ヒョソン&ジウン:「ソウルファッションウイーク」画像追加

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
03 /31 2017
170331JN05.jpg
かわいいったらありゃしない

29日午後と30日のソウルファッションウイークの観覧
ヒョソン、ジウンが連日の参加。

まずは29日午後のヒョソン
170330JHS02.jpg170330JHS03.jpg
170330JHS04.jpg170330JHS01.jpg

自身のインスタでも画像たくさんアップしています
[Readygo]Image 2017-03-30 23-34-51[Readygo]Image 2017-03-30 23-35-10
[Readygo]Image 2017-03-30 23-35-16


ジウンは30日に出席
170330JN01.jpg
170330JN02.jpg
170331JN01.jpg170331JN02.jpg
170331JN03.jpg170331JN04.jpg
春のポカポカ陽気用のデート着って感じです。

[Readygo]Image 2017-03-30 23-31-36

31日もあるかな?
スポンサーサイト



ジウン:3/28「ソウルファッションウイーク」画像

Secret : ジウン、ソロ活動情報
03 /30 2017
201703281800777164_58da265fc1318.jpg
ショートにして若返ったとも見えるし、
あと10年たってもこのままな感じもする。


28日の「ソウルファッションウイーク」でのジウンの姿、
画像がまとまったので、記事にしちゃいます。

170329JN10.jpg170329JN01.jpg
170329JN02.jpg170329JN04.jpg
キュートで綺麗で清純で・・・と言うことなしの雰囲気です。

170329JN03.jpg170329JN06.jpg
170329JN05.jpg170329JN11.jpg
歩き時の歩幅と手の振りの大きさがジウンの特徴で、
それがデビューから7年以上たっても、初々しい雰囲気を残してくれます。

170329JN07.jpg170329JN09.jpg
左の(上の)1枚が特にイイですね。
髪の毛はこのままショートでキープせずに、
時間をかけてまた伸ばしていくだろうから、
今のうちにしっかり目に焼き付けておこう。

ヒョソン:3/28.29「ソウルファッションウイーク」

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
03 /30 2017
[Readygo]Image 2017-03-30 02-00-25
こちらはエレガントな29日午後の部

3月恒例のソウルファッションウイーク
今年もファッションショーの観覧で韓国スターたちが美を競う季節がやってきました。

ヒョソンは28・29日で3つの会場に出席

28日はややラフなファッション
170329JHS01.jpg2017032803216_0.jpg
2017032801002744600195491.jpg78528_71501_2111.jpg
8fb23aa82662274c1dd066abd8d01a45.jpg2017032820451879840_1.jpg
[Readygo]Image 2017-03-30 02-01-57[Readygo]Image 2017-03-30 02-02-02
C8Am0P5XkAAVVY1.jpg
メイクとヘアメイクには時間をかけたんだろうなーという感じ

29日の午前は春らしい装い
20170329110800436.jpgedcd41814205d2c05e6e238dcbdc485d.jpg
2017032901002797300199491.jpgc7c370706fa392a8b1ad1c98e24886e0.jpg
ヒールを履くと歩く時の姿勢がすごく良くなる。

1490758098903567.jpg
[Readygo]Image 2017-03-30 02-00-53[Readygo]Image 2017-03-30 02-00-57
[Readygo]Image 2017-03-30 02-01-02[Readygo]Image 2017-03-30 02-01-10
30・31日もヒョソンのファッションを楽しみにしましょう

ジウン:シングル「Tell Me」緊急音源発売!

Secret : ジウン、ソロ活動情報
03 /29 2017
[Readygo]Image 2017-03-28 21-12-31[Readygo]Image 2017-03-28 21-12-39
これはまた別のレコーディングかな?

[Readygo]Image 2017-03-28 22-10-23

28日、事前予告も何もなしに、
ジウンのシングル曲「Tell Me」が音源のみで緊急発売
Forplayというプロデュースチームとのコラボシングルということで、
発売元もTSエンタではなくHello quintetという企画会社。
こーゆーコラボ企画はK-POPでは結構あるけど、
ジウンがOST以外で参加するのは多分初めて。

曲のほうはとてもオーソドックスなラブソングですが、
ジウンファンが一番聴きたかったのはこーゆー曲調でのジウンの歌声でしょうね。
もちろん私もそうでして、これはジウンの豊かな表現力と、
そのキャラメルボイスを堪能するのに最も適したサウンドとも言えましょう。

韓国語と英語の2バージョンあるのも初めてのこと。

Song Jieun - Tell Me(Korean&English Ver.) 投稿者 dm_50842e92a1b7d

ジウンが歌う英語フルバージョンって、ステージでのカバー曲はともかく、
音源としては初めてなので、これもなかなか新鮮。
購入はこちら(Melon)から
あるいは、Mnet,bugs,genie,soribadaのいずれかのサイトで。
短いですが、レコーディング風景を映した予告動画もありますね

Jieun - "Tell Me" Teaser 投稿者 dm_50842e92a1b7d

[Readygo]Image 2017-03-28 22-10-57[Readygo]Image 2017-03-28 22-11-04
[Readygo]Image 2017-03-28 22-11-12[Readygo]Image 2017-03-28 22-11-18
[Readygo]Image 2017-03-28 22-11-29[Readygo]Image 2017-03-28 22-11-42

最近は旅にでもでないと、ヘッドフォンでじっくり音楽を聴く機会がないんですが、
今回の大阪往復の列車の中で、じっくりシクリおよびジウンのソロ曲を聴いて、
ジウンのボーカルに包まれる心地よさを堪能できました。
癒されるというありきたりな表現はあまり使いたくないんですが、
ジウンのボーカルって患部にじんわり効く温感湿布みたいな、
染み入ってくる気持ちよさがあります。
これはライブなんかで生で聴くのとはまた違った印象で、
案外ジウンのボーカルって「見る」以上に「聴く」ことのほうが
一層良さが際立つような気もしないでもないです。

とはいえ、今回のシングルも併せてジウンのソロ曲も結構な数になってきています。
さらに言えばシクリの曲でもスローなものならば、
ジウン単独で歌っても十分にサマになるものも多い。
ヒョソンは単独でファンミを成立させましたが、
ジウンならば日本で単独のコンサートが出来るんではないかと思っています。
それも小さいライブハウスやカフェみたいなスペースで、
アップテンポなナンバーはあえて外して、
ジウンもオーディエンスも座ったままで、
生のバンドを従えて、カバー曲も交えて歌をじっくり聴かせるようなライブを。
そんな場所で、この「Tell Me」「星」を聴いてみたいですね。

1703291ODJNCI8HG_1.jpg

さらに追加情報として、ジウンが主演するドラマ「切ないロマンス」のOSTにも、
ソンフン共に参加するということも確定しました。

1703291ODJNCI8HG01_1.jpg
それがデュエットになるのか、それぞれに歌うのか、
はたまたその両方ともあるのかはわかりませんが、
こちらのほうもドラマでの演技とともに期待が高まります。

28日はソウルファッションウィークの観覧にも参加
image_readtop_2017_210434_14906903862826764.jpg
ショートヘアになってから公式に人前に出るのは実は初めて。

[Readygo]Image 2017-03-28 21-12-15[Readygo]Image 2017-03-28 21-12-22

こちらについては、29日以降の参加も含め追加画像が出たら改めて記事にします。

大阪に帰っていました

日々の雑感
03 /28 2017
170327DSC_0076.jpg
相変わらずというか、かってない賑やかさというか・・


26日に叔母の49日があったので、
今度はヨメを伴って北陸新幹線~サンダーバードで帰阪。
日曜日で金沢8時5分発、途中停車駅は福井だけという速達便なので、
サンダーバードの乗車率は高く、指定席もほぼ満席の状態でした。

法時が終わって、3時過ぎからミナミをブラブラ。
小雨降る中でしたが、戎橋~心斎橋界隈の人通りは物凄い量。
行き交う人の会話を聞いてみると、
日本語と同じくらいに中国語・韓国語が飛び交っている。
戎橋での「記念撮影」も以前に比べると増えている印象。
昔はここは待ち合わせの場所としての賑わいがあった印象ですが、
今や完全に観光スポットですね。

界隈の人通りも雨のせいでアーケードに集約されたかのようで、
170327DSC_0078.jpg
人の流れが全く途切れることなく両方面に続いていました。
長野は言うまでもないことですが、新宿や渋谷でも、
これほど長い距離にわたって人通りが集中するエリアというのはそうはないと思います。
(まぁ、あちらは広いから分散するわけですが)

心斎橋界隈で私のテリトリーはアーケード近辺よりは少し離れた宗右衛門町方面なので、
戎橋界隈はあえて避けるルートを選んで歩いていたので、
久々にその人混みに混じってみました。

ちなみに、大阪の人ならば当たり前に利用している御堂筋線の心斎橋駅ですが、
170327DSC_0079.jpg
難波寄りの部分の地下一階部分の高さまである
ドーム状の天井の高いホーム(ヴォールト構造という言うそうだ)は、
国内ではなかなか見られない威風堂々たるもの。
横浜の「元町・中華街」駅もこんな感じですが、
こちらは梅田、淀屋橋、本町の各駅とともに戦前に作られた時からこの威容。
当時の大阪市長関一(せき・はじめ)氏の先見性の高さを表す建造物として、
その姿を今にとどめています。
他の地下鉄の駅がたいてい狭苦しさを感じる低い天井であることを思えば、
この開放感あふれる空間で乗り降りできることはささやかなながら喜びでもあります。

梅田駅も元々は心斎橋駅と同じ構造だったのですが、
乗降客の多さにホーム幅が対応できなくなり、
建設時に谷町線用に作られて放置されていたトンネル部分に難波方面のホームを拡張しました。
それにより難波方面のホームは低い天井だけになってしまいましたが、
千里中央方面のホームは2年前に改装も完了し、美しいドーム天井が健在です。
170327DSC_0080.jpg
170327DSC_0082.jpg
照明を替えたことで低くはなってしまいましたが照度は増しました。

170327DSC_0083.jpg
北大阪急行の3編成しかない、9000系が丁度やってきたので、
その独特のフォルムの先頭車(最後尾だけど)を一枚。

翌日、新大阪駅でヨメが土産にと551の豚まんを買って帰りました。
「大阪で豚まんと言えば551の蓬莱」ともはや定番化しているようで、
心斎橋アーケードの店舗でも行列が出来ていましたが、
実は私はこれまで食べたことがない。
20歳までの大阪在住時にはそこまで定番化していなかったし、
それ以降も食べる機会がないままでした。
で、今回初めて新幹線の車内で食べてみたわけですが、
正直、皆が絶賛するほどに美味しいとは思わなかった。
もちろん不味いわけではなく、
タマネギの甘みが特徴の餡もその味がしみ込んだ皮も、
よい味であることには間違いないんですが、
中毒になるほどの味かと言われるとそうでもない。
少なくとも私にとっては神戸元町の老祥記の豚まんのほうが、
最初に食べた時の衝撃は大きかったし、「また食べたい」と思わせるものでした。

まぁ人の好みなんで千差万別だろうし、
「551の豚まん」っていつの間にか
大阪の「わかりやすいアイコン」の一つになっている部分も強いのではないかと思います。

ジウン:「切ないロマンス」ティーザー2本と、ビハインド画像が生む憶測

Secret : ジウン、ソロ活動情報
03 /27 2017
170325photo831759.png
下の1枚も「あれれ?」という感じです。

たけさんのブログのほうで、今回「切ないロマンス」ジウンが演じるイ・ユミが、
シングルマザーという設定になっていると書いてあって、
慌ててそのソースを探してみたんですが、公式HPにもそれらしきことは書かれておらず、
「何かの間違いだったのかな?」と思っていたんですが、

先日このようなビハインド画像が記事としてアップされていました。
2017032417205813179.jpg
子供の役名はドング、3歳くらいに見えなくもない
そして上の写真でもユミとチャ・ジンウク(ソンフン)で、
まるで家族のようにドングくんを囲んでいるではないですか・・

ということはつまり・・・
ユミは3年前のジンウクとのワンナイトスタンドで、
「出来ちゃった未婚の母」ということになるんでしょうかね?

今のところ芸能記事でも確信的な内容にはなっていないので、
制作サイドから公式な情報は出ていないということなんでしょう。
でも、これはどーみても「そう」だよね。
これだけ前ふりしておいて、「実は近所の子供」だったらむしろ驚く。

今回未婚の母ということになれば、
「我が家のハチミツの壺」の最終回を除けば、
ジウンが母親役をやるのはもちろん初めて。
これもドラマの見どころとなりそうです。

最新の予告動画が2つ




どちらも以前から見たことあるような場面を再構成しているだけのようでもあります。

でもこちらは初めてかな?
[Readygo]Image 2017-03-26 00-13-45
[Readygo]Image 2017-03-26 00-13-49
[Readygo]Image 2017-03-26 00-13-53
「栄養士役のジウン」・・・ファンミでのジウンのケーキ作りなどを知るものとしては、
なかなか大胆なキャスティングではあります。
確かソナムと一緒に作ってたような記憶がありましたが・・
これも食っているだけで作ってはいなかった。

ワンナイトスタンドは仕方ないにしても、車の中というのはあんまりだ
[Readygo]Image 2017-03-26 00-13-57
[Readygo]Image 2017-03-26 00-14-01
[Readygo]Image 2017-03-26 00-14-06

オマケ:ジウンインスタ2枚
[Readygo]Image 2017-03-26 00-15-22[Readygo]Image 2017-03-26 00-15-54

ソナム:3/23慰問列車ヤンピョン(揚平)公演

SONAMOO:Green Moon Rising !
03 /26 2017
[Readygo]Image 2017-03-25 23-02-49[Readygo]Image 2017-03-25 23-02-00
異なる2パートでのスミンのポーズ。
右脚の上がり方がやや違うのは、キャプチャのタイミングの問題。
このブレなさ加減がスゴイ!

23日は久々の軍慰問公演国防TV「慰問列車」
観客の声援のボルテージがハンパないので、
ステージ上のソナムのノリも良くなる。
「私はあなたがスキ?」は、そんな熱狂の中では初めてのお披露目。

今回は「I Like U Too Much」とのカップリングです。

トークでのミンジェのノリも抜群です

「私はあなたがスキ?」は初めての個別ファンカムキャプチャ
(画質がやや悪いのが残念)

まずはウィジン
[Readygo]Image 2017-03-25 22-53-52[Readygo]Image 2017-03-25 22-54-03[Readygo]Image 2017-03-25 22-54-08
[Readygo]Image 2017-03-25 22-54-26[Readygo]Image 2017-03-25 22-54-40[Readygo]Image 2017-03-25 22-54-44
[Readygo]Image 2017-03-25 22-54-54[Readygo]Image 2017-03-25 22-54-58

笑顔が多い短髪のニュッサン
[Readygo]Image 2017-03-25 22-56-14[Readygo]Image 2017-03-25 22-56-21[Readygo]Image 2017-03-25 22-56-25
[Readygo]Image 2017-03-25 22-56-30[Readygo]Image 2017-03-25 22-56-37[Readygo]Image 2017-03-25 22-56-42

音楽番組では映りがよくなかったディエナ
[Readygo]Image 2017-03-25 22-57-20[Readygo]Image 2017-03-25 22-57-28[Readygo]Image 2017-03-25 22-57-33
[Readygo]Image 2017-03-25 22-57-42[Readygo]Image 2017-03-25 22-57-47

ナヒョンは音楽番組以上に美脚を堪能できる
[Readygo]Image 2017-03-25 22-59-13[Readygo]Image 2017-03-25 22-59-18[Readygo]Image 2017-03-25 22-59-29
[Readygo]Image 2017-03-25 22-59-39[Readygo]Image 2017-03-25 22-59-45[Readygo]Image 2017-03-25 22-59-50
[Readygo]Image 2017-03-25 22-59-54[Readygo]Image 2017-03-25 22-59-59[Readygo]Image 2017-03-25 23-00-04
[Readygo]Image 2017-03-25 23-00-10[Readygo]Image 2017-03-25 23-00-14


そして音楽番組ですら弾けていたスミンは、
大歓声を前にしたらパワーMAX!
[Readygo]Image 2017-03-25 23-01-21[Readygo]Image 2017-03-25 23-01-34[Readygo]Image 2017-03-25 23-01-44
[Readygo]Image 2017-03-25 23-02-05[Readygo]Image 2017-03-25 23-02-10[Readygo]Image 2017-03-25 23-02-15
[Readygo]Image 2017-03-25 23-02-23[Readygo]Image 2017-03-25 23-02-57[Readygo]Image 2017-03-25 23-03-03
[Readygo]Image 2017-03-25 23-03-27[Readygo]Image 2017-03-25 23-03-32[Readygo]Image 2017-03-25 23-03-44
[Readygo]Image 2017-03-25 23-03-49[Readygo]Image 2017-03-25 23-03-55[Readygo]Image 2017-03-25 23-04-05
[Readygo]Image 2017-03-25 23-04-10[Readygo]Image 2017-03-25 23-04-19[Readygo]Image 2017-03-25 23-04-30
「私はあなたがスキ?」のように動きが速くて、キュートなポーズが多い曲は、
スミンに一番マッチしているとも言える。
ディエナ「Deja Vu」のようなパワフルで動きが大きい曲のほうが似合う。
ウィジンはそのどちらもサマになり、どちらでもウィジンらしさを出すことができる。
ナヒョンニュッサンもオールマイティだけど、もっと自分の色が出る方がいいのかも?

ソナ:「自己発光オフィス」第4話 ソナ&パク・セワン登場シーン

ハン・ソナ大女優への道
03 /25 2017
[Readygo]Image 2017-03-24 02-26-07[Readygo]Image 2017-03-24 02-26-35[Readygo]Image 2017-03-24 02-26-45[Readygo]Image 2017-03-24 02-27-20
[Readygo]Image 2017-03-24 02-27-27[Readygo]Image 2017-03-24 02-27-47[Readygo]Image 2017-03-24 02-27-54[Readygo]Image 2017-03-24 02-27-59
[Readygo]Image 2017-03-24 02-28-07[Readygo]Image 2017-03-24 02-28-12[Readygo]Image 2017-03-24 02-28-17[Readygo]Image 2017-03-24 02-29-09
[Readygo]Image 2017-03-24 02-29-16[Readygo]Image 2017-03-24 02-29-20[Readygo]Image 2017-03-24 02-29-25
[Readygo]Image 2017-03-24 02-29-33[Readygo]Image 2017-03-24 02-29-40[Readygo]Image 2017-03-24 02-29-48
[Readygo]Image 2017-03-24 02-29-53[Readygo]Image 2017-03-24 02-30-00[Readygo]Image 2017-03-24 02-30-09
今回もソナだらけハ・ジナアップ画像①

23日放送の「自己発光オフィス」第4話

Radiant Office ep 4 SunHwa &Park Sewan Cut 投稿者 dm_50842e92a1b7d

※今回のドラマは削除が早い早い

「居直り」宣言をしたノウォンの処遇について、
営業とマーケティングの勢力均衡の兼ね合いから、
部員の投票によって決することとなりました。
[Readygo]Image 2017-03-24 02-43-19
[Readygo]Image 2017-03-24 02-43-25
投票用紙を渡すときですらギテをスルーするジナ

[Readygo]Image 2017-03-24 02-43-30
[Readygo]Image 2017-03-24 02-43-35
開票業務は両代理。どちらもノウォンの退社を望んでいる様子

だが僅差でノウォンの残留は決定
[Readygo]Image 2017-03-24 02-43-39
[Readygo]Image 2017-03-24 02-43-42
ジナの表情に無念さがにじんでいます。

[Readygo]Image 2017-03-24 02-43-45
コ・アソンさんの表情って一つ一つがイキイキしている。
この人も飛びぬけた美人じゃないのに画面を支配できるタイプの女優さんですね。

ギテはコッキからノウォンが追い込まれた原因がガンホの曖昧な態度にあると聞き、
[Readygo]Image 2017-03-24 02-43-49
[Readygo]Image 2017-03-24 02-43-52
[Readygo]Image 2017-03-24 02-43-57
屋上でガンホを激しく責めます。

ノウォンは残留できた代わりにマーケティングチームに移籍
[Readygo]Image 2017-03-24 02-44-01
※オ・ジェミンはこのタイミングで
マーケティングチームから営業チームに変更になったようで、
それもジナの不機嫌に拍車をかけているようです。

ノウォンは「私がオンラインマーケティングをやります」と自ら立候補
もちろん、これはジナにとっては愉快なことではなく、
そのことでまたしても犬猿の仲、イ代理と言い合いに。
[Readygo]Image 2017-03-24 02-44-05

ジナは経過報告でウジンに思いっきりダメだしされます
[Readygo]Image 2017-03-24 02-44-09

その厳しさに泣いてしまうジナ・・・
[Readygo]Image 2017-03-24 02-44-14

・・・と思いきや、
[Readygo]Image 2017-03-24 02-44-18
ウソ泣き!

さらにノウォンに八つ当たり
[Readygo]Image 2017-03-24 02-44-22

この後、ノウォンの活躍で下請け会社の問題点が明らかになり、
ウジンが大胆な改革を提言するに至りました。
まずはノウォンの仕事が成果に繋がりました。

ここで、パク・セワンアップ画像
[Readygo]Image 2017-03-24 02-35-06[Readygo]Image 2017-03-24 02-35-15[Readygo]Image 2017-03-24 02-35-45[Readygo]Image 2017-03-24 02-35-49
[Readygo]Image 2017-03-24 02-35-55[Readygo]Image 2017-03-24 02-36-01[Readygo]Image 2017-03-24 02-36-06[Readygo]Image 2017-03-24 02-36-12
今回は長いシーンはなかったですが3回登場シーンあり。
今後出番が増やされるかもね。

仕事が上手くいって、マーケティング部一同での食事会
[Readygo]Image 2017-03-24 02-44-31
[Readygo]Image 2017-03-24 02-44-35
[Readygo]Image 2017-03-24 02-44-39
ここでギテとジナの間の妙な空気を皆が感じ、
2人の関係についてギテに質問し、
ギテはそれに正直に答えます(・・でいいのか?)

ギテとジナのぎこちない職場関係も少しずつ進展がありそうです。

ドラマの最後で登場した人物
[Readygo]Image 2017-03-24 02-44-43
[Readygo]Image 2017-03-24 02-44-46
端役ですがインパクトあるお顔のソン・ヨンジェさん。
「バラ色の恋人たち」では、
ガンテの映画製作をサポートした社長さんでしたね。
ヨンジェさん「幽霊を見る刑事チョヨン」でも端役で出ておられました。

そーいや、セラ姉ことユン・アジョンさんが、
昨年から今年にかけてのKBSの長編ドラマ「あの空に太陽が」(121話)で初の主役を務めていました。
170325maxresdefault.jpg

そして現在はMBCの土日ドラマ「あなたはひどいです」に出演中です。
[Readygo]Image 2017-03-25 01-52-42
「あの空に太陽が」はKstyleで全く記事になっておらず、
評判のほどがよくわからないドラマですが、
長年悪役のイメージが強かったユン・アジョンさんが、
「バラ色の恋人たち」セラ姉でユーモア溢れるキャラクターを演じ、
そこから演技の幅が広がったことで射止めた主役の座。
DVDレンタルでも出来るようになったら見てみようかと思います。

後半のハ・ジナアップ画像②
[Readygo]Image 2017-03-24 02-30-33[Readygo]Image 2017-03-24 02-30-39[Readygo]Image 2017-03-24 02-30-43[Readygo]Image 2017-03-24 02-30-48
[Readygo]Image 2017-03-24 02-30-52[Readygo]Image 2017-03-24 02-30-57[Readygo]Image 2017-03-24 02-31-03[Readygo]Image 2017-03-24 02-31-36
[Readygo]Image 2017-03-24 02-32-26[Readygo]Image 2017-03-24 02-32-32[Readygo]Image 2017-03-24 02-32-38[Readygo]Image 2017-03-24 02-32-42
[Readygo]Image 2017-03-24 02-32-46[Readygo]Image 2017-03-24 02-33-06[Readygo]Image 2017-03-24 02-33-33[Readygo]Image 2017-03-24 02-33-53
[Readygo]Image 2017-03-24 02-34-02[Readygo]Image 2017-03-24 02-34-07[Readygo]Image 2017-03-24 02-34-13[Readygo]Image 2017-03-24 02-34-24

ソナ:「自己発光オフィス」第3話 ソナ&パク・セワン登場シーン

ハン・ソナ大女優への道
03 /24 2017
[Readygo]Image 2017-03-23 23-25-21[Readygo]Image 2017-03-23 23-25-27[Readygo]Image 2017-03-23 23-25-32[Readygo]Image 2017-03-23 23-25-45
[Readygo]Image 2017-03-23 23-26-01[Readygo]Image 2017-03-23 23-26-05[Readygo]Image 2017-03-23 23-26-09[Readygo]Image 2017-03-23 23-26-21
[Readygo]Image 2017-03-23 23-26-26[Readygo]Image 2017-03-23 23-26-32[Readygo]Image 2017-03-23 23-26-38[Readygo]Image 2017-03-23 23-26-59
[Readygo]Image 2017-03-23 23-27-06[Readygo]Image 2017-03-23 23-27-17[Readygo]Image 2017-03-23 23-27-25[Readygo]Image 2017-03-23 23-27-32
今回も多いぞハ・ジナアップ画像①

22日放送のソナ出演のMBC「自己発光オフィス」第3話
同枠で「キム課長」というヒット作があるので、視聴率は苦戦していますが、
ドラマとしての出来はいいので、今後じわじわと視聴率は上がっていくことでしょう。

Radiant Office ep 3 SunHwa &Park Sewan Cut 投稿者 dm_50842e92a1b7d

ドラマ冒頭、ノウォンの母役のイム・イェジンさん初登場
[Readygo]Image 2017-03-23 23-38-31
「バラ色の恋人たち」ではソナ演じるジャンミの母親役だったイェジンさん。
今回も少しがさつでお人好しな人物な感じ。

前回も出ていましたがウジンのスカウトで
工場からマーケティングチームに移籍してきた、
ホ・グドン課長(ギム・ビョンチュン
[Readygo]Image 2017-03-23 23-38-37
会社創設時からいるベテランですが、出世からは取り残された存在。
しかし、いざというときに頼りになるとウジンが見込んだんでしょう。

営業・マーケティングの合同会議では・・・
[Readygo]Image 2017-03-23 23-38-43
怒鳴り散らすハン・ジョンテ本部長(イ・ユンサン)が書類をばらまく度に、
律儀に拾って媚びへつらうイ代理。

ジナは末席で、あんまりやる気なさそうです。
[Readygo]Image 2017-03-23 23-38-53

営業部にも一人、正規雇用の社員がやって来ます
[Readygo]Image 2017-03-23 23-38-59
オ・ジェミン(ギム・フィチャン
江南の高級住宅街に住む優秀なボンボン

その毛並みの良さからジナが早速目をつけます。
[Readygo]Image 2017-03-23 23-39-03

ギム・フィチャンさんと言えば・・・
[Readygo]Image 2017-03-24 22-44-44
「ピング」ソナ演じるヨンシルの夫であり、
ハダの父であるウンソクの若い頃を演じていました。
2作続けてのソナとの共演になりました。

ジナの態度にムッとするギテ
[Readygo]Image 2017-03-23 23-39-07
[Readygo]Image 2017-03-23 23-39-17
[Readygo]Image 2017-03-23 23-39-21
さっきの会議のときとまるで表情の違うジナ。
なお、ジェミンはガンホの大学の後輩で、
後輩が正社員で自分が契約社員のガンホはバツが悪そうです。

[Readygo]Image 2017-03-23 23-39-58
[Readygo]Image 2017-03-23 23-40-02


辞表を出すつもりでいたノウォンは、コッキに相談
[Readygo]Image 2017-03-23 23-39-25
[Readygo]Image 2017-03-23 23-39-30
[Readygo]Image 2017-03-23 23-39-35
結局辞意を撤回することになるわけですが、
ここのパク・セワンさんの表情が前回同様に良い。

[Readygo]Image 2017-03-23 23-23-18[Readygo]Image 2017-03-23 23-23-23[Readygo]Image 2017-03-23 23-23-28[Readygo]Image 2017-03-23 23-23-34
[Readygo]Image 2017-03-23 23-23-39[Readygo]Image 2017-03-23 23-23-47[Readygo]Image 2017-03-23 23-23-54
[Readygo]Image 2017-03-23 23-24-03[Readygo]Image 2017-03-23 23-24-16[Readygo]Image 2017-03-23 23-24-25
彼女が昨年出演した「赤い先生」も見てみたけど、
出演者の中でも群を抜いて光っていました。

ノウォンはウジンのところまで書類と一緒にいってしまった、
辞表を取り返すのに四苦八苦
[Readygo]Image 2017-03-23 23-39-38
[Readygo]Image 2017-03-23 23-39-44

ギテとガンホの協力もあり、辞表は無事回収。
[Readygo]Image 2017-03-23 23-40-14
[Readygo]Image 2017-03-23 23-40-18

ジナは元カレのギテがノウォンと親しいことは腹立たしいらしく・・
[Readygo]Image 2017-03-23 23-40-23
あからさまに不機嫌な表情

ギテは残業の弁当の買い出しでもジナに気をつかうなど、
まだ彼女への優しさを失っていない様子。
[Readygo]Image 2017-03-23 23-40-34
[Readygo]Image 2017-03-23 23-40-38
嫉妬しながらもギテの気持ちはシャットアウトするジナ。

そしてその嫉妬はノウォンへの仕事の与えかたに影響します
[Readygo]Image 2017-03-23 23-40-43
そして、その膨大な仕事量が翌日にどえらい影響を及ぼします

今回ソナが演じるハ・ジナ代理、かなり嫌な女性ですが、
こーゆー役もソナは似合っているんだよなぁ。

場面はハウライン社の製品展示会の会場
[Readygo]Image 2017-03-23 23-47-12
ジナもテキパキと仕事しております。

そんな中、本棚を倒してしまった子供をギテが必死で庇うというアクシデント発生。
[Readygo]Image 2017-03-23 23-47-26
[Readygo]Image 2017-03-23 23-47-31
このときのジナの表情はギテのことを完全に切り離した感じではない。

身を挺して子供を守ったギテですがウジンからこっぴどく怒られます
[Readygo]Image 2017-03-23 23-47-36

ここまでノウォンが登場していませんが、
[Readygo]Image 2017-03-23 23-47-53

彼女がいたのは・・・
[Readygo]Image 2017-03-23 23-47-59
ここ!
前日の残業疲れでそのまま寝てしまうという大失態

クールなジナもこの表情
[Readygo]Image 2017-03-23 23-48-03

さらにギテの無駄なフォローにもこの表情
[Readygo]Image 2017-03-23 23-48-07

綺麗なだけでなく、こーゆー大げさな表情も上手くなりましたね。

とーぜん、ウジンもすっ飛んできますが、
[Readygo]Image 2017-03-23 23-48-12
ベッドの中でうつぶせになって手をこすりあわせ謝るしかないノウォン。

この件で本部長から大叱責をくらうウジン
[Readygo]Image 2017-03-23 23-48-18

ノウォンの災難はまだまだ続き、
またしても深夜の残業で、ギテとガンホに愚痴をメールしたつもりが、
誤配信で社員全員のPCにメールが送られてしまいました。
その中で、サンマン営業チーム長の取引業者との癒着の暴露につながる内容があって、
社内は大騒ぎに。
[Readygo]Image 2017-03-23 23-48-36
[Readygo]Image 2017-03-23 23-48-55
もちろんノウォンも呼びつけられますが、
サンマンと仲の悪いウジンは前日とはうって変わって攻撃する立場。

ちなみに、営業とマーケティングそれぞれの代理である、
イ・ヨンジェとハ・ジナも仲が悪い
[Readygo]Image 2017-03-23 23-49-05
[Readygo]Image 2017-03-23 23-49-10
[Readygo]Image 2017-03-23 23-49-14
[Readygo]Image 2017-03-23 23-49-19
ことあるごとに言い争いになっています。

結局、ガンホが保身に走り、
ノウォンが「デマを流した」ということになって責任を取らされることに。
一旦は社を去ろうとしましたが、身をひるがえし、一転「私は辞めない」宣言
[Readygo]Image 2017-03-23 23-49-26

ノウォンの「居直り」は果たして通るのか?
(そりゃ通らないとドラマ続かないけど)

第4話に続きます

外向けの作り笑顔がやたら美しいハ・ジナアップ画像②
[Readygo]Image 2017-03-23 23-27-40[Readygo]Image 2017-03-23 23-27-45[Readygo]Image 2017-03-23 23-27-52[Readygo]Image 2017-03-23 23-27-58
[Readygo]Image 2017-03-23 23-28-03[Readygo]Image 2017-03-23 23-28-08[Readygo]Image 2017-03-23 23-28-18[Readygo]Image 2017-03-23 23-29-03
[Readygo]Image 2017-03-23 23-29-09[Readygo]Image 2017-03-23 23-29-14[Readygo]Image 2017-03-23 23-29-21[Readygo]Image 2017-03-23 23-29-32
[Readygo]Image 2017-03-23 23-29-57[Readygo]Image 2017-03-23 23-30-11[Readygo]Image 2017-03-23 23-30-17[Readygo]Image 2017-03-23 23-30-22
[Readygo]Image 2017-03-23 23-30-29[Readygo]Image 2017-03-23 23-30-41[Readygo]Image 2017-03-23 23-30-56[Readygo]Image 2017-03-23 23-31-03


ソナム:K-WAVEグラビア撮影インスタ動画(のキャプチャ)

SONAMOO:Green Moon Rising !
03 /23 2017
170323C7g0My5VwAAaLDN.jpg
こちらは21日「オープンコンサート」収録時のインスタ画像

K-WAVEの画像がソナム全体ショットとミンジェ、ディエナのみがサイトにアップされていましたが、
他に全体ショット、ニュッサン、ウィジンがインスタ動画でアップされております。

[Readygo]Image 2017-03-23 22-41-44

全体ショットは動画を貼っておきます


ニュッサン、ウィジンはキャプチャ画像で
[Readygo]Image 2017-03-23 22-43-16[Readygo]Image 2017-03-23 22-43-22
[Readygo]Image 2017-03-23 22-43-26[Readygo]Image 2017-03-23 22-43-31
[Readygo]Image 2017-03-23 22-42-25[Readygo]Image 2017-03-23 22-42-42
[Readygo]Image 2017-03-23 22-42-53[Readygo]Image 2017-03-23 22-43-02

スミン、ハイディ、ナヒョンの分はどんなカタチで出てくるのかな?

これも「オープンコンサート」収録の時かな?
170323C7g0SSLVUAE6Vqj.jpg


オマケ:21日のミンジェ退勤時のファンサービス


ファンとの距離の近さを感じますね
次の渡韓時には是非ミンジェに会いたい(あとニュッサンも)

ソナム:3/17 チャンネルA「シンデレラ」 SONAMOO vs APRIL②

SONAMOO:Green Moon Rising !
03 /22 2017
[Readygo]Image 2017-03-20 23-32-35
このシーンでインフニットのファンが「セクハラ」だと抗議したらしいですね。
バラエティなんだから大目にみようよ。


17日の「シンデレラ」ソナムエイプリル後編

3組目のカラオケ対決はエース、ハイディ登場
[Readygo]Image 2017-03-20 23-31-59
「アルプス高音」イ・スグンにいじられての登場でしたが、
Aileeのドラマ「トッケビ(鬼)」のOST曲「一目会いに」を熱唱


ちなみにご本人も3月11日の「ユヒョルのスケッチブック」で歌っています
直リンク

比べてみるとハイディがかなり健闘しているのがわかる。
とはいえ、最後まで聴かないと、
Aileeの「凄いレベル」までハイディが到達していたかはわからない。
[Readygo]Image 2017-03-20 23-32-20
点数はハイディにとっては納得いかない94点
エイプリルの方は歌いやすいトロット曲で97点でハイディを上回りました。
音程は正確だったのかも知れないが、歌としてはどーかというレベルだったぞ。

第4ラウンドは物議を醸したゲーム対決
ここで負けたソナムは材料が一人前に限定され、
具材を全部調達できても寂しいことになってしまいました。

再びカラオケ対決に戻って、ハイディが雪辱を期して再登場
[Readygo]Image 2017-03-20 23-32-40
イ・ヨンヒョンバージョンでの「千年の愛」を熱唱


イ・ヨンヒョンさんと言えば、
私の中では「韓国のスゴイ女性歌手」の上位に位置するお方。
その爆発力には劣るとはいえ、「アルプス高音」の名に恥じない、
素晴らしいハイトーンの連続技をハイディが披露してくれて、
バラエティ番組の空気をその瞬間真剣なものに変えてくれましたね。
[Readygo]Image 2017-03-20 23-32-49
(一か所歌いだしでとちってましたが、あそこは難しい)


オリジナルはやはりもの凄い

[Readygo]Image 2017-03-20 23-32-54
点数が95点でしたが、カラオケの採点なんて所詮そんなもん。
ホンモノの歌手が放つ感動までは採点できません。
(故に日本の番組でやっているカラオケバトルなんて音楽を卑下するものでしかないと思っています)

このハイディの力量の恐れをなしたか、
エイプリルはピッチヒッターにMCのソンギュを起用
[Readygo]Image 2017-03-20 23-36-55
彼が歌ったのはテヤン(Sol)「EYES, NOSE, LIPS」
さすがINFINITEのメインボーカルだけあって、これが上手い。
でも点数は91点でハイディが見事に雪辱を果たしました。

[Readygo]Image 2017-03-20 23-37-01
[Readygo]Image 2017-03-20 23-37-08
[Readygo]Image 2017-03-20 23-37-12
「食い意地女王」ナヒョン渾身のガッツポーズ

それにしても、ハイディのこれだけの歌唱力を
ソルバンウル以外に披露できたことが嬉しい。
これを見ている韓国のTV関係者がハイディに注目して、
「覆面歌王」などの音楽番組やOSTでどんどんオファーが来てほしい。
そして何よりも「ガールスピリット」シーズン2の出演を勝ち取っていただきたい。

最後の対決ではミンジェ・ハイディ組で勝負をかけます。
[Readygo]Image 2017-03-20 23-37-17

選んだ曲は先ほどのイ・ヨンヒョンも在籍していた、
女性ボーカルグループBIGMAMA「チェニヨム(諦め)


これ私もカラオケの定番曲なんですが、
女性が歌うと本当に高音部がキツイ。
特に後半の盛り上がりが凄まじい曲なので、
イ・ヨンヒョンさんのソロバージョンで全部聴いてみて下さい。


特にこのステージの歌唱は鳥肌モノの出来ばえでもあるので、
これとバラエティ番組のカラオケで歌っているのを比較するわけにはいきません。
とはいえ、ミンジェハイディががんばったのも確か。
[Readygo]Image 2017-03-20 23-37-22
もったいないと思ったのはサビの高音パートを2人交代で歌ったこと。
あそこはハイディ一人でよかったように思います。
Aメロ・Bメロパートを情感豊かに歌うことだけでもミンジェが歌う意義は十分にあったし、
サビの高さにはミンジェがちょっと辛そうだった。
[Readygo]Image 2017-03-20 23-37-26
ただ、最後のハーモニーは実に綺麗だった。
そして得点は99点と最高スコア!
[Readygo]Image 2017-03-20 23-37-31
[Readygo]Image 2017-03-20 23-37-36
[Readygo]Image 2017-03-20 23-37-41
[Readygo]Image 2017-03-20 23-37-46
ハイディ喜色満面の「ドヤ顔」
※それにしても歌の途中でちゃんと採点できるシステムってよくわからん。
収録ではフルで歌っているということでもないと思うんだが・・・


エイプリルは一致団結しI.O.I「ノムノムノム」で対抗しますがその差は如何ともしがたい
[Readygo]Image 2017-03-20 23-37-56
[Readygo]Image 2017-03-20 23-38-01
これでエイプリルから素材を一品奪い取って
ソナムの勝利のようにも見えましたが・・・
[Readygo]Image 2017-03-20 23-38-11

いざ料理のフタを開けてみると・・・
[Readygo]Image 2017-03-20 23-38-16
[Readygo]Image 2017-03-20 23-38-21
そこにあるのは僅か一人前の海鮮プルコギ



かたやエイプリルは野菜だけとはいえ、たっぷり人数分
[Readygo]Image 2017-03-20 23-38-27
これではどっちが勝者だかわからん(笑)

[Readygo]Image 2017-03-20 23-38-32
[Readygo]Image 2017-03-20 23-38-41
[Readygo]Image 2017-03-20 23-38-45
でも、さして出番がなかったニュッサンはがっつり食っています。

[Readygo]Image 2017-03-20 23-38-48
[Readygo]Image 2017-03-20 23-38-52
ナヒョンの表情があからさまに「がっかり」を表しています

[Readygo]Image 2017-03-20 23-38-56
結果はどうあれ、ハイディの歌唱力を売り出したことに価値はあったと思いました。

歌も歌わず、踊りも踊らず、さしてコメントもせず、
ほぼ座っていただけのニュッサンですが、
アップで抜いてくれる場面は結構多かった。
[Readygo]Image 2017-03-20 23-20-26[Readygo]Image 2017-03-20 23-20-35
[Readygo]Image 2017-03-20 23-20-55[Readygo]Image 2017-03-20 23-21-08

ミンジェ・ウィジン・ハイディのアップ画像
[Readygo]Image 2017-03-20 23-19-19[Readygo]Image 2017-03-20 23-19-28[Readygo]Image 2017-03-20 23-20-08
[Readygo]Image 2017-03-20 23-21-30[Readygo]Image 2017-03-20 23-22-50[Readygo]Image 2017-03-20 23-23-23
[Readygo]Image 2017-03-20 23-22-06[Readygo]Image 2017-03-20 23-22-13[Readygo]Image 2017-03-20 23-22-33

ソナムだけ取り上げた記事ということで、
エイプリルファンの人ゴメンね。

ソナム:3/17 チャンネルA「シンデレラ」 SONAMOO vs APRIL①

SONAMOO:Green Moon Rising !
03 /22 2017
[Readygo]Image 2017-03-20 23-38-59
1時間以上たっぷりソナムというのも久々なので手間がかかった


先週17日に放送されたチャンネルAの「シンデレラ」
先行動画でご紹介した通りソナムエイプリルという同期グループ対決

フル動画がyoutubeでアップされています


登場シーンではエイプリルが先輩グループKARA「Pretty Girl」を歌ったのに対し、
ソナムは1990年代後半のヒット曲のカバー。
バランスから考えると、ここはシクリの曲でよかったのではないだろうか?

で、早速にそれぞれの最新曲でカラオケ対決
持ち歌って伴奏の違いとかあって点数が伸びないもんですが、
先攻エイプリルが98点オーバーの高得点
[Readygo]Image 2017-03-20 23-29-30
プレッシャーのかかるソナムはニュッサンが「31点くらいかも・・」と気弱な発言
[Readygo]Image 2017-03-20 23-29-35
※今回のニュッサンが目立ったのってここくらい?

実際「私はあなたがスキ?」のバックサウンドがオリジナル仕様と違っていて、
みんな結構歌いにくそうでした。
[Readygo]Image 2017-03-20 23-29-42
[Readygo]Image 2017-03-20 23-29-48
正直約94点はよくがんばったと思うけど、緒戦はソナムの敗北。

今回の勝利者には豪華料理(サムギョプサル&海鮮プルコギ)
[Readygo]Image 2017-03-20 23-30-09
この具材の争奪戦という、韓国のバラエティでよく見かけるパターン

現物を前にナヒョンの鼻が早くも反応し、「アイドル」にあるまじき表情してましたね。
[Readygo]Image 2017-03-20 23-29-54
[Readygo]Image 2017-03-20 23-29-59
[Readygo]Image 2017-03-20 23-30-04
他のメンバーもいいリアクション。

本格的な対決の前に、ダンスアピール対決
ソナムからはウィジンディエナエイプリルは何故かジンソルが2回登場
[Readygo]Image 2017-03-20 23-30-14

こちらは先行動画とは違った曲、
つまりウィジンは2度もセクシーダンスを披露していたということです。
[Readygo]Image 2017-03-20 23-30-19
[Readygo]Image 2017-03-20 23-30-22
それにしてもウィジンのスタイルの素晴らしさよ。
そのラインの美しさを最大限に見せる修練を積んだダンスです。

対するジンソルは・・・かわいいけど、まぁご愛敬
[Readygo]Image 2017-03-20 23-30-28
[Readygo]Image 2017-03-20 23-30-33
相変わらず誰からも愛されるジンソルですね。

結果はソナムの勝利でしたが、得たものは男性MCの選択権のみ
[Readygo]Image 2017-03-20 23-30-49
[Readygo]Image 2017-03-20 23-30-53
ディエナの選び方がなかなか「オトメ」

ここからようやくカラオケ対決本番
ソナム先陣は当然ミンジェ
[Readygo]Image 2017-03-20 23-30-59
歌ったのは、BMK=ビックママキング(キム・ヒョンジュン)「花咲く春が来れば」(2005)

これ元歌もかなり素晴らしいですが、それをミンジェがきっちり歌いこなしてくれています。


こーゆー歌に感情込めるのはミンジェ本当に上手い
[Readygo]Image 2017-03-20 23-31-07
[Readygo]Image 2017-03-20 23-31-12

点数のほうは、95点と高得点
[Readygo]Image 2017-03-20 23-31-17
[Readygo]Image 2017-03-20 23-31-26
対するエイプリルチェウォンテヨン「Rain」を歌いましたが、89点でソナムが先勝!

次の勝負はスミン、ナヒョン、ウィジンの3人
[Readygo]Image 2017-03-20 23-31-36
何故かナヒョンが無駄にハイテンション
歌はIVY「誘惑のソナタ」

これは比較動画貼る必要はないだろう。
点数よりもウケを取りにいったようなノリでしたね。
[Readygo]Image 2017-03-20 23-31-41
[Readygo]Image 2017-03-20 23-31-47
[Readygo]Image 2017-03-20 23-31-41
バラエティですから、もちろんこーゆー見せ場は必要だし、
ソナムのメンバーといるからとはいえ、
ナヒョンがVライブ以外で弾けているのは嬉しい。
ただし点数は・・・
[Readygo]Image 2017-03-20 23-31-53
先攻ジンソルの97点に及ばぬ92点・・まぁ、あの歌い方なら上出来ですね。

番組内容が濃いのでここらで記事を分割。

スミン・ディエナ・ナヒョンのアップ画像
[Readygo]Image 2017-03-20 23-15-58[Readygo]Image 2017-03-20 23-16-26[Readygo]Image 2017-03-20 23-16-54
[Readygo]Image 2017-03-20 23-17-49[Readygo]Image 2017-03-20 23-18-09[Readygo]Image 2017-03-20 23-18-32
[Readygo]Image 2017-03-20 23-18-54[Readygo]Image 2017-03-20 23-23-03

続きは後編で

スミン:「ほわほわドゥラン」第2シーズンもMC決定!

SONAMOO:Green Moon Rising !
03 /21 2017
170321750572200050.jpg
てか、第1シーズンちゃんと「終わって」たっけ?

スミンがMCを務めていた(韓国の)ディズニージュニアチャンネルの番組、
「ほわほわドゥラン(말랑말랑 도우랑)」

4月17日より引き続きスミンのMCで第2シーズン開始です。
第1シーズンでは粘土を使っていろいろなモノを作っていましたが、
今回はそれを「料理」に限定するようです。
といってももちろん「煮たり」「焼いたり」「切ったり」するわけでなく、
「全力でコネコネする」ということになるんでしょうね。
で、第2シーズンでは子供タレント2人をアシスタントに置いての番組になるようで、
スミンがますます子供たちの人気者になりそうです。

こちらは「大人な」スミン
170321C7H-zdWUwAA-opP.jpg

ジウン「切ないロマンス」ポスター3種公開

Secret : ジウン、ソロ活動情報
03 /20 2017
170320C7WcdKXVsAAmI-3.jpg
ピンクに染まるジウン

4月17日からOCNで放映スタートの、
ジウン主演ドラマ「切ないロマンス」

放送開始に向け番組宣伝も目立つようになってきています。
20日は番宣ポスター3種が公開されました。

170320C7WccULU0AISrEu.jpg
ソンフンの頬にキスするジウンのアングルがなんか不自然ですが、
この角度じゃないと顔が写らないから仕方ないのか・・
まぁ、あからさまに頬に唇がひっついていたら、こちらが「💢」もんだしね。

こちらは写真自体は一枚目と同じ
170320C7WccpKVoAA7Zes.jpg

ポスター制作のビハインド画像がこちら
170320JN01.jpg

この緑のセーターのジウンが実にカワイイ
f131338663143876744(0).png

オマケ:最新ジウンインスタ画像
[Readygo]Image 2017-03-20 20-29-15[Readygo]Image 2017-03-20 20-29-52
[Readygo]Image 2017-03-20 20-29-30[Readygo]Image 2017-03-20 20-30-29
せめてドラマ終わってからショートにすればよかったのに・・と少し思う

追悼:ロックンロールオリジネイター、チャックベリー逝く

音狂時代(新:世界の音楽)
03 /19 2017
Chuck_Berry__public_doman_.jpg
ロックギターの歴史は彼から始まった

ロックロンロールの偉大なるオリジネイターの1人、
チャック・ベリーが18日に死去。享年90歳。

50年代のロックンロール世代はもとより、
60年代後半、70年代初頭のロック第一世代のミュージシャンの訃報が相次ぐ中、
齢90歳にて未だ現役でギター一本で世界を飛び回っていて、
今年約40年ぶりのニューアルバム(!)をリリースする計画もあった彼でしたが、
ついに天に召されてしまいました。

以前の記事で彼の功績については書いてしまっているので、今回は何も書くことはありません。
ただただ彼の偉大な功績を称賛し追悼するのみです。

リンク切れしていた「Maybellene」だけもう一度貼っておきます


チャック・ベリーを敬愛してやまないストーンズのキース・リチャーズは訃報に接し、
次のようなツイートを残しています。

[Readygo]Image 2017-03-19 23-34-46

キースチャック・ベリーへの敬愛ぶりがにじみ出ている、2014年のインタビュー動画


「チャック・ベリーはラジオの中から俺に飛びかかって来たようなもんさ。
それ以後、基本的に俺はチャック・ベリーを食べて、
チャック・ベリーを呼吸して育ったんだよ。俺の栄養分となっただけでなく、
ギターを練習しながらどうやったらこんなオールラウンドな演奏ができるのかと
解き明かそうとしていた頃にはもう何年も俺にとって
チャック・ベリーは俺が呼吸する空気のようなものだったんだ。
素晴らしい歌い手で、かつ素晴らしいギタリストで、
かつ素晴らしいショーマンだったわけだから、すべてが一つになってたわけで、
だから、基本的にチャック・ベリーを聴けば、その日はお腹いっぱいになれたもんなんだよ」


キースがプロデュースしチャック・ベリーの生誕60周年を祝ったコンサート(1986年)がこちら。


このときのバックステージの様子も含めたドキュメント映画でる、
「ヘイル!ヘイル!ロックンロール」も翌年公開されています。

ソナ:「自己発光オフィス」第2話 ソナ登場シーン プラスα

ハン・ソナ大女優への道
03 /18 2017
[Readygo]Image 2017-03-18 00-16-51
ちょいと気になる女優さん登場!

16日放送の「自己発光オフィス」
ノウォン・ギテ・ガンホ・・まとめて「ユンジャンド」
(3人の姓をミックスした読み方)
無事に家具メーカーハウライン社に3か月(半年?)の契約社員として採用されました。
しかしこれは3人の生き残りをかけたサバイバルでもあるわけです。

面接会場を颯爽と歩き視線を集めるジナ
[Readygo]Image 2017-03-18 00-15-12

しかし、その面接者の中に元カレのギテを見つけびっくり。
[Readygo]Image 2017-03-18 00-15-17

慌ててフロアの隅っこに引っ張って行って、
彼が自分の会社に面接に来た真意を問いただします。
[Readygo]Image 2017-03-18 00-15-21
[Readygo]Image 2017-03-18 00-15-24
[Readygo]Image 2017-03-18 00-15-28
ギテとしてはジナと別れたくないし、
社会人として一人前になることで振り返って貰いたいということなんでしょうね。
しかし、彼の気持ちはジナにはまるで通じず。
[Readygo]Image 2017-03-18 00-15-33

ノウォンは他の会社の入社面接で自分を落とした(・・と思い込んでいる)ウジンが、
ハウライン社に移籍していて、ここでもまた面接官で、厳しい対応をされたことに恨み骨髄。
「ユンジャンド」で結託して、彼の職場に大量の出前注文をするという嫌がらせを敢行
[Readygo]Image 2017-03-18 00-15-39
[Readygo]Image 2017-03-18 00-15-44
[Readygo]Image 2017-03-18 00-15-48
[Readygo]Image 2017-03-18 00-15-52
その職場(マーケティング部&営業部)にジナがいるわけですが、
職場はなんとなくぎくしゃくしている雰囲気。

そして「ユンジャンド」は何がどうなってか契約社員として採用決定
[Readygo]Image 2017-03-18 00-15-56
※そこには第1話で3人を緊急治療した医師で、
ハウライン社創業者の次男であるソ・ヒョン(キム・ドンウク)の意向が働いている様子・・
彼の存在も今後のストーリーの中でキーになりそうです。

その案内役としてジナがやってきますが・・
[Readygo]Image 2017-03-18 00-16-00
[Readygo]Image 2017-03-18 00-16-05
[Readygo]Image 2017-03-18 00-16-09
そこにギテを見つけこの表情。
感情を押し殺した表情で3人を部署に案内。
[Readygo]Image 2017-03-18 00-16-12
[Readygo]Image 2017-03-18 00-16-16

ジナの隣にいるのが営業チーム代理のイ・ヨンジェ(オ・デフォン)。
上に弱く、下にも強くもない、事無かれ的な典型的中間管理職っぽい人です。
[Readygo]Image 2017-03-18 00-16-20
[Readygo]Image 2017-03-18 00-16-24
ジスの氷のような表情と居心地の悪そうなギテの対比が面白い

そして営業チームのトップ、パク・サンマン(コ・へヨ
[Readygo]Image 2017-03-18 00-16-28
新入(契約)社員の3人にフレンドリーな対応を見せますが、
実はかなりの野心家で独善的上司・・・
ですので、マーケティングチームのトップであるウジンとの仲は良くなく、
早速3人の配属を廻って揉めております。
[Readygo]Image 2017-03-18 00-16-32
[Readygo]Image 2017-03-18 00-16-35
そんな内部争いにジナも営業部のキャリアウーマン、
ジョ・ソクギョン(チャン・シニョン)も辟易している様子。

結局、ノウォンとギテがマーケティングチームに、ガンホが営業チームに配属決定。
[Readygo]Image 2017-03-18 00-16-47
そんな3人に社内の人事状況を詳しく解説してくれたのが、
本部長秘書(契約社員)のイ・コッキ(パク・セワン
ソクギョンは「出産直前まで勤務していた」、
ジスは「自分の容貌にしか興味ない(多分)」などと辛口に論評し、
[Readygo]Image 2017-03-18 00-16-55
[Readygo]Image 2017-03-18 00-16-59
緊張していた「ユンジャンド」を和ませてくれます。

このパク・セワンさん、登場の瞬間から私の目をひきつけました。
[Readygo]Image 2017-03-17 23-15-33[Readygo]Image 2017-03-17 23-15-45[Readygo]Image 2017-03-17 23-15-50
まぁ、タイプってのもあるだろうけど、一瞬で画面を支配するオーラがある。
どんな経歴な女優さんか調べて見たら、本格的なデビューは昨年。
KBSの単話ドラマ「赤い先生」の生徒役で注目されていました。

170318SH01.jpg
バランスの取れたフェイス、輝きを放つ眼光・・そして癖のあるセリフ回しと声質。
韓国の視聴者の中でも今回の初登場で一気に注目を集めたようで、
チョイ役(登場シーン2回)ながら単独で芸能記事にもなっています→こちら
(記事の数で言うとソナよりも多い・・・)

[Readygo]Image 2017-03-17 23-15-57[Readygo]Image 2017-03-17 23-15-03[Readygo]Image 2017-03-17 23-15-12
「自己発光オフィス」でソナを追いかける以外にも新たな楽しみを見つけました。
パク・セワンさん・・これからどんどん売れていく女優さんになりそうです。

さて、ストーリーのほうは、「ユンジャンド」が早速現場に出されます。
仕事の中身はクレーマー対策。
しかし、入れ違いにそのクレーマー(チャン・ドヨン)が社に乗り込んできていました。
ヨンジェ代理がノウォンを連れて対応しますが、
クレーマーがいきなりヨンジェ代理に平手打ちをかまし、
イ代理はノウォン一人残して退散。
ジナのデスクの近くに隠れます
[Readygo]Image 2017-03-18 00-17-06
掴まれた頭髪を心配するイ代理ですが、そこそこクールに対応するジナ。

ノウォンはクレーマーに自分の苦労話をして同情を買い、鎮静化に成功。
[Readygo]Image 2017-03-18 00-17-09
[Readygo]Image 2017-03-18 00-17-13
[Readygo]Image 2017-03-18 00-17-17
「これで営業部に移籍できますか?」と自分を売り込むノウォン。

[Readygo]Image 2017-03-18 00-16-39
この後ノウォンはコッキから「3人のうち一人だけ正社員になれる」と内部事情を教えられます。

結局ノウォンは営業部に配置転換となりガンホとともに歓迎会に出席
[Readygo]Image 2017-03-18 00-17-29
[Readygo]Image 2017-03-18 00-17-32
ここでもサンマンに自分を売り込むノウォン。
2次会のカラオケでソクギョンがサンマンの振舞いを「パワハラまがい」と制止しますが、
ノウォンはそんなサンマンのリクエストにも応えマイクを持って熱唱。

そのころマーケティングチームのギテは一人残業
[Readygo]Image 2017-03-18 00-17-36
[Readygo]Image 2017-03-18 00-17-40
正確には向かいの席にジナがいましたが、2人の間にコミュニケーションはなし。

ジナが帰ろうとしたところでウジンから仕事のやり直しを命じられます。
ギテは助力を申し出ます(多分)が、ジナはそれを冷たく拒否
[Readygo]Image 2017-03-18 00-17-44

2人の関係は果たして元に戻るのか?

社内の人物相関が面白くて、コ・アソンの演技もいいし、
(特に時折現れる「小人ノウォン」がいい)
何よりもパク・セワンという(私にとって)注目女優も出てきたので、
ソナの登場シーンを追いかけるだけでなく、
少しストーリー全体にも踏み込んでいく記事にしていこうかと思います。

といいうことで、今回からはソナ&セワン登場シーン編集動画

Radiant Office ep 2 SunHwa &Park Sewan Cut 投稿者 dm_50842e92a1b7d

第1話のがあっさり削除されたので、これも長く持たないかも知れませんが・・


当然、ハ・ジナアップ画像はたくさん載せます。
[Readygo]Image 2017-03-17 23-16-35[Readygo]Image 2017-03-17 23-16-43[Readygo]Image 2017-03-17 23-16-48[Readygo]Image 2017-03-17 23-16-55
[Readygo]Image 2017-03-17 23-17-18[Readygo]Image 2017-03-17 23-17-29[Readygo]Image 2017-03-17 23-17-38[Readygo]Image 2017-03-17 23-17-44
[Readygo]Image 2017-03-17 23-17-48[Readygo]Image 2017-03-17 23-18-10[Readygo]Image 2017-03-17 23-18-14[Readygo]Image 2017-03-17 23-18-20
[Readygo]Image 2017-03-17 23-19-00[Readygo]Image 2017-03-17 23-19-07[Readygo]Image 2017-03-17 23-19-11[Readygo]Image 2017-03-17 23-19-17
第2話では無表情か険しい顔のソナでした

ソナム:チャンネルA「シンデレラ」 SONAMOO vs APRIL 先行動画

SONAMOO:Green Moon Rising !
03 /17 2017
[Readygo]Image 2017-03-17 23-37-42
[Readygo]Image 2017-03-17 23-37-45
かつてのシクリvsKARAを彷彿させる事務所対決

18日放送のケーブル局チャンネルA「シンデレラ」
ソナムエイプリルがゲスト出演で色々競い合う内容。

本放送はまだ見れてないんですが、
先行動画がアップされているので、まずはそちらから。


まずはウィジンのアピールタイム
[Readygo]Image 2017-03-17 23-37-50
[Readygo]Image 2017-03-17 23-37-54
[Readygo]Image 2017-03-17 23-37-59
[Readygo]Image 2017-03-17 23-38-03
[Readygo]Image 2017-03-17 23-38-07
ヒョソンに匹敵するダイナマイトな魅力炸裂です。

そして、ソナムのダンススキルの高さを「Deja Vu」「Cushion」で証明
[Readygo]Image 2017-03-17 23-38-11
[Readygo]Image 2017-03-17 23-38-16

この後「私はあなたがスキ?」も披露したようだけど、そちらは本編で
[Readygo]Image 2017-03-17 23-38-20


もう一本はディエナ対ジンソル


ダンスときのディエナはいつもの控えめなディエナではない
[Readygo]Image 2017-03-17 23-36-34
[Readygo]Image 2017-03-17 23-36-39
[Readygo]Image 2017-03-17 23-36-43
表情もリキ入ってます

が・・・メンバーが真面目になればこの方は爆笑します
[Readygo]Image 2017-03-17 23-36-50

それにしてもダンスアピールできるメンバーは複数いるのは強味だなぁ
[Readygo]Image 2017-03-17 23-36-58
[Readygo]Image 2017-03-17 23-37-08

エイプリルは何故かマンネのジンソルが対抗
[Readygo]Image 2017-03-17 23-37-13
[Readygo]Image 2017-03-17 23-37-16
はなから「セクシー無理」であることをネタにしてウケ狙いに走っていますよね

MCのムン・ヒジュンは早速「新婚ネタ」で笑いをとってます。
[Readygo]Image 2017-03-17 23-37-21
[Readygo]Image 2017-03-17 23-37-25

これにはナヒョンも大爆笑
[Readygo]Image 2017-03-17 23-37-29
[Readygo]Image 2017-03-17 23-37-32
[Readygo]Image 2017-03-17 23-37-36
セクシーさは微塵もないけど、ジンソルの愛らしさにはディエナも拍手

本編早く全部見たいですね。

オマケ「K-WAVE」グラビア一部公開
170317C7HY7zIV0AILOiI.jpg
170317C7HY9XYVwAADDIh.jpg
170317C7HY8rKVAAE7W7i.jpg
この前の撮影現場ショットと大差はない(笑)

ソナ:「自己発光オフィス」第1話 ソナ登場シーン

ハン・ソナ大女優への道
03 /16 2017
[Readygo]Image 2017-03-16 03-33-34
登場時間は僅かだったけど、美しさのインパクトは強烈

15日から放送開始されたソナ出演のMBC水木ドラマ「自己発光オフィス」
第1話はメインキャストの3人、
(右から)ウ・ノウォン(コ・アソン)、ド・ギテ(イ・ドンフィ)、ジャン・ガンホ(イ・ホウォン)の、
それぞれの境遇紹介シーンと、その出会いまで。
mpEDbjqOP2e3636252209738090610.jpg

もちろんノウォンとラブラインとなるであろう、
男性主役、ソ・ウジン(ハ・ソクジン)との因縁の開始も描かれています。
D9s5wCHOcnlk636252208592268854.jpg
FfsOfG640UnA636252208665396544.jpg
コ・アソンさんは表情、動き、セリフがハキハキしていて見ていて楽しい女優さんです。

ソナ演じるハ・ジナの第1話での登場シーンは、
ギテとの別れ話のシーン。

Radiant Office ep 1 SunHwa Cut 投稿者 dm_50842e92a1b7d

尺にして僅か3分ほどでしたが、画面上でのソナの美しさは健在
[Readygo]Image 2017-03-16 03-32-47
[Readygo]Image 2017-03-16 03-32-52
2人の表情に別れ前の温度差を感じます、

そして定職を持っていないギテにジナが愛想尽かし
[Readygo]Image 2017-03-16 03-32-58
[Readygo]Image 2017-03-16 03-33-08
[Readygo]Image 2017-03-16 03-33-12

ギテは未練がましく追いかけますが・・・
[Readygo]Image 2017-03-16 03-33-29
[Readygo]Image 2017-03-16 03-33-38
[Readygo]Image 2017-03-16 03-33-43
ジナの心は完全に離れてしまっていました。

ギテはそれでも未練たらたらで電話をしますが・・・
[Readygo]Image 2017-03-16 04-50-53
[Readygo]Image 2017-03-16 04-51-05

ジナは既に「次のオトコ」を「物色中」
[Readygo]Image 2017-03-16 04-51-10

が…この2人、職場の同僚として再会することになるわけですが、
そのへんは第2話のエピソードになるでしょうね。

とにかく綺麗なソナが連続ドラマに帰って来て嬉しい限り
[Readygo]Image 2017-03-16 03-31-39[Readygo]Image 2017-03-16 03-31-44[Readygo]Image 2017-03-16 03-31-49
[Readygo]Image 2017-03-16 03-31-57[Readygo]Image 2017-03-16 03-32-03[Readygo]Image 2017-03-16 03-32-09
[Readygo]Image 2017-03-16 04-51-26[Readygo]Image 2017-03-16 04-51-34[Readygo]Image 2017-03-16 04-51-41
[Readygo]Image 2017-03-16 04-51-47[Readygo]Image 2017-03-16 04-51-53[Readygo]Image 2017-03-16 04-52-00
ヒョソンのとき同様、毎回たくさんキャプチャできるよう登場シーンが多いことを願う
(ジウンは主役だから、こちらがセーブかけないといかんだろうな)

14日には放送前日ということで、ソナがVライブで番組宣伝→こちら

[Readygo]Image 2017-03-16 03-26-51
ハ・ジナのメイク・衣装での生中継だったんでしょうね。
でも、喋っているときのソナはいつもの親しみ溢れるソナです。
[Readygo]Image 2017-03-16 03-27-30[Readygo]Image 2017-03-16 03-27-36[Readygo]Image 2017-03-16 03-27-42
[Readygo]Image 2017-03-16 03-27-50[Readygo]Image 2017-03-16 03-27-58[Readygo]Image 2017-03-16 03-28-06
[Readygo]Image 2017-03-16 03-28-13[Readygo]Image 2017-03-16 03-28-20[Readygo]Image 2017-03-16 03-28-26

この中でソナが言っていたけど、ショートヘアって「Shy Boy」のとき以来かぁ。
ソナに会いたいなぁ・・・
(ほったらかしになっている「ピング」のレビューも必ず完結させます)

ヒョソン:「内省的なボス」第16話(最終回) ヒョソン登場シーン

Secret:ヒョソン、ドラマ出演情報
03 /16 2017
[Readygo]Image 2017-03-16 00-56-36[Readygo]Image 2017-03-16 00-56-42[Readygo]Image 2017-03-16 00-56-53
[Readygo]Image 2017-03-16 00-57-32[Readygo]Image 2017-03-16 00-57-41[Readygo]Image 2017-03-16 00-58-26
[Readygo]Image 2017-03-16 00-58-33[Readygo]Image 2017-03-16 00-59-15[Readygo]Image 2017-03-16 00-59-26
最終回も見せ場のあったキム・ギョリアップ画像①

14日はヒョソン出演ドラマ「内省的なボス」の最終回
視聴率は1%台に下落したまま回復しませんでしたが、
内容的にはハッピーエンドでよかったよかった。

Introverted Boss Ep.16 Hyoseong Cut 投稿者 dm_50842e92a1b7d

※今回は「なんだかんだで」を多発します。
それくらい「え?そうなるの?」と今までのゴタゴタがスッキリ解消されていきます。

「なんだかんだ」でファンギは社を去ることに
[Readygo]Image 2017-03-16 01-10-36
[Readygo]Image 2017-03-16 01-10-41
ギョリたちサイレントモンスターチームはファンギを涙で見送ります

で、「なんだかんだ」でファンギはロウンとラブラブの休暇状態
[Readygo]Image 2017-03-16 01-10-45
2人がPCで見ていたのは、ファンギのボスとしての成長をまとめた動画
その動画の中にはチームからファンギへのメッセージも
[Readygo]Image 2017-03-16 01-10-49
[Readygo]Image 2017-03-16 01-10-53
[Readygo]Image 2017-03-16 01-11-00
[Readygo]Image 2017-03-16 01-11-04

そして「なんだかんだ」でファンギが社に復帰(???)
ギョリたちは歓迎のサプライズを準備
[Readygo]Image 2017-03-16 01-11-12
[Readygo]Image 2017-03-16 01-11-17
[Readygo]Image 2017-03-16 01-11-08

そしてファンギとロウンが戻ってきたので、物陰からケーキを持って出ていこうとすると・・
[Readygo]Image 2017-03-16 01-11-20
[Readygo]Image 2017-03-16 01-11-24
[Readygo]Image 2017-03-16 01-11-28
部屋に入るなり、誰もいないと思い込んで熱いキスを交わす2人に、
ギョリたちは慌てて隠れてしまいます。
[Readygo]Image 2017-03-16 01-11-32
[Readygo]Image 2017-03-16 01-11-36
[Readygo]Image 2017-03-16 01-11-40
[Readygo]Image 2017-03-16 01-11-44
2人のいつ終わるともしれないラブシーンに呆れるメンバーたち。

「なんだかんだ」で一年がたって・・・
[Readygo]Image 2017-03-16 01-11-54
サイレントモンスターチームは仕事に励んでいますが、
そこにセジョンの姿がない・・・。

そしてサンボンがまだギョリへのアプローチを狙っています
[Readygo]Image 2017-03-16 01-11-59

セジョンはどこにいったかというと・・・
[Readygo]Image 2017-03-16 01-12-02
[Readygo]Image 2017-03-16 01-12-06
「なんだかんだ」で俳優になっております(ええっ!)

インタビューの中でセジョンは「意中の人がいる」と告白
[Readygo]Image 2017-03-16 01-12-11
[Readygo]Image 2017-03-16 01-12-16
ロウンは自分のことだと察し、思わず耳を塞ぎます。

[Readygo]Image 2017-03-16 01-12-19
が・・セジョンが「愛している」と名を告げたのはなんとギョリ!

[Readygo]Image 2017-03-16 01-12-23
[Readygo]Image 2017-03-16 01-12-27
予想外の出来事に驚き、うろたえるギョリ

そして当のセジョンがギョリに「生告白」するために参上
[Readygo]Image 2017-03-16 01-12-31
[Readygo]Image 2017-03-16 01-12-34
[Readygo]Image 2017-03-16 01-12-38

が・・・サンボンが「ちょっと待ったー!」と乱入してきます
[Readygo]Image 2017-03-16 01-12-43
[Readygo]Image 2017-03-16 01-12-47
ギョリ、突然の「モテ期」到来にこの表情
このヒョソン最高に可愛い!

ギョリを廻って争う2人でしたが、ギョリの結論はというと・・
[Readygo]Image 2017-03-16 01-12-53
[Readygo]Image 2017-03-16 01-12-57
2人に向かって「ゴメンナサイ」

[Readygo]Image 2017-03-16 01-13-01
[Readygo]Image 2017-03-16 01-13-05
ギョリの恋の顛末はそこそこ消化不良に終わってしまいましたが、
最終回までヒョソンの見せ場をちゃんとつくってくれた脚本には感謝。
ドラマでのヒョソンはコメディリリーフ的なサブストーリーの「主役」だったので満足です。

そして「なんだかんだ」でエンディングは社のスポーツ大会
サッカーではギョリはウロウロするのみ
[Readygo]Image 2017-03-16 01-13-16
[Readygo]Image 2017-03-16 01-13-20
ファンギがシュートチャンスであれこれ妄想した挙句に
ボールを「キャッチ」してしまうとうシーンがあり。
[Readygo]Image 2017-03-16 01-13-25
一同唖然(ロウンだけ笑っている)

セジョン(何故いる?)とサンボンの対決はここにも持ちこされています。
[Readygo]Image 2017-03-16 01-13-30

ギョリはウィルチームのパク室長との腕相撲対決で完敗
[Readygo]Image 2017-03-16 01-13-35
[Readygo]Image 2017-03-16 01-13-38
[Readygo]Image 2017-03-16 01-13-42
これは演技ではなくガチの対決だったのかも知れない(笑)

そしてラストシーン、雨の中、ロウンに「愛してる」と叫ぶファンギ
[Readygo]Image 2017-03-16 01-13-46
[Readygo]Image 2017-03-16 01-13-51
[Readygo]Image 2017-03-16 01-13-55

2人の熱い抱擁を全員で見守りながら幕
[Readygo]Image 2017-03-16 01-13-59
[Readygo]Image 2017-03-16 01-14-03
最後の最後までヒョソンが写って良かった良かった。

前評判が高かった割に人気沸騰どころか、「視聴率腰砕け」になってしまい、
途中での脚本手直し&摂り直しの苦労も報われない結果となってしまいましたが、
ヒョソンの女優としての「万能ぶり」をアピールできた作品だとも思います。
もちろんヒョソンにとってまだ得ていない称号・・
「主役」でのオファーもあって欲しいところですが、
ドラマに欠かせない脇役としてのオファーがこれからもコンスタントに続きそうですね。

最後のキム・ギョリアップ画像②
[Readygo]Image 2017-03-16 01-00-29[Readygo]Image 2017-03-16 01-00-37[Readygo]Image 2017-03-16 01-00-43[Readygo]Image 2017-03-16 01-00-48
[Readygo]Image 2017-03-16 01-00-56[Readygo]Image 2017-03-16 01-01-05[Readygo]Image 2017-03-16 01-01-26[Readygo]Image 2017-03-16 01-01-47
[Readygo]Image 2017-03-16 01-01-53[Readygo]Image 2017-03-16 01-02-11[Readygo]Image 2017-03-16 01-02-16[Readygo]Image 2017-03-16 01-02-33
[Readygo]Image 2017-03-16 01-02-49[Readygo]Image 2017-03-16 01-02-58[Readygo]Image 2017-03-16 01-03-05[Readygo]Image 2017-03-16 01-03-24
[Readygo]Image 2017-03-16 01-03-30[Readygo]Image 2017-03-16 01-03-36[Readygo]Image 2017-03-16 01-03-41
[Readygo]Image 2017-03-16 01-03-46[Readygo]Image 2017-03-16 01-04-00[Readygo]Image 2017-03-16 01-04-27
[Readygo]Image 2017-03-16 01-04-33[Readygo]Image 2017-03-16 01-04-39[Readygo]Image 2017-03-16 01-04-48

さぁ、次はソナのドラマだ!

ヒョソン:「内省的なボス」第15話ヒョソン登場シーン

Secret:ヒョソン、ドラマ出演情報
03 /14 2017
[Readygo]Image 2017-03-14 04-39-51[Readygo]Image 2017-03-14 04-40-11[Readygo]Image 2017-03-14 04-40-18[Readygo]Image 2017-03-14 04-40-23
[Readygo]Image 2017-03-14 04-40-28[Readygo]Image 2017-03-14 04-40-33[Readygo]Image 2017-03-14 04-40-40[Readygo]Image 2017-03-14 04-40-48
[Readygo]Image 2017-03-14 04-40-53[Readygo]Image 2017-03-14 04-41-04[Readygo]Image 2017-03-14 04-41-09[Readygo]Image 2017-03-14 04-41-14
今回がヤマかも知れないキム・ギョリアップ画像①

13日放送の「内省的なボス」第15話、ラストまであと1回です。
途中キム・ギョリとセジョンのストーリーにも結構尺をとって、
こちらについては一応の決着がついた模様。

Introverted Boss Ep.15 Hyoseong Cut 投稿者 dm_50842e92a1b7d

サンボンがギョリにアプローチをかけているようですが、
ギョリはそれをサラッとかわしています。
[Readygo]Image 2017-03-14 04-53-00
[Readygo]Image 2017-03-14 04-53-04
[Readygo]Image 2017-03-14 04-53-08
[Readygo]Image 2017-03-14 04-53-11
ドラマ開始頃のおどおどしっぱなしだったギョリからすると、
随分と堂々とした態度になっています。

いい表情が多かったのでキム・ギョリアップ表情②
[Readygo]Image 2017-03-14 04-41-37[Readygo]Image 2017-03-14 04-41-50[Readygo]Image 2017-03-14 04-42-29[Readygo]Image 2017-03-14 04-42-35
[Readygo]Image 2017-03-14 04-42-39[Readygo]Image 2017-03-14 04-42-47[Readygo]Image 2017-03-14 04-42-55[Readygo]Image 2017-03-14 04-43-30
[Readygo]Image 2017-03-14 04-43-34[Readygo]Image 2017-03-14 04-43-42[Readygo]Image 2017-03-14 04-43-50

そしてギョリはセジョンと一緒に帰宅
[Readygo]Image 2017-03-14 04-53-15
[Readygo]Image 2017-03-14 04-53-23
相変わらず偽装カップルのままですが、
ギョリは何か秘するところがあるようです。

ギョリはついにセジョンに自分の気持ちを告白
セジョンはギョリが自分を好きだったとしってびっくり。
[Readygo]Image 2017-03-14 04-53-27
[Readygo]Image 2017-03-14 04-53-40
ギョリは自分のアパートの屋上でセジョンから貰ったプレゼントを返して、
「偽装カップル」の終了を告げます。

ソナジウンがドラマで住んだところと似た作りですが、
南山タワーの見える位置からして漢江の北側でしょうね。

ここでのヒョソンの表情の演技が素晴らしい。
[Readygo]Image 2017-03-14 04-53-54
[Readygo]Image 2017-03-14 04-53-59
[Readygo]Image 2017-03-14 04-54-06
[Readygo]Image 2017-03-14 04-54-20
[Readygo]Image 2017-03-14 04-54-24
[Readygo]Image 2017-03-14 04-54-28
[Readygo]Image 2017-03-14 04-54-32
セジョンにプレゼントを返すときの、一瞬の顔をしかめたような表情、
一瞬な分だけ難しい演技だったのではないかと思います。
いつのまにやらきめ細やかな演技ができるようになっていますね。

最後は感謝の気持ちを込めてセジョンを抱擁して去るギョリ
[Readygo]Image 2017-03-14 04-54-37
[Readygo]Image 2017-03-14 04-54-41
[Readygo]Image 2017-03-14 04-54-50
[Readygo]Image 2017-03-14 04-54-56
[Readygo]Image 2017-03-14 04-55-01

さぁ、こうなるとセジョンの気持ちに変化が訪れるわけで・・・
[Readygo]Image 2017-03-14 04-55-04
最終回でギョリを本気で好きになってしまうセジョンが見られるかも?

このシーンだけでもホント多彩な表情を見せるキム・ギョリアップ画像③
[Readygo]Image 2017-03-14 04-44-08[Readygo]Image 2017-03-14 04-44-12[Readygo]Image 2017-03-14 04-44-17[Readygo]Image 2017-03-14 04-44-27
[Readygo]Image 2017-03-14 04-44-40[Readygo]Image 2017-03-14 04-44-49[Readygo]Image 2017-03-14 04-47-39[Readygo]Image 2017-03-14 04-47-59
[Readygo]Image 2017-03-14 04-48-15[Readygo]Image 2017-03-14 04-48-21[Readygo]Image 2017-03-14 04-48-25
[Readygo]Image 2017-03-14 04-48-47[Readygo]Image 2017-03-14 04-48-52[Readygo]Image 2017-03-14 04-49-03

もう一つの登場シーンは後半で、
ロウンの父の理容室を繁盛店にする作戦。
[Readygo]Image 2017-03-14 04-55-09
[Readygo]Image 2017-03-14 04-55-12
一人ひとり逞しくなり、チームワークも強固になったサイレントモンスターチームが、
ロウンとヒョンギをバックアップ
[Readygo]Image 2017-03-14 04-55-16
[Readygo]Image 2017-03-14 04-55-20
[Readygo]Image 2017-03-14 04-55-24
[Readygo]Image 2017-03-14 04-55-29
[Readygo]Image 2017-03-14 04-55-33
ヒョソンにとっては韓国ドラマの名バイプレーヤーであるイ・ハヌィさんと初共演ですね。

[Readygo]Image 2017-03-14 04-55-38
[Readygo]Image 2017-03-14 04-55-47

サイレントモンスターチーム近辺のストーリーは円満な流れですが、
最終回を前にしてファンギ、ロウン、そしてウィルの周辺は問題が勃発

[Readygo]Image 2017-03-14 04-55-52
第一話でのギョリの記者会見がある報道記者により蒸し返されたようで、
最終回でのひと騒動につながっていくようです。

後半パートでのキム・ギョリアップ画像④
[Readygo]Image 2017-03-14 04-49-17[Readygo]Image 2017-03-14 04-49-22[Readygo]Image 2017-03-14 04-49-35
[Readygo]Image 2017-03-14 04-49-40[Readygo]Image 2017-03-14 04-49-44[Readygo]Image 2017-03-14 04-49-49

ジウン:主演ドラマ「切ないロマンス」OCNで4月17日から放送開始!

Secret : ジウン、ソロ活動情報
03 /14 2017
[Readygo]Image 2017-03-14 03-07-26
ヒョソン、ソナ、ジウンのドラマ記事を同時にアップする日がくるとは・・・
シクリを応援し始めたころには思いもしなんだ。


ヒョソンのドラマは本日最終回を迎え、
ソナのドラマが明日(15日)から始まり、
そしてジウン主演の完全事前収録ドラマ「切ないロマンス」は、
4月17日にケーブルTV局OCNで放送されることが決定

こちらがトレーラー第一弾


「我が家のハチミツの壺」のときから数段愛らしさがアップしているような予感がする
[Readygo]Image 2017-03-14 03-07-12
[Readygo]Image 2017-03-14 03-07-16
もちろん演技力の方も期待大。

[Readygo]Image 2017-03-14 03-07-21
初回からジウンファンにとっは「目をつぶりたい」シーンがたくさんありそうですが・・

2作連続ので主役はソナでも成し遂げていない偉業。
WEBドラマから通算すれば4作目の主役ということになり、
歌手としてのソロ活動も含めヒョソンとともに
芸能界の幅広いジャンルで活躍し続けるジウン
歌手としての活躍はある程度予想できていましたが、
ドラマ部門でもここまで地位を固めることになるとは予想だにしませんでした。
前作品が成功作と呼べるものではなかっただけに、
今回の「切ないロマンス」では作品そのもので評価が得られることを期待したいです。

ドラマでは見られないショートヘアジウン画像
[Readygo]Image 2017-03-14 01-17-24[Readygo]Image 2017-03-14 01-17-36
[Readygo]Image 2017-03-14 01-17-43[Readygo]Image 2017-03-14 01-18-00


ソナ:MBC水木ドラマ「自己発光オフィス」3月15日スタート

ハン・ソナ大女優への道
03 /14 2017
201703130746779446_58c5cff11dc65.jpg
ソナは若い社員たちに振り回される側っぽい

ソナが出演するMBC水木ドラマ「自己発光オフィス」
15日からスタートします→番組公式サイト

こちらが人物相関図
1703141ODCSNU045_1.jpg
ソナ演じるハ・ジナ(30歳)はマーケティングチーム代理で、
コ・アソン演じる主人公ウ・ノウォンの上司になります。
そしてノウォンと同じく契約社員で入社してきたド・ギテ(イ・ドンフィ)の元恋人。
[Readygo]Image 2017-03-14 02-14-07
[Readygo]Image 2017-03-14 02-14-12
[Readygo]Image 2017-03-14 02-14-16
[Readygo]Image 2017-03-14 02-14-20
[Readygo]Image 2017-03-14 02-14-24
ハ・ジナは「トイレで仕事をする」と言われるほどに容姿に気をつかい、
仕事の目的はカードで買った高級品の支払いのためであり、
給与の70%は衣装やスキンケアに使うべきという持論の持ち主という設定。
今回もソナの美貌と高飛車な雰囲気を活かす役になりそうです。

13日に制作発表記者会見がありましたが、そちらにはソナの出席はなし。
1703141ODCRG1XQ5_1.jpg

主人公のコ・アソンさんと言えば、11年前の出世作がこちら
17031420100104.jpg
韓国の特撮パニック映画の金字塔ともいうべき作品。
この映画でグエムルにさらわれてしまう少女ヒョンソ役で一躍注目されました。
そして2015年の「百想芸術大賞」TV部門新人女優賞を、
ソナと争い受賞したことは前にも記事にした通り。

ちなみに、今回コ・アソン演じるノウォンの母親役が、
「バラ色の恋人たち」ソナが演じたジャンミの母親役だったイム・イェジンさん。
撮影シーンが異なりそうだから撮影時のソナとの再会はないだろうね。

こちらソナもちょっと出ているドラマの第1回ダイジェスト


「内省的なボス」ヒョソンと同じようなスタンスで記事にはしていこうと思いますが、
ヒョソンよりも登場シーンは少なそうです。

この度兵役につくことになった、
ウギョルでの「元夫」ZE:Aのグァンヒくんを激励するソナ
[Readygo]Image 2017-03-14 01-49-54

その他、ソナの最近のインスタ画像
[Readygo]Image 2017-03-14 01-15-55[Readygo]Image 2017-03-14 01-15-16
[Readygo]Image 2017-03-14 01-16-12
[Readygo]Image 2017-03-14 01-15-33
[Readygo]Image 2017-03-14 01-16-51

ヒョソン:初のOST曲参加「Dangerous(ドラマ「完璧な妻」OST)

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
03 /14 2017
1703141ODCSI7Q72_1.jpg
これはさすがに予想できない活動だった

ヒョソンが現在KBSで放送されている月火ドラマ「完璧な妻」のOSTに参加
単独で「Dangerous」という曲を吹き込みました。
image_readtop_2017_170763_14893728982807306.jpg
パク・ハソンと映画「音痴クリニック」でW主役だったユン・サンヒョン(左端)が出てる

「内省的なボス」の放送は今週で終わりますが、同じ月火ドラマの枠で他局のOSTですかぁ。
ジウンはこれまで何度かOST曲を吹き込んでいますが、
ヒョソンシクリでバラエティ番組のOSTに参加して以来、単独では初めて。
で、曲のほうはどんな感じなのかというと・・・


うーん、ヒョソンらしい曲だけど、OSTっぽくはないとゆーか、
ドラマに溶け込むようなメロディーというよりは主張の強い曲ですね。
全体的にキーの高い曲で、特にサビのリフレインがちょっとしんどそう。

賛否は別れそうな気もしないではないですが、
ドラマ、モデル、バラエティMCなどに続いてヒョソンの仕事の幅がまた一つ広がりました。

オマケ:たまっていたインスタ画像蔵出し
170314833030062.jpg
1703141ODD7VO5IC_1.jpg[Readygo]Image 2017-03-14 01-13-15
[Readygo]Image 2017-03-14 01-14-07[Readygo]Image 2017-03-14 01-13-54
[Readygo]Image 2017-03-14 01-13-45[Readygo]Image 2017-03-14 01-13-31

ソナム:K-WAVEグラビア・・撮影風景?完成品?

SONAMOO:Green Moon Rising !
03 /13 2017
170312C6tkH0qV0AERJak.jpg

K-WAVEのインスタなどで2月末から断片的にアップされていたソナムメンバーの撮影風景
12日にスミンの分がアップされて全員分終了
170312C6tkeW-VAAALbgZ.jpg

どー見ても撮影風景の画像であって、完成品ではないよね

170224C5Wp0PMUYAIcfas.jpg
170312C6tjvnhVAAA-DZ5.jpg

そのうちこの撮影時のグラビアがアップされると思いますが、
そのときに仕上がったものを楽しみに待つとしましょう。

170312C6tjmITVoAAv3jD.jpg
170312C6tjcUCVoAAtqtp.jpg
170312C6tj3_mU0AApgpV.jpg
ディエナの出来ばえがかなり良さげです。

写りが小さいのでトリミングしてみました。
[Readygo]Image 2017-03-13 02-27-05[Readygo]Image 2017-03-13 02-26-37
[Readygo]Image 2017-03-13 02-25-24[Readygo]Image 2017-03-13 02-25-04
[Readygo]Image 2017-03-13 02-25-43[Readygo]Image 2017-03-13 02-24-50[Readygo]Image 2017-03-13 02-24-19

ネタがないでの些細なことでしたが記事にしました。


ソナム:3/8 「オープンマイク」で3曲披露

SONAMOO:Green Moon Rising !
03 /12 2017
26d23abb1ac3103c6751cb8ee200de3e.jpg
韓国でちょっと評判を呼んでる毎週水曜日のライブイベントです

8日のソナムは仁川広域市松島(ソンド)新都市の、
ダルコム珈琲ソンドセントラルパーク店内で毎週水曜に開催されているミニライブ
「オープンマイク」に出演。
ここでトークと「Talk About U」「Let's Make A Movie」「Round N Round」を披露

「Talk About U」


ステージと言うほどではないスペースでのライブですが、
その分客席との距離は近い
[Readygo]Image 2017-03-10 02-41-45
[Readygo]Image 2017-03-10 02-41-51
[Readygo]Image 2017-03-10 02-42-41


「Round N Round」


これまでのステージとは違ってダンスはなし。
各自が好き好きに曲にあわせてステップを踏んでいるという感じ
[Readygo]Image 2017-03-10 02-42-00
[Readygo]Image 2017-03-10 02-42-07
[Readygo]Image 2017-03-10 02-43-23

そして自撮りカメラを回してメンバーによるセルフ近接撮影
[Readygo]Image 2017-03-10 02-42-19
[Readygo]Image 2017-03-10 02-42-29
[Readygo]Image 2017-03-10 02-42-48
[Readygo]Image 2017-03-10 02-42-53
[Readygo]Image 2017-03-10 02-43-07
[Readygo]Image 2017-03-10 02-43-53
[Readygo]Image 2017-03-10 02-43-58
[Readygo]Image 2017-03-10 02-44-02
[Readygo]Image 2017-03-10 02-44-46

「Let's Make A Movie」は座っての歌唱


[Readygo]Image 2017-03-10 02-40-23
[Readygo]Image 2017-03-10 02-40-30
[Readygo]Image 2017-03-10 02-40-35
[Readygo]Image 2017-03-10 02-40-45
[Readygo]Image 2017-03-10 02-41-06
[Readygo]Image 2017-03-10 02-41-11

この曲での恒例のミンジェへの「マイク攻撃」は座っている位置から手を伸ばして実施
[Readygo]Image 2017-03-10 02-41-31
[Readygo]Image 2017-03-10 02-41-36

このライブはTV放送しているわけではないようですが、
SNSで配信されるし、観客が撮った動画もアップされるので、
ネットでの波及力はありそうです。
また、こういったオープンでリスナーとの距離の近いライブは、
ファンにとっても嬉しいし、ソナムの音楽発信の良い機会だと思います。
これくらいの規模のものだったらTSエンタ独力でも出来そうな気もするし、
地道なライブ活動という手もアリなんじゃないかと思います。

トークコーナー①


トークコーナー②


歌3曲+トークで結構長い時間やってます。
日本でもこーゆーイベントでソナムに会ってみたいですね。

ナヒョン:「ARENA HOMME+」グラビア

SONAMOO:Green Moon Rising !
03 /11 2017
170310C6i_L95U4AADJ_e.jpg
直リンクは→こちら


10日にWEB上で公開されたナヒョンのグラビア
170310C6i_Jh4U0AI4cnf.jpg

踊るときに見せる体のラインの美しさをテーマにしたグラビアで、
ナヒョンの細くしなやかな肢体を浮き上がらせています。

170310C6i_LTCV0AICEfj.jpg

顔ではなく体のラインを見せることが主眼ですのでユニークなアングル

170310C6i_KqRVoAAXdO1.jpg

舞踊の心得もあるナヒョンだからこそ表現できる美しいグラビアです。

ソナム:「私はあなたがスキ?」バックステージ動画(公式)

SONAMOO:Green Moon Rising !
03 /10 2017
[Readygo]Image 2017-03-09 23-38-53
顔を突き出すと首がなくなるハイディ

「私はあなたがスキ?」活動終盤のバックステージでの様子が
TSエンタ公式動画としてアップされています。


全編通してソナム一人ひとりの面白さ、可愛さ満載なんですが、
まずは活動後半の定番パターンだった「ディエナは見ていた」のメイキング(?)から
[Readygo]Image 2017-03-09 23-38-37
[Readygo]Image 2017-03-09 23-39-16
[Readygo]Image 2017-03-09 23-39-21
これを見てみると、結構映るタイミングをあれこれ計算しているのがわかる。

もちろん「物陰からこっそり」でない魅力的な笑顔のディエナもたくさん
[Readygo]Image 2017-03-09 23-40-06
[Readygo]Image 2017-03-09 23-41-57
[Readygo]Image 2017-03-09 23-42-02

ナヒョンはセルカ撮影の様子
[Readygo]Image 2017-03-09 23-38-42
[Readygo]Image 2017-03-09 23-38-47
厳密にはセルカじゃないか・・・
どの角度からでも自分を魅力的に見せる表情をわかっているナヒョンです。

ウィジンはセクシーなうなじと目元のアップ
[Readygo]Image 2017-03-09 23-38-58
[Readygo]Image 2017-03-09 23-41-33
ウィジンの眉はほとんど描かれているのかぁ

ハイディが喋るところを邪魔しまくるニュッサン
[Readygo]Image 2017-03-09 23-39-24
[Readygo]Image 2017-03-09 23-39-30
[Readygo]Image 2017-03-09 23-39-34
[Readygo]Image 2017-03-09 23-39-41

そのニュッサンのまつ毛メイクの拡大写真
[Readygo]Image 2017-03-09 23-40-10
これを見て私は食虫植物(モウセンゴケ)を連想してしまった。

ハイディスミンにもこっそりいじられています
[Readygo]Image 2017-03-09 23-39-51
[Readygo]Image 2017-03-09 23-39-57
[Readygo]Image 2017-03-09 23-40-01
ハイディはこの動画見てから気付いたかもね

そのハイディは今回の動画で一番可愛い
[Readygo]Image 2017-03-09 23-40-35[Readygo]Image 2017-03-09 23-40-42
[Readygo]Image 2017-03-09 23-40-50[Readygo]Image 2017-03-09 23-40-58
[Readygo]Image 2017-03-09 23-41-06[Readygo]Image 2017-03-09 23-41-11
この日は肌偏差値もすごく高い感じ

ハイディカメラを受けついだウィジンもさすがの美貌
[Readygo]Image 2017-03-09 23-41-20
[Readygo]Image 2017-03-09 23-41-25
[Readygo]Image 2017-03-09 23-41-29
肌年齢ではニュッサンよりも年下?

ミンジェは今回ソルバンウルが聴きたかった「オレンジカプチーノ」のサビをアカペラで
[Readygo]Image 2017-03-09 23-39-05
今後のイベントステージで是非歌ってもらいたい

こーゆー動画だと必ず何か歌ってくれるミンジェ(とハイディ)
[Readygo]Image 2017-03-09 23-41-48

バックステージだとリーダーのスミンが一番子供っぽいかも知れない
[Readygo]Image 2017-03-09 23-39-11
[Readygo]Image 2017-03-09 23-41-43
[Readygo]Image 2017-03-09 23-42-06

これでオフィシャルでの「私はあなたがスキ?」の画像とか動画は終わりでしょうね。
メンバーは休むことなく次の活動への準備に入っているようだし、
ソルバンウルとしては時々のイベントステージを楽しみながら、
次のカムバックを楽しみに待つことにします。

ミンジェ:ハナちゃんのVライブに登場

SONAMOO:Green Moon Rising !
03 /10 2017
[Readygo]Image 2017-03-09 02-35-40
字幕ついたら嬉しいなぁ

7日にハナちゃんが生中継したVライブ
TSエンタの練習室で中継したということもあったのでしょうが、
途中からミンジェが参入し、2人でトークを繰り広げました

170308 Minjae meets Hana on Vlive 投稿者 dm_50842e92a1b7d

今まで「ソナムのペットハウス」や「週刊アイドル」など、
ソナム全員とハナちゃん(とジウン)の共演はありましたが、
ソナムシクリのメンバーで、
こうやってサシでトークをしたというのはこれまでなかったです。
[Readygo]Image 2017-03-09 02-35-44
もちろん事務所の先輩・後輩ですので、ソナムデビュー前から、
こうやって事務所内でプライベートに色んな話をする機会もたくさんあったんでしょうね。

[Readygo]Image 2017-03-09 02-35-49
先輩とのトークですので、ミンジェの表情もいつもとちょっと違う「後輩顔」

[Readygo]Image 2017-03-09 02-35-53
韓国での状況はともかくとして、
日本ではシタソルバンウルという図式がさほどに成り立っていなくて、
シクリ不足をソナムで補填するシタが少ない状況です。
こうしてVライブでもいいので、
ソナムのメンバーがヒョソン、ジウン、ハナちゃんと絡んでいって、
7人の魅力をシタにもっとアピールできたらいいなと願っています。

ヒョソン:「内省的なボス」第14話 ヒョソン登場シーン

Secret:ヒョソン、ドラマ出演情報
03 /09 2017
[Readygo]Image 2017-03-09 01-46-50
こんなポーズがまだどハマリする20代後半

8日放送の「内省的なボス」第14話
今回の内容は、ロウンの姉の3年前の死の責任を取る形で、
ユミョン広報の第一線から身を引いたウィルの代わりに、
サイレントモンスターだけでなく社の表舞台にも出てきたファンギと、
ウィルチームの女性たちの融和が中心だったので、
キム・ギョリを始めサイレントモンスターチームは、それを見守る存在でした。

Introverted Boss Ep.14 Hyoseong Cut 投稿者 dm_50842e92a1b7d

従ってヒョソンの登場シーンもセリフはありながらも、ほぼモブ扱い
[Readygo]Image 2017-03-09 01-46-33
[Readygo]Image 2017-03-09 01-46-39
[Readygo]Image 2017-03-09 01-46-46
ファンギが表に出ることになり、意気揚々たるサイレントモンスターチームですが、
「ウィル親衛隊」ともいうべき社員の反発や不安にも直面します。
[Readygo]Image 2017-03-09 01-46-56

ファンギが特に神経をつかったのがチーム長(多分)パク・シルジャン(ステファニー)の説得
[Readygo]Image 2017-03-09 01-47-04
[Readygo]Image 2017-03-09 01-47-00
[Readygo]Image 2017-03-09 01-47-09
その第一回会談は物別れ気味

方策を見いだせないファンギを心配そうに見守る(しかない)チーム一同
[Readygo]Image 2017-03-09 01-47-18
[Readygo]Image 2017-03-09 01-47-14

ファンギはロウンの励ましとアイデアで「ウィル親衛隊」との融和できました。
[Readygo]Image 2017-03-09 01-47-22
[Readygo]Image 2017-03-09 01-47-26

今回のヒョソンはずっとチームの中の一人という感じでした。
次回はセジョンとの仲が進展するかな?

いつもよりは少なめだけど23枚あるキム・ギョリアップ画像
[Readygo]Image 2017-03-09 01-35-38[Readygo]Image 2017-03-09 01-35-46[Readygo]Image 2017-03-09 01-35-55[Readygo]Image 2017-03-09 01-36-44
[Readygo]Image 2017-03-09 01-36-55[Readygo]Image 2017-03-09 01-37-08[Readygo]Image 2017-03-09 01-37-35[Readygo]Image 2017-03-09 01-37-44
[Readygo]Image 2017-03-09 01-37-50[Readygo]Image 2017-03-09 01-38-10[Readygo]Image 2017-03-09 01-38-15[Readygo]Image 2017-03-09 01-38-21
[Readygo]Image 2017-03-09 01-38-28[Readygo]Image 2017-03-09 01-38-33[Readygo]Image 2017-03-09 01-38-37[Readygo]Image 2017-03-09 01-38-44
[Readygo]Image 2017-03-09 01-38-52[Readygo]Image 2017-03-09 01-39-36[Readygo]Image 2017-03-09 01-39-46[Readygo]Image 2017-03-09 01-39-54
[Readygo]Image 2017-03-09 01-40-18[Readygo]Image 2017-03-09 01-40-28[Readygo]Image 2017-03-09 01-40-33

ヒョソン:「内省的なボス」第13話 ヒョソン登場シーン

Secret:ヒョソン、ドラマ出演情報
03 /08 2017
[Readygo]Image 2017-03-07 02-22-14[Readygo]Image 2017-03-07 02-22-20[Readygo]Image 2017-03-07 02-22-50[Readygo]Image 2017-03-07 02-23-01
[Readygo]Image 2017-03-07 02-23-06[Readygo]Image 2017-03-07 02-23-10[Readygo]Image 2017-03-07 02-23-15[Readygo]Image 2017-03-07 02-23-21
[Readygo]Image 2017-03-07 02-23-41[Readygo]Image 2017-03-07 02-23-46[Readygo]Image 2017-03-07 02-23-53[Readygo]Image 2017-03-07 02-23-59
[Readygo]Image 2017-03-07 02-24-29[Readygo]Image 2017-03-07 02-24-35[Readygo]Image 2017-03-07 02-24-40[Readygo]Image 2017-03-07 02-24-57
今回は単独シーンも多く、ファンギとの1対1の絡みも多かったキム・ギョリアップ画像①

6日放送のヒョソン出演ドラマ「内省的なボス」第12話
メインストーリーの方は後半にロウンの姉の死の真相に関する展開で緊迫感を増しましたが、
前半はヒョソン演じるキム・ギョリの初となる企画責任者としての奮闘をクローズアップ。

Introverted Boss Ep.13 Hyoseong Cut 投稿者 dm_50842e92a1b7d

奮闘とは言ったものの・・・
[Readygo]Image 2017-03-07 02-31-53
冒頭から前途多難な表情のギョリ

その訳をロウンに話すところから回想シーンへ
[Readygo]Image 2017-03-07 02-32-02
[Readygo]Image 2017-03-07 02-32-06

ようはクライアントとコンセプトを具現化するアーティストのマッチングが上手くいってないという状況で、
[Readygo]Image 2017-03-07 02-32-09
[Readygo]Image 2017-03-07 02-32-20
[Readygo]Image 2017-03-07 02-32-24
[Readygo]Image 2017-03-07 02-32-28
[Readygo]Image 2017-03-07 02-32-33
[Readygo]Image 2017-03-07 02-32-38
[Readygo]Image 2017-03-07 02-32-44
しかもパートナーのセジョンも頼りないときてるもんですから、
ギョリの苦悩のほどが伺えます

ヒョソンがギョリの懊悩ぶりを可愛らしく演じてくれるもんですから、
ファンとしてはチョヨンのときのナヨンのように、ギョリでスピンオフ作ってもらいたくなります。

[Readygo]Image 2017-03-07 02-32-47
以上回想終了

ロウンからはコーヒーに例えて「どっちも選んじゃえば?」という励ましをうけ、
他のメンバーからもサポートを受けようとするギョリでしたが・・
[Readygo]Image 2017-03-07 02-32-53
[Readygo]Image 2017-03-07 02-32-57
[Readygo]Image 2017-03-07 02-33-01
ファンギはギョリに一人で解決するように厳しい指示

双方の調整にさらに悪戦苦闘するギョリ
[Readygo]Image 2017-03-07 02-33-10
[Readygo]Image 2017-03-07 02-33-15
打ち合わせから外に出たところで突然の大雨。
そこに何故か傘を持ってきたファンギが現れ、
クライアントを置いてけぼりにして、ギョリを自分の車に乗せます。
[Readygo]Image 2017-03-07 02-33-19
[Readygo]Image 2017-03-07 02-33-24
[Readygo]Image 2017-03-07 02-33-30
[Readygo]Image 2017-03-07 02-33-34
[Readygo]Image 2017-03-07 02-33-38
[Readygo]Image 2017-03-07 02-33-42
車内でのファンギとのやりとりでヒントとやる気を貰ったギョリは、
その後の折衝で双方の調整を上手くまとめることが出来ました。
[Readygo]Image 2017-03-07 02-33-48
[Readygo]Image 2017-03-07 02-33-52

一人でメンドクサイ仕事をやり遂げたギョリにセジョンも称賛のまなざし
[Readygo]Image 2017-03-07 02-33-57
[Readygo]Image 2017-03-07 02-34-02
[Readygo]Image 2017-03-07 02-34-06
[Readygo]Image 2017-03-07 02-34-10
ファンギのリーダーシップのおかげで、2人の今後の関係にも変化が訪れるかも?

全体の中では10分ほどの登場シーンで、後半は全く登場しませんでしたが、
今回は初めて「仕事でがんばる」ギョリを大々的にフューチャーした回でした。
[Readygo]Image 2017-03-07 02-33-05

まだまだあるぞキム・ギョリアップ画像②
[Readygo]Image 2017-03-07 02-25-09[Readygo]Image 2017-03-07 02-25-14[Readygo]Image 2017-03-07 02-25-19[Readygo]Image 2017-03-07 02-25-24
[Readygo]Image 2017-03-07 02-25-31[Readygo]Image 2017-03-07 02-25-36[Readygo]Image 2017-03-07 02-25-42[Readygo]Image 2017-03-07 02-26-05
[Readygo]Image 2017-03-07 02-26-11[Readygo]Image 2017-03-07 02-26-17[Readygo]Image 2017-03-07 02-26-34[Readygo]Image 2017-03-07 02-26-42
[Readygo]Image 2017-03-07 02-26-47[Readygo]Image 2017-03-07 02-27-24[Readygo]Image 2017-03-07 02-27-29[Readygo]Image 2017-03-07 02-27-53
[Readygo]Image 2017-03-07 02-28-01[Readygo]Image 2017-03-07 02-28-18[Readygo]Image 2017-03-07 02-28-34[Readygo]Image 2017-03-07 02-28-39
[Readygo]Image 2017-03-07 02-28-48[Readygo]Image 2017-03-07 02-28-53[Readygo]Image 2017-03-07 02-28-58[Readygo]Image 2017-03-07 02-29-03
[Readygo]Image 2017-03-07 02-29-08[Readygo]Image 2017-03-07 02-29-12[Readygo]Image 2017-03-07 02-29-16[Readygo]Image 2017-03-07 02-29-21
[Readygo]Image 2017-03-07 02-29-31[Readygo]Image 2017-03-07 02-29-40[Readygo]Image 2017-03-07 02-29-49[Readygo]Image 2017-03-07 02-29-55
[Readygo]Image 2017-03-07 02-30-03[Readygo]Image 2017-03-07 02-30-11[Readygo]Image 2017-03-07 02-30-15


gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。