JTBC「ガールスピリット」第11回 全員で「I Dreamed」を歌ってフィナーレ

SONAMOO ミンジェ出演:JTBC「ガールスピリット」歌唱曲聞き比べ
09 /28 2016
[Readygo]Image 2016-09-28 00-20-45
12人横並びだと壮観です。

JTBC「ガールスピリット」第11回。
決勝リーグの様子はまだ見ていませんが、
先にこの回のステージで披露されたスペシャルソング「I Dreamed」が先にアップされていました。

160927 Girl Spirit 「I Dreamed」 投稿者 dm_50842e92a1b7d

歌の前半は、一人一人の「ガールスピリット」内での
思い出のシーンを被せていきます。

April.ジンソル
[Readygo]Image 2016-09-28 00-20-55[Readygo]Image 2016-09-28 00-21-00

CLC.スンヒ
[Readygo]Image 2016-09-28 00-21-07[Readygo]Image 2016-09-28 00-21-12

ミンジェ(ここでは両方ともステージカットをキャプチャ)
[Readygo]Image 2016-09-28 00-21-19[Readygo]Image 2016-09-28 00-21-25

Ladies' Code.ソジョン
[Readygo]Image 2016-09-28 00-21-30[Readygo]Image 2016-09-28 00-21-34

宇宙少女.ダウォン
[Readygo]Image 2016-09-28 00-21-39[Readygo]Image 2016-09-28 00-21-43

Pledis Girlz.ソンヨン
[Readygo]Image 2016-09-28 00-21-48[Readygo]Image 2016-09-28 00-21-52

Oh My Girl.スンヒ
[Readygo]Image 2016-09-28 00-21-56[Readygo]Image 2016-09-28 00-22-00

SPICA.ボヒョン
[Readygo]Image 2016-09-28 00-22-04[Readygo]Image 2016-09-28 00-22-10

Lovelyz.Kei
[Readygo]Image 2016-09-28 00-22-14[Readygo]Image 2016-09-28 00-22-20

Fiestar.へミ
[Readygo]Image 2016-09-28 00-22-26[Readygo]Image 2016-09-28 00-22-30

BESTie.ユジ
[Readygo]Image 2016-09-28 00-22-34[Readygo]Image 2016-09-28 00-22-39

LABOUM.ソヨン
[Readygo]Image 2016-09-28 00-22-43[Readygo]Image 2016-09-28 00-22-48

終盤はMVと同じようにソンヨンのロングブレスの見せ場があり、
[Readygo]Image 2016-09-28 00-22-53

ミンジェのアップが多くて嬉しい
[Readygo]Image 2016-09-28 00-22-58
[Readygo]Image 2016-09-28 00-23-02
[Readygo]Image 2016-09-28 00-23-07
[Readygo]Image 2016-09-28 00-23-11
MVの時と同様に扱いがいいように感じるのはファンの贔屓目線が故?

11回の模様は、
ボヒョン、ユジ、ソジョン、Kei、OMGスンヒの歌をじっくり聞いた上で書こうと思うので、
もしかしたら釜山旅行から帰ってくる2日になるかも知れません。


ミンジェ、へミ、ジンソル、CLCスンヒ、Keiの記念写真
160927CtVFoTLVIAAFIfl.jpg
160927CtWyLmtUEAAMeWz.jpg
ガールズグループのメインボーカル同士の
友情が深まったということでも価値ある番組でした。

スポンサーサイト



T-岡田、2年ぶりにホームラン20本台!イーグルスに大勝

オリ達!2016 オリックス・バファローズ勝利の軌跡
09 /27 2016
[Readygo]Image 2016-09-27 22-48-24
最下位脱出は難しいけど、一つでもいい試合を!

26日は僅差でファイターズに負け、マジック減らしに貢献。
東明の2勝目もまたお預けになってしまいました。

これで優勝争いに絡む対戦は全て終了。
残り4ゲームは全てイーグルス戦。
全部勝てば対戦成績で唯一勝ち越しとなります。
(3勝だと五分以上)

27日の先発は松葉
after_160927.jpg
初回から三者連続三振と素晴らしい立ち上がり
合計で8安打打たれましたが大量援護や好守にも助けられ、
取られた得点は2点のみ。
9回は海田にマウンドを譲りましたが、7勝目をゲット。
[Readygo]Image 2016-09-27 22-48-50
来季は是非2けた勝利を!

攻撃は初回から効率よく得点。
糸井・安達の連打で無死2・3塁から、まず吉田正尚の犠牲フライで先制。
160927Orix01.jpg

続くT-岡田がライト前ヒット。
[Readygo]Image 2016-09-27 22-51-02
ライトから好返球がありましたが、安達の足が勝り、1点追加
[Readygo]Image 2016-09-27 22-52-24

3回は西野3塁打と安達の犠牲フライで1点。
4回も中島の2塁打とファーストスタメンの伊藤のタイムリーで1点。
160927Orix02.jpg

そして5回はビッグイニング
無死からの4連続四球とワイルドピッチで2点貰ったあと、
ランナー2人残してT-岡田の当たりはレフトスタンドに飛び込む20号3ラン。
[Readygo]Image 2016-09-27 22-48-01

さらに中島・伊藤の連打で1点取ってこの回計6点。
最終的には10対2でイーグルスに圧勝しました。

28日の予告先発は西と美馬。
どちらも10勝がかかっています。
対戦成績から言えば美馬が有利ですが、
今日の打線の調子の良さを明日に持ち越したいところです。

ソナム:9/25 義王市「第14回白雲芸術祭」のステージ

SONAMOO:Green Moon Rising !
09 /27 2016
[Readygo]Image 2016-09-27 02-43-37
3日連続の音楽イベント参加。
「お呼ばれ」されるのはとにかくいいことだ。


25日のソナムは京畿道義王(ウィワン)市で開催れた、
「第14回白雲芸術祭」のステージで、「いつもの3曲」を披露

まずはフルステージ動画


こちらのステージはボーカルが前面に出てきていて大変よろしい音響です。
MCのオヤジがなかなかいいイジリ方してくれてるし、
褒めてくれているような気がするけど、どうなのかな?

各曲のフォーカス動画から、1人に絞ってキャプチャしてみました。
「Round N Round」は当然のようにニュッサン
[Readygo]Image 2016-09-27 02-42-27[Readygo]Image 2016-09-27 02-42-31
[Readygo]Image 2016-09-27 02-42-35[Readygo]Image 2016-09-27 02-42-40

「I Like U Too Much」は綺麗なナヒョンがたくさん
[Readygo]Image 2016-09-27 02-42-44[Readygo]Image 2016-09-27 02-42-48
[Readygo]Image 2016-09-27 02-42-52[Readygo]Image 2016-09-27 02-42-56
[Readygo]Image 2016-09-27 02-43-00[Readygo]Image 2016-09-27 02-43-05

「カヌンゴヤ」は溌剌としたウィジン
[Readygo]Image 2016-09-27 02-43-09[Readygo]Image 2016-09-27 02-43-13
[Readygo]Image 2016-09-27 02-43-17[Readygo]Image 2016-09-27 02-43-21
[Readygo]Image 2016-09-27 02-43-28[Readygo]Image 2016-09-27 02-43-33

9月はこれで、海兵隊でのステージも含めれば、
韓国内で6回の音楽ステージ。
(海兵隊のうち1回は収録は8月かも知れない)
昨年の9月は「Round N Round」での活動期だったので、
9月のイベント参加はAMNショーケースと、慶州ドリームコンサートだけ、
そのかわりに10月に6回のイベント出演がありました。
今年は10月中のカムバックも噂されていますので、
昨年ほどのペースではないかも知れませんが、
まだまだ顔を売らなければならない中堅グループとして、
大変でしょうが、韓国のあちこちのイベントに出演して顔を売っていって貰いたいですね。
ソナムファイティン!

このイベントがあった義王市は、韓国の鉄道博物館があるところ。
8744aec3000b85a3_S2.jpg
e7881de38490eb71_S2.jpg
屋外、屋内で構成され、韓国の鉄道の歴史が全てわかるような展示になっているようで、
もし、私がこの日のソナムのステージ観に行くなら、その前にこちらにも寄って、
「一粒で2度美味しい」ということになっていましたね。
ガイドページ

次にソウルに行く機会に、足を伸ばしてみよう、水原(スウォン)にも近いしね。

ソナム:9/24 第3回青少年ダンスサークルコンテストのステージ

SONAMOO:Green Moon Rising !
09 /27 2016
[Readygo]Image 2016-09-27 00-18-30
[Readygo]Image 2016-09-27 00-19-10
ステージの上の躍動感はどこでも、いつでも同じでフルパワー

24日のソナムは忠清南道天安(チョナン)市で開催された、
「第3回青少年ダンスサークルコンテスト」での客演ステージ
「I Like U Too Much」「Round N Round」「カヌンゴヤ」の、
「いつもの3曲」に加えて、「Let's Make A Movie」を披露
[Readygo]Image 2016-09-27 00-19-20
[Readygo]Image 2016-09-27 00-19-27
[Readygo]Image 2016-09-27 00-19-36
「Let's Make A Movie」はステージで披露したことある曲の中では、
一番ほのぼのとした曲。私も生で聴いてみたい。

この終盤の「ミンジェいじり」も見たいしね。
[Readygo]Image 2016-09-27 00-19-43

動きはほぼないけど、ニュッサンフォーカス動画のキャプチャ
[Readygo]Image 2016-09-26 23-23-53[Readygo]Image 2016-09-26 23-23-58
[Readygo]Image 2016-09-26 23-24-02[Readygo]Image 2016-09-26 23-24-07
ニュッサンもこの曲ではとてもリラックスしています。

「カヌンゴヤ」ミンジェフォーカス動画からのキャプチャ
[Readygo]Image 2016-09-26 23-46-40[Readygo]Image 2016-09-26 23-46-44[Readygo]Image 2016-09-26 23-46-49
[Readygo]Image 2016-09-26 23-46-54[Readygo]Image 2016-09-26 23-46-59[Readygo]Image 2016-09-26 23-47-05
[Readygo]Image 2016-09-26 23-47-09[Readygo]Image 2016-09-26 23-47-14
27日の「ガールスピリット」決勝リーグでは残念ながらミンジェの出番はないけど、
番組の中で「I Dreamed」を出演者みんなで歌うシーンはあるだろうから、
そちらを楽しみにしています。

ステージのほうはフル動画で


マイクの調子が良くなかったかな?バックトラックのほうが目立ってしまっている。
それにしても女の子の歓声がすごい。
コアなソルバンウルが来ているということなのか、
それともソナムの人気も少しは上昇トレンドなのか?

ヒョソン:9/24 ドチョンwith コンサート ソロ3曲全て披露

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
09 /27 2016
[Readygo]Image 2016-09-26 04-31-19
ヒョソンはソナに対してインスタでエール贈っていましたね。

24日にヒョソンは久々の音楽ステージ
(調べてみたら5月末の上海以来だった)
京畿道城南市ドチョンで開かれたコンサートに出演し、
「Good-night Kiss」「パネ」「Find Me」とソロ曲全て披露

「Good-night Kiss」


ダンスについてはこの曲がヒョソンのセクシャルな魅力を伝えますね。
そして、公開から2年半以上たっても、それは全く変わっていない。
[Readygo]Image 2016-09-27 01-27-45[Readygo]Image 2016-09-27 01-27-49
[Readygo]Image 2016-09-27 01-27-55[Readygo]Image 2016-09-27 01-28-00

「パネ」


昨年のリリイベ懐かしいなぁ。
ハイヒールで踊ることがこれほどサマになる曲も他にそうはないと思う。
[Readygo]Image 2016-09-27 01-32-54[Readygo]Image 2016-09-27 01-33-10
[Readygo]Image 2016-09-27 01-33-15[Readygo]Image 2016-09-27 01-33-20

「Fine Me」

この「Find Me」時の衣装は汎用性高いなぁ。
ヒョソンのソロ曲のどれにもマッチできる。
[Readygo]Image 2016-09-27 01-42-23[Readygo]Image 2016-09-27 01-42-27
[Readygo]Image 2016-09-27 01-42-31[Readygo]Image 2016-09-27 01-42-35
それにしてもハイヒールのままで3曲連続ですか・・・
これはかなり大変だと思うけど、さすがヒョソンです。

ヒョソンがレギュラー出演している「うちの町内芸体能」も今週3回目なのに、
まだ手を付けられていない。
201609261633129910_1.jpg
記事に出来るとしても10月になってからだな。

ジウン:9/25 SBS「ランニングマン」に出演。イ・グァンスといい感じ?

Secret : ジウン、ソロ活動情報
09 /26 2016
[Readygo]Image 2016-09-26 06-17-10
イ・グァンスと言えば、トンイの掌楽院(チャンアゴン)のノッポ、ヨンダルです。

日曜日の人気番組、SBS「ランニングマン」ジウンがゲスト出演。
番組のミッションの対象者としての出演です。
(前半でSleepy兄さんも出てました)

160925 Running Man EP.450 JiEun Cut 投稿者 dm_50842e92a1b7d

ミッションの内容は「ホットな3分動画作り」というもので、
イ・グァンス「グァンスを理想のタイプに挙げた女性に会いなさい」というテーマで、
このミッションを実行。
彼はポータルサイトで検索した結果、
ジウンが7年前に彼を理想のタイプとして語っていたことを発見。
[Readygo]Image 2016-09-26 06-15-41
ネイルサロンのジウンを訪ねます
[Readygo]Image 2016-09-26 06-15-46
そして2人でネイルアートサロンデートを遂行
[Readygo]Image 2016-09-26 06-15-50
[Readygo]Image 2016-09-26 06-15-54
[Readygo]Image 2016-09-26 06-15-58
イ・グァンスさんは人をリラックスさせる雰囲気を持っていますね。
ジウンも彼と過ごす時間を楽しんでいます。

[Readygo]Image 2016-09-26 06-16-07
そしてその場にやってきたレギュラーのソン・ジヒョジウンに嘘発見器を装着し、
ジウンイ・グァンスへの気持ちを試します。
「7年前と気持ちが変わらなかった」「今日がっかりしなかった」
「プライベートでも会いたい気持ちがある」という質問全て「YES」に嘘がなく、
[Readygo]Image 2016-09-26 06-16-17
[Readygo]Image 2016-09-26 06-20-20
[Readygo]Image 2016-09-26 06-16-52
[Readygo]Image 2016-09-26 06-16-57
次にイ・グァンスにも嘘発見器をつけて、
「プライベートの席で会ってみたい」という質問への「YES」に嘘がないことが判明
[Readygo]Image 2016-09-26 06-17-01

ソン・ジヒョとプライベートで会いたい」という質問に「YES」と答えたときは、
電流が流れて嘘と判明
[Readygo]Image 2016-09-26 06-17-05
「番組を下心を持ってやっているのか?」とソン・ジヒョから頭を叩かれます。

いつも以上にジウンの表情がカワイイ
[Readygo]Image 2016-09-26 06-17-21[Readygo]Image 2016-09-26 06-17-28
[Readygo]Image 2016-09-26 06-17-38[Readygo]Image 2016-09-26 06-17-48
[Readygo]Image 2016-09-26 06-18-41[Readygo]Image 2016-09-26 06-19-45
[Readygo]Image 2016-09-26 06-19-52[Readygo]Image 2016-09-26 06-20-08

イ・グァンスさんは今年31歳ですから、ジウンとそんなに年は離れていない独身男性。
(身長は194センチとジウンとかなり差がありますが・・・)
ほんわかしたムードがお似合いな2人とも言えなくはない。
どこぞの財閥のバカ息子や成金実業家、
カッコいいナムジャグループのメンバーとかよりもはよっぽど好感もてる。

ということで・・・
オトーサンは許します。交際しちゃいなさい!


スミン、ウィジン:9/25 MBCエブリワン「美味しい地図」出演

SONAMOO:Green Moon Rising !
09 /26 2016
[Readygo]Image 2016-09-26 06-10-39
ただただ食っていただけのようにも見えるが、
食いっぷりがよく、綺麗だったのでよし


25日、MBCエブリワンの番組「素敵な旅、美味しい地図2」のゲストにスミンウィジンが出演。
後半25分まるまる出ていました。


160925 A wonderful trip delicious map 2 Sumin... 投稿者 dm_50842e92a1b7d

どんな内容かというと、レギュラー2人とともに、
韓国各地の著名な料理店を訪問してひたすら食べるというもの。
[Readygo]Image 2016-09-26 06-09-59
[Readygo]Image 2016-09-26 06-10-29
一応、グループの活動やらスミン、ウィジンの食にまつわる話なんかもしていて、
ソナムのアピールにもなってはいるようですが、
なんし三か所も訪問して、それぞれの店でフルコースともいうべきメニューが供されるものだから、
「とにかく食ってる」という印象が強く残りました。

まずは、その3軒で出されたメニューを見てみましょうか

一軒目
[Readygo]Image 2016-09-26 06-10-35

二軒目
[Readygo]Image 2016-09-26 06-10-59
[Readygo]Image 2016-09-26 06-11-03
[Readygo]Image 2016-09-26 06-11-18

三軒目
[Readygo]Image 2016-09-26 06-11-31
[Readygo]Image 2016-09-26 06-11-39

どれも美味そうですが、このロケを一日でやったのか・・食い過ぎだな
(さすがに完食はないだろうけど)

この番組、もしナヒョンハイディが呼ばれていたら、完食してしまうかもね。

スミンウィジンの食べっぷりを堪能しましょう
[Readygo]Image 2016-09-26 06-10-44
[Readygo]Image 2016-09-26 06-10-47
[Readygo]Image 2016-09-26 06-10-55
[Readygo]Image 2016-09-26 06-11-11
[Readygo]Image 2016-09-26 06-11-26
[Readygo]Image 2016-09-26 06-11-35
[Readygo]Image 2016-09-26 06-11-44
[Readygo]Image 2016-09-26 06-13-56
2人とも「食レポ」の表情の作り方としてはまずまずではないでしょうか

スミンはアイスクリーム形態模写も披露しましたが
[Readygo]Image 2016-09-26 06-11-22
微妙なウケかたでしたね。隣で見ているウィジンも醒めてるし(笑)

2人ともいい表情が多くて、ソルバンウルには嬉しいゲスト出演でした
[Readygo]Image 2016-09-26 06-12-29[Readygo]Image 2016-09-26 06-12-50[Readygo]Image 2016-09-26 06-12-55
[Readygo]Image 2016-09-26 06-13-04[Readygo]Image 2016-09-26 06-13-11[Readygo]Image 2016-09-26 06-14-24
[Readygo]Image 2016-09-26 06-12-37[Readygo]Image 2016-09-26 06-12-42[Readygo]Image 2016-09-26 06-13-16
[Readygo]Image 2016-09-26 06-13-24[Readygo]Image 2016-09-26 06-13-44

スミンウィジンの組み合わせって初めてだったけど、
2人の間のコンビネーションがあったというよりは、
個々に対応しているという感じでしたね。
[Readygo]Image 2016-09-26 06-11-51
多分、それはウィジンのキャラクターによるものでしょうね。
彼女はどちらかと言えば、調整タイプではあるけど、
自立心が強くて、相手に頼ることが少ない方なので。

オマケ:なんか派手なスミン
160926CtMHz-UUMAAJ54m.jpg

ソナ、シクリ脱退を決断。グループはヒョソン、ジウン、ハナちゃんで存続

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
09 /26 2016
2016092610553685623_1.jpg

既にほとんどの人がニュース等でお聞き及びのように、
ソナが10月13日をもってTSエンタとの専属契約を満了し更新しない旨が明らかになりました。
同時に、ヒョソン、ジウン、ハナちゃんとの契約は継続され、
TSエンタとして個々のメンバーの活動をサポートするとともに、
シクリも解体はされず、3人体制で存続していくとのこと。

「遂に来たか・・」という気持ちと同時に、
私の中で一番恐れていたシナリオは回避された安堵感もあります。
ハナちゃんについて、本人の意志ではなく、
事務所の意向として継続がどうなるかわからなかったので、
最悪の場合はヒョソン、ジウンだけの残留でシクリ解体があると思っていたからです。

もちろんmissAと同様に今後のシクリとしての活動は不透明なままではありますが、
これから「大人のガールズグループ」として「カワイイ」路線を薄めていくのであれば、
3人体制でもグループとしてのクォリティは大きくは落ちないだろうと思います。
それだけに早く「3人シクリ」の新しい姿を見て安心したいですね。

ソナについては「ありがとう、がんばれ、ずっと応援してる」の言葉しかありません。
今回のソナの脱退は「事務所に残る限りシクリに拘束される」ことと、
「女優一本でやっていきたい」ということのせめぎあいではなかったと思います。
ソナとしても次の所属事務所が決まっているならまだしも、
長年在籍した事務所を離れるのは不安だったろうと思います。
しかし、TSエンタとしてはソナを事務所に在籍させたまま
女優に専念させるという選択肢はなかったのでしょう。
もしかしたら、昨年の段階からソナと事務所の間でそのような話し合いが続けられ、
それ故にシクリのカムバックもソナのドラマ復帰も停滞していたのかも知れません。

そのように考えてみると、今回のソナの決断は、
ソナ本人にとってのみならず、シクリの活動が再開する可能性を示したということで、
残った3人(特にハナちゃん)にとっても意味のあるものだと思います。

私が「星光月光」のMVを見てシクリの魅力にとりつかれたことは以前にも話しました。
そのときに一番強く印象に残ったのはそのMVの主役であったソナの光り輝く美貌でした。
そこから後追いでシクリソナを追いかけた私は、
「青春不敗」で活躍するソナの姿は全話からトリミングをかけて2枚のDVDにまとめました。
そのDVDを「I DO I DO」のリリースイベントでソナに見せたときに喜んでくれた笑顔を今も忘れません。
そのかいあってか、翌日の新横浜駅の待合室でソナが私に気付いてくれて、
「どうしてここにいるの?あなたラッキーね」と語りかけてくれました。
他にも、一昨年のコンサートで関西空港でサインを貰ったとき、
最後のファンミで「バラ色の恋人たち」のプラカードに喜んでくれたとき、
どれをとっても、ソナのマイペースながらもフレンドリーな対応が私にとって大切な宝物です。
もしかしたら、女優として活動を続けていくことになるソナに、
今後、直接触れ合う機会はないかも知れません。
それでも、(私にとっては)5年間の楽しい思い出を残してくれたソナを応援し続けていきます。
今回のことは「別れ」ではなく「門出」です。
女優としてさらなる成長を続けていくソナに祝福とエールを贈ります。

ソナからのメッセージ
160926CtP-ummUEAAOaL7.jpg
『いつもとは違う、神妙な気持ちで皆様にご挨拶申し上げます。まず、7年という時間、
Secretのメンバーとして言葉では表現出来ない大きな愛と関心を受けて、
皆様と一緒に泣いたり笑ったりする事が出来て、沢山の幸せをありがとうございました』
『過ぎた日を再び見直してみると、何も判らない時に、
一人では出来なかった素晴らしい仕事を一緒にやり遂げられて、
思いがけない程の愛と関心を受けたと思います。難しい選択をしただけに、
名残惜しかったり虚しかったりもしますが..今までの思い出を大切にして、
今まで注いできた情熱を、これからの日々の為に注いでみようと思います』
『新たなスタートを控えて、不足と未熟も多く見えるかもしれませんが、
いつでもどこでも皆様の応援に応えて、黙々と一生懸命にする人になります。
これまで一緒にして下さったtsの家族の方々、メンバー、ファンの皆様に、心から感謝します』



付記:TSエンタが言った「10月13日をもって」の意味ですが、
この日、シクリは牙山(アサン)で開催される全国体育大会(国体)の閉会式に出演する予定が入っています。
つまり、この日がソナシクリとしてのラストステージになる可能性が高いということです。
もちろん、「ソナは出ない」という可能性もあり、
場合によっては「3人シクリ」の最初のステージになるかも知れませんが、
もしソナがステージに立ってくれるのであれば、
これまでメンバーの脱退や解体を経験してきたグループとは違い、
「ラストステージ」を行うという稀有な事例になりますね。



ジウン:9/25はSBS「人気歌謡」のカムバックステージ

Secret : ジウン、ソロ活動情報
09 /26 2016
[Readygo]Image 2016-09-26 04-32-41
バックダンサー、Play Girlsと楽屋でのショット

25日のステージはSBS「人気歌謡」
音楽番組一巡を待たずに「Bobby Doll」一曲だけのステージに。
(まだこの後2曲の可能性もないわけではないけど)


[Comeback Special] 160925 Song Ji Eun 송지은... 投稿者 enrique--raulin

今回は画質が良くないので、
芸能記事に載っていたキャプチャ画像からセレクト
160925articleC.jpg
1609251474788428851A.jpg
1609251474788428851B.jpg
160925articleA.jpg
160925articleB.jpg
今回のステージはパープルのドレスで妖艶な雰囲気

[Readygo]Image 2016-09-26 04-32-16[Readygo]Image 2016-09-26 04-32-24

25日の「ランニングマン」でのジウンのシーンは、
ファンにとっては「嫉妬メラメラ」ものだったかも知れません。
409223_131905_5350.jpg
でも、私としてはイ・グァンスとなら本気で上手くいっても嬉しいかも」と思った。

この番組については後程記事にします。

大河ドラマ「真田丸」第38話「昌幸」 「ナレ死」オンパレード

2016年大河ドラマ「真田丸」
09 /26 2016
[Readygo]Image 2016-09-26 01-22-45
成長した秀頼役は中川大志くん。
自分の意志を持った武威もある存在として描くことになりそうですね。

38話「昌幸」は九度山蟄居の10年の暮らしを一気に進めます。
従って、登場人物が場面がかわるたびに微妙に老け込んでいきます。

最初はきりとはるの神経戦から
[Readygo]Image 2016-09-26 01-21-50
[Readygo]Image 2016-09-26 01-21-58
はるの「厄介な性格」が垣間見えて面白い。

[Readygo]Image 2016-09-26 01-21-54
佐助がきりに思慕しているシーンを入れたりしていますが、
考証的にきりと信繁の間には子はなかったとするみたいですので、
意外と佐助ときりが結ばれたりして。

今回、信繁が「幸村」となる可能性を面白い解釈で示唆していますね。
兄が信之と「幸」を捨てたことで、昌幸から、「幸」の字を譲られようとします。
ただし、その名乗りが「幸信繁」ではいくらなんでも受けられないですから、
次々回の40話で何らかの形で「幸村」を名乗るのかも知れません。

[Readygo]Image 2016-09-26 01-22-05
上杉の米沢転封はナレーションで処理。
上杉景勝は大坂の陣に出兵するので、まだ登場シーンはあるでしょう。

信之からの謹慎解除の嘆願については、
本多正信は前向きですが、家康が断固拒否
[Readygo]Image 2016-09-26 01-22-09
この家康の憎体な面構えや態度も実によろしい。

沼田城では謹慎が解かれないことに苛立つ薫と松。
[Readygo]Image 2016-09-26 01-22-13

秀忠の将軍就任でも特赦がなされず、諦めに心境になる昌幸は、
イッキに老け込んでいきます。
[Readygo]Image 2016-09-26 01-22-17

信繁は北条氏直の墓参で高野山に来た板部岡江雪斎と偶然に再会
[Readygo]Image 2016-09-26 01-22-20
江雪斎は信繁の未来を予言し去っていきます。
※山西淳さんはこれでご退場でしょう。お疲れ様でした。

昌幸は、九度山の村長から隣村との争いで助言を求められ、
[Readygo]Image 2016-09-26 01-22-25
[Readygo]Image 2016-09-26 01-22-29
往年の名将の面目躍如で戦術を語りだしますが、
その規模の小ささのためか、蟄居の身を憚ってか、
途中で口をつぐんでしまいます。
昌幸の晩年の哀れさがこのシーンに集約されていたような気がします。

さて、平八郎忠勝の最期で有名なエピソードを取り入れたのに感心しました。
[Readygo]Image 2016-09-26 01-22-33
[Readygo]Image 2016-09-26 01-22-37
その生涯、戦場で傷一つ負わなかった忠勝が、
小刀を扱っている時に手を切ってしまい、
「ワシは近いうちに死ぬだろう」という言葉をはき、実際にその通りになったというエピソードです。
実際の流れは隠居後の病気静養中での出来事なので、
ドラマのようなシーンではなかったでしょうが、
傷を負ったシーンで「ナレ死」にするのではなく、
家康に隠居を申し出て去る後姿で「ナレ死」にしたのは丁寧な幕引きのさせ方。
ドラマの中で強烈な印象をずっと残し続けた藤岡平八郎もこれで退場です。

そして「ナレ死」が迫るもう一人
[Readygo]Image 2016-09-26 01-22-49
二条城での秀頼・家康対面を実現させた加藤清正。
彼は三成から託された最後の言葉「命に代えて秀頼様をお守りしろ」を忠実に守ります。
家康の威にも屈せず、秀頼を守る姿勢から、
清正が三成と対立しつつも深いところで通じ合っていたことを示します。
家康は秀頼の威にうたれてしまい、彼を生かしていくことは出来ないと決意します。
[Readygo]Image 2016-09-26 01-22-52
[Readygo]Image 2016-09-26 01-22-56
この二条城対面も今までない演出の仕方でしたね。
そして短いシーンながらも家康と秀頼の今後の在り方を示すものにもなっていました。

自分の威に屈せず、あくまで豊臣恩顧であり続けようとする清正を疎ましく思った家康は、
正信の提案に乗って暗殺を決意。
[Readygo]Image 2016-09-26 01-23-00
その下手人となったのが3代目服部半蔵。
2代目に引き続きハマカーン浜谷さん登場です。
[Readygo]Image 2016-09-26 01-23-05
この一瞬で毒殺ということにして、後は「ナレ死」です。
加藤清正の死因は確たる説がなくて、この対面の後の、
帰国中の船の中で発病したのは確かなことなので、
家康による毒殺説も広く流布されています。
今回は真相がわからないことを上手く利用して、
ドラマ的に一番スッキリ行く「殺され方」を選択したということでしょう。

そしてついに昌幸にも死が訪れます
[Readygo]Image 2016-09-26 01-23-08
病気で臥せるようになった昌幸は、
信繁に自ら編んだ兵学署を託し、
徳川打倒の秘策も授けます。

最期は故信玄が迎えにきたのか、
馬のいななきと蹄の音の幻聴に誘われるように息を引き取ります。

「紀州紀ノ川の奥、高野山の山裾に、その小さな村はあった。
その外れで、一人の戦国武将が死んだ」

「ナレ死」ではありましたが、
これ以上美しく儚い言葉で飾れらた「ナレ死」そうはないでしょう。

次回は、なんと秀次の娘たかがマニラより帰国
[Readygo]Image 2016-09-26 01-23-12
そして信繁の「押しかけ側室」になるようです。
(「マハル・キタ」(愛してる)と「黄金の日々」以来
大河ドラマで2度目のタガログ語の登場です)
[Readygo]Image 2016-09-26 01-23-15
そして史実では起源定かならぬ「真田紐」も登場します。


マリサポのみなさん、サブロー引退試合にスミマセン

オリ達!2016 オリックス・バファローズ勝利の軌跡
09 /26 2016
after_160925.jpg
山田修義、今季2勝目。
後半はローテを守れているので、来季は更なる飛躍を望む

22日のライオンズ戦は金子で勝てずライオンズ戦年間負け越し決定。
マリーンズ相手には既に負け越しが決定していましたが、
24日の千葉での初戦は平野が9回に同点に追いつかれ、
10回に海田がサヨナラ打を打たれて敗戦。
ディクソンの10勝目を消してしまいました。

そして25日はマリーンズファン、通称マリサポにとっては、
長年チームの顔的存在だったサブローの引退試合。
[Readygo]Image 2016-09-26 00-19-27
ウグイス嬢谷保恵美さんの「サブロ~~~」のコールも、
打席が進むにつれてどんどん長くなっていき、
最後の打席はなんと7.38秒。
そのコールとマリサポの熱い惜別の声援に後押しだれてか、
現役最終打席で2ベースを放ち有終の美を飾りました。

[Readygo]Image 2016-09-26 00-18-49
サブロー選手、お疲れ様でした!

ゲームの方は、オリックス先発山田がナイスピッチング。
160925Orix01.jpg
5回こそ2死から連打を浴びピンチを招きましたが、
それ以外の回は2塁を踏ませない危なげないピッチング。
2点のリードを保ち、7回、赤間、8回、吉田一将とつなぎ、
最後は平野が締めて完封リレー。
160925Orix04.jpg
山田が今季2勝目を手にしました。

打線は初回に中島のタイムリーで先制
160925Orix02.jpg

5回に吉田正尚の2ベースで1点追加
160925Orix03.jpg

少ないチャンスをものにして、勝ちにつなげました。

少し心配なのは糸井の盗塁王へのチャレンジ。
現在ライオンズの金子と53個で並んでしますが、
ここのところ走れていません。
とはいえ、残りゲーム数がライオンズ2試合に対し、
オリックスは5ゲーム残していますので、
金子が2試合で5盗塁以上しない限り、僅差でかわせるのではないかと思います。

26日は京セラでファイターズとの最終戦。
オリックスの先発は何とか2勝目を手にしたい東明。
ファイターズは25日の勝利でマジック3といよいよ秒読み。
札幌で胴上げするためには最終戦まで待たねばならんので、
優勝を決めて凱旋したいだろうから、
ラクには戦わせてくれないだろうなぁ・・・。

JTBC「ガールスピリット」第10回歌唱曲紹介④ ソジョン、へミ 悔いのない選曲ならそれでよい

SONAMOO ミンジェ出演:JTBC「ガールスピリット」歌唱曲聞き比べ
09 /25 2016
[Readygo]Image 2016-09-25 15-38-05
[Readygo]Image 2016-09-25 15-38-34
対照的な選曲でしたが、それぞれに想いを届けました

JTBC「ガールスピリット」第10回歌唱曲紹介最後は、
Ladies Code、ソジョンFiestar、へミ

ソジョンは苦しい時も支えてくれたファンに歌を捧げます。
[Readygo]Image 2016-09-25 15-38-09
選んだ曲は他の出演者とは全く傾向の違う、
BIGBANG「BAE BAE」(2015年)

歌詞の意味が「感謝ソング」というには微妙なところですが、
「その姿のまま、君はそのままでいて欲しい」というところは、
ファンとのつながりという意味ではあっているかも。
[Readygo]Image 2016-09-25 15-38-13
ガールズグループの中でも最も大きな受難に遭遇したグループとファンですので、
それを乗り越えてきた分だけ、強い絆で結ばれているのでしょう。

[Readygo]Image 2016-09-25 15-38-17
ソジョンのラストの表情を見ると、
「この曲を選んで悔いなし」という感じがします。
ただ得点のほうは149点で4位タイと厳しいもので、
「ワイルドカード進出にも黄信号か?」と思われましたが、
やはりというか・・・ソジョン「5人目の決勝進出者」は揺るがなかったようです。

貼るまでもないでしょうがBIGBANGオリジナルの「BAE BAE」


ガールズグループのシンガーでこの曲を、これだけかっこよく歌えるのも、
ソジョン以外にどれほどいるか・・・それくらいにピシッとはまってはいました。

へミは大切な友人たちに「展覧会」「記憶の習作」(1994年)を歌いました。
[Readygo]Image 2016-09-25 15-38-21
ソ・イニョン「アドバイスしてきたように技巧を抜いて歌ってくれて、
本当に胸がいっぱいだ」
と語ったように、真っすぐに自分の声を届けることに力を注いだステージでした。


この曲、今カラオケで歌えるよう練習しているんですが、後半がものすごく難しい。
感情を思い切り歌に乗せていかないと雰囲気が出てきません。
ヘリはそれをジョン・スンファンとのデュエットで厚みを与えることで補ったとも言えます。
[Readygo]Image 2016-09-25 15-38-30

ジョン・スンファンは2015年の「K-POPスターシーズン4」の準優勝者
まだOST参加などに活動はとどまっていますが、
年内にデビューを予定している期待のシンガーです。
昨年のドラマ「君を愛した時間」の同名のOST曲を歌っています。


ジョン・スンファンは20歳。まだまだ若手の実力派がぞくぞく登場してきますね。

へミ149点とまずますの評価で4位タイ。
苦労し続けた「ガールスピリット」のステージでしたが、
その苦労の分だけ成長もあったことを示したラストステージでした。
[Readygo]Image 2016-09-25 15-38-38

ステージ後のインタビューで、友人たちに乗せられて、
歌手の声帯模写を披露するへミ

最後にソ・イニョン「シンデレラ」まで披露。結構に似てる。

番組内でのキム・ドンリュルのカバー4曲目となる「展覧会」「記憶の習作」
前にも一度貼りましたが、前と同じ映画「建築学概論」の映像に乗せて


私もがんばって歌えるようになろう。

JTBC「ガールスピリット」第10回歌唱曲紹介③ ジンソル・ソヨン デュエット相手との力量の差

SONAMOO ミンジェ出演:JTBC「ガールスピリット」歌唱曲聞き比べ
09 /25 2016
[Readygo]Image 2016-09-23 00-40-46
[Readygo]Image 2016-09-22 00-57-06
2人とも心を込めた熱唱でした

JTBC「ガールスピリット」第10回の歌唱曲紹介。
今回はAprilジンソルLABOUMソヨン
2人とも男性シンガーとのデュエットのステージでした。

ジンソルV.O.Sチョ・ヒョンジュンキム・ドンリュル「感謝」を歌唱


ジンソルが感謝を捧げたのは、番組で一緒に過ごしてきた他の11人の出演者たち。
マンネとしてオンニ達に支えられ、たくさんの影響を受けたことへの感謝ですね。
[Readygo]Image 2016-09-23 00-40-02
ジンソル一人での歌いだしは、静かなトーンで心に沁みる歌い方が良かったんですが、

チョ・ヒョンジュンが登場し歌い始めると
[Readygo]Image 2016-09-23 00-40-26
2人の声量の差がはっきりしすぎていて、
デュエットで歌っているところでジンソルがおされてしまっている印象を持ってしまいます。
[Readygo]Image 2016-09-23 00-40-30

もちろんジンソルもがんばってはいるし、いい歌唱聴かせてくれているんだけど、
[Readygo]Image 2016-09-23 00-40-41
[Readygo]Image 2016-09-23 00-40-36
いかんせん、チョ・ヒョンジュンがデュエットの相手としては上手過ぎました。

チョ・ヒョンジュンが所属するV.O.Sは2004年デビューの男性ボーカルユニット。
2009年に音楽番組で2回1位をとった「In trouble」を聴いてみましょう。


韓国ってこーゆーボーカルユニットってほんとたくさんありますね。

オリジナルのキム・ドンリュル「感謝」は2004年に自身のそれまでの活動
(「展覧会」、「カーニバル」を含む全キャリア)を集成した
コンピレーションアルバム「THANKS」のために、書き下ろした曲(と思う)。


キム・ドンリュルの曲が「ガールスピリット」
歌われるのは「カーニバル」時代の「がちょうの夢」を含めこれで3曲目。
このあと紹介するへミ「展覧会」「記憶の習作」を歌いますので、合計4曲。
番組の中で最もカバー率の高い歌手となりました。
それも納得なくらいにいい歌をたくさん作っていますね。
[Readygo]Image 2016-09-23 00-40-17
[Readygo]Image 2016-09-23 00-40-10
ジンソルの心を届ける熱唱にお母さんも感動。似てますねー。
点数は145点と最下位に終わってしまいましたが、
ジンソルの想いは出演者全員に届いたことと思います。

ソヨンケリー・クラークソン「A Moment Like This」(2002年)
[Readygo]Image 2016-09-22 00-56-43
英語曲で母に感謝の気持ちを贈りました


ソヨンのデュエットの相手はThe Ray
[Readygo]Image 2016-09-22 00-56-48

2人は同じ事務所で、
ジウン主演の「我が家のハニーポット」のOSTを歌っているという共通項もあります。
The Ray「狂った愛」


2人のデュエットはバランスが取れていますね
ソヨンの歌唱を引き立てる役割に徹している印象があります。
[Readygo]Image 2016-09-22 00-56-52
[Readygo]Image 2016-09-22 00-56-57
後半のソヨンの歌唱は見事の一言。今まで一番の良いステージと思います。
それを反映して得点も152点でB組3強の一角ソジョンを抜いての3位になりました。

[Readygo]Image 2016-09-22 00-57-02
どちらかと言えば、これまで柔らかい優しいトーンのボーカルが特徴的であったソヨンでしたが、
最後の最後でパワフルなボーカルも十分に魅力的であることを証明してくれました。

オリジナルの「A Moment Like This」は、「アメリカンアイドル」第1シーズンで優勝した、
ケリー・クラークソンのデビュー曲で、ビルボード初登場52位から翌週に1位に上り詰めた曲。

比べて聴いてみると、ソヨンが、がんばってコピーしようとしているのがわかる。

オマケ:ソヨン「我が家のハニーポット」OST曲「愛が寒い」も貼っておこう

前も書いたけど、ジウンが歌っても違和感のない曲です。

ソナム:9/23「百済文化祭:前夜祭」②「Round N Round」と「カヌンゴヤ」 愛しのハイディ祭り

SONAMOO:Green Moon Rising !
09 /25 2016
[Readygo]Image 2016-09-24 23-01-26
照明の当たり加減がよくて、いいキャプチャがとれた

23日の「百済文化祭」ステージの続き

まずは、フォーカスなしの「Round N Round」

ステージ全景で撮っているので、
一人一人の映りは小さいですが、
このコスチュームはカラフルなので、
大きいステージでの見栄えが実にいい。
[Readygo]Image 2016-09-24 23-01-48
[Readygo]Image 2016-09-24 23-01-53
[Readygo]Image 2016-09-24 23-01-59
[Readygo]Image 2016-09-24 23-02-03
[Readygo]Image 2016-09-24 23-02-07
[Readygo]Image 2016-09-24 23-02-13
背景に余計な映像が一切ないのもいい効果を生んでいます。

そして「カヌンゴヤ」
こちらは珍しいハイディフォーカス

この曲のハイディフォーカスを見るのは多分初めて。
なもんで、「愛しの」ハイディ派の私としては多めにキャプチャせざるを得ない。
[Readygo]Image 2016-09-24 22-59-30[Readygo]Image 2016-09-24 22-59-43[Readygo]Image 2016-09-24 22-59-51
[Readygo]Image 2016-09-24 22-59-56[Readygo]Image 2016-09-24 23-00-09[Readygo]Image 2016-09-24 23-00-18
[Readygo]Image 2016-09-24 23-00-23[Readygo]Image 2016-09-24 23-00-27[Readygo]Image 2016-09-24 23-00-31
[Readygo]Image 2016-09-24 23-00-35[Readygo]Image 2016-09-24 23-00-42[Readygo]Image 2016-09-24 23-00-46
[Readygo]Image 2016-09-24 23-00-56[Readygo]Image 2016-09-24 23-01-00[Readygo]Image 2016-09-24 23-01-07
[Readygo]Image 2016-09-24 23-01-11[Readygo]Image 2016-09-24 23-01-16[Readygo]Image 2016-09-24 23-01-21
こうしてキャプチャしてみて改めて気づいたのが、
「カヌンゴヤ」のダンスっていくつかのパターンの繰り返しではなく、
パート毎でのステップや手の動きのパターンが多いこと。
そのへん意識してもう一度ダンス練習動画を見てみよう


なるほどサビ①、サビ②は同じようだけど、
サビ③はハイディのシャウトが入るのでフォーメーションが違うわけだ。
他にもサビ間も細かい違いがけっこうあって面白い。

160924CtB26PQUsAAYqEL.jpg
ハイディ、セルカはこの角度だ!

ソナム:9/23「百済文化祭:前夜祭」①「Cushion」と「I Like U Too Much」

SONAMOO:Green Moon Rising !
09 /25 2016
160925B_02.jpg
週末はイベント参加連チャンです

23日忠清南道公州市で行われた、
「百済文化祭」前夜祭のステージにソナムが登場。

「I Like U Too Much」「Cushion」「Round N Round」「カヌンゴヤ」と、
なんと4曲も披露。

4曲全てファンカムがアップされていますので、2回に分けて紹介します。

まずは、「Cushion」ディエナフォーカス


キャプチャはディエナを中心に、映り込んでいる他のメンバーも
[Readygo]Image 2016-09-24 22-49-31[Readygo]Image 2016-09-24 22-49-37[Readygo]Image 2016-09-24 22-49-42
[Readygo]Image 2016-09-24 22-49-56[Readygo]Image 2016-09-24 22-50-03[Readygo]Image 2016-09-24 22-50-08
[Readygo]Image 2016-09-24 22-50-15[Readygo]Image 2016-09-24 22-50-21[Readygo]Image 2016-09-24 22-50-28

次は「I Like U Too Much」ミンジェフォーカス


この曲だとミンジェの動きが両サイドに大きいので、他のメンバーもよく映る
[Readygo]Image 2016-09-24 22-56-23[Readygo]Image 2016-09-24 22-56-30[Readygo]Image 2016-09-24 22-56-38
[Readygo]Image 2016-09-24 22-56-47[Readygo]Image 2016-09-24 22-56-53[Readygo]Image 2016-09-24 22-57-04
[Readygo]Image 2016-09-24 22-57-09[Readygo]Image 2016-09-24 22-57-13[Readygo]Image 2016-09-24 22-57-22

これまでのキャプチャではジャンプシーンのミンジェはアップでは映ってなかったんですが、
こうして見ると「その低さ」がよくわかる。

後半へ続く

スミン&ミンジェ:ジウン「Bobby Doll」ショーケースMC(ほぼ)全編

SONAMOO:Green Moon Rising !
09 /25 2016
[Readygo]Image 2016-09-24 21-03-46
年長組2人ということもあったけど、
ジウンとのコンビネーションも抜群でした。


20日のジウン「Bobby Doll」ショーケースの、
一般公開の部のほうのMCにスミンとミンジェが抜擢されたことは既に記事にしましたが、
その(ほぼ)フルバージョンがアップされました。
(観客参加のゲームコーナーとか編集されているところもあるようです)

160920 JiEun 「Bobby Doll」Showcase Sumin... 投稿者 dm_50842e92a1b7d

登場のシーン、意外と盛り上がってないというか、
ジウンペン、事務所の後輩ソナムの登場にちょっと戸惑い気味?
[Readygo]Image 2016-09-24 21-03-50
特にミンジェのテンションの高さとの間にやや温度差があるようにも感じました。
でも、そんなことは気にしないで盛り上がるミンジェはエライ。

ジウンが登場して、ようやく会場も温まってきていました。
[Readygo]Image 2016-09-24 21-03-54
[Readygo]Image 2016-09-24 21-03-58
以下、これまでの活動のことやら、新譜に関してなどなど、
ここは進行台本にそってサクサク進めていました。
ジウンもかわいい後輩たちがMCを務めるということもあって、
リラックスしている部分が半分、自分がちゃんとリードしようという部分が半分で、
結構かみ合ったトークとなっていましたね。

[Readygo]Image 2016-09-24 21-04-03
で、観客をステージに上げての「バビドル」にちなんでの、
静止ポーズ対決があって、ジウンが優秀者を選定
[Readygo]Image 2016-09-24 21-04-07

ショーケース恒例の質問コーナー(?)なんかがあったりもして、
[Readygo]Image 2016-09-24 21-04-16

和気藹々としたいいファン向けショーケースのようでした。
[Readygo]Image 2016-09-24 21-04-12

ジウンソナムのことをたくさんPRしてくれたのも嬉しかったですね。
TSエンタのファミリー的な雰囲気が良く出ていました。

スミンは25日はMBCエブリワン「美味しい地図」ウィジンとともにゲスト出演します。
[Readygo]Image 2016-09-24 23-53-20
[Readygo]Image 2016-09-24 23-53-25
[Readygo]Image 2016-09-24 23-53-30
[Readygo]Image 2016-09-24 23-53-16
スミンはともかく、ウィジンそんなにいっぱい食べて大丈夫かいな?

そしてナヒョンホン・ユンファさんと2ショット
160924CtG-AGRVMAAQHEG.jpg
どうやら「ザ・ミラクル」の撮影もう始まっているようです

ジウン:9/24 ミュージックコアのステージ & MR除去動画検証

Secret : ジウン、ソロ活動情報
09 /24 2016
[Readygo]Image 2016-09-24 21-04-28
[Readygo]Image 2016-09-24 21-04-38
本日の衣装2点

24日はMBC「ミュージック・コア」のステージで、
「オアシス」「Bobby Doll」2曲披露。
この日はどちらもフルバージョンでの演奏です。


「オアシス」はあと1回いうところかな?
[Readygo]Image 2016-09-24 21-04-24
[Readygo]Image 2016-09-24 21-04-33



「Bobby Doll」のカメラアングルは今のところどこの音楽番組も同じような感じ
[Readygo]Image 2016-09-24 21-04-59[Readygo]Image 2016-09-24 21-05-07[Readygo]Image 2016-09-24 21-05-17
[Readygo]Image 2016-09-24 21-05-36[Readygo]Image 2016-09-24 21-05-44
[Readygo]Image 2016-09-24 21-05-52[Readygo]Image 2016-09-24 21-05-57[Readygo]Image 2016-09-24 21-06-27
何カットか、やや下からのアングルがあって、少し違う表情も見れた。

そして23日のミュージックバンクのMR除去動画

「しっかり」歌っていること自体は疑問の余地もないところで、
アカペラのように聞こえる分、むしろジウンのキャラメルボイスが際立ちます。
「ほー」と感心したのはラップパートでのバックトラック使用なしということ。
日本でのリリースイベントでは、
今回はジウンにこちらから「ラップですね!」と言わないとね。

ジウン:9/23「Music Bank」カムバックステージ ヒョソン、応援に駆けつける

Secret : ジウン、ソロ活動情報
09 /24 2016
[Readygo]Image 2016-09-24 01-59-23
2人の楽しげな様子を見ているとホッとしますね

23日はKBS「ミュージックバンク」のステージ

まずは「オアシス」から

160923 Song JiEun 「Oasis」@Music Bank 投稿者 dm_50842e92a1b7d
[Readygo]Image 2016-09-24 01-33-45
黒のタイトっぽいスカート、清楚感がでてるかな?

[Readygo]Image 2016-09-24 01-33-36
[Readygo]Image 2016-09-24 01-33-53
各音楽番組1回ずつは2曲体制でまわりそうかな?

そして「Bobby Doll」

160923 Song JiEun 「Bobby Doll」@Music Bank 投稿者 dm_50842e92a1b7d
今回もジウンのアップ特集
[Readygo]Image 2016-09-24 01-32-23[Readygo]Image 2016-09-24 01-32-30[Readygo]Image 2016-09-24 01-32-39
[Readygo]Image 2016-09-24 01-32-45[Readygo]Image 2016-09-24 01-32-49[Readygo]Image 2016-09-24 01-33-13

リハ入りのジウン
16092355808_51214_3834.jpg16092355808_51215_3856.jpg
16092301001733800124851.jpg[Readygo]Image 2016-09-24 02-00-45

この日はヒョソンが楽屋に応援に来ていて、
その様子をVアプリで中継。

[V LIVE] 몰래온 손님 쏭지 컴백 축하 投稿者 Lunattime
リンク切れの時は→こちら
ケーキを用意して待っていたヒョソンですが、
[Readygo]Image 2016-09-24 01-54-06
ジウンがなかなかやって来なくて、折角灯したローソクが消えてしまいます。
[Readygo]Image 2016-09-24 01-54-15
[Readygo]Image 2016-09-24 01-54-21
[Readygo]Image 2016-09-24 01-54-28
グダグダになったのが悔しかったのか泣いてしまうヒョソン(笑)

で、しょーがないのでもう1回ジウンに入りなおしてもらって、
[Readygo]Image 2016-09-24 01-54-33
[Readygo]Image 2016-09-24 01-54-38
[Readygo]Image 2016-09-24 01-54-44
「無事」に「サプライズ」お祝い成功(笑)

[Readygo]Image 2016-09-24 01-54-54
2人の相変わらずの仲の良さを見ることが出来て嬉しいですね。

[Readygo]Image 2016-09-24 02-00-09[Readygo]Image 2016-09-24 02-00-31
ヒョソンジウンを操る「バビドルごっこ」も楽しい
[Readygo]Image 2016-09-24 01-55-40

笑顔の絶えない2人でした。
[Readygo]Image 2016-09-24 01-55-23

この日は他に、Sleepy兄さんも応援に来てくれました
[Readygo]Image 2016-09-24 01-59-48

ジウン:「Bobby Doll」ダンス練習動画&21・22日楽屋画像

Secret : ジウン、ソロ活動情報
09 /23 2016
160923news_1474528147__m.jpg
昔のシクリの寮の入り口(嘘)

ビエピヒョソンのときはあれほど遅かった、
ダンス練習動画がリリース後4日で早くも公開。
バックダンサーを含むフォーメーションは見る必要あるけど、
ジウンの動きだけではいえば、
一番「ダンス練習動画見てもなぁ・・」というものなのに何故だろう?


改めて確認してみると、ホント、ジウン「センター固定」です。
[Readygo]Image 2016-09-23 15-29-38
[Readygo]Image 2016-09-23 15-29-45
[Readygo]Image 2016-09-23 15-29-57
[Readygo]Image 2016-09-23 15-30-02
[Readygo]Image 2016-09-23 15-30-07
[Readygo]Image 2016-09-23 15-30-27

そして1回だけ(向かって)左サイドに移動
[Readygo]Image 2016-09-23 15-30-38
[Readygo]Image 2016-09-23 15-30-42
[Readygo]Image 2016-09-23 15-30-47
[Readygo]Image 2016-09-23 15-30-52
・・が、すぐに定位置に戻る。

[Readygo]Image 2016-09-23 15-30-55
このフォーメーションパターンは、
ソナム「I Like U Too Much」ニュッサンのラップパートと同じ。

[Readygo]Image 2016-09-23 15-31-00
ほぼセンター据え置きジウンですので、
これだけでダンス練習動画を終わりにしないで、
「目線バージョン」も出してほしいですよね。

21日のShow Champion楽屋画像
160923101626936_2.jpg160923101627283_3.jpg
160923101627658_4.jpg160923101628096_5.jpg
160923101628535_6.jpg160923101629100_7.jpg
160923101633457_9.jpg160923101633936_10.jpg
160923101629606_8.jpg

22日M ! Countdown楽屋画像
160923101634997_12.jpg160923101635491_13.jpg
160923101635918_14.jpg160923101636379_15.jpg160923101636842_16.jpg
160923101700751_18.jpg160923101701136_19.jpg160923101701540_20.jpg
160923101701948_21.jpg160923101702365_22.jpg

ジウン:9/22 M ! Countdown 「オアシス」「Bobby Doll」

Secret : ジウン、ソロ活動情報
09 /23 2016
160922Cs7rjqjVUAEJWjf.jpg
フリルがついてれば「バービー」っぽいということで良い?

22日はM ! Countdownでのカムバックステージ
今回も2曲ですが、「オアシス」は早くも短縮版


「オアシス」は上はT-シャツにロングスカート(かな?)
[Readygo]Image 2016-09-22 23-26-14[Readygo]Image 2016-09-22 23-26-07
[Readygo]Image 2016-09-22 23-26-25[Readygo]Image 2016-09-22 23-26-33

「Bobby Doll」のほうはファンカムで、よりジウンの全身の動きがよくわかります。


[Readygo]Image 2016-09-22 23-26-55[Readygo]Image 2016-09-22 23-27-02[Readygo]Image 2016-09-22 23-27-07
[Readygo]Image 2016-09-22 23-27-12[Readygo]Image 2016-09-22 23-27-18[Readygo]Image 2016-09-22 23-27-38
[Readygo]Image 2016-09-22 23-27-43[Readygo]Image 2016-09-22 23-27-48[Readygo]Image 2016-09-22 23-28-08
ガーターストッキングのなんとなまめかしいことか・・

[Readygo]Image 2016-09-22 23-29-54
[Readygo]Image 2016-09-22 23-30-00
ダンサーの決めポーズも扇子をいかして、
広がりをもたせるものになっています。

[Readygo]Image 2016-09-22 23-28-28[Readygo]Image 2016-09-22 23-28-39[Readygo]Image 2016-09-22 23-28-51
[Readygo]Image 2016-09-22 23-28-56[Readygo]Image 2016-09-22 23-29-22
[Readygo]Image 2016-09-22 23-29-34[Readygo]Image 2016-09-22 23-29-39
ジウンの挑発的視線特集

ショーケース「Bobby Doll」オフィシャル動画


最後にジウンのウインク
[Readygo]Image 2016-09-23 00-07-50
[Readygo]Image 2016-09-23 00-07-54

ソナム:ナヒョン主演でソナム全員WEBドラマに出演決定!

SONAMOO:Green Moon Rising !
09 /22 2016
160922Cs609LAVIAAdlLi.jpg
22日に驚きのニュースが入ってきました。

ソナム全員でドラマ出演。
しかも主演はナヒョン


と言ってももちろん地上波でもケーブル局でもなく
WEBドラマのお話しなんですけどね。

タイトルは「ザ・ミラクル」
ナヒョンは国内最高級の人気を博すガールズグループ、
「ミラクルガールズ」(いかん、笑ってしまった)のセンターで、
性格も容姿も全く違う二卵性双生児の姉妹という設定。
ナヒョンの役名がクォン・シア
姉なのか妹なのかわかりませんが、
美人でエゴイストという役回り。
ただ、反対の性格の双子が入れ替わってしまうというお話なので、
そうでないほうの性格を演じることが多くなるということなのかな?
二卵性ということだからナヒョンが一人二役ということではなく、
姉妹のうちもう一人(クォン・シエン)は他の誰かがやるというと・・
「美人」の反対なわけですので、そちらのほうは、
コメディエンヌの、ホン・ユンファさん
160922NY01.jpg
「明日は始球王」で公開プロポーズされとった子だ。
(日本で言うと「おかずクラブ」のオカリナさんみたいなポジション?)

他にBOYFRIENDドンヒョンがイケメン高校生ハン・ギョソク役で登場
16029222016092200093602091_2.jpg
スポーツ万能、成績優秀だけど性格に難ありという役どころらしい。

肝心のソナムの面々の配役ですが、
こちらは現段階でわかっているのは
ニュッサンが「ミラクルガールズ」のリーダー、アラ役ということだけ。
マンネをリーダー役に抜擢ですかー、それ面白いですね。
まぁ、他のメンバーも概ねは「ドリームガールズ」の一員ということになるんだろうね。

ナヒョンスミン「幽霊を見る刑事チョヨン」以来の2度目のドラマ出演。
他のメンバーはもちろん初めて。
ソナムのみんながどんな演技を見せてくれるか今から楽しみです。
(特にミンジェディエナ

なおWEB上での公開は年内中の予定。

ジウン:9/21「Show Champion」カムバックステージ 「オアシス」「Bobby Doll」

Secret : ジウン、ソロ活動情報
09 /22 2016
160921Cs2wgaaUEAEobhU.jpg160921Cs2wgavUsAEiUwp.jpg
ヒョソンの活動中のときのように、毎回のステージ衣装を、
インスタでアップしてくれると嬉しいんだが・・・


21日は「Show Champion」のカムバックステージ。
初回ですので当然2曲披露

まずは「オアシス」から


今回のロングスカートの衣装いいですね。
[Readygo]Image 2016-09-22 03-03-52
画面で全身のアップがなかったのが残念ですが、
これは是非、生で見てみたい。

[Readygo]Image 2016-09-22 03-03-48
[Readygo]Image 2016-09-22 03-03-56
[Readygo]Image 2016-09-22 03-07-25
「Bobby Doll」のイメージで、ヘアスタイルは決まっているんだろうけど、
この前髪の分け方は、「オアシス」の曲調にもマッチしているから不思議。

この分け方、私はかなりはまっているんですが、
2012年の「これくらいのサヨナラ」の時の感じに近いからだった。
16092220121207-130322.jpg
最初に生で見たジウンがこれだったからね。
印象が強いわけです。

「Bobby Doll」のほうはというと・・・


衣装は冒頭の画像の通り
160921Cs2wgaJUIAAH_s0.jpg
ピンクのふわふわスカートがいかにもバービー(ダークじゃないけど)。

前回はほぼジウンアップにキャプチャを終始したので、
少しダンスフォーメーションを意識して見てみました。
[Readygo]Image 2016-09-22 03-04-00
[Readygo]Image 2016-09-22 03-04-05
[Readygo]Image 2016-09-22 03-04-09
[Readygo]Image 2016-09-22 03-04-13
今回のダンスの特徴は、ジウンが横にほとんど動かないこと。
センターの椅子のラインで前後するばかりです。
[Readygo]Image 2016-09-22 03-04-17

唯一横への動きがあるのが2分過ぎくらいのところのみ
[Readygo]Image 2016-09-22 03-04-35
でも、またすぐに椅子の延長線上に戻っています。

ステップ(足の動き)については、
「Twenty Five」から「ニウンダンス」を省略したような感じですが、
今度じっくり検証してみよう。
[Readygo]Image 2016-09-22 03-04-21
[Readygo]Image 2016-09-22 03-04-26

見せ場というほどのもんじゃないけど、
この扇子の使い方は美しい(ジウン見えてないけど)。
[Readygo]Image 2016-09-22 03-04-31

日本でのリリイベもバックダンサー引き連れてこないといかんね。

そして、やはりジウンアップもキャプチャしてしまう私
[Readygo]Image 2016-09-22 03-05-04[Readygo]Image 2016-09-22 03-05-11[Readygo]Image 2016-09-22 03-05-19
[Readygo]Image 2016-09-22 03-05-31[Readygo]Image 2016-09-22 03-05-38[Readygo]Image 2016-09-22 03-05-49
[Readygo]Image 2016-09-22 03-05-54[Readygo]Image 2016-09-22 03-06-02[Readygo]Image 2016-09-22 03-06-07
「我が家のハニーポット」のレビュー書いてた頃の感覚が甦る・・・


ジウン:9/21MV BANK STARDUST & MTV THE SHOW画像追加

Secret : ジウン、ソロ活動情報
09 /22 2016
[Readygo]Image 2016-09-22 03-06-49
ステージと違い素顔のジウン・・いい!

「Bobby Doll」絶賛活動中のジウン
21日はShow Championに出演していますが、
先にKBS2の「MV BANK STARDUST」のトークコーナーから。


「Bobby Doll」だけでなくドラマ「我が家のハニーポット」のことにも触れております。
[Readygo]Image 2016-09-22 03-06-22[Readygo]Image 2016-09-22 03-06-27
[Readygo]Image 2016-09-22 03-06-31[Readygo]Image 2016-09-22 03-06-37
MCのテンションに乗せられてジウンも楽しそうですね。

ちなみに、日本でのリリイベでは「オ・ボム」にちなむプレゼントを持っていく予定。
来週、渡韓するときに大阪に一旦帰るのでその時に購入せねば。
(渡すのがリリイベ最終日なので先を越されないことを願う)

20日のMTV THE SHOWの公式のステージ画像と、ビハインド画像もアップされてました。
160921Cs33wYzUEAQtxhE.jpg
160921Cs38ai1VUAA8ioy.jpg160921Cs36D9OUsAEK7E6.jpg
160921Cs38fsGUsAAUgg5.jpg160921Cs38hw4UkAAMZWa.jpg
160921Cs331S_UIAAiaKn.jpg160921Cs335ItVUAA54A7.jpg
160921Cs339jKUkAAt0dG.jpg160921Cs356QEUEAAYrIN.jpg
160921Cs359IJUIAAdnEu.jpg
160921Cs30uhJUIAAgTe0.jpg160921Cs30vrgVIAAihTw.jpg160921Cs30xggVIAAL2bO.jpg
160921Cs30y3pVMAAHU0k.jpg160921Cs31SZZUEAAxqTh.jpg
160921Cs31QruUMAAhsRJ.jpg160921Cs31WD7UAAAK74o.jpg
160921Cs31UYVUsAAxeVS.jpg

このペースで活動期間すすむと、どれだけの画像になるのやら・・・

オマケ:プレス向けショーケースのフォトタイムの動画アップされてました


スミン:9/21「ほわほわドゥラン」第3回 よい子のオンニ♪スミン

SONAMOO:Green Moon Rising !
09 /22 2016
[Readygo]Image 2016-09-22 03-14-00
こーゆーポーズがまた似合う

ディズニージュニアチャンネル「ほわほわドゥラン」第3回
今回も「よい子のオンニ」スミンの可愛さ炸裂。


Tシャツの色が毎回違いますが、
粘土でアルファベット作っているのだけは「まとめ」撮りのようですね。
(そこだけ毎回Tシャツの色が同じ)
[Readygo]Image 2016-09-22 03-12-32[Readygo]Image 2016-09-22 03-12-39
[Readygo]Image 2016-09-22 03-12-45[Readygo]Image 2016-09-22 03-12-53
「子供向け」の表情の作り方に「あざとさ」がないのがスミンの魅力

[Readygo]Image 2016-09-22 03-13-02[Readygo]Image 2016-09-22 03-13-16
[Readygo]Image 2016-09-22 03-13-08[Readygo]Image 2016-09-22 03-13-21
今回の粘土細工は番組内の3Dアニメの登場人物(とカバ)

[Readygo]Image 2016-09-22 03-13-30[Readygo]Image 2016-09-22 03-13-38
[Readygo]Image 2016-09-22 03-13-43[Readygo]Image 2016-09-22 03-13-53
いつものように「腹話術もどき」ですが、今回は顔を隠していたので不自然さは減少

こちらは「大人の」ミンジェ
160922Css0HmeUsAAXQNO.jpg
 
ジウンのショーケースの時のミンジェとの2ショ
160922Csy_h5OVMAIQccm.jpg

JTBC「ガールスピリット」第10回歌唱曲紹介② ユジ 原曲の見事な昇華で決勝進出

SONAMOO ミンジェ出演:JTBC「ガールスピリット」歌唱曲聞き比べ
09 /22 2016
[Readygo]Image 2016-09-22 00-52-39
後半の爆発力はボヒョンに負けず劣らず

JTBC「ガールスピリット」第10回歌唱曲紹介の2人目は、
ボヒョンに続き決勝進出を決めたBESTieユジ
[Readygo]Image 2016-09-22 00-52-42
ユジが感謝を贈ったのは自分自身に対して。
その道のりを確かめるように歌ったのがgod「道」(2001年)


この曲、オリジナルがgodですから、
男性5人のボーカル廻しで歌われます。
しかもたっぷりラップパートもあります。
さらにメインボーカルのキム・テウはとんでもない高音の持ち主。
それを女性1人で歌うのは、原曲のまんまでは到底無理。
ユジは絶妙のアレンジで、
まるで女性ソロボーカリストのためにあるような歌に仕上げました。
[Readygo]Image 2016-09-22 00-52-47
そして後半はトレードマークのハイトーンでパワフルなボーカルをたっぷり聴かせて、
観客を魅了しつくしました。
[Readygo]Image 2016-09-22 00-52-51
観客の中のこの女の子の涙が印象的でしたね。

点数はボヒョンには及ばないものの172点で2次審査も含め2位
これでA・B組それぞれから2人ずつの決勝進出者が決まりました。
A組からはLovlyz.Kei、OhMy Girl.スンヒ
そしてB組がボヒョンユジです。
ここまで見てくればこれは極めて妥当な結果ですが、
これまでの4人の総得点を見てみると、
ボヒョン 901. 0点
Kei    900. 0点
ユジ   823. 5点
スンヒ  801. 5点


と、ボヒョンスンヒの間にかなり開きがあることがわかります。
そして番組開始時のルールではこの4人で決勝を争うはずだったのですが、
前回急きょ「ワイルドカード」として、あと1人、追加選出することが決定。
まぁ、熾烈を極めた「死のB組」
決勝に進めなくなる1人を救済する名目であることは明らかですので、
順当にいけばソジョンが選ばれるはずなんですが、
最後の最後で、意外な「はずし」をしてしまったので、
最終発表があるまでは予断を許しません。
(多分「波乱」はないだろうけど)

オリジナル曲貼るの忘れてましたね。


godのバラードナンバーにハズレなしです。
どの曲を聴いても、5人の絶妙なバランスが心地よい。



JTBC「ガールスピリット」第10回歌唱曲紹介① ボヒョン まだ思い出すと鳥肌が立つ・・そんなステージでした

SONAMOO ミンジェ出演:JTBC「ガールスピリット」歌唱曲聞き比べ
09 /22 2016
[Readygo]Image 2016-09-22 00-51-57
オーケストラ(弦楽団)をフル配備するに値する感動のステージ

いよいよグループ戦最後となった、
JTBC「ガールスピリット」第10回。
B組の「感謝ソング」です。
最初は何を差し置いてもSPICAボヒョンを聴いてもらうしかありません。

[Readygo]Image 2016-09-22 00-52-03

歌ったのはアン・ジェウク「チング」(2003年)
共に夢を追い歩んできた友に捧げます。

これもはや「陽の当たらないガールズグループにチャンスを」ってレベルの
遥か彼方にいってますね。
グルのイ・ジヘ「あなた(ボヒョン)はこちら側に座るべきだ」と言わしめたほど、
ベテランも脱帽の歌唱力と表現力です。

ミンジェは胸が締め付けられ、
[Readygo]Image 2016-09-22 00-52-00

B組ライバルのユジソジョンはその重圧にたじろぎ、
[Readygo]Image 2016-09-22 00-52-08

OMGスンヒは大きなため息の後、うつむいてしまいます。
[Readygo]Image 2016-09-22 00-52-16

ジンソルは感嘆の声をあげ、
[Readygo]Image 2016-09-22 00-52-12

ソヨンは画面にくぎ付けに・・・
[Readygo]Image 2016-09-22 00-52-20
ジンソルソヨンは自分がどうカメラに映っているかなんて
かまってられないくらいボヒョンの歌に没入していますね。

全体4分20秒の中で2分30秒あたりから4分までの時間。
私はこれを「奇跡の90秒」と呼びたい。
約30秒単位でヤマ、ヤマまたヤマ。
まるで北アルプスを縦走するかのように、
何度も頂きが続くボヒョンのボーカルのとんでもない迫力
[Readygo]Image 2016-09-22 00-52-24
大げさに言えば、「ガールスピリット」はこの90秒のためにあったと言ってもいいくらいに、
ボヒョンはひとつの伝説を作ったと言えます。
もし、これを自分が生で聴いていたらどうなっていただろう?
[Readygo]Image 2016-09-22 00-52-28
そら、友人も泣くわなぁ。

この曲についていえば、オリジナルを貼る意味がないほどに、
ボヒョンの歌が優れています。
アン・ジェウクさんの歌ももちろんいいんですよ。


そもそもこれが曲自体が美しいというのはありますね。
アン・ジェウクさんは、これをその美しさのままに歌い上げていますが、
ボヒョンは後半で、それを美しさ以上のものにしてしまいました。

[Readygo]Image 2016-09-22 00-52-32
これだけの歌唱を聴かせれば1位になれないはずがない。
ということで、得点187点。2位に15点の差をつけての圧勝で、
もちろん2次審査でも一位
A組一位のKei168点でしたから、その凄さがわかるというもんです。
(実は2位もKeiより上ですので、B組の恐ろしさもわかります)

次の記事で詳しくは書きますが、ボヒョンは当然決勝に進出。
果たして他の決勝進出者はボヒョンを超えることができるのでしょうか?

駿太、今季初の殊勲打! 首位攻防天王山の裏でこっそり連敗ストップ

オリ達!2016 オリックス・バファローズ勝利の軌跡
09 /22 2016
after_160921.jpg
今年も期待されながらレギュラー確保には至らず・・・

福岡での最後のホークス3連戦は、
優勝を目指すチームとそうでない最下位脱出も見えないチームの差が露骨に出て、
初戦、ディクソン、2戦目山田が攻略され連敗。
3戦目はホークスキラー西が、初回の中島の3ランのリードを守り、
7回まで2失点でマウンドを降りたあと、8回は何故か佐藤達。
案の定と言うか四球2つ与えて降板。
その場は平野が凌いだものの、回跨ぎの悪影響か9回に同点に追いつかれドロー。
延長に入って、吉田一将、海田、塚原が無失点で抑えただけに、
8回に継投に疑問符がつきました。
で、20日のホームでのライオンズ戦初戦は、
ルーキー青山が初登板でしたが、初回にメヒアの3ランが出てジ・エンド。
その後も東明はともかく、岸田・髙木が滅多打ちくらい合計11失点で惨敗。
それにしても山川穂高に打たれすぎです。

引き分けを挟んで3連敗で迎えた21日のライオンズ戦2戦目。
先発は松葉。
160921Orix02.jpg
7回まで投げて2失点されるも11奪三振とライオンズ打線を翻弄

[Readygo]Image 2016-09-21 22-57-59
5回から7回までは五者連続三振
その回に3連打で同点には追いつかれましたが、
一打逆転のピンチで一番金子を三振に斬って取りました。
[Readygo]Image 2016-09-21 22-58-56
糸井と1個差と熾烈な盗塁争いをする金子を
一度も出塁させなかったのもエライ

勝ちはつきませんでしたが、ゲームをつくるピッチングでした。

打線は初回に安達が内野安打で出塁して、吉田正尚がライト線に痛打
160921Orix03.jpg
これでまず初回に先制し、
3回は糸井がヒットから3塁に進んでT-岡田の犠牲フライでもう1点。
しかし、そこから5回の満塁のチャンスで中島が凡退するなど
追加点を奪えないうちに同点に追いつかれます。

8回に吉田一将が三者凡退でライオンズの追撃をかわした後、
裏の攻撃でT-岡田、中島が牧田から連続死球。
[Readygo]Image 2016-09-21 23-00-05
[Readygo]Image 2016-09-21 22-52-30
中島の死球では一触即発のムード。
因果はめぐるというか・・・中島がライオンズのユニフォーム着ているときは、
オリックス相手のこれやってましたね。
中島の恫喝で牧田がビビったわけではないでしょうが、
西野が真ん中低めの球をクリーンヒット
160921Orix01.jpg
これで一死満塁で、左の小島は三球三振。
次打者右の園部に代打を出すにも、打率2割以下の駿太しかいない状況。
しかし、この福良采配が大ヒット!
[Readygo]Image 2016-09-21 22-53-30
駿太はフルカウントから真ん中スライダーをライト前にクリーンヒット
これで2者が還って2点追加。さらに若月の打球をショートがエラーしてさらに1点。

9回は平野が完璧に抑え、5対2で勝利。
[Readygo]Image 2016-09-21 23-02-33

これで残りゲーム8つ全部勝てば昨年の勝利数を上回りますが、
まぁ・・無理だろうな。

21日は一つ残念なニュースが。
小松聖投手が今季限りの引退を表明。
2008年の15勝3敗と2位躍進の原動力になり新人王も獲得。
翌年にはWBC代表にも選出され連覇に一員にもなりましたが、
そこから歯車が狂い始め、満足に活躍したシーズンはありませんでした。
昨年は後半に中継ぎながら復活の可能性も見せ、初セーブもあげましたが、
今年は登板機会も一段と少なくなり引退決意となりました。
bb-090126-01-ns.jpg
ホームゲームで引退登板するでしょうね(もちろん先発で)
お疲れさまはそのときまでとっておきます。

22日の先発は小松とともに2008年に10勝カルテットを作り上げた金子千尋
(というか、これでカルテット最後の1人になるわけだ)
明日勝ってライオンズ戦勝ち越しを決めてくれ!


ソナム:9/19「海兵隊教育訓練団慰問公演」雨も蒸発するような熱気あるステージ

SONAMOO:Green Moon Rising !
09 /21 2016
[Readygo]Image 2016-09-21 11-21-33
広報の仕事ってつまりは慰問公演のことなのか?

ソナムが広報を務める「海兵隊教育訓練団」2度目の慰問公演です。


今回は結構な雨の中でのステージです。
[Readygo]Image 2016-09-21 11-21-27
[Readygo]Image 2016-09-21 11-23-29
とはいえ、ステージは屋根がかかっていて、濡れることはなかったようです。

曲の方は「I Like U Too Much」「Round N Round」
そろそろ他の曲のステージも見てみたいな。

音楽番組と違って、兵隊さんの熱気に煽られてか、
前回もそうですが、ステージの躍動感があって、見栄えが良い。

[Readygo]Image 2016-09-21 11-22-27[Readygo]Image 2016-09-21 11-22-44[Readygo]Image 2016-09-21 11-22-52
[Readygo]Image 2016-09-21 11-23-00[Readygo]Image 2016-09-21 11-23-08[Readygo]Image 2016-09-21 11-23-44
[Readygo]Image 2016-09-21 11-23-58[Readygo]Image 2016-09-21 11-24-05
[Readygo]Image 2016-09-21 11-23-16[Readygo]Image 2016-09-21 11-24-19

前回は曲間にゲームコーナーがありましたが、
今回は簡単なMCのみ。
[Readygo]Image 2016-09-21 11-24-29[Readygo]Image 2016-09-21 11-24-36[Readygo]Image 2016-09-21 11-24-42

「Round N Round」ニュッサンの安定の美しさ
[Readygo]Image 2016-09-21 11-24-53[Readygo]Image 2016-09-21 11-25-01
[Readygo]Image 2016-09-21 11-25-08[Readygo]Image 2016-09-21 11-25-19
[Readygo]Image 2016-09-21 11-21-50
スミンのジャンプも相変わらず高い

[Readygo]Image 2016-09-21 11-21-54
こうしてカムバックまでの間、各地で慰問公演するというのも、
人気の底上げという意味では重要だし、
いいステージを続けていくことはソナムのスキルアップにもありますね。

ジウン:9/20 MTV THE SHOWカムバックステージ「オアシス」「Bobby Doll」2曲披露

Secret : ジウン、ソロ活動情報
09 /21 2016
[Readygo]Image 2016-09-21 10-32-58
エンディングでジウンの顔を隠す大胆な演出

公開日から音楽番組のカムバックも始まった、
ジウンの2ndミニアルバム「Bobby Doll」
「オアシス」「Bobby Doll」の2曲披露で、
まずはMTV THE SHOWからです。


初回から画像が良くて嬉しい。
「オアシス」はバックバンドを従えているので、
ショーケースのときのような「寂しさ」はない(照明のおかげもある)。
[Readygo]Image 2016-09-21 10-29-18[Readygo]Image 2016-09-21 10-29-26
[Readygo]Image 2016-09-21 10-29-33[Readygo]Image 2016-09-21 10-29-39
[Readygo]Image 2016-09-21 10-29-51
歌声よりもこのジウンの美しさに意識がいってしまいました。

「Bobby Doll」は扇子を効果的に使ったダンス
[Readygo]Image 2016-09-21 10-30-17[Readygo]Image 2016-09-21 10-30-24
[Readygo]Image 2016-09-21 10-31-00[Readygo]Image 2016-09-21 10-31-08
[Readygo]Image 2016-09-21 10-30-42
[Readygo]Image 2016-09-21 10-32-13
[Readygo]Image 2016-09-21 10-32-37
[Readygo]Image 2016-09-21 10-32-49
[Readygo]Image 2016-09-21 10-31-28[Readygo]Image 2016-09-21 10-31-40
[Readygo]Image 2016-09-21 10-31-45[Readygo]Image 2016-09-21 10-31-53
日本でのリリイベでもこの扇子を持参して応援する人が多くなりそうですね。
ダンスフォーメーションはジウンの動きを最小限にして、
バックダンサーを動かす方式。
少し物足りない気もするけど、ステージに華やぎはあるし、
ジウンの表情をじっくり追えるので、これもまたよし。
160920CsxuCiyWIAEk66z.jpg
今後のステージでの衣装のバリエーションも楽しみです

ジウン:9/20 2ndミニアルバム「Bobby Doll」ショーケース

Secret : ジウン、ソロ活動情報
09 /21 2016
160920Csy6YRiVIAEOsBc.jpg
スミンとミンジェも応援に駆け付けました。

20日に毎度お馴染みYES24ムーヴホールで行われた、
ジウン2ndミニアルバム「Bobby Doll」のショーケース。
韓国芸能記事もこぞって取りあげてくれています。

まずは、ファンカムでその様子から

「Bobby Doll」

数人だけだけど、公開初日に掛け声しているファンの根性に感服しました。

「オアシス」

この曲、ステージにジウン1人というのは少し寂しい
ジウンが踊る必要はないけど、背後にダンサー配してもよかったかも。

「ケンチャナヨ」(ダイジェスト)


スミンミンジェがステージに上がっていますね。
進行台本を手にしていることから察するに、MCを担当したのでしょう。
この日のショーケースはプレスリリースとファン向けの2回で、
プレス向けの方は男性のMCだったので、
ファン向けのショーケースのMCを任されたということ。
これは初めての試みで、嬉しいサプライズです。
[Readygo]Image 2016-09-21 10-14-37
[Readygo]Image 2016-09-21 10-14-44
[Readygo]Image 2016-09-21 10-14-48
次はソナムのショーケースでシクリのメンバーによるMCを見てみたいですね。

プレス用ショーケースはファン向けとは衣装が違います
16092020160920_1474338031_36781500_1_99_20160920140306.jpg16092020160920_1474338526_58550600_1_99_20160920140306.jpg
160920201609201142774271_57e0a2d1dc0f0.jpg160920201609201142774271_57e0a2d07857d.jpg
2016092011241063306_1.jpg
201609201116130510_1.jpg
160920201609201157771558_57e0a5cba0a1f.jpg
160920201609201145362410_1.jpg
201609201124472410_1.jpg160920201609201142774271_57e0a2ce9b485.jpg
201609201118282410_1.jpg2016092011313998600.jpeg

20日には早速MTV THE SHOWでのステージもあり、
日本にリリイベに来るまで連日音楽番組でジウンの姿を拝めることになります。

プレス用ショーケースでの「Bobby Doll」とインタビュー動画



gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。