「バラ色の恋人たち」のレビュー記事のアクセス急増で、
一日の訪問者数が1000人を越え、ナガブロのランキングでも2位となった当ブログ
181215160609Ranking.jpg

しかし、そこをピークに、ここ1年ほどは
だいたい一日150~200人くらいの訪問者で推移しながら、
じわじわと数を減らしていきました。
そしてUNI.Tの活動が終わったあたりから100人前後になってしまい、
11月以降は100人を切る訪問者数が常態になってしまいました。

そして昨日のランキングでついに・・・
[Readygo]Image 2018-12-16 04-50-22
恐らくはブログを開始した2014年以来なかった100位圏外になってしまいました。

ソナムのカムバックもないし、ヒョソンジウンの活動もない。
そしてプロ野球もオフシーズンで、皆様にご提供できるネタがない。
で、まだまだ「パク・セワン推し」については読者様の興味喚起に至っておらず、
このブログに訪問していただく新たな機会を作れないまま低落していきました。

GG第2世代からハマったKポ好きの方のブログ自体が不活性なものになり、
私のブログも新たな読者様を呼び込む吸引力はもはやないのかも知れません。

とはいっても、そんな嘆き節の記事を読んでいただいているのは、
こうして日課のようにこのブログを訪問していただいている方々。
それがまだ50名以上いるわけですから、
記事の更新自体はストップしないつもりです。
ナガブロでのブログ開設から4年5か月で、「元に戻った」だけです。
ここから何かの機会(それこそソナム人気爆発とかだってあるかも)で、
また日々の訪問者が増えることだってあるかも知れません。

さすがにここからさらに減少するようであれば、今後のことも考えてしまいますが、
今は「また、ここから」の気持ちで日々の更新を続けていきます。

パク・セワン:「テンポガールズ」第一話

パク・セワン(박세완):期待の新進女優
12 /15 2018
[Readygo]Image 2018-12-15 00-42-54
絵柄としては美しいけど、TVドラマとしてはチト見づらい

先週から始まったパク・セワン主演のKBS月火ドラマ「テンポガールズ」
一日約30分×2話構成で、全16話で今月25日まで放映されます。
当ブログでは一話ずつのレビューをアップしていきます。

・・ということでまずは第一話から
[Readygo]Image 2018-12-15 00-41-48
冒頭はシウン(パク・セワン)を先頭にステージに上る、
巨済女子商業高校ダンススポーツ部の面々のシーンから。
堂々をステージで舞い踊るまでの長い道のりの始まりです。

キム家の朝の日常
[Readygo]Image 2018-12-15 00-42-06
夫と死別し、造船所の下請けで働く、
母のミヨン(キム・ソニョン)は口喧しく、
姉のシラ(ソン・ジン)は就職に失敗してからは自堕落な生活。

退屈な日常から逃れたいシウンはこの日も母の目を盗んで
ソウルにプチ家出しようとしますがあえなく「捕獲」されます。
[Readygo]Image 2018-12-15 00-42-46

しかも乗り遅れたバスを追いかけさせられる羽目に
[Readygo]Image 2018-12-15 00-43-05

バスの中でフラフラなシウン。
両端は友人のナヨン(左:チュ・ヘウン)とイェジ(右:シン・ドヒョン)
[Readygo]Image 2018-12-15 00-43-18
ただ友人とは言っても、シウンにとっては孤独な者同士の繋がりのように感じています。
田舎の狭い街で周囲のもの全てが不要に思えるシウン。
願うことはただ一つ「この街を出てソウルに行き映画監督になる」ことです。

そしてお隣の高校のスンチャン(キム・ドンユン)
[Readygo]Image 2018-12-15 00-43-27

彼に席を譲ってもらったと思い座りますが、それはシウンの勘違い
[Readygo]Image 2018-12-15 00-43-45
譲られたのはイェジの方でした。

鬱屈した気分のシウンは一人で妄想
[Readygo]Image 2018-12-15 00-43-51
[Readygo]Image 2018-12-15 00-44-05
[Readygo]Image 2018-12-15 00-44-12
バスジャックしてソウルに向ったり、
バックトゥザフューチャーよろしく母の人生を変えてしまおうとしたり・・
そんな夢想をスクリーンに映し出す映画の世界だけがシウンの逃げ場であり出口です。

ちゃんと学校に行くまで見届ける母ミヨン。
娘への愛情はあるけど、信用も期待もあまり持ってない様子です。
[Readygo]Image 2018-12-15 00-44-20

シウンにとってまだ無縁なダンススポーツ部はフツーに活動中
[Readygo]Image 2018-12-15 00-44-28

その練習の映像に重ねるように巨済島の日常を描写
[Readygo]Image 2018-12-15 00-44-35
造船不況の最中、街は沈滞ムードで、
母の職場でも人員整理の波が押し寄せてきています。

学校一(?)の問題生徒へジン(イ・ジュヨン)は登校前にタバコを一服
[Readygo]Image 2018-12-15 00-44-42

そんなヘジンを見ても厳しくは叱らない
ギュホ先生(キム・ガプス)はダンススポーツ部顧問。
[Readygo]Image 2018-12-15 00-44-49
なんか温厚な先生っぽい。

超学歴社会である韓国では実業系高校でも大学進学率は上昇しているとのこと。
でも、難関大学を目指す一般系高校とは違い、
学校の雰囲気もどこか緩んだもののようで、生徒も勉学に熱心ではなさそう。
ソウル都市圏など大都市以外の地方だと
尚更「夢のない高校生活」ってイメージがあるのかな?
[Readygo]Image 2018-12-15 00-45-05
そんなわけでシウンも含め教室内は弛緩した空気が充満しています。

そんな中でもクラス内を怯えさせる存在がヘジンです。席はシウンの隣。
[Readygo]Image 2018-12-15 00-45-15

進路相談で臨時担任のハン・ドンヒ先生(チャン・ソンボム)は
ソウルの大学進学を希望するシウンに地元への進学(教員養成学校)を勧めます。
[Readygo]Image 2018-12-15 00-45-23
しかし、ソウル出身のドンヒ先生自身もソウル転任試験を準備中。
いずれにせよシウンがソウルの大学に行くには特別推薦枠しかないのですが、
そのための成績はまるで足りていません。
屁理屈をこねるシウンに匙を投げたドンヒ先生ですが、
一応保護者には連絡しようとします。
が・・・母への連絡だけは(怒られるから)避けたいシウンは、
連絡先の番号を姉の番号で提出していたのでした。

結局シウンは自力でソウル進学の道を探ることに。
その後ろでナヨンとイェジが友達同士とは思えない
ぎこちない会話を繰り広げていましたが、
話の流れで「シウンは異性に興味があるか?」という展開に。
シウンはその場では誤魔化しましたが、
心を寄せる男性が一人だけいます。
[Readygo]Image 2018-12-15 00-45-36
[Readygo]Image 2018-12-15 00-45-44
それはシウンが映画撮影を見学した時に出会った
映画科の学生のイ・テソン(ヨン・ジェヨン)

ソウルにいる彼と電話で話す時だけがシウンが生き生きする瞬間です
[Readygo]Image 2018-12-15 00-45-52
でも、そんな時間は長くは続かず、
シウンの焦がれる想い程にはテソンと心が通じ合っているわけでもない。
さらにトイレの外でナヨンとイェジが
シウンの「お下がりの型落ちの制服」のことを話しているのを聞いて惨めな気持ちになります。
[Readygo]Image 2018-12-15 00-45-59
[Readygo]Image 2018-12-15 00-46-06
不況の街の中で母一人の経済力では豊かな生活は望むべくもありません。
そして、この街で誰にも心を開かないシウンには、
信頼できる先生にも、心を許しあえる友にもまだ出会えてはいないです。

ダンススポーツ部では、
部員が就職準備のため大会に出られなくなるというアクシデント発生。
教頭(パク・スヨン)に抗議に行くギュホ先生。
[Readygo]Image 2018-12-15 00-46-43
教頭は自分の出世と学校の実績アップのために、
他のことを犠牲にしても生徒の就職スケジュールを最優先にする考え。
そもそも「結果が出ないならダンススポーツ部は廃部」という考えも持っています。
そして浮いた予算を就職に役立つスキルを身につける部活動に回したいようです。
ですので自分の方針に従いそうにないギュホ先生を煙たがっています。

ちなみにダンススポーツ部は練習場所についても、
ヒップホップダンス部といがみ合っている様子。
しかも大会で勝てないことから見下されているようです。

ギュホ先生は急遽補充メンバーを募集することに
[Readygo]Image 2018-12-15 00-46-54
ギュホ先生「補充メンバーは8人欲しい」と言っていますが、
1年生の2人(左の2人、ミンジュとジュヒョン)は戦力とみなしていない様子。
「6人いんじゃないですか?」と2人は不満そうです。
※既存部員については第2話以降で詳しく紹介しましょう。

「お菓子食べ放題」等、甘言盛沢山の募集ポスターが構内に貼られます
[Readygo]Image 2018-12-15 00-47-03

それを見たシウンは、ダンススポーツ部で活躍することが、
特別入学の資格要件を満たすであろうことに気づきます。
[Readygo]Image 2018-12-15 00-47-12
どんより曇っていたシウンの高校生活に一筋の光が差し込んだ瞬間です。
もちろんそれは苦難の道でもあるわけですが・・・

てなところで第一話終了
登場人物の背景を押さえながら書き進めたので結構苦労しました。
ストーリー的には分かり易いですが、シウンのモノローグが長くて、
そこからシウンの「屈折ぶり」を把握するのに手間取りました。

セワンさんの演技は良かったし、
ヘジン役のジュヨンさんのセリフが少ないながらも示した存在感や、
ギュホ先生の人柄の良さがこれから生徒たちに与える影響とかを考えると、
これからの展開が楽しみではあります。

放送では既に8話まで進んでしまっているので、
来週中にはこちらも追いつけるようにしていきたいです。




ヒョソン:トミー商会宣材写真メイキング

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
12 /14 2018
181214414bf94fcf24d80edf721534dad6f3c1_DMcyJPyKHmBHOjs.jpg
新しい事務所、なかなかセンスよろしい

先日、新しい所属事務所トミー商会での、
プロフィール用の写真を公開したヒョソン

早速、トミー商会のNaver Postページで、そのメイキングの様子も紹介されています。
181214414bf94fcf24d80edf721534dad6f3c1_3oeWPG7I47Zesvkt8LX9dW8KUysZFn.jpg
181214414bf94fcf24d80edf721534dad6f3c1_3wCP2ZFSUJ5LTComDrBLQ6y.jpg
181214414bf94fcf24d80edf721534dad6f3c1_nEspmUaMVm9KFUtrjUU64QbOg.jpg
181214414bf94fcf24d80edf721534dad6f3c1_bBZNrXF1vXhcltKkWkeNBJwzbE.jpg
181214414bf94fcf24d80edf721534dad6f3c1_HJN1vSpd7xLbts81T9bBTVSKvVOx.jpg
この衣装の写真でヒョソンのインスタでは結構前にアップされていたので、
撮影も一か月ほど前には行われていたということですね。

余白が多いものについてはトリミングしてみました
181214414bf94fcf24d80edf721534dad6f3c1_yKJ72rhsHgp1X4xVfYHIe8U.jpg

ジーンズ姿のヒョソン・・・これを待ってました
181214414bf94fcf24d80edf721534dad6f3c1_7GqJcNhCrJycFcsrcR1SbKLLVj.jpg
181214414bf94fcf24d80edf721534dad6f3c1_ElPEj7MZVmUixHoujz9EK.jpg
181214414bf94fcf24d80edf721534dad6f3c1_lIh6nold.jpg
181214414bf94fcf24d80edf721534dad6f3c1_LSsqAYFMjCQQHlbzCFy5QrG.jpg
181214414bf94fcf24d80edf721534dad6f3c1_nDz2QUIBYgN3xsm6f3WPki7r5yxYm2X.jpg
181214414bf94fcf24d80edf721534dad6f3c1_StSYeDzsglkxdF.jpg

このカットが宣材に採用されなかったのが私個人としては謎
181214414bf94fcf24d80edf721534dad6f3c1_Ma5Ns2Ts69iLzW6k7hpwHaAA.jpg
181214414bf94fcf24d80edf721534dad6f3c1_uT28QZSjhrIx3qyu.jpg

で、ビハインドショットで最高の一枚はこれ
181214414bf94fcf24d80edf721534dad6f3c1_5aQ93gswna1TzREmw.jpg
これからトミー商会のもとで、「大人のイメージ」を押し出した
ヒョソンの売り出しになるのかも知れませんか。
多分バラエティ番組では前とそんなに変わらない「オトナコドモ」的キャラになりそう。
30歳近くになってもそのあたりがヒョソンの根っからのキャラだろうからね。

動画も少しだけ。久々の動くヒョソンです。

ディエナ:WEBドラマ「ナチュラルロマンス」ビハインド画像

SONAMOO:Green Moon Rising !
12 /13 2018
181211D-ana13.jpg
やっぱり第4話の1シーンだけの登場でしたね

ディエナが出演したWEBドラマ「ナチュラルロマンス」
エコ生活の啓蒙ドラマみたいなところもあるんで、
ドラマとしては奥行きのあまりない作品でしたね。
ディエナの出演シーンも必要だったのかどうかよくわからんものでした。
でも、TSエンタがNaver Postで久々(ディエナのミュージカル出演以来)に、
ビハインド画像をたくさんアップしたからヨシとするか。

台本読み合わせから画像を残してくれています
181211D-ana01.jpg
181211D-ana02.jpg
181211D_ana03.png
181211D_ana04.jpg
181211D_ana05.jpg
ディエナの演じた役名はヘジュで、主人公キチャンの初恋の相手ということでした。

撮影当日。準備からスタンバイまで
181211D-ana09.jpg
181211D-ana10.jpg
181211D-ana11.jpg
181211D-ana20.jpg
181211D-ana14.jpg
181211D-ana12.jpg
181211D-ana15.jpg
181211D-ana16.jpg

こちらは撮影後かな
181211D-ana17.jpg
181211D-ana18.jpg
181211D-ana19.jpg
どことなくフツーの人っぽい可愛げがあるところがディエナの魅力でもある

次はもっとたくさん出演シーンがあるといいですね
181211DuHpp7mWwAAB3MX.jpg
181211DuHpqrCWoAAjQGP.jpg
181211DuHprR4WsAAwLyk.jpg

今年もあと2週間ほどで終わる・・・こりゃ年内のカムバはムリだな。
クラウンドファンディングで金集め始めて一年過ぎて(一部のリターンを除き)
アクションなしとは、TSエンタへの信用も何もあったものじゃないな。
このへんのことについての怒りは記事を改めて書きます。


ヒョソン:トミー商会の宣材写真公開

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
12 /12 2018
181211Untitled-3.jpg
コンセプトとしては脱アイドルでしょうね


ヒョソンの新しい所属事務所トミー商会。
一度はそのHPにヒョソンのプロフィールが掲載されましたが、
裁判で係争中という配慮からか数日で一旦削除されました。
そして、TSエンタとの専属契約無効訴訟の第一審でヒョソンが勝訴したことを受けて、
ようやくHPにヒョソンのプロフが復活するとともに、
トミー商会としてのヒョソンの宣材写真も新たに公開されました。

tommy_web8-1.jpg
tommy_web9-1.jpg
最初に公開された写真よりもグッと大人っぽいものに変わっています。

宣材写真もそのコンセプトに沿ったもの
18121155348_149559_5628.jpg
18121120181211084527_1.jpg
18121120181211082551_kscymweb.jpg
18121120181211082551_kscymweb-01.jpg

ヒョソンの芸能人生「オソニョ」「シクリ」に次いで第3章が始まります。
‥と言うか、既に始まっていましたね。
181209DtvklDpVYAAahbr.jpg
ヒョソンがインスタで台湾行きの飛行に乗っている画像がアップされていましたが、
これが台湾での番組収録で、台湾で有名なビューティー番組のゲスト出演。
ヒョソンの新たな事務所でのお仕事は台湾からスタートでした。

年が明けたら韓国での芸能活動も本格的に再スタートとなるでしょう。
ドラマにバラエティ、さらにはソロ歌手としても、「働き者のヒョソン」が帰ってくるぞ!

オマケ:インスタ画像結構たまっていました
[Readygo]Image 2018-12-11 23-34-46
[Readygo]Image 2018-12-11 23-37-52
[Readygo]Image 2018-12-11 23-38-04
[Readygo]Image 2018-12-11 23-38-29
[Readygo]Image 2018-12-11 23-36-16[Readygo]Image 2018-12-11 23-36-22
[Readygo]Image 2018-12-11 23-36-51[Readygo]Image 2018-12-11 23-36-58
[Readygo]Image 2018-12-11 23-37-28[Readygo]Image 2018-12-11 23-37-32

パク・セワン:「テンポガールズ」Naver Post画像

パク・セワン(박세완):期待の新進女優
12 /11 2018
181208PS06.jpg
大きめのサムネイルでバンバン貼ります

先週・今週で30分×8回の放送(・・のはず)のパク・セワン主演の「テンポガールズ」
ファイブラザースのNaver Postサイトで、ポスターメイキングなどのビハインド画像大公開

まずは巨済島(コジェド)の港での撮影
181208PS01.jpg
181208PS02.jpg
181208PS03.jpg

11月の撮影だと寒そうでもあるけど、
巨済島は対馬海峡に面したエリアですので、
韓国の中ではそこまで寒くはないのかな?

181208PS04.jpg
181208PS05.jpg
チャン・ドンユンくん演じるスンチャンはドラマのオリジナルキャラだそうです。

181208PS07.jpg
181208PS08.jpg
181208PS09.jpg
181208PS10.jpg
181208PS11.jpg
24歳で女子高生役が十分にサマになるセワンさんですが、
この立ち姿を見ると、「少年役」すら出来そうな気がする。

181208PS12.jpg
181208PS13.jpg
181208PS14.jpg
背後にたくさんの船が見える通り、巨済島は造船の街。
造船不況が影を落とす街もドラマのファクターになっています。

お次は学内での撮影
181208PS16.jpg
181208PS15.jpg
181208PS17.jpg
181208PS18.jpg
181208PS19.jpg
181208PS20.jpg
181208Ps21.jpg
181208PS20.jpg
181208PS22.jpg
181208PS23.jpg
181208PS24.jpg
昨年と今年はドラマ・映画に休みなく出演し続けしっかり顔を売ることが出来た。
来年はその土台の上に大きな花を開かせる年になるでしょうね。

ポラロイド自撮りはメッセージ入りポスター用
181208PS25.jpg
181208PS26.jpg

港を見下ろすことの出来る校舎の屋上から
181208PS27.jpg
181208PS28.jpg
181208PS29.jpg
181208PS30.jpg
181208PS31.jpg
最初の一枚と最後の2枚がいわばセワンさんの決めポーズ。
まだまだこーゆーポーズが似合う若やいだ24歳です。

先週分の放送は見ることできたけど、
今週分は動画あるかな?
全話見終わってからレビューにチャレンジしますね。

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。