SONAMOO:「CUSHION」7/31① Simply K-POP &「The Star」写真追加

SONAMOO:Green Moon Rising !
07 /31 2015
tumblr_nscqlonCbG1u79sa0o1_1280.jpg
ウィジンがこの髪形だと松本明子に見えなくもない・・

7月最後のステージは、まずはアリランTVのSimply K-POP



ハイディのボーカルはかなり響きまくっていますが、
ここの広いステージを活かしきれていないというか、
少しダンスが小さく見えてしまいます。
フォーメーションってそう簡単にいじれるものではないだろうけど、
ステージの広さにあわせた見せ方の工夫はあってもいいかも?

で、前回アップした「The Star」のメイキングで、
全員で写真写しているシーンがあったので、
「これも出ないかなぁ」と書きましたが。
早速アップされていました。
かなりの出来映えです。

tumblr_nscschtrMg1u79sa0o1_1280.jpg
tumblr_nscschtrMg1u79sa0o2_1280.jpg
tumblr_nscsdowcMc1u79sa0o1_540.jpg
tumblr_nscsdowcMc1u79sa0o2_1280.jpg

これは・・もう・・当然のように私、これでポスター作っちゃいます。

そしてセルカも何枚かあります。

tumblr_nscqmoqvcJ1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nscqnh9PwI1u79sa0o1_1280.jpg
tumblr_nscqhip6CF1u79sa0o1_1280.jpg

ダンス練習動画ですが、「NaverCast」Part4のほうにありましたが、
カメラ据え置きの一番シンプルなやつだけです。
もちろん、今のガールズグループのプロモで、
それだけで終わりってことはないでしょうが、
斬新なアイデアのダンス練習動画を重ねて公開して欲しいところです。

Music Bankのステージもこのあとアップします。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします
スポンサーサイト



ソナム:「The Star」スペシャル動画

SONAMOO:Green Moon Rising !
07 /31 2015
150731Sonamoo42.jpg
いろんな意味で「スペシャル」ではある・・・


「The Star」ソナム特集。
後半はソナムの面々が色んなリクエストに応えて、
それを写真におさめるというもの


※8/6英語字幕付きに差し替え

トップバッターはミンジェ
お題は「セクシーポーズ」

150731Sonamoo23.jpg

太ももをチラッと見せてはいますが、
服がこれだから・・ねぇ

お次はニュッサン

150731Sonamoo25.jpg

こんな感じですから、「かわいく」かと思えば、

150731Sonamoo26.jpg

「エギョ(愛嬌)」ポーズでした。
「これはエギョではない」という突っ込みもでましたね。

そしてナヒョンは・・・

150731Sonamoo27.jpg

言うまでもなく「変顔」
ためらいもなくやりきるナヒョンはエライ!
もちろんメンバー全員から文句なしの「Good !!」頂きました。

次のハイディは選んだ途端に大喜び
何故かというと・・

150731Sonamoo29.jpg

「自分以外全員変顔」
これはスミンが凄過ぎですね。

ウィジンは念入りに角度を検討して・・・

150731Sonamoo31.jpg150731Sonamoo30.jpg

お題は、「美貌セルカ」

150731Sonamoo32.jpg

この出来映えにはスミンから驚嘆の声があがりますが、
ナヒョン「いつもと一緒じゃん」と冷たい突っ込み

150731Sonamoo33.jpg

後ろでWピースするウィジンがかわいい

ディエナ「キス写真」
となるとお相手は・・・

150731Sonamoo34.jpg

もちろん「キス魔」ナヒョンさんです。

150731Sonamoo35.jpg

うわ・・濃厚すぎる・・二人して目を閉じると、
やけにリアルに見えてしまいます。

そして最後のスミンは・・・

150731Sonamoo36.jpg

コップを持って何をやるのかと思いきや・・

150731Sonamoo37.jpg

ただかわいく飲むだけのポーズでした。
個人的には好きなんだが、

150731Sonamoo38.jpg

メンバー全員から「Boo !!」をくらい・・

150731Sonamoo39.jpg

罰ゲームで尻文字やらされました。

優勝したナヒョンにはプレゼント進呈

150731Sonamoo40.jpg

いつものことだけと、こういった和気藹々としたやりとりホント楽しいですね。
一人ひとりのキャラがたっていて、仲良く盛り上がるのもソナムの魅力です。

150731Sonamoo22.jpg150731Sonamoo24.jpg
150731Sonamoo28.jpg150731Sonamoo41.jpg

さて、Navercastのほうにも面白い動画があがっているので、
そちらのほうも記事にせねば・・

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ソナム:「The Star」撮影メイキング&インタビュー動画

SONAMOO:Green Moon Rising !
07 /31 2015
150731Sonamoo19.jpg

先日、これまでのソナムの画像のなかでも、
最上級と言える「作品」がアップされた「The Star」ソナム特集。
そのメイキングとインタビュー動画、それとスペシャル企画の動画もアップされました。

まずはメイキング&インタビューの動画のほうから


※8/6英語字幕付きに差し替え

一人ひとりのいろんな表情を写してくれているので、
前回アップした「完成品」とはまた違った表情もメイキングには残されています。

150731Sonamoo01.jpg150731Sonamoo10.jpg
150731Sonamoo16.jpg150731Sonamoo03.jpg
150731Sonamoo04.jpg150731Sonamoo02.jpg
150731Sonamoo15.jpg150731Sonamoo05.jpg
150731Sonamoo07.jpg150731Sonamoo11.jpg
150731Sonamoo06.jpg150731Sonamoo14.jpg

他にも、まだ公開はされていない集合写真のメイキングも

150731Sonamoo09.jpg
150731Sonamoo12.jpg
150731Sonamoo13.jpg

こちらもかなり出来がよさそうなので、公開が待ち遠しいです。

インタビューでは・・

150731Sonamoo21.jpg

ハイディが(自称)「4段ブースター」を披露したり、

150731Sonamoo17.jpg
150731Sonamoo18.jpg

ミンジェとスミンがモノマネをしてやや寒い空気を作ったりしていました。

150731Sonamoo20.jpg

こうやって全員でワイワイしているときに、
いつもニコニコしているウィジンがとても魅力的です。

次回、スペシャル動画のほうをお届けします

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ソナ:SKIN HOUSE 撮影メイキング動画

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
07 /31 2015
150731Sunhwa12.jpg
私の「ソナ欠乏症」も深刻

広告モデル関係の仕事は、
収入面でいうとかなり「実入り」がいいわけですが、
現在シクリでは、それを安定的に継続しているのがソナ
スキンハウスとSt.Scott Londonの2つを長くやっています。
特にスキンハウスのほうはかなり長い契約になっていますね。

今回、そのスキンハウスの撮影現場の動画が入ってきました。



ソナが商品PRもしております

150731Sunhwa01.jpg150731Sunhwa02.jpg
150731Sunhwa04.jpg150731Sunhwa03.jpg

どのカットをとっても安定した美しさです。
清楚な感じから妖艶な雰囲気まで、
いろんな表情を多彩に演じることが出来て、
そのどれもがソナの魅力を十二分に伝えてくれます。

150731Sunhwa05.jpg
150731Sunhwa07.jpg

韓国に行くと、コスメ関係のお店に入ると、
ソナのポスターをたくさん目にするそうです。

150731Sunhwa06.jpg150731Sunhwa10.jpg
150731Sunhwa08.jpg150731Sunhwa11.jpg

もう5ヶ月以上もソナに会っていないのか・・これは長いなぁ。

スキンハウス最新ポスターいろいろ

150715CJ69RM0UwAAbdv3.jpg150715CJ69cwjUAAAIkx9.jpg150715CJ69cwCUMAALHgz.jpg
150715CJ69RQGUYAA2sqJ.jpg150715CJ69RMBUAAAlw1t.jpg

このような「完璧な美貌」のソナも、もちろんいいけど、
リアルで同じ場にいるときの、
マイペースでテキトーで愉快なソナにも早く会いたいですね。

先日、ソナムへケータリングカーをソナが差し入れたと記事にしましたが、
あれ、正しくはソナのファンたちが実施したもので、
ソナもそこに顔をだしたということらしいですね。

CK5v2syUAAES_Qb.jpgCK5v72JUcAAXJXw.jpg
CKz96skUYAAHctM.jpg

一般人と並ぶとソナの細さが際立ちますね。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

糸井やっと本領発揮か?豪快な2発で通算100号

頑張れ!オリックス・バファローズ2015
07 /31 2015
150730Orix05.jpg150730Orix04.jpg

右へ左へ豪快に2発!ついに糸井が目覚めたか!

30日のファイターズ戦3戦目は、わさかスタジアム京都
ようは西京極球場です。
「わかさ」なんて言うから「福井県?」って思ってしまいました。
サプリ食品メーカーの「わかさ生活」のネーミングライツということなので、
福井県の若狭すなわち小浜地方とは無関係ということですが、
なまじ京都から近いだけにややこしいわっ!

西京極と言えば、阪急ブレーブスが準本拠地にしていて、
昭和42年のリーグ初優勝もこの球場でした。
(ゲーム自体は日没コールド負けでしたが)
昭和51年の前期優勝を決めたのもこの球場だった(よな?)

ここでの主催ゲームが26年ぶりって言ってたけど、
ということは阪急ブレーブス以来ってことになりますね。
※訂正:1989年はオリックス・ブレーブス一年目だ。

さて、29日のファイターズ戦では、
余所のチームには決して内容のよくない有原を攻略できず完封負け
せっかく上沢への苦手意識がなくなったのに、また苦手投手が出来てしまったようです。
ただ、ノックアウトされた東明、マエストリの後を投げた山田修義が今季初登板で、
2イニングを無失点。今季育成登録になっていたのを、
急遽支配下登録し、即一軍昇格で登板し結果を残しました。
比嘉が不調、平野が怪我で2軍に落ちた中で、このチャンスをものにして欲しいところです。

30日は「糸井デー」

150730_after.jpg

一ヶ月ぶりとなるホームラン。
しかも今季初の一試合2本。
さらに通算100号達成のオマケつき。

150730Orix01.jpg

初回はヒットのヘルマンを2塁においての先制2ラン
右方向にライナーで持っていきました。

2回に伊藤のソロで3対0とし、
5回は、安達のタイムリーヒットでまず1点。
ヘルマン・安達を塁において、またしても糸井

150730Orix02.jpg

今度は左方向に大きなフライを打ち上げての3ランホームラン。
試合を決定づけました。

150730Orix08.jpg

ここまで鳴りを潜めていた糸井の豪快なバッティングがようやく帰ってきた感じです。
T-岡田、中島はそこそこ安定してくれているので、
これで糸井が本領発揮となれば、ヘルマン、安達の出塁率の高さも鑑みれば、
打線の破壊力はかなり増してきます。

150730Orix06.jpg

ちなみにヒーローインタビューでもウエブニュースでも、
「地元京都で打った!」としきりにいっていますが、
糸井の出身は京都でも北部の丹後地方。
与謝野町で高校が宮津です。
京都市民からすれば「それで地元やなんていわんとって」と突っ込まれるレベルです。
(プロ野球ニュースで谷沢さんが珍しく的確につっこんでいましたが)
ただ、高校での地区予選や近畿大時代のリーグ戦でこの球場自体は使ってたでしょうから、
地元というよりは「糸井を育てた球場」と言ったほうがいいですね。

先発のコマが少なくなってきた投手陣は、
山崎福也が久々の先発。
しばらく中継ぎで投げて微調整が出来たのか、
この日はコントロールが安定。

150730Orix09.jpg


6回までは被安打1、与四死球2で6回までを無失点と完璧な内容。
7回になって連続本塁打を浴びてマウンドを降りましたが、
塚原・岸田・佐藤達が後続を断ち、
山崎福が2勝目を手にしました。

ここんとこ岸田の調子がかなりいいので、
平野の不在はあまり気にならないかも?

これでファイターズ相手に勝ち越しを決め、
借金が一個減りました。

他球団の動きを見てみると、
ここにきてライオンズが大失速。
30日についにマリーンズのゲーム差がなくなりました。
またイーグルスも連敗が目立ち、
オリックスとのゲーム差が2に縮まっています。

2005年・2010年と日本一に輝いているマリーンズ
(ただしどちらもリーグ優勝はしていない)
「5年周期」にあたり期待された今年、
「奇跡を起すポジション」である3位についに手が届きました。
もちろんライオンズとてこのまま落ちるはずもないんですが、
安定していると思われたパリーグの上位・下位も波乱含みになってきました。

31日からは京セラでイーグルスと3連戦
3タテすれば最下位脱出のチャンスです。
イーグルスの先発は5勝2敗と勝ちが先行しているレイであるのに対し、
オリックスがコマ不足から先発に復帰した松葉です。
前回の先発(7月2日)では、1回も持たず、
被安打1、与四球3で1点を奪われ交代させられています。
今シーズン既に何度も「先発失格」を言い渡されていますが、
中継ぎで好投をしたゲームもあるので、とにかく自滅することなく投げて欲しいです。
初戦をとることができれば、その後は西、近藤(吉田かも?)と好調な投手が先発予定なだけに、
松葉の立ち上がりの好投と、(そこそこ)好調な打線の爆発に期待したいところです。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

SONAMOO:「CUSHION」7/30はM ! Countdown & 極上ブロマイド写真公開

SONAMOO:Green Moon Rising !
07 /30 2015
11820517_990815967642477_191324886_n (1)11417334_508424629323213_352483964_n (1)11375157_1644106802533258_600289767_n (1)11351562_1432446913752140_190139266_n.jpg

こちらは「ご出勤」風景
ソウルも夏真っ盛りのようですね。


29日はSimply K-POPの収録はあったようですが、
放映は後日かな?
で、30日から音楽番組2週目ということで、
この日はM ! Countdownのステージ



もしかしたらこの曲は「掛け声」が入れにくいのかな?
少しだけ聞こえるような気もするんだけど、
通常「掛け声」を入れるような隙間がラップとか諸々で埋まってしまっていて、
どのタイミングで入れるべきかでソルバンウルが苦慮しているのかも?

それにしてもかなりいいステージング披露してくれていますね。
全員のボーカルは伸びやかに響いていますし、
ダンスのキレ・躍動感も素晴らしい。
ウィジンの笑顔、ディエナの迫力、スミン・ナヒョンの愛らしい仕種
全部が全部いい仕上がりになってきています。

8月1日には大邱(テグ)と釜山サイン会があるそうです。
地道な活動も続けていくことで韓国内でのファン基盤をつくっていって欲しいですね。

さて、さきほどネット上で見つけた、メンバー個別の写真。
これが実に素晴らしい出来映え
全員が最高の表情で写っています。
これをデビュー時に出していれば
そんときの反響はもっと大きかったろうに・・と悔やまれるくらいです。

では一人ずつ・・

スミン

tumblr_nsawfjwys01u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nsawg3btdF1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nsawguSlIp1u79sa0o1_1280.jpg
tumblr_nsawt2KPPP1u79sa0o1_1280.jpg

ミンジェ

tumblr_nsawhk06EN1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nsawi8U41T1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nsawiwmURu1u79sa0o1_1280.jpg
tumblr_nsawtiZPts1u79sa0o1_1280.jpg

ディエナ

tumblr_nsawjiDRsv1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nsawk4Sie61u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nsawkruouq1u79sa0o1_1280.jpg
tumblr_nsawu7FwO41u79sa0o1_1280.jpg

>ナヒョン

tumblr_nsawllIrmL1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nsawm5P8ch1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nsawmsdOFf1u79sa0o1_1280.jpg
tumblr_nsawurN7EE1u79sa0o1_1280.jpg

ウィジン

tumblr_nsawnfdFCQ1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nsawnz8Vo31u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nsawolgHxM1u79sa0o1_1280.jpg
tumblr_nsawvd9TTJ1u79sa0o1_1280.jpg

ハイディ

tumblr_nsawp6INwM1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nsawpzT44b1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nsawqkuj3T1u79sa0o1_1280.jpg
tumblr_nsawvzakif1u79sa0o1_1280.jpg

ニュッサン

tumblr_nsawraZNyS1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nsawrvTdpU1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nsawsjwrvJ1u79sa0o1_1280.jpg
tumblr_nsawwh0KUz1u79sa0o1_1280.jpg

特にハイディニュッサンは惚れ惚れする美しさ

オマケ:先週のミュージックバンク、局入り前の動画


芸能記者関係への挨拶かな?
何故か2回やらされていますが(笑)

オマケ2:ミンジェの「クルパム」活動時の写真追加

tumblr_ns92kiNBpN1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_ns92l1yhW81u79sa0o1_1280.jpg
tumblr_ns92jl4V7n1u79sa0o1_1280.jpg
tumblr_ns92k2gjsA1u79sa0o1_1280.jpg

このミンジェは透明感もあって、とってもキレイ。

オマケ3:ハイディセルカとナヒョンフォト

tumblr_ns92izSMGs1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nsax1dfprT1u79sa0o1_1280.jpg

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

24年ぶりの「青春18きっぷ」の旅⑤

足まかせ旅日記
07 /30 2015
今回が最終回

CIMG2831.jpg

亀山と言えば、「世界の亀山モデル」でお馴染みの
シャープの液晶テレビ工場があるところですが、
駅前のさびれっぷりは見事なものでした。
いちおー三重交通のバスが何本か停まっていましたが、
真昼間だというのに人があまり歩いていません。
駅が地域の結節点として有効でなくなったというのを如実にあらわしている風景です。

22:亀山13:24発(2308G)名古屋14:35着
CIMG2832.jpg
関西線と紀勢線の接続駅としてかっては賑わった駅だけに、
ホームの大屋根もかなり立派なものですが、
現在は各方面ともに日中は一時間に1本程度の発着しかありません。
名古屋行きの快速は2両編成のワンマンカーで、
無人駅では一番前のドアしか開きません。
しかし各駅のホームにその案内が十分されていないせいか、
他のドアのところで戸惑っている乗客が何人もいました。
このへんにもJR東海のローカル線区への対応の悪さがでています。
ちなみにこの列車では料金精算のために車掌が車内検札をしており、
「だったらワンマンじゃないやん!」と思いましたし、
車掌いるなら乗降ドアを限定する必要ないのになぁと感じました。
JR東海は名古屋近郊と伊勢・鳥羽方面で近鉄に対抗すべく、
桑名までの本数を増強したり、鳥羽行きの快速「みえ」を運行し、
サービスの強化には努めていますが、
伊勢方面へは第3セクターの伊勢鉄道を経由するので、
亀山~河原田間についてはその恩恵が行き届いていないようです。

CIMG2833.jpg

南四日市駅で交換する伊勢鉄道のオリジナル車両「イセⅢ型」

もともと伊勢鉄道は国鉄時代に、亀山を経由せずに、
名古屋と津以南の紀勢線・参宮線とを短絡するために建設された路線で、
昭和48年開通と歴史は浅いです。
優等列車の直通ニーズは高いものの、路線内の乗客は少なく、
赤字路線として第3セクターに移管された路線です。
その結果、全て伊勢鉄道を経由する特急「南紀」や快速「みえ」は、
伊勢鉄道区間は別計算となるため、
仮にJRに残されていれば、今よりもは安い運賃で鳥羽や紀伊勝浦まで乗車できます。
これらの通過利用の運賃収入もあるため、結果として伊勢鉄道は、
第3セクターとしては珍しい黒字経営を続けていますが、
利用者への利便性を考えればいかがなもんだと思います。

四日市から先の区間も複線化があまり進んでおらず、
快速の停車駅が四日市~名古屋間は桑名だけという、
近鉄特急と同じ速達性を持っているのに、
単線区間での列車行き違いで時間をとられてしまっています。
この列車も永和駅で5分ほどの待機となり、
停車する四日市・桑名よりも長い時間停車するハメになり、
「だったら乗降扱いにしたら?」と思いたくなるようなチグハグな運用も見られました。

23:名古屋14:46発(2731M)中津川16:07着

「名古屋で昼食」というのも考えたのですが、
停車している列車が編成の半分がクロスシート車で、
中央西線のこの区間は中津川まで行く列車はオールロングシートの危険性もあったので、
ホームのスタンドで大慌てできしめんをかっこんで、
タバコも我慢して乗車。

ちなみに、列車種別は「快速」ですが、
通過するのは、新守山・神領・定光寺・古虎渓のみ
途中駅18駅中、14駅も停車してなにが快速か!と突っ込みたくなりますが、
これも昔から変わっていませんね。
ようは「早く着きたければ特急乗れ」という姿勢がミエミエです。
途中、その特急「しなの」待避のため高蔵寺駅で4分の停車。

CIMG2834.jpg

この路線は、私にとっては最も利用頻度も高ので、
沿線風景を改めて見る必要もなく、
前日の睡眠時間の少なさを補うが如く、
多治見に着く前には眠りにおち、終点中津川の手前まで熟睡しておりました。

中津川駅では53分の待ち

CIMG2838.jpg

これだけ時間があれば駅周辺をブラブラすることもできます。

CIMG2839.jpg

駅前広場で見かけた「栗きんとん発祥の地」の石碑。
これは知らなかったですね。

昼がきしめん一杯だけというのもあって、
駅前で何か食べようと思いましたが、
どっこも開いてない、というか店が少ない。
国道18号線のロードサイドにはたくさん店があったはずなんですが、
ここも駅前の機能が相当寂れているという感じです。

そんな中で一軒の喫茶店を見つけて入りました。

CIMG2837.jpg

集合店舗の2階にあった店ですが、
上品なご婦人が店主のお店のようで、

CIMG2836.jpg

店内も落ち着いたインテリアとたくさんの鉢植えがあってなかなか素敵。
珈琲カップはもとより、アイスコーヒーにもガラスではなく、
志野焼のゴブレットを使っていて、ハイセンスな雰囲気がありました。
お店の名前は「日曜日」。次に中津川で途中下車したときも立ち寄ってみようと思います。

24:中津川17:00発(1837M)松本19:10着
CIMG2840.jpg
中津川駅の地下連絡通路は、天上が低く、結構年代ものの作りです。

CIMG2841.jpg

今回乗車した列車の中で、もっとも長い時間の乗車になったのがこれ。
松本まで2時間10分の長丁場です。
2両編成のワンマン車ですが、通学利用者が多く、
中津川から坂下まで、南木曽から木曽福島までの間で、
高校生がたくさん乗り降りしていきました。

今回の旅の目的のひとつに、
須原~倉本間の木曽川の対岸に見える滝を、
近くまで行って見てみたいというのがあったのですが、
倉本駅に着いたときには18時前、ここから歩いていくことを考えると、
日が落ちてしまってどこにあるかわからなくなってしまいそうだったんで、
やむなく断念。いつもここを通過するときに気になってはいるんですが、
なかなか行く機会がないままです。
車を運転していたときに行かなかったのを今でも悔やんでします。

暗くなってからは読書に集中していると、あっという間に松本駅に到着

CIMG2844.jpg

いよいよ最後の乗車です。

25:松本20:09発(2537M)長野21:13着

最短の接続ですと19時14分発の普通列車があったのですが、
これがロングシート車両、しかも既に満員に近い状態。
旅の最後はゆったりとしたいし、時間には余裕がある。
そもそもタバコが吸いたい。
ということで、59分待ちの快速に乗ることにして、
まずは喫煙コーナーに直行。

CIMG2842.jpg

7月25日に落成して、神奈川の工場から回送されてきたばかりの、
新型特急車両「E353系」を発見!
これから試運転を繰り返して、「スーパーあずさ」に投入される予定です。

CIMG2845.jpg

松本駅前でまず向かったのがタワーレコード。
ここでならソナムの「CUSHION」を買っても、
特典のポスターがさほど荷物にならずにすむと思ったからですが、
あったのは「通常盤」のみ・・・買うなら「スペシャル盤」のほうだったから断念。
で、結局駅ビルにあるモスバーガー(喫煙室あり)で時間を過ごして、

CIMG2846.jpg

長野行きの快速に乗車。
3日前の朝に長野から乗った車両の逆バージョンです。
この車両、朝、長野からの快速に使って、
そのあと特急「あずさ」として新宿を往復して、
夜にまた長野までの快速として運用されています(多分)。

まぁ、最初から締めはこの車両と決めていたわけではありますが、
途中のダイヤについては下調べせずに行き当たりばったりだったのに、
上手い具合に乗れてよかったです。

最後に姨捨駅近辺からの夜景を撮ろうと思ったのですが、
さすがに車内が明る過ぎて無理。
あの風景を写真に収めようと思うなら姨捨で途中下車する必要がありますね。

uid000002_201405232053077daac6b4.jpg
これはネットから拝借した写真

姨捨近辺は「日本三大車窓」のひとつに数えられますが、
残り2つ、狩勝峠と大畑~矢岳は人家のほんとんどないところですので、
昼は素晴らしいものの夜は真っ暗です。
国内で最も夜景が美しく見える鉄道スポットと言えばここしかないでしょう。

電車は定刻に長野に到着。
3日間、鈍行列車乗りっぱなしの旅はこうして終了しました。

いやぁ疲れた。
若い頃よりもずっと時間を長く感じるようになりましたね。
ただ、長い間「もう(青春18きっぷの旅なんて)無理だろう」と思っていたのですが、
やってみると案外なんとかなるし、
時間が許すならばやっぱり楽しいということを再発見しました。
問題はJR東海管内でも喫煙場所確保ですが、
乗換えで余裕を持てばそれもなんとかなるので、
この夏は残り2枚のキップを有効に使って、
また、どこか遠くに行ってみようと思っています。

ただ・・・長野からって直江津方面と軽井沢方面が、
しなの鉄道になってしまっていて「18きっぷ」は使えないので、
向かう方向が限定されてしまう問題はあります。
飯山線(これも長野・豊野間は別に乗車券が必要)で越後川口まででて、
そこからすっかりローカル線区になった上越線を通って東京まで出るというのも面白いかも。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

24年ぶりの「青春18きっぷ」の旅④

足まかせ旅日記
07 /30 2015
CIMG2790.jpg

もちろん天王寺から特急「はるか」に乗れるわけもなく、お見送り。

最終日27日の行程

まず鶴橋から環状線で天王寺に向かい・・

⑰天王寺7:14発(4111M)関西空港8:00着
この時間の関空快速、だいぶん前に、関空からマニラ行くときに使った記憶があります。
今はなき急行「きたぐに」で大阪に朝着いて、乗り換えるとこの列車でした。
そのときは、大阪駅で既に立っている人がかなりいる混雑で、
そのまま関空までずっと立ちっぱなしでしたが、今回も全く同じでした。
旅行に出かける人というよりは、ひとつ手前の「りんくうタウン」や
空港での仕事で通勤する人が多く利用でしているようです。

CIMG2791.jpg

さて、空港では大韓航空の発券カウンターあたりをうろうろしていましたが、
結局得るものはなく、むなしく引き上げることになりましたが。
出国ゲートのところで、女の子たちがたくさんいて、警備員が整理していました。
また背広姿の警備員もあちこちにいて、
「芸能人待ち」っぽい女の子たちに指定された場所で待つよう促していました。
もちろん、ヒョソン一人が出国するのにこれほどものものしくなるわけもなく、
後で調べてみたら、この日はEXO(エクソ)のメンバーが関空から出国していたようですね。
そりゃ、大騒ぎにもなるってもんだ。

CIMG2793.jpg

結局、2回(しかも5日間で)とも関空で「空振り」した私でした。

⑱関西空港9:31発(4132M)天王寺10:25着
CIMG2795.jpg
帰りももちろん関空快速。今度はガラガラの状態です。
今までに関空島にかかる橋は何度も渡っていて、
CIMG2798.jpg
横からの風景はそれこそ飽きるほど見ているわけですが、
思えば鉄道で正面の景色は見たことがない。
ということで、先頭車両に行き、ガラス越しではありますが、正面からの写真を一枚。
CIMG2797.jpg
瀬戸大橋線でも同じような眺めになるだろうけど、やはりかっこいい。

CIMG2802.jpg

りんくうタウン駅では、後からきた南海のラピートが先発し、
関空快速は3分の停車。
これは日根野で連結する紀州路快速をこの列車の前に連結するため、
日根野での到着時間を調整するためです。
天王寺の駅構内で買ったパンで朝食を摂り、
列車が東岸和田に達するまでに眠りに落ち、そのまま天王寺の手前まで寝ていました。

⑲天王寺10:31発(3346K)奈良11:05着
名古屋~大阪間は鈍行列車でいく場合、本数が多くて速いのは東海道線ですが、
風景的に面白いのは関西線のほうです。
まして来るときに東海道線を使っているので、同じルートで戻るのは芸がないので、
久々に奈良より東の路線を乗ることにしました。

CIMG2804.jpg

このすぐ後に同じ大和路快速の加茂行きがあって、
それに乗っても、その先のダイヤは同じなわけですが、
「奈良で一服する」時間確保のために、一本早いのに乗車。

CIMG2803.jpg

ちなみに関西線や環状線では205系がバリバリ現役で

CIMG2805.jpg

奈良線にいたってはまだ103系が使われていたりします。

⑳奈良11:20発(3350K)加茂11:34着
奈良駅で15分待ちですので、駅の外に出て一服。

CIMG2806.jpgCIMG2807.jpg

奈良駅高架後の2階コンコース部分の、
吉野杉の柱を配した和風な感じがいいですね。

ちなみに、この高架工事をしているときに、
古都奈良らしく、何かの遺構が発掘されて、
考古学研究所により発掘調査が行われましたが、
モノは考古学的要素はまるでなく、明治時代の転車台の跡だったそうで、
発掘調査したみなさんはさぞや「がっくり」きたんだろうねぇ。

CIMG2808.jpgCIMG2810.jpg

そして奈良駅ではずせないのが、移設保存されている2代目駅舎。
現役でない仏閣式駅舎では大社駅跡と並んで有名です。

奈良から東の区間に乗るのはほんとうに久しぶり。
木津駅も学研都市線の直通ですっかり立派な駅になりましたが、
ここは南へは奈良方面一路線なのに対し、
北は学研都市(片町)線・奈良線・関西線の3方向に分岐しています。
単線でほぼ同じ位置で3方向にパッと分かれるのは結構壮観です。
ちなみに同一方向3路線分岐って全国でも意外にレアなケースです。
(私鉄だと阪急十三駅が代表事例ですが)

木津からは山間部に入っていき、加茂駅に到着。

21:加茂11:42発(234D)亀山13:05着
ここからはローカル線区で、本数も一時間に一本だけです。
(一時間に1本走っていれば「たいして」ローカルではないんですが)

CIMG2812.jpg

関西線は明治期に大阪鉄道として湊町(現JR難波)・奈良間で開通し、
その後関西鉄道となって名古屋まで全通、
官営鉄道だった東海道線と激しく乗客誘致合戦を演じた路線です。
それだけに、名阪間の幹線のひとつとして機能した期間もあったわけですが、
やがて時代の流れに取り残され、
電化されることもなくいわば「ほったらかしに」された路線でもあります。
国鉄時代には、名古屋・奈良間を走る「かすが」をはじめ、
京都・鳥羽・紀伊勝浦・新宮を結ぶ急行の経由路線でもあり、
複雑な分割・併合運転が見られる場所でもありました。
加茂以西と亀山以東は電化され、大阪・名古屋の通勤路線になっていますが、
加茂~亀山間は現在ではディーゼル車両のワンマン運転が細々と運転されいる区間です。

CIMG2814.jpgCIMG2813.jpg

JR西日本の非電化閑散区間の標準車両キハ120.
風情もなんにもないオールロングシート車両です。

ただし一両だけということもあって、車内は満員。
私は座らずに車両後部で車窓風景を眺めることにしました。

加茂を出ると、すぐに木津川沿いの渓谷を走り、
風光明媚な景色が続きます。

CIMG2816.jpg

「観光列車」走らせたら人気が出そうな区間なんですが、
西日本と東海と会社がまたがっているのがネックなのかも?

CIMG2817.jpgCIMG2818.jpg

どの駅もここがかって名阪間の動脈であったことを窺わせる長大なホームを持っています。
今はそこを一両だけの列車が寂しく走ります。

CIMG2819.jpgCIMG2820.jpg

木津川沿いの渓谷を抜け、県境を越え三重県の伊賀盆地に入ります。
乗客の大半が降りた伊賀上野駅は、松尾芭蕉の生誕地上野市の北の玄関口で、
近鉄から経営分離された伊賀鉄道との接続駅です。

CIMG2821.jpg

柘植駅手前の草津線(右)との合流地点。
草津へ向かう路線が先に建設されたということもあって、
関西線のほうが分岐するようにカーブを描いています。

そもそも街道としての東海道というのは、名古屋の熱田から海路で桑名に渡り、
そこから伊勢を南下して鈴鹿関を越えて、伊賀・甲賀を経て草津に達するのが本来のラインなので、
この関西線~草津線というのが正真正銘の東海道なわけです。
名古屋から岐阜・関が原を通る現在の東海道線および新幹線は、
その区間についてだけ言えば、「中山道」ということになります。

CIMG2822.jpg

草津線も貴生川までは日中は毎時2本ですが、柘植までは1本だけです。

CIMG2823.jpg

すっかりローカルな駅になったとはいえ、
ここも幅の広いホームと重厚なつくりの屋根と、
かっての交通の結節点だった名残が見られます。

柘植を過ぎると、関西線最大の難所「加太(かぶと)越え」です。

CIMG2826.jpg

かなりの勾配を登り、
鈴鹿山脈・布引山地の間の縫うように走っていきます。

CIMG2824.jpg

かっては列車の交換に使われていた、
スイッチバック式の新在家信号所を過ぎ、

CIMG2827.jpg

加太駅に到着
列車は伊勢平野に向け、どんどん下っていき、

CIMG2829.jpg

この区間にいくつかある、レンガ造りのトンネルを越えて、

CIMG2830.jpg

西日本と東海の境界であり、紀勢線との分岐駅である亀山駅に到着。
ここから先は、JR東海の乗り心地のよい電車が待っています。

次回へ続く

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

24年ぶりの「青春18きっぷ」の旅③

足まかせ旅日記
07 /30 2015
CIMG2772.jpg
金山駅は東海道・中央西・名鉄・地下鉄が乗り入れる
交通の要衝であると同時に名古屋屈指のラブホ密集地

26日は名古屋からスタート。
前日の睡眠不足を取り返すようにしこたま寝て、
起きたのが朝9時前。
腹も減っているので、まずは朝飯。
名古屋と言えば「喫茶店のモーニング」ですが、
私がチョイスしたのは金山駅近くの「ブラジルコーヒー」
開店から40年近くなるという喫茶店王国の名古屋でも老舗に相当しますが、
「モーニングセット」については老舗のプライドか、
種類は選べるものの内容的には「名古屋にしては」貧弱。
しかし、店内は「古きよき喫茶店」そのままで、
音楽も店内のオーディオで流してくれていて、
「喫茶店マニア」の私からすると上出来なお店でした。

いい喫茶店に入ったからといって、
昨日の汗が洗い落とせたわけもなく。
近辺の看板を見ながら、すぐそこにあった、
ネットカフェ「亜熱帯」に入り、
シャワールームを利用して、やっと汗を流すことが出来ました。
そしてブログを一本仕上げて、
一時間後に名古屋駅に向かいました。

⑫名古屋12:00発(2519F)大垣12:31着

この日は大府駅近くの踏み切りで車の脱輪事故があって、
東海道線にダイヤの乱れが出ていました。
もし、前日に東京で泊まって移動していれば、
この乱れにぶつかっていた可能性もありました。
幸い私が待っていた快速は1分遅れで到着。
名古屋での停車時間を利用して定時に出発。
ただし、何故か通過するはずの木曽川に臨時停車していました。
大垣に着くと、列車はすぐに豊橋行きになって折り返し。
CIMG2774.jpg
反対側のホームに停まれば、
米原方面に乗り継ぐ人は階段を使わずに移動できるのに、
「折り返し運用」を優先した入線形態でイマイチ乗客に優しくありません。

⑬大垣12:42発(227F)米原13:17着

CIMG2775.jpg

大垣駅もJR東海管内なので当然ホームに喫煙コーナーはなし。
米原まで乗ってもまだ一時間だけの禁煙なので十分に耐えられます。
ここから先は関が原を越えて関西へ入っていくルート。
特急「しなの」を利用するときは垂井を通らないルートなので、
大垣~垂井~関が原のルートは実に久しぶり。
右手に関が原古戦場、伊吹山を眺めながらあっという間に米原に到着

⑭米原13:20発(3267M)近江八幡13:39着
米原からはJR西日本の管内。
ここでは同一ホームでの乗り換えです。
米原の駅前はあまり店などはないので、近江八幡まで出てから昼食をとることにして、
ここではまだタバコは我慢。
そんな私をあざ笑うかのように、向こう側のホームからでっかい煙がもうもうと・・
「何事?」と車内から見てみると、あらびっくり。

CIMG2776.jpgCIMG2779.jpg

C56牽引の「北びわこ」号でした。
丁度この日が運行シーズンの初日
これも毎週日曜日に2本運行されるのみで、
しかも13:16発だったのが少し遅れていたおかげで、
こうやって見ることができました。
「鉄ちゃん」としてはかなりラッキーなことでした。
牽引されている12系客車も、昔はあたり前のものでしたが、
今となってはこのようなイベント列車以外には運用もなくなりましたね。

CIMG2780.jpgCIMG2781.jpg

昼食をとるために下車した近江八幡駅は、何度も通過している駅ですが、
今回初めての下車となりました。
上手い具合に駅前に喫茶店があって、
カツカレーを注文しました。
※私の中で外食での定番は「カツカレー」か「カツ丼」でございます(笑)
近江八幡は湖東に路線網を持つ近江鉄道の始発駅のひとつ。
しかし、私は貴生川で撮った写真は持っているものの、
路線については全て未乗車です。

⑮近江八幡14:09発(3271F)大阪15:15着
近江八幡で途中下車したもう一つの理由は、
「ここからならまだ座れる」でした。
案の定、次の野洲・守山あたりからかなり混雑してきて、
ほぼ席が埋まりました。
さいすがは「新快速」あっという間に京都を過ぎ、
地元の茨木もすっ飛ばして大阪に到着

⑯大阪15:17発(1463.1469)森ノ宮15:49着

最後の最後で大阪のイベントの会場を「あべのキューズモール」と勘違いしていて、
天王寺で降りようとしたのは以前の記事で書いた通り。
結局そのまま森ノ宮まで乗り続けて無事に到着。

イベントが終わったのが20時30分頃
翌日の早朝に関西空港に行くことを考えると、
梅田で泊まるよりは天王寺界隈のほうが賢明と考え、
森ノ宮から外回りの環状線に乗りましたが、
ネットカフェに入るにはまだ時間も早いので、
「そうだ生野のコリアンタウンに行ってみよう」と思い立って、鶴橋で下車。

JRと近鉄のガード下をくぐってブラブラと歩いて見ると、
駅のそばにネットカフェを発見。
金額的にも安そうだったので、宿泊はここにすると決めて、
もう少し先まで歩いていくと、
ハングルでの店名表記もあるカラオケ喫茶を発見。
「喫茶」と名乗りながらも夜遅くまで酒を提供しながら営業しているようなので、
ちょっと覗いてみることにしました。
店内は意外なほどの賑わい、男女6人のグループと、
カップル一組、単独客1人と、さすが「カラオケ繁盛の地」大阪です。
こーゆー店に一人で入る私もなかなかの度胸ですが。
「いつでもどこでもお一人様」を自認する私としては日常的な行為です。
ただ、みなさんかなりの「歌好き」のようで、私が着席したときには既に予約曲が8曲。
一曲歌うのに随分待たされることになりました。
私はもちろん韓国曲を入れておきましたが、
他のお客さんはかなり上手いものの日本語曲ばかり、
年輩の方が多かったので私もK-POP系は避けて、
お店の人でも知っているような選曲にしました。
順番を待っているうちに韓国人の年輩の女性が3人来店。
ようやく私の順番がきて、
キム・ヒョンシクの「雨のように音楽のように」を歌うと、結構驚いてくれました。
で、毎度お馴染みの質問「韓国人ですか?日本人ですか?」
ただし今回は韓国語で訊かれたので、ハナから同胞だと思われたようです。
そのあとも何曲か歌いましたが「発音いいですね」と言われたのが嬉しかった。
また、その方たちが歌う古い韓国歌謡にもとても美しい旋律の歌もあって、
私にとってもいい勉強になりました。

23時前に店を出て、先ほどのネットカフェに入りました。
何はなくともシャワーを浴びて、
近江八幡で昼食をとってから何も食べてなかったので、
店内の軽食をオーダーしました。
日付が変わってからブログの更新を始め、
3本書いたところで深夜3時40分。
さすがに少しは寝ないと翌日に響くので横になって2時間ほど寝て、
朝7時前に起きて、ネットカフェを後にしました。
ちなみにネットカフェでは入会金・食事・シャワーも含め2500円で済みました。

これにて2日目の行程は終了。
最終日については次回へ。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

24年ぶりの「青春18きっぷ」の旅②

足まかせ旅日記
07 /30 2015
CIMG2762.jpg

初日夕方、渋谷駅から再開。

イベントは16時前には終わり、
その後の選択肢が2つありました。
①18:00から始まる夜の部にも参加して、
この日は新橋のネカフェに泊まり、翌朝の始発に乗る
②このまま湘南・新宿ラインを経て東海道線をひた走り、
この日に行けるところまで行く

選んだのは②
理由は「チケット代がない」でした(泣)
まぁ無理すれば出せないこともなかったのですが、
そうすると明らかに生活に支障が出そうだったのと、
ヒョソンの「浴衣姿」はない・・と判断して見合わせました。
結果、夜の部のドレスコードの備えて準備していた着物を、
「無駄にかかえたまま」移動するハメになりました。

⑦渋谷16:35発(2845Y)平塚17:33着

CIMG2764.jpg

渋谷の井の頭線ホーム下の喫茶店で一服してから、
湘南・新宿ラインの渋谷駅ホームに向かい、
とりあえず来た電車に乗ることにしました。
前日の睡眠時間が2時間だけだったので、そろそろキツクなってきましたが、
車窓を眺めていると寝ようという気にならないのは「鉄ちゃん」のなせるワザです。

⑧平塚17:36発(3537E)小田原17:52着

CIMG2765.jpg
CIMG2766.jpg

平塚でやってきたのは快速アクティーの小田原行き、
途中、国府宮だけ停車し、16分だけの乗車時間。
あっという間に小田原駅に到着です。

⑨小田原17:57発(1573E)沼津18:40着

CIMG2767.jpg

小田原駅でも接続時間は5分。
ホームに喫煙所がなかったので、タバコが我慢。
時間の余裕があれば小田原で食事というのも考えたのですが、
まずはさっさと静岡県に入ってしまいたかったので、
すぐ来た電車で沼津へ向かいました。

⑩沼津18:42発(473M)静岡19:37着
小田原~沼津間はJR東日本と東海の境界にもあたるので、
運行本数が若干少なくなります。
とりあえず沼津まで行ってしまえば、
ここから先は15分に1本は静岡から先まで運行されているので、
沼津で夕食にしようと考えていました。
上諏訪でトーストを食べて以来、
大月の売店で「チップスター」買って食べてから腹に何も入れていないので、
いい加減腹も減っているし、渋谷から2時間、ここらで一服したいタイミングです。
ところが、沼津で降りてみると、お祭りでもあるのか改札口が人でごったがえしています。
しかもホームの向かいには2分後に出る浜松行きが待っています。
結局、沼津での途中下車はやめて、この浜松行きに乗り込みました。

ここから先、浜松まで苦難の区間です。
①車両がほぼロングシート
②JR東海管内の在来線はホーム全面禁煙
沼津からの車両も案の定、全てロングシート車両。
まぁ、陽も落ちてきて、富士山が見えるような明るさでもなかったので、
車窓からの眺めは気になりませんでしたが、
延々とロングシートというのはやはり旅情がわきません。
浜松までこの電車で行ってしまうテもありましたが、
静岡で禁煙の限界に達し途中下車しました。

駅の外に出て、駅前広場から少し離れたところでようやく一服。

CIMG2768.jpg

丁度、安倍川の花火大会で、駅からも花火が見えました。
空腹は静岡駅のマクドナルドでハンバーガー3つ買って、
車内で食べることでとりあえず収めることにしました。

⑪静岡19:51発(831M)浜松21:03着
静岡駅では混み合っていましたが、藤枝まででほとんどの乗客が下車。
愛野駅から大勢の人が乗り込んできました。
近くの静岡スタジアム・エコパで何かイベントがあったようです。
後で調べてみたら「ももクロ」のライブがあったようですね。

⑫浜松21:19発(2707F)金山22:54着

CIMG2770.jpg

浜松駅では16分の接続。
もちろん、速攻で駅外に出て一服。
新幹線口は構造が静岡駅とだいたい同じでしたね。
さて、ここからはロングシート車両とおさらばして、
JR東海自慢の居住性の高いクロスシート車両です。
JR東海は熱海~浜松間に投入している車両が一番貧弱というか、
長時間乗るにはきついロングシート車両です。
これは、「ラクに速く移動したければ新幹線使ってね」というJR東海の企みのような気もします。
名古屋鉄道と競合している豊橋・岐阜間は輸送密度も高いので、
気合の入ったサービスになるのはわかりますが、
輸送密度が低いながらも近鉄名古屋線と競合する関西本線の名古屋・亀山間も、
クロスシート車両を導入していています。
しかし競合他社のない中央西線の名古屋・中津川間は、
まだロングシートのみの車両も運用しています。

このようにJR東海は結構露骨に競合他社があるところと、
そうでないところでサービスに差をつけているような気もします。
特に静岡エリアについては車内の路線表示も貧弱で、
「目的地まであと何駅か?」とかがすぐにわからない状態です。
やはり「長距離客は新幹線使え」という姿勢がミエミエです。

さて、浜松から乗ったのは大垣に23時33分に着く電車です。
その先はありません。
大垣では夜を明かすところも少なさそうなので、
この日は名古屋市内までにすることにしました。
名古屋駅近辺はカプセルホテルはありますが、ネカフェはそんなに多くないので、
車内で携帯(ガラケー)から情報収集して、金山に面白いビデオルームを発見。
廃業したラブホテルを改装して個室ビデオを営業しているとのこと。
ソファーがあるだけの狭い部屋と、ラブホの部屋から「ベッドだけない」広い部屋の金額が同じ、
ナイトプランだと朝10時までいても2500円と格安でした。

「よし、ここにしよう」と決めて金山駅で下車。
途中でラーメンを食べて、件のビデオルームへ向かいました。
30分ほど待って部屋が空き、
何故か「待ったことで」500円割引で2000円に。
部屋にはでかいサイズのテレビだけでなく、パソコンもありかなり快適な空間でしたが、
さすがに睡魔が限界でして、クーラーをがんがんに効かせて、
毛布もシーツもない「剥き身」のソファベッドに横たわりました。

これでようやく初日の行程が終了。
2日目へと続きます。


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

24年ぶりの「青春18きっぷ」の旅①

足まかせ旅日記
07 /29 2015
12101502.jpg

どうしよう?あと2日分残っているんだが・・

学生時代までは「青春18きっぷ」と言えば、
我が「旅の友」であり、どこへ行くにも、ほぼこれを愛用していました。
まだ国鉄時代、初めて「青春18きっぷ」が発売開始から間もない昭和60年から、
ほぼ全てのシーズンで利用していました。
当時は大学の生協などで一枚単位で購入することも出来て、
長野から大阪までの帰省や東京までの日帰り、
果ては北海道から九州まで、
どこへいくにも一日2100円(当時)で鈍行列車に乗車していました。

また、学生時代に当時存在した
全国学生寮自治会連合(全寮連)の役員を2年間やっていまして、
この中央執行委員会が東大の駒場寮で行われるときの交通費も、
「青春18きっぷ」の現物支給でした。
つまり「カネがないから鈍行で来い」ということで、
九州の学生寮の役員もこれ使って来ていました(さすがに「2枚」でしたが)

昔話はこれくらいにして
社会人になってからは、さすがにそこまで「安く」移動する必要もなくなり、
しかもJRになって以降、どの路線でも優等列車以外は全面禁煙になってしまい。
「タバコをくゆらしながらのんびり旅行」ともいかなくなったので、
24年間「青春18きっぷ」を使わずにいました。
その間に、青春どころか中年も過ぎ、もはや初老の手前に来ているわけなんですが、
24年ぶりのこのキップを手にしたわけです。

思いついたのは使用する25日の前日。
東京で行われるイベントに参加するために、
「週末フリー乗車券」を前日購入するために長野駅に向かったわけですが、
「青春18きっぷ」を購入すれば、フリー乗車券+新幹線料金とほぼ同額で、
26日の大阪でのイベントに顔を出すこともできると考えが及びました。
幸いと言ってはなんですが、現在の私は時間だけは無限にある。
しかも「ムーンライトながら」を使えば、宿泊費もかからずにすむという狙いもありました。
残念ながら「ながら」は指定席が完売で利用できませんでしたが、
久しぶりの「青春18きっぷ」を手にして、
翌日の早朝に長野駅に向かいました。

①長野6:55発(2530M)松本8:02着

CIMG2749.jpg
CIMG2748.jpg

特急「あずさ」に使用されるE257系で快速運転します。
安茂里・今井・姨捨・冠着は通過。
旅の始まりは快適な特急型車両で幕を開けることが出来ました。

②松本8:10発(1524M)上諏訪8:52着

CIMG2750.jpg

松本駅での乗り換えは、8時38分の甲府行きに乗っても
甲府への到着時間は同じなんですが、
「青春18きっぷ」を「私が」利用するにあたって重要なのは、
「喫煙の時間と場所の確保」です。
甲府にダイレクトに行くということはそれだけ禁煙時間が長くなるわけで、
それなら上諏訪まで先行して、
そこで次の列車を待つほうが喫煙を確保できるという狙いがありました。
しかも、この区間の車両運用はロングシートオンリーの車両も多く、
長い距離を乗るのはしんどいので出来るだけ小刻みに乗り降りしたいというのもありました。

CIMG2752.jpg

上諏訪の駅で降りたのも10年ぶりくらい。
駅構内に入居しているカフェでのんびり朝食タイム。
CIMG2753.jpg

駅前の象徴だったけど2011年に閉店した、
「まるみつ百貨店(諏訪丸光)」の建物の解体も進んでいました。

③上諏訪9:31発(432M)甲府10:44着

引き続きロングシート車両ですが、
土曜日ということもあり小淵沢あたりまでは空いていました。
小淵沢から先は韮崎までの乗客、
その先は甲府までの乗客で立っている人もいる混雑になりました。
最近ずっと佐久方面から見ていた八ヶ岳を久々に「正面」から見ることができ、
山梨県に入ってからは遠くに富士山を見ながらの乗車となりました。

CIMG2756.jpg

甲府駅では、26分の待ち合わせ、ホームに喫煙ルームがあるので、
大きな「障害」はありません。
この駅もかっては北側に引込み線を何本か有していましたが、
その部分が整理され、道路が出来て消防署が建っていました。

CIMG2754.jpgCIMG2755.jpg

485系リゾートエクスプレス「ゆう」とも遭遇

④甲府11:11発(542M)高尾12:46着

CIMG2757.jpg

この区間は幸いセミクロス車両で、しかもガラガラ。
ボックスシートを一人占めして座れました。
乗車時間は90分ほどですが、次の高尾での乗換えが1分と、
恐らく「一服する時間」はないので、
途中、特急待避で10分停車する大月がチャンスだと考えていました。
大月には10時59分に到着

CIMG2758.jpg

ここから河口湖に向かう富士急行線も
富士山駅(旧富士吉田)と河口湖駅に間はまだ未乗区間です。

大月駅は駅構内に喫煙スペースはなく、全面禁煙でした。
駅の外にでればなんとかなったでしょうが、10分という停車時間はそれには微妙で、
結局、売店でジュースとスナック菓子を買うにとどめました。

CIMG2759.jpgCIMG2760.jpg

停車時間中に下りホームに土日に1往復だけ設定されている、
成田空港から富士急行に直通する「成田エクスプレス」の河口湖行きに遭遇。

⑤高尾12:47発(1214T)新宿13:28着

CIMG2761.jpg

ここからは中央線特別快速でイッキに新宿へ。
乗り換え時間は僅か1分ですが、同一ホームですので問題ありません。
高尾駅に来たのは30年以上ぶりですが、
ホームにでんと居すわる天狗の石像は昔のままです。

⑥新宿13:30発(1220G)渋谷13:37着

新宿での2分の乗り換えも何ら問題なし、余裕を持って山手線ホームで待てました。
甲府から渋谷まで2時間半ほどの禁煙(さっき間違えて4時間って大げさに書いてしまいました)に耐えて、
渋谷駅改札を出て真っ先に向かったのがハチ公広場の喫煙スペース。
東京の主要駅だと、喫煙場所がどこにあるかはだいたいアタマに入っています。

ここまでで最初の行程が終了。
14時から始まるイベントに余裕で間に合いました。

続きは続編で

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ヒョソン:7/26「FANTASIA」リリースイベント最終日:大阪「もりのみやキューズモール」

シクリ:イベント参戦レポ
07 /29 2015
tumblr_ns3heb0hio1u79sa0o1_1280.jpg
このとき私は2階から見ていたので写っていない・・

25日のファンミ昼の部が終わったあと、
私は渋谷駅から鈍行列車を乗り継ぎ、
夜11時に名古屋に到着。
その日は2000円でちゃんとした(風呂はないが)部屋に寝泊りして、
前日の睡眠不足を補うように朝9時前まで爆睡。

金山駅前の喫茶店で朝食を食べて、
近くのネカフェでシャワーを浴びて、ブログを一本アップしてから、
11時過ぎに名古屋駅に到着。

このタイミングでヒョソンが新幹線で到着するんじゃ・・と思いながら、
ホームで待っていましたが、
グリーン車の近辺に人だかりができていて、
SPらしき人もたくさんいてなんか物々しい雰囲気

CIMG2773.jpg

こんな台の様なものまで準備していて何事かと思って駅員に聞いてみると、
「天皇陛下がいらっしゃる」とのこと。
後で新聞で確認すると名古屋への来訪は5年ぶりだということで、
そりゃSPもわんさかいるわなぁと思いましたが、
さすがにそれを待っているだけの時間もないし、
ヒョソンもどうやら既に到着してしまっているようなので、
12時前に新幹線ホームを後にしました。
すぐ近くの近鉄パッセの屋上で13時からリリイベがあったわけですが、
この会場は陽を避ける場所もないし、
フラットなスペースで後ろからだと何も見えないのも経験済みなので、
会場には向かわず、12時発の大垣行きに乗り込み、
再び鈍行列車で大阪に向かいました。

大阪駅に着いたのは15時30分頃、
環状線に乗って天王寺駅の手前で、
会場で合流するlightさんにメールをしたら、
「会場、森ノ宮ですよ」というお返事。
私、今日が「あべのキューズモール」だと勘違いしていました。
そのまま電車から降りずに森ノ宮に向かい、
着いたのが16時過ぎ。
新幹線なら90分程度、近鉄特急でも2時間ほどで行けるところを、
途中昼食をはさんだとはいえ、4時間かけて到着しました。

CIMG2783.jpg

「もりのみやキューズモール」は初めて来ました。
前にも書きましたが、この地はかって日生球場があったところ。
近鉄バファローズの準本拠地であると同時に、
大阪のアマチュア野球によく使われていた場所です。
私の中で想い出に残っているのは、
我が母校春日丘高校が、1986年の秋季近畿大会に出場して、
この球場でPL学園と1回戦を戦ったのですが、
前の試合が延長18回引分け再試合(三田学園-比叡山)で、
さんざん待たされた挙句に、母校はPL学園にあっさりコールド負けくらったことです。
その翌年、夏の予選の準々決勝でPL学園に奇跡の勝利を収め、
母校は甲子園初(唯一)出場を果たしました。

※ちなみに本日29日大阪地区予選は準決勝、
元々は地元茨木市にあった大体大浪商が久しぶりの決勝に進みました。
いまは大阪の南部に高校が引越したとはいえ、
香川・牛島時代は地元中の地元みたいな高校なので応援したいです。


閑話休題

イベント開始の3時間前でしたが、
既にそこそこの人数のファンが集まっていました。
とはいえ、ステージ前は直射日光が照りつける芝生の上なので、
場所取りのビニールシートが置いてあるだけで、
ほとんどの人は日陰にいて、仲間同士でだべっていました。
私も大阪のメンバーと会うのは久しぶりで、
多くの人とシクリ話で盛り上がりました。
今回、茨城からクルマで来たファンの方は、
初めて話をしましたが、シクリファンになった経緯が似ているので、
すっかり打ち解けて盛り上がりました。
また、このブログを見ていただいているソナムを熱心に応援している方とも話が出来、
シクリファンの中でもそうはたくさん出来ないソナム話で盛り上がることができました。

CIMG2784.jpg

「芝生が痛むので場所取りは禁止です」と注意され、
ステージ前が日陰になるタイミングでじわじわと人が増えてきました。
私は喫煙スペースと会場を頻繁に往復しながら、19時のスタートを待ちました。

といっても、今回のリリースイベントへの参加は、これで4会場6回目
それほど「がっつり」見るという欲求もなく、
最後のサプライズを見るために来たようなもんですので、
会場を取り囲む2階デッキで見ていました。

ところが今回予期していなかったことがひとつ。
「Into You」と「Good-night Kiss」の間にフォトタイムがありました。
といっても、このタイミングで下に降りても、
後ろのほうからの撮影になり、まともには写せません。
そのまま、2階から動画で収めましたが、やはり遠過ぎた。
ヒョソンの表情が全くわからないボケボケの動画にしかなりませんでした。
いちおー貼っておきますので雰囲気だけお楽しみ下さい。



特典会は人数が多かった。
これまでの会場では長くても30分くらいで列が終了していたのに、
今回は最後ということと、大阪では唯一の休日の開催ということもあったのでしょう、
チェキもサインも長蛇の列、20時10分過ぎあたりにようやく終了しました。
時間が長かったということもあったと思いますが、
その間、とくにやることもないMCのアキくんは、
女の子の2ショに応じるだけでなく、なんとサインまでしていました。
アキくんこれで人気出てくるといいね。

サプライズを準備していたメンバーは、
ボードを持ってもらうようファンに頼んだり、
その配列を指示したりと、「最後の瞬間」を待ち構えていました。
サイン会が終わるタイミングで、ステージ前にヒョソンの最後の挨拶を見ようと、
ファンが再び集まってきましたが、ボードを持っている人は、柵の外側に一列で並んだまま
(柵内に入ってしまうと、上手く文字が収まらないからです)
ステージ前と柵外に妙なスペースができあがってしまいました。

CIMG2787.jpg

で、メッセージを掲げたあとは以前に書いたとおり。

tumblr_ns3hdpLrfM1u79sa0o1_1280-1.jpg
tumblr_ns3hdpLrfM1u79sa0o1_1280-2.jpg

ステージ側からスタッフが撮った写真がこちら。
(さすがに一枚ではおさまらなかったようです)

ヒョソンの大感激の涙で今回の来日スケジュールは全て終わり。
6月も含めると、11日間の長い活動でした。

CIMG2789.jpg
最後にヒョソンがこの大きいボードにサインを書いていきましたが、
ちょっとわかりにくいですね。


私はこの日は長野に帰るにはもうタイムアウトなので、
適当にどこかで泊まるつもりでいました。
そして翌朝、関空でヒョソンをお見送りしてから戻るつもりでした。
で、ヒョソンの乗る便は、来たときがインチョン発だったし、
ドラマのスケジュールを考えても、9時30分発のインチョン行きだと思っていました。
それで、朝の8時前に関空に着いていたわけですが・・

CK4i5dJUcAED8bQ.jpg
CK5w3bYVEAAPRmM.jpg
こちら関空を出発しから「金浦空港」に到着したヒョソン
そう、11時55分の金浦行きをチョイスしていたわけです。

今回はことごとくヨミを外した私でした。
※まぁ11時55分の便まで待っているのは私の帰りの時間上無理だったけどね

ここから長野までの帰路の話しはまた別のカテゴリで・・。

オマケ:日本滞在中のヒョソン画像いろいろ

tumblr_ns1paljkLV1u79sa0o1_1280.jpg

こちらはファンミの打ち上げ
アキくんもしっかり参加してるし(笑)

tumblr_ns3h75AQ1u1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_ns3h8maCHp1u79sa0o1_1280.jpg

多分、その打ち上げの後に路上で踊るヒョソン
こーゆーシーンに偶然遭遇したいもんだよね。

tumblr_ns3h81AcSI1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_ns3h5y5vZn1u79sa0o1_1280.jpg
tumblr_ns3hescv4c1u79sa0o1_1280.jpg

ヒョソンならびにスタッフの皆様方お疲れ様でした。
そしてたくさん応援したファンのみなさんもご苦労様でした。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ヒョソン:7/25 1st.ファンミーティング「Fantasy World」参戦記

シクリ:イベント参戦レポ
07 /29 2015
CIMG2763.jpg

会場の中の写真を撮るの忘れましたが、
今まで一番上等の「椅子」でした。
ちなみに客席も軽く傾斜があって、
後ろでも見やすい構造。

お待たせしました
ヒョソン初のソロファンミーティング
「FANTASY WORLD」(昼の部)の参戦レポです。

7月25日
6時55分に長野を出たというのに、
渋谷の駅を降り立ったのは13時38分
さすがは「オール鈍行列車」の旅。
しかも碓氷峠周りの選択肢はないので松本経由。
昔よりもさらに時間がかかりようになりました。
ハチ公前広場に行って真っ先に向かったのが喫煙所。
なんし甲府から4時間ほど禁煙状態だったので我慢の限界で、
改札を出て一直線に向かいました。
ここと新宿南口の喫煙所はいつでも煙がもうもうとあがっていて、
もう少し分散して人口密度下げたほうがいいじゃないかと思うくらいの「繁盛」ぶりです。

開演は14時なわけですが、
時間通りに始まるわけはないので、まだ余裕があると思っていました。
しかも会場になる場所も駅から徒歩5分ですので、
13時50分には会場入り。
着いてみると「スポーツウエア」比率が意外に低く拍子抜けしましたが、
それでもチラホラと野球やサッカーのユニフォーム姿(ただし上着のみ)もいました。
なもんで、私も階下のユニクロのトイレで「阪急ブレーブス」のレプリカユニ

120914_63.jpg
球団売却までのビジターユニです

これを着て急遽「福本さん」になって会場に入りました。
座席は前から5列目、ステージに向かってやや左寄りでしたが、
十分にステージに近く見やすい環境でした。
同じ列にはいつも東京のイベントでは顔をあわせる方たちもいて、
リラックスして開始を待ちました。

14時を10分ほど過ぎたあたりからBGMの音量が大きくなり、
ステージが暗転してヒョソン登場。



まず歌ったのが「Into You」・・これは予想通りの展開でしたが、
今回はエンディングに「Good-night Kiss」を歌うであろう以外は全く予想がついていませんでした。
そして「Into You」の後は続けて「Taxi Driver」


(動画は夜の部から)
バックのスクリーンに「タクシー」をイメージした映像も流れしっとりと歌い上げます。

ちなみに昼の部のヒョソンの衣装は

CK6B50eVAAAbVMZ.jpg

デニムのジャケットにショートパンツ
「Into You」で上着を脱ぐシーンで、さすがにこれは脱ぎませんでした。
(多分、脱いだらすごいことになっていたと思う)

2曲終わって、MCのアキくんが登場。
ここからトークコーナーへ。
通訳はもちろんつきましたが、
アキくんの言っていることをヒョソンに通訳するのが主な役割で、
ヒョソンは基本、日本語で受け答えしていました。
ところどころ不明瞭な部分をアキくんが「通訳」するような感じで繰り返し喋り、
なかなか良いコンビネーションだなぁと思いました。

ただ、アキくん、6月のリリイベも含め、ヒョソンと一緒に仕事する日数を重ねた結果か、
ヒョソンに対しての口の聞き方が、よく言えば「フレンドリー」
悪く言えば「ぞんざい」なものになっていました。

最初はヒョソンの近況報告で、
「ジャングルの法則」の収録のお話。
「あまりにも過酷で、踊っちゃいました」というヒョソンに、
アキくんが「じゃ、踊って」と無茶ぶり。
ヒョソンは少しとまどった感じでしたが、ちゃんとリクエストに応えていました。
「(そんな仕事)ほんとはイヤだったんじゃないの?」という突っ込みには、
「仕事だからー」ヒョソンが結構気に入っている日本語のフレーズで返していました。

トークの後半は会場で来場者に書いて貰っていた質問を使って、
ヒョソン「嘘発見器」にかける・・という内容。
返答が嘘だと手をあてた機械から電気が流れて「ビクッ」となる仕組み。

「シクリの活動とソロの活動ならソロのほうがラクなので良い」という際どい質問
ヒョソンはもちろん「いいえ!」と自信も持って答えますが、
電気が流れヒョソンが機械から手を離します。
会場が笑いとともに若干どよめきました。
もちろんヒョソンアキくんも大慌て、
「これ、機械おかしくない?」ヒョソンが言い出します。
そして次の質問「正直、ファンミなどのイベントは疲れる」
もちろんヒョソン「いいえ」・・・・そして機械の反応は・・
なんとヒョソン、手のひらに流れる電気を「懸命にこらえて」いました。
先ほどよりも「どよめき」の比重が高い笑いが会場に起こります。
しかし、焦りまくっているヒョソンがおかしくて、嘘がどうかはあんまり気になりません。
ただ、あんまりにも「際どい」状況だったので、この後の質問は、
無難なものでかわして、ゲームコーナーに続きます。

観客席から6人を抽選で選んでの「スイカ割り」
ここからアキくんもゲームに参加するので、
MC補助として、リリイベでも時折司会をする、KISSエンタのイムさんが参加。
これが功罪相半ばでして、
イムさんが意外にノリよく喋って、アキくんと面白いやりとりをしたのは、
会場にも笑いがおこってよかったのですが、
その結果、結構ヒョソンほったらかしになってしまいました。
ゲーム自体も「ルールをちゃんと詰め切れない」という毎度お馴染みの状態で、
「手を叩いて誘導する」「木刀で一発で(スイカを)仕留める」が徹底されなかったのでグダグダに。
そもそも最初に回転するのだって「目を回す」ためでなく、
「方向をわからなくさせる」為なのに、そこもぐちゃぐちゃになっていましたね。
それにしても木刀がステージのモノを破壊せずにすんでよかったです。
ヒョソンが本気だせばやりかねなかったからね。
(もっとも目隠しをしても「うっすら」見えていたらしいが)

次のゲームはフラフープ対決
ただ回すだけではなく、足をあげたりといろんな要求に応えながらという条件でしたが、
そもそもステージに上がったお客さんがフラフープを上手く回すことができず、
ヒョソン見事な腰の回転を鑑賞する場になりました。

で、3つ目のゲームが何だったか思い出せない。
先の2つのゲームで負けていたほうが逆転勝利して、
「FANTASIA」のポスターにサインしてもらって、2ショットチェキ。
負けたほうにもフォトカードにサインしてプレゼントしていましたね。

次の2曲も「FANTASIA」から。
まずはファンも一番聞きたかったであろう「夢だったの」



残念ながら日本語のパートはなかったですが、
自作の歌詞を心を込めて歌う様子は感情があふれ出ていて感動的でした。
続けて歌ったのが「5分だけ、もっと(First Kiss)」
こちらもダンスなしではありましたが、ステージではもちろん初披露。
ステージから降りてきて、通路側のファンとハイタッチや握手をして回りました。
最前列は席の前を回る徹底ぶりでしたが、私のブロックの最前列だけは回れず、
そこにいた人が少しがっかりしていましたね。
この2曲を生で聴けただけでもこのファンミに来た価値は十分です。

ここで2回目のゲームコーナー。
今回も6人を選びましたが、女の子が5人。
おっさん比率が高いシクリ関係のイベントでは珍しい現象です。
ゲームはお題をヒョソンを含め3人で絵に描いて1人が解答するというもの。
ヒョソン画伯一生懸命にがんばっていました。
ただ「お題」をモニターに映しっぱなしにしていたりと、
これもどこか「ユルイ」ものにはなってしまいました

こちらは夜の部でのゲームコーナーの様子


アキくんも喋るほうの「仕切り」は観客席と絡んだりといい感じでしたが、
ステージ上の仕切りが少し雑で、通訳の人が気を効かせて、
ゲーム参加者の立ち位置を指示したりしていましたね。

参加者へのプレゼントは前のゲームと同じ。

そして最後の曲は予想通り「Good-night Kiss」



観客席からの掛け声も大きく、大盛り上がりの中でエンド
※それにしても私の背後の女性の掛け声がすさまじかった。
なんし私の鼓膜がそれで震えるくらいでしたから。


もちろんアンコールがあるわけなんですが、
ヒョソンがはけた後に、すぐに「Into You」のメイキングビデオが流れたもんだから、
「アンコール」コールもないままにみんなで待つことに。

ここでわからなかったのが「アンコールで何を歌うか」
ヒョソンのソロ曲もまだ残っていますがアンコール向きではないし、
シクリの曲でやるとしたら、ヒョソンのパートが割りと目立つ「I miss you」あたりかな・・
とか考えていたんですが、
オフィシャルグッズの「JHS」のTシャツを着てダンサーと共に登場してきて、

CK0J-8UVEAYGyA-.jpg

日本語Ver.の「マドンナ」が始まりました。
私も含めこれを予想していた観客はいなかったようで大喜び。
ようは「ヒョソンのダンス」を前面に押し出す曲をセレクトしてきたわけです。
さすがにハナちゃんのラップパートやジウンのシャウトパートはバックトラック依存でしたが、
この曲で盛り上がらないわけがありません。
しかも続けて「愛はムーブ」の日本語Ver.
こちらについてはラップパートもヒョソンがバックトラックに重ねて歌っていました。

※夜の部では、これに加えて、「TOP SECRET」収録の「夜が嫌い」を歌ったようです。



これでヒョソンのソロ曲でステージで披露していないのは、
「FANTASIA」の一曲目「会いにきて」だけということになりましたね。


私は財政上の理由もあって夜の部は参加しませんでした。
(一応、「その気になった」ときの為に浴衣ならぬ着物は持ってきていたんですけどね)

夜の部のレポートは→こちらをご覧下さい

夜の部のトークの内容は昼の部の「嘘発見器」の結果を受けたもんですね(笑)
「流しソーメン」は見たかったな。

ちなみに、今回のステージ動画ですが、
いろんなところに出没しているかなり熱心なファンの、
Jacqueline ryuさんによるものですが、
私の前の列に韓国の方が3人ほどいまして、
そのうち一人が女性で、
すごく絶妙なタイミングでばれないように写真を撮っていました。
(しかも早技)
ステージとの距離からいってもそこの位置からっぽいので、
多分あの人がそうだったんだろうなぁ。

CK1SvGeUYAA5jVc.jpg

夜の部の衣装はこうだったようで。
昼の部でヒョソンがスポーツウエアを着ていなかったことと、
途中で着替える間もない進行を考えたときに、
「これはヒョソンは浴衣着ないな」と判断して参加しなかったのですが、
まぁ、そこだけは正解でしたね。
でも、浴衣でファンミやれば、それこそ「伝説」になれたのにねぇ、
「こうすればファンは喜ぶ」ってニーズの掴み方が少し甘いんだよな。

アキくんのMC進行は、昨年の大阪でのファンミに比べれば
随分とスムーズなものになっていたようです。
またリリイベと比較しても、
ヒョソンと観客席とのやりとりがかなり達者になっている印象を受けました。
アキくん、さすが「イケメン」芸人だけあって、
アドリブでどんどんウケとっていく技量はさすがなんですが、
芸風が「毒舌系」なのかな?ちょっと「いじり過ぎる」ところもありましたね。
あと一歩突っ込むと「ファンを敵にまわす」レベルなようにも感じましたし、
観客席が「さめた」ように感じる瞬間もありました。
芯が強いヒョソンだから成立していたとは思いますが、
これが仮にジウンのソロファンミだったら、
ファンの怒りを買っていた可能性もありますね。

ヒョソン自身はゲームでの暴走ぶりは相変わらずでしたし、
それが面白かったのですが、ソナ、ジウン、ハナちゃんとの対比の中にあってこそ、
ヒョソンの暴走が目立つ部分もあるので、
そこがソロだと少し弱かったし、
ステージに上がったファンと絡むのが少ないのが残念でした。
歌に関しては文句なしです。ダンスはもちろん、バラードを切々と歌う姿が美しかったです。

どちらかと言えば「成功」と評価できる初のソロファンミでしたが、
結果として「シクリ4人揃ったファンミ」の楽しさを痛感させるものでもありました。
単純な話ですが、
今回のファンミに足りなかったものは、
ソナとジウンとハナちゃんです。


TSエンタさん、KISSエンタさん
年内にライブとファンミ各1回ずつは必ずやってよ!


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

SONAMOO:「CUSHION」 7/28はMTV「THE SHOW」&MR除去動画チェック

SONAMOO:Green Moon Rising !
07 /29 2015
11378654_1088507711178044_1577598677_n.jpg
ハイディの「キリッ」とした表情もいいもんです。

カムバックした先週は音楽番組へは水曜日からの出演だったので、
28日の「THE SHOW」への出演で、「一巡」ということになります。
(まだアリランTVの「Simply K-POP」も残っていますが)

まずはバックステージでの紹介



相変わらずニュッサンが後列の誰かが喋ると後ろを向いたりと、「自由自在」(笑)


そして「CUSHION」のステージ



メンバー一人ひとりのアップも多く、
ダンスも上手くカメラに捉えていて、なかなかいい映像です。

11380217_1479476369018277_1928477727_n.jpg

改めて言うことでもないですが、
ウィジンがすごい。
これだけニコニコしながら
キレ味鋭いダンスするってそうはないかも?

11371237_1624962271084915_2037760748_n.jpg

「愛しの」ハイディも、よーく見ると、
ダンスもがんばっております。

さて、24日のミュージックバンクのステージの、
「MR除去」動画が出ました。



何よりも驚いたのが、ニュッサンのラップパート。
すごくクリアにラップやっているじゃないですか!
ただ、収録時にこのパートだけ
ボーカルエフェクトかけているかどうかまではわからないんで、
実際に放送時に使われているのは、生歌でなくバックトラックである可能性もあります。
どっちにしてもステージでちゃんとラップしていたのはエライ!
次に驚いたのはサビの部分
さすがに全部というのは無理だったみたいだけど、
あの屈伸ダンスしている中で、ちゃんと全員がユニゾンで歌っていますね。
それにハイディ、ミンジェ以外もよく声が出ている。
もちろんダンスのタイミングによっては声が苦しくなるところもありましたが、
スミンもナヒョンもウィジンもかなり気合いれて歌っております。
そしてディエナのラップのど迫力ぶりも、MR除去のほうがよくわかりますね。

11417372_1623068021265175_755829433_n.jpg


MVの公開から8日が経過しましたが、
アクセス数がTS公式で14万、1theKのオフィシャルで32万。
2日後に出たGFRIEND(ヨジャチング)の新曲のMVが57万アクセスと、
正直言ってかなり負けております。
まぁ、韓国での男性GGファン層への訴求力は
ヨジャチングのほうが上なのはわかっているので、
この結果も止む無しなのですが、
だからこそ、ソナムの「売り出し」については、
他の「清楚系」ガールズグループとは違うターゲットを考慮した戦略が必要なはずですが、
TSエンタ、相変わらずそのへんへの工夫が感じられません。
捉えようによっては「CUSHION」のコンセプトって、
「清楚系」好みのファン層へ違った角度から切り込むことを意識しているようでもあるけど、
ようは「そこ」じゃなかったわけですよ。
ヨジャチングやLABOUM、Lovelyzと同じ土俵で勝負しようと考えているのなら、
その時点で「間違っている」と言わざるを得ない。
今韓国でどの層が「飢餓感」を感じているかと言えば、
活動が停滞している2NE1やアフスクのような「かっこいい」系じゃないのかな?
(その部分を4Minuteがごっそり「頂戴」しているようでもありますが)
その「飢餓感」を埋めるだけのパフォーマンスが出来るのは、
新人グループ見渡して見てもソナム一番「適任」であると思うし、
TSの屋台骨を支えるグループに成長させたいんなら、
もう1回ターゲットから考え直したほうがいいようにも思えてきています。
(あくまで私自身の「好き嫌い」を置いておいてのハナシではあるんですが)

CK7EeiDUsAASdgn.jpg
CK_m4tAUYAExagm.jpg

メンバーは最大限がんばっているし、
良いパフォーマンスを見せてくれているわけだよ
それだけに「売る側」はもっと知恵絞ってくれないとね。
カムバックから一週間過ぎたけど、
前回から何も変わったところが見受けられない。
(あえて言えばNAVERの動画だけどあれは新規向けじゃないし)
サイン会やらなくなったのは間違いとは思わないけど、
そのかわりにゲリラライブとかもっと一般に露出する機会つくる必要あるよね。

長い目で見て育てる姿勢も大事だし、
それだけの価値のある7人だけど、
事務所のパワーがないと先細るだけでしょ。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

球団通算8000号本塁打で逆転。ファイターズに先勝!

頑張れ!オリックス・バファローズ2015
07 /29 2015
150728Orix05.jpg

5勝目の金子はそんなに喜べない内容

神戸で行われたファイターズ3連戦の初戦。
先発は安定感が増してきた金子。
5回を投げ、被安打5で3失点。
四球こそ与えないものの、球数も5回で83球と多く。
内容的には「良い」とは言えないものでした。

150728Orix04.jpg

打線が先制した直後にホームランで同点に追いつかれ、
さらに逆転まで許し、その後の再びリードするも、
1点差に詰め寄られ、5回でマウンドを降りました。

6回アタマから登板した比嘉は、相変わらずの不安定さ。
先頭打者にヒットを許し、2アウト後、
あわや同点2ランになりかけた2ベースで、1点差に迫られます。
1・2塁のピンチで後を受けた岸田が後続を断ち、7回も三人で仕留めます。
8回は塚原が一死満塁のピンチを招きますが、併殺で切り抜け、
9回は佐藤達が3人で締めて、金子の5勝目を守り抜きました。

打線は5盗塁と走りまくり、効果的な得点を重ねました。

初回はヘルマンが初球をヒット、
安達が2球目を2ベースと、
150728Orix03.jpg

わずか3球で先取点をもぎとり

逆転された2回も、四球のランナーをおいて、
伏兵岩崎がオリックス移籍後初となる本人2本目のホームランで逆転。

150728Orix01.jpg

この岩崎のホームランが、1936年の阪急軍創設からの、
通算8000本塁打のメモリアルアーチでした。
(近鉄球団の記録は含まれません)

150728Orix02.jpg

打った本人も「びっくり」ですが、
高めの球を思いっきり引っ張って、ライトスタンドに持っていきました。
その後もヘルマンの四球→盗塁から相手のエラーで1点を追加。

1点差に詰め寄られた5回も、
四死球と糸井の3盗、そして一軍に復帰したT-岡田の犠牲フライで再び2点差に。

またしても1点差になった6回は、
エラーで出塁したランナーをヘルマンのタイムリーで返し、
安達が続いて、1・2塁から糸井の2ベースで走者一掃!
これで4点差とほぼ勝ちを手中に収めました。

相手先発は「苦手としていた」上沢でしたが、
相手の不調もあって早い段階で攻略し、
2回以降はファイターズの粘りにあいながらもリードを保ちました。

150728_after.jpg

岩崎が放った通算8000本塁打は、
球団としては5番目の到達。
ちなみに球団第1号は1936年5月の山下実選手。
調べてみると「唸ってしまうような」記録がたくさん出てきました。

12101501.jpg

この山下実選手の球団1号は、
プロ野球の歴史の中でも栄えある、
「オーバーフェンス第1号」です。
また同年の7月にはプロ野球の「サヨナラホームラン」第1号も記録しています。
(旧制)中学時代には、完成直後の甲子園球場の第1号ホームランも打っています。
当時のボールの質でラッキーゾーンのない
甲子園球場でのホームランは驚異的なものでもあります。
(プロ時代にも甲子園で4本塁打しており、これは影浦将と並び、
ラッキーゾーン設置以前の同球場の本塁打の最多記録です)

慶応大では水原茂、宮武三郎らとともに黄金時代を支え、
伝説の大リーグ選抜来日時の全日本メンバーにも選ばれています。
阪急軍への入団は宮武三郎についで契約第2号選手であり、
1936年の秋季リーグでは藤村富美男らと共に本塁打王。
1938年から3年間は兼任監督を務め、
巨人、阪神に次ぐ3位を全てのシーズンでキープしました。

まさに「和製ベーブルース」の名にふさわしい、戦前を代表するホームランバッターでした。
1987年に野球殿堂入りしています。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ヒョソン:「ジャングルの法則:ボルネオ編」第1回

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
07 /28 2015
SR73895261_w1280_h720.jpg
今回の放送ではイントロ部分のみ登場


ヒョソンも参加した「ジャングルの法則」
20回目のシーズンに突入して記念として
スペシャル版と銘打ったシーズンの行き先は、
カリマンタン島(英語表記でボルネオ)のブルネイ領内。

リリイベやファンミでヒョソンが語った内容から察するに、
かなりハードな内容だったようです。
あまりにもハードすぎてヒョソンは最初の夜から、
「アタマのネジがとんで」踊っちゃったそうですから・・・

さて、その第1回放送が7月24日にありました。
この日の内容は、メンバーの招集からはじまり、
イントロとしてのダイジェストシーン。
そしてインチョンを飛び立ちブルネイに到着、
首都のバンダルスリブガワン見学や、
ジャングルを遡上する様子が放映されましたが、
ご存知の通り、一行が韓国からブルネイに向かった日は、
ヒョソン日本でリリースイベントをしていて、
一緒に行くことはできませんでした。
よって・・

20150725_1437785832_78977800_4.jpg

ムスリムの格好をしたこの写真にはヒョソンはいません。

201507242225203510_1-1.jpg
201507242225203510_1.jpg

今回断片的に放映されたこれらのシーンは、
次回以降のお楽しみということで・・

7f03445b1d2e011479c53c2d5c1e276f_joPoSaWm5P6nUg6oJrF.jpg

今回はいままでにない「壊れたヒョソン」を見れそうですね。

第1回のヒョソン登場シーンだけ貼っておきますね


150724 정글의 법칙 히든 킹덤 전효성 Jun Hyo Seong Law of... 投稿者 secrettimefiona

それにしても、出ているタレントだけではなくてスタッフにとってもかなりハードな内容の番組ですね。
下世話な話ながら、トイレなんかどうしているんだろう?
「簡易トイレ」を持ち込んでいるのならまだいいんだけど、
もしそうでなかったら男性のみならず女性陣も「外に穴掘って」ってこと?
それだけでもストレスで便秘になりそうですが、果たしてどうだったんでしょうか?


話しはかわって・・・
skyENTの音楽バラエティ番組「今日何聞く?」で、
「夏休みに一緒に旅行に行きたいガールズグループメンバー」というアンケートを、
男性会社員からとった結果、3位ヒョソンが選ばれました。

ちなみに4位にはGirl's Dayのユラ

CKvTTT4UYAElFvD.jpg

2位にはAOAのソルヒョン

11372135_1613015682271647_929303571_n.jpg

そして一位にはmissAのスジが選ばれております

653700d8ea49074bdc1a063e685b4de0_010b96bd6eccd29b555d3d781a3ac0ca.png

このテのアンケートを韓国の男性からとると、
たいがいスジが一位になりますね。
それくらい韓国男性から支持されまくっているスジですが、
この結果どー考えてもビジュアルだけでしょうよ。
マジメな話、スジと一緒に行って楽しいかと言われると、そうでもないと思うぞ。
まず彼女、かなり人見知りで、波長があわないとずっと黙っているぞ。
それに行動や発言にかなり突飛なところもあって、
夏の暑い日だとそれで「イラッ」とくる可能性もある。
そのへんのところって「青春不敗2」見てればわかりそうなもんなんだが・・

その点から言えば、ヒョソンはこのテーマに相応しいような気はしますね。
他人と壁をつくらないし、気遣いはできるし、
どんなことでも明るく楽しくしてくれそうな感じがありますもんね。

いや・・・待てよ・・「夏休み」か・・・
もしかしてヒョソンを選んだ韓国男性の諸君よ、
その狙いは水着姿か?
そんな「即物的理由」での3位なのか?

まぁ、それはそれで気持ちはわからいでもないが・・

今回の日本滞在中のセルカ&その他

tumblr_ns1kr4QhKh1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_ns1kroe6EB1u79sa0o1_1280.jpg
tumblr_ns1ks53t0u1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_ns1kzu7CMn1u79sa0o1_1280.jpg
tumblr_ns5cfv9Rl91u79sa0o1_1280.jpgtumblr_ns5cgeAcu61u79sa0o1_1280.jpg

「ファンミレポまだかー?」・・・
はい、そろそろとっかかりますので、
しばしお待ちを(汗)

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ウィジン:「いつもカンターレ2」第5話、第6話

SONAMOO:Green Moon Rising !
07 /28 2015
tumblr_ns5c3gUEd71u79sa0o1_1280.jpg
大量のウィジン

「いつもカンターレ2」もいよいよ佳境
7月19日に演奏会も行われたので、
次回がその様子を放送してのフィナーレになるのかな?

第5話、第6話はどちらもウィジンのシーンは少ないです。

特に第5話は、最初に全体練習のシーンがあった後は、
2つのユニットにわかれての公開演奏の準備と発表のエピソードだけで進み、
しかもそこにウィジンが含まれていない(ヴィオラだからね・・)ので、
全く映る要素がありませんでした。

ということで、最初にちょっとだけあったウィジンの登場シーンだけ貼っておきます。



150728Euijin01.jpg
150728Euijin02.jpg

上目づかいのピチカートはかわいいし、
コメントシーンもあったけど、ホント最初だけです。

第6話も練習シーンではウィジンのアップは多いですが、
相変わらず練習以外のエピソードには絡まないので、
それほど登場シーンが多いわけではありません。

150728Euijin03.jpg

ヴィオラのパート練習でも弾くシーンはありませんでした。

ただし、ひとつ面白いシーンがあって、

150728Euijin04.jpg

最後のほうで、屋外で練習するシーンがあって、

この季節ですので、夜の屋外は当然ムシが飛来してくるわけで・・

150728Euijin05.jpg
150728Euijin06.jpg

ウィジンかなり嫌がっています。

150728Euijin08.jpg

こんなウィジンの表情って初めて見たかも・・

そういえば、昨年のこの時期は、
長野市内マイマイガ大量発生真っ最中でしたが、
今年はまだ数匹しか見ていません。
幼虫は大量に発生していたのですが、
ウィルスの影響で羽化しなかったのかな?


第6話もウィジンのシーンだけ貼っておきます。


150725 언제나 칸타레2 소나무 의진 投稿者 -PreciousYou

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

小ネタ:女子高生ヒョソン、ソナムに会えて興奮(笑)

SONAMOO:Green Moon Rising !
07 /28 2015
CKpQ5xYVEAAtpOB.jpg

前にもアップしたヒョソン
ソナムのカムバックを応援に来たときの写真ですが、

150728SONAMOO01.jpg
150728SONAMOO02.jpg

最初は「先輩」として激励していたわけで、
メンバーも結構神妙な顔で聞いていたわけなんですが・・

150728SONAMOO03.jpg

ヒョソン身長とこの格好が、
それを少々「シュール」なものにしていることにヒョソンが気付き・・

150728SONAMOO04.jpg
150728SONAMOO07.jpg

女子高生がファン目線で「ソナムに会えて大喜び」みたいな、
小芝居を即興で演じて、メンバーも大笑い

150728SONAMOO8.jpg

優しいヒョソン先輩の心遣いで、
カムバック初日だったソナムの面々もリラックスできたことでしょう。

かなり面白い動画です



オマケ:インスタ動画で遊ぶ、ナヒョン・ニュッサン・ディエナ






携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ジウン:「不朽の名曲2」にSleepyと出演

Secret : ジウン、ソロ活動情報
07 /28 2015
150728JiEun06.jpg
150728JiEun07.jpg

7月24日の「不朽の名曲2」は「友達と一緒の夏」特集。
デュオ形式で往年の名曲をカバーして競いあうというものでした。

ジウンは事務所の先輩で「クルパム」で素敵なコラボを演じたSleepyと出演。

150728JuEun01.jpg150728JiEun02.jpg
150728JiEun03.jpg150728JiEun04.jpg

ジウンにとって「不朽の名曲」は、4年前に出演し、
最下位で早期に脱落という悔しい思い出がある番組なんですが、
その時以来の出演となりました。

150728JiEun05.jpg

あのときは
「シクリというグループのイメージに影響を与えてしまうようで(メンバーに)申し訳ない」
と、悔し涙をながしていましたが、今回はSleepyと一緒に楽しくステージで歌い、
観客を魅了していました。

150728JiEun08.jpg150728JiEun09.jpg

改めて言うことでもないですが、
普段から愛らしく魅力十分のジウンですが、
歌っているときの表情はいつにもまして美しく、

150728JiEun11.jpg150728JiEun12.jpg

このような熱唱での表情も含め、
その魅力が倍増します。

150728JiEun10.jpg

今回披露したのは1970年のヒット曲
キーボイス「ビーチへ行こう」

元歌はこんな感じ



いかにもこの時代のグループサウンド風のつくりで、
この時期の日本でもこんな感じですし、
フィリピンでも同じようなサウンドのグループがあります。
タイやカンボジアだとこのサウンドをベースに、
さらにアヴァンギャルドに仕上げた面白いモノもたくさんあります。


これをどのように歌ったかというと・・・



韓国のこのテの音楽番組のいいところは、
原曲の良さを残しながらも、
アレンジにおいて「今」に通用するサウンドに仕上げるところ。
ただ単純に「懐かしい歌」を持ってくるんではなく、
現代に蘇らせる工夫を怠っていないですね。

150728JiEUn13.jpg

残念ながら得点においては一位になることはできませんでしたが、
ジウンの素敵なステージを見れただけで十分満足です。

オマケ:トークコーナーでジウン「マドンナ」を踊るSleepy



Sleepyさすがにのみこみが速い

オマケ2:ジウン最近のフォト
tumblr_ns5cdgr5ix1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_ns5cd0RDVq1u79sa0o1_1280.jpg
tumblr_nrxua1BVTr1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nrxu90hy141u79sa0o1_1280.jpg
tumblr_nrxu9jcpP11u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nrxu7zAdHu1u79sa0o1_1280.jpg
tumblr_nrxu1eZqyV1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nrqc7cVAZB1u79sa0o1_1280.jpg


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

今しばらくお待ちください。とりあえず、ヒョソン「涙のスピーチ」だけ取り急ぎ・・

シクリ:イベント参戦レポ
07 /27 2015
150726ヒョソンリリイベサプライズ
会いたかったよ~ 日本に来てくれてありがとう。
嘘みたい君がいない私たち Need U~ ヒョソンに惚れる


昨日は名古屋、今日は大阪と、2日連続で、「ネカフェ難民」的な私でございます。
本日早朝に関空お見送りして、またしても青春18きっぷにて、
長野まで全て鈍行で帰るわけですが、
長野~東京~名古屋~大阪と、鈍行列車での移動続きでいささかへばっております。
寝ないこと自体は、まぁなんでもないんですが、
頭の回転がかなーり鈍くなっているので、ファンミ&リリイベのレポをちゃんと書く自信がありません。
ついでに言ってしまうと気力も体力もありません。
さらに言うまでもないことですがお金もありません(関係ないか)。

ということで、レポそのものは長野に戻ってからアップします。
(かなり鮮度は落ちてしまうし、記憶の欠落の危険性もあるんですが)

とりあえず、大阪「もりのみやキューズモール」
リリイベの最終日の最後の場面
シタ有志一同で準備していたサプライズメッセージのボードを掲げたあとの様子だけ、
動画をアップしておこうと思います。


このとき私はボードを撮影するつもりで、ステージ背後の2階にいました。
実際写してみると、やはり遠いせいかフラッシュ焚いても、はっきり映りませんでした。
しかも長い(笑)ので望遠に切り替えても全部写すのは無理でした。

なもんで一計を案じ、動画に切り替えました。
その結果(あくまで偶然の産物ですよ)
ヒョソンのサプライズメッセージへの感謝の言葉も録音できちゃいました。
(もちろん、ヒョソンの姿は写っていません)

これまた距離があったせいで、決してクリアな音声ではないし、
そもそもヒョソン自身がかなりの涙声で、
がんばって日本語で自分の気持ちを伝えようとしているので、
「何を言っているのかよくわからない」部分が多々ありますが、
とりあえず、ヒョソンがとっても感動していた様子だけでも伝わればいいなぁと思います。



喋り出すまでにかなり間があいていることからも、
相当大泣きしていたことが、
この場にいなかった人にも伝わるかと思います。
※私も背後にいたので全く見ておりません。

かなりの枚数なので準備した人も大変だったろうし、
その場でボードを持つことを依頼され、
ステージ前方に行くことを捨ててまで、快く協力してくれたシタの方々、
ヒョソンにその思い、気持ちは十分に伝わりました。
サプライズを準備したみなさんには私からも感謝の意を表します。

150726ヒョソンツイ

昨年のジウン・ハナちゃんへのサプライズメッセージに続き、
今年も大阪での最終日にヒョソンにサプライズで気持ちを届けることに成功しました。

残るはソナだが・・・チャンスはあるかな?

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

SONAMOO:「CUSHION」 7/26は人気歌謡。そしてソナ先輩から差し入れ

SONAMOO:Green Moon Rising !
07 /27 2015
CKz_g5nUsAAtiCZ.jpg
ソナが「やるとき」はそりゃもう豪気なもんでして・・

26日のSBS「人気歌謡」の収録の現場には、
ソナがケータリングカーを仕立てて、
ソナムだけでなく収録の応援に来ているソルバンウルにまで、
飲み物の振る舞い(だと思う)

tumblr_ns3iarzV851u79sa0o1_500.jpgtumblr_ns3ia9Zm1Y1u79sa0o1_1280.jpg

自分で差し入れしたモノを飲んでる写真を載せるあたりも、
いかにもソナらしいんだが、先輩の心遣いにソナムの面々もツイッターで感謝していました。

上手く時間があわなかったからなのか、ソナソナムで写っている写真がないのは残念。

さて、その26日の「人気歌謡」はまずバックルームでの紹介から


150726 SONAMOO & NC.A - Interview @ Inkigayo 投稿者 fytsfamily

左端見て「あれ?ウィジンが縮んでないか?」と一瞬思いましたが、
NC.A(エンシア)でしたね(笑)
※彼女の歌もかなりいいですよ

この画面、ミンジェがすごく綺麗だ。

そして、「人気歌謡」ではありがたいことに2曲披露させてもらっています。
「Deeply Love」のショートバージョン


150726 SONAMOO - "깊어" (Deeply Love) @ Inkigayo... 投稿者 fytsfamily

出来れば、歌っている人にアップをあわせて欲しいところなんだが、
そうするとディエナもニュッサンも映らなくなるからしょうがないか・・・
てか、明らかに「ソロ」で歌っているとしか聞こえないパートで、
メンバー全員で「リップシンクしてますよー」って映像もどうだかとは思うが・・・

で、「CUSHION」のほうは・・


150726 SONAMOO - "Cushion" @ Inkigayo (Comeback... 投稿者 fytsfamily

画質が悪くて表情がよくわかんないっ!
なんとなく今回はニュッサンがいい表情と動きしてるっぽいのはわかるんだが・・

tumblr_ns3hgdLqnk1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_ns3hgz73ji1u79sa0o1_1280.jpg

ハイディ、縦横比おかしくないっすか?
ナヒョンの持ってる「クッション」グッズいいですねぇ。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

帰ってきた「鷹キラー」!近藤一樹、勝ちはつかずも7回ゼロ封

頑張れ!オリックス・バファローズ2015
07 /27 2015
150726_after.jpg

なんとか1つの負け越しでは済んだ

ホークスとのヤフオクドームでの3連戦
初戦は先発ディクソンをはじめ投手陣が踏ん張るも、
打線が中島の一発のみで1対2で負け
2戦目も西が8回まで2失点でホークス打線を最小限の失点で抑えるも、
決して調子のよくなかった武田を攻めきれず完封負け。

点差以上に力の差を感じた連敗でしたし、
ディクソンは怪我で離脱、ブランコも不調で抹消と、
いつまでたっても「底」が見えないチーム状況です。

いよいよ先発投手が不足してくる中、
3戦目の先発は近藤一樹。
かってはこのヤフオクドームにも相性がよく、
ホークス相手に負けなしという時期もあったほどです。

150727Orix02 (1)

この日の近藤はかっての「鷹キラー」近藤そのものでした。
速球に威力があり、変化球にキレがあって、
破壊力満点のホークス打線に強気のピッチング。
6回を終わったところまでヒットを1本も許しませんでした。
7回に1死から内川に3べーすを打たれピンチを迎えましたが、
イデホを歩かせ、松田を注文通りの併殺に打ち取り凌ぎました。
8回は佐藤達が3人で締めたものの、
9回に守護神平野があと1人というところで内川に同点2ベースを打たれ、
試合は延長戦に。
11回に4点を取り楽勝といきたかったのに、海田がもたつき、
最後は塚田がなんとか抑えて、3タテはまぬがれました。
勝利投手は10回を無失点で抑えた岸田につきました。

攻撃陣は今季復調著しい寺原をなかなか攻略できず、
3回の中島のタイムリー1点のみ。
安達の当たりが止まりだしたので打線のつながりがかなり弱くなってきています。

しかし追いつかれた延長11回に、
1死から中島がヒットで塁にでて代走小島。
ここで思い切ってエンドランをかけてきました。

150727Orix02 (2)

中村の放った打球はレフト前にポトンと落ち、
小島が一塁からいっきにホームイン。勝ち越し点を奪いました。

150727Orix03.jpg

とはいっても、エンドランでうちあげとったらいかんわけで、
下手すればレフトフライ、小島一塁へ戻れずチェンジとなっていた可能性のほうが高かったわけです。
「結果オーライ」な勝ち越し点でした。
よかったのはその後で、1点リードでは
ウラのホークスにどのように反撃されるかわからん状態でしたので、
森福投手をさらに攻め立て、宮崎のヒットで1・3塁となったところで、
駿太が2点タイムリー、さらに代わった巽から岩崎も2塁打を放ち、この回に4点。
ホークスに一矢報いることが出来ました。

チーム自体は50敗到達一番乗りという不名誉な状況で、
大型補強はどこへやら、スターティングラインナップも、すっかり「伏兵だらけ」
先発のコマ不足もこれから深刻になっていきます。

この状況で次の対戦は先の3連戦で合計27点とっている、
「バカあたり」中のファイターズ。
まぁ、そのもうひとつ前の3連戦では逆に合計25点とられ、
8点しかとっていないので波が激しいようですし、
幸いにも大谷の先発はありません。
金子、東明に踏ん張ってもらって、なんとか勝ち越しはしたいところです。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

SONAMOO:「CUSHION」 7/25はミュージックコア、そしてソルバンウルから差し入れ

SONAMOO:Green Moon Rising !
07 /26 2015
tumblr_ns1km5Xz7A1u79sa0o1_1280.jpg

ソルバンウルからの差し入れに大喜び

tumblr_ns1kn1IH9Z1u79sa0o1_1280.jpg

特製ソナムクッションに・・

tumblr_ns1kkql36K1u79sa0o1_1280.jpg

ラッピングもソナム仕様の食べ物の数々

tumblr_ns1kjzpXpJ1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_ns1ki1Zm1j1u79sa0o1_1280.jpg

韓国でも日本でも気合の入ったファンの行動には敬意を表しますね。

tumblr_ns1klcLBnZ1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_ns1knsIAKA1u79sa0o1_1280.jpg

ありがたく頂戴するスミンとミンジェ

tumblr_ns1koqHExR1u79sa0o1_1280.jpg

ウィジンはインスタ動画で食するところを公開


ほっぺたがリスみたい(笑)

さて、25日はミュージック・コア
動画の画質がかなりいいのでいいキャプチャがどれそうなんですが、
残念ながら私は只今外出中。
名古屋の金山のネカフェでこれ書いています。
家に戻るのは月曜の夜遅くの予定なので、それから作業しようと思います。



メンバーのいい表情のアップをかなりたくさん捉えていますね。
ダンスの動きもいいカットで見せてくれています。
で、今気がついたのですが、まだ「掛け声」ができていませんね。
結構声を掛けやすい間が多いので、ソルバンウルががんばってくれることでしょう。

それにしても・・・
ダンス練習動画でも個別フォーカス動画でも、
どっちでもいいから早くだして!


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

SONAMOO:「CUSHION」 全曲レビュー

SONAMOO:Green Moon Rising !
07 /25 2015
tumblr_nrdubpq7mt1u79sa0o1_1280.jpg

さて、今回のソナム2ndミニアルバム「クッション」も、
全曲レビューとまいりましょう。

1曲目「Cushion」(活動曲)



活動曲だけあって、かなり作りこんであるのは当然として、
意外と音の数は抑え目で、その分ボーカルが前面にきっちり出てきていて、
ハイディ、ミンジェ以外のメンバーのボーカルもちゃんと堪能できます。
ハイライトはサビ前のハイディニュッサンのシンクロですね、
ニュッサンのラップにエフェクトかけたのは少し残念ではあるんですが、
ここでのハイディの「4段ブースター(ブレスつき)」との相性を考えると、
これが正解なんでしょう。
終盤のハイディの「アルプス高音」のところは、もっと前面に出せないかなぁ。
最近だとEXID「Ah Yeah」とか
もっと空気をつんざくようなレベルでかましてくれている曲もたくさんあるので、
ハイディにもそれくらいの見せ場を作ってあげて欲しい。
あと、「モラモラモラ・・」のリフレインは、韓国の人にとっては耳に馴染みがあって効果的なのかなぁ?
いろんな曲で使われているので、「またか・・」みたいにならなければいいんだけど。

2曲目「Round N Round」



いろいろな要素を詰め込みすぎて、聴くのにちょっと「忙しい」曲ですね。
ストリングスがいい効果出していて、ニュッサンのラップも切れ味上等。
アタマとシッポの「レッツゴー」の声は誰?ちょっと曲のスピード感にあわない気もします。
最初のハイディのスキャットでの入りのところの「ツ・タタタ・タン」での締め方は、
どことなくトロットみたいで少し違和感を感じました。

3曲目「Deeply Love」



ミンジェ→ナヒョン→ハイディ→スミン→ナヒョン→ウィジン→ナヒョンとボーカルをまわして、
サビでハイディ→ミンジェを2回まわしてウィジンで締めるというパターン。
ソナムは5人ともきれいな声質をもったボーカリストであることを証明すると同時に、
ミンジェの声質が群を抜いて印象深い存在感のあることを示すことにもつながっています。
パワフルさと音域の広さではハイディが上ですが、
情感を込めたミンジェの歌い方については
ダンスグループにおいておくのは勿体無い(笑)くらいに独特の味わいがあると思います。
ウィジンの透明感あるボーカルも他のバラード曲で聴いてみたくなりますね。

4曲目「OK」



ちょっと「やっつけ」感があるかなぁ、サビのとこのメロディーは、
もろ「どっかで聴いたことある」感じです。
※特にサビの後半はDal Sabetの「ありなし」で同じフレーズがありますね
ラップを聴かせる曲だと考えればアリだと思います。

5曲目「Liar」



ハイライト出たときはバラードだと思っていましたが違いましたね(笑)
出だしの曲調でそのままいってくれたほうがいい曲になったような気もしないではないですが・・
ハイディのパートはいい感じで高音の伸びを聴かせてくれていますね。
ラップパートから後ろは曲がどんどん盛り上がっていっていい感じなんですが、
このビートにもっとラップを乗せてもよかったんじゃないかと思います。

6曲目「Let's Make a Movie」



簡単に言ってしまえば、この曲好きです。
軽やかで透明感があっていいですね。
全員のボーカルとラップがバランスよく入っています。
前作のラスト「惜しみなく与える木」ほど気合の入った仕上げにはなっていませんが、
アルバムを軽やかに締めくくるという意味では
「クッション」というアルバムタイトルにもマッチしていると思います。

2ndミニアルバムは収録曲は1stと同じ6曲ですが、
イントロ曲なしですので、内容はより濃くなったということになります。
ただし、前回はセカンドチョイスできる曲が、
「カヌンゴヤ」「国民の妹」「惜しみなく与える木」と3曲あったのに対し、
今回は「Cushion」と他の曲での仕上がりの度合いに少し差があるかなぁという気もします。
2曲目・3曲目・6曲目がその対象となりそうですが、
今回は後続曲をこの中から持ってくることになるのかどうか・・

ボーカル・ラップのメンバーのパフォーマンス力はアップしているので、
楽曲のパワーがもう少し欲しかったような気もします。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

SONAMOO:「CUSHION」 7/24はMusic Bank

SONAMOO:Green Moon Rising !
07 /25 2015
CKpQ5xYVEAAtpOB.jpg
ヒョソン応援写真別カット

7/24はミュージックバンクのステージ

この日は同じくカムバックした
GFRIEND(ヨジャチング)とともに紹介を受けます。



150725Cushion01.jpg
150725Cushion02.jpg

ヨジャチングも含めて「ど」センターにいるのがナヒョン、さすがです。

150725Cushion03.jpg

全員が笑顔作っているときでも時折「素」になるニュッサン
こーゆーとこ、これから成長していかないとなぁ。



「Deja Vu」「カヌンゴヤ」でもたいがいそうだったけど、
ややこしいフォーメーションで大変だなぁ。
それをビシッと決めるところもソナムの魅力であるわけですが。

150725Cushion04.jpg

とはいえ、この「ハイディ出番待ち」の構図はやはりなんとかしたいところ。
これ後ろ向いていたほうがまだよくないか?

150725Cushion05.jpg

最後の決めポーズでもナヒョンのアピール感充分ですね。
ここでのウィジンはちょっと棒立ちに近いかな?

バックルーム写真3種
tumblr_nrzr7wYpcN1u79sa0o1_1280.jpg
102546429_BCD2B3AAB9AB28B3AAC7F629.jpg
tumblr_nrzr8iC1yK1u79sa0o1_1280.jpg

ミンジェ、アイメイクがキツクてちょっと怖い

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

SONAMOO:「CUSHION」MVキャプチャ(ハイディ多め)

SONAMOO:Green Moon Rising !
07 /24 2015
150724Sonamoo14.jpg

家に帰ってきたので、ソフト使って、
「CUSHION」のキャプチャ作りました。

最初にもう1回MVを見ましょう!



まず、中盤の7人のアップカット

150724Sonamoo02.jpg150724Sonamoo03.jpg
150724Sonamoo05.jpg150724Sonamoo06.jpg
150724Sonamoo04.jpg
150724Sonamoo08.jpg150724Sonamoo07.jpg

これはミンジェのざーとらしいポーズもいいけど、
やっぱスミン「ウルトラマン」ですね。
メイキングで見ると、わざわざレールまで使って撮った、
会心の一枚です。

個別キャプチャはそのスミンから

150724スミン01 150724スミン02
150724スミン05
150724スミン03150724スミン04

いまいちピントがあったのがなくて、
ステージのほうが魅力的なスミンが見れます。

次はミンジェ

150724ミンジェ01 (2)150724ミンジェ02
150724ミンジェ04150724ミンジェ05
150724ミンジェ07150724ミンジェ06

全般にキレイに映っていますね。
その中で一枚、ステージでもやっている、
「つくった」表情のカットがMVでも映っています。

150724ミンジェ03

ナヒョンの後ろでさりげなくですが、かなり表情つくっています。

その「ビジュアルクィーン」ナヒョンはというと・・

150724ナヒョン01150724ナヒョン02
150724ナヒョン03150724ナヒョン04
150724ナヒョン05150724ナヒョン06

今回キャプチャかけてナヒョンクセをひとつ気付きました。
アップになるとき、左目をやや閉じ気味になりますね。
無意識にウィンクポーズをとるあたり、さすがナヒョンです。

「CUSHION」で一番かっこいいディエナは・・

150724ディエナ01150724ディエナ02
150724ディエナ03150724ディエナ04
150724ディエナ05150724ディエナ06
150724ディエナ09
150724ディエナ07150724ディエナ08

全体に今回のディエナ目ヂカラがありますね。
いっこいっこのポーズがかっこよくきまっています。

笑顔のオンパレードのウィジンは・・

150724ウィジン01150724ウィジン02
150724ウィジン03150724ウィジン04
150724ウィジン05150724ウィジン06
150724ウィジン07150724ウィジン08

やっぱり見映えがいいですねぇ。
日本のアイドルじゃないけど、ウィジンイメージビデオって見てみたいかも。

今回私のキャプチャに一番はまらなかったのはニュッサン

150724ニュッサン01
150724ニュッサン02
150724ニュッサン03

3枚だけですが、それぞれニュッサンのいい表情をおさえています。

最後にハイディ
私の贔屓目もありますが、
実際このMVでアップシーンが一番多かったのもハイディ

150724ハイディ01150724ハイディ02
150724ハイディ03150724ハイディ04
150724ハイディ05150724ハイディ06
150724ハイディ07150724ハイディ08
150724ハイディ10
150724ハイディ09150724ハイディ11

特に大きいサイズにした一枚は、
今までのハイディの中でも一番のキュートな表情とポーズです。

150724Sonamoo09.jpg150724Sonamoo10.jpg
150724Sonamoo12.jpg150724Sonamoo13.jpg

7人の表情がほんとイキイキとしています。

150724Sonamoo11.jpg
150724Sonamoo01.jpg

この「NEW SCHOOL」のチラシ、
もうちょっと効果的に使えなかったな?


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします



ヒョソン:「FANTASIA」リリースイベント 7/23名古屋:イオンモール大高

シクリ:イベント参戦レポ
07 /24 2015
CKkUVh6WgAA_OF0.jpg

今回の入国は中部国際空港セントレアから。
(くそう・・はずした)

私、23日は大阪から長野へ戻るところだったので、
名古屋の南郊、イオンモール大高で行われた、
「FANTASIA」のリリースイベントの夜6時開始の部だけ参加しました。

CIMG2743.jpg
CIMG2742.jpg

各駅停車しか停まらない南大高駅と跨線橋で結ばれています。

会場は1Fのグリーンコート

CIMG2746.jpg
CIMG2745.jpg

50人弱の人が場所取りして待っていました。
今回は若い女の子の比率が少し高め。
東京のイベントで見かける少しは顔もいましたが、
このエリアということで来れている人が多いようでした。

控え室はエレベーターの下の小さい囲いのところ

CIMG2747.jpg

出入り口がここしかないので、
ステージに出るにも、ここから出てステージ袖から上がる格好になります。
私は15分ほど前から会場にいたんですが、
このタイミングだとヒョソンはまだこの控え室には入っていないだろうと思い、
ここで「入り」を待つことにしました。

スタッフやMCのアキくんが出入りしていましたが、
ヒョソンが中にいる気配はありません。
そして、18時丁度に、なんとダンサー、マネージャーとともに、
階上からエスカレーターで降りてきました。
建物の構造上仕方なかったんでしょうが、
ちょっと驚きの「楽屋入り」です。

控え室に入るところを「ヒョソン!」と声を掛けて、
目が合ったので手を振り返してもらえました。
(そこで待っていたの私だけだったしね)

AZR8ZPP.jpg
こちらはタワレコのスタッフが撮った画像

イベントが始まって少し人が集まってきましたが、
固定ファン以外の人はそれほど注目しなかったようで、
スペースの半分程度しか人だかりはできませんでした。
後ろのほうでボーズ頭の高校生が5・6人ほど
やや興奮気味にヒョソンを見ていましたが、
「Into You」の途中で去っていってしまいました。

今回はタワレコやキッスのスタッフがイベントの様子を、
タブレットやスマホで録画していましたが、
撮っている人がスタッフであることを明示しておかないと、
「あ、撮っていいんだ」って勘違いする人がいるんじゃないかと思いました。
あと、2階からは結構がっつり撮っている人がいましたが、
スタッフの目が行き届いていませんでしたね。

トークでは、髪型が変わった話から、
「ロングとショートどっちがいいですか?」と観客に聞いていましたが、
まぁ半々というところでした。ちなみにヒョソン「どっちも好き」とのこと。
それから「ジャングルの法則」の収録の話がでて、
「トカゲを焼いて食べました」と驚きの報告。
※本日24日から韓国では放送が始まりますね。

「どうしてそんなにキレイになれるの?」というアキくんからのフリに、
「ポイントはピンクの歯茎です」と答えていました。

参加した人から「ヒョソン、少し元気なかった」という声もあったようですが、
それほどハイテンションではないものの、いつも通り、「一生懸命のヒョソン」でした。

「Good-night Kiss」を歌ったあとは、
控え室に戻らずに、そのまま特典会に移行。
握手会、チェキ会ともにそれほど人がおらずサクサクと進んでいきます。
私は「幽霊を見る刑事チョヨン」でのハン・ナヨンに扮した
ヒョソンの写真を忍ばせてサイン会に臨みましたが、
介添えのスタッフにヒョイと取り上げられ、

12101101.jpg
※ちゃんとひらがな書けるのがヒョソン・クォリティ
やむなくジャケットに書いてもらうことに。
ナヨン役での写真を見たときのヒョソンの反応が薄いのが残念でした。
あと「ファンミでヒョソンも浴衣着るの?」と聞きたかったのですが、
それもかなわず仕舞でした。

40分ほどでイベントが終了して、
またエスカレーターで上がっていくのかなと思ったら、
今度はなんと1Fのモール内をそのまま歩いて駐車場まで向かいました。
もちろんファンもぞろぞろと一緒についていきます。

私はその列には加わらずに、
シクリペンの女の子たちとの2ショ写真に応じていた
MCのアキくんと、しばらく歩きながら話をしました。
「アキくんもてるねー」とからかうと、
「そんなことないですよー」と謙遜していました。
なかなか控えめでいいヤツです。
25日の東京でのファンミアキくんが司会をするということらしく、
「がんばってね、楽しみにしてるよ」と言って彼と別れました。

150723@Secretimehs.jpg

23日のヒョソンのツイート。
これはイオンモールのどこかかな?

猛暑の中、移動の多い今回のヒョソンの来日ですが、
残りの日程も大いに盛り上がって欲しいところです。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

SONAMOO:「CUSHION」 7/23 M ! Countdown

SONAMOO:Green Moon Rising !
07 /24 2015
CKSR7BGUsAE1E5G.jpg

ソナム「クッション」カムバック
7月23日はM ! Countdownのステージ



これ屋外のえらいでかい会場ですね。
大きいとこほど「CUSHION」のダンスは映えるようにも思えます。

キャプチャー画面とともに感想及び解説を
(画質悪いですけどね)
まず、現在人気急上昇中のスミン

150724Cushion12.jpg
150724Cushion11.jpg
150724Cushion10.jpg

前に出てくるカットはそんなに多くはないんですが、
アップになる瞬間の表情が全部かわいいし、きまっています。
MVのとき以上にスミンの印象がステージにおいては強く残るんじゃないかな?

150724Cushion09.jpg
150724Cushion01.jpg

私推しのミンジェは、ソロボーカルの後すぐ屈伸ダンスという
なかなか難しいことやらされています。
一瞬、ものすごい「つくった」表情しているカットがあるんですが、
それは次回以降のステージでキレイなキャプチャでご紹介しようかと・・

150724Cushion02.jpg

ハイディはボーカルを響かすところが三箇所あって、
見せ場は多いんですが、表情が固いのがちょっと残念。

150724Cushion06.jpg

あと、ディエナの最初のソロパートに続くハイディのソロのところ、
後ろでハイディ待っている姿がちょっとマヌケ。
ここのフォーメーションはもうちょっと何とかして欲しかった。
それと、これをカメラで横から撮るのはやめてあげて欲しい。

150724Cushion05.jpg

ナヒョンはMV同様にいい目立ち方していますので、
もっと画質のいいところでたくさんキャプチャを撮りたいですね。
個別ダンス動画がでたら、またナヒョンが一位でしょうねぇ。

150724Cushion08.jpg

私個人としては「CUSHION」で一番いいのは前にも言いましたがウィジン
ダンスでのセンターポジションを一番多くとっているのも納得の、
キレイなボディラインとスマイルが素晴らしいです。
よくここまでスリムになったなぁというのが正直な感想。
シンガポールの時どころかデビュー時よりも絞ってないか?

150724Cushion03.jpg

ニュッサンは前回のステージで指摘したラップソロの後のターンが、
今回はキビキビしたものになっていました。
(動画で1分7秒くらいとのところ)

150724Cushion07.jpg

ただダンス列に戻るときの動きがまだ気になります。
サビのダンスに途中から入るフォーメーションになっているので、
これは仕方がないのかもしれませんが、
動きをシンクロさせながら列に戻るとかのテはなかったかなぁ。

ディエナはダンスもラップも最高なんだけど、
いざキャプチャしてみると、けっこう「怖い顔」だったので、
今回は画像貼り付けはパス。
また、いい画がとれたら貼ることにします。

※お待たせしている全曲レビューは今日中にアップする予定です。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

SONAMOO:「CUSHION」 7/22 Show Championカムバック

SONAMOO:Green Moon Rising !
07 /23 2015
tumblr_nrw2itmIxu1u79sa0o1_1280.jpg
素のミンジェと「仕上がり」万全のナヒョン

ソナム「CUSHION」での音楽番組カムバックの第一弾はShow Champion

ステージ前に、NC.A、ハロビとともに、
バックステージで紹介を受けるソナムの面々。
紹介するMCも先ごろ約3年ぶりにショーチャンに帰ってきたキム・シニョンさん。


ある意味、「ソナを育ててくれた」恩人の1人でもある、キム・シニョンさん。
ソナムの面々が絡むのは今回が初めてかな?
これからバラエティ番組でも共演して、是非とも彼女たちを鍛えてあげて欲しいです。

tumblr_nrw2k53Aj01u79sa0o1_1280.jpg
ハイディは写り方によっては顔の輪郭が別人みたいだ・・

tumblr_nrw2g6ajrs1u79sa0o1_1280.jpg
この写真では珍しくナヒョンが目をつぶっちゃっています。
ニュッサンはセルカ以外ではどこまでも素です。

そしてステージ本番。初日は「CUSHION」一曲だけでしたが、
カムバックが目白押しということもあるので、
他の番組でもソナムには一曲分しか枠がないかも知れません。


ダンスの全貌がほぼ明らかになりましたが・・
屈伸運動たくさんで大変そうだなぁ・・
ミンジェの歌い出しは今回はちゃんと声が響いています。
ラップ&ダンスでソロの見せ場をもらっているディエナは、さすがの存在感。
背面でのダンスパートは、バックダンサーも含めて、
あの人数で整然とやるとかなりかっこいいのでいいんじゃないでしょうか?
「ちょっとなぁ」と思ったのがニュッサン
ラップパートはイフェクトかけている都合上、ステージではリップシンクの可能性もあるんだけど、
それはいいとしても、自分のパートに入る前に表情作れていないのと、
ラップパートの後、ダンス列に戻るときの動きがキビキビしていない、
これがこれからどのように改善されるかは注目していこうと思います。

中盤のディエナのソロ前の転調パートでのダンスは、
これから回ごとに違うアドリブ入れて、
「カヌンゴヤ」のときのように遊び心を発揮しても面白いかも?

インスタ動画でのバックステージの表情


これはウィジンがノリノリでいいですね。

そして、この日は、ヒョソンが応援に駆け付けてくれました。

CKg5hFWUYAEkqKq.jpg
CKg5hF7UcAAlrTW.jpgCKg5gTsUkAArEBh.jpg

みなさんもご存じのとおり、
この中ではヒョソン「最年長」なんですけどね・・・
まったくそうは見えないところが、ヒョソン恐るべし・・です。

※ヒョソンは今日(23日)来日なのに、やっぱギリギリまで撮影かぁ・・

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

SONAMOO:「CUSHION」 7/20ショーケース動画&ジャケットメイキング動画

SONAMOO:Green Moon Rising !
07 /23 2015
tumblr_nrrlrvI6Uz1u79sa0o1_540.jpg

7月20日に開催された、ソナム2ndミニアルバム「クッション」のショーケース。
披露した「CUSHION」と「Deeply Love」のフル動画と、
トーク部分のダイジェストが日本語字幕付きでアップされました。



このショーケースの映像では「CUSHION」のダンスの全貌をまだとらえきれませんが、
かなり激しくシャープなダンスをしていることは確かですね。
それだけ踊っている中で、各自のボーカルパートもけっこうきっちりあって、
ハイディ、ミンジェだけではなく、スミン、ナヒョン、ウィジンもボーカルとしての存在もアピールしています。
少しだけ残念なのはニュッサンのラップパートはイフェクトかけているので、
本来のハイラッパーとしての良さが活かしきれてないところかな。
ハイディはラストだけなく中盤でも「アルプス高音」の実力を見せてくれているので、
これについては嬉しいけど、トークで言っている「四段ブースター」というのはちょっと違う、
「ブースター」というならば音を上げる時にブレスしちゃだめです(笑)
あと印象に強く残るのがナヒョン
彼女がセンターに入っているときの画面の華やぎようったらないですね。
制作サイドもソナムというグループの「見せ方」をよくわかってらっしゃる。

tumblr_nrrlquhDvv1u79sa0o1_540.jpg

トークのところせっかく字幕があるんだから全部見たかったですね。
特にウィジンの「脳内メーカー」は知りたかった。
ハイディはダイエットとチキンを両方入れるのはどうしたものか・・(笑)

「Deeply Love」ウィジンのボーカルの良さが目立っていますね。
ほんと7人全員の才能が豊かなグループだわ。
それにしてもカラフルなレインコートはいいとして、
これ傘がブラックってチョイスとしてどう?
黒い傘が7つもフルオープンだとステージ結構「黒い」ぞ?
全部か、せめて4つは透明なものでよかったんじゃないか?

CKSR7BGUsAE1E5G.jpg

さて、もうひとつ、ジャケットメイキングの動画



全員が真剣にそして明るく楽しく撮影に取り込んでいる様子が伝わるし、
メンバー同士の絡み方が固定していないのもいいですね。
7人のチームワークの良さと相互信頼の雰囲気も伝わってきます。
個人的にはミンジェのピアノのシーンが、
どことなく怪しげな演奏で、それがミンジェらしくて良かった。

tumblr_nrswgmjMWK1u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nrswhz6iui1u79sa0o1_1280.jpg
tumblr_nrswxpqNE21u79sa0o1_1280.jpgtumblr_nrw2f64Cfy1u79sa0o1_1280.jpg

カムバックを経てインスタ画像も賑やかになってきました。
右上のディエナ、右下のナヒョンはちょっとわかりにくい?
左下のニュッサンはとても綺麗です。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。