ヒョソン:仁川から上海に出発

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /28 2016
160527CjcBiJJVAAUi9ei.jpg
むしろ目立つ!

「M ! Countdown」の上海での収録のために、
27日のヒョソンは空路上海入り。

昼過ぎに仁川国際空港に姿を見せました。
201605271520570510_6.jpg201605271329440510_4.jpg
201605271405040510_3.jpg201605271326090510_1.jpg

撮られるだけでなく、しっかり自画撮りするのがヒョソンの持ち味
160527CjcBiI5UkAIJgop.jpg
160527CjcBiJTUgAATEI9.jpg
今回もバックダンサー「プレイガールズ」を従えての上海入り
160527CjcBiLuUUAI1ZnZ.jpg
それにしても、上から下まで見事な青系統でのコーディネート。
これ、空港で見たら、どんだけ目に眩しいことか。

そして、上海に着いてホテルにチェックインしたら、
すぐにVアプリでファンとコンタクト
[Readygo]Image 2016-05-28 00-13-21
[Readygo]Image 2016-05-28 00-12-08
常にファンとともにあるヒョソンです。

それにしても仁川から浦東のルートでしたかー、これは意外でした。
昼の時間に出発したということは、大韓航空ではなくアシアナ。
ということは、29日の帰国便は11時30分着の便かな?

これまで仁川の市街を散策したことなかったので、そのついでに行ってみようか?
もし、正確な情報掴めた人いたら、こちらのブログまでコメント下さい

「BEAUTY+」のグラビア・・・ヒョソンwithフルーツ
160527Cjco9vVVAAAmzvS.jpg160527Cjco9xcUYAAY1P4.jpg
201605271605774977_5747f25a96533.jpg201605271605774977_5747f25b84f36.jpg
そのパイナップルの使い方はどうなんだろうか?

さて、これで早朝には長野を出て、午後の便でソウル入りします。
29・30日については、PC環境が整ってない場合には
ブログの更新はお休みするかも知れませんので、ご了承下さい。
スポンサーサイト



SONAMOO:「花よりソナム」 ハイディ紹介回(MC:ウィジン)

SONAMOO:Green Moon Rising !
05 /28 2016
[Readygo]Image 2016-05-26 03-14-40
最強スマイル「同い年」コンビですね

かれこれ1か月前の分ですが、
「花よりソナム」のメンバー紹介のラストを飾ったのは「愛しの」ハイディ

まず、ハイディのアップがなんとも愛らしい
[Readygo]Image 2016-05-26 03-18-57
[Readygo]Image 2016-05-26 03-26-07[Readygo]Image 2016-05-26 03-26-09
[Readygo]Image 2016-05-26 03-26-11[Readygo]Image 2016-05-26 03-26-18
カメラに近づいてペロッと舌を出す仕草のとき、
思わず「うぉー」って言ってしまいましたよ。

で、MC担当のウィジンも、ハイディの話題を受けてのリアクションがとても良い。
「動きが多い」のはナヒョンと同じだけど、
ナヒョンが自由に動いているの対して、ウィジンは場の空気にあわせて動いている感じです。
[Readygo]Image 2016-05-26 03-29-53[Readygo]Image 2016-05-26 03-38-39
[Readygo]Image 2016-05-26 03-38-43[Readygo]Image 2016-05-26 03-28-50

でも、ハイディ「MCが助けてくれない」と愚痴ったときは・・
[Readygo]Image 2016-05-26 03-38-20
[Readygo]Image 2016-05-26 03-38-23
さすがに、この少し「ムッ」とした表情に。

メインボーカルのハイディですので、
歌に絡む話題が多かったのも、今回の特徴
中盤の「ハイディのお気に入りソング」紹介は少し間延びしたものでしたが、
ハイディウィジンが時折、流れる音楽に合わせて歌を口ずさんだりと、
なかなかほんわかとした雰囲気。
ハイディが歌っているシーンだけ動画にまとめてみました。

SONAMOO over flowers High.D sings some songs 投稿者 dm_50842e92a1b7d

前半のフリップトークの中で、「I Do I Do」のステージにたったときの話がでていましたが、
[Readygo]Image 2016-05-26 03-21-02
2013年の年末のステージ、1回だけですが、
映っているソナムのメンバーはこんな感じ
160527SN01.jpg
ナヒョンはがっつりセンターポジション

160527SN04.jpg
ウィジンはいい表情していますね。

160527SN09.jpg
ニュッサンは後列だったようですが、背が高いので少しジャンプすれば目立ちます。

160527SN08.jpg
ハイディも結構映り込んでいたんですが、
髪が真っ黒ということもあって、今とだいぶん雰囲気が違う。

160527SN10.jpg
右端の人がスミンに見えるけど、違うよね?

さて、ハイディの回は、メンバーの中で最も時間が長くなりましたが、
最後のコーナーの「ハイディのメイクアップ術」やたら長かったせい。
[Readygo]Image 2016-05-26 03-37-12
[Readygo]Image 2016-05-26 03-37-53
ウィジンをモデルに好き放題でした。
でも、この同い年コンビもタイプはかなり違うのに仲がいいなぁ。

ソナムの中ではミンジェの次くらいに「しゃべりたがり」ハイディ
そのわりには中身がとりとめなくなったり段取りがグズグズになることも多いんですが、
ソナム「縁の下の力持ち」ウィジンがいいペースメーカーになってくれましたね。

さて、いよいよ、本日28日の夕方、
初めの見るソナムのステージに私は間に合うのか?

SONAMOO:「花よりソナム」 ディエナハーフマラソンに挑戦・・の回だけど、実質ニュッサンとナヒョンのグダグダ話の回

SONAMOO:Green Moon Rising !
05 /27 2016
[Readygo]Image 2016-05-26 03-58-10
名目はディエナの応援ですが、彼女が走るシーンはございません。

「花よりソナム」で、まだ記事にしていない回が、6回残っていますが、
やっと、Vアプリから直接キャプチャする段取りができたので、
遅ればせながら記事にしていきます。
ただし、アップ順は古い順ではなく、作業が終わったものから順次アップしていきます。

ということで、まずは22日にディエナがソウル市内で、
ハーフマラソンに挑戦した回
160526CjX3LceVEAA36Re.jpg
NIKE主催の女性だけのレースだったようですね。

160526CjX3PCGUoAAY7VL.jpg
スタート直前のディエナ、やはりひときわ目立ちます。

CjEEQDgWEAAZLlI.jpg
ソルバンウルならどこにディエナがいるかわかりますね?

で、実際にディエナが走っているところを
メンバー応援するのかというと、そういうことではなく。
[Readygo]Image 2016-05-26 03-46-49
[Readygo]Image 2016-05-26 04-04-25
ディエナが登場したのは最初と最後くらいで、
スタート前にアップをしないといけないので、
実際に話をしていたのは応援に来たナヒョンニュッサン
[Readygo]Image 2016-05-26 03-55-42
[Readygo]Image 2016-05-26 03-53-43
ディエナのアップする姿を後姿で撮るのも、他のランナーに邪魔なので、

[Readygo]Image 2016-05-26 03-56-02[Readygo]Image 2016-05-26 03-56-04
[Readygo]Image 2016-05-26 03-56-16[Readygo]Image 2016-05-26 03-57-13
[Readygo]Image 2016-05-26 03-57-25[Readygo]Image 2016-05-26 03-57-34
2人で離れたところでずっとグダグダ喋っていました。

朝早いせいか、いつものことか、
とにかくナヒョンに落ち着きがなくテンションが高い。
そのへんのところ動画にまとめてみました。

SONAMOO over flowers NaHyun high tension cut 投稿者 dm_50842e92a1b7d
※無料ツール使っているので下にロゴが出てしまっています

[Readygo]Image 2016-05-26 04-08-56
スタートまでは映してましたが、レースそのものは全カット。
まぁ、いろいろ「大人の事情」があるのでしょう。

で、無事に完走したディエナを労うナヒョンニュッサン
[Readygo]Image 2016-05-26 04-11-17
[Readygo]Image 2016-05-26 04-12-37
[Readygo]Image 2016-05-26 04-13-02
[Readygo]Image 2016-05-26 04-13-29

こちらが完走記念にディエナが貰ったネックレス
CjEFIq7WgAIkSWI.jpg
160522CjDVYK1UYAEM9QP.jpg
「花よりソナム」で最大の収穫である「仕切れるニュッサン」を今回も発揮
ハイテンションで動き回るナヒョンを尻目にクールに的確に場をもたせていましたね。

動画全編はこちら→その1 その2



ジウン:雑誌「SURE」グラビア 大人の美しさ

Secret : ジウン、ソロ活動情報
05 /27 2016
201605251518580310_1.jpg
こちらは「大人でない」可愛さ・・これもジウンの魅力

「SURE」6月号に掲載されたジウンのグラビア写真
160526JN03.jpg
シリアスな表情の「一味違う」ジウンです。

160526JN01.jpg
「あれ?ヒョソン?」という感じの衣装とポーズ

160526JN04.jpg
ジウンのグラビアでこれだけ身体的な美しさを演出したのは初めてかも?

160526JN02.jpg
眉毛がやや濃くて長めなのが印象的

160526JN05.jpg
160526JN06.jpg
引き締まった筋肉質なイメージを目立たせるのはホント珍しい

普段のユーモア溢れ、親しみやすいジウンと違い、
硬質な色気を醸し出す、違った一面を見せてくれました。
年齢を重ねていく中で、歌も演技もグラビアも、
ますます「新しいジウン」に会うことができそうです。

28日に久々の「生」ジウンの歌声を聴けることを祈る

ヒョソン:新水木ドラマ「ウォンテッド」キャスティングかなり注目されてます

Secret:ヒョソン、ドラマ出演情報
05 /26 2016
160526JHS12.jpg
ヒョソン、キム・アジュンはじめ出演者会しての台本読みがもう始まっています。

25日に公表されたキム・アジュン、オム・テウン主演の
SBS新水木ドラマ「ウォンテッド」へのヒョソンの合流。

既に韓国芸能記事では大きな話題となっています。
「ガールズグループのメンバーであるからきれいに見せようとしていないかという懸念されたが、
ヒョソンは全くそうではなかった。その役割に引き受けるように演技しようとする姿勢が良かった。
また本当に演技の練習をたくさんしたということが感じられるほど上手だった。
良い演技を見せてくれるものと期待される」
というドラマ関係者の台本読みでのヒョソン評が載ったり、
ヒョソンに取材し、「最初のミニシリーズに加え、素敵な先輩たちと一緒に仕事ができて嬉しくときめく。
作品に迷惑をかけないように熱心にがんばる」
というコメントをとっています。

また、ヒョソンも自身のファンカフェへの書き込みで、
「封印解除」というタイトルで、ドラマ出演のことを明かし、
「歌謡界では中堅アイドルだと言われていますが久しぶりに末っ子の方になるから
新人になった気分です。まだ学ばないといけないことがたくさんあって
もっと成長できそうです」
と抱負を語っています。

ヒョソン演じるパク・ボヨンはTV局の制作スタッフにして、天才ハッカーという能力を持ち、
チョン・へインキム・アジュン)の誘拐された息子を探すサポートをする役。
もう一人の主役、TV局プロデューサー、シン・ドンウクオム・テウン)や、
捜査を担当する江南警察署刑事、チャ・スンインチ・ヒョヌ)に準ずるくらいに出番が多そうで、
これらベテラン俳優陣と絡むシーンも多くなりそうです。
イメージ的には「幽霊を見る刑事チョヨン」のときのハン・ナヨン
チョヨンをサポートしたようなポジションでしょうか。
ただあのときは幽霊とはいえ女子高生だったのが、今回はTV局スタッフ。
そのあたりの変化をヒョソンがどのように演じるかも楽しみです。

オマケ:bntのヒョソングラビア
160526JHS01.jpg160526JHS02.jpg
160526JHS03.jpg160526JHS04.jpg
160526JHS11.jpg
160526JHS05.jpg160526JHS06.jpg
160526JHS07.jpg160526JHS08.jpg
160526JHS10.jpg
160526JHS09.jpg


ヒョソン:最新情報:SBS水木ドラマ「ウォンテッド」に出演決定! キム・アジュンと共演・・・「全私」が狂喜!

Secret:ヒョソン、ドラマ出演情報
05 /25 2016
201605251300778166_574524d2a7c5a_99_20160525140805.jpg

本日(25日)、ビッグニュースが飛び込んできました。
以下、記事の自動翻訳引用


[OSEN =パク・チニョン記者]
ガールグループシークレット、ヒョソンが「ウォンテッド」に出演する。

25日放送関係者によると、チョン・ヒョソンはSBS新しい水木ドラマ「ウォンテッド」
(脚本ハン・ジワン、演出バク・ヨンスン)にバク・ボヨン役にキャスティングされ、
最近台本リーディングを終えた。

ヒョソンが引き受けたバク・ボヨンは、インターネットを介して追跡するホワイトハッカーで、
ヘイン(キム・アジュン)の誘拐された息子を探すための、
インターネット上の手がかりを追跡する役割を担っている。
ヒョソンは「ウォンテッド」の中で重要な役割を担うことになる。

ヒョソンはOCN「チョヨン」とKBS連続ドラマ「猫はいる」で演技に挑戦したが、
平日ミニシリーズの演技は今回が初めてである。
関係者によると、チョン・ヒョソンが台本リーディング時、期待以上の演技力を見せてくれて
製作陣に厚い信頼を得たという裏話だ。

「ウォンテッド」は、国内最高の女優が誘拐された息子を見つけるために
生放送番組で犯人の要求に応じて、ミッションを実行するリアリティスリラードラマで、
ヒョソンのほか、キム・アジュン、オム・テウン、チ・ヒョヌ、イ・スンジュン、
キム・ソニョン、バクヘジュン、バクヒョジュなどが出演する。
来る6月22日初放送される。


引用以上(一部省略)

うわー、韓国内では、毎日ドラマよりも注目度の高い水木ドラマでの助演ですかー。
しかも、キム・アジュンとの共演だなんて・・うれし過ぎる!!
私の中では、まるで「盆と正月」が一緒に来たような大騒ぎ状態です。

このドラマのことをキム・アジュンさんニュースで記事にしたときは
レビューするかどうか迷っていましたが、
これはもう確定です。難しそうなストーリーですが、レビューやります!

5/28「uクリーン青少年文化コンサート」 また出演グループ追加

Secret : ジウン、ソロ活動情報
05 /25 2016
201605241051779817_5743b3de0322f.png
「運動するダルメシアン一匹」
相変わらずユニークなジウンのキャプション

28日にソウルワールドカップ競技場南側ブリッジ特設会場で開催される、
「uクリーン青少年文化コンサート」
その第2部のほうに、TSエンタからUntouchableソナムジウンが出演する予定ですが、
昨日(24日)になって、またポスターが変更され、出演者が追加されていました。

board_img_20160524134314_1111.jpg
すごい人数が増えてしまって、Untouchableの2人とソナムの写真が小さくなっちゃいました。
ちなみに、ジウンの写真が「Twenty Five」から「YooHoo」の時のものになったのは、その前の変更から。
こちらも、何故「より古いもの」にしたのが理由がわからない。

で、私がかろうじて見に行ける第2部のほうの出演予定がどうなったかというと・・
board_img_20160524134314_1.jpg
パク・ボラムはそのままで、新たにハローヴィーナスが加わっています。
そして、表記順が、最後のイベントっぽいものを除くと、
パク・ボラム→Untouchable→ハロビ→ソナムジウンと変更になっていて、
これがそのまま「出演順」だとするならば、
私はソナムジウンのステージにはなんとか間に合うのではないかと期待がもてます。

ちなみに、第一部の方では、現在兵役中の、東方神起チャンミン
SUPER JUNIORシウォン、ドンへが服務先であるソウル警察広報団としてステージを準備したりと、
一般的にはこちらのほうが注目度は高そうです。

ジウンソナムのステージが見られれば、
ソウル到着初日にして、「元はとった」気分になれるんですけど、
さて、どうなりますか・・・。

ヒョソン:bntメイキング 美しすぎるので2回にわけて②

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /25 2016
160525JHS28.jpg
こちらは24日のインスタ画像

ヒョソン「bntグラビア」メイキングキャプチャ画像続き

160525JHS13.jpg
160525JHS14.jpg
160525JHS15.jpg
160525JHS16.jpg
160525JHS17.jpg
160525JHS18.jpg
160525JHS19.jpg
160525JHS20.jpg
160525JHS21.jpg
160525JHS22.jpg
160525JHS23.jpg
160525JHS24.jpg
160525JHS25.jpg
160525JHS26.jpg

ただただ、ヒョソンの美しさを愛でるだけの芸のない記事ですが、
私が幸せだから、これでいいのだ。

私は28日に一昨年の10月以来のソウル行きとなりますが、
その日のヒョソンは上海でのM ! Countdownの収録。
ということは、翌日の29日は空路で金浦か仁川に帰ってくるわけだ。
28日の出発か到着の動画や画像がネットでアップされれば、
どちらの空港か推測できるし、利用航空会社もわかるので、
「空港で出待ち」ができるかも?

ヒョソン:bntメイキング 美しすぎるので2回にわけて①

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /25 2016
160525JHS06.jpg
極上のヒョソン

いつも美しいグラビアで定評のあるbnt
ヒョソン撮影時のメイキング動画が公開されています。


これが、もう実に美しい。
どの瞬間をとっても極上のヒョソンがそこにあります。
僅か1分30秒ですが、キャプチャしていると
あっという間に枚数を重ねてしまいました。
とはいえサイズを小さいものにしてしまうのも勿体ないので、
ナガブロの横サイズギリギリの大きさで、2回にわけて貼り付けます。
160525JHS01.jpg
160525JHS02.jpg
160525JHS03.jpg
160525JHS04.jpg
160525JHS05.jpg
160525JHS07.jpg
160525JHS08.jpg
160525JHS09.jpg
160525JHS10.jpg
160525JHS11.jpg
160525JHS12.jpg

ここから後半へ。

ヒョソン&ナヒョン:「出発!ドリームチーム2」(前編) ナヒョンもっと頑張れ!

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /24 2016
160524JHS01.jpg
160524NH08.jpg
ヒョソンはちゃんと紹介されてましたが、ナヒョンはスルーでした(おいっ!)

22日に放送された「出発!ドリームチーム2」は、
ヒョソンナヒョンが参加した済州島での企画の前編。

ヒョソンは赤チームのリーダーで、
対する青チームのリーダーはワンダーガールズヘリム

早速、前編のヒョソンナヒョンの編集動画をどうぞ

160522 Dream Team Season 2 Ep.335 HyoSeong... 投稿者 dm_50842e92a1b7d


ヒョソンはリーダーとして2つの競技に参加。
一つ目は風船早割対決、相手はもちろんヘリム
160524JHS08.jpg160524JHS09.jpg
ポンプで送り込まれる空気で風船がどんどん膨らんで、
1回戦はヒョソンの風船が先に割れて勝利

しかし、2・3回戦では、
160524JHS10.jpg160524JHS11.jpg
残念ながらヒョソンは連敗してしまい、このゲームは敗北。

もうひとつは、やはりヘリムと対決の、「手を使わないでズボン履き対決」
その前に「柔軟対決」をしましたが、
160524JHS12.jpg160524JHS13.jpg
こちらは前屈開脚では互角でしたが、立位開脚でヒョソンの足が上がり切らず負け。

こちらも「3本勝負」で、ヒョソンが先勝。
160524JHS14.jpg
そーいや「知ってる兄」でも似たようなことやってけど、
あのときは脱ぐ方でしたね。
※追記、「知っている兄」も最初は「履く」対決でした。
Penguin☆바완さんご指摘ありがとうございます


2回戦はジャージでなく何故かモンペ
160524JHS15.jpg160524JHS16.jpg
ヒップの下までは速かったですが、そこから苦戦して僅差負け。

そして最終ラウンド
160524JHS17.jpg
どんなゲームであれ、いつも真剣モードのヒョソン

160524JHS18.jpg
今度は実に美しいポーズで足もあがっていましたが・・・

160524JHS19.jpg
最後はほんの僅かの差でヒョソンが負けてしまいました。

さて、ナヒョンの方はというと、「水風船籠受け対決」にエントリー。
160524NH05.jpg
もちろんナヒョンが投げる方です。
160524NH06.jpg
籠に入っても、そこで風船が割れてしまって上手くいきません。

160524NH07.jpg
結局、相手が数で1つ上まわってナヒョンも敗北。

160524NH09.jpg
申し訳なさそうな表情してたけど、
TV的にはもうちょっと「はじけた」方がよかったよな。

折角の対決シーンでもそうだけど、ソナムの身内だけでいるとき以外のナヒョンは大人しすぎ。
いくつかの「映り込み」シーンでもどこか「借りてきた猫」のようです。
160524NH01.jpg160524NH02.jpg
160524NH03.jpg160524NH04.jpg
これだとカメラもなかなか抜いてくれないし、
アピールのチャンスを逃してしまいます。

先日のディエナのハーフマラソン参加のVアプリでは
異様に高いテンションではじけていましたが、
160522CjBFsDFUYAAePVB.jpg
※このことについても後日アップしますね。

どうも、ソナムメンバー全員が「内弁慶」になっているようで心配です。

そのへん、ヒョソンはさすが年季が違います。
160524JHS02.jpg160524JHS03.jpg
160524JHS04.jpg160524JHS05.jpg
160524JHS06.jpg160524JHS07.jpg
常に番組を楽しんで、それを大きな動きと表情で示しているから、
ほっておいてもカメラが寄ってきます。
このへんの姿勢、是非ナヒョンに学んでもらいたいところです。

22日放送分のラストはヒョソンチームがやっと勝利し、
160524JHS20.jpg
何故か「マジック」の「オモオモダンス」を踊って終了。

次回29日放送の後編は、私自身がソウルにいる日なので、
キャプチャー等の作業ができないので、記事アップは少し遅れます。


23日のヒョソンツイッター画像は練習室での一枚。
201605231737470310_1.jpg
上下ピンクのコーディネートがオシャレ


大河ドラマ:「真田丸」第20話「前兆」 撮影スタッフの力量で表情演技の凄味が増す

2016年大河ドラマ「真田丸」
05 /23 2016
160522SM03.jpg
おこうさん、信幸の「世話役」ということで残るという設定だが、
昌幸の亡き兄の娘なんだから、さすがにそんな粗略な扱いではなかったろう。

第20話の最初の部分は、昌幸一行の帰国と、
稲姫(小松姫)の輿入れから婚儀のくだり。
おこうとの離別について責任逃れをしようとする昌幸と、
世継ぎとしての運命として受け入れる覚悟を決め、
おこうに詫びる信幸という対比を描くことは良そうでできましたが、

さすがにこれは思わず吹き出してしまった
160522SM01.jpg
稲姫の輿をかつぐ従者が、その後姿を見ながら肩をふるわせて泣いている。
このごっつい後姿から、それが父平八郎忠勝であるとすぐにわかる。
変装してまで娘の輿入れについてくる溺愛パパというすげーフィクション!

ただ、この後にそれに気づく昌幸というシーンは蛇足だったかな。
160522SM02.jpg
いっそ「ネタばらし」しないままのほうが面白かったと思う。

今回も上田城シーンは少なく、大半が聚楽第での描写。
後陽成天皇の行幸から茶々の懐妊までの流れでは、
160522SM04.jpg
寧々と阿茶局と茶々の「女子会」のシーンがいい味だしてました。
阿茶局が寧々の「成り上がり」をやんわりと揶揄すると、
それに大らかに返す寧々。
この寧々の鷹揚で見栄をはらないキャラが今回のストーリーのポイントになります。

壁の落書の犯人探しのくだりで重要だったのは、「刀狩令」を、
「奪われる」側の視点から描いたことですね。
大谷刑部と三成が、「集めた刀剣を大仏造りの釘にする」というやりとりをしているのをフリにして、
160522SM06.jpg
落書の嫌疑がかけられた尾藤道林が、
「刀狩で存在価値を失った存在」と自らを語ります。
太閤検地、刀狩令と続く秀吉の政策は兵農分離の徹底であるとともに、
地侍・国人層の解体にあるわけですが、それにより時代から取り残される者を描くというのは、
これまでの大河ドラマではあまりなかった構図
(あえて言えば、「黄金の日々」がそれに近いです)

今回、犯人探しの中で、小一郎秀長が、仲介の労をとるために、
サラッと登場していますが、既に病がかなり進行している状態。
160522SM05.jpg
秀長が小田原攻めの前に没してしまうことで、
三成たち官僚が頼るべき存在を失い、豊臣家の前途が暗くなることを暗示していますね。
(前にも似たようなシーンはありましたが)

もうひとつ言えば、秀次も頼りないながらも、
きりへの好意から信繁の手助けをして、
「人柄の良さ」を視聴者に印象付けていってます。
160522SM07 (1)
この描き方だといわゆる「殺生関白」的な流れにもっていかずに、
豊臣政権の最大の被害者として描く可能性もありますね。
(三谷さん的思考法だと「殺生関白」がそもそも史実でないので、
そのパターンを採用しないと考えていいと思います。)

今回は茶々の懐妊により心の平衡を失い始めた秀吉を見事に描き出していますが、
小日向さんの演技の素晴らしさはもちろんですが、それを撮影する側の演出力も光っていますね。
160522SM07 (2)
160522SM09.jpg
160522SM10.jpg
心の闇を印象づける照明の使い方に惚れ惚れします。

それに対して、寧々の方で
160522SM11.jpg
明るい色調での穏やかな表情で対比を演出しています。
今まで色んな人が寧々を演じてきて、「快活」「気さく」というイメージが一定のパターンでしたが、
(吉行和子さんだけは「徳川家康」で、そこに「慧眼」の要素をいれていましたね)
この鈴木京香さんの寧々は、「秀吉の本質を根っこのところでつかんでい」て、
天下人へ登りつめることの不安を感じながらも、支えついていこうという意思を感じさせます。
これは「おんな太閤記」での佐久間良子さんが演じたパターンではありますが、
あのときは寧々が主人公でしたから、それだけ寧々を掘り下げて演じる必要性があったわけでして、
今回の場合は重要であるとはいえ、脇役なのに寧々の語る秀吉観にすごい説得力をもたせています。

登場以来ここまでのところだけでも「この寧々はいいなぁ」と思っていましたが、
今回で、私の中では鈴木京香さんの寧々が歴代でもトップにしたいと思いました。

今回の意を決した三成の諫言もよかったですね。
160522SM12.jpg
信繁がそれを言おうとしたときに、それを制して、
秀吉の間違いを諭そうとする。

160522SM13.jpg
そして寧々の仲裁で、政治生命(というか命そのもの?)を失わずにすむわけですが、

「豊臣家のため」という三成にとっての至上命題が、
張本人たる秀吉によって崩されんとするジレンマへの苦渋がよく表れていました。
160522SM14.jpg
秀吉の死後のほうが、そのようなジレンマがなくなって、
むしろ自分の為すべきことが明確になるようにつなげていくのでしょうが、
今後、三成が秀次の件や朝鮮出兵で苦しみながら務めを果たしていき、
それによって清正など「旧友」と訣別していくことが描かれるとなると、
かなりの尺を三成に割くことになって、「これ群像劇?」ってなるんじゃないかと心配でもあります。
同時に、それぐらいたっぷりと描いて欲しいと思えるくらいに、
この山本耕史さんの三成にも魅力があります。

さて、これから登場する人物のキャスティングも発表されていましたが、
先週のニュースで驚いたのが、
「呂宋助左衛門」が出てくること。
しかも、「黄金の日々」と同じ松本幸四郎さんキャスティング。
160523d0027301_2326594.jpg
38年ぶりの登場となるわけですが、
これは三谷さん自身が「黄金の日々」をリスペクトしているが故。
いわゆる「カメオ」的な登場にはなるでしょうが、昔からの大河ドラマファンとしては、
とても嬉しいニュースです。

ちなみに、最近その「黄金の日々」がCSの時代劇チャンネルで総集編の放送されていましたが、
フィリピン、ルソン島のシーンをちゃんとフィリピンロケやって、
フィリピンの俳優も使って撮影していたのにはびっくりしました。
(しかも、タガログ語に字幕つけて)
大河ドラマでの海外ロケは「獅子の時代」でのパリロケが最初だと思っていただけに、
意外な発見ができて満足でした。

その「時代劇チャンネル」では6月から「草燃える」の総集編が始まります。
私にとっては大河ドラマ最高傑作の一つですので、とても楽しみ。

ヒョソン:5/22 tvN「コメディビッグリーグ」出演

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /23 2016
CjDavDEUYAA_q8X.jpg
こちらは、22日のヒョソンのツイッター画像
MBCの「マイリトルテレビ」の収録のようです。


22日夜放送のtvN「コメディビッグリーグ」
ヒョソン、コントシーンでのゲスト出演です。
1時間強の番組なので、いろんなシュチュエーションでコントを演じると思いきや、
ヒョソンが出演したのは、予告にもあった1コーナーのみでした。


3分弱の登場シーンでしたが、
ヒョソン「ベーグル(ベビーフェイス+グラマラス)」の魅力満載です
160523JHS01.jpg160523JHS02.jpg160523JHS03.jpg
160523JHS04.jpg160523JHS05.jpg160523JHS06.jpg
160523JHS07.jpg160523JHS08.jpg160523JHS09.jpg

それにしても、これは共演者の超役得
160523JHS10.jpg
160523JHS11.jpg

「微乳」な方との組み合わせというのは
もはやヒョソンを起用する際の「鉄板」ですね。
160523JHS12.jpg

この勢いで、シットコムっぽいドラマのオファーこないかな。
ヒョソンは似合うと思うんだが。

ジウンのんびり休暇中

Secret : ジウン、ソロ活動情報
05 /22 2016
160522JN01.jpg
ソナムのカムバックの次はジウンなのか、シクリなのか?

「我が家のハチミツの壺」の撮影が終わってそろそろ1か月。
この間、シクリとして釜山でのステージに立った以外は、
基本のんびり羽を休めているジウン
その様子をインスタのほうでたくさんアップしてくれていますね。

160522JN04.jpg
160522JN05.jpg
160522JN06.jpg160522JN07.jpg
160522JN02.jpg160522JN03.jpg

次の2枚は、このようなキャプションつき
一枚目「貝焼き食べたかった彼女たちは」
2枚目「仁川に走っていったという」
160522JN08.jpg160522JN09.jpg

ドラマ収録の間の半年間は、
ほぼ自分の時間というものもなかったと思うので、
今のうちに行きたいとこいって、食べたいもの食べておいて下さいな。

日本にもフラッと遊びにきてくれたらいいのにね。

ヒョソン:SNLコリア 5/21放送分 石と芋が飛び交うスタジオ

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /22 2016
160522Ci_dskFUoAAT_Yh.jpg
今回は黒でシックに


まずは、ヒョソン出演シーンの編集動画から

160521 SNL Korea HyoSeong Cut 投稿者 dm_50842e92a1b7d

前回はゲストが濃かったですが、
今回もゲストの一人、女優のナム・ボラさんが濃かった。
160522JHS01.jpg
160522JHS02.jpg
160522JHS03.jpg
「何かが憑依してる」設定かな?
目の前に積み上げた石(レプリカ)をビュンビュン投げてました。
ナム・ボラさんはヒョソンと同い年で、代表作が「太陽を抱く月」のミナ王女役。
・・なんですが、そのことも今回の他のコーナーではネタにしていたようですね。
160522JHS05.jpg
160522JHS06.jpg
ナム・ボラさんの「突き抜けた」キャラ設定にヒョソンもびっくりしていましたが、
他のコーナーでは、もっと凄くて
160522782436262.jpg
こんな感じで目ん玉剥き出していました。

160522JHS04.jpg
来週の収録のタイミングで、私はソウルにいるわけですが、
出待ちするには遅すぎるんだよなぁ。


オマケ①:5/20放送の「オプションSHOW」で、
前回放送の未公開シーンがちょこっとだけ流れていました。

160520 Welcome Show ep.3 HyoSeong Cut 投稿者 dm_50842e92a1b7d
コーナーの移動のときに、イ・ソジンさんが、
ヒョソンと照れながら会話しているのが印象的。
イ・ソジンさんって以前、好みのタイプとして、
ボミニヒョナソシサニーの名を挙げていましたが、
タイプ的にはヒョソンもどストライクってことになるかな?

オマケ②:bntグラビアの追加分
160519JHS001.jpg
160519JHS002.jpgCikK7T1UYAAj06D.jpg

SONAMOO:「花よりソナム」11・12回 とりあえず悔しい

SONAMOO:Green Moon Rising !
05 /21 2016
160520Ci0MGmhVEAAqm66.jpg
あと10日ほど遅かったらよかったのに・・・

私のブログでは更新が滞っていますが、「花よりソナム」Vアプリで続いております。
youtubeのほうでのアップが第7回以降止まってしまって、
それ以前のものも削除されてしまいました。
自分でソフト購入してVアプリ動画からDLしてキャプチャするしかないんですが、
まだその余裕がないので、詳細な記事はしばしお待ちを。

第10回では、スミンミンジェで、「ミンジェの大学訪問&爆食」企画→こちら

関連公式写真&セルカ
160520Ci4k3ukVAAANliY.jpg160520Ci4k4bLUUAALv6V.jpg
160520Ci4kWDfVEAAUno3.jpg160520Ciusg1sVEAEKQLo.jpg
160520Ci4lC-xVAAAXf99.jpg160520CiuKpvYW0AAGfUs.jpg

そして、第12回はミンジェハイディによる「メインボーカル散歩」→こちら

散歩といいつつ、ずっと同じ場所にいます。
その場所がここ
160521CIMG1873.jpg
これ、私が一昨年前の6月に撮った写真
まぎれもなく、このベンチで2人で話していますね。
動画の中でも紹介している通り、TSエンタ事務所の道路向かいに公園です。
一昨年前、私はここに初めて来て、3時間ほどのんびり時間を潰していたのでした。
160521CIMG1872.jpg
そんときの「昼食」がこれ(哀)
残念ながら得るものはなかった滞在でしたが、閑静な住宅地
(大使館密集地なので外国人専用のアパートもあります)の中にあり、
のんびり時間を過ごすには結構いい場所です。
(シタ・ソルバンウル・ベイビーで「詣で」た方はたくさんいると思いますが)

何が悔しいって、来週の日曜日(29日)は、
これといって予定がない限り、この公園でのんびり過ごすつもりであること。
そのタイミングで、このライブがあればすごくラッキーだったのに・・・。
ただ、ソナムのカムバック準備が進んでいるので、MV撮影でもない限り、
レコーディングで事務所にいる可能性は大きいんですが、さてどうなるでしょう?

160520Ci4lVftVAAAk7pP.jpg160520Ci4lSayUkAEUb1C.jpg
160520Ci4lNxxUYAE8H75.jpg160520Ci4lNjQUoAY_PQ4.jpg
よりによってミンジェハイディとは悔しさが3倍増です。

Vアプリで「花よりソナム」が続いている中、
ウィジンが何故かファンカフェ動画でピンポイントダンス披露

こちらも、第7回のときの「あみだクジ」で決まった個別企画の一環ですかね?
ということは、まだ他のメンバーのも出てきますね。
ニュッサンの順番が楽しみです。

オマケ:最近のツイッター写真その他
160516CikxnUuUkAA7B-H.jpg
160517CipTzuDVEAAlwdh.jpg160515Cie7-qNUoAE3bK1.jpg
160515Cie76K9U4AExLIG.jpg
160520Ci4W6v3UoAEI1Li.jpg

ヒョソン:5/22も「ヒョソンデー」、バラエティ番組2本に出演

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /21 2016
Ci5_4UjUkAAaIJ6.jpg
よっ!働き者

21日の恒例「SNLコリア」の他に、
22日はヒョソンがバラエティー番組に2つ出演。

一つは以前からお知らせしている通り、
KBS2「出発!ドリームチーム2」
22・29日と2回に分けての放送になります。
こちらはソナムナヒョンも出演するのでとても楽しみ。

済州島での収録の様子がファンカムでアップされています。
結構前にアップされているので、多くの人がもう見ていると思いますが、
その一部を貼っておきます。


先輩と一緒でナヒョンが「借りてきた猫」状態?
160520CizgwOoVEAAoKfK.jpg
ナヒョンはツイッターで番宣しています

こちらはヒョソンが収録参加後にアップしていた済州島でのオフショット
Ch7r-jKU4AA9wPC.jpgCh7r-mGU4AAODIp.jpg
Ch7r-jLUkAA6wxU.jpg

そして、もう一つは19:40からのtvN「コメディビッグリーグ」
こちらは予告動画あり


なんで今更「Good-night Kiss」
ヒョソンのコメディでのパターンと言えば・・・
160521JHS01.jpg
160521JHS02.jpg
160521JHS03.jpg
定番の「お色気」路線ですが、
ここんとこリアルバラエティやトーク番組が中心だったので、
純粋にコメディコーナーに出演するのは、昨年のSNLコリア以来。
これはこれで安定の「ヒョソン芸」を堪能するとしましょう。

対岸の火事ではない?missAジア脱退の衝撃

日々の雑感
05 /21 2016
2015040110555289214-540x397.jpg
よもや、昨年の「Only You」がラストになろうとは・・・

20日の韓国の芸能記事で一斉に報じられた衝撃のニュース
missAジア、契約満了でJYPを離れ、グループからも脱退」
NISI20160329_0011521165_web.jpg
所属事務所JYPの公式発表では、
残ったメンバーのスジ、ミン、フェイについては当面の間、
個人活動中心にすすめるとのこと。
これは実質的にmissAの「解体」を意味するのではないかと思います。

シクリから遅れること1年、2010年にデビューしたmissAは、
中国人2人(ジア、フェイ)、韓国人2人(スジ、ミン)のグループで、
デビューしていきなり音楽配信、音楽番組で1位を獲得し、
その後も2013年までは順調な音楽活動を続け、
出す曲は全てヒットし、数あるガールズグループでも別格の人気を誇るグループの一つでした。
しかし、デビュー当初から、メンバーの中でスジの人気が突出しており、
201605201443779086_573ea4ad5a2bc.jpg
ドラマ、映画、CMモデルなど、
韓国女性タレントの中でもトップクラスの存在に成長したスジと、
他のメンバーとのギャップは一般の人にとってもはっきりと映るものでした。
もちろん、ジアフェイも韓国だけでなく地元中国での仕事のオファーも多く、
スジほどでないにせよ安定した活躍を示していましたが、
残る一人のメンバー、ミンについては、
昨年のカムバック前から、「激太り」現象が見られるなど、
20150403133735_cotqbcth.jpg
他の3人に比べると単独の仕事が多いとは言えない状況でした。

2013年後半期の「HUSH」の活動後、
1年5か月のグループとしての長い空白を経て、
昨年3月にアルバム「Colors」と活動曲「Only You」を発表しましたが、
期待したほどの大きな反響はなく(チャート1位はとりましたが)、
その後は次の活動がないまま1年以上を経過し、今回のジアの脱退となったわけです。

2NE1MINZYの脱退の後、残った3人でのグループの存続を明言し、
年内にはカムバックが予定されています。
AFTER SCHOOLはメンバーの離脱が続く中、
2013年からグループとしての活動がなく、
個人やユニットの活動のみの状態。
そして、今回のmissAはグループ活動の当面の停止と、
2009~2010年デビュー組が契約更新の時期を迎えて、
新たな方向を模索する時期にきているようです。
(このことはシクリも含め何度か記事になっていますね)

今のところ安定して活動を継続しているのは、
韓国内で一定の人気をキープしている4MinuteSISTARそしてGIRL'S DAY
メンバー脱退を乗り越えたf(x)Nine Musesくらいで、
T-ARAの場合は中国での活動に活路を見出しています。
まぁ、これだけ残っているというのもスゴイことなんですが、
シクリがこの「安定した」グループに中には入れられないのもシビアな現実でして、
今回のmissAの事態が次に降りかかってくるのがシクリであることも否定できないわけです。

もちろん、シタ(シクリファン)の多くは、そのことを十分に感じつつも、
それが回避されることを祈りながら、メンバー個別の活動を全力で応援しているわけです。
中にはグループとしてのシクリが消滅したときに、
ファンであることを止める人もいることでしょう。
それもまたファンのとるべき行動の一つです。
他のグループの応援に専念する人、K-POPから足を洗う人・・
これもまた、各自の選択の自由というものです。

私自身は、妹グループ、ソナムの応援をしながらも、
ヒョソン、ジウン、ソナ、ハナちゃんが芸能活動を続ける限りは、
仮にそれがシクリというグループの傘を出た後でも応援し続けるつもりです。

金子千尋通算100勝!T-岡田2発の号砲でアシスト!

オリ達!2016 オリックス・バファローズ勝利の軌跡
05 /21 2016
after_160520.jpg
今後もオリックスを支えるべき2人が勝利の立役者

20日は京セラでのマリーンズ3連戦の初戦。
エース金子が自身通算100勝をかけて中5日で登板。

160520Orix02.jpg
初回こそ、2四球でピンチを作りましたが、
西野の好守備もあって無失点で切り抜けると、
6回までは被安打2、無四球でマリーンズ打線を封じます。

160520Orix05.jpg
7回に2死から3連打で2点を失い差を詰められますが、
最後の打者を三振にとり、後をリリーフ陣に託します。

8回にマウンドに上がった塚原は、2点を奪われ途中降板。
点差を詰められ、ホームランで同点という場面で、
佐藤達が久しぶりに勝ちパターンで登板。
当たっている鈴木大地は四球で歩かせるも、
2人を唸る直球で三振に切って取り、復活を印象付けました。

9回は平野が三者凡退で締め、金子に通算100勝をもたらしました。
160520Orix07.jpg


打線はクリーナップで6安打4打点と、きっちり機能。
特に2本塁打と2ベース1本のT-岡田の活躍が目立ちました。
160520Orix03.jpg
2回は先制のソロを左中間に放り込み、

3回はセンターオーバーのフェンス直撃の2ベースを放ち、
ブランコのタイムリーで糸井とともに生還。

5回にモレルのタイムリーで4点差にするも、差を詰められた7回には、
ヒットで出塁の糸井を置いて、内角のストレートを腕をたたんで右中間に運ぶ2ラン!
160520Orix06.jpg
失点分をすぐ取り返す活躍でチームを勝利に導きました。
それにしても、ホームラン、2ベースともに失投を叩いたのではなく、
決して楽ではないボールを遠くまで飛ばしていった技とパワーを兼ねそろえた打撃で、
T-岡田の好調ぶりが伺え、今年の飛躍を予感させます。
この好調を維持するためにも、多少の不調で変に悩まない姿勢をキープして欲しいものです。

160520Orix04.jpg
守備の面でも初回の西野の好プレーの他に、
8回も途中からサードの守備についた原拓が好プレーを見せ、
チーム一丸となって金子の100勝をアシストしました。

プロ入り11年目に100勝に到達した金子千尋。
かって中学生だった彼を塾で教えていた私としても感無量です。
大人しく穏やかな少年だった彼が、プロで100個の白星を勝ち取る投手になるとは、
「甲子園出場」「ドラフト一位」「プロ勝利」「最多勝2回」「防御率一位」「沢村賞」と、
その度に驚いていましたが、また新たな驚きを付け加えてくれました。

前にも書きましたが、金子が入団した年はオリックスブルーウェーブが消滅した年で、
彼はオリックスバファローズ最初のドラフト1位指名選手。
私はブルーウェーブが消滅すという、「阪急身売り」「ブレーブス消滅」以来3度目のショックで、
真剣にファンを止めようと考えてたのですが、
自分と関わりがあった金子が入団したことで、
オリックスバファローズを応援し続ける決意をしました。
彼のおかげで、今も阪急ブレーブスから一貫して
同一球団を応援することを止めないでいられるわけです。
160520Orix01.jpg
小さい塾でいつもマンツーマンで勉強を見ていたので、
「あのときの塾の先生だったオレだよ」と言ったら
思い出してくれるんではないかと今でも信じているのですが、
そんなことは関係なしに、これからも金子千尋の熱心なファンの一人として応援していきます。

おめでとう、ちーちゃん!

音狂時代:世界の音楽再訪② カザフスタン:Kesh Youは凄い!

音狂時代(新:世界の音楽)
05 /20 2016
160520KeshYou01.jpg
相変わらずメンバーの名前も曲名もよくわからんですが、凄いものは凄い

そもそもカザフスタンは弦楽器ドンブラの響きと、
弾き語りの歌声が素晴らしくて注目していたわけですが、

弦2本でこの美しい音色。

youtubeでカザフのドメスティックポップスを探しているうちに
かの国の2つのポップグループ、「Urker」「Kesh You」の素晴らしさに魅了されました。
そのうち男性3人組のUrkerはyoutube上では4年前のMVが最後のアップとなっているので、
最近は活動していないのかも知れませんが、
「Kesh You」(ケッシューと読めばよいらしい)のほうは、
メンバーの変更はあったもの現在も活発に活動中。
またグループを離れたZhanar Dugalovaさんも、ソロとして引き続き(カザフで)人気を得ています。

vS4GvmSzzHU.jpg

Kesh YouのMVで最初に見つけたのが、この曲で、

3人それぞれの声質を持ちながら、その全てが上質のボーカルで、
「こりゃ、いいもの見つけた!」と思わずニヤリとしてしまいました。

で、youtube上にはKesh YouのMVはたくさんアップされていて、
そのどれも素晴らしく、先の曲のような情感たっぷりのものもあれば、
カザフスタンの伝統的なサウンドを取り入れたものもあり、
あるいは、この曲のように、ポップス的な魅力溢れたものまで多種多様です。

この曲でもボーカルのレベルの高さを存分に味わえます。

で、一番度肝を抜かれたのがこれ。

衣装の美しさも目を引きますが、歌いだしの圧倒的な歌唱力、
そこからの怒涛の楽曲の展開と息つく暇もない密度の濃い楽曲です。
(メンバーの入れ替わりがあったからか、
三人三様のパワフルさは初期よりも薄れた感じはしますが)


で、最近の動向を調べて見ると、
相変わらず精力的に活動して優れた楽曲を発表し続けています。
2015年のKesh Youとしての楽曲としては、

このように、ややK-POPよりの楽曲や、

メンバーのビジュアルを全面的に打ち出しつつも、
カザフスタンの伝統的な要素はしっかり残した楽曲を発表しています。

(このMVのロケはカスピ海かね?アルマトイからもアスタナからもエライ遠いんだが)

Kesh Youを離れたZhanar Dugalovaのソロ曲も素晴らしい出来です。


この人が2013年加入後はグループでもメインボーカルだったようですね。

オマケ①:今回、カザフの女性ボーカルのMVをたくさん見た中で、
ひとつ面白いものを発見。

世界各国の衣装に扮しているようで、どうも日本の着物姿も取り入れているようですが、
その扮装が、「カザフではこのように見えているんだー」とちょっと驚いてしまうものでした。

オマケ②:こちらも新たな発見。独特の乾いたボーカルと美しいMVが素晴らしい


次回はカザフスタンの男性ボーカルやグループを追いかけます。

キム・アジュン:6月からのSBS新水木ドラマ「ウォンテッド」主役にキャスティング

田牧(元)校長の道楽
05 /20 2016
201605101711492710_1.jpg
まだ、このショートカットに違和感を感じる私です。

現在、映画「ザ・キング」撮影中のキム・アジュンですが、
6月22日から「タンタラ」の後枠として始まるSBS水木ドラマへの主演での出演が決定。

160519Wanted.jpg

前回出演作品「パンチ」に続いて、幼い子供がいる設定。
そして、ファンとして何よりも注目したいのが、役柄がトップスター。
これは超名作「アクシデント・カップル」以来の久しぶりの設定です。

ちなみに、2年連続でドラマ出演するのは、デビュー時の2004~5年以来。
同じ年に映画とTVドラマ両方で出演するのは、2011年以来です。
(ただし、2011年の映画「Amazing」の公開は2013年)

長年在籍したナム・アクターズから独立して個人事務所を立ち上げたばかりとあって、
近年にない活発な活動女優活動を展開しているようです。

ちなみにドラマ「ウォンテッド」は共演陣も私にとっては楽しみ。
オム・テウンさんは、2012年の映画「建築学概論」での主演、
チ・ヒョヌさんは、「イニョン王妃の男」での主演が印象深いです。

助演陣で確定しているのが、パク・ヒョジュ、イ・スンジュン、キム・ソニョンなど。
主演も助演も経験豊富な俳優がキャスティングされており、
重厚かつスリリングなドラマになるのではないでしょうか?

個人的には「パンチ」そして現在撮影中の映画「ザ・キング」と重厚なドラマ続きなので、
そろそろキム・アジュンのコメディエンヌぶりが堪能できるドラマを期待していたんですが、
これはこれで楽しみです。
とりあえず、レビューすべきドラマもない状態なので、
もしかしたらチャレンジしてみるかも知れません。

201603101111059910_101.jpg
201603101111059910_1.jpg
やはり、このヘアスタイルのほうがしっくりはきますが、
今度のドラマ見続ければ慣れるんでしょうね。

news20160420001s.jpg
それにしても今年の百想芸術大賞の司会はどうなった?


ヒョソン:SBS「同床異夢」本編未公開動画で「Pick Me」披露

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /19 2016
201605180932556710_1.jpg
韓国一安定感のあるMCユ・ジェソクさんと初2ショ

16日に放送されたSBS「同床異夢」の本編では放映されなかった、
ヒョソンの踊る「Pick Me」
番組HPに動画がアップされていました。

160516 Hyosung - "Pick Me" cut @ Same Bed... 投稿者 fytsfamily

もともと「プロデュース101」の中でどえらい人数で踊っていたものを、
ヒョソン1人で踊ったわけですが、
160519JHS01.jpg
160519JHS02.jpg
さすがヒョソン。一人でも十分にパワフルだし、
人数多すぎるよりかはこちらのほうがちゃんと見れてよろしい。

ということで、スタジオ参観の高校生たちも大喜び
160519JHS03.jpg

踊り終えた後のヒョソンの照れ顔もまた良し。
160519JHS04.jpg
160519JHS05.jpg
160519JHS06.jpg
160519JHS07.jpg

結局、このシーンは予告編には使われた割には、
本編未公開となってしまったわけで、
来週も引き続きヒョソンがゲストってわけではないようですね。

そのかわりに、22日・29日は「出発!ドリームチーム2」だ。


オマケ:
KBS主催のK-Pop World Festival in 昌原(チャンウォン)のヒョソン単独のメッセージ動画



これ、開催日が9月30日ですので、まだまだ先のことですね。

打線爆発!回跨ぎの9連打を含む18安打10得点の猛攻に守られ松葉約1年ぶりの勝利

オリ達!2016 オリックス・バファローズ勝利の軌跡
05 /19 2016
160518Orix04.jpg
待ってたよ!左のエース候補

東北遠征の2戦目は盛岡でのナイトゲーム。
オリックス先発は、ここ数回好投が続くも勝ち星に恵まれないサウスポー松葉。
このゲームでも持病の「四球病」は影を潜め、
7回までは与四球はたったひとつ。
被安打も5で、失点はホームランの1点のみ。
160518Orix01.jpg
大量援護に守られ、自己最長となる8回まで投げましたが、
その8回だけは四球での押し出しでもう1点失ってしまいました。
とはいえ、ほぼ完ぺきな内容で自身約1年ぶりとなる白星となり、待望の今季初勝利。
連戦が続いたときに必要な先発ローテのコマが1つ埋まりました。

9回は久々のコーディエの登板。
気楽な場面での調整登板でしたが、
ストレートが走り、三者凡退で投げ切りました。
コーディエの場合、ランナーが出てからの投球が不安視されているので、
まだ安心とは言えませんが、復調傾向にはあるようです。

打線はこれ以上はないという爆発で、3イニングで10点を奪う集中打。

口火を切ったのは2回のT-岡田の久々の一発
160518Orix05.jpg
このホームランの後、2死から、
ブランコ、伊藤、駿太の3連打で満塁(なんしランナーの先頭がブランコだから各駅停車)
そして、西野のヒットで2点追加
160518Orix02.jpg
1・3塁から走塁死で3アウトチェンジ。

続く3回も、安達、糸井と連打で、そこからモレル、T-岡田、小谷野が3連続タイムリー。
2回の4人、3回の5人と回を跨いで全て単打で9人連続安打。
プロ野球記録の10にあと1人でしたが、10人連続安打はともに1イニングの中でのことで、
フツーは打者アウトチェンジになることから回跨ぎでのここまでの連続安打はむしろレア。
それに、その10人の記録もオリックスがマリーンズとともに有している
(奇遇にもどちらも2010年6月7日に記録)ので、まぁよしとしよう。

猛攻は4回の攻撃も続き、2死満塁から小谷野の走者一掃の2ベースと、
ブランコのタイムリーヒットで計4点。
160518Orix03.jpg
序盤4回までで10得点とし、イーグルス則本を完全粉砕。
5回以降は4安打、3併殺とやや気の抜けた攻撃でしたが、
「大量得点の翌日は貧打に泣く」を一試合の中でやったと考えればよいでしょう。

幸いにも木曜日は移動日でゲームはなし。
金曜からのホームでのマリーンズ3連戦では気を引き締めていきたいところ。
前回の千葉での3連戦は、先勝するも、2つ続けて逆転負けをくらっているので、
再び好調の波に乗ってきた打線が効果的な得点をして、
見ている方がハラハラせずにすむゲームにして欲しい。
先発予想は、近藤一樹→金子→西。
対するマリーンズは木曜日の予告先発が涌井なので、
オリックス戦には登板なし(ラッキー!)
マリーンズの先発でオリックス相手に白星をつけているのは涌井(2勝)と大嶺(1勝)だけで、
大嶺は現在抹消中。仮に再登録となっても前回はKOしているので恐るに足らず。
初戦をとって、今度こそスイープを狙いたいところです。

ブランコ、相性の良い秋田で今季第1号!イーグルスに快勝

オリ達!2016 オリックス・バファローズ勝利の軌跡
05 /18 2016
after_160517.jpg
ディクソン→佐藤達→海田の1失点リレー

17・18日はイーグルス主催の東北遠征シリーズ。
17日は秋田でのゲームでした。

オリックス先発のディクソンは6回までは、被安打2、与四球3と危なげないピッチング。
併殺も3つとり、イーグルスにチャンスを与えませんでした。
160517Orix05.jpg
7回に2死2塁からタイムリーを打たれましたが、その1点だけの失点で後続に託します。
点差が開いていたので、8回は佐藤達、9回は海田と、勝ちパターンででない投手の登板でしたが、
ともにゼロに抑え、勝利に貢献。
特に佐藤達は、ストレートで空振り三振をとる力が戻ってきており、
岸田離脱後の勝ちパターン登板復活を予感させます。

打線は、2回に今季まだ無安打だったブランコの2塁打を皮切りに、
2死満塁とイーグルス先発塩見を攻め、
糸井のレフト前ポテンヒットでまず2点先制。
160517Orix04.jpg
2死だからこそ2点とれたラッキーな当たりでした。

7回は小谷野の2塁打から、一死後伊藤のセンター前ヒットでまず1点。
160517Orix03.jpg
伊藤には打率は低くていいから、こういうチャンスできっちり打って欲しい。

2死となって好調西野に打順がまわり、本日マルチとなる2塁打でさらに1点。
160517Orix02.jpg
西野が1番で好調でいてくれるので、得点力アップが期待できるのですが、
クリーンアップがもう少し安定した働きを示さないと、
塁に出た西野を還すことができません。

そして8回に、2死からのT-岡田の2塁打、小谷野のヒットで1点追加し、
ブランコのこすったような当たりが、レフトスタンド前列に飛び込み2ランホームラン
160517Orix01.jpg
これで7点目となり勝負を完全に決めました。

とはいえ、これで「ブランコもう大丈夫」とはまだまだ言えない状態で、
セリーグ時代に、打率4割7分、10打点とすごく相性の良い秋田の地という、
精神的なものがあったと思います。
しかし、足の状態は万全でなく、2ベースで出塁したあとも、
2死からのヒットで2塁からホームに戻れない状態です。
つまり、「還す人」になってくれる分にはいいのですが、
うかつに先頭打者で出塁しようもんなら、
早い回だと「置き物」になってしまう可能性もあるということです。

外国人打者が、どの選手も「決め手」に欠ける中、
元ドラゴンズのクラークの獲得を発表しました。
2013年に70打点25本塁打を残した実績があり、年齢もまだ29歳と若いので、
不調の外国人打者にかわる活躍を見せてほしいところです。

18日は盛岡でのゲーム。
オリックスは好投続くも勝ち星に恵まれない松葉。
イーグルスはエースの則本の登板です。
相手投手が優れていると、負けまいといいピッチングを見せるのが松葉の持ち味で、
4月29日も則本との投げ合いで五分の投げ合いをして、ゲームこそ勝てませんでしたが、
松葉自身には負けがつきませんでした。
今回も、則本に負けないような粘りあるピッチングを期待します。
打線は、前回は則本の立ち上がりを捉えて初回に3点を奪ったものの、後が沈黙。
今回は、効果的な追加点を奪って則本を立ち直らせるスキを作らない攻撃に期待したいところです。

ヒョソン:5/16 SBS「同床異夢」ゲスト出演

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /17 2016
160517JHS07.jpg160517JHS08.jpg
音楽番組出演が終わってからのバラエティー番組出演数がスゴイ

16日もヒョソンはTV出演。
SBSの「同床異夢」にコメンテーターでゲスト出演です。

この番組は家族間のちょっとしたトラブルを、
本人たちから話を聞きながら解決していこうというものらしく。
ヒョソンのシーンで登場したのは、「やたらに猫を飼う」母と、
それに迷惑している娘(娘は犬派なのかな?)というもの。

ヒョソンが喋っているシーンはちょっとですが、一応編集動画

160516 同床異夢@SBS HyoSeong Cut 投稿者 dm_50842e92a1b7d

シクリの中で唯一のネコ派がヒョソンというこもあって、
このテーマでキャスティングされたということかな?
160517JHS06.jpg
160517JHS09.jpg160517JHS10.jpg
160517JHS11.jpg160517JHS12.jpg
160517JHS13.jpg160517JHS19.jpg
160517JHS20.jpg160517JHS21.jpg
160517JHS22.jpg

とても気になったのは、
予告編でも番組の冒頭でも流れたヒョソンが踊るシーン
160517JHS23.jpg
今話題のI.O.Iの「Pick Me」を踊っていますが、
これ本編では使われず。
2016051611070844699_1.jpg
放送前の芸能記事では、
ヒョソンがダンスについて語っているシーンがあるようなんですが、
それらしいシーンも特になく、
これは来週の放映分も含めて収録されているということかな?

オマケ:swaggerのヒョソンポスター
CiYJf0DVEAA3wsS.jpgCiYJf1PUYAE5Dwx.jpg
CiYJf0IUoAAHftF.jpg
CiYJf2_U4AE98_f.jpg
※韓国行ったら、これガメできたくなるなぁ

ヒョソン:5/10、SBS「スターキング」ゲスト出演、めったに見れないヒョソンの踵

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /17 2016
160516JHS01.jpg
衣装は前回と同じ、つまりモロ「2本どり」

一週間遅れましたが、SBS「スターキング」でのヒョソン
今回の放送では合計4つあったコーナーのうち、最後の1つだけが、
前回と同じメンバーでの撮影らしく、ヒョソンがひな壇に座っています。

時間は長くないですが、まずはヒョソン登場シーンの編集動画。

160510 Star King@SBS HyoSeong Cut 投稿者 dm_50842e92a1b7d

ヒョソンが出ているコーナーは、
「美しくハイヒールを履くためのレクチャー」みたいなもんかな?
いつもヒールを履いてダンスを踊るヒョソンですが、
外反母趾気味なヒョソンですので、「×」マークがついてしまいます。
160516JHS02s.jpg
160516JHS03s.jpg
これほどヒョソンの踵をアップで見たのも初めてですが、
この足であれだけ激しいダンスをヒール履いて踊っていたとは、
尊敬を通り越して畏怖すら覚える。
160516JHS04s.jpg
くれぐれもカラダには気をつけて、無茶はしないで貰いたい。

で、ヒョソンがどれだけ足に負担をかけているかの実証で、
160516JHS05.jpg
ボールで足裏のツボを刺激してみると・・・
160516JHS06.jpg
160516JHS07.jpg
160516JHS08.jpg
余りにも痛みにヒョソン大絶叫です。

さて、済州島で撮影した「出発!ドリームチーム2」ですが、
今週22日と来週の2回に分けての放送だそうです。
番組HPのほうに、公式フォトがアップされています。
160517JHS01.jpg
160517JHS02.jpg
160517JHS03.jpg160517JHS04.jpg
ヒョソンが頑張って目立つのは当然として、
ナヒョンがどこまでたくさん映っていたかが気になります。

シクリ:5/13 釜山でイベントステージ アンコールあり5曲披露

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /16 2016
160516Sec02.jpg
ソナの久々の凱旋公演?

5月13日、シクリは釜山の韓国海洋水産開発院でのイベントステージ
今回は「I'm in Love」に始まって、
「Shy Boy」「星光月光」「Love Is Move」と恒例のヒットメドレー。
そして、会場の盛り上がりから、急遽アンコールを受けて「マドンナ」も披露。
セットリストはもはやマンネリではありますが、
会場の盛り上がりはかなりのもんです。
160516Sec01.jpg
160516Sec03.jpg
160516Sec04.jpg

まずは、1曲ずつ動画でどうぞ

「I'm in Love」

160513 Secret - I'm in Love 投稿者 dm_50842e92a1b7d

「Shy Boy」

160513 Secret - Shy Boy 投稿者 dm_50842e92a1b7d

「星光月光」

160513 Secret - Star Light Moon Light 投稿者 dm_50842e92a1b7d

「Love Is Move」

160513 Secret - Love Is Move 投稿者 dm_50842e92a1b7d

「マドンナ」

160513 Secret - Madonna 投稿者 dm_50842e92a1b7d

ファンカムなので画質は悪いですが、
客席に近いところに寄ってきたときに、それぞれのアップをとらえてはいます。
160516Sec05.jpg160516Sec06.jpg
160516Sec10.jpg160516Sec13.jpg
160516Sec07.jpg160516Sec09.jpg
160516Sec12.jpg160516Sec16.jpg
160516Sec15.jpg160516Sec11.jpg


後姿でもヒョソンのノっている雰囲気が伝わります
160516Sec08.jpg160516Sec14.jpg



大河ドラマ:「真田丸」第19話「恋路」 パクリではなくオマージュだと思います

2016年大河ドラマ「真田丸」
05 /16 2016
160516SM03.jpg
今回の最高のシーンはここでしたね。

19話のサブタイトルは「恋路」
信幸と稲姫の縁談話と、茶々の側室入りがストーリーのメインです。
幸いだったのは「きりの恋路」はほぼフィーチャーされなかったことかな?

まず、「目に入れても痛くない愛娘」を信幸に嫁がせることを命じられた
藤岡平八郎の苦悶の表情が予想通り(爆笑という意味で)素晴らしい。
160516SM02.jpg
160516SM04.jpg
160516SM05.jpg
予想していた通りの「がっつり」の大げさな表情で、
特に信幸を背後で唸りながら睨みつけているなんて最高!

160516SM06.jpg
ちなみに、「家康の養女にしてから縁組」は、
そういう説もあるけどってレベルなんですが、
今回はそれを採用してます。
昌幸が家康の与力大名ということを考えれば、
家康の家臣の娘では格が下がるので、養女というのは理屈に合います。

今回、「へー、そういう手できたか」と思ったのは、秀吉が茶々を側室にする過程。
160516SM01.jpg
公卿として京で政務をとるための屋敷「聚楽第」に、
茶々の部屋も準備していることを話す秀吉ですが、
司馬遼太郎の「豊臣家の人たち」では、官位のない茶々は聚楽第には行けず、
大坂城に留め置かれて、寂しさを感じたところこに秀吉が舞い戻って来て篭絡するという設定でした。
しかし、茶々が聚楽第に住んでいたという記録もあることはあるので、
司馬さんと違った解釈するのもアリです。
今回は、秀吉が茶々に「武具の蔵」に立ち入らせなかった真意を、
茶々が側室になる決断をする要因としています。
160516SM07.jpg
前半の「信繁と茶々の密会」を、後半で秀吉が茶々を口説き落とすフリにしておいたのも、
ドラマとしてよく考えられています(そこにつながると予想させないという意味で)。

160516SM08.jpg
160516SM10.jpg
また、寧々や三成が「茶々が側室になること」が豊臣家にとって、
大きな変化をもたらすことを予感しているあたり、
秀吉の死後の対立を「尾張(武断)派」と「近江(文吏)派」という図式だけで語らないようにも感じられ、
こちらも今後の興味をひきます。

今回で信繁を誘惑する茶々という展開は終了ですが、
160516SM09.jpg
「部署替え」になり離れる信繁に対し茶々が、
「私たちは同じ日に死ぬ」と未来を語ったのは、
「真田太平記」へのオマージュととっていいと思います。
「真田太平記」では信繁(幸村)が佐平次に言ったセリフで、
それが2人の最期をより感動的なものにしてくれています。
(ドラマよりも小説のほうが感動の度合いは濃いかな)

三谷さん、「新選組!」のときと違って、
今回は「この先の顛末を誰もが知っている」ことを前提にして、
そこに至るまでをどう描くかを視聴者に楽しませようとしてくれていますね。

そして、次回は茶々の懐妊から、秀吉の狂気の度合いが増す展開になるようですが、
予告編を見る限りでは、そこに信繁が絡み過ぎていてちょっと心配。


ソナム&ジウン:5/28にイベント出演、ワタシ見れるかも?

SONAMOO:Green Moon Rising !
05 /15 2016
CiFtR7EVEAAE1QY.jpg
運がいいのか、悪いのか

本日(15日)、デビュー500日を迎えたソナムですが、
28日に行われる、「uクリーン青少年文化コンサート」のステージに上がります。

こちらが、そのポスター
board_img_20160515161409_101.jpg
なんと、ジウン、そしてUntouchableも登場します。

このイベント、午後2時から始まって、午後6時まで。
2部構成になっていて、ソナムジウンは、
board_img_20160515161409_1.jpg
2部の方に出演(他にはパク・ボラムが出演)

ちなみに、このイベント10日に発表されたときには、
ent_20160510164412.jpg
ヒョソンが出る予定だったようなのですが、
15日に上記のポスターに差し替えられ、
ヒョソンに代わって、ソナムジウン、Untouchableが出ることになったようです。
主催者とTSエンタの間でどういった調整があったかわかりませんが、
これは私にとっては微妙にラッキーな状況。

というのも、28日から渡韓予定で、イベント当日にソウルにいるからです。
ただし、インチョン到着が15時35分
会場がワールドカップ競技場南側ブリッジの特設会場なので、
インチョンからA'REXでデジタルメディアシティ駅に行って、
そこで乗り換えて1駅ですので、所用時間は約50分。
飛行機が定刻に着いて、入国手続きがスムーズにいったとしても、
会場に到着できるのは早くても17時過ぎですので、
かろうじて後半だけは見れるというもの。
そのタイミングでソナムジウンのステージがあるかどうか、
これはもう運を天に任せるしかないです。

あと、もしかしたらソナムのカムバックが、
このへんではないかなと期待もしていたのですが、
この日にイベントスケジュールが入るということは、
残念ながら、そのタイミングではないということです。

160515CiZjWbyUYAEEMYX.jpg160510Ch7z5qXVAAEJtTf.jpg
160510CiFw9p7VEAAIDZQ.jpgChiP5O8UcAAiLHp.jpg
160515CiaO9HGUkAEqiWz.jpg160515Cie7-1TUkAA0nwW.jpg
160514CiQGcoKVAAI4jfK.jpgCiZ1lXrVEAEMkb4.jpg



ヒョソン:5/14tvN「SNLコリア」 ゲスト2人が濃ゆい

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
05 /15 2016
CibL871UUAEHQiR.jpgCibL87sVAAAmL40.jpg
CibL8_gU4AAPBVe.jpgCibL87sUoAA5lct.jpg
本日も衣装をツイッターにアップするヒョソン

先週は、済州島に収録に行っていたので、
「SNLコリア」の収録はお休みしたヒョソン
今週はキャスターに復帰です。

160514 SNL Korea HyoSeong cut 投稿者 dm_50842e92a1b7d

服装がすっかり夏仕様で涼しげです。
160515JHS01.jpg
160515JHS02.jpg

今回の番組ゲストの2人、
女優のムン・ジョンヒさん、歌手のキム・フングクさんのどちらも濃いキャラで、
160515JHS03.jpg
160515JHS04.jpg
160515JHS05.jpg
ヒョソンも結構アタフタしておりました。

なお、別のコーナーでは、私推しのBerry Goodもゲスト出演していました、
160515article.jpg
こちらはシーンの「添え物」扱いで、初出演とはいえ、ちょっと残念な扱い。

ムン・ジョンヒさんは女優であるとともに、
韓国でのサルサ歌手の第一人者でもありまして、
SNLコリア放送日の前日の「ユ・ヒヨルのスケッチブック」でもステージを披露

Moon Jung-hee - I try to love it @160513 You... 投稿者 dm_50842e92a1b7d

キム・フングクさんはキャリアの長い歌手でして、
こちら、1989年の「アゲハチョウ」がドラマ「応答せよ1988」のOSTにも使われていました。


オマケ:ヒョソン、セクシーすぎる一枚
Ciev0GfUoAA6tfO.jpg

中村、人生初のサヨナラ打、連敗を4でストップし、ホークスに今季初勝利

オリ達!2016 オリックス・バファローズ勝利の軌跡
05 /15 2016
160514Orix01.jpg
延長で、一生が決めた!

千葉でのマリーンズ3連戦は、
初戦を取るも、2・3戦目では終盤に逆転され、勝ち越しを許し。
週明けの東京ドームでのファイターズ2連戦は、内容的に完敗。
4連敗で、また借金が7に増えてホームに帰ってきました。
その間、野手では不調の中島・ボグセビック、怪我の川端が2軍落ち、
代わりにブランコが上がってきました。
投手でも先発陣の一角、東明が抹消され、二軍での調整となりました。

週末は未だ勝てていないホークスと神戸で2連戦。
一戦目の先発は好調の金子千尋。
160514Orix02.jpg
3回に柳田の2ベースで1点を奪われるも、
7回まではその1失点にとどめ、リードを保ちます。
しかし、8回は無死1・2塁から、内野ゴロ2つでアウトをとる間に、
ランナーを還してしまい、2点を失い同点に追いつかれます。

ただ、一歩間違えば、同点どころか逆転されかねないピンチだったので、
強敵ホークス相手に必死でこらえてくれたと言ってもいいでしょう。

9回は平野、10回は塚原がランナーを出しつつもゼロに抑え、
ホークス線初勝利につなげました。
160514Orix04.jpg
勝利投手は10回を締めた塚原で、今季3勝目。

打線はファイターズ線から下り坂ですが、
初回は元気な西野が出塁して、ブランコの犠飛で先制点。

その後、千賀からチャンスをつかむことが出来ずにいましたが、
7回に四球で得た2死一・二塁のチャンスから、安達、糸井の連打で2点ゲット。
160514Orix03.jpg

同点に追いつかれた後は、
延長10回に先頭の糸井が2ベースで出塁、
ブランコ3ゴロ、T-岡田敬遠、小谷野三振で、2死1・2塁。
ここで打席に立ったのが、途中代走から守備に入った中村一生。
after_160514a.jpg
前進守備の左中間を抜くサヨナラ安打で、3塁から糸井がホームイン。
今季ホークス戦をサヨナラ勝利で飾りました。

正直、こういった場面であまり期待できるバッターではないし、
相手のピッチャーも剛腕スアレス。
延長が長引けば地力に勝るホークスが有利になるだけに、
「また勝てないかも」という気持ちになりましたが、
中村一生の「人生初の」サヨナラ安打の殊勲打でそんな不安を吹き飛ばしてくれました。
160514Orix05.jpg

15日のゲームは、西が好投するも8回に決勝点を許し、2対1で敗戦。
ホークス先発武田の前に、モレルのホームラン1店のみで、惜敗しました。

マリーンズ戦からそうですが、終盤に先発を引っ張るか、継投に入るか、
その見極めで「はずすこと」が多くなっているのが心配です。

17・18日は秋田・盛岡でイーグルス2連戦。
ディクソン、松葉の先発が予想されますが、
ここで2つとれば、イーグルスと交代で4位浮上となるので、
連勝を期したいところです。


gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。