UNI.T : 9/28 「ナンマリヤ」@ミュージックバンク 新バリエーションの衣装

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /30 2018
180928DoMQxc9V4AIz_jH.jpg
統一感はないけどカラフルなので良し

28日のミュージックバンクでの「ナンマリヤ」


カメラアングル自体はこれまでとだいたい同じで、
衣装以外には特筆すべきところはなし
[Readygo]Image 2018-09-29 03-54-48
[Readygo]Image 2018-09-29 03-54-52
[Readygo]Image 2018-09-29 03-54-58
イェビンの太ももって結構逞しい

画質が良いので個別キャプチャはそれなりの枚数
[Readygo]Image 2018-09-29 03-55-15
[Readygo]Image 2018-09-29 03-55-18
[Readygo]Image 2018-09-29 03-55-32
[Readygo]Image 2018-09-29 03-55-35
[Readygo]Image 2018-09-29 03-55-38
[Readygo]Image 2018-09-29 03-55-41
ウィジンの最後のカットはこれまでアップがこなかったとこのような・・・。

ヒョンジュは一番の見せ場でアップなしという暴挙ヽ(`Д´)ノプンプン
[Readygo]Image 2018-09-29 03-55-54
[Readygo]Image 2018-09-29 03-56-05
[Readygo]Image 2018-09-29 03-56-10
[Readygo]Image 2018-09-29 03-56-12
[Readygo]Image 2018-09-29 03-56-15
[Readygo]Image 2018-09-29 03-56-20

ジウォンは歌いだしと「お馬さん」以外で全身が映ったのがレア。
[Readygo]Image 2018-09-29 03-56-39
[Readygo]Image 2018-09-29 03-56-42
[Readygo]Image 2018-09-29 03-56-45
[Readygo]Image 2018-09-29 03-56-47

エンシアにピンクは似合いすぎるし、帽子の緑がいいアクセント
[Readygo]Image 2018-09-29 03-56-59
[Readygo]Image 2018-09-29 03-57-02
[Readygo]Image 2018-09-29 03-57-07
[Readygo]Image 2018-09-29 03-57-10

スジウヒはアップになる箇所がホントぶれない。
[Readygo]Image 2018-09-29 03-57-21
[Readygo]Image 2018-09-29 03-57-24
[Readygo]Image 2018-09-29 03-57-27
[Readygo]Image 2018-09-29 03-57-30
[Readygo]Image 2018-09-29 03-57-40
[Readygo]Image 2018-09-29 03-57-43
[Readygo]Image 2018-09-29 03-57-46
[Readygo]Image 2018-09-29 03-57-49
でも、2人とも「ナンマリヤ」での表情はホント素晴らしいと思う。

イェビンは今回は一生懸命な表情の方で
[Readygo]Image 2018-09-29 03-57-59
[Readygo]Image 2018-09-29 03-58-02
[Readygo]Image 2018-09-29 03-58-05
[Readygo]Image 2018-09-29 03-58-10

最後にユンジョ
[Readygo]Image 2018-09-29 03-58-23
[Readygo]Image 2018-09-29 03-58-27
[Readygo]Image 2018-09-29 03-58-34
[Readygo]Image 2018-09-29 03-58-36
ユンジョは29日のステージ衣装がとても良い

さて、29日はミュージックコアとサイン会。
既にみなさまご存知の通り、サイン会ではウィジンはとんでもないことに。

万が一私がその場にいたら、最高の(私への)誕生日プレゼントだったな。
180929DoQs_SAU8AAgxs1.jpg
スポンサーサイト



UNI.T : 9/28 KBSミュージックバンクでの「Begin with the End」・・ウィジン感極まる

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /30 2018
[Readygo]Image 2018-09-29 03-51-07
歌うたびに湧き上がる万感の思い

28日のミュージックバンクでは、
3度目の「Begin with the End」の音楽番組での披露。


今回も全員が気持ちを込めて歌っています。
[Readygo]Image 2018-09-29 03-50-33
[Readygo]Image 2018-09-29 03-50-35
[Readygo]Image 2018-09-29 03-50-38
[Readygo]Image 2018-09-29 03-50-47
[Readygo]Image 2018-09-29 03-50-41
[Readygo]Image 2018-09-29 03-51-00
[Readygo]Image 2018-09-29 03-50-53
[Readygo]Image 2018-09-29 03-50-56
[Readygo]Image 2018-09-29 03-50-44

そしてエンディングでウィジンがアップになると、
感極まって涙を見せるウィジンの姿。
[Readygo]Image 2018-09-29 03-50-49
[Readygo]Image 2018-09-29 03-51-02
[Readygo]Image 2018-09-29 03-51-09
この日の収録に参加した人の話によると、
リハのときに観客であるファンも一緒に歌うっていうサプライズがあって、
それでウィジンを筆頭にメンバーがウルウルしてしまったというのがあったそうです。
それが番組での歌唱シーンではないんだけど、
この日の収録でウユUNI.Tが気持ちを共有していたってのが、
放送でのウィジンの涙につながっていたのかもね。

180928DoMQwi3UYAAkpCk.jpg

局入りの画像もこちらで貼っておきます
180928UT216154_246131_1928_201809302251435d8.jpg
180928UT0317872987_201809302252564f8.jpg180928UT03178729861_201809302252575b9.jpg
180928UT03178729901_20180930225259919.jpg180928UT03178729911_20180930225300ddc.jpg
180928UT03178729921_20180930225302759.jpg180928UT03178729951_20180930225303819.jpg
180928UT03178729961_2018093022530685a.jpg180928UT03178729931_20180930225305526.jpg
180928UT216146_246122_118_2018093022530823b.jpg180928UT548604bb88b14bb3825bbcfb8d84dcde_201809302253090fa.jpg

お次は「ナンマリヤ」のステージ

どーした若月?5打数5安打2打点のバカ当たり!雨の千葉で山岡7勝目

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
09 /30 2018
[Readygo]Image 2018-09-29 22-44-36
9月の打率は3割8分超え

27日の京セラでのファイターズ戦は、
東明が2失点の好投も、打線が上原を打てず、
9回裏にTが代打で一発を放ち一矢報いたものの敗戦。

一日おいて29日は関東での今季最後のゲーム、千葉でのマリーンズ戦。
仕事が休みということもあり、長野から遠征しようとも考えたのですが、
天候的に不安もあったので家でのTV観戦に切り替え。
実際長い中断もあったり、ずっと雨に濡れる観戦になってたであろうから、
行かなかったのは正解ではあったのですが、
今季最多更新の18安打、2度目の先発全員安打と景気の良い試合になりましたね。

雨脚の強い初回にいきなりマリーンズ先発の石川を打者一巡の猛攻で攻める。
宗2ベース、福田ヒットで1・3塁となり、
ロメロがセンター前にタイムリーを放ちまず1点。
180929Orix02.jpeg

正尚、ナカジが倒れるもTが歩いて2死満塁。
ここでここんとこ当たりが戻ってきている大城が2点タイムリー
[Readygo]Image 2018-09-29 22-44-06
[Readygo]Image 2018-09-29 22-44-09
好不調の波がなくなってくると勝負強いバッターに成長しそうな大城ですが、
来季はレギュラーポジション争いが熾烈になりそうです。
セカンドは福田で固定されそうだし、サードは西野が戻ってくれば一歩リード。
外野も宗・小田のほうが優勢ではないかと思いますが、
上記4人が全員左打者という中で、右打者としての存在価値を見出せるかどうか。

続く安達も内野安打で1点追加
[Readygo]Image 2018-09-29 22-44-13

さらに若月にもヒットが出てチャンスは続きましたが、
宗が倒れて4点先制で初回の攻撃は終了。
雨が降りしきる中、ファンとしては「はよゲーム成立してくれ」と言う心境になったことでしょう。

オリックス先発の山岡は長い中断の直後に
井上に大きな一発を浴びてしまいましたが、それ以外は安定したピッチング
180929Orix01.jpeg
前回のマリーンズ戦でしてやられた安田を4打席全て三振に斬って取るなど、
キレのある投球で8奪三振、マリーンズ打線につけ入るスキを与えませんでした。

[Readygo]Image 2018-09-29 22-45-15
8回130球を投げて被安打6、失点はホームランでの1点のみ。
恐らく今季最後の登板でしょうが、7勝目をゲット。
一度中継ぎを経験してから不振を脱して、「イキのいい」投球を見せてくれた山岡。
来季こそは勝ち数が負け数を大きく上回るようになってもらいたいものです。

打線は初回以降もヒット打ちまくり。
2回は正尚の2ベースの後にナカジのタイムリーが出て1点追加
[Readygo]Image 2018-09-29 22-44-18
小谷野は引退ということになりましたが、
ナカジについては来季の契約継続が濃厚。
若手に対して言葉ではなく背中で語るタイプだと思いますが、
若手が追いかけていくような大きな背中を一年見せ続けて欲しい。
今季後半の活躍を見る限り、まだまだやれます!

3回は得点にはつながりませんでしたが若月2安打目。
5回はナカジ、Tの連打の後、大城が送って2・3塁。
安達は投ゴロで2アウトになるも、
若月が三遊間深いところに打って内野安打でナカジ生還。
[Readygo]Image 2018-09-29 22-30-58

6回は代打伏見ヒット、正尚2ベース、
ナカジ四球でチャンスをつくるも、Tが併殺に倒れ追加点ならず。

7回は一死から安達がヒットで出て盗塁も成功。
次打者若月は今季自身最多となる4安打目のヒットを放ち1点追加。
[Readygo]Image 2018-09-29 22-45-28
[Readygo]Image 2018-09-29 22-45-24

若月は9回にもいとも簡単にヒットを放ち、本人曰く「小学校以来」という5打数5安打
[Readygo]Image 2018-09-29 22-45-31

正捕手の座を射止めても「打撃が課題」と言われ続けた若月ですが、
これで通算打率も2割5分に近づき、
8月以降の打率で見れば3割を超えてきています。
この日のヒットは全て単打でしたが、ライト方向に強い打球も飛ばせるようになり、
長打も期待できるバッターに成長してきました。
後は結構多い三振を減らし、選球眼を上げていけば、
下位打線にあっても相手投手が神経を使わざる得ない打者になってくれることでしょう。

これでシーズン通算62勝。
残り4試合で2勝目すれば、とりあえず昨年を上回る結果にはなる。
西村ヘッドの昇格の可能性もあるなど、
ファンの要望とは乖離したような来季監督人事の不安もありますが、
残り4試合、気持ちよくシーズンが終われるようなゲームを見せて欲しい。

30日は仙台でのデーゲームですが中止の可能性が高そうですね。

ソナム:9/28 久々の慰問列車出演&9月後半の画像色々

SONAMOO:Green Moon Rising !
09 /29 2018
[Readygo]Image 2018-09-29 01-51-45
全力で明るく楽しいステージをお届けする6人ソナム

結局Happy Boxの完結はウィジンの帰参待ちとなっているソナム
同期や後輩グループが次々と日本に進出していく中、
そんな気配すらもみえてこない結構トホホな状態ではあるんですが、
ディフェンスTVとの関係は良好のようで、「慰問列車」の他に、
スミンSleepy兄さんと出演している番組も結構ロングランになっています。

さて、28日の放送は第30機械化歩兵師団の慰問ステージで「Friday Night」


慰問公演はノリが良いとうのがあるとは言え、
ソナムのステージはいつも全力投球だというのを再確認しました。
[Readygo]Image 2018-09-29 01-51-18
[Readygo]Image 2018-09-29 01-51-24
[Readygo]Image 2018-09-29 01-51-38
[Readygo]Image 2018-09-29 01-51-41
どのカットを見ても気を抜いたり、素の表情でいることがほとんどない。
しっかい踊り歌いながらも、メンバー個々がしっかりステージ管理できている。
あたりまえのことのように思えるけど、
久々にソナムのステージをキャプチャして、それが結構凄いことだと気づきました。

秋夕休みのお出かけや里帰り画像も含め9月後半の画像いろいろ
まずはハイディ
180929DoL7xiNUUAAJq-4.jpg180929DoL7xiTU8AAn3H8.jpg
180929DoL7xiMUUAA303N.jpg180929DoLkOH0U0AU7BTZ.jpg
180929DoLkOuOUUAAELOq.jpg180929DoLkPQRVsAA6rrj.jpg

ニュッサンの画像アップは少しペースダウン
180929DoLp8rpU0AAq9ZK.jpg
180929Dn1H_32XkAAf8X-.jpg
180929Dn1H_34XcAAyiUi.jpg

逆に多かったのはミンジェ
180929DoJLZF-UUAADvRm.jpg
180929DoBZ13yU4AEg4kq.jpg
180929DoBZ1NTVAAAyTSn.jpg
180929DoBZMU0U4AUv66p.jpg
180929DoBYwojU4AA6FlY.jpg
180929DoBYGsoUUAA5WOW.jpg
海雲台に里帰りしてたようですね。

ナヒョンは相変わらず完成度の高い自撮り
180929Dnbwd7tU8AAdLtA.jpg
180929Dnbwd7tUwAE7Kdv.jpg
180929Dnbwd7uV4AARIqY.jpg
180929Dnbwd74U4AAsMMv.jpg
ディエナと一緒に出演しているVライブでのバラエティ番組が
一か月たってもまだ終わらない。
まるで注目されてない(ソナムのVライブよりアクセス少ない)し、
ゲストとしてそんなに扱いもよくないので、少し悲しくなる。

最後は秋夕休みでリフレッシュしたスミン
180929DoAuqz6U0AAZWDv.jpg180929DoAuqz5UcAEvfoQ.jpg



UNI.T :「ナンマリヤ」  9/25 SBS THE SHOW (9/15のイベントステージ)② ウィジン大量キャプチャ

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /29 2018
[Readygo]Image 2018-09-26 06-28-07
ウィジンについては他メンバーよりもピントの合い具合で厳選

25日放送のTHE SHOWでの「ナンマリヤ」ステージ。
動画はスジフォーカスのファンカムバージョンでどうぞ。


まずはヒョンジュのキャプチャから
[Readygo]Image 2018-09-26 06-31-48
[Readygo]Image 2018-09-26 06-31-51
[Readygo]Image 2018-09-26 06-31-53
[Readygo]Image 2018-09-26 06-31-56
[Readygo]Image 2018-09-26 06-31-59
[Readygo]Image 2018-09-26 06-32-02
[Readygo]Image 2018-09-26 06-32-05
ヒョンジュの「あとずさり」シーン、ウィジンはしゃがむときに小芝居してますね。

イェビンも笑顔中心に
[Readygo]Image 2018-09-26 06-39-34
[Readygo]Image 2018-09-26 06-39-37
[Readygo]Image 2018-09-26 06-39-39
[Readygo]Image 2018-09-26 06-39-41
[Readygo]Image 2018-09-26 06-39-44
[Readygo]Image 2018-09-26 06-39-46
ウィジンの「オシャレな囚人服」は当然として、
イェビンのこの衣装も外で着て歩くのは少し勇気いりそうですね。

さて、どどんとウィジンいきます。
[Readygo]Image 2018-09-26 06-27-08
[Readygo]Image 2018-09-26 06-27-10
[Readygo]Image 2018-09-26 06-27-17
[Readygo]Image 2018-09-26 06-27-22
[Readygo]Image 2018-09-26 06-27-28
[Readygo]Image 2018-09-26 06-27-34
[Readygo]Image 2018-09-26 06-27-37
[Readygo]Image 2018-09-26 06-27-40
[Readygo]Image 2018-09-26 06-27-43
[Readygo]Image 2018-09-26 06-27-46
[Readygo]Image 2018-09-26 06-27-49
[Readygo]Image 2018-09-26 06-27-51
[Readygo]Image 2018-09-26 06-27-57
[Readygo]Image 2018-09-26 06-28-00
[Readygo]Image 2018-09-26 06-28-05
[Readygo]Image 2018-09-26 06-27-14
贔屓目でもなんでもなく、カメラがやたらとウィジンを追っかけ、
ウィジンのアップを捉えていたという印象です。

ユニゾンでのダンスが多い「ナンマリヤ」の中で、
ウィジンのポーズがそれだけキマッテいるということでいいのかな?

UNI.T :「ナンマリヤ」  9/25 SBS THE SHOW (9/15のイベントステージ)①

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /29 2018
[Readygo]Image 2018-09-26 06-26-25
いいカメラアングルのステージでした

25日放送のSBS THE SHOWは今月15日の、
「The Show 平和コンサート」のステージの録画。
UNI.T「No More」「ナンマリヤ」の2曲披露でしたが、
放送では(まぁ当然ですが)「ナンマリヤ」のみ。


やたらに画質がいいのと、腰を据えてキャプチャしたもんで枚数がやたら多くなった。
ですので、2回に分けて貼っていきます。まずはステージ全体。
[Readygo]Image 2018-09-26 06-25-05
[Readygo]Image 2018-09-26 06-25-24
[Readygo]Image 2018-09-26 06-25-35
[Readygo]Image 2018-09-26 06-25-42
[Readygo]Image 2018-09-26 06-25-45
[Readygo]Image 2018-09-26 06-25-49
[Readygo]Image 2018-09-26 06-25-52
[Readygo]Image 2018-09-26 06-25-56
[Readygo]Image 2018-09-26 06-26-00
[Readygo]Image 2018-09-26 06-26-04
[Readygo]Image 2018-09-26 06-26-07
[Readygo]Image 2018-09-26 06-26-12
[Readygo]Image 2018-09-26 06-26-15
[Readygo]Image 2018-09-26 06-26-18
[Readygo]Image 2018-09-26 06-26-20
ファンカムで見た時も思いましたが、ウィジンが目立っています。
ですので、ウィジンのアップのキャプチャかなりの「撮れ高」になったわけですが、
そちらを次回に回します。

今回はキャプチャ少な目のジウォン・エンシアから
[Readygo]Image 2018-09-26 06-33-04
[Readygo]Image 2018-09-26 06-33-10
[Readygo]Image 2018-09-26 06-33-13
[Readygo]Image 2018-09-26 06-33-17
[Readygo]Image 2018-09-26 06-33-20
[Readygo]Image 2018-09-26 06-33-22
ジウォンはアップになるパターンが、どの音楽番組でもだいたい同じ。
そしてエンシアも歌パートに限定されがちなので、やはり同じようなキャプチャになる。
[Readygo]Image 2018-09-26 06-34-34
[Readygo]Image 2018-09-26 06-34-37
[Readygo]Image 2018-09-26 06-34-41
[Readygo]Image 2018-09-26 06-34-43
[Readygo]Image 2018-09-26 06-34-46
[Readygo]Image 2018-09-26 06-34-49

スジも同じであることは大差ないですが、
そのアップがいつも一番綺麗に映っているところなのが良い
[Readygo]Image 2018-09-26 06-35-52
[Readygo]Image 2018-09-26 06-35-55
[Readygo]Image 2018-09-26 06-35-59
[Readygo]Image 2018-09-26 06-36-09
[Readygo]Image 2018-09-26 06-36-12
[Readygo]Image 2018-09-26 06-36-15

ウヒは腕を振り上げているところでのアップ率高し
[Readygo]Image 2018-09-26 06-38-24
[Readygo]Image 2018-09-26 06-38-28
[Readygo]Image 2018-09-26 06-38-32
[Readygo]Image 2018-09-26 06-38-38
[Readygo]Image 2018-09-26 06-38-42

前半の締めはユンジョ
[Readygo]Image 2018-09-26 06-40-31
[Readygo]Image 2018-09-26 06-40-33
ごめん、少なかった。


スミン:「ほわほわドゥラン・シーズン3」第13回・・・あと4本分ありそうです

SONAMOO:Green Moon Rising !
09 /29 2018
[Readygo]Image 2018-09-28 02-47-53
第3シーズンが一番長くなりそうです

衣装パターンが出尽くして、回数的にも「終わりかな?」と思っていた、
スミン「ほわほわドゥラン」ですが、秋夕休みを挟んで再開。



ここから4週分の衣装パターンも登場しました
[Readygo]Image 2018-09-28 02-50-02
左から2番目はレーサーっぽいが他は見当がつかん。

今回は一番左・・何なのかとゆーと「探検家」です。
[Readygo]Image 2018-09-28 02-48-21
[Readygo]Image 2018-09-28 02-48-24

となると作るのは望遠鏡(とコンパス)
[Readygo]Image 2018-09-28 02-50-08
[Readygo]Image 2018-09-28 02-50-12

さすがにリュックサックはホンモノです。
[Readygo]Image 2018-09-28 02-50-22

今回はゴキブリ(?)退治の小芝居中のスミンの表情が面白い
[Readygo]Image 2018-09-28 02-48-41
[Readygo]Image 2018-09-28 02-49-18
[Readygo]Image 2018-09-28 02-49-20
[Readygo]Image 2018-09-28 02-49-23
[Readygo]Image 2018-09-28 02-49-26
[Readygo]Image 2018-09-28 02-49-32
[Readygo]Image 2018-09-28 02-50-00
ビックリするのはまだわかるんだが、何で「ドヤ顔」になるんだろう?

[Readygo]Image 2018-09-28 02-50-47[Readygo]Image 2018-09-28 02-50-50[Readygo]Image 2018-09-28 02-50-56
[Readygo]Image 2018-09-28 02-50-58[Readygo]Image 2018-09-28 02-51-34[Readygo]Image 2018-09-28 02-51-38
[Readygo]Image 2018-09-28 02-51-45[Readygo]Image 2018-09-28 02-51-50[Readygo]Image 2018-09-28 02-51-58
[Readygo]Image 2018-09-28 02-52-09[Readygo]Image 2018-09-28 02-52-13

あと数回、スミンオンニのキッズ向けオーバーアクションが楽しめそうです。

Berry Good 日本で単独のファンミーティング&コンサートの開催を決定・・攻めるねぇ

田牧(元)校長の道楽
09 /28 2018
771606722_BcHNM0jf_5970f5f752fabfa4c73d03eeba3112b45f9eb13c.jpg
明後日の合同イベントだけでも驚きなのに、よもや単独とは

実は私が秘かに推しているBerry Good(べリグ)
30日に浅草の浅草六区ゆめまち劇場で、
Wanna. B・LipBubble・Cherrseeとの合同イベントを開催することになっています。


昨年のソウル・プサンでのソナムDream Catcher・Dal Shabetとの合同コンサートで、
あれだけ客が入らなかったのに、知名度や人気度で言えば、
さらにB級度がアップした4組で日本でイベントをやるということに驚きを感じていました。
まぁキャパが250人というのと、「一眼レフ撮影可能席」や各種の有料オプションなどで、
日本のDD族の購買意欲をそそるイベントなので、これはこれで何とかなるんでしょう。

771606722_X0vlcnzQ_8a70ec0cf7cd07868c239478174e7f5a7059a37c.jpg

が・・既に日本でのファンクラブ&オフィシャルサイトを9月14日に開設し、
日本への進出さらにはデビューに対して意欲的なべリグの事務所(JTGエンタ)。
攻めの姿勢はさらに続き、10月18日に新宿ブレイズ(スタンディング800人キャパ)で、
単独のファンミーティングとコンサートを開催するようです。

[Readygo]Image 2018-09-28 01-51-23

昼2時開演の第一部がファンミーティングで、午後6時半開演の第2部がコンサートという、
「ほぼ同じことを2回やる」ファンミやショーケースとは違った形態と言うのは面白いし、
良心的かつ意欲的なやり方です(まぁ否応なしに両部参加させる手法とも言えますが)。

何となくではあるんですが、このタイミングで日本進出を画策するのって
いかにもべリグらしいと私は感じています。
2014年にデビューしたときって、
GGのトレンドがセクシーからラブリーに移行しつつあったタイミングで、
その流れにピタッとあわせてきていました。
で、メンバーが3人入れ替わっての2015年の「Because Of You」や、
2016年前半の「Angel」ヨジャチングオマガの影響を受けたような芸術的で音楽性の高いもので、
これも後追いと言えばそう言えんこともないものでした。
さらに2016年後半の「Don't Believe」は「これってブラピン?」って雰囲気を、
楽曲・MVともに醸し出してくれていました。
が・・2017年の「BibbidiBobbidiBoo」は低予算のMVで、
トレンドの追随とかではなく、かといってべリグを強烈にアピールするでもなくという作りで、
事務所もいよいよ体力がなくなってきたか・・と心配させる内容でした。
そして、2018年前半は「何故か」ユニット活動を行い、
8月に(事務所的には)満を持して「Green Apple」でカムバックし、
デビュー以来初となるショーケースも開催。
「これが最後の活動だと思って頑張る」というメンバーの悲壮な決意もその場で語られました。

さて、このへんでメンバーを紹介しておくか

リーダーで最年長のテハ
トークの時の物静かな語り口調と歌うときのギャップも魅力
[Readygo]Image 2018-09-28 02-41-06

テハとともにオリジナルメンバーだけどマンネのゴウン
[Readygo]Image 2018-09-28 02-41-35

リアルで見るとそのスタイルの良さに見惚れてしまうダイェ
[Readygo]Image 2018-09-28 02-41-23

AOAユナの妹ということでもべリグの知名度アップに貢献しているソユル
[Readygo]Image 2018-09-28 02-41-14

2016年に加入しビジュアル面での補強を果たしたチョヒョン
[Readygo]Image 2018-09-28 02-41-12

最後は「私のイチオシ」セヒョン
[Readygo]Image 2018-09-28 02-41-27
ワタシャ、中山忍のファンだったんだよ、文句あっかw
※ちなみにセヒョンが現在骨折療養中で今回の来日はパス。
10月の単独イベントにはギリギリ回復が間に合いそうですが、
こういった「満を持した」タイミングでアクシデントが発生するあたりも、
何かシクリと相通ずるところがあって気になってしまうところなんだよね。

ちなみにリーダーのテハが一番背が低いのもシクリと似たような感じである。
fc2blog_201809280246219d3.jpg

で、日本進出がこのタイミングって話だ。
ここんとこ2011~12年のときよりも勢いがあるレベルで、
ガールズグループの日本進出&デビューが続いていますね。
一時期冷え込んでいたGGの日本市場が
TWICE・ブラピン・モモランドの人気で活性化しだしたと見込んでのことだと思います。
2014~15年デビュー組で
「韓国で天下とった」とは言えないグループも日本を目指している状態です。
べリグもそうした「勢い」にのっかろうということなんでしょうが、
「のるかそるか」結構大きな賭けに出たようにも思います。
・・それと同時にそんな賭けにすら出ることのできていないソナムの現状が恨めしい

べリグのメンバーの日本語準備は30日のイベント告知の動画を見る限りかなりアヤシイ。
ですので10月のファンミーティングには大して興味はない。
でも、去年のガールズライブでも結構いいステージ見せてくれていたし、
テハの歌声って結構好きなんで、コンサートの方は見てみたい。

私の一番のお気に入りの「First Love」を今度こそ歌って欲しい。


オマケのオハナシ

べリグが所属するJTGエンタは弱小ながらも
昨年べリグの妹グループもデビューさせていまして、
それがBustersって名前でメンバー全員が21世紀生まれ。
(現在、下が中2で上が高2ってことだ)
1809281529626691_1365892.jpg

デビュー曲では「最年少グループ」ってことと、
アニメとのタイアップということで注目を集めているようですが
6月にリリースしたこの曲はMV視聴も100万超えていて、
そこそこ人気も出てきているようです。


JTGエンタが育成したグループということではなく、
マネジメントを担当しているということで厳密にはべリグの妹グループではないですね。

ヒョソン「専属契約効力停止仮処分」・・ということで芸能活動再開が可能となりました!

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
09 /28 2018
[Readygo]Image 2018-09-28 01-02-09
これはジウンにとっても朗報となるだろう

まだ結審していない、ヒョソンとTSエンタの間での専属契約解除争議
27日に新たな動きがあり、
ヒョソンサイドが申し出た専属契約効力停止仮処分申請を裁判所が受理したとのこと。
あくまでも仮処分なわけですが、
これによりヒョソンはTSエンタの制約を受けることなく
自由に芸能活動を行えるようにはなりました。
[Readygo]Image 2018-09-28 00-55-44

もちろん、最終的な判決(仮に控訴審や上告審とでもなればずっと先の話)で、
TSエンタが勝訴するようなことがあれば、その仮処分は停止されるわけですが、
この時点で裁判所がその仮処分を認めたということは、
来月の12日に出される(とされている)結論の方向性が定まってきたという可能性もあります。
ただ、同時にこの仮処分は今後の係争の長期化を見据えて、
ヒョソンの芸能活動を保証する
(生活権の行使のようなもんですかね)ための判断であるとも言えます。
[Readygo]Image 2018-09-28 00-55-52


来月の12日と言えば、ヒョソン誕生日の前日です。
(数えで)30歳を迎えることになるヒョソンにとって吉報であって欲しいですね。

余談:昨夜の夢の中にヒョソンが出てきたんですが、
ヒョソンが活動できずに窮しているという内容だったんですよ。
このことの予知夢を見ていたとは自分でも驚きです。

ヒョソンとTSエンタの間に下される結論は、
ジウンの今後の活動にも影響を与えることになります。
2人がそれぞれにどこか事務所に所属することになるのか、
それとも個人事務所を設立して活動再開することになるのか、
それはもう少し様子を見てみないとわかりませんが、
やっと2人の歩む道に再び光が差し込み始めたようです。
[Readygo]Image 2018-09-28 00-56-57
[Readygo]Image 2018-09-28 00-56-35
[Readygo]Image 2018-09-28 00-59-21
2人で一緒に観劇したりと、つながっている絆が
そのまま芸能活動につながってくれれば・・とファンは願わずにいられません。

9月はジウンの方がインスタでの画像アップは多かったですね。
[Readygo]Image 2018-09-28 00-58-03
[Readygo]Image 2018-09-28 00-58-15
[Readygo]Image 2018-09-28 00-58-23
[Readygo]Image 2018-09-28 00-58-35
[Readygo]Image 2018-09-28 00-58-56
[Readygo]Image 2018-09-28 00-59-02
[Readygo]Image 2018-09-28 01-02-22
[Readygo]Image 2018-09-28 01-02-34
[Readygo]Image 2018-09-28 01-04-18
[Readygo]Image 2018-09-28 01-04-34
[Readygo]Image 2018-09-28 01-04-52

パク・セワン:秋夕(チュソク)メッセージフォト&「一緒に暮らしませんか」厳選フォト

パク・セワン(박세완):期待の新進女優
09 /27 2018
180926PS02.jpg
次回作は10月5日のKBSドラマスペシャル

パク・セワンさんもファイブラザースの公式HPにて秋夕のメッセージと画像を残しています。
180926PS05.jpg
可愛らしいサインです。いつかゲットしたいものです。

180926PS04.jpg
180926PS03.jpg

ちなみに、今年のファイブラザースの秋夕メッセージのトップ画像がこんな感じ
180926PS01.jpg
看板俳優のチュウォンくんが兵役で不在ですので、
ベテラン2人がトップにくるのは当然として、
その隣にセワンさんがいるのは驚き。
それでだけ事務所的にも期待値が高いということでしょうかね。

誕生日のお祝いの返礼もインスタの方でアップしていました
180926image_readtop_2018_602845_15379472033472105.jpg

「一緒に暮らしませんか」の収録終盤の撮影現場フォトもたくさんアップされていますが、
全部貼るととんでもない分量になるので、ここでは厳選したものだけ貼っておきます。
180914PS04.jpg
180914PS05.jpg
180914PS06.jpg
180914PS08.jpg
180914PS11.jpg
180914PS14_201809270048028c0.jpg
180914PS15.jpg
180914PS16.jpg
180914PS17.jpg
180914PS20.jpg
180914PS24.jpg
180914PS30.jpg
180914PS31.jpg
180914PS32.jpg
180914PS34.jpg
180914PS39.jpg
180914PS40.jpg
180914PS41.jpg
180914PS45.jpg

いちおー「厳選」ですが、既に結構な枚数になってしまっていますねw

180914PS21.jpg
180914PS22.jpg
180914PS28.jpg
180914PS43.jpg

最終回のラストシーンが結婚式ってのは、
長編ホームドラマのテンプレ過ぎますねw

ちなみに最終回でのセワンさんの「エギョ演技」の破壊力が凄すぎる


これ見ちゃうと全50話のセワンさん登場シーンを
全部抽出したくなる・・・が時間ないなぁ。
[Readygo]Image 2018-09-27 01-09-19
[Readygo]Image 2018-09-27 01-09-22
[Readygo]Image 2018-09-27 01-09-25
[Readygo]Image 2018-09-27 01-09-28

今年の年末の賞レースで何か獲ったら記念ということでやってみるか。

ソナ:秋夕(チュソク)インタビューフォト

ハン・ソナ大女優への道
09 /27 2018
180923restmb_jhidxmake.jpg
ファイブラザース所属の俳優たちが、
秋夕のメッセージを事務所HPに残していますが、
ソナは秋夕休みを過ごしている
故郷釜山の海雲台(ヘウンデ)の浜辺に手書きメッセージ。

韓国でのお盆休み「秋夕(チュソク)」は今年は23~25日。
ファイブラザース公式HPではメッセージとともに画像も2枚公開
180926Dn7-a0kV4AAf2WW.jpg
180926Dn7-cHmUwAEvpWE.jpg

そして韓国芸能サイトでもソナに秋夕インタビュー
180923201809231024770225_5ba6eea6c64dc.jpg
190926201809231025779625_5ba6eef02a380.jpg
180926201809231025779625_5ba6eef0a68e8.jpg
180923201809231024770225_5ba6eea73bad0.jpg
インタビューの中では来年30歳を迎えるにあたって、
20代の10年間を振り返っています。
その10年間はソナがデビューして芸能界で歩んだ10年間であり、
前半はシクリとしてのアイドル・タレント活動。
後半は女優としての活動がメインとなりました。
ソナにとっては後悔のない充実した10年間だと語っています
音楽の舞台を懐かしく感じることもあるようですが、
同時にダンスに体がついていかないということも感じているようです。
(昨年の「知っている兄」でのダンスを見れば、まだまだ大丈夫そうだけどね)

気品があって美人という役柄を演じることが多いソナですが、
コミカルな演技やおバカキャラにもチャレンジしてみたいと、
30代を迎えて、ますます貪欲に女優道をまい進していくソナです。
※個人的には「平凡な人妻」とかにもチャレンジして貰いたいかな

次回のキャスティングでどんな役が来るか、楽しみに待ちたいですね。

9/26 榊原、2度目の先発も合格点。打線は宮西のHP増を阻止!

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
09 /26 2018
[Readygo]Image 2018-09-26 21-43-16
気合が入った時の表情は、
オールドファンには「お肌ツルツルの野田浩司」のようにも見える。

26日のファイターズ戦の先発は2度目の榊原。
[Readygo]Image 2018-09-26 21-43-09

2回に清宮にフェンス直撃の3ベースを打たれ、
そのあとの犠飛もあわせて2点失いましたが、
6回まで96球を投げて、他の回は被安打2で無失点。
前回に続き先発の役目を十分に果たし、来季に期待を持たせました。

180926Orix01.jpeg

6回の2死1・2塁のピンチで清宮と対したときは、
フォークで空振りの三振に仕留め、3ベースの借りをきっちり返しました。
[Readygo]Image 2018-09-26 21-43-13
榊原と清宮は一歳差。
これからもたくさんの名勝負を見せてくれることを期待してしまいますね。

打線の方はファイターズ先発加藤の前に沈黙。
6回までは若月のヒット一本に抑えられて反撃の糸口なし。
ようやく7回にロメロ、正尚がそれぞれ逆方向にヒットを放ち無死1・2塁のチャンス到来。
[Readygo]Image 2018-09-26 21-43-20
[Readygo]Image 2018-09-26 21-43-23

しかし、ここ3試合得点に絡んでいないナカジと、久々にスタメンの西村が凡退。
このまま加藤に逃げられるかと思いきや、相手が何故か加藤から浦野にスイッチ。
これがオリックス側に吉と出て、安達は綺麗なセンター返しでまずは1点返します。
[Readygo]Image 2018-09-26 21-43-26

8回のファイターズのマウンドは当然のように宮西。
先頭の伏見こそ歩かせてしまいましたが、
福良監督からの「送りバントでアウト献上」と、
福田のセカンドゴロであっという間に2アウト3塁。
が・・ここで何故かロメロとの勝負を避け正尚との勝負を選択。
「まずは同点と、送りバントでアウトカウント増やす」と、
「打たれても同点で済むところをわざわざ逆転のランナーを出す」の、
ものすごい消極的な作戦の勝負となりました。
※ようは宮西のHP狙いということなんでしょうけどね。

で、正尚に対しては厳しく攻めすぎて当ててしまい、2死満塁。
それでも、当たってないナカジの打順だから大丈夫とふんだのかもしれませんが、
さすがに、それは甘い

[Readygo]Image 2018-09-26 21-11-33
5球目のスライダーを引っ張った打球はレフト線にクリーンヒット!
2者生還し一気に逆転に成功し、山本のHP争いのライバル宮西を粉砕!

もちろん榊原の負けはなくなり、
ついでに8回に「2球だけ投げた」澤田に勝ち投手の権利が転がり込みました。
[Readygo]Image 2018-09-26 21-11-41

ガッツポーズのやりとりをする榊原とナカジ・・・イイ画だなぁ
[Readygo]Image 2018-09-26 21-43-50

こうなりゃ9回は増井がセーブを獲りにくる
[Readygo]Image 2018-09-26 21-43-53
180926Orix02.jpeg
これでホークス森との差は1
昨日のゲームで9回に大人しくゼロで終わっていれば増井がリード出来ていたんだが、
まぁ、タイトルより勝ちに行く姿勢のほうが大事だからそれは仕方がない。
残りゲームはオリックスが6でホークスが12・・・うーん、これは不利だね。

27日は東明と上原が先発。
上原は4月15日に1イニング対戦してそのときは打者3人で2三振。
(上沢+有原)÷2はオリックス相手に効力を発揮するかどうか。

追記:広島カープ、ペナント3連覇おめでとうございます。
ウチはいつになったらそんな日がやってくるのやら・・・・

残り7ゲームで4勝しないと昨年からの上積みもなし

バファローズ黒星日記(since 2015)
09 /26 2018
[Readygo]Image 2018-09-25 21-46-36
何はともあれ福田選手プロ入り初アーチおめでとう!

山本がぼこられてイーグルスに負け越した後、
22日は福岡が山岡が12敗目を喫して負け。
京セラに戻ってからマリーンズ相手に西が6回につかまり、
10勝を前に足踏みどころか13敗目。
そして25日は福良監督が退任の意思を明らかにしたとの報道があった後でしたが、
だからといってチームが奮起するわけでもなく、
ホークスにいいようにあしらわれて、これで4連敗。
この敗戦でBクラスは確定したのは、
とっくに覚悟ができていたのからまぁいいとして。
勝ち星が60勝で足踏みしているのが気になる。

2015年からの歩みを見てみると、
勝ち星は61→57→63→?・・と似たような勝ち数ではありますが、
少なくとも前年よりか少しでも上積みして欲しい。
そのためには残り7ゲームで4勝以上・・なんか出来なさそうな気もしてた。
そもそも4勝3敗でも借金は2桁だし、そこが一桁で終わることはなさそうだ・・はぁ。

絶対に獲れると思っていた増井のセーブ王も危なくなってきたし、
山本のホールド王はかなり厳しい(ファイターズの方が4試合多いからね)。
シーズン終わって個人タイトルなしってのも寂しい限りだなぁ。

ライオンズの驚異的な勝ちっぷりに比べれば気の重いことこの上ないので、
福田のプロ入り初アーチを堪能して気を紛らわせよう。
[Readygo]Image 2018-09-25 21-46-24
[Readygo]Image 2018-09-25 21-46-27
[Readygo]Image 2018-09-25 21-46-29
[Readygo]Image 2018-09-25 21-46-32
小技が効いて、パンチ力もあって、足もある。
この背番号「4」の二塁手は紛れもなく福良監督の置き土産。
出来ることなら福良さんの現役時代の「1」を継いで欲しいけど、
さすがにナカジから取りあげるわけにもいかないか。

21世紀のオリックスとしては、十分に「長期政権」であった福良監督。
心からお疲れ様と言いたい。
ブレーブス~ブルーウェーブからの唯一の生え抜き監督で
結果を残せなかったのは残念至極ですが、
今後も球団に残って、悲願の優勝に向けての
チームの環境整備にご尽力いただきたい。
その点については頼りになる部分が多いと思っているのですよ。
ファンはその昇格を危惧していますが、
どうやら田口2軍監督が来季チームを率いることが濃厚。
もし、それが実現したならば、
それこそ、ここが真の長期政権にならないとシャレにならないので、
是非とも田口政権をバックアップして欲しい。

26日のファイターズ戦は榊原が先発。
何が何でも今季中にプロ初勝利を!

UNI.T : カムバックインタビューフォト④ エンシア編

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /25 2018
180917N-1537155384067488.jpg
既にお気づきとは思いますが、最終順位の順番です。

カムバインタビューフォト、メンバー個別編3人目はエンシア
180917N-BBNql9X.jpg
180917N-IE002392580_PHT.jpg
180917N-1S4O6ZCOPW_1.jpg
180917N-1S4O7GDTO3_1.jpg
180917N-1S4O74XKAJ_1.jpg
180917N-120236_110451_332.jpg
180917N-image_readtop_2018_586657_15371761043463622.jpg
180917N-215462_245317_1722.jpg
180917N-215463_245318_1818.jpg
180917N-gplus-1571445104.jpg

私にとってエンシアはデビュー時から好きなシンガーでして、
デビュー時ほどの注目度がなくなっていただけに、
UNI.Tでリブートできたのではないかと嬉しく思っています。
また、エンシア自身が初めてアイドルグループの一員というものを体験し、
その中で一番グループ活動を楽しんでいるのも意義あることだったなぁと思います。
そして戻る場所がソロ活動なので、
得たものはあっても失ったものはなにもないというのも強み。
既に12月に自身初めての単独コンサートの開催も決まっているようで、
ソロ活動、フィーチャリング活動、OST活動など、
シンガーとしてのキャリアをこれからも積み重ねていきそうです。
そして、これは余計なことかも知れませんが、
エンシア「童顔のまま」年齢も重ねていきそうなので、
そこのところも案外「強み」になっていきそうな気がします。


UNI.T : カムバックインタビューフォト③イェビン編

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /25 2018
[Readygo]Image 2018-09-25 01-32-06
私の周囲では一番人気なのはイェビンです。

カムバインタビュー記事のフォト、メンバー個別編の第2弾はイェビン
180917I-BBNqw8m.jpg
180917I-120272_110548_5130.jpg
180917I-41353012_237113780300277_8706815636718673421_n.jpg
[Readygo]Image 2018-09-25 01-35-27
180917I-215448_245303_714.jpg
180917I-30000612964_1280.jpg
180917I-30000612965_1280.jpg
180917I-image_readtop_2018_586642_15371756263463615.jpg
180917I-40951142_682500072126653_6608411478002999304_n.jpg
[Readygo]Image 2018-09-25 01-36-40
[Readygo]Image 2018-09-25 01-34-05
[Readygo]Image 2018-09-25 01-34-46

UNI.Tカムバ前のDIAの活動ではグループとして初めての一位獲得。
ただ、これがUNI.T効果なのかというと、多分違うんだろうな。
そもそもDIAの場合はチェヨン効果でドユニにメンバーが参加する前から浮上傾向にあったし、
ソミが善戦し、イェビンが勝ち残ったのも、
2人に魅力があったのは当然として、DIA のファンの後押しの部分も大きい。
その意味では、UNI.Tが世間から一定の注目を集めているのも、
DIA出身のイェビンがいるからという部分があるし、
その注目度が一定以上でないのは、
DIAの他のメンバーのファンを取り込み切れてないというのも理由の一つではないだろうか。
これは他のグループについても同じことがいえ、
新規のファンの獲得どころか、メンバーの所属グループの総和にすらなっていないのが、
UNI.Tの活動の限界ということが言えます。
イェビン自身がドユニ開始時に言っていた
チェヨン以外のメンバーも見て欲しい」ということについては一定の成果を得たとは思うんですが、
戻るべきグループがあるメンバーの中ではイェビンだけが目標を達成したとも言えます。
※とりあえずキム・グァンス云々は考察からは除外しておきました




UNI.T: カムバックインタビューフォト②ウィジン編

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /25 2018
180917E-DnTHF23UwAAQUcK.jpg
分量が多いので1人ずつ記事にします

カムバックからはや一週間が過ぎた、絶賛「お別れ」活動中のUNI.T
「絶賛」と書いたはいいものの、「ナンマリヤ」MV閲覧数100万いってないのよね・・・。

さて、17日に一斉にアップされたインタビュー記事でのフォト。
個別の分も数が多いので、メンバー毎に貼っていきます。
とりあえず一日3人分を目途に3日で終わらせます。

ます最初はウィジン
180917E-BBNqieW001.jpg
180917E-215465_245320_1954.jpg
180917E-215412_245244_15.jpg
180917E-DnTEh8fVsAA5wgf.jpg
180917E-DnTEhXMUYAEKjEF.jpg
180917E-DnTHFU9VYAEtdqa.jpg
180917E-DnTJojzUYAEvFdC.jpg
180917E-DnTL1hUU0AAb4NJ.jpg
180917E-20180917112807924769_0_400_530.jpg
180917E-DnTL0fzVYAAs-a3.jpg
180917E-DnTLwEbUcAAnL2D.jpg
180917E-215464_245319_1856.jpg
180917E-1S4O6WZOTA_1.jpg
180917E-DnTEg3zVYAke9Wk.jpg
180917E-DnTEiY5UYAAWGGt.jpg
180917E-DnTHE1SU0AApF3y.jpg
180917E-DnTHEUcUwAAZCT-.jpg
180917E-DnTJkVRVsAUusW4.jpg
180917E-DnTJmrRUwAItKDc.jpg
180917E-DnTJnzGVYAApxiR.jpg
180917E-image_readtop_2018_586638_15371754553463614.jpg

何かコメントも入れたいところだけど、
特に気の利いたキャプションが思いつかん。
とりあえず、ドユニで一位だったのはいったいなんだったのか・・
そのことを問い返しても特に答えが出てこない半年なんですが、
恐らくソナムの活動が再開された後でも、それは同じなんだろうな。
もちろん、そうでない何かがあれば嬉しいけどね。


9/24 Happy Birthday パク・セワン 24歳

パク・セワン(박세완):期待の新進女優
09 /24 2018
180923AAAsXod.jpg
韓国ではお祝いするファンもそこそこいるだろうが、日本では私くらいか。

9月24日には当ブログが応援する韓国女優パク・セワンさんの24歳(満年齢)の誕生日
[Readygo]Image 2018-09-23 22-57-25

以前のドラマ終了後は大阪に旅行に来ていましたが、
今回、初めての長編ドラマ「一緒に暮らしませんか」の終了後はタイ旅行
180921201809121639501110_1.jpg

先週は各方面からドラマ終了後のインタビューをたくさん受けていました。
180921htm_20180923133436747789.jpg180921htm_20180923133753475246.jpg
180921htm_20180923133655535833.jpg180921htm_2018092313421133407.jpg
180921htm_20180923134045697566.jpg180921htm_20180923133855526957.jpg
180921PYH2018091820100001300_P2.jpg180921PYH2018091820160001300_P2.jpg
180923AAAsP9g.jpg180923PSAAAtkda.jpg
180923PHu5IeHeB_o.jpg180923PSuhdcHeB_o.jpg
1809211537332822551382.jpg1809211537335496993778.jpg
1809211537335599392850.jpg1809211537337473507521.jpg
180921201809181238031510_1.jpg180921201809181738511910_1.jpg
180921201809181738511910_2.jpg180921201809181822341910_1.jpg
180921201809181822341910_2.jpg180921201809181822341910_3.jpg
18092120180914142410725.jpg18092120180919202722494154_0_777_1282.jpg
180921201809142238770764_5b9bdba6ab212.jpg190921201809142238770764_5b9bdba6633bb.jpg

ソナが「バラ色の恋人たち」終えた後に受けたインタビュー数もかなり多かったですが、
今回のパク・セワンさんの数もそれと同じくらいです。
それだけ注目度も高いということで、年末のKBS演技大賞では、
間違いなく新人賞取るとは思うんだけど、
TV局を超えた評価があってもいいくらいに女優として活躍しています。

180921PYH2018091820120001300_P4.jpg
180923AAAt6d7.jpg
180923AAAtyZs.jpg
190921PYH2018091820180001300_P4.jpg
1809211537340265564101.jpg
18092120180919182005921532_0_777_475.jpg
18092120180919194834171072_0_777_777.jpg
180921htm_20180923134332559584.jpg180921PYH2018091820130001300_P2.jpg

24歳の一年間は、さらに女優としての飛躍の年になることでしょう。
年内のドラマ出演も既に決まっているし。
(1本は収録済、もう1本は主演オファー中)

생일 축하 박세완 !


[Readygo]Image 2018-09-23 22-57-53[Readygo]Image 2018-09-23 22-57-57

UNI.T : 9/22「ミュージックコア」カムバックステージ 新人グループのような衣装って・・

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /24 2018
[Readygo]Image 2018-09-23 04-03-52
アラサーにはキツイかと思いきや、こーゆーのがばっちり似合うジウォン

カムバック週の最後はMBCミュージックコア


お揃いでピンクのミニスカコスチューム
[Readygo]Image 2018-09-23 04-05-14
いったいどこの新人グループなのか・・と思ってしまうのような衣装です。

ウヒユンジョにとっては、この手の衣装は「今更」感が強いだろうなぁ。
[Readygo]Image 2018-09-23 04-04-41[Readygo]Image 2018-09-23 04-04-44[Readygo]Image 2018-09-23 04-04-48
[Readygo]Image 2018-09-23 04-04-54[Readygo]Image 2018-09-23 04-04-58
[Readygo]Image 2018-09-23 04-05-49[Readygo]Image 2018-09-23 04-05-54[Readygo]Image 2018-09-23 04-06-00
[Readygo]Image 2018-09-23 04-06-06[Readygo]Image 2018-09-23 04-08-10[Readygo]Image 2018-09-23 04-08-15

イェビンスジはまだまだ現役
[Readygo]Image 2018-09-23 04-04-13
[Readygo]Image 2018-09-23 04-04-16
[Readygo]Image 2018-09-23 04-04-18
[Readygo]Image 2018-09-23 04-04-21
[Readygo]Image 2018-09-23 04-10-37
[Readygo]Image 2018-09-23 04-10-42
[Readygo]Image 2018-09-23 04-08-53
[Readygo]Image 2018-09-23 04-08-56

スジは髪を結ぶだけで少しイメージが変化
[Readygo]Image 2018-09-23 04-06-53[Readygo]Image 2018-09-23 04-07-47[Readygo]Image 2018-09-23 04-07-52
[Readygo]Image 2018-09-23 04-07-58[Readygo]Image 2018-09-23 04-08-02


ヒョンジュは今後アイドルグループの活動はなさそうなので、
こういう格好も見納めということになりそう
[Readygo]Image 2018-09-23 04-07-17[Readygo]Image 2018-09-23 04-07-34
[Readygo]Image 2018-09-23 04-09-39
[Readygo]Image 2018-09-23 04-09-51
[Readygo]Image 2018-09-23 04-09-54

ウィジンソナムでもこれからもこういうった衣装を着ることもありそうだが、
コンセプト的にはそっちでないほうがいいなぁ。
[Readygo]Image 2018-09-23 04-03-55
[Readygo]Image 2018-09-23 04-03-59
[Readygo]Image 2018-09-23 04-04-06
[Readygo]Image 2018-09-23 04-09-16
[Readygo]Image 2018-09-23 04-09-57
[Readygo]Image 2018-09-23 04-08-22[Readygo]Image 2018-09-23 04-08-27

エンシアはソロの時はこんな衣装着てなかったと思いきや・・・
「バニラシェイク」のときはこんな感じだったね。
[Readygo]Image 2018-09-23 04-10-05
[Readygo]Image 2018-09-23 04-10-09

それはそうと、エンシアのこのX脚ポーズはお見事
[Readygo]Image 2018-09-23 04-06-26

来週の音楽番組ではこれの色違いで登場してたりして
[Readygo]Image 2018-09-23 04-08-45

この日はヒョンジュのファンが珈琲カーの差し入れしてました。
180922DnrAdFQUUAAY-gf.jpg
180922DnsRC8RU0AIvx_Q.jpg
180922DnsRDaXUcAAGI1d.jpg
180922Dnr_kIqV4AAkC_A.jpg
180922Dnr_kpVUYAA4eJa.jpg
180922Dnr_lN-U0AAyc5z.jpg



UNI.T : 9/21KBS「ユ・ヒヨルのスケッチブック」③‘ナンマリヤ’ヒョンジュ・スジ・ウィジン編

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /23 2018
[Readygo]Image 2018-09-23 03-57-12
この画質なら衣装は「オシャレな囚人服」Ver.の方がありがたかった。

21日の「ユ・ヒヨルのスケッチブック」での「ナンマリヤ」ステージ、
ヒョンジュ・スジ・ウィジンのキャプチャ編


ヒョンジュはキラキラしてます。
[Readygo]Image 2018-09-23 03-34-24
[Readygo]Image 2018-09-23 03-34-27
[Readygo]Image 2018-09-23 03-34-30
[Readygo]Image 2018-09-23 03-34-33
[Readygo]Image 2018-09-23 03-34-35
[Readygo]Image 2018-09-23 03-34-41
[Readygo]Image 2018-09-23 03-34-44

最大の見せ場はアップからコマ送りで
[Readygo]Image 2018-09-23 03-34-38
[Readygo]Image 2018-09-23 03-35-08
[Readygo]Image 2018-09-23 03-35-10
[Readygo]Image 2018-09-23 03-35-13
[Readygo]Image 2018-09-23 03-35-19
[Readygo]Image 2018-09-23 03-35-23
他のメンバーのしゃがんでの待機ポーズが結構お茶目。
このパートも生で何度も観たいなぁ。

スジは他の音楽番組と同じところでアップ。
[Readygo]Image 2018-09-23 03-45-29
[Readygo]Image 2018-09-23 03-45-32
[Readygo]Image 2018-09-23 03-45-34
[Readygo]Image 2018-09-23 03-45-41
[Readygo]Image 2018-09-23 03-45-44
見飽きることのない美しさ

ウィジンの脚に腰掛けるシーン、
ウィジンがこれまでに見たことないような色っぽい目をしています。
[Readygo]Image 2018-09-23 03-45-48
[Readygo]Image 2018-09-23 03-45-51

スジのスラリと長い手足は、どのダンスパートでも目を引きます。
[Readygo]Image 2018-09-23 03-46-36

最後はウィジン大量放出
[Readygo]Image 2018-09-23 03-26-30
[Readygo]Image 2018-09-23 03-26-37
[Readygo]Image 2018-09-23 03-26-41
[Readygo]Image 2018-09-23 03-26-48
[Readygo]Image 2018-09-23 03-26-51
[Readygo]Image 2018-09-23 03-26-56
[Readygo]Image 2018-09-23 03-26-59
[Readygo]Image 2018-09-23 03-27-05

バックライトに照らされる金髪が美しい
[Readygo]Image 2018-09-23 03-26-45
[Readygo]Image 2018-09-23 03-26-53

群舞でもウィジンはいたるところで目立つ
[Readygo]Image 2018-09-23 03-28-11
[Readygo]Image 2018-09-23 03-28-13
[Readygo]Image 2018-09-23 03-28-16
[Readygo]Image 2018-09-23 03-28-19
[Readygo]Image 2018-09-23 03-28-22

スジのせポーズ」も全貌がわかるカットでおさえてくれています。
[Readygo]Image 2018-09-23 03-28-25
[Readygo]Image 2018-09-23 03-28-30

メンバー個々のいい表情と、
活気あるダンスの両方を十分に楽しませてくれたステージで、
TV放映では、これを超えるのはちょっと難しいかも。
[Readygo]Image 2018-09-23 03-57-03
[Readygo]Image 2018-09-23 03-57-07
[Readygo]Image 2018-09-23 03-57-10
[Readygo]Image 2018-09-23 03-57-20

15日の屋外イベントのステージがそんな仕上がりになっているか、
後日のドショでの放送が楽しみです。

UNI.T : 9/21KBS「ユ・ヒヨルのスケッチブック」②‘ナンマリヤ’ イェビン・ウヒ・エンシア・ユンジョキャプチャ

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /23 2018
[Readygo]Image 2018-09-23 03-57-23
バランスの良いステージでした

21日の「ユ・ヒヨルのスケッチブック」のUNI.Tステージ。
「ナンマリヤ」はメンバーそれぞれのアップが多い映像


ただし、ジウォンだけはとても少ない
[Readygo]Image 2018-09-23 03-57-00
[Readygo]Image 2018-09-23 03-57-15
[Readygo]Image 2018-09-23 03-57-17
ゼロじゃないんだけど、ピントがきっちりあっていなかった。

まずはイェビンからキャプチャ画像を見ていこう
「一生懸命」な歌唱シーンでなく、爽やかなスマイルのシーンが多い。
[Readygo]Image 2018-09-23 03-49-43
[Readygo]Image 2018-09-23 03-49-45
[Readygo]Image 2018-09-23 03-49-47
[Readygo]Image 2018-09-23 03-49-50
[Readygo]Image 2018-09-23 03-49-52

かわいらしいポーズはイェビンヒョンジュが双璧となっています。
[Readygo]Image 2018-09-23 03-50-04

お次はウヒ・・・素敵な表情満載です。
[Readygo]Image 2018-09-23 03-51-51
[Readygo]Image 2018-09-23 03-51-57
[Readygo]Image 2018-09-23 03-52-01
[Readygo]Image 2018-09-23 03-52-03
[Readygo]Image 2018-09-23 03-52-06
[Readygo]Image 2018-09-23 03-52-09
[Readygo]Image 2018-09-23 03-52-15
[Readygo]Image 2018-09-23 03-52-53
これでもかなり絞り込みました。
フロントに来た時のウヒの表情ってホント輝いています。

エンシアは歌唱パートを極力外して・・ともいかない
[Readygo]Image 2018-09-23 03-39-17
[Readygo]Image 2018-09-23 03-39-22
[Readygo]Image 2018-09-23 03-39-27
[Readygo]Image 2018-09-23 03-39-30
[Readygo]Image 2018-09-23 03-39-34
[Readygo]Image 2018-09-23 03-39-36
[Readygo]Image 2018-09-23 03-39-39
[Readygo]Image 2018-09-23 03-39-42
[Readygo]Image 2018-09-23 03-39-48
[Readygo]Image 2018-09-23 03-39-51
歌っている時の表情は常に自信にあふれていますね。

ダンスもとても楽しそうに踊っていて、見ているこっちも楽しくなる。
[Readygo]Image 2018-09-23 03-42-21
[Readygo]Image 2018-09-23 03-42-27

前半ラストはユンジョ
[Readygo]Image 2018-09-23 03-54-40
[Readygo]Image 2018-09-23 03-54-45
[Readygo]Image 2018-09-23 03-54-54
[Readygo]Image 2018-09-23 03-54-58
ピントがバシッとあったときのユンジョはやはりバランスのとれた美人。

本人曰く「歌手活動はこれが最後」・・
その曲でもセンターでスポットを浴びる場面があってよかった。
[Readygo]Image 2018-09-23 03-55-20

オマケで曲間のトークパート


他のメンバーの活動への思いを聴いている時の、
みんなのしんみりした表情が、
「Begin with the End」を歌っているときとおんなじ。
[Readygo]Image 2018-09-23 18-12-52
[Readygo]Image 2018-09-23 18-12-55
[Readygo]Image 2018-09-23 18-12-58
[Readygo]Image 2018-09-23 18-13-08
[Readygo]Image 2018-09-23 18-13-11
[Readygo]Image 2018-09-23 18-13-01
[Readygo]Image 2018-09-23 18-13-13
[Readygo]Image 2018-09-23 18-12-49
[Readygo]Image 2018-09-23 18-13-16

UNI.T : 9/21 KBS「ユ・ヒヨルのスケッチブック」① ‘Begin with the End’熱唱

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /23 2018
[Readygo]Image 2018-09-23 04-00-05
この番組の雰囲気にもあっている曲です


21日、UNI.Tとして2度目のKBS「ユ・ヒヨルのスケッチブック」に出演。
「Begin with the End」「ナンマリヤ」を披露
ついでに他で歌う機会のない「Candy」も歌わせてもらえばよかったのに。

画質が良いので数回に分けて記事にします。

まずは「Begin with the End」から


メンバー一人一人が思いを噛みしめながら歌っている感じがいいですね。
[Readygo]Image 2018-09-23 04-00-33
[Readygo]Image 2018-09-23 04-00-35
[Readygo]Image 2018-09-23 04-00-43

今回はヒョンジュも歌っているところで映されています。
[Readygo]Image 2018-09-23 04-00-23

自分のパートを歌い終わった後の表情にしみじみしてしまいます。
[Readygo]Image 2018-09-23 03-59-58
[Readygo]Image 2018-09-23 04-00-00
[Readygo]Image 2018-09-23 04-00-03
[Readygo]Image 2018-09-23 04-00-08
[Readygo]Image 2018-09-23 04-00-10
[Readygo]Image 2018-09-23 04-00-26
[Readygo]Image 2018-09-23 04-00-28
[Readygo]Image 2018-09-23 04-00-30

一番印象に残ったのはジウォンの熱唱姿
[Readygo]Image 2018-09-23 04-00-38


ラストカットはウィジンのアップ
[Readygo]Image 2018-09-23 04-00-46

次は「ナンマリヤ」イェビン・ウヒ・エンシア・ユンジョ


UNI.T : 21日のKBS収録入りとサイン会フォト

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /23 2018
180921UT215863_245787_138.jpg
ソウルも秋雨

21日のUNI.Tはミュージックバンクとサイン会の2本立て。
それと放映では「ユ・ヒヨルのスケッチブック」もありました。

まずは、収録入りのときの画像色々
180921UT79131066.jpg
180921UT201809210749774459_5ba42482a1276.jpg
180921UT215861_245785_1126.jpg
180921UT20180921082712_1252169_600_480.jpg
180921UT20180921115154_1252370_600_440.jpg
180921UT1537486525057844.jpg
180921UT0317826603.jpg
180921UT-image_readtop_2018_596712_15374877783468808.jpg
イェビンユンジョのミニ姿が目に眩しい

180921UT1537486315063188.jpg
180921UT201809210939779708_5ba43e59a1deb.jpg
ウィジン&ヒョンジュのペア・・「俺得」

サイン会の方は「ナンマリヤ」のステージもあったようですね
180921UT-image_readtop_2018_598646_15375291003469999.jpg
180921UT201809212028775758_5ba4d5d935327.jpg
180921UT2018092102689_0.jpg
180921UT1537528529052653.jpg
180921UT2018092102797_0.jpg
180921UT201809212014777227_5ba4d2bdd4c2d.jpg
180921UT-image_readtop_2018_598650_15375294963470002.jpg
180921UT1537528668536545.jpg
180921UT201809212008774710_5ba4d14d6fead.jpg
180921UT201809212009770334_5ba4d17d45ff9.jpg
180921UT201809212009773675_5ba4d1acf0282.jpg
190821UTc8a86cc9318f4a0c8322c9f79f388c43.jpg
180921UT201809212001778091_5ba4cfaf8190d.jpg
180921UT201809212011772479_5ba4d21741361.jpg
180921UT201809212018778857_5ba4d3cfdbab3.jpg
180921UT201809211958771130_5ba4cefd7b1f3.jpg
180921UT201809212007210510_1.jpg
180921UT-image_readtop_2018_598635_15375287003469989.jpg

ファンカムの動画も貼っておこう







UNI.T : 9/21ミュージックバンク「ナンマリヤ」カムバックステージ

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /22 2018
[Readygo]Image 2018-09-22 01-57-31
後列のユンジョまでくっきり鮮やか

21日のUNI.Tはミュージックバンクのステージ
「母屋」のKBSなのに、カムバックステージが何故に一曲のみ?
とはいえ「Begin with the End」を歌うたびに
ステージでウルウルするのもどうかとは思っていたので、
一発目のThe Showが最高のステージと言うことで仕方ないか。
後は「ユ・ヒヨルのスケッチブック」とかでの披露を楽しみにしておこうか。



ミュージックバンクのステージ、映像が綺麗ではあるんですが、
全体を映したカットは、小さくまとまってしまっています。
[Readygo]Image 2018-09-22 02-06-24

もう少しパート毎でカメラが寄ってくれてもよかったのにぃ・・とも思いますが、
そのかわりメンバー個々のアップクォリティが高い。

一番良かったのはウヒ
ヘアスタイルの効果かオデコが目に眩しい
[Readygo]Image 2018-09-22 01-46-57
[Readygo]Image 2018-09-22 01-47-04
[Readygo]Image 2018-09-22 01-47-07
[Readygo]Image 2018-09-22 01-47-34
[Readygo]Image 2018-09-22 01-47-45
[Readygo]Image 2018-09-22 01-47-48
[Readygo]Image 2018-09-22 01-47-57
[Readygo]Image 2018-09-22 01-48-01
[Readygo]Image 2018-09-22 01-48-18

イェビンも爽やかな笑顔のカットが多い
[Readygo]Image 2018-09-22 01-50-41
[Readygo]Image 2018-09-22 01-50-45
[Readygo]Image 2018-09-22 01-51-56
[Readygo]Image 2018-09-22 01-51-58
[Readygo]Image 2018-09-22 01-52-29
[Readygo]Image 2018-09-22 01-52-33
一番の見せ場はいつか綺麗なキャプチャをとりたい

ジウォンはもう少し見せ場が欲しいな
[Readygo]Image 2018-09-22 01-56-02
[Readygo]Image 2018-09-22 01-55-26
[Readygo]Image 2018-09-22 01-55-33
[Readygo]Image 2018-09-22 01-55-35
[Readygo]Image 2018-09-22 01-55-49

ヒョンジュは一生懸命な表情も目立つ
[Readygo]Image 2018-09-22 01-57-35
[Readygo]Image 2018-09-22 01-57-45
[Readygo]Image 2018-09-22 01-57-47
[Readygo]Image 2018-09-22 01-57-50
[Readygo]Image 2018-09-22 01-58-03
[Readygo]Image 2018-09-22 01-58-06
「No More」では曲調もあって愛らしい部分が発揮できなかっただけに、
この曲では、もう少し愛嬌全開のヒョンジュでも良かった。

「見せ場」では最初からヒョンジュにフォーカスしてくれてはいます。
[Readygo]Image 2018-09-22 01-57-55
[Readygo]Image 2018-09-22 01-57-57
[Readygo]Image 2018-09-22 01-58-00
ただ・・最後をヒョンジュのアップにしなかったのは大きな減点

ウィジンは8人の中で一番画面占有率の高いアップ付き
[Readygo]Image 2018-09-22 02-01-58
[Readygo]Image 2018-09-22 02-02-03
[Readygo]Image 2018-09-22 02-02-07
[Readygo]Image 2018-09-22 02-02-13
[Readygo]Image 2018-09-22 02-02-15
[Readygo]Image 2018-09-22 02-02-17

「腰掛シーン」はその直前のポーズがかっこいい
[Readygo]Image 2018-09-22 02-02-21
[Readygo]Image 2018-09-22 02-02-24
「バブリーダンス」の構えポーズに似てなくもないがw

ユンジョは背後での映り込みは多いけどアップは2場面
最初の表情の作り方がなんか惜しい。
[Readygo]Image 2018-09-22 02-03-50
[Readygo]Image 2018-09-22 02-03-52
[Readygo]Image 2018-09-22 02-03-55
[Readygo]Image 2018-09-22 02-04-04
[Readygo]Image 2018-09-22 02-04-06
[Readygo]Image 2018-09-22 02-04-08

スジは一度のアップが尺が長くて美しい
[Readygo]Image 2018-09-22 02-06-06
[Readygo]Image 2018-09-22 02-06-08
[Readygo]Image 2018-09-22 02-06-11
[Readygo]Image 2018-09-22 02-06-13

エンシアは歌パートでアップが回ってくる分、
踊っているところでのアップがない。
[Readygo]Image 2018-09-22 02-05-52
[Readygo]Image 2018-09-22 02-05-54
[Readygo]Image 2018-09-22 02-05-59
結構お茶目なシーンもあるだけに、そこにもスポットを当ててもらいたい。

「局入り」画像と、この日のファンサイン会の記事はこの後で
180921DnnykL0UYAAXZuc.jpg
180921DnnykxkU8AAN5BQ.jpg

UNI.T : 「週刊アイドル」予告 イェビンがややこしいことに

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /22 2018
[Readygo]Image 2018-09-21 03-42-26
UNI.T ∪ DIA =イェビンの図

9月26日の「週刊アイドル」にUNI.Tが2度目のゲスト出演
その予告がこちら


ゲストは2組でUNI.TDIA
[Readygo]Image 2018-09-21 03-42-17
・・・ということは人数の合計は「のべ16名」ということになる

この手の番組で恐らく初めての両属のメンバー登場
言うまでもなくイェビンです。
[Readygo]Image 2018-09-21 03-42-22
I.O.I活動時とかに同じようなことあったのかな?
これがソナムとかラブムで発生しないのは、
仕切っているのがキム・グァンスだから・・ほかに理由はない。

メンバーのうち約半数は最後の「週刊アイドル」ゲスト出演になりそうだよな😢
[Readygo]Image 2018-09-21 03-42-33
[Readygo]Image 2018-09-21 03-42-46
[Readygo]Image 2018-09-21 03-42-50
[Readygo]Image 2018-09-21 03-42-41
イェビン大忙しの回になりそうです。

UNI.T : Vライブで「ナンマリヤ」披露・・ダンスバージョンと言っても良い出来栄え

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /22 2018
180920c56967a2d19f6d5c45843bf2e2fdea1b.jpg
UNI.TのオフィシャルのVライブとは別モノらしいんだが、
どこのどういったサイトなのかはよくわからぬ。

「ナンマリヤ」が公開された翌日
UNI.Tの面々はV COOKIEというVライブサイトで、ノレバン生中継。
一時間強のカラオケタイムで盛り上がっていたわけですが、
それと同じサイトで、「ナンマリヤ」の収録も行っています。


これが固定カメラでなく、全体とメンバー個々の撮影のバランスが良く。
「ダンスバージョン動画」として通用するものになっています。
180920248febccd1a2ee355cbccb5136367a7b.jpg
これがあるなら、わざわざダンス練習動画出さなくていいとも思える。

ありがたいことに画質も良質でダンスでの個々のパフォーマンスも良くわかる
[Readygo]Image 2018-09-21 03-44-17
[Readygo]Image 2018-09-21 03-44-20
[Readygo]Image 2018-09-21 03-44-27
[Readygo]Image 2018-09-21 03-44-32
[Readygo]Image 2018-09-21 03-44-37
ウヒの腰のラインの作り方が綺麗ですね。
3~5枚目を見ると、スジが太ったようにも見えるけど、これは気のせいか?

[Readygo]Image 2018-09-21 03-45-00
[Readygo]Image 2018-09-21 03-45-04
[Readygo]Image 2018-09-21 03-45-18
[Readygo]Image 2018-09-21 03-45-22
[Readygo]Image 2018-09-21 03-45-33
太ももを水平にあげたときの膝から下の引き上げ・・
角度とタイミングもあるだろうけど、最後の画像でしっかり出来ているのが、
ウヒ・ウィジン・スジ・・に意外にもヒョンジュ

[Readygo]Image 2018-09-21 03-45-37
[Readygo]Image 2018-09-21 03-45-44
[Readygo]Image 2018-09-21 03-45-48
[Readygo]Image 2018-09-21 03-46-00
[Readygo]Image 2018-09-21 03-46-03
[Readygo]Image 2018-09-21 03-46-10
アップになったときの表情がそれぞれ素晴らしい

[Readygo]Image 2018-09-21 03-46-14
[Readygo]Image 2018-09-21 03-46-17
[Readygo]Image 2018-09-21 03-46-22
[Readygo]Image 2018-09-21 03-46-26
ウィジンの膝に腰掛けポーズ」のとこは、
ダンス強者3人でのユニットなので一分のスキもない。
もしかしたら当初はここにジエンも入っていたのかもね。

[Readygo]Image 2018-09-21 03-46-39
[Readygo]Image 2018-09-21 03-46-58
[Readygo]Image 2018-09-21 03-47-03
[Readygo]Image 2018-09-21 03-47-06
[Readygo]Image 2018-09-21 03-47-09
2枚目のエンシアは「やんちゃ坊主」みたいでオカシイ。
4・5枚目、後ろ手、片足で腰をおとす所作。
これピタッと決めるのは結構難しそうです。
特にウィジンのように少し後ろに重心を持ってくるのは、
そのほうがより美しく見えるけど大変そうです。

個々のアップキャプチャも美しいぞ
[Readygo]Image 2018-09-21 03-50-11
[Readygo]Image 2018-09-21 03-51-34[Readygo]Image 2018-09-21 03-50-59
[Readygo]Image 2018-09-21 03-52-29[Readygo]Image 2018-09-21 03-52-35
[Readygo]Image 2018-09-21 03-51-43[Readygo]Image 2018-09-21 03-53-31
[Readygo]Image 2018-09-21 03-54-26[Readygo]Image 2018-09-21 03-54-47
[Readygo]Image 2018-09-21 03-52-02[Readygo]Image 2018-09-21 03-52-05
[Readygo]Image 2018-09-21 03-52-11[Readygo]Image 2018-09-21 03-55-28
[Readygo]Image 2018-09-21 03-52-45[Readygo]Image 2018-09-21 03-52-57
[Readygo]Image 2018-09-21 03-53-24[Readygo]Image 2018-09-21 03-53-40

21日のミュージックバンクでも各メンバーのアップになるタイミングはだいたい同じ。
もう少し違ったアングルのバージョンもこれからの音楽番組で見てみたい。


UNI.T:9/20 「ナンマリヤ」M ! Countdownカムバックステージ

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /21 2018
180920UT IM01
「おしゃれな囚人服」キタ━(゚∀゚)━!

20日のUNI.TはM ! Countdownのカムバックステージで「ナンマリヤ」のみ披露。


画質はあんまりよろしくないのでキャプチャも少なめ

それでもヒョンジュの目立ちポイントは一連の流れで
[Readygo]Image 2018-09-21 03-23-59
[Readygo]Image 2018-09-21 03-23-55
[Readygo]Image 2018-09-21 03-23-53
UNI.Tの活動の後は女優の道に再び進むという考えのヒョンジュですが、
それには自然な表情を上手く作ることも大事になりますね。
リアルバラエティだと人気を博しそうなんだが。

ドショのステージでは見逃していたイェビンのかわいいポーズ
[Readygo]Image 2018-09-21 03-25-04
[Readygo]Image 2018-09-21 03-24-59
イェビンだとこーゆーポーズやるのって照れが入りそうで、
それがまた微笑ましい。

ウィジンは衣装の派手さでアップにならずとも存在感があります。
[Readygo]Image 2018-09-21 03-25-14

ということで、Mカではヒョンジュ・イェビン・ウィジンに注目してみました。
[Readygo]Image 2018-09-21 03-23-44
[Readygo]Image 2018-09-21 03-23-47
[Readygo]Image 2018-09-21 03-23-30

個々のアップはそれなりにキャプチャ出来てはいます
[Readygo]Image 2018-09-21 03-18-59[Readygo]Image 2018-09-21 03-19-34
[Readygo]Image 2018-09-21 03-22-30[Readygo]Image 2018-09-21 03-20-24
[Readygo]Image 2018-09-21 03-19-25[Readygo]Image 2018-09-21 03-19-29
[Readygo]Image 2018-09-21 03-22-22[Readygo]Image 2018-09-21 03-22-25
[Readygo]Image 2018-09-21 03-20-58[Readygo]Image 2018-09-21 03-21-07
[Readygo]Image 2018-09-21 03-21-59[Readygo]Image 2018-09-21 03-22-02
[Readygo]Image 2018-09-21 03-20-34[Readygo]Image 2018-09-21 03-20-51
[Readygo]Image 2018-09-21 03-22-12

あと、このカットで3人の頭の位置のバランスが美しいなーと思っていたら、
スジウィジンの膝の上に座っているのね。
ウィジンの立膝ポーズ、ウヒの立ち姿、スジの腰かけ方・・どれも美しいね。
[Readygo]Image 2018-09-21 03-23-02

ステージ写真をたくさん欲しかったけど、
あるのはバックステージ画像のみ・・残念
180920NCA001.jpg180920 Yunjo001180920Jiwon001.jpg
180920 UT 01images180920 Yunjo002
1809202018092016383015287-540x810.jpg1809202018092016403995034-540x810.jpg
1809202018092016312394343-540x810.jpg1809202018092016431015208-540x810.jpg
180920485967_144097_2938.jpg
180920DniE1xWU8AAhaLk.jpg
180920image_readtop_2018_595493_15374292273468004.jpg
180920DniE2yHVAAETcE4.jpg

この日のステージ動画の画質の悪さを解消してくれる、
「音楽番組でもイベントステージでもない」けど画質の良いステージ動画あるので、
そちらのほうでじっくりと「ナンマリヤ」を堪能することにします。

UNI.T:9/18 SBS THE SHOW「ナンマリヤ」カムバックステージ

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /20 2018
[Readygo]Image 2018-09-19 19-18-50
ライトの明滅の瞬間に映し出されたウィジンの気合い充満な表情

18日のSBS THE SHOWでの「ナンマリヤ」初ステージ(TVでは)


本来キャプチャしやすい照明や画質が綺麗なTHE SHOWですが、
「ナンマリヤ」は小刻みに上下に跳ねる動きだらけなので、
コマで見てもブレブレになってしまい、きっちりピントが合う場面が少ない。
[Readygo]Image 2018-09-19 19-18-08
[Readygo]Image 2018-09-19 19-19-30
[Readygo]Image 2018-09-19 19-19-34
[Readygo]Image 2018-09-19 19-19-43
[Readygo]Image 2018-09-19 19-20-09
全体カットだとこれくらいの精度で限界。
韓国芸能記事での現場でカメラで撮った画像を期待して待つとしよう。

個々のアップはそこそこキャプチャすることが出来た
[Readygo]Image 2018-09-19 19-17-44
[Readygo]Image 2018-09-19 19-17-56
[Readygo]Image 2018-09-19 19-18-04
[Readygo]Image 2018-09-19 19-20-01
[Readygo]Image 2018-09-19 19-19-03
動きが大きくキビキビしているダンスなのでウィジンの見栄えがすごくよくなっています。
つまり「オシャレな囚人服」装着でなくても十分に目立つということだ。

スジについてもウィジンと同様の理由でステージで飛び跳ねる姿に目が行きます。
[Readygo]Image 2018-09-19 19-17-47
[Readygo]Image 2018-09-19 19-19-14
[Readygo]Image 2018-09-19 19-19-17
[Readygo]Image 2018-09-19 19-19-20
[Readygo]Image 2018-09-19 19-19-23
[Readygo]Image 2018-09-19 19-19-26
[Readygo]Image 2018-09-19 19-18-46

ヒョンジュのアップの度にキャプチャかけてしまうのは私の性だな
[Readygo]Image 2018-09-19 19-18-00
[Readygo]Image 2018-09-19 19-18-36
[Readygo]Image 2018-09-19 19-18-39
[Readygo]Image 2018-09-19 19-18-42
[Readygo]Image 2018-09-19 19-18-53
[Readygo]Image 2018-09-19 19-19-00
最後から2枚目。単独で後ろにトコトコ下がってのこのポーズ。可愛くてしょうがない。

意外と見せ場が少なかったのがユンジョ
[Readygo]Image 2018-09-19 19-18-15
[Readygo]Image 2018-09-19 19-18-21
全員に囲まれてセンターという場面があるんだけど、
今後のステージでここを綺麗にキャプチャできればいいなぁ。

イェビンは一生懸命な表情です。
[Readygo]Image 2018-09-19 19-17-53
[Readygo]Image 2018-09-19 19-18-12
[Readygo]Image 2018-09-19 19-19-07
思えばDIAから連続して唯一休息期間なしでのUNI.T活動に突入しているわけで、
DIAUNI.Tの両方で同じ番組でゲストに出るという「離れ業」もやるようなので、
体調管理がちと心配にはなります。

ウヒは決めポーズの時の体のラインが誰よりも美しい
[Readygo]Image 2018-09-19 19-20-03
[Readygo]Image 2018-09-19 19-19-11
[Readygo]Image 2018-09-19 19-18-32

ジウォンはこの衣装での肩のラインの見せ方が素敵
[Readygo]Image 2018-09-19 19-18-26

エンシアは歌パートでアップはちゃんとくるんですが、
画面の切り替えが早くて十分にキャプチャとれず。
[Readygo]Image 2018-09-19 19-18-29

今後の音楽番組のステージで出来るだけ一人一人にスポットをあてて、
UNI.Tの最後の姿をこのブログに留めておきたいと思っています。
[Readygo]Image 2018-09-19 19-20-12

UNI.T : 9/18 SBS THE SHOW 「Begin with the End」カムバックステージ

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /20 2018
[Readygo]Image 2018-09-19 19-06-37
この曲用の衣装が新調されていて嬉しい

18日のUNI.Tカムバック初日はSBS THE SHOWのステージから。
もちろん「Begin with the End」「ナンマリヤ」の2曲。
できるだけ多くの音楽番組でこの2曲を披露して貰いたいものです。

まずは、バックステージの紹介動画


「Begin with the End」は思いのこもった涙もののステージ。


自分たちの一年間の想い・・それも充実した時間よりも、物足りなさの残るものだから、
歌っている中で感極まってしまうのは当然のことかと。
[Readygo]Image 2018-09-19 19-10-39
[Readygo]Image 2018-09-19 19-10-45
[Readygo]Image 2018-09-19 19-10-54
[Readygo]Image 2018-09-19 19-10-58
[Readygo]Image 2018-09-19 19-11-01


特にイェビンウヒが目に一杯涙をためていましたね。
[Readygo]Image 2018-09-19 19-11-05
[Readygo]Image 2018-09-19 19-13-18
[Readygo]Image 2018-09-19 19-13-12

それぞれの歌パートでアップになっていましたが、みんないい表情です
[Readygo]Image 2018-09-19 19-11-46[Readygo]Image 2018-09-19 19-12-07
[Readygo]Image 2018-09-19 19-11-59[Readygo]Image 2018-09-19 19-12-34
[Readygo]Image 2018-09-19 19-12-10[Readygo]Image 2018-09-19 19-12-40
[Readygo]Image 2018-09-19 19-12-29[Readygo]Image 2018-09-19 19-11-49
[Readygo]Image 2018-09-19 19-11-54[Readygo]Image 2018-09-19 19-12-23
[Readygo]Image 2018-09-19 19-12-44
[Readygo]Image 2018-09-19 19-12-16[Readygo]Image 2018-09-19 19-12-50
[Readygo]Image 2018-09-19 19-11-25
もちろんエンシアがメインになる曲ではあるんだけど、
歌い締めはウィジンでした。
[Readygo]Image 2018-09-19 19-11-27

でも最後のアップは、曲全体で単独パートがなくてアップが一度もなかったヒョンジュ
[Readygo]Image 2018-09-19 19-11-30
最後にヒョンジュのこの表情もってこられときは「やられたー」って感じになりました。

生でこの歌を聴く機会を持ちたいもんだ。
10月5週目まで活動してくれていたら韓国で聴くことも可能なんだが・・・
でも、そのころだと、どのみちステージでは一曲だけか・・。

UNI.T : 「ナンマリヤ」MV公開・・ラスト活動スタート!

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /20 2018
[Readygo]Image 2018-09-19 18-39-53
何がどうして「イ・スジが2人」

18日に公開されたUNI.Tのカムバック曲「ナンマリヤ(私って)」


頭からシッポまで隙間なく「勇敢な兄弟節」ともいうべき曲で、
レトロコンセプトって意味が、「K-POP的に・・・」ってことなら、
まさにピッタリな曲調ですね。
現在の第3次GGブームでTWICEあたりからファンになった人には馴染みが薄いか、
MOMOLAND「ブムブム」のような印象を持ったかも知れない。
(あっちはシンサドンホレンイだがバリバリ・コテコテのEDMってことでは同じだ)
でも、第一次、あるいは第2次ブームからどっぷりハマっているファンにとっては、
懐かしくも楽しくなるサウンドで満足度は高い。

そこかしこに「ブムブム」でウケた映像的な演出が顔を出していますね。
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-23
[Readygo]Image 2018-09-19 18-48-25
最終的に「ナンマリヤ」に決まる前の曲名も何故か挿入されてます。
これ若者の新造語らしいですね。
「認定」ってニュアンスなのはわかったけど、用法がわからん。
でも、なんか人目をひくようなタイトルにしようとするあたり、
キム・グァンスの嗅覚ってまだ機能しているようには思える。

このMVの最大の謎はメンバー名の表記
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-00
こちらの「下段テロップ」ではちゃんと名前一人ずつなのに、
なんでこうなちゃったんだろう?
[Readygo]Image 2018-09-19 18-39-53
いっそのことスジを合成でもう一人足しておけば笑えたのに

これで最後の活動だけど、今更のようにメンバーもきっちり紹介
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-06
ただし、これのサイズが結構まちまち。

[Readygo]Image 2018-09-19 18-41-10

基本が大きいのと小さいののセットのようですが・・・
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-26
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-20
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-40
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-36
[Readygo]Image 2018-09-19 18-41-01
[Readygo]Image 2018-09-19 18-41-05

ウィジンは「小」2つだし
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-45
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-51

ユンジョウヒは一種のみ
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-10
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-14

ポイントダンスのところで下段に大量に馬走らせているのは過剰すぎる演出
[Readygo]Image 2018-09-19 18-48-19
でも明るい画面では白抜きは見えにくいので中途半端
[Readygo]Image 2018-09-19 18-48-31
むしろ暗いトーンの時は白抜きでいいのに、
なんだこのバランスの悪いチョイスは?

そもそも、今更のように江南スタイル
「乗馬ダンス」をぶちこんできたことに感服する。
[Readygo]Image 2018-09-19 18-48-35
いったい何の勝算があったのか?まぁレトロコンセプトの範疇には入るか。

この荒い画素のカットをたくさん入れてきたのは、
レトロ感の演出と、メインの撮影が背景ナシなので、
アクセントつけるという意図があるんだろうな。
[Readygo]Image 2018-09-19 18-42-10
[Readygo]Image 2018-09-19 18-42-14
[Readygo]Image 2018-09-19 18-42-20
[Readygo]Image 2018-09-19 18-42-23
[Readygo]Image 2018-09-19 18-42-29
[Readygo]Image 2018-09-19 18-42-35
これ、断片をつなげると一つのストーリーになっているとかだったら面白いんだけど、
そこまで求めるのはさすがにキツイか。

最後のテロップ流しのところでつなげたのは良かった。
[Readygo]Image 2018-09-19 18-49-27

で、こちらもアクセントのつもりなんだろうが、
額縁の中の暗いトーンのカットはあんまり必要性を感じなかった。
[Readygo]Image 2018-09-19 18-48-06
どうせなら全編突き抜けたバカ騒ぎだけでよかった。

その意味で、メンバー個々の「ボケ」と
他のメンバーのリアクションの構図はよかったと思う。
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-30
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-32
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-34
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-37
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-39
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-42
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-45
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-48
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-50
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-53
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-56
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-00
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-03
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-05
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-08
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-11
ウヒの「悪人顔」いいね。
リアクションのほうはエンシアの動きが秀逸。
2度目のジウォンの投げキッスへの醒めたリアクションが良い。

オープニングがジウォンのアップで、
[Readygo]Image 2018-09-19 18-41-43
[Readygo]Image 2018-09-19 18-41-45

投げキッスの後のジウォンのアップで締めると整合性あるものになると思ったんだが
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-13

何故かウィジンのアップで締め・・・・と思いきや
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-18

やはりジウォンのアップで締め・・何だこれは?
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-21

「No More」に比べれば各メンバーのアップパートが少ないのが不満と言えば不満。
シリアスな曲じゃないので、入れにくいのはわかるけどね。
で、ティーザーの流用と思われるアップが4人
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-48
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-51
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-53
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-56

背後にメンバーを従えてポーズをとるのが4人と、バランスはとっている。
[Readygo]Image 2018-09-19 18-49-08
[Readygo]Image 2018-09-19 18-49-11
[Readygo]Image 2018-09-19 18-49-14
[Readygo]Image 2018-09-19 18-49-16
[Readygo]Image 2018-09-19 18-49-19
ユンジョイェビンは両方あったけどね

全カットとことん細かく見ていけば、
一人ひとりの表情や動きで面白いのが一杯あるんだけど、
それをやるとえらい目にあいそうだし、画質的にも表現できないので、
見ている人それぞれで自分のお気に入りにのカットを探しましょう。
[Readygo]Image 2018-09-19 18-48-29
[Readygo]Image 2018-09-19 18-48-58

私の推奨はウィジンユンジョ・ジウォン
「やだわー奥サマ」って声が聞えてきそうな謎のお上品ポーズ
[Readygo]Image 2018-09-19 18-49-23

ふぅ、イッキに書いたらエライ量になりました。

「福良ヤメロ」のボルテージが一層上がったような敗戦

バファローズ黒星日記(since 2015)
09 /19 2018
[Readygo]Image 2018-09-19 21-55-09
カントク「コジマだよ!」・・ファン「違う!」

19日のイーグルス戦は先発東明が好投
180919Orix01.jpeg
6回までは被安打1、与四球も1で無失点。
球数もそこまでは57球とほぼ完ぺきな内容。
[Readygo]Image 2018-09-19 21-54-53

7回以降もそのまますんなりいきそうでしたが、
島内・内田・銀次にヒットを打たれ一失点、
この一イニングで33球を費やしてしまい後続は断ったものの、
ここらで限界とベンチは判断。
[Readygo]Image 2018-09-19 21-55-20
復帰以来ずっと上出来な内容で投げているだけに、
このゲームで2勝目をつけさしてあげたかった。

打線の方はロメロと中島が特大アーチ
4回はロメロ
[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-05
[Readygo]Image 2018-09-19 21-54-58

5回の中島の一打は全盛期を彷彿させる見惚れるような一打
[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-07
[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-10
[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-13
この背中からほとばしる威圧感が
ライオンズ時代にさんざん痛い目にあってきたナカジのそれだ!

[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-19
[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-21
[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-25
内寄りの球を腕をしっかりたたんで振りぬいた打球は、
コンパスで測ったような美しい円を描いてスタンド上段に飛んでいきました。
ようやくの5号ではありますが、ナカジまだまだやれる!

この一打で勢いを得たか、続く白崎が2ベース。
武田アウト、安達四球で1・3塁。
最近打撃好調の若月がこの日は引っ張ってレフト前にタイムリー。
[Readygo]Image 2018-09-19 21-55-01
なおも一死1・2塁で上位打線にまわりビッグイニングを予感させましたが、
宗の打席でとった戦術はセーフティーバント・・
そしてこれが失敗でアウトを重ねただけ。
宗の判断なら仕方ないけど、ベンチのサインなら・・そりゃないよ・・って采配。
この時点で最優先に考えて欲しいのはロメロ・正尚の前にランナーを溜めること。
そのためにはアウト一つをやすやすとくれてやる作戦が一番論外。
確かに2・3塁で福田だとオプションも広がりますが、
相手にとって残りのアウトが1と2では攻め方も変ってくるはずです。
せっかく上げ潮になっていたところに
相変わらずの消極的采配で現地応援の人も落胆したことと思います。

結局2点どまりなりましたが、
6回も正尚・ナカジの連打で一死2・3塁のチャンス。
次打者の白崎の三球三振も「がっくり」でしたが、
[Readygo]Image 2018-09-19 21-55-06
それでも、「なんの次は武田だし、代打小田って切り札もる。
それにベンチにはTも伏見もまだ控えている」・・・とファンは楽観的に見れたと思います。

が・・・そんなファン心理のはるか斜め上をいくのが福良クォリティ

代打・小島

私の頭の中では京セラドームライトスタンドのファンが一斉にずっこける音が聞えました。

まさにアンジャッシュ児島の被せネタ「コジマじゃねーよ!」って思いを
全国のオリ党が共有した一瞬でした。

まぁ小島はいい当たりのショートライナーだったし、
「昇格直後の小島は打つ」はジンクスとして一応有効なので手としてゼロではない。
でも・・ここじゃないだろ。
裏の守備固めで入れるってハラがベンチにはあったんだろうけど、
それなら守備からでいいし、そもそも武田の守備悪くない。
そして何よりも代打→そのまま守備固めなら絶対に小田でしょうよ。

結局、勝負の潮目を読めない采配や勝負勘の悪さが悪い流れになるんだよな。
イーグルスとのゲームは終盤に「痛い目」にあうことが多いとはいえ、
8回に山本がマウンドにあがったときまでは、
ファンはそんな嫌な予感はしなかったに違いない。
[Readygo]Image 2018-09-19 21-55-23
が・・その山本がストライクが入らない。
今江にヒットを打たれ、田中・八百坂を連続四球で無死満塁。
ここまでマルチの島内からは三振を取れたけど、
ウィーラーは初球を打たれ、これが高いバウンドで二遊間を抜けて同点打。
[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-30
[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-33
若干不運な当たりってのもあるだろうけど、
だからこそ尚更、山本はここでマウンドから降ろすべきだったろうね。
「動くべきとこ」「動くべきでないとこ」「どう動くべきか」そのいずれも判断を外しまくって、
福良采配の失敗例オンパレードのようなゲームになってしまいました。

で、続投の山本は銀次相手にもボール先行。
結局ストライクを取りに行ったところを痛打され、3ラン食らってジ・エンド
[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-28

ファンからすると「これでも来季も福良続投でいいの?」って
思いを強くしただけのゲームになってしまいましたね。
東明の好投もナカジの美しいアーチも全部台無しじゃん。

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。