ジウン:「我が家のハチミツの壺」第129話(最終回)② 美しい死は「駄作」を浄化する?

ジウン主演ドラマ「我が家のハチミツの壺(我が家のハニーポット)」
04 /30 2016
160430JN129010.jpg160430JN129011.jpg160430JN129012.jpg
160430JN129013.jpg160430JN129014.jpg160430JN129015.jpg
160430JN129016.jpg160430JN129017.jpg160430JN129018.jpg
129話「オ・ボム表情」画像②:下2段は一年後のボム

129話続き

ボム、アラン、クッキ、ジョンギは、
家族にとって思い出深い浜辺にやってきました。
160430JN12926.jpg

そして家族水入らずで、楽しいひとときを過ごします
160430JN12927.jpg
「病人に無茶させる」・・はさておき、
このシーンでのチョン・ミョンギルさんがホント美しい

160430JN12928.jpg
確かに死を前にした最後の輝きの瞬間なので、
クッキのアップだけスローで映すのもわからいではないが、
「で、主役だれ?」っては言いたくなりますよね。


こちらも、キム・ユソクさん同様、
ベテラン俳優の素晴らしい演技に依存してしまった、
ドラマ制作陣の安易な姿勢が伺えます。


ジョンギの膝の上で休息するクッキ
160430JN12929.jpg

家族だけのゆるやかな、そして最後の時間が過ぎていきます
160430JN12930.jpg
160430JN12931.jpg
160430JN12932.jpg
160430JN12933.jpg

で、何の余韻もないまま、次のシーンがこれ
160430JN12934.jpg
多分、制作サイドは、海を眺めるシーンを遠景で撮って
余韻だと考えたのでしょうが
視ている方としては、余韻不足です。
例えば「ブンギルダン社全景」
→「ロビーのクッキの写真に没年が刻まれている」→「無人の社長室」
くらいに「間」を作ってからこのシーンにつなげたほうが
演出的にもよかったような気がします。


160430JN12935.jpg
ともあれ、幸せに穏やかにクッキは旅立っていったと思わせる流れでしたね。

そして、一年後・・・
160430JN12936.jpg
社長室に報告に行くボムとマル
ボムの髪型の変化で時間の流れを表しています。
そして社長席に座っているのは
160430JN12937.jpg
テジュンです。
マルは本部長、ボムはチーム長に昇格しているようです。
※勤続年数と役職がまるで不釣り合いなのは、
このドラマでは気にしていられません


キルスとソニョンは田舎でのんびりと暮らしているようです
160430JN12938.jpg
160430JN12939.jpg
※キルスの刑期は一年未満だったってことかな?
実際、横領自体が「未遂」に近いレベルだったので、
執行猶予がついた可能性もある。

キルスが改心して、穏やかになっているのはわかるんですが、
ソニョンさんは特にそんなシーンがあったわけでなく、
最後まで我欲のかたまりだったはずです。
そこから、このように現状を受け入れるようになるプロセスを描き切れていませんね。
まぁ、そんな尺も必要性もなかったのも確かですが、これは説得力を欠く描写です。


アメリカに出向していたアランとテホも帰国
160430JN12940.jpg
※ここで問題!テホはドラマ169話中で何回辞表を出したでしょう?

完成した「酵母研究所」はクッキの名前が冠されてました。
160430JN12941.jpg
そこの所長就任前に訪れたボムとマルですが、
2人の間には元気な子供が生まれています
(ジウンの妊婦姿見ないですんでよかった)
160430JN12942.jpg

開設を祝うために家族が集まってきます。
160430JN12943.jpg
べタル・ジョンミ夫婦ははや2人目がお腹の中に・・
チサムちゃん、既に2人のお姉さんですね。

160430JN12944.jpg
160430JN12945.jpg
少し遠慮気味にやってきたキルス・ソニョンも温かく受け入れるボムたち。
※チェ・スリンさん、化粧が薄くなると、
ユ・ヘリさんと姉妹だってのがよくわかる。


こうして家族がクッキの功績を讃えに集まり、
160430JN12946.jpg
160430JN12947.jpg
ボムはクッキの肖像画に向かって、
「お母さん、ありがとう」と感謝の気持ちを伝え

みなの呼ぶ声に振り返り、
160430JN12948.jpg
160430JN12949.jpg
みんなで乾杯して、ドラマはエンディングを迎えます。

160430JN12950.jpg
※ラストシーン、ジウンの背後から撮影ってどーゆーこと?

結局、ジアとスホは、ほぼ「いなかったこと」扱いでしたね。
妊娠なんかさせなかったら、最後まで残すことできたかも知れませんが、
ドラマの主題が失われたときに、その主題の部分にしか役割を見いだせず、
コメディパートがべタル&ジョンミ、ミタル&テジュンと過剰になってしまったので、
消えざるしかなかったんでしょうね。


160430JiEun01.jpg


「やり遂げた」という達成感以外には、
ドラマを見終えたカタルシスも感動もなかったなぁー
「ようやく終わってくれた」というのが正直なところ。
それくらいにストーリーのグダグダさ加減につきあうのがしんどかった。
これ、ジウンのキャリアにとってプラスかと問われると疑問符がつきますね。

もちろん、ジウンは大変なスケジュールの中、
初めての長期ドラマの主役を立派に果たし切ってくれて、
それについては心の底から「お疲れ様、ありがとう」と言います。

拙いレビューにお付き合いいただい方もありがとうございました。



スポンサーサイト



ジウン:「我が家のハチミツの壺」第129話(最終回)① 前半の盛り上がり場面は主役不在

ジウン主演ドラマ「我が家のハチミツの壺(我が家のハニーポット)」
04 /30 2016
160430JN129001.jpg160430JN129002.jpg160430JN129003.jpg
160430JN129004.jpg160430JN129005.jpg160430JN129006.jpg
160430JN129007.jpg160430JN129008.jpg160430JN129009.jpg
129話「オ・ボム表情」画像①:ついに最後となりました

「我が家のハチミツの壺」、半年の長い放映の最終回を迎えました。
昨年、「バラ色の恋人たち」で韓国ドラマのレビューに初挑戦して、
苦労しながらもなんとか最後までやりとげることができました。
今回はそこからさらにハードルがあがり、月~金の毎日放映の129話。
一話あたりの時間は約半分とはいえ、少しでも間をあけると、
それを埋めるのに死ぬほど苦しみました。
しかも、前作ではやっていなかった、自作キャプチャ画像という作業まで加えてしまったので、
レビューの手間は倍以上になりました。
何回は挫折のピンチを迎えながらも、こうして最終回までこぎつけることが出来、
その意味では感慨深いのですが、ドラマの内容に関しては、
途中からレビューの中でも書いてあるように「?」のオンパレードです。
ドラマ全体の総評は改めて書くとして、まずは最終回のレビューを仕上げます。

129話(FULL)

우리 집 꿀단지 129회 20160429 投稿者 videofab-net-10

帰りのバスの中で昏睡状態になったクッキを病院に運ぶボムたち
160430JN12901 (1)

医師からは非常に厳しい状況で、もはや移植による延命も不可能と宣告されます。
160430JN12901 (2)

自首と肝臓提供決意し病院に来ていたキルスは、それを聞き
160430JN12903.jpg
160430JN12904.jpg
医師に「なんとかならないんですが」と
自分が臓器提供することでクッキを救うことを懇願します。

その姿を見たボムとアランは、
160430JN12905.jpg
「何で今頃来たんですか」とキルスを非難します

160430JN12906.jpg
自分がもはやクッキの力になれず、罪を償う機会を奪われたキルスは、
意気消沈してしまいます。

そこに事情を知らないソニョンがやってきて、
160430JN12907.jpg
「臓器を提供すれば、あなたは罪から逃れられるのよ」と言いますが、
もはや、それがかなわないことを知っているキルスは、
160430JN12908.jpg
自分がクッキにしてきたことをただただ悔やむばかりです。

※この一連の流れのキム・ユソクさんの表情の演技、
弱弱しい表情に色んな変化をもたせ、その情感が伝わってきます。
ただ、ベテランにこういった演技やられてしまうと、若い主役陣が霞んでしまうんですよね。


ボムはクッキの名をしっかり刻み込むために、
「乾杯酒」のより一層の成功に邁進します。
160430JN12909.jpg
その一環として行ったのが、「比較広告戦略」
「どっちがクッキの乾杯酒?」っていうものだろうけど、
2種類の酒の得票数が「574対579」の僅差って、
「乾杯酒」が支持されたことになるの?


それはともかく・・・
クッキの「乾杯酒」が広く大衆に支持されていく様子を見て、
思わず涙ぐむボム
160430JN12910.jpg
160430JN12911.jpg
※この後ろのポスター、ジウンがでかでかと映っているので、
記念にジウンにプレゼントしてくれないかな?


160430JN12912.jpg
社のロビーにもクッキの写真とともに、
「乾杯酒」の広告が大きく掲示され、
160430JN12913.jpg
ヤン代理たちも、クッキの偉業を思い涙します。
(ヤン代理のイ・ジョンホさんもこれがラストカットでしたね、お疲れ様でした)

ミタルはクッキが一日でも長く生きられるよう天に祈り、
ボムにも優しい言葉をかけ、励まします。
160430JN12914.jpg
※このミタルさんのキャラの変容が、ドラマの評価としても難しいところなんですよね

意識の戻ったクッキは、
ミタルにボムを育ててくれたことの感謝を述べるとともに、
自分の亡き後ボムをよろしく頼むと遺言します。
160430JN12915.jpg
そして「これからもボムに良い母親がついていてくれるので安心です、
あなた(ミタル)の健康もお祈りします」と付け加えます。

クッキを助けられなかったキルスをまだなじるアラン
キルスはせめてクッキに会って、詫びようと決意します。
160430JN12916.jpg
※これ、クッキがかつぎこまれてから一日以上経過してますよね?
しかも、ソニョンがキルスに会っているわけだから、
1回は家に帰っていると考えるのが自然。
そもそも「自首はどうなった」というのもあるんですが、
何よりも、一日以上たった状態で、その汚い格好はないでしょう。
このへんにも、ドラマの最終段階での詰めの甘さが露呈していますね。


ジョンギがキルスを追い出そうとするも、
クッキは彼を招き入れます。
160430JN12917.jpg
キルスはクッキに対し、
「たくさんの恩をあたなたから受けたのに、裏切ってしまい、
こうしてあなたが苦しめることになってしまった」と心からの謝罪をします。
160430JN12918.jpg

クッキは、「病気のことは自分の運命だから、あなたには関係ない。
そのために検査を受けて助けようとしてくれたことを感謝しています。
これからアランのことをお願いします。アランを助けてくれれば恨みなんかありません、
むしろあなたに感謝します」と、
160430JN12919.jpg
キルスを温かい言葉で赦します。
そのクッキの言葉にひざまづいて泣き崩れるキルス。
160430JN12920.jpg
※ドラマのひとつのフィナーレというべきシーンですが、
「クッキの死」を中心に据えてしまったから、このように主役不在だよ。


翌日(かな?)、キルスは家族とともに食卓を囲み、
160430JN12921.jpg
憑き物が落ちたようにほがらかにテホやアランに接します。
やがて、警察のお迎えが来て、
キルスは大人しく連行されていきます。
160430JN12922.jpg
※これは「自首」ということになるのか?
そもそも、「自首します」と連絡を受けたあと、数日出頭しない容疑者を、
なんで警察は放置していたんだろう?
そもそも警察が容疑者を拘留するのは、証拠を隠匿されないためというのもあるわけで、
特に、キルスのような業務上横領とかの書類が絡む事件なら尚更です。


クッキは体調が少し良くなり退院ということになります
160430JN12923.jpg
顔色もよく元気そうですが、もはや不治であることは家族全員が覚悟しています。

クッキを囲む家族はつとめて明るく振る舞い、
彼女の人生の終わりを少しでも豊かなものにしようとしています。
160430JN12924.jpg

前半はここまで、そしていよいよフィナーレです。


オマケ①:ジョンミ役、イ・ヒョンギョンさんの出演者との記念撮影
2016042909042006683_1.jpg
イ・ヒョンギョンさん、中盤からの交代出演で大変だったと思います。
演技に難はありましたが、ドラマに明るい雰囲気を添えてくれました。

オマケ②:マルくん役、イ・ジェジュンくんの最終回撮影写真
402290_203870_5417.jpg
ジウンファンの私としても「ジウンの恋人役が彼でよかった」と思わせる、
爽やかでひたむきな好青年を演じてくれました。
今回が初めての主演ということでしたが、
これからもいい役がどんどん回ってきそうですね。
※年末の新人賞受賞もあるかも?

金子千尋、無四球完封でやっと今季初勝利

オリ達!2016 オリックス・バファローズ勝利の軌跡
04 /30 2016
after_160430.jpg
「恋女房」伊藤光と笑顔のハイタッチ

先週のロードは5分の星だったのに、
今週はホームで、ホークスにまず2敗。
内容は完敗に等しく、未だホークス相手に勝ち星なし。
今季は「まるで勝てる気配がない」んですが、いったいどうなるのか。

29日からは謎の「パジャマ仕様(にしか見えない)」のユニでイーグルス3連戦。
相手がエース則本に、こちらは谷間の松葉で、
明らかに分が悪い中、初回僅か9球で3点を先取し、
松葉も「四球病」を発症せず、6回まで2失点
でも、「1点差じゃ、勝っている気がしない」のが今のオリックスファンでして、
7回に岸田が同点に追いつかれ、9回に平野が勝ち越され、
打線は初回以外は則本の前に沈黙と・・
「絵に描いたよう逆転負け」で3連敗。
「7回以降点を取られない盤石の救援陣」ってのは、
ほんの2年前のことだったのにねぇ。

そして30日は「パジャマ仕様」がピンクからブルーに変わってのイーグルス2戦目
先発は、「勝てないエース」金子とイーグルス新人の安楽。
160430Orix01.jpg
金子の内容は前回あたりからかなりよくなってきていたので、
「そろそろ勝つだろう」と思っていた通りの内容。
イーグルス打線を散発3安打無四球に抑え、
味方のエラーも絡んでピンチを招く回があったものの、危なげない投球で、
9回を無失点で投げ切りました。
160430Orix03.jpg
もともと、一番相性のいいイーグルス相手というのもよかったのでしょうが、
昨年は一度もなかった完封で、今季6戦目の先発で初勝利となりました。

打つ方は、今週から中島とT-岡田が復帰、
捕手も若月と入り変わり伊藤光が昇格
でも、いわゆるレギュラーが戻ってきたのに、
打線の「期待感」はむしろ下がったような印象を受けてしまいます。

実際、この日も初回のチャンスで4番に入ったT-岡田が併殺に倒れ、
先発、安楽を潰す機会を逃し、そこから5回まで無得点に抑えられます。

やっと攻略できたのが6回。
安達、糸井の連打で作った2死2・3塁のチャンスで、
小谷野が2点タイムリー
160430Orix04jpg.jpg
元「打点王」、今季初のタイムリーでの打点

これで安楽をマウンドから降ろし、
6回には一死1・2塁から安達の2ベースで1点追加
160430Orix07.jpg
一番西野、二番安達で、5安打一四球とチャンスメークできていました。
この2人の組み合わせが今のところ正解でしょう。

さらにウィラーの悪送球で労せず2点追加し、金子をラクにしました。
とはいえ、ここも一死満塁のチャンスで、T-岡田がサードライナー。
ウィラーの悪送球がなければ、併殺で1点どまりになるところでした。

160430Orix05.jpg
それにしても、このユニデザインは評判いいのか?

吉田正尚が腰の不具合で登録抹消されていて、
打線の厚みが足りない印象があります。
それを中島、T-岡田がカバーしてくれればいいのに、
期待通りの活躍とは言えません。

1日は2連勝中の西が先発。
イーグルスは下降気味の釜田。
スッキリと勝って、借金を減らしたいところです。


SONAMOO:「花よりソナム」第4回はディエナ紹介(MC:ニュッサン)

SONAMOO:Green Moon Rising !
04 /30 2016
Cg4L2-eU8AAaDzA.jpg
こんなかわいいディエナと、
こんな面白いニュッサン見たことない


準備は出来ていたんですが、他の記事の作業に追われてしまい、
記事にするのが1週間遅れた「花よりソナム」
既に第6回まで終わってしまって、残すは「ハイディ紹介」だけになっています。
ちなみに、私の「組み合わせ」予想は全部ハズレ
でも、どの組み合わせも、それぞれのキャラが思った以上に立っていて面白い。



ということで、第4回のディエナ紹介の巻
Cg4MgHRUoAETLoS.jpg

では、あるけど、この回はニュッサンの独断場とも言っていいくらいに、
MCニュッサンが圧倒的に喋っています。
Cg4MJYGU8AYVs_e.jpg
しかも、その進行が上手いし、
緩急もあって、すごく面白い。
勢いにのったニュッサンがこんなにすごいとは、
今回の一番の発見かもしれません。

今回は、後で日本語訳もついていたので→こちらもどうぞ

160426SM01.jpg
出だしから2人のハイテンションがすごい

でも、ディエナがすべったときの、このニュッサンの醒めた表情
160426SM02.jpg
これがちょいちょい顔を出していて、これがまたカワイイ。

160426SM03.jpg
「体の特徴」では、「長い首と小さい耳」をあげていましたが、
首はニュッサンの方が長く、耳も驚くほどでなく。
ニュッサンから「嘘つきで面白くない」と突っ込まれまくり

160426SM04.jpg
「手首が細い」もスミンと比べると敗北

160426SM05.jpg
B.A.Pの「Stop It !」のMVへの出演の話題では、

160429SN01.jpg
ウィジンのことも話ていましたが、彼女自身あんまり触れたくないようですね。

160426SM06.jpg
「I Do I Do」のバックダンサーのときの話では、
「このときより今は綺麗になりました」と言うと、
「どこにそんな自信があるのか?」とニュッサンのクールな突っ込みが。

最初のコーナーはひとつひとつのトピックで、
話を掘り下げなかったので10分ほどで終了し、
次が匿名苦情コーナー
160426SM08.jpg
「いろいろ我慢しすぎ」(スミン)
「寝るときのイビキ」(ナヒョン)
「いい子ぶるな」などなど・・
ニュッサンもそれらをまとめて「いい人ぶった嘘つき」と言うもんですから、
ディエナの心はボロボロになりました。

3つ目のコーナーは、ラジオ子供番組のパロディなのかな?
160426SM09.jpg
メンバーが子供に扮して電話をかけてきて、
プレゼントがもらえるというもの。
160426SM14.jpg
160426SM15.jpg
ここでは、ニュッサンが完全に仕切っていて、
もはやニュッサンのコーナーと化していました。
他の5人のなりきりっぷりもすごくて、ディエナずっと大喜び。

最後はニュッサンが裏に回って、電話してくる役をやりましたが、
160426SM10.jpg
160426SM11.jpg
160426SM12.jpg
一人残されたディエナがすっかり困惑
しかもニュッサンのフリが結構無茶!
「何が欲しいですか?」「TSエンタ事務所!」
「パンデキ!って言って」「いやです!」
とディエナを振り回して遊んでいました。

ここまでで35分と、準備したネタが早々に終わってしまい、まだ時間があまったので、
10分ほど、グダグダにつないで終わり。
160426SM13.jpg
160426SM16.jpg
ただ、このグダグダタイムが、ファンにとってはすごく楽しい時間で、
ディエナのギャグがことごとくすべったり、
いらんこと言って、ニュッサンがマジで焦ったり
(38分45秒くらいのとこで、後で音声消されてます)
なんかもうグチャグチャでした。

160429SN02.jpg
160429SN03.jpg
キャプチャで見ても、ディエナがまじで「しまった!」って顔してますし、
ニュッサンも唖然としています。

Cg4MgxQUgAAFhdP.jpg
今回、インパクトを与えたのはニュッサンでしたが、
それは「いじりやすい」心優しいディエナの回だったから、
ということでもあるでしょう。

次回はナヒョン紹介・MCミンジェ・・ある意味最強の組み合わせです。

ヒョソン:「私を見つけて」 4/29:アリランTV Simply K-POP(録画:4巡目)

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
04 /30 2016
160430JHS15.jpg
ラストの「見返り美人」

音楽番組では恐らくこれがラストになる、
29日放送の「Simply K-POP」のステージ


最後ですので、アップ画像を多めにキャプチャ
160430JHS01.jpg160430JHS02.jpg
160430JHS03.jpg160430JHS04.jpg
160430JHS05.jpg160430JHS06.jpg
160430JHS07.jpg160430JHS08.jpg
160430JHS09.jpg160430JHS10.jpg
160430JHS11.jpg160430JHS12.jpg
160430JHS13.jpg160430JHS14.jpg

ジウンのドラマが終わって、ヒョソンのソロ活動が終わって、
5月のブログネタがなくなって困るなぁ・・・
早くソナムがカムバックしてくれないと、「懐古ネタ」ばかりになりかねない
オリックスが5月のゲーム全勝すれば話は別だが(ないない)

本日(30日)放送の「知っている兄」の予告編第2弾


制服コント以外にもシュチュエーションがあるようで・・
160430JHS16.jpg160430JHS17.jpg
160430JHS18.jpg160430JHS19.jpg
ヒョソンをオンブだと・・・?なんて羨ましいんだ!

ジウン:「我が家のハチミツの壺」第128話 この状態を「結婚30周年」というのは・・・

ジウン主演ドラマ「我が家のハチミツの壺(我が家のハニーポット)」
04 /29 2016
160429JN128001.jpg160429JN128002.jpg160429JN128003.jpg
160429JN128004.jpg160429JN128005.jpg160429JN128006.jpg
160429JN128007.jpg160429JN128008.jpg160429JN128009.jpg
128話「オ・ボム表情」画像①:残すところあと1回!

いよいよ次回が最終回。
そこで綺麗なジ・エンドを迎えるには、
ひとつ前の回がとても重要。
さてさて、どんな展開になっていったか。

128話(FULL)

우리 집 꿀단지 128회 20160428 投稿者 videofab-net-10

自分がクッキへのドナー適合と知り、空港で呆然と立ち尽くすキルス
160429JN12801.jpg
それを知った上でキルスは海外に逃げるのか、それとも踏みとどまるのか?
※キルスが登録をしていたのは、恐らくはクッキの病状を知ってから、
つまり、もし万が一に、適合の可能性があれば、自分の贖罪につながると、
心のどこかで考えていたから・・というほうがストーリー的には面白い。


アランはいつのまにやら完全に意識が戻って、元気になっております。
160429JN12802.jpg

そのアランに自分が妊娠したことで、
肝臓を提供できなくなったことを詫びるボム。
160429JN12803.jpg
160429JN12804.jpg
もちろん、アランはそんなこと気にせず、
「大丈夫、私がいるから」とボムを慰めますが・・・
このたびの事故により、移植へのリスクが生じてしまい、
ドクターストップがかかってしまいます。
160429JN12805.jpg
「何とかできないですか?」と食い下がるアランですが、
生命にかかわるリスクですので、医者はクビを縦には降りません。

アランは無事退院しますが、
そこにやってきたのが、夫の釈免を願うソニョン
周囲の白い眼など意に介さず、アランに助けを求めます
160429JN12806.jpg
ソニョンは心労のあまり倒れてしまい、
アランはテホとともに、家に連れて帰りますが、
そこで、アランへの態度が一変
160429JN12807.jpg
「キルスがこんなことになったのはお前のせいだ」と責めたてます。
その恥知らずな態度にテホは怒り、アランを連れて出ていきます。

ボムが社長室に入ると、クッキは留守
160429JN12808.jpg
※ジウン、ムチムチです。

クッキは医師から病状の悪化を告げられますが、
160429JN12809.jpg
「何としても生きたい」と生への執着を見せます。

ボムはドナー適合者を自分たちで説得しようと、
医師にその橋渡しを頼みますが、
160429JN12810.jpg
さすがに「医療倫理」にかかわるレベルですので、
医師は承諾しません。

アランはキルスの机の中から、ドナー申請の書類を見つけ、
クッキのドナーとして適合している事実に驚き、
また、何故キルスがそれをしていたのか疑問に持ちます
160429JN12811.jpg
そこにやってきたボムに最初は隠しますが、
ボムが「ドナー適合者がいるけど、誰なのかわからない」と言うので、
「多分、それは義父のことだと思う」と書類を見せます。
ボムは「何故、検査を受けたのに、海外に逃げようとするのか?」と怒りを滲ませます。
(ソニョンが来た時に逃亡のハナシもしたんですね)

しかし、キルスは海外には逃げていませんでした
160429JN12812.jpg
残飯まで漁る哀れな逃亡者になりながらも、国内に残るキルス
逃げることもできたのに踏みとどまったのは、
クッキへの感情が整理ついてないせいなのか?
※ここの惨めさを強調する、キム・ユソクさんの演技素晴らしいです

ボムはマルに、キルスのことについて話しますが、
160429JN12813.jpg
それを陰で聞いたクッキも、自分の命を助ける可能性があるのがキルスと知り、
160429JN12814.jpg
その悪因縁の強さに驚き、ここまで自分の運命を握るキルスに怒りを感じます。
(ここ、意味がわかればよかったんだけど、手がかりがなかった)

キルスはその時、家の前まで来ていましたが、
160429JN12815.jpg
悩みつつも、まだ結論が出せないまま去っていきます。

アランはキルスをクッキの前に連れてくるために、
ソニョンに「肝臓を提供してくれたら私が罪を全てかぶる」という覚書を渡し、
ソニョンにキルスを連れてくるよう頼みます
160429JN12816.jpg
ソニョンはこの申し出に驚きつつも、夫と自分を守るために、それを受け入れます。

ボムとマルはクッキのために、「結婚30周年パーティをしよう」とみんなに提案
160429JN12817.jpg
160429JN12818.jpg
貸し切りバスを仕立てて、一同うち揃って出かけます。
160429JN12819.jpg
しかも、おそろいのTシャツまで準備する手のこみよう。
※いつの間にか、すっかり「お金のある人」の行動になってるよなぁ・・
ドラマの初期テーマはどこへやら・・


結婚30周年にふさわしいドレスに着替えて登場するクッキ
160429JN12820.jpg
160429JN12821.jpg
家族全員で結婚30周年を心からお祝いします。
※でもさぁ・・・この夫婦、30年間添い遂げているわけじゃないんだよね、
ボムの失踪から夫婦仲が悪くなって、ジョンギが女作って家を出て、
しかも子供(ジア)まで作ったのに、その内縁の妻が事故で死んで、
約20年ぶりに一文無しになったから元妻のもとへ舞い戻っただけ。
つまり、実質的な夫婦生活なんて10年にも満たないわけだ。
それを「30周年」とは・・そのドラマ上の無理やりな脚色が片腹痛い


みんなで踊りをしたり宝探しをしたりと楽しい時間を過ごし、
160429JN12822.jpg
マルはボムに生まれてくる子供の服をプレゼント
(・・でいいと思うが、チサムのためのプレゼントじゃないよね?)

クッキはボムからの海外旅行のチケットを手にします
160429JN12823.jpg
「一年後も元気でいてね」とのボムの言葉に涙ぐむクッキ

家族がいざこざを全て乗り越え、ひとつになった風景
160429JN12824.jpg
160429JN12825.jpg
これも、韓国ホームドラマの最終回近くのありがちなシーン演出ですね。

キルスはブンギルダン発祥の地であり、
自らがボムを捨てた場所に行き、
160429JN12826.jpg
そこにあった自分の名前を貼った酒壺に気づき、
自分がいかにクッキから恩を受けてきたか、
そして、自分の人生はクッキとともにあったことを思い出し
ここに至り、贖罪の気持ちが憎しみや自己正当化の感情を上回り、
病院に赴き、そこから警察に電話し、
「自首します、ただ、やることがあるので少しだけ待って下さい」と告げます
160429JN12827.jpg
そして、病院の受付で名乗り出るキルス。
※手順からすると自首が先だと思うけどなぁ・・
その上で「ある人の命に関わることなので、先に肝臓移植させて下さい」
と言っても十分だと思うが


パーティの帰りのバスの中、
クッキはジョンギの肩にもたれて眠りますが、
160429JN12828.jpg
バスが到着した後も起きません。
160429JN12829.jpg
クッキは寝ているのではなく昏睡状態になっていました。
母の容態の急変に狼狽するボムとアラン
160429JN12830.jpg
果たしてキルスの肝臓提供はクッキの命を救うことになるのか?
そして、アランは約束を守り、罪をかぶることになるのか?
(まぁ、自首だから無効だと思うんだが)

次回、いよいよ最終回

128話「オ・ボム表情」画像②:パーティのシーンはやはり笑顔だらけ
160429JN128010.jpg160429JN128011.jpg160429JN128012.jpg
160429JN128013.jpg160429JN128014.jpg160429JN128015.jpg

シクリ:4/26のステージ動画でました

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
04 /29 2016
o0630041913631964566.jpg
「次」は一体いつになるやら・・・というか、日本来ようよ!

26日の大韓民国代表ブランド大賞授賞式での祝賀公演のステージ
「I'm in Love」だけですが、動画がアップされていました。



カメラ据え置きだし、曲の途中で終わっているし、
シタ(シクリファン)が会場にいるわけでもないので、
熱気もなんも伝わってこない、残念な動画ですが
160429SEC01.jpg
160429SEc02.jpg
160429Sec03.jpg
160429Sec04.jpg
多くのシタがそうであるように、「こうして4人揃っている姿見れればヨシ!」
というくらいに、私の要望レベルも下がってきていますね。

前回の記事のときはハナちゃんのステージ写真を見つけられなかったのですが、
それを含め、ステージ写真を追加
160429Cg9Z9gpWIAAvzQB.jpg16042903116013211.jpg
16042903116013501.jpg160429Cg9Z8lHW0AEzHeO.jpg
12959946_1690664514533940_942874786_n.jpg

長丁場だったジウンのドラマ撮影も終了し、
ヒョソンのソロ活動も一段落。
4人が大きく拘束される仕事を抱えていないという状態に久々になったわけですので、
そろそろファンミあたり行ってくれてもいいと思うんですが、
日本だけでなく、台湾もシンガポールのシタも待っているし、
韓国のシタだって結団式以来放置プレイですから可哀想です。
まずは、ジウンにゆっくり休んでもらって、
それからでいいので、4人揃っての姿をファンの前に見せて欲しいですね。

オマケ:ソナのインスタ画像
160426SH02 (2)160426SH02 (2)01160426SunHwa02-01.jpg
160426SH02 (1)160426SH02 (1)01160426SH02 (1)03
160426SH02 (1)02

ちなみに・・「シクリの来日」「ソナのドラマオファー」
どちらを待ち望んでいるかと言えば、
私個人の想いとしては、「ソナのドラマオファー」です。
それでシクリが日本に来れなくても、
一日も早くソナが画面で輝く姿を見たいと思っています。
それこそがソナも切実に願っていることでしょうから。

ヒョソン:4/27の「裸足のヒョソン」画像追加

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
04 /28 2016
160429JHS01.jpg
ヒョソン防水仕様

27日のShow Championは雨の中のステージでしたが、
裸足でがんばって踊るヒョソンが実に美しい。

昨日はTV放送分のキャプチャをしましたが、
ファンカムのほうも全身の姿を映したものがたくさんアップされていて、
TV放送とは違うアングルでのヒョソンの姿が拝めます

まずは、動画の方から


そして、キャプチャ画像
160429JHS03.jpg160429JHS02.jpg160429JHS04.jpg
160429JHS05.jpg160429JHS06.jpg160429JHS07.jpg
160429JHS09.jpg160429JHS10.jpg160429JHS11.jpg
160429JHS12.jpg160429JHS13.jpg160429JHS14.jpg
160429JHS17.jpg160429JHS15.jpg160429JHS16.jpg
160429JHS18.jpg

ただ、曲が終わった後は、ステージが相当濡れているので、
160429JHS19.jpg160429JHS20.jpg160429JHS21.jpg
最初は恐る恐る、最後は慌ててステージを去って行っていますね。

ジウン:「我が家のハチミツの壺」第127話 呼吸するように、ご都合主義発動!

ジウン主演ドラマ「我が家のハチミツの壺(我が家のハニーポット)」
04 /28 2016
160428JN127001.jpg160428JN127002.jpg160428JN127003.jpg
160428JN127004.jpg160428JN127011.jpg160428JN127012.jpg
160428JN127013.jpg160428JN127014.jpg160428JN127015.jpg
127話「オ・ボム表情」画像①:笑顔がだいぶん戻ってきました

127話では、キルスが逃亡から国外逃亡未遂と、
韓国ドラマで「よくあるパターン」を見せてくれますが、
その過程で、「いやそこまではせんだろ」という荒業も見せてくれています。

127話(FULL)

우리 집 꿀단지 127회 20160427 投稿者 videofab-net-10

社長室に復帰したクッキを訪れたのは、やはりキルス
160428JN12701.jpg
自らの罪を省みることもなく、
「ここに座るのは私だ」とクッキを威圧しますが、
160428JN12702.jpg
当然追い出されます。

それでも退かないキルスは、社のロビーでも大声でわめき、
160428JN12703.jpg
クッキや社員たちの冷ややかな目もなんのそので、復権の望みを捨てません。

クッキはキルスのことなど気にしている間もなく、
160428JN12704.jpg
社の立て直しに邁進します。

ボムとマルも取引先との関係の回復に努めます。
160428JN12706.jpg
160428JN12705.jpg
※ただ・・・倉庫で作業するのにそのスカートはやめたほうがよい

マーケティングチームは「乾杯酒」のラベル貼り換え
160428JN12707.jpg
※またこいつら所轄外の仕事やっとるなぁ
確かに一度貼ったものは機械では剥がせないけど、
機械化された生産ラインあるんなら、まず中身をタンクに戻して、
新しい容器に入れ替えて、前の容器は廃棄するか再利用する手順を経るでしょうね。
これは、ものすごく零細な酒造メーカーのやることだと思う。


小売店に商品搬入するボムたちを手伝うクッキ
160428JN12708.jpg
クッキ社長のもと、再建への道は明るいようです

ボムは病床のアランが指を動かしたのを見て、
「オンニの意識が戻った!」と言いますが、
160428JN12709.jpg
クッキたちは気づかなかったので、
ボムの気のせいということになってしまいます。

任意同行で一旦は釈放されたキルスですが、
改めて逮捕状が出されてしまいます。
その内容が自分が把握していたものよりも重大なもので、愕然とするテホとソニョン
160428JN12710.jpg
160428JN12711.jpg
キルスはこれで家に戻ることもできない逃亡者に。

で・・どうしたかというと、いきなり「路上生活者」に変身!
160428JN12712.jpg
※これは、やりすぎだよね。撮影スケジュールの都合かなんかで、
チムジルパンという「定番」を使いたくなかったんだろうけど、
逃亡する場合、路上で寝ている方が「職務質問」される確率ははるかに高くなるので、
「どこにいても危険だから、外で寝る」は説得力ありません。


マーケティングチームは、ボムとクッキをモデルにして、
SNSを用いた宣伝を展開します。
160428JN12713.jpg

※この「母娘の伝統酒づくり」のシーン、ジウンの表情良かったですねー。
ということで、117話「オ・ボム表情」画像②
160428JN127005.jpg160428JN127006.jpg160428JN127007.jpg
160428JN127008.jpg160428JN127009.jpg160428JN127010.jpg
このボムの愛らしい表情がもうすぐ見れなくなると思うと寂しい

この宣伝効果もあって、「乾杯酒」は注文が殺到し、社の業績も回復基調に。
160428JN12714.jpg

また、家族も総出で、「伝統酒」をプッシュ
160428JN12715.jpg
160428JN12716.jpg
改心したルリョンまでもが、ミタルの店を手伝って、
客に「乾杯酒」を奨めています。

家族の食卓でもルリョンがクッキを讃え、すっかり和やかなものになっています。

ボムはつわりが出てきているようですが、
160428JN12717.jpg
クッキのことを考えると妊娠がまだ素直に喜べないようで、
そのことでマルに負い目を感じてしまいますが、
マルはそんなボムを優しく包み込みます。
160428JN12718.jpg
※イ・ジェジュンくん、
深夜に電話でジウンと脚本の読み合わせしたこともあったそうです。
互いに長いドラマでのメインキャスト役は初めてで、
不安を持った同士で支えあってきたようですね。


クッキは幼いアランとボムが自分から去っていく夢を見てうなされます。
160428JN12719.jpg
160428JN12720.jpg
気丈にふるまうクッキですが、
死別の時が近づいていることへの不安は隠せないようです。

早朝から出かけたルリョンの行方がわからず、みんなで心配していましたが、
そこに重いポリタンクを持ってルリョンが戻ってきました。
160428JN12721.jpg
ルリョンが言うには、クッキのため「長命水」(のようなもの)を汲んできたとのこと。
160428JN12722.jpg
これにはクッキも感謝の言葉しかありません。

その水で作った料理を家族で食べながら、
クッキの健康をみんなで祈ります。
160428JN12723.jpg
※今頃になって気づいたけど、このドラマって食事のシーンすごく多いですね。
ジウンが撮影のハードスケジュールにあって太るのも、それが一因か?


逃亡を続けるキルスは新聞にも自分のことが載っているの知り、
いよいよ窮地に追い込まれ、追跡を遮断するためか、スマホも捨ててしまいます。
160428JN12724.jpg
そのスマホにはクッキの癌に関する重大な着信があったわけですが・・・
※この店の厨房の女性、キルスをチラチラ見る演技が自然でしたね。
実際、こんな不審な客いたら、ああなります。


ボムは病院の受付の会話から、クッキへの移植ドナーの適合者がいたことを知り、
160428JN12725.jpg
その名前を聞き出そうとしますが、これは守秘義務があることなので、
さすがに聞き出すことはかないません。

キルスは海外(中国らしい)逃亡の前に、アランに会いに来ます
160428JN12726.jpg
「私はお前のような娘がずっと欲しかった。なのに、私を裏切った・・。
私に従っていればこんなことにはならなかったのに」と愛憎入り混じった言葉をかけます。

キルスの言葉にアランの意識が一瞬よみがえり、
160428JN12727.jpg
「お義父さん・・」と呼びながらキルスの服の裾をつかみますが、
ソニョンから現金とスマホとパスポートを受け取ったキルスは、
160428JN12728.jpg
躊躇いながらも部屋を去ります。

空港に向かうタクシーの中でも、
キルスは自分の罪を後悔しながらも、
「いや、俺はクッキのために尽くしてきたんだ・・それなのに・・」と、
あくまで、自分を正当化しようとします。
160428JN12729.jpg

空港(金浦ですね)の出国ゲートに向かうキルスに、着信が入ります。
それが伝えるのは、キルスがクッキの移植ドナーとして適合していたということでした。
160428JN12730.jpg
クッキの命を救えるのは自分しかいない・・・
そのことを知ったキルスはどのような行動に出るのか?

最後の最後でウルトラご都合主義発動しました!
これでキルスの贖罪ラインが出来上がりましたが、
どのようなプロセスで移植を申し出ることになるのか?
「何らかの事故で瀕死の重傷を負って死ぬ間際に移植を願い出る」というのが一番自然なんですが、
すでに「事故カード」をアランで使っているし、
アランがそれ故に移植不可となっていることとの整合性の問題もあります。
まぁ、アランの場合は移植手術したらドナーのほうに危険があるから出来ないということでしょうから、
キルスにおいては「もう助からないので」ということにすればOKではありますね。


ヒョソン:4/26 SBS「スターキング」ゲスト出演

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
04 /28 2016
160428JHS01.jpg
ヒョソンのお隣はT-ARAのウンジョン

26日の放送されたSBSの「スターキング」
いわゆる「ひな壇」ですがヒョソンがゲスト出演。

ヒョソンがフィーチャーされているとこだけ編集してみました。

160426 SBS STAR KING HyoSeong Cut 投稿者 dm_50842e92a1b7d

目立ったのは2か所
160428JHS06.jpg
妙にクセのあるダンスをするあんちゃんと、
「私を見つけて」で共演

もう一つは、三文字作文のネタにされていました。
160428JHS10.jpg
160428JHS11.jpg
160428JHS12.jpg

ラストのシーンでもちょっとアップがありました
160428JHS14.jpg
おびえるヒョソンもかわいい

160428JHS15.jpg
ヒョソン「戦友」Twiceダヒョンも一緒に出ていました。

全体の中からヒョソンの表情をキャプチャすると
160428JHS02.jpg160428JHS03.jpg
160428JHS04.jpg160428JHS05.jpg
160428JHS07.jpg160428JHS08.jpg
160428JHS09.jpg160428JHS13.jpg
ヒョソンのリアクションの大きさは「ひな壇」むきでもある。
それにしてもウンジョンは随分と大人っぽく綺麗になった

ヒョソン:4/27「私を見つけて」 雨の中のShow Champion(三巡目)

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
04 /27 2016
ChC_kRcUoAMLkub.jpg
雨に濡れても美しい純白のヒョソン

4月27日はShow Championの屋外ステージ

160427 HyoSeong 'Find Me' @ Show Champion 投稿者 dm_50842e92a1b7d

2014年の「I'm in Love」以来の雨の中のステージとなりましたね。
160427JHS01.jpg
このような天候でステージが濡れているので

160427JHS03.jpg160427JHS04.jpg
安全対策として裸足でのダンスとなります。
とはいえ、決して安全とは言えないんですが、
そこはダンスの達人のヒョソンです。
雨も何のそのの華麗なステップを見せてくれています。
160427JHS02.jpg
160427JHS05.jpg
むしろ雨にけぶるヒョソンの表情がたまらなくセクシーです。

160427JHS07.jpg160427JHS08.jpg
160427JHS06.jpg
160427JHS09.jpg160427JHS10.jpg

ラストのキメの表情なんか、これまでのベストと言っても過言ではない
160427JHS11.jpg



そろそろ来日リリイベのアナウンスがあってもよさそうなもんだが、
KISSエンタ、TSエンタとの提携から降りるなんてことないよな?

ジウン:「我が家のハチミツの壺」第126話 ソナ、ヒョソンに次いでジウンまでも「妊娠」

ジウン主演ドラマ「我が家のハチミツの壺(我が家のハニーポット)」
04 /27 2016
160427JN126001.jpg160427JN126002.jpg160427JN126003.jpg
160427JN126004.jpg160427JN126005.jpg160427JN126006.jpg
160427JN126007.jpg160427JN126008.jpg160427JN126009.jpg
126話「オ・ボム表情」画像:シクリ4人中3人が、(ドラマ内)で妊娠しました!

126話ではついにキルスが失脚。
今後、彼の贖罪はあるのか、それともただ破滅するだけか、
次回の予告を見ると、これまたお馴染みの「逃亡」になるそうですが・・・

126話(FULL)

우리 집 꿀단지 126회 20160426 投稿者 videofab-net-10

ついに悪事と不正が暴かれたキルス
160427JN12601.jpg
いくら否定しようとも覆い隠せない事実に、
役員をはじめ関係者はその場を去っていきます。
160427JN12602.jpg
惨めにもあがくキルスを悲し気に見つめ、去っていくテホ
160427JN12603.jpg
ボムも、キルスの破滅していく姿を憎しみの混じった目で見ていました。
※前回、席にいるボムの姿を映さなかったのはいい演出ですね。

社長室に戻ったキルスに、ボムは厳しく非難の言葉を浴びせますが、
役員を前に「これは陰謀である」と突っぱねるキルスですが、
もはや誰もその言葉に耳を貸しません。
160427JN12604.jpg

そして、テホは辞表を出しに来ますが、
160427JN12605.jpg
160427JN12606.jpg
半狂乱になって、社長の椅子にしがみつこうとするキルスをテホも見限ります。

辞意を表明するテホに、「チーム長が辞めることはないのに」とかばうマル
160427JN12607.jpg
※長いこと対立関係にあったマルとテホの2人ですが、
アランとボムの和解以降は、良好な関係になったことをこのシーンで表していますね。


ボムはアランに、「オンニが準備してくれたことが役にたったよ」と、
160427JN12608.jpg
自分たちの家族が困難を乗り越えたことを報告

そこにやってきたテホが、ボムに父の不始末を心から詫びますが、
160427JN12609.jpg
ボムは「お義兄さんも、私たちの家族じゃないですか」と、
テホが責任を感じることはないと慰めます。

翌日、虚勢で明るく出社したキルスですが、
既に「社長退任」の通達が出されており、
テジュンたちが、引導を渡しに来ますが、
160427JN12610.jpg
「アン・キルス社長」のプレートを振りかざし、
一歩も引かない意志を示します。

しかし、その虚勢を冷ややかな目で見る社員たちの前で、
160427JN12611.jpg
160427JN12612.jpg
キルスは業務上横領の容疑で任意出頭を命じられます。

昨日以来の騒動をようやくニュースで知ることとなったクッキたち。
160427JN12613.jpg
…・ボムとマルは昨夜はどこで何してたんだ?

夫の失脚と不正容疑に狼狽したソニョンは、
恥もかえりみず、クッキに助けを求めますが、
160427JN12614.jpg
クッキからは相手にされず、
ルリョンやミタルに散々な目にあわされ追い出されます。
※韓国のドラマって「水に落ちた犬を棒で叩く」の好きだよね。
多分、視聴者がそれを望むんだろうね。


ソニョンは意識不明のアランに八つ当たり
テホが慌てて止めにはいりますが、
そのショックでか、うっすらと目を開けるアラン。
160427JN12615.jpg
※ソニョンが生命維持装置を
引き抜いてしまうんじゃないかとハラハラしました。


家族に害をなした存在がなくなり、
夫婦で静かに時を過ごすクッキとジョンギ
160427JN12616.jpg
2人の間に夫婦としての絆が完全に戻ってきました。

しかし、ここで予期せぬ事態
160427JN12617.jpg
クッキへの肝臓移植を決意していたボムが妊娠したことが判明。
ボムはクッキに対して役に立てないという気持ちがあり、
妊娠を素直に喜ぶことができません。
マルはそんなボムの気持ちを理解しつつも、
子供を授かったことを前向きに受け止めようと話します。

2人の会話を聞いていたクッキは、
家に帰ってジョンギに、ボムの妊娠を祝おうと提案。
160427JN12618.jpg
クッキは心からボムの妊娠を喜び、
ジョンギも複雑な気持ちながら、クッキに同調します。
※ここのイ・ヨンハさんの目頭をおさえる演技いいですね。

ボムの妊娠で、肝臓移植が完全に白紙になったことを悩むテジュンたちですが、
160427JN12619.jpg

それはそれとして、キムパブ屋の宣伝も大事ということで、
店の前で取材(CM撮影?)を受けます
160427JN12620.jpg
が、ここでジョンミの陣痛が始まり、
撮影を中断して、急遽病院へ直行
160427JN12621.jpg
※ここでもデチョルさんのコミカルな動きがナイス!

ジョンミは無事に出産し、
160427JN12622.jpg
みんなから祝福されるべタル

ルリョンの「老いらくの恋」は終焉を迎えたようで、
160427JN12623.jpg
やけ酒を飲みながらミタルに愚痴をこぼした後、
クッキのところに行きますが、
ここでクッキの癌について、やっと知ることになります。
160427JN12624.jpg
驚いたルリョンは、自分が以前に隠しておいた、
「クッキの運気を吸い取る」まじないの札を破り捨て、
160427JN12625.jpg
「自分のせいで・・」とクッキに泣いて詫びます。

ブンギルダン社ではキルスの不正発覚以降、混乱の真っただ中
160427JN12626.jpg

これを打開するためにテジュンは無理をおしてクッキに社長復帰を願い出ます。
160427JN12627.jpg

自分の病気のことも考え、決断が下せないでいたクッキでしたが、
160427JN12628.jpg
自分の前に現れたキルスが、
「もうすぐ死ぬあなたが社長になってどうするというんだ?」と、
自分を正当化し、あくまで社長の椅子に固執するのを見て、
むしろ社長の座に再びつくことを決意します。

そして社員から大歓迎され出社するクッキですが、
160427JN12629.jpg
160427JN12630.jpg
社長の椅子に座った時に、ノックをする音が・・・

クッキを訪れたのは誰か?・・というところで126話終了

オマケ:ジウンのインスタ写真
160426JiEun02.jpgCg8ZjwhW4AUvNBp.jpg
160426JiEun02-02.jpg160426JiEun02-03.jpg

シクリ、約5か月ぶりの完全体ステージ

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
04 /27 2016
NISI20160426_0011628573_web.jpg
久しぶりの4人、やはり嬉しい

4月26日、ソウル市内新羅ホテルダイナスティホールで開かれた、
2016年大韓民国代表ブランド大賞授賞式で祝賀公演を行い、
昨年の12月6日以来、約5か月ぶりとなるシクリ完全体でのステージを披露

今のところ動画が見つからないので、写真だけ貼っておきます。
ただし、4人一緒に写った写真が上の1枚しかなく、ちょっと悲しい。
NISI20160426_0011628553_web.jpg
NISI20160426_0011628558_web.jpgNISI20160426_0011628560_web.jpg
NISI20160426_0011628561_web.jpgNISI20160426_0011628563_web.jpg
NISI20160426_0011628569_web.jpg
Cg92WotW0AALP0Y.jpg
Cg92WxAWwAI3w0e.jpg
ハナちゃんの単独の写真がないんですが、
写真の振付からして、「Love Is Move」「I'm in Love」の2曲を披露したみたいですね。
ソナがステージの上でイキイキしているのが、嬉しい。

ヒョソン、ジウン、ソナはステージ衣装での写真をインスタなどでアップしています。
Cg8CTg2UkAARWwr.jpgCg8CTgsUUAAEkez.jpg
Cg8CTgwUoAANkzj.jpgCg8CTj0UgAAvU46.jpg
201604261216080310_1.jpg160426JiEun02-01.jpg
160426SunHwa01.jpg160426SunHwa01-01.jpg
160426SunHwa03.jpg201604261137776437_571ed47890b65.png

動画がアップされたら、また記事にします。

ジウン:「我が家のハチミツの壺」第125話 ジウンのシリアスな表情が素晴らしい

ジウン主演ドラマ「我が家のハチミツの壺(我が家のハニーポット)」
04 /27 2016
160426JN125001.jpg160426JN125002.jpg160426JN125003.jpg
160426JN125004.jpg160426JN125005.jpg160426JN125006.jpg
125話「オ・ボム表情」画像①

正真正銘の最終週
残り5話で否応なく決着がつくわけですが、
それぞれの上にどんな運命が待っているのやら・・・

125話(FULL)

우리 집 꿀단지 125회 160425 投稿者 l62101993

車が電柱に激突して大怪我を負ったアラン
160426JN12501.jpg
それを見て駆け寄ってきたキルスは、
アランが朦朧とした意識で渡したスマホを受け取ります。
キルスはその場から立ち去り、アランは意識を失います。
160426JN12502.jpg
キルスは一旦は、これで悪事を隠し通せると狂喜しますが、
人としての情が蘇り、アランをそのままにしてはおけないと、引き返します。
160426JN12503.jpg
しかし、アランは既に搬送された後。
アランのスマホにボムから電話があり、
キルスはうろたえてしまいます。

アランが搬送されたのはクッキがいた病院
160426JN12504.jpg
搬送されるアランとすれ違いますが、気が付きません。

クッキは無事に帰宅し、家族一同でホッと胸をなでおろしていましたが、
クッキはアランがどこにいるか気にします。
(ここの会話、アランのドナー適合がわかって、
移植による治療の可能性が出てきたのを喜んでいるのかどうだか不明)


アランは、意識不明の重体のままです。
160426JN12505.jpg

キルスは病院までやってきましたが、
160426JN12506.jpg
自己保身を図り、ボムからの着信も黙殺。
クッキへの肝臓の移植の可能性もこれで消えたと知り、
複雑に入り混じった感情を抱えながら病院を去ります。

テホはアランと連絡がとれないことを心配していましたが、
警察か病院から通報があり、アランのもとへ飛んでいきます。
160426JN12507.jpg

キルスは社に戻りますが、罪の意識から精神のコントロールが出来ません。
160426JN12508.jpg
・・かといって、これで罪を認めて、贖罪しないのが、少しパターンと違うところです。

まだ、アランの身の上に起こった事態を知らないボムは、
160426JN12509.jpg
何故か、クッキに体力増進の為に、
イキの良い鶏をマルたちと捕獲し、調理して提供
160426JN12510.jpg

こちら、その撮影時のジウンのインスタ画像
160426JiEun01.jpg
※わざわざ生きている鶏を自力でとってくる必然もないし、
アランとキルスがどえらいシリアスなことになっている狭間で、
こののほほんとしたシーンを放り込むセンスを疑います。
いくら、ジウンが鶏おいかけるところが可愛いいとしても、納得いきません。


で、食事のタイミングでテホから電話くるわけで・・・
160426JN12511.jpg

ほんわかとした食卓から、一気に深刻なシーンに場面転換
160426JN12512.jpg
アランの姿に泣き崩れるクッキ

ミタルたちは、アランがこうなった以上、
クッキへの肝臓移植はボムを頼るほかないと思い始めますが、
そんな事態を全く知らず、「老いらくの恋」加速中のルリョンを苦々しく思います。
160426JN12513.jpg
とはいえ、ルリョンのクッキのことを知らせない取り決めなので、
ルリョンに自粛させることもできません。

ボムは自分が肝臓を提供するしかないと決意し、
マルにも同意を求めます。

クッキはアランの側から離れようとしません。
そんなクッキの健康をまわりが気にします。
160426JN12514.jpg

テホは自分の両親がアランが事故にあって
よかったと思っているんじゃないかと口論になり、
親子の対立をより深めていきます。

160426JN12515.jpg
実際、キルスはこれで名実ともにブンギルダン社が
我が物になると確信しています。

ようやく、キルスとソニョンはアランの病室を見舞いますが、
160426JN12516.jpg
アランを全く心配しないソニョンに対し、
キルスは大粒の涙を見せます。

しかし、それは演技でしかなく、
病室を出たキルスは平然とした表情に戻り、
これで全てが自分に有利に働くと安堵してか、
アランのスマホを廊下のゴミ箱に捨てます
160426JN12517.jpg
その様子をテホが見ていて、ゴミ箱からそれを取り出し、
何故、キルスが持っていたのか疑問に持ちます。

そして、キルスの車から車載カメラのデータを取り出し、
160426JN12518.jpg
そこに収められていた画像から、キルスがアランを事故に追い込んだことを知ります。

※それにしても、あんなとこにスマホを捨てるキルス、ご都合主義的に迂闊すぎます。

テホは隠しカメラを仕込んでキルスの罪を追及しますが、
160426JN12519.jpg
キルスはテホの意見に耳を貸そうとはしません。

ついにテホは一大決心をし、ボムに、それらの映像のデータを中身は言わずに託します。
160426JN12520.jpg
160426JN12521.jpg
全てを知ったボムは、アランの言葉を思い出し、写真たての開き、
中にあったアランが残したキルスの悪行の証拠を手にします。

※「オジャリョンが行く!」でもこんなシーンあったなぁ・・

キルスは晴れの舞台のスーツを着て、
最後にアランを見舞い、勝ち誇った顔で言葉をかけ去っていきます。
160426JN12522.jpg
キルスが去ったと、アランの意識が戻る兆候が・・・

得意満面の表情で記念式典を迎えるキルス
160426JN12523.jpg

しかし、その背後にはキルスの罪を暴こうとするボムの姿が・・
160426JN12524.jpg
※このジウンの表情にも役者としての成長を感じますね

挨拶で壇上にたつキルス。そして乾杯酒を紹介する際に、
「アン・キルスの乾杯酒」と、臆面もなく改ざんした銘柄を名乗り、
マルやテジュンの驚きと失望を買います。
しかし、その背後のモニターに映し出される、キルスの不正や罪の数々
160426JN12525.jpg
160426JN12526.jpg
慌てふためくキルスですが、その姿も含め、
全て衆人の目にさられてしまいます。

ついにキルスの破滅がやってきそうですが、
アランは意識が戻るのか?
クッキへの肝臓移植はどうなるのか?

125話「オ・ボム表情」画像②
160426JN125007 (1)160426JN125008.jpg160426JN125009 (2)
160426JN125010.jpg160426JN125011.jpg160426JN125012.jpg
160426JN125013.jpg160426JN125014.jpg


ジウン:「我が家のハチミツの壺」第124話 どうせなら「販促イベント」はもっとたくさんやって欲しかった

ジウン主演ドラマ「我が家のハチミツの壺(我が家のハニーポット)」
04 /27 2016
160425JN124001.jpg160425JN124002.jpg160425JN124003.jpg
160425JN124004 (1)160425JN124004 (2)160425JN124006.jpg
160425JN124007.jpg160425JN124008.jpg160425JN124009.jpg
124話「オ・ボム表情」画像:今回はかわいいキャンギャルシーンあり

ありがたいことに、私以外にもドラマのあらすじを書いてくれている人がいて、
しかもそちらは韓国語を解してくれるので、私の「あて推量」のレビューよりずっと正確。
で、そちらを見てみると、自分の間違いとか勘違いに結構気づくことがあります。
とはいえ、さすがにさかのぼって訂正するだけの気力もないので、
あえて自分の方はそのままにしていますが、今回はちょっと訂正。
①ソニョンはクッキの癌を知っている
②ルリョンが知らないのはみんなが知らせないようにしているため
ということで、この2点は今後のレビューに影響出るので、ここで修正しておきます。

124話(FULL)

우리 집 꿀단지 124회 160422 投稿者 mbctvkorea

ついに自分を監視し脅し続けていた人物がアランであると気づいたキルス
160425JN12401.jpg
しかし、まだそれを表には出さず、平静を保ちアランに接します。
160425JN12403.jpg
160425JN12402.jpg
アランは鍵をかけていたはずの自分の引き出しが開いているのに、
カメラがあることを確認しただけで、誰かがこじ開けたとは気づいていない様子・・
いやぁ、フツー気づよなぁ。

キルスはアランへの報復を考えつつも、
アランの行為にボムが関与していると思い脅しをかけます
160425JN12404.jpg
無論、ボムからすれは理不尽な話で、
キルスが姑息な手段で自分たちを妨害していると感じます。
アランにも気を付けるよう助言します。

アランはテホにもキルスの不正蓄財の証拠を見せますが、
160425JN12405.jpg
キルスはこのことを逆手にとって、アランにその罪をかぶせ追放しようと企んでいるようです。

テホは父の不正を厳しく追及する構えをみせますが、
160425JN12406.jpg
ソニョンはテホがキルスと敵対するのはアランのせいだと考え、
クッキに文句を言いにいくと、そこにアランがアランがいたので、
腹立ちでアランに水をぶっかけます。
160425JN12407.jpg
160425JN12408.jpg
より大きな復讐のために、その屈辱に耐えるアランですが、
クッキをソニョンが侮辱したため怒りを爆発させます。
そして、言い合っているいるうちにソニョンがクッキをはじき倒してしまい、
160425JN12409.jpg
そこに来たミタルたちの怒りを買い、追い出されてしまいます。

こちら何も知らずに「ダンスと男」にうつつを抜かすルリョン
160425JN12410.jpg
※それはそうとして、ガウルが通っているのは美容師の学校だっけ?

キルスはTVインタビューで、乾杯酒をさも自分の功績のように語っていて
160425JN12411.jpg
160425JN12412.jpg
これにはジョンギをはじめ家族一同で憤慨

そこでマーケティングチームが一丸となって、
「クッキの乾杯酒」をアピールするイベントを企画・実行します。
160425JN12413.jpg

ヤン代理コスプレ販促(2回目)
160425JN12414.jpg

今回の着ぐるみ担当はジェニー。
160425JN12415.jpg
※ここまでしつこくジェニーを引っ張った意図がやっとわかりました。
この役を押し付けることで、これまでの視聴者の不快感を少しスッキリさせるためですね(笑)


ボムとアランは姉妹揃っての笑顔アピール
160425JN12416.jpg
しかも抽選で、ご希望女子とのラブショットつき
160425JN12417.jpg
ただし、テホがヤキモチやいて割り込んできて、
結局、この男性はテホとラブショットする羽目に・・可哀想

テジョンも支援にやってきて、景品に冷蔵庫追加
160425JN12418.jpg
160425JN12419.jpg
べタルとジョンミもキムパブで援護射撃と、
家族総出でクッキの商品をプッシュします。

自分の作った酒を味わってくれる人たちを幸せそうな表情で見るクッキ
160425JN12420.jpg
160425JN12421.jpg
母の満足そうな顔に娘たちも幸せそうです。
※ここ、ジェニーをフレームインさせないほうがよかったと思うけど・・・

嫌がるジェニーをセンターに、踊ってさらにアピールをします。
160425JN12422.jpg
ここでの使用曲は、プロデュース101の「Pick Me」
これまたエライ旬な曲を持ってきたもんだ。
なお、ジェニーの不機嫌なノリは着ぐるみ効果もあって面白かった


160425JN12423.jpg


長い長い撮影期間を共に過ごしてきた俳優たちの、
久々の楽しいシーンということもあって、
打ち解けた雰囲気がすごくよく出ていましたね。
特に、アラン役のソ・イアンさんの楽し気な表情がとても美しかった。
この撮影のあとかどうかわかりませんが・・
160425JiEun02 (1)
160425JiEun02 (2)
ロケバス内でも和気藹々とした表情見せてくれる出演者たちです
それにしても・・テホが何故「プインプイン」?

イベントは成功しましたが、
クッキの病状は悪化し、鼻血が止まらなくなってしまいました。
160425JN12424.jpg
ボムが慌てて病院に連れていきます。

また、アランはキルスにより、不正蓄財の犯人に仕立てあげられ、
会議で「告発」されます。
160425JN12425.jpg

ここに至り、アランは「開戦」を決意
160425JN12426.jpg
「自分が知っていることを全て暴露する」とキルスに宣言します。

すると、途端に弱気になりアランを止めにかかるキルス
160425JN12427.jpg

病院ではみなが集まって来てクッキを心配しますが、
160425JN12428.jpg
アランにも病院から「移植のドナー適合」に
問題がないとの朗報が入り、病院に向かおうとします。

しかし、アランの車をキルスの手下のバイクが妨害し、足止めしようとします。
160425JN12430.jpg
バイクを避けようとしているうちにアランはハンドルをとられ、路肩に激突。

アランの事故を目の当たりにして叫ぶキルス
160425JN12431.jpg

果たして2人の運命や如何に?

出た!最終回間際の「命に関わるレベル」の交通事故
どんだけ同じパターン使えば気が済むの?って感じですが、
今回は、これはアランからクッキへの「生体肝移植」に
ストップをかけるための流れを作るためで、
どうも「キルスの改心」のためにはならないようです。
そこんところで、少し定番とは違うパターンとも言えなくないですが、
どっちにしろ事故を安易に使い過ぎですよね?

ジウン:「我が家のハチミツの壺」第123話 医師に診療を頼むのにここまでする必要があるのかどうか・・

ジウン主演ドラマ「我が家のハチミツの壺(我が家のハニーポット)」
04 /26 2016
160425JN123001.jpg160425JN123002.jpg160425JN123003.jpg
160425JN123004.jpg160425JN123005.jpg160425JN123006.jpg
160425JN123007.jpg160425JN123008.jpg160425JN123009.jpg
123話「オ・ボム表情」画像:コンマ数秒の瞬間でキャプチャーすると
結構面白い表情を捉えることができます。


今回は前置きなし。
サクサクとレビューをすすめます。

123話(FULL)

우리 집 꿀단지.E123.160421.HD 投稿者 am423

ボムとアランに「移植を受けない」と宣言したクッキ。
家に帰ってからも2人の説得は続きます。
160425JN12301.jpg
しかし、それを頑なに拒むクッキです。

ソニョンのアランへの風当たりはどんどん強まっていき、
160425JN12302.jpg
アランのソニョンへの憎しみもどんどん増加していきます。

ボムとマルは、生体肝移植の権威的医師にクッキを説得するために診療してくれるよう頼みます。
160425JN12303.jpg
しかし、医師からの拒否を受けますが、ボムはあきらません。

ボムとマルは、クッキが作った食事を「とても美味しい」と言って食べ、
マルの「毎年作ってくれますよね?」という言葉を聞いてボムは涙ぐんでしまいます。
160425JN12304.jpg
160425JN12305.jpg
※ここのジウンの演技はいいかなり上手い演技だったと思います。

翌日早朝から医師の車を洗車したり、
家の前に座り込んだりと、なんとか母の診療をしてもらおうとするボム
160425JN12306.jpg
そして、その誠意が通じて、医師はボムの願いを聞くことになりました。
※ただ、現在の医療体制下にあって、
こんな前近代的な請願行動が必要だったかどうかは疑問。


クッキとジョンギは2人で映画館デート。
病魔がクッキの体に痛みを与え、それを懸命にこらえるクッキが、
ジョンギに体に寄りかかりますが・・・
160425JN12307.jpg
ジョンギ・・・何を勘違いしているんだ?

医師への請願行動で睡眠不足のボムが、
クッキに食事の準備をさせていると思ったジョンギが、
寝ているボムを起こして説教しますが、
160425JN12308.jpg
160425JN12309.jpg
クッキはあくまでボムをかばいます。

ボムの誠意を汲んだ医師がクッキを診療した結果、
「生体肝移植」での根治の可能性があることを説明。
160425JN12310.jpg
家族に希望の光が差し込みますが、
クッキはまだ移植を受けることを決断していません。

ルリョンの社交ダンス通いは、どうも意中の男性がいることが理由のようです。
160425JN12311.jpg
で、ベタルとジョンミの「キムパブ屋」の手伝いもすっぽかして行くもんだから、
クッキがすすんでその手伝いをすることに。
160425JN12312.jpg
※それにしても繁盛してるな
これを知ったジョンギがすぐに止めにはいって、クッキを家に連れ帰って安静にさせます。
160425JN12313.jpg
しkし、相変わらずクッキの病状を何も知らないルリョンは、
クッキに対して、「足をもめ」「料理を作れ」と酷使します。
160425JN12314.jpg
160425JN12315.jpg
ボムとアランはルリョンのわがままに憤慨しますが、
クッキが「いいから」と聞かないので、少しでもクッキを負担を軽くするために手伝います。
160425JN12316.jpg
ここで焼き魚のにおいをかいで、嘔吐しそうになるボム
芸能記事では「妊娠?」って書いていましたが、そのあとの展開では、
特に描写されていないので、よくわかりません。
ただ、それならボムの肝臓の提供のセンを消す根拠にはなるので、
アリはアリだと思います。


160425JN12317.jpg
果たして、ルリョンがクッキの癌を知るのはいつになるのやら・・・

こちら、乾杯酒の成功で、クッキの評価は否が応にも上がり、
それを疎ましく思うキルス。
160425JN12318.jpg
160425JN12319.jpg
ソニョンも乾杯酒のラベルにクッキの名前が大々的に入っているのが不満の様子。

キルスはペーパーカンパニーを作りに、
不正蓄財をすることを部下に指示
160425JN12320.jpg
しかし、その書類をキルスが受付に忘れ、ベタルからアランの手に渡ります。
160425JN12321.jpg
アランはこれを社長室に届けますが、
その中身を見てキルスの企みに気づき、証拠の写真を撮ります。
ただ、そのときに慌てて一枚を床に落とししてしまい。
160425JN12322.jpg
それに気づいたキルスがアランへ疑いの目を向けます。

160425JN12323.jpg
アランはこの証拠もボムの写真たての中に隠します。

ここんとこすっかりお馴染みになった、大家族団らんの食卓ですが、
160425JN12324.jpg
160425JN12325.jpg
しみじみするベタルたちに対し、何も気づいていないルリョンだけ浮いています。

キルスはアランの机の引き出しの中から、ついに隠しカメラを発見
160425JN12326.jpg
160426JN12327.jpg
果たしてアランに対してどのような態度にでるのか?

オマケ:ジウンの最近のインスタ画像
160425JiEun03.jpg
CgppG-RU4AAMTAG.jpg

ジウン:「我が家のハチミツの壺」第122話 ルリョンにだけ伝わらない「伝言ゲーム」

ジウン主演ドラマ「我が家のハチミツの壺(我が家のハニーポット)」
04 /26 2016
160425JN122001.jpg160425JN122002.jpg160425JN122003.jpg
160425JN122004.jpg160425JN122005.jpg160425JN122006.jpg
122話「オ・ボム表情」画像:やはり泣き顔率が高い

先週末に追いつけなかったので、
「4話遅れ」のペースが続いています。
キャプチャのほうは125話まで終わっているので、
最終話までには追いつくことができると思います。

122話(FULL)


우리 집 꿀단지.E122.160420.HD 投稿者 deepen8

ボムのみならず、アランもジョンギもクッキの病を知り、
160425JN12201.jpg
クッキももはや隠し切れずに、それを認めます
160425JN12202.jpg
その衝撃度の大きさに、途方に暮れてしまう3人
160425JN12203.jpg
その中でも一番狼狽が大きいのがジョンギ。
夫としての妻クッキへの愛が大きく作用します。

ここからはクッキの病気情報がどんどん拡散し、
160425JN12204.jpg
まず、マルとテホに伝わります。

家族そろってクッキの病状を医師に確認に行くと
160425JN12205.jpg
医師のほうからは「生体肝移植」に賭けるほかないという所見が。
これを聞いて、助かる可能性があると前向きになるジョンギ。

キルスは社の業績が上向いていることに上機嫌ですが、
テホはクッキのことを慮って、ますますキルスのとの反目を深めます。
160425JN12206.jpg

ボムは病をおして仕事に励むクッキの身を案じますが、
160425JN12207.jpg
「最近は体調もいい」とボムを安心させようとします。

アランはキルスが以前からクッキの病状を知っていたとわかり
160425JN12208.jpg
彼への憎しみをより強く持ち、このことをすぐテホにも話します。

テホはキルスにこのことも含め、その行いの間違いを強く指摘し、
考えを改めるよう求めます
160425JN12209.jpg
160425JN12210.jpg
しかし、キルスはもはや「戻る道」を失っているかのようです。

ジョンギは自分がクッキにできることをあれこれ考え、世話を焼こうとしますが、
160425JN12211.jpg
160425JN12212.jpg
クッキからすると、それは重荷でしかないようで、
ジョンギの過度な気遣いを拒否します。

こちら、この期にいたって、なぜか社交ダンスにはまったルリョン。
160425JN12213.jpg

そのための小遣いをジョンギに無心に行った際に、
ジョンギの財布に自分が仕込んでおいた御守りを見せ、
160425JN12214.jpg
「これは妻の運気を吸い取ってお前に与えるものだ」と自慢げに話します。
ルリョンからすると稼ぎを失ったクッキへのあてつけでもあったんでしょうが、
これにはジョンギが大激怒します
160425JN12216 (2)
※クッキの顧問や副社長職は無報酬なのか?

べタルとジョンミは、またしても店から食材を持ち出しているところをミタルに見つかり、
160425JN12216 (1)
さすがに怒ったミタルが「家庭のルール」をさらに強化します。
160425JN12217.jpg
※このシーン必要あったか?

ミタルとテジュンは、ボムとマルが肝臓移植について話しているのを聞き、
クッキの病状と、その対応策を知ることになります。
160425JN12218.jpg

ミタルは「ボムが臓器移植ドナーになるのは反対」ということをクッキに話します。
160425JN12219.jpg
「あの子は、私のような継母に出会ってしまい苦労した、
ようやく金持ちの親が見つかってよかったと思ったら、
また苦労している。これ以上、不幸を与えたくない」と、育ての母親としての愛情を示し、
クッキもまた、ミタルと同じ考えで、臓器移植を受けない意志をミタルに伝えます。

テジュンからの報告で、ベタル、ジョンミ、ガウルもクッキの癌を知ることになり
160425JN12220.jpg
クッキの不幸を嘆く一同ですが・・・
ベタルのこの表情は良い・・・大げさながら悲しみの顔になってる。

が・・・ジョンミはというと・・
160425JN12221.jpg
やっぱりこの人、下手くそ。まるで悲しそうに見えない。

まだ若いガウル役のユ・ヨンミさんのほうが、
160425JN12222.jpg
よっぽど表情つくれています。

ということで、未だ病状を知らないのはこの2人のみ。
160425JN12223.jpg
ソニョンはクッキの体調が優れないことまでは知っていけど、
癌であることは知らない・・よね?
ルリョンに至っては、その体調悪化すら知らない状態で、
稼ぎがなくなったクッキにお門違いの恨みしかない。

ソニョンはクッキが副社長としてのさばりはじめたと感じて、邪魔でしょうがない様子。
160425JN12224.jpg
そんな姑の態度に腹立たしい気持ちを隠せないアラン。
160425JN12225.jpg
ソニョン役のチェ・スリンさん、ここにきて、その憎たらしい態度に磨きがかかってきていますね。
この「自分の利益しか考えない無自覚な悪辣な態度」って韓国ホームドラマにはありがちな設定ですが、
そこにぴったりはまりこむ演技です。


ボムとアランはそれぞれにドナー適合の検査を受けます。
160425JN12226.jpg
160425JN12227.jpg

しかし、病院で会ったクッキからは、
「生体肝移植は受けない」と宣言され、
160425JN12228.jpg
160425JN12229.jpg
2人は、母の真意をはかりかね困惑してしまいます。

※まぁ、生体肝移植自体がリスクを伴うものだから、
娘の体を傷つけ、それでも助からないかもしれないと思えば、
いたずらに提供を受けようとは思えないのも母心でしょうが、
他に根治可能性がないとするならば、ボムとアランは、
母を助けることができなかったという後悔が残るので、
素直に移植を受けるほうが、結局は娘を悲しませることにならないと思うんですが、
ここでの拒否は何かの伏線か、ただの尺稼ぎかのどっちかかも知れませんね。

ヒョソン:「私を見つけて」 4/24SBS「人気歌謡」(4巡目:グッバイステージ)

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
04 /26 2016
160426JHS01.jpg
201604241505530310_1.jpg
純白のシースルーで美しいことこの上ないんですが、
残念ながら良い質の画像がない。


4月24日は人気歌謡のグッバイステージ

[인기가요] 160424 전효성 - 나를 찾아줘 投稿者 kpopRyu

これで、だいたい音楽番組の出演は終了。
とはいえ、ヒョソンが完全なお休みに入るわけもなく。
201604251404039910_1.jpg
26日に放送されるSBS「スターキング」の収録にも参加しています。

それにしても、結局ダンス練習動画を出さないままに終わってしまうようですが、
これは、いったいどういう「戦略」あってのことだったんだろう?

160426JHS03.jpg
番組の最後にステージから手を振るヒョソン
横にいるのは、やはりソロ作を発表したApinkウンジ


[인기가요] 160424 정은지 - 사랑은 바람처럼+하늘... 投稿者 kpopRyu

これが、実に素晴らしい出来で、
ウンジの表現力の高さを堪能できます。

SONAMOO:4/24「出発!ドリームチーム2」 (どさくさ紛れに、Berry Goodも紹介)

SONAMOO:Green Moon Rising !
04 /25 2016
160425SN10.jpg
ソルバンウル少なっ!!

24日放送の「出発!ドリームチーム2」
女性アイドル100人出演ってことで、
どんだけ映るか心配していましたが、
ディエナとウィジンが頑張ってくれて、そこそこ目立っていました。

まずは、ソナムメンバーが映っているシーンを編集しておいたので、そちらをどうぞ。

160424 Dream Team 2 Sonamoo Cut 投稿者 dm_50842e92a1b7d

入場シーンは、どんだけたくさんの
「イマイチ売れていない」グループが出ているかを示すために、
入れておきましたが、ここではソナムは映っていません。うぅ・・。

で、予選第1グループからいきなりスミンが登場しましたが、
160425SN01.jpg
早々に、顔面から滑落して脱落
160425SN02.jpg
とはいえ、落ち方が鮮やかだったので、一応目立った。

予選の様子はこの後はダイジェストになって、
そこを勝ち残ったディエナが登場
160425SN03.jpg

そして、見事にサシの勝負に勝利し決勝トーナメント進出
1604275SN04.jpg

ウィジンも大喜び
160425SN05.jpg

勝者の特権。
「てっぺん」で「Cushion」踊らせてもらいカメラ独占!
160425SN06.jpg

さらにウィジンも予選突破していて、
160425SN07.jpg

こちらはクレヨンポップソユルとの対決
160425SN08.jpg
「体育ドル」としても名が通っているソユル
私、クレポではイチオシです。

ナヒョン、スミン、ディエナが声援を送りましたが
160425SN09.jpg
160425SN11.jpg

見かけによらずパワフルなソユルに力負け
160425SN12.jpg
160425SN13.jpg
160425SN14.jpg
160425SN15.jpg
ウィジンは残念ながら決勝トーナメントには進めず

ちなみにナヒョンは「勝負」シーンは放映されず、人知れず予選落ちしておりました。
こーゆー、パワー勝負なら、ニュッサンのほうがよかっただろうね。

ディエナは決勝トーナメント第1組
160425SN16.jpg
同じく勝ち上がってきた中に、
日本ではソナム以上に知名度の低い、
Berry Goodダイェもいました。

私、このグループ結構好きで、以前にも記事にしたことありますが、
デビュー曲が2014年の「ラブレター」


この曲、男性アイドルグループ「Click-B」のリメイクなんですね。
デビュー曲でその発想も面白いし、それを可愛さが溢れ出るような曲に仕上げてくれています。

ただ、翌2015年1月に5人中3名が脱退し、
急遽3名の入れ替えを行い、2月にセカンドシングル「Because of You」を発表


このときに加入したうちの一人がダイェで、ラップを担当。
「ラブレター」のときの「ぬるーいけどなんか味のある」ラップの雰囲気を再現してくれて、
Berry Goodの「持ち味」を発展させてくれました。

一定の評価を得つつも、あんまり売れないという状況にあって、
その年の9月には第3弾シングルとしてバラード曲「初恋」をチョイス。


これ、いい曲なんですよ。
メンバーの歌唱力の高さも十分に伝わるし、MVも美しいし。
でも、売れてない新人グループのやることじゃないわけで、見事に不発。

そして、先ごろ第4弾シングルとして、「Angel」を発表


こちらは、かなり手の込んだ楽曲のつくりで、「ぬるいラップ」の持ち味は後退してしまい、
終盤にシャウトの見せ場はあるものの、個人的にはちょっと残念な変化となってしまいました。
※公開から1週間で再生数7万切っているので、やはり認知度はかなり低い。

どっかで、Berry Goodの紹介しておきたいと思っていて、
丁度いい機会なので、放り込んでしまいました。

さて、勝負の結果ですが・・

160425SN18.jpg
負けました

160425SN17.jpg
ここで勝ち残れば、決勝でまた「サシの対決」だったので、
相当に目立つことができたので、残念です。

ちなみに、優勝したのはATTという(多分)昨年10月にデビューしたグループ
こちらは、音楽番組への出演チャンスにも恵まれないグループのようですが、
それでもデビュー曲(かな?)の「Temptation」のMVで、
「360度回転バージョン」という凝ったこと(流行りらしいですが)をやっています。


TSエンタも、こういった「ひと工夫」してくれんもんかね。

大河ドラマ「真田丸」第16話「表裏」 「表裏比興之者」のことじゃなかった・・やるなぁ

2016年大河ドラマ「真田丸」
04 /25 2016
160424SM11.jpg
タイトルからして、昌幸メインかと思いきや、
上田のシーンは少しだけ、しかも家康、秀吉に振り回されるだけ

三谷さん、秀吉をして昌幸を「表裏比興之者」と評した言葉を上手く使って、
大坂城に中に潜む、さまざまな「表裏」を描いて見せましたね。
史実的な進展の少ない回でしたが、その分だけドラマとして面白かったし、
「豊臣家の人々」の本質をえぐりだしていました。

信繁が、景勝に「捨てられる」カタチで大坂に置いていかれて、
秀吉の馬廻り衆の一人となることに(このへん、三谷さん自由に発想しています)。
で、その世話役ともいうべき人が
160424SM01.jpg
近藤芳正さん演じる、「賤ヶ岳七本槍」の一人、平野権平長泰。
早速、先に出世した片桐且元に対しで「表裏」ある態度を見せています。

平野長泰は、関ヶ原の折には、秀忠に従軍し、東山道を通るので、
第2次上田合戦にも絡むかたちになります。
そのときに再登場する可能性があるので、ここで信繁に絡むようにしているのだと思います。
(長泰が馬廻衆筆頭であったかどうかはわからない)

160424SM02.jpg
信繁が上田へ追い返そうとした「きり」は、寧々に召し抱えられています。
ま、これもフィクションとしては「なんでもあり」でしょうね。
問題は、孫七郎秀次の人生にどのように絡ませていくかですね。
そこにあまり濃厚に絡まないようにして欲しいが・・・そうなるんだろうなぁ。

秀吉の寧々に対しての信頼の高さと重用ぶりも出ていましたが、
160424SM03.jpg
これ、次回の朝日姫(秀吉の妹)の家康への輿入れへの伏線でもあるんだろうね。
秀吉が天下人になることで自分の役割が重くなっていくことに、
率直に不安を感じている寧々・・
今回、小一郎秀長とともに、「表裏」のない人として描かれていたかも。


こちら全身これ「表裏」の三成は、大谷吉継と、
千利休への対応についての密談
160424SM04.jpg
この2人、「土方歳三と榎本武揚」でもあるんですよね。
あのときも素晴らしい組み合わせのキャストだったので、
関ケ原まで、2人の息の合った演技が楽しみです。

大坂城落城の最期まで淀の方につきしたがう大蔵卿局
160424SM05.jpg
茶々のことを「あのお方は悲しむことを止めたのです」と表現
三谷さん、この一言で茶々=淀の方の主題を言い表しましたね。
160424SM06.jpg
そのように捉えると、この茶々の「不自然な明るさ」がすごく腑におちます。
しかも、あえて「翳」の部分を見せないで、その明るさだけを見せる。
その明るさが、2度の落城と父母の死という
計り知れない悲しみの封印によるものという演出。
竹内結子さんも、その演出意図にしっかり応えていますね。

秀頼を生み、「失なわないことへの固執」というものが生まれ、
それが、後年の彼女の人格や行動を規定していくことは予想できるんですが、
その前の段階での鶴松の出産と死をどのように描くかも楽しみになってきました。

秀吉の弟、小一郎秀長が信繁に語ったセリフも重要でした。
160424SM07.jpg
※信繁が「大和宰相様」と呼んでいたのは感心した。
「誰もが身の丈からはずれた地位と暮らしで溺れかけている、それが今の大坂城だ」
この平衡感覚を寧々とともにもっていた秀長が、間もなく死んでしまうことで、
豊臣家とその家臣を束ねる求心力が大きく失われてしまうことを思えば、
秀長のこの言葉は、その後の大坂城の命運の予言であるとも言えます。

秀吉は一旦は信繁の意見も取り入れ、
家康に対しての「真田攻め」の許可をしないように思えましたが、
且元が浜松に、「開戦許可」の使者として向かうことがわかり、
160424SM12.jpg
大坂城にうごめく「表裏」に振り回されて狼狽する信繁の姿で16話は終了。

その前に・・・全く「表裏」のなさそうな平八郎忠勝の娘、稲(小松姫)初登場
160424SM08.jpg
吉田羊さん、見事な若作り

この娘に対し、厳しい父親かと思いきや
160424SM09.jpg
「転んで怪我でもして美しい顔に傷でもつけたらどうするんだ」と、
見事に親バカな平八郎として描かれています。
160424SM10.jpg
これは、昌幸への輿入れがますます楽しみになってきました。



ヒョソン:4/23 SNLコリア キャスター姿も板についてきました

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
04 /24 2016
160424JHS11.jpg
ミニファンミのときと同じ衣装です。

23日はSNLコリアの3回目
今回もヒョソン編集動画をどうぞ

160423 SNL KOREA HyoSeong Cut 投稿者 dm_50842e92a1b7d

今回はエンディングでは、最後の瞬間に映り込んだだけなのでカット
160424JHS12.jpg
160424JHS13.jpg
160424JHS14.jpg
160424JHS15.jpg
3回目で表情もリラックスしてきました。
この番組6月くらいまでレギュラー出演するみたいですね。

CgvDReRVEAAVoic.jpgCgvDRjJUUAEfLnZ.jpg
CgvDReTUUAAcyxb.jpgCgvDReTUcAAy3FZ.jpg
これは、収録前に撮ったのか、ファンミの前に撮ったのか?

さて、24日のSBS「人気歌謡」でのステージですが、
例によってyoutubeのほうはエリア制限かかって見れず、
デイリーにもアップされていないので、見れません。
アップするタイミングがなくなっては困るので、
ヒョソンツイートの衣装画像だけアップしておきます。
CgzXv3EU0AA-X18.jpgCgzXv3EUYAAvbuq.jpg
CgzXv3FUYAEAMsO.jpgCgzXv5rU4AACGa8.jpg

ヒョソン:「私を見つけて」 4/23はミュージックコア(三巡目:グッバイステージ)

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
04 /24 2016
CgtDX_EU4AEmQDf.jpg
ファンからの差し入れを前に一枚

4月23日のヒョソン「私を見つけて」のステージは、
ミュージックコアのグッバイステージ。


画質が良くないので、少しだけ貼り付け
160424JHS01.jpg
160424JHS02.jpg

この日は、収録後にミニファンミーティングも開催されました。
160424JHS07.jpg
160424JHS09.jpg
160424JHS08.jpg
自分のマネージャーに「キヨミ」をやらせる無茶ブリ



30日に放送されるJTBC[知っている兄」の予告も公開されています。


こちらは「悩殺」ヒョソン
160424JHS03.jpg
160424JHS04.jpg
160424JHS05.jpg
160424JHS06.jpg
これは、見ねばなるまい!

平野、通算100セーブで前日の雪辱を晴らす

オリ達!2016 オリックス・バファローズ勝利の軌跡
04 /24 2016
160424Orix01.jpg
最後の打者の飛球が上がったときに、早くもガッツポーズでした。

雨天中止を挟んで、
イーグルス、マリーンズに2戦連続のサヨナラ負け。
20日は塚原があと1人抑えれば引き分けに持ち込める12回裏に、
嶋のサヨナラ打で力尽き、
雨天ノーゲームとなった、21日は、
モレルの2本、糸井の1本のホームランが幻になり、
イーグルスと合わせ計4本が幻になるという珍記録を作り。
舞台を千葉に移した23日はボグセビックに待望の第一号が出て、
未だ勝ち星のない金子も7回1失点と好投。
岸田が出場停止がとけたナバーロに追加点を奪われるも、
9回に安達、原のタイムリーで再び同点に追いて、粘りを見せました。
しかし、その裏のマウンドに上がった平野が、
今季初失点となる暴投でサヨナラ負け。

そして3連敗は何としても避けたい24日のゲーム。
先発の西は、三者凡退が一度だけという、
苦しい投球ながらも、5回までは1失点でしのぎます。
160424Orix05.jpg
しかし、味方が逆転した6回に、すぐに2点奪われ、
7回もマウンドにあがるも、2死2・3塁のピンチを作って交代となります。
後を継いだ岸田は、昨日2ベースを打たれ2点取られたナバーロを三振に切ってとり、
前日のリベンジを果たします。
8回の塚原も得点圏にランナーを背負い、
井口に左中間ど真ん中に飛ぶ当たりを打たれますが、
これをセンター駿太が横っ飛びのスライディングキャッチで好捕
160424Orix03.jpg
これが抜けていれば確実に1点を失っていたので、流れを止めるビッグプレイでした。

そして9回は平野が登場。
160424Orix06.jpg
2死ながらランナーを3塁まで進めてしまい、
前日の悪夢がよぎりますが、臆せずフォークを投げ込み、
角中をレフトフライに仕留めゲームセット。
自身通算100セーブで、前日の雪辱を晴らしました。

攻撃では、前日の9回、2死1・3塁と、
ここで一本でていれば勝ち越しの場面で三振に倒れた駿太が、
5回に同点のタイムリーを放ち、
160424Orix04.jpg
8回の好プレーとともに、この日は大活躍。

ただ、時折こうして活躍するし、守備は頼りになるとはいえ、
一番に座るなら、もっと安定が欲しいところ。
小田も宮崎も打つ方の調子があがらず、
T-岡田、川端が下にいることもあり、
右投手のときの「一番・駿太」は仕方のない選択だと思います。
安達を上の打順に上げる手もありますが、
そうすると、下位打線がど貧弱になってしまうので、
駿太になんとか安定して期待に応える活躍をして欲しいところです。

6回には糸井がマリンの風にのり、滞空時間の長い飛球で4号ソロで逆転し
160424Orix02.jpg

モレル四球、ボグセビックヒット、小谷野犠打で2・3塁として、
代打、原拓のヒットで1点追加、さらに暴投で1点を貰い、
最終的にはこの暴投の1点が決勝点になりました。

これで原拓は6打数5安打、打点3
16日のライオンズ戦から5打席連続でヒットを打っています。
これからも右投手とライオンズ戦での切り札になってくれそうです。

この週のカードは、全てが1点差で2勝2敗。
昨年に比べて接戦に強くなってきたとも言えますが、
その分、シーズンの早い段階からの「勝ちパターン」の中継ぎ投手の酷使も心配です。

ただ、22日は佐藤達が2イニングを無安打に抑えると復調気配なので、
岸田・塚原の酷使を緩和できるようになってくれると期待しています。

4月最後の週は、ホームでホークス、イーグルスと2連戦。
ホークスはオリックスに連勝(しかも大勝)してから勢いに乗せしまったので、
その独走を許さないためにも、今度はその勢いを止める役割を果たしたいところです。



ソナム:「出発!ドリームチーム2」スミン、ディエナ、ナヒョン、ウィジン出演回、24日やっと放送

SONAMOO:Green Moon Rising !
04 /23 2016
160423CgpYSl-UUAAxbad.jpg
「花よりソナム」第4回は、MCニュッサンで、ディエナ紹介の巻でしたね。
こちらは、字幕が入ったら記事アップします


2月28日に収録された「出発!ドリームチーム2」
160423SONAMOO03.jpg
100人の女性アイドルグループの中に、
スミン・ディエナ・ナヒョン・ウィジンがいます。

160423SONAMOO01.png
かろーじて、左上にスミンを確認できます。

160423SONAMOO02.jpg
こちらも右上にちらっといます。

ちなみに、ソナムを含め、出演するグループが28組。
デビュー3年以内程度の若手グループが中心のようですが、
いくつかのグループを除いて、「あんまり売れてないなー」という印象のグループばかり。
ヨジャチングあたりのクラスだと、
もうこのような「ひと山ナンボ」のキャスティングはされないということでしょうが、
そこに、ソナムががっつりキャスティングされている現状は少し寂しい。

CgpQljJU4AQzhb9.jpg

放送は24日の午前10時50分からですが、
恐らくデイリーでフルバージョンがアップされるので、
そちらをDLして、「目を皿のよう」にして、
スミン、ディエナ、ナヒョン、ウィジンが映っているシーンをキャプチャします。
その必要がないくらいに目立っていればいいんですけどね。

ジウン:「我が家のハチミツの壺」第121話 ジウンの「泣き演技」はグッジョブ!

ジウン主演ドラマ「我が家のハチミツの壺(我が家のハニーポット)」
04 /23 2016
160423JN121001.jpg160423JN121002.jpg160423JN121003.jpg
160423JN121004.jpg160423JN121005.jpg160423JN121006.jpg
160423JN121007.jpg160423JN121008.jpg160423JN121009.jpg
121話「オ・ボム表情」画像:今回は「泣き顔」特集ですね

また4話分ためてしまいました。
週末でまとめて仕上げることができるので、
つい先送りにしてしまっていますが、
どうにも「早くレビューして、面白さを伝えたいっ!」っていう気が起きないんですよね。
見ていて、(いい意味での)意外性があったり、
脚本・演出に感心したりというのがとても少ない。
メインが深刻な展開なのに、脇のストーリーが、
相変わらずのほほんと無駄に尺食ったりと、
チグハグ感だけが、やたらに目に付いています。

121話(FULL)

우리 집 꿀단지.E121.160419 投稿者 mao26

クッキの癌を知ったボムはショックを隠せません
160423JN12101.jpg

泣きじゃくるボムを見てミタルも心配しますが、
ボムは心の整理がつかなくてミタルに本当のことを話せません。
160423JN12102.jpg

そしてボムの不安は焦燥に変わり、
160423JN12103.jpg
病気を隠して仕事するクッキを見つけると、
「こんなことしている場合じゃないでしょう!」と怒りながら連れて帰ります。

病気のことを知らず、のんきなジョンギを見てもイライラするボム
160423JN12104.jpg
※だったら早く言えばいいのに・・と思うが


そんなボムの様子をマルも心配しますが
160423JN12105.jpg
ボムはここでも言いかけながらも黙ってしまいます。

そして、キルスは恐らくクッキの癌に気づいていた思い、
160423JN12106.jpg
知っていながら黙っていたキルスに怒りをぶつけます。

アランにはちゃんと告げようと思ったボムですが、
160423JN12107.jpg
ジェニーの邪魔が入ってアウト!

ここまで、「言いたくても言えない」展開に見ていてイライラしました

厨房道具を窃盗されてしまったベタルとジョンミに対し、
家族が少しずつカンパをして助けますが、
160423JN12108.jpg
このときジョンギはお金がなくて密かに恥ずかしい思いをします。

家に戻ってから、クッキに対して拗ねるジョンギ
160423JN12109.jpg
クッキが財布からお金を出したのに自分が出せなかったので、
面子をつぶされたと感じています。

で、こっそりクッキのカードを拝借し、それをジョンミに渡し、
160423JN12110.jpg
何とか自分のプライドを保とうとするダメ夫ジョンギ。

ブンギルダン社内では、
ヤン代理たちが「視聴者」の意見を代弁!
160423JN12111.jpg
ジェニーに向かって「アメリカに行くんじゃなかったっけ?」

ほんとだよ、さっさと行け!

どうも、マルが行かないので居座っているみたいですが、
ブンギルダン社の人事発令システムはどうなっているの?


160423JN12112.jpg
「キルスの監視」をめぐってのアランとテホの確執はまだ続いていますが、
決裂にはいたっていません。

ブンギルダン社酵母研究所の起工式
160423JN12113.jpg
例によって「何でも屋マーケティング部」マルくんが司会
※どう考えても総務か庶務の仕事だってば!

遅れてきた「社長夫人」ソニョンは、クッキとキルスの間に割り込もうとしますが、
160423JN12114.jpg
キルスによって端っこに追いやられます。

式典中に眩暈がしたクッキに気づき、駆け寄るボム
160423JN12115.jpg
もちろんクッキは気丈に振舞います。

しかし、裏に回って薬を取り出したときに、ソニョンが表れ、
160423JN12116.jpg
テープカットで邪険にされたことで難癖をつけます。

苦しい中、耐えていたクッキを助けたのがミタル
160423JN12117.jpg
ソニョンを「一撃で倒します」(嘘)
※この場面リアル姉妹喧嘩ですので、
他の俳優さんに対してよりも遠慮なくできる分、迫力がありましたね。


クッキは自分が死んだ後にボムを導いてくれるようキム先生に頼みます。
160423JN12118.jpg
癌のことは口に出していないけどキム先生は察している様子。

ソニョンはキルスとの会話からクッキの病状が深刻であると察し、
先ほどの意趣返しとばかりに、「嫌味」を手土産にお見舞い。
160423JN12119.jpg
しかし、クッキの怒りを買い追い出されてしまいます。

こちら、ミタルが嫉妬するテジュンの美人秘書の件が解決しました。
160423JN12120.jpg
いろいろありましたが、なんとマ社長と結婚(交際?)することになりました。
結論だけ書くとこうですが、今回もミタルの尾行とか、無駄に尺が長かった。

ジョンギがクッキのカードを無断で使ったことがバレて、
160423JN12121.jpg
その緩い金銭感覚にクッキが激怒

これですっかり拗ねてしまったジョンギです。
160423JN12122.jpg
もちろん、そんなジョンギの姿を見て、
さらにイライラを募らせるのはボムですが、

もはや心の内にしまっておくことも出来ず途方に暮れてしまいます。
160423JN12123.jpg

そこに、ようやくアランがやってきて、
160423JN121224.jpg
160423JN12125.jpg
ボムはアランにクッキの癌のことを打ち明けます。

そして偶然にジョンギも聞いてしまい、
160423JN12126.jpg
家族全員がクッキの末期癌という事実を知ることになりました。

次回は、ここから始まる「伝言ゲーム」(ルリョンを除く)です。

ようは、ジョンギとアランが知るのにまるまる一話使ったわけだ・・長げえよ。
ジウンの泣き演技は、「悲しさ」「もどかしさ」がよく出ていてよかったとは思うし、
ミタルに打ち明けられないシーンでは
かなりの長セリフを泣きながらという難しい演技でがんばっていました。
前にも書きましたが、本人であるクッキが知らずに
周囲が先に癌であることを知るという設定にすれば、
このように主人公が懊悩するというブレない描き方ができたわけですよ。
なんでそうしなかったか、今更ですが惜しいと思います。


ヒョソン:「私を見つけて」 4/22② ミュージックバンク(4巡目:グッバイステージ)

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
04 /22 2016
Cgo_-m1UcAEnVWE.jpgCgo_-rqVEAAMdWP.jpg
GAON アルバムチャートは19ポイントダウンの69位に・・
うーん、苦しい


22日の2発目はミュージックバンクのグッバイステージ。



特に「グッバイ」らしい雰囲気もなかったですが、
最後まで短縮バージョンじゃないのはよかった。
160422JHS002.jpg
160422JHS003.jpg

で、収録入りの風景がこちら
201604221012241810_1.jpg201604220915776800_57196d30a6a23.jpg

今回は毎回ツイートにステージ衣装を
アップしてくれているのがありがたかった。
Cgo_-m2UYAE1cwA.jpgCgo_-m1UkAI0iIC.jpg
(昨年は私がそこまでチェックしてなかっただけかも知れませんが)

オマケ:ヒョソンのインスタなどにアップされていた、
「猫とヒョソン」画像
Cgpr_ciUkAAuVUv.jpgCgpr_PAUcAA6tQs.jpg
Cgpri4XU8AA8Env.jpgCgprjywU4AA-Qhw.jpg
CgpqLZbUgAAg-tM.jpgCgprjZWUoAQXlOV.jpg
CgpqLIeUgAAYJcd.jpg
「猫派」の私にとっては、思わず顔がほころんでしまう写真です。

ヒョソン:「私を見つけて」 4/22① Simply K-POP(録画:3巡目)

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
04 /22 2016
160422JHS001.jpg
放映ではこの衣装なんですが・・・

終了間近なヒョソン「私を見つけて」の音楽番組活動

22日一発目は「Simply K-POP」の録画放送


で、今回分は芸能記事で写真がたくさん出ているんですが
201604212153380510_1.jpg201604212153380510_3.jpg
201604212216070510_3.jpg201604212153380510_2.jpg
201604212216070510_4.jpg201604212203370510_2.jpg
201604212203370510_3.jpg201604212216070510_2.jpg

また思いっきり衣装が違います。
当日放送ならば事前収録と生放送で衣装が違うというのが、
「MTV THE SHOW」でありましたが、
「Simply K-POP」は放送日前(これは16日)に収録しているのを放送する録画番組なのに、
なんで2通りのステージ衣装があるんだろ?

201604212203370510_1.jpg

さて、もう一つニュース
Cgk5bSIUkAAM6BU.jpg
「M ! Countdown」の上海公演へのヒョソンの出演が決定。
その日程が5月28日(土)ですので、
5月最終週末の来日はないと考えていいと思います。
ということは、その前の週あたりに
日本でのリリースイベントがあるかどうかですが、
今の時点で、まだ何にも告知されていません。
これは、6月になるということかも知れませんね。

SONAMOO:「花よりソナム」第3回はスミン紹介(MC?ハイディ)

SONAMOO:Green Moon Rising !
04 /22 2016
CgkF4BqUcAAGH9Z.jpg
この組み合わせは意外だったけど、
私としては嬉しい組み合わせではある。




「花よりソナム」第3回は19日に生放送。
今回はスミンの紹介ということで、
CgkGDE8UgAAAdcJ.jpg
スミンの魅力をたっぷり紹介してくれましたが

MC担当のハイディは・・・
CgkGJ6HU4AERXXi.jpg
MCというほど仕切ることもせず、
そこはスミンまかせで、どっちかゆーとアシスタントのような位置づけ。

CgkGDGnUcAAYXaQ.jpg
まぁ、スミンのほうがずっと仕切り慣れていますので、
これは自然な流れというものでしょう。

「MC失格」ではあるけど、ハイディ「どや顔」は随所に健在
160422SM03.jpg
それがハイディの魅力なので、これで良し!

今回はタブレットで写真をたくさん紹介
160422SM01.jpg
ヒョソン出演の「幽霊を見る刑事チョヨン」の第4話での、
ナヒョンとスミンの出演は有名ですが。

160422SM05.jpg
B.A.P「1004(Angel)」のMVに後姿で登場しているのは知らなかった。

で、ニュッサンの回で紹介した、「Never Give Up」の他に、
2012年の「Stop It」のMVにも登場しているスミン
160422SM04.jpg

これ私も先日、MV見て確認しました。
160422SM15.jpg
160422SM16.jpg
ほんの僅かですが、がっつり映っています。
ウィジンも映っているんだが、前回話題に出なかったですね。
ディエナの回で再度登場するかも。

他にも幼少の頃のかわいい写真や、
160422SM07.jpg

ソナムデビュー前の2014年4月の春の夜桜見物の帰りの写真
160422SM08.jpg
この写真はどこにもアップされていないので、
スミンのツイッターにアップしてくれないかなぁ。

写真の他には・・・
160422SM02.jpg
北斗七星のような並びの腕のホクロ自慢

160422SM06.jpg
スカートだからわかりづらいヒップライン自慢

などなどありましたが、一番「え?」って思ったのが、
趣味として語っていたのが料理だってこと。
「ペットハウス」で見ていた限り、料理するのは好きかもしれんが、
味の方は「???」だったので・・・。

メンバーからの苦情コーナーでは。
「風呂が長い」「TVドラマ見ているときウルサイ」
「掃除しろ」「お菓子の食いカス散らかすな」
などなど・・
でも、メンバーのリーダー、スミンへの信頼と愛情も言葉にしていましたね。

今回の後半は、メンバーのスマホカバー当て
ちなみに・・・
160422SM12.jpg
これがウィジンの。
余白をたっぷりとってシンプルにアクセントを入れるあたり、
写真好きなウィジンらしいとも言えます

こちらはディエナのもの
160422SM11.jpg
機能性とデザイン性を兼ね備えているあたり、
しっかりもののディエナっぽくもあります

で、このハイディが「兵器」と言ったこのデコレーションは、
160422SM09.jpg
マンネ、ニュッサンのもの。
なんとなく「キャラクターもの好き」なニュッサンの嗜好が伺えます。

※この正解を言っているタイミング(42分過ぎ)に、
ハナちゃんが応援に来て、声だけ聞かせてくれています。

で、自らもしっかり「顔出し」したミンジェのがムーミンデザイン。
160422SM13.jpg
今回は途中までミンジェがいなかったので「ガヤ」が少し静かだった。
私は「ガヤ」にミンジェの声が響かないとなんか寂しい。

ナヒョンのがこちら
160422SM10.jpg
なかなかガーリィ仕様なのが意外とも言えるし、
「らしい」とも言える、何を持ってもサマになるのがナヒョンなんだろう。

そして、スミンとハイディは・・
CgaCHVAUIAAgIdA.jpg
(真ん中のはこの放送のときに作ったやつです)
ハイディはトトロを下に配し、その世界観をモチーフにしたもの。
スミンのはピンクをベースにキラキラ仕様で、他のメンバーに比べるとやや地味。

この時点で44分と、前2回よりも時間が超過していたのですが、
ここから、スマホケースのデコレーション実演を始めたので、
さらに15分ほどが経過し、放送時間は1時間を超えていました。
160422SM14.jpg
こちら完成品。

ソルバンウルにはたっぷり1時間の放送は嬉しいけど、
これ、どう考えても「新規ファン獲得」の活動ではないよね?
今のファンを大切にしてくれるのはすごく嬉しいけど、
私たちソルバンウルがやきもきしているのは、
同じ2014~15年デビュー組の後塵を拝している状態。
もっと多くの人にソナムの魅力を広める戦略をTSエンタには示して欲しい。
3月にカムバックしたオマガ(Oh My Girl)なんか、「360度動画」みたいに、
ファンでなくても興味をひくようなネタをバンバン打ち出しているし、
CLCは韓国で出遅れた分、日本でのデビューを先陣切って行おうとしています。
そんな中で、ソナムは「身内サークル」のような感じてまとまってしまっていいのか(ドンッ!)

デビュー前に、B.A.PシクリのMVやステージに出ていたことを話題にするよりも、
今のTSの先輩たちの活動にのっかって、存在をアピールするのが効果的じゃないか?
B.A.Pのワールドツアーのオープニングアクトとか、いくらでも打てる手はあるのに、
「使えるものはなんでも使って」ソナムをもっと前面に押し出す努力をして欲しいです。

と言ってもこの「花よりソナム」、残り4人の回もとても楽しみ。
ここで、MC組み合わせ予想をすると・・・
ミンジェにはニュッサンナヒョンにはディエナ
ハイディにはウィジン ディエナにはミンジェ

これで均等にはなるんだが、どうかな?

前回のウィジン&ナヒョンの公式フォト
160420CgZiM_nUkAEpx9h.jpg
160420CgZilNjUEAAnCbZ.jpg160420CgZilPdUEAAoPVS.jpg
160420CgZi7bRUIAAd1fP.jpg

ヒョソン:4/21 JTBC「知っている兄」収録にゲスト参加

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
04 /22 2016
CgjVpIYU4AAvpPe.jpg
最近のヒョソンはベレー帽がトレンド?

21日のヒョソンはJTBCのバラエティ番組の収録に参加
160421JHS03.jpg
共演のゲストはNine Muses(ナミュ)キョンリ

160421JHS04.jpg
カン・ホドン、イ・スグンと、
昨年まで不祥事でTV出演を自粛していた
「復活」組などの男性陣がレギュラーで、
そこにゲストが絡むコメディー番組です。
制服姿がフォーマットということで、ヒョソンとキョンリもこの格好なのですが、
ヒョソンは当然として、キョンリも今年26歳ですが、違和感はございません。

こちらが撮影現場の動画


放送日は4月30日午後11時から

201604211718110310_1.jpg
CgjVpD7UcAAA3od.jpg
CgjVpD9UUAAH1FO.jpg

ヒョソン:「私を見つけて」 4/20はShow Champion(2巡目)

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
04 /21 2016
CgeyfZ3UsAAErjB.jpgCgeyfZ3UYAAVsmP.jpg
本日は名残の桜模様とでも言いましょうか


20日のヒョソン「私を見つけて」のステージは、
MBC「ショーチャンピオン」



今回も美しいステージ写真を拝借
201604201957778626_571760db85dc7.jpg201604201956775607_5717608abc764.jpg
201604201959771768_57176140e857e.jpg201604201955777693_571760401cdc6.jpg

さて、今回の放送では、曲の披露の他に、
「Y! Do It」 ってミニコーナーにも登場
160421JHS01.jpg
160421JHS02.jpg
ヒョソンのポニーテールって生で見たことない・・よな?
うーん、似合っているなぁ。
ということで、その可愛さ120%の動画



この衣装で撮ったセルカがこちら
CgeyfcyUEAAJecp.jpgCgeyfZ8VIAAL1LI.jpg

オマケ画像
CgZO_fTUIAACTyv.jpgCgZO_fUUUAA4XxI.jpg
CgZO9-KUMAAC-UE.jpgCgZO9_bUsAAVG-3.jpg


gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。