B.A.P「訴訟」騒動続報

日々の雑感
11 /29 2014
141129BAP.jpg

先日アップした記事へのアクセスが、
(私のブログにしては)スゴイことになっていまして、
やはり同じK-POPでも男性グループへの注目度は凄いなぁ・・
と妙なところで感心している次第です。

提訴のニュースから一日たって、
B.A.PとTSエンターテイメント契約上の問題点が徐々に明らかになってきました。

まず、問題の焦点は、
①昨年までは、「収益が出ていない」との理由で
B.A.Pのメンバー6人への給与の支給がなかった。
②今年になって、ようやく支給されたが、その金額は一人1790万ウォンだった。

(契約締結後からの日数で日割りすると、月給にして50万ウォン程度)
③この1790万ウォンの支給に計算の根拠が不透明(特に海外公演での収支の算定)

もちろん、メンバーの宿舎費や食費、活動にかかる諸経費は会社負担ですが、
医療費などについては個人負担で、親を頼らざるを得ないメンバーもいたそうです。

さらに過酷なスケジュールの中、体調不良で中国での公演のキャンセルを申し出たが、
「キャンセルに伴う損害賠償を請求された場合、君たちが支払え」と会社側から言われたり、
過労で緊急入院しているにもかかわらず、公演の消化を優先させられたりと、
昨年の10月を境に、B.A.PメンバーのTSエンタへの不信が大きくなり、
(初期からの信頼していたマネージャーが退社独立したというのも大きいそうです)
まず、昨年末にその時点での清算の開示を要求したそうです。
そして、そこでの返事が先の「収益でてないから払うものもない」でした。
そこでB.A.Pメンバーは、今年に入って、法定代理人を雇い
再度、TSエンタ側に清算書を要請し、
それが7月に1790万ウォンが支払われることにつながったわけですが、
その不透明さが不信に拍車をかけたようです。
で、「落としどころ」が見えないまま、これ以上活動を続けるわけにも、
また活動を続けさせるわけにもいかなくなり、
10月以降の活動の全てをキャンセルすることになったのでしょう。

で、なんで訴訟がこのタイミングだったかというと、
マンネ(最年少)のZelo18歳になるのを待っていたということです。
(10月15日が誕生日)
18歳にならないと、訴訟人になることはできないからです。
このことからも、B.A.Pの6人の固い意志と決意を窺い知ることもできます。

問題はB.A.Pの活動における金銭の出納における不透明な部分が、
今後どのように明らかにされるかということです。


既にB.A.Pサイドは、今回の訴訟に関わる、契約書や清算書を公開しており、
焦点をあてるべき不明な部分もわかっています。
これが仮に使途不明金ということで会社としての不正行為にまで発展するようであれば、
TSエンタそのものの存続にも関わってくるかも知れません。
ここんとこ騒動続きであるSMエンタや、海外進出で大ズッコケしたJYPエンタのように、
屋台骨が太いならともかく、TSエンタは弱小(くどいようだが中規模)の事務所です。
ひとつのヒビが、その屋台骨を崩すに十分な痛手になるのです。

B.A.Pのベイビー(ファン)の方には申し訳ないですが、
シタ(シクリ・ファン)の私としては、とにかくそっちが心配なんです。

tumblr_na4tmjIwDX1rnqu5so1_1280.jpg

シクリの4人ついて言えば、それぞれに車を購入したりと、
少なくともここ数年は契約に従って事務所からしかるべき待遇は受けているものと思います。
それもこれも事務所の経営の安定によるもので、
その前提が崩れたとき、メンバー各自が「自ら生きる道」を進まざるを得なくなるという危惧があるわけです。
幸いというか、ヒョソン、ソナ、ジウンについて言えば、
既に単独で活動していけるだけのポジションを獲得しています。
ハナについてはかなり厳しい
そして、むしろそれ故に、契約に拘束される必然がなくなれば、
個々の道を選択する可能性も考えられます。

韓国ではDSPと契約更新せずに、
KARAメンバーとしての継続だけ求めたニコルが、
そのことについて認められなかったように、
メンバー各自が別々の事務所に属し、
同一グループとして存続することはまずありません。

※シンファは個々に事務所に属しながらメンバー活動は
自分たちで立ち上げた事務所でマネジメントしています。
また、ブラウン・アイド・ガールズのガインが、グループとしての活動の契約と、
個人としての活動の契約を別々の事務所で結んでいます。

これが、前回の記事で私が不安に感じたことです。

sonamoo141129.jpg
そして、デビュー前のソナムについて言えば、
それこそヒョソンオソニョ(五少女)で味わった悲哀
(長い準備期間の末に、事務所解体で解散)
を経験してしまうかも知れません。

もちろん、これらのことが杞憂で終わることを願ってやみませんが、
まず、何よりも目先のこととして、
来週、ソロアルバムリリースイベントで来日するジウンが、
このことで心を痛めていないかが心配です。
※というか、心痛であるのは相違ないので、
それを出さずに笑顔でファンに接するであろう
ジウンをこちらが気にしてしまいます。


なお、訴訟に関わる詳しい資料についてはこちらのブログをご参照下さい。

補記
今回の件で一つわかったのが、CD販売での売り上げの取り分のカラクリ。
活動開始段階では、1:9(メンバー:会社)の比で収益が配分されるのが、
正規集(つまりフルアルバム)3集目以降は、
2:8にメンバーへの配分が引き上げられるという契約だったことです。
B.A.Pはここまで11枚のCDをリリースしていますが、正規集はまだ一枚のみ。
したがって、未だ1:9の収益配分なわけです。
ちなみにシクリは、(デジタル音源を含め)15枚のCDを日本盤を含めリリースしていますが、
正規集は2枚だけ(韓国、日本各1枚)。
仮にシクリにおいても同等の契約内容であるならば、
韓国で2011年以来、フルアルバムが出ていないのにも納得がいきます。
(まぁ出しても爆発的には売れないからねぇ)


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

スポンサーサイト



ジウン:「Twenty Five」リリースイベント追加情報③

Secret : ジウン、ソロ活動情報
11 /29 2014
tumblr_nfqynsgMhi1rnqu5so1_1280.jpg
今回のリリースイベントでのサイン会での、
サイン台紙(有料だっけ?)が、コレ。

前回の「YooHoo」のときは、ハナとジウンの2人だけに、
(4人が写っている)台紙にサイン貰ってもなぁ・・
ということでCDジャケットにサイン貰いましたが、
今回はジウン単独ですので、コレはコレでいいなぁ・・。


さて、ジウンのソロ「Twenty Five」日本でビューのリリースイベント

全日程が決定しました。

2日(火) 大阪:あべのキューズモール 3Fスカイコート
 18:30~(1回のみ) ミニライブはCD購入者に優先観覧スペース有

3日(水) 中部国際空港セントレア4Fイベントプラザ(既出)
4日(木) 池袋サンシャインシティB1F噴水広場(既出)
5日(金) スケジュールなし

6日(土) イオンモール幕張新都心 グランドモール1階グランドスクエア(既出)
7日(日) タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」(既出)
 ※タワレコ渋谷店でのリリイベはミニライブは無し、自由観覧はありません
8日(月) たまプラーザテラス ゲートプラザ1Fフェスティバルコート
 ①14:00~ ②17:00~ 
 ミニライブ観覧は無料

9日(火) ららぽーと豊洲 シーサイドデッキメインステージ
 ①15:30~ ②18:30~
 ミニライブ観覧は無料

屋外が、2日・6日・8日・9日それ以外は屋内での開催です。
特に屋外開催で、長時間待たれる予定の方は防寒対策をしっかりしましょう。

なお、今回のリリースイベントにあわせて、オリジナルグッズの販売も行われます。
ジウン単独のグッズは初めてですので、購入する方も多くなると思います。

JiEun goodsbd4154ae1b88ac4da8dc9d6a56ff08d2.jpg

各会場ともイベント開始時間の2~3時間前から販売されます。

私は4日の参加が都合により無理っぽいので、
8日に変更になる予定です(だからどうした?)

オマケ
今回のジウン、日本でのソロデビューを記念して、
「スウェットスタジャン」が発売されました。

UBAUXeP.jpg

限定生産25着、うち1着はジウン分ということで、
販売されたのは24着
昨日28日20時発売開始と同時に売り切れたそうです。
たった24人だけが「ジウンとおそろ」の栄誉を獲得したということです。

私は、Lサイズだと着れないので、購入を見送りました(泣)
※そもそも金がなかったことは黙っておこう

雑誌「K WAVE」ジウングラビア
tumblr_nfop9dA53n1rnqu5so1_1280.jpg
tumblr_nfop9zkABO1rnqu5so1_1280.jpg
なんだか、顔がいつもとちょと違います


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

T-ARA 「JAPANツアー詐欺騒動」に動きアリ

日々の雑感
11 /28 2014
TaraLittleApple.png
中国では「筷子(お箸)兄弟」(中国の人気タレント)とのコラボで、
お箸兄弟のヒット曲「小さなリンゴ」を韓国語+中国語でカバーし、
中国での本格活動開始。
(それにしても別ユニットでもないのに、6人中4人だけで活動なのは何故?)

20141126001200882_1.jpg

また、12月24日には韓国での初の単独コンサートを開催。
(シクリでさえまだなのに、くそう先越された)
・・・でこれも何故ヒョミンだけサンタコスの色調が違うの?

この他、年明け早々にはベトナムでファンミーティングも予定されています。
年末に向けて、中国、韓国にて活動が活発になっているT-ARAですが、
日本国内では9月に始まった、「ツアーチケット詐欺騒動」が、
ここまで具体的に何ら進展がないまま、
コンサートを開催するとされていた日まできてしまいました。

ところが、今日になって、現在のT-ARAの日本でのオフィシャルサイトの方に、
「T-ARA 2014 TOUR in JAPANのお詫びとお知らせ」と題して以下の文が掲載されました。

MBKエンタテインメントです。

[T-ARA 2014 TOUR in JAPAN]コンサートの件で皆様に大変ご不便、ご迷惑をお掛け致しましたこと深くお詫び申し上げます。

また、お知らせが遅れましたこと重ねてお詫び申し上げます。

2014年9月、弊社は日本のMMW社とT-ARA 2014 TOUR in JAPAN コンサートに関して契約を締結し、契約金の一部が支給され、コンサート準備を進める事となりましたが、MMW社はコンサート会場を手配出来ず、コンサートの開催が困難である状況になりました。

弊社は、MMW社にチケット購入戴いたお客様への払い戻し実施の要求をしておりますが、現時点ではチケット購入者も明確に把握出来ていない状況で御座います。

弊社としては先ずチケットを購入戴きましたお客様を把握する事に努めより早い払い戻し実施をさせて頂く為、ご購入戴いたお客様を探しております。

チケットを購入された方(代金支払い済み)は下記のメールアドレスに情報を記入しお送り頂けたら幸いでございます。

皆様には多大なご迷惑をお掛けし大変申し訳なく心よりお詫び申し上げます。

また大変お手数をお掛け致しますが、ご協力の程何卒よろしくお願い申し上げます

(引用以上)

※引用註、T-ARA所属事務所、コアコンテンツメディア(CCM)は、
この間に企業合併が行われ、名称がMBKエンタテイメントに変わっています。


事務所サイドが責任を持って(立て替えてでも)返金するとは一言もいってませんが、
まずはチケット購入者を把握して、返金への道筋をつけるということでしょうね。
今後、MMW社との折衝の経緯をその都度報告するなど、迅速な対応と報告が求められるでしょうね。
「契約金の一部が支給され」と正直に言っているところはよいけど、
それを受け取っているくせに、今までなんの公式アナウンスもなかったことは、
ファンに対して極めて無責任で、「自分達も被害者でした」とは言えませんね。

また、韓国の公式サイトには、まだ9月時点でのツアーアナウンスが残っていて、
さっさとこちらを削除するのも必要かと思います。
(件の「詐欺」サイト自体を消すのは、それを「要請」するしかできないので責任はないけど)

ともあれ、これで事態が解決の方向に向かえば一安心。
あとは、今回の騒動を引き起こしたMMW社に対して何らかの社会的制裁があることを望みます。
(このイベント会社、他に未解決のチケット騒動起こしていますしね)

T-ARAの最新曲「Little Apple」はこんな感じ

オリジナル版はイマイチ品がないので、メイキング版のほうでお届けしました。

本家「お箸兄弟」のほうは中国で今年大ヒットしまして、
フラッシュモブ動画もたくさんアップされています。
その中で出来のよいものを一つ「舞踏版」。
※これまた、オリジナルMVがあんまり品がよくないので・・・


※PSYの「江南スタイル」のセンを狙っていることは敢えて言うまでもないでしょう
もともとサウンドのつくりが、T-ARAがカバーしても、
何ら違和感がないというより、T-ARAのオリジナル曲群に合い通じるものがあります。
T-ARAの2011年の「Rolly Polly」で確認してみて下さい。



この曲、韓国の総合音源サイト「GAONチャート」年間一位でした。
この年と、翌2012年の前半までT-ARAのピークでした・・。


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

音狂時代⑱ 「売れなかったけど伝説」①キャプテン・ビーフハート(前編)

音狂時代(新:世界の音楽)
11 /28 2014
今回から新シリーズで、
発売当時は注目を集めることはなかったけど、
後世になってから高い評価を得たり、
大きな影響を与えてきたグループやミュージシャン、
あるいは、有名でヒット曲もあるグループやミュージシャンの作品で、
発売当時は注目されなかったけど、
今にしてみれば名盤というアルバムなどを取り上げていこうと思います。

特に、バンドをやっている人なんかには、
是非知っておいてもらいたいものを取り上げていきますので、
興味が湧いたら、自分でも手にとって聴いてみて下さい。

さて、第1回は、永遠の「ワン アンド オンリー」
牛心隊長こと、キャプテン・ビーフハートです。
capt_beefheart.jpg
本名:ドン・ヴァン・ヴリード(1941~2010)

1967年「Safe as Milk」でレコードデビュー1992年までに12枚のアルバムを製作。
全てが傑作というわけではないですが、
彼のブルージーな味のあるボーカルに破壊的な不調和と、
煌くような美しさが渾然一体となった、
まさに「不調和の美」としかいいようがない音楽世界が、
特に「超名盤」と後に評されるアルバムには刻印されています。
牛心隊長の場合、後のオルタナ系のバンドへの影響は指摘されますし、
そもそも再評価の機運が高まったのも、それらの傾向の先駆者としてでもありますが、
何よりも、私が素晴らしいとおもうのは、
「牛心隊長の音楽は牛心隊長にしかできない」ところです。
一見、誰でも出来るようなテキトーな演奏や
雑な投げつけるような歌い方に聴こえるかも知れません。
しかし、何度も聴き返していくと、「そこにしかない世界」みたいなものに気付きます。
言い換えれば、そんだけ聞き込まないと見えてこないものですから、
「ラジオでかかって、ヒットチャート上昇」なんてことにはならないわけで、
そりゃ売れるわけもないということになります。
(もちろん、牛心隊長にしては「売れセン」っぽい曲もあることはあります)

後世のおいて最も評価が高く。
「孤高の名盤」として激賞されているのが、
1969年の三作目「Trout Mask Replica」です。
Trout_Mask_Replica.png
このアルバムジャケットも秀逸。
かぶっているのはホンマモンの鯉
(残念ながらマスではない)
牛心隊長ご本人が被っておられます。

一日12時間、八ヶ月のリハーサルを経て、
たった4日間(バックトラックだけだと6時間)で製作された、
準備日には入念に時間をかけ、レコーディングの演奏はほぼ一発録りという、
製作過程そのものが一種の奇跡のようなアルバムです。

牛心隊長の頭の中から湧き出してくる音を、そのイメージどおりに演奏するためには、
これだけの準備が必要であり、そしてその情念をレコードに収めるためには、
十分にリハーサルを積んだ上での一発録音しかなかったということでしょう。

それまでの2枚のアルバムでは、プロデューサー主導で、
牛心隊長の思い描く音楽を盤に表すことは出来ていなかったのに対し、
本作をプロデュースしたフランク・ザッパ(牛心隊長の高校の同級生でもあった)は、
牛心隊長制約のない自由な環境で音楽制作に取り組めるようにしました。
その環境の整え方と、ザッパ一流の製作能力が、この名盤を産んだとも言えます。
(フランク・ザッパについては、どんだけ語っても語りつくせないほどの
作品と価値があるので、別の機会に必ず書きます)


TMR.jpg


このアルバム製作過程の面白い逸話としては、
8ヶ月のリハーサル期間、バンドメンバーは共同生活を強制されていて、
その経費の少なさから、食事が貧弱で、
窮したメンバーが食品を万引きして逮捕されたほどだったというのがあります。
また、このアルバムの曲を作るにあたって、
牛心隊長は、今まで「演奏したことのない」ピアノで作曲を行い、
しかも音楽理論に精通していたわけでもないので、
不協和音、不整調、リズムの破壊なんて当たり前、
とにかく本能の赴くままに音を紡ぎだしていって、それをメンバーが採譜することで、
演奏にこぎつけていきました。ただし、牛心隊長以外のメンバーはアドリブ禁止
あくまで彼の頭の中から出てきた音をへんてこであれなんであれ演奏させられました。

通常、音楽を作る人というのは、聴き手の耳に届けるという前提で作成します。
もちろん、現代音楽などの非営利的な芸術分野ではそうではないし、
この当時、1960年代にはオーネット・コールマンなどジャズミュージシャンも、
フリー・ジャズという表現者主体の音楽に向かっていました。
しかし、芸術表現よりも「いかに売れるか?」が幅をきかしている大衆音楽において、
これだけチャレンジな音楽を作り出したのは、1969年段階では数えるほどしかありません。
しかも、この「トラウト・マスク・レプリカ」では、それが完全に達成されています。
ここにあるのは決して心地の良い音楽ではありません。
牛心隊長の唸るようなボーカルと、整合性をどっかに置いてきぼりにした不調和な演奏。
しかし、その音は耳と頭に、不快として響くだけではありません。
牛心隊長の頭の中を覗き込むような、
人の深層心理に音を介して向き合っているような緊張
を感じさせます。
そして、最終的には、牛心隊長の時代を超えた発信と、
聴き手の受信がシンクロすることでいいようのない快感
につながっていきます。
(ここまで達するには、長い時間が必要です)

私とて、これを最初に聞いた20代前半のときに思ったのは
「何じゃこりゃ!」でした。最後まで集中して聞き続けることも困難でした。
しかし、何度も繰り返し、延々掛け続けることで、
次第に、この不調和の心地よさを感じるようになっていきました。

tmrband.jpg

収録時間、78分51秒。
当時として異例の2枚組みアルバム制限可能時間限界まで音を詰め込んでいます。
恐らく、牛心隊長の頭にはそれ以上の音が詰まっていたのでしょうが、
それを限界一杯まで表現した作品。
「どの曲が」と切り出せるアルバムでもないので、
全曲収録した動画を貼っておきます。
多分、勉強のBGMにはならないし、安眠の妨げにもなるので、
集中して聴く時間を作るのは難しいかも知れませんが、
是非、通して聴く機会を作ってみてください。
そして、少しでも気になったら、是非CDを購入し
何年も時間をかけてつきあって見てください。
そこに巷に氾濫する「売る為の耳に優しい音楽」にはない
「ナニモノカ」を見つけることができるでしょう。




「ポップ・ミュージックの歴史において、
音楽以外の領域で活動する芸術家たちにも理解し得る、
芸術作品として見なすことが出来る音楽作品が存在するとしたら、
おそらく『トラウト・マスク・レプリカ』がそのような作品である」(ジョン・ピール)


この作品一枚だけでは、キャプテン・ビーフハートを語ったことにはならないので、
来週、続編で他の作品についてもみてみましょう。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ソナ:「バラ色の恋人たち」第13話予告

ソナ主演ドラマ「バラ色の恋人たち」
11 /28 2014
141128RL1303.jpg
ジャンウくんとゴウンちゃんは、ホントの親子みたいに仲良し

第13話の予告編でたので貼っておきます。


チョロンが自分の娘であることに気付いたジャンミは、
「母性ある」行動をとるようですね、
しかしチャドル厳しく拒絶され・・・
辛いドラマの現場になりそうです。

シネとヨングクはさらに急接近・・・そんなんでいいのか2人?
そして「功を焦る」ジェドン「金を漁る」マンジョンビジネスの話
ここから何か「悪巧み」が始まるのでしょうか?

また、レビューでお会いしましょう。

オマケ

13話か14話で、
シネが、「マッコリ大飲み」大会に出場。

141128RL1302.jpg

並み居る強敵を退け、最後の3人に残るそうですが、
このマッコリ・・・芝居用のニセモノではなく
なんとホンモノを使用したそうです。

141128RL1301.jpg

イ・ミスクさん大丈夫だったのかな?
ヨングクとしてではなく、
パク・サンウォンさんがフツーに心配していたかも。


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

B.A.P、TSエンターテイメント相手に専属契約解除訴訟

日々の雑感
11 /27 2014
シクリが所属するTSエンターテイメントの、
「稼ぎ頭」である男性グループ、B.A.P(ビーエーピー)

先日も、11月以降の予定をキャンセルして、
期限を設けない休養に入り、
メンバーの英気を養うという記事をアップしました。
こちらがその記事

それが、本日(27日)になって、とんでもない事態になってきました。

141127 BAP

かって、SMエンターテイメントで、東方神起のメンバーが同様の訴訟をおこし、
結果、メンバーのうち3名が事務所を離れ、JYJとして新たな活動を始め、
東方神起は2名で活動存続という分裂騒動がありました、
またKARAも、2011年にメンバーの3人が専属契約解除を申し出ました。
そのときは分裂にはいたりませんでしたが、今年になって2名(ニコル・ジヨン)が、
事務所(DSPメディア)との契約を更新せず、グループを離れました。
他の事務所でもこのような騒動は大なり小なり起こっていて、
韓国芸能界の「風物詩」といってもいいようなものです。

しかし、我らがTSエンターテイメントは、数多ある芸能事務所の中でも、
中規模(さすがに弱小とは言いがたい)程度ということも幸いしてか、
そのような騒動とは無縁でした。

しかし、今回、ついに、その波をかぶることになってしまいました。
しかも、前代未聞のメンバー全員からの訴訟
(さすがに、全員というのは私は聞いたことありません)

今にして思えば、さきの休養宣言の段階で、
メンバー(あるいは代理人)と事務所との間で、
さまざまなやり取りが行われていて、あのような「妥協点」を見出したのでしょう。

ところが残念ながら、それではケリがつかなかったので、
今回の訴訟沙汰になってしまったということです。


以下、現段階でのTSエンターテイメントのコメントです。

こんにちは、TSエンターテインメントです。

本日午後に報じられたB.A.Pの「専属契約効力の不存在確認訴訟」について公式立場をお伝えします。

TSエンターテインメントは、当社の所属アーティストであるB.A.Pの様々な活動を支援し、共同の目標を達成するために邁進してきました。そしてB.A.Pは10月28日、公式チャンネルを介して明らかにしたように、相互配慮と信頼の中、アーティストの保護を最優先として、すべての公式日程を最小限に抑え、休息をとっていました。

そして最近、アーティストの同意を得て、今後の活動計画を議論していた中で不意に提起された訴訟記事に接することになりました。

現在TSエンターテインメントはこのニュースを聞いて、これについて具体的な事実を確認している状況です。ただし、一部報道により伝えられた訴訟の論点である「不公正契約条項」や「奴隷契約」の要素は一切存在せず、アーティストへの一方的な不当な処遇も全くなかったことをはっきりと申し上げます。

以後、当社は当該訴訟と現在の状況について速やかに確認を終え、正式に対処していく予定です​​。

もう一度、TSエンターテインメントと所属アーティストを愛してくださるすべての方々にご迷惑をお掛けした点、心から申し訳ない気持ちをお伝えいたします。

ありがとうございます。

(引用以上)

現段階では、どのような「着地点」がつくれるかは全くわかりません。
ただ、他のケースのような一部のメンバーによる離脱ではない分、
TSエンターテイメント側が上手く対応できれば、
分裂も離脱もないまま、「元サヤ」に収まる可能性もあります。
ただし、そのためには裁判所で判決が出る前に示談にもちこむことが必要です。

ただ、その場合に既存の契約に対して、
見直しや修正などが和解条件としてなされる場合、
シクリにも影響がでる可能性もあります。
そして厄介なことに、シクリの場合は、
4人の活動にいて疎密があるので、
最悪の場合、グループの存続レベルまで話が進展する可能性もあります。


このように考えると、TSエンタ側としても、安易な示談は応じにくいかも知れません。

また、もしB.A.Pが強硬であったり、
示談が成立せず裁判所の判決で専属契約の解除に至り、
事務所から離脱となった場合、
これまた、「稼ぎ頭」を失った事務所において、
シクリにのしかかる負担が今以上に大きくなることも危惧されます。
また、現在デビュー準備中のソナムにおいても、
そのデビューの時期がますます不透明になるかも知れません。


韓国の芸能事務所は、アイドル、アーチストを生み出すための先行投資が大きい分、
無事に売れるようになってから、投資分の回収のために、
どうしても過酷な活動を強いることになりがちです。

それが、今年8月のLADIES CODEの交通事故による
2名の死亡という痛ましい事故にもつながりました。

今回の騒動が、B.A.PのメンバーとTSエンターテイメントの双方、
そしてシクリ、ソナムにとってよい方向での解決になってくれるよう、
願って止みません。




携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

祝!金子千尋 パリーグMVP獲得

田牧(元)校長の道楽
11 /27 2014

どんな球を投げたら打たれないか (PHP新書)どんな球を投げたら打たれないか (PHP新書)
(2014/11/15)
金子 千尋

商品詳細を見る


ついに本までだしちゃいました。
高額年棒に加えて、印税まで入るのか・・・

先日発表された、セパ両リーグの最優秀選手(MVP)に、
パリーグでは、金子千尋投手が選出されました。
20141127k0000m050092000p_size8.jpg

通常、シーズンMVPは優勝したチームから選出されるものなのですが、
優勝したチームでなくても傑出した成績をおさめればMVPに選出されることがあります。
今年の場合は、優勝した福岡ソフトバンクの選手に傑出した選手がおらず、
票が分散してしまったことにより、金子投手にMVPが「転がり込んだ」ともいえます。

これで金子投手は、
沢村賞、最多勝利、最優秀防御率、ゴールデングラブ、ベストナインにあわせてMVPと、
合計六冠というキャリア最高の栄誉を手にすることになりました。

改めて言います・・
中2・3年生のときの、あの大人しい千尋がなぁ・・という万感の思いです。

そして、その金子投手
もっかのところ、その動向が一番注目されている選手でして、
海外ポスティング移籍も見据えてのFA宣言をしましたが、
オリックス球団がポスティングを容認しなかったことから、
今期中のメジャー移籍は断念しました。
この結果、オリックス残留の可能性を残しつつも、
金子投手にオファーしてくる球団との交渉が繰りひろげられることになります。
その交渉に入る前に、右ひじ遊離軟骨除去手術を行うことも発表され、
これがオファー球団の動向にどのように影響するかも注目されます。

さて、何球団が金子投手獲得に動くことになるでしょうか?

もちろん私の要望は「オリックスに残ってくれ!」です。

最近のオリックスのニュースとしては、

北海道日本ハムファイターズからFA宣言をしていた、
小谷野栄一選手の獲得が決まったことと、
残留交渉がもつれていたペーニャ選手の退団が決まったことです。
2_1.jpg
小谷野選手は34歳。
今年は出場試合数が84試合と、
昨年までの毎年100試合以上の出場からは減り、
打席数も半分近くになってしまいました。
しかし、打率は2割9分8厘と、ここ4年では最も高い数字で、
「勝負強い」打撃が魅力です。
(我がオリックスも結構痛い目にあっています)

守備位置はサードで、ヘルマン選手とポジションをを争うことになります。
今年一年間、西武時代のように活躍が出来なかったヘルマン選手にとっても、
生き残りをかけた戦いになり、双方によい刺激が生まれればと思います。
また、もともと手薄だった内野陣、そして右の代打陣の強化ということでも、
よい選手が獲得できたと思います。
小谷野選手、ようこそオリックスへ!

残念なのはペーニャ選手の退団
ergegeg3grfgnry.jpg
昨年、李大浩選手と入れ替わるカタチで、
福岡ソフトバンクを退団になり、オリックスにきたわけですが、
彼の活躍がなければ、今年オリックスが優勝争いをすることは不可能でした
彼の功績はバッティングだけではなく、そのファイティングスピリットと明るいキャラクターで、
チームを鼓舞し続けたところにあります。
たった1年間の在籍でしたが、ファンにもとても愛されました。
ペーニャのようなカタチでチームにプラスの影響を与える
外国人選手を新たに獲得するのは難しいですが、
オリックスは現在、横浜DeNAを退団する可能性の高いブランコの獲得に動いています。
なお、ペーニャ選手については東北楽天が獲得する可能性があるということです。

このシーズンオフ、オリックスは坂口、馬原、平野(佳)の3選手のFA流出を回避でき、
ドラフトでは即戦力の期待がかかる選手を多く指名し、
阪神からはトレードで白仁田投手を獲得。
さらに広島を退団するバリントン投手の獲得も確定的で、
AS20131013001397_comm.jpg
4年で40勝の右腕には期待大です。

あと一歩でリーグ優勝を逃し、
CSでも勝ちあがれなかった悔しさをはらすべく、
補強が着実にすすめられています。

まだ補強ポイントとして残っているのが左投手
ドラフトでは即戦力期待の左腕を2名指名しましたが、
これに加えて、他球団でくすぶっている左腕の獲得が望まれます。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ジウン:「Twenty Five」リリースイベント追加情報② 

Secret : ジウン、ソロ活動情報
11 /27 2014
tumblr_nfn1olCek41rnqu5so1_1280.jpg
26日は、元KARAのニコル(今月ソロデビュー)とラジオ出演

2~9日のジウンの日本でのリリースイベント

日程・会場の詳細情報が追加されました。

以下、詳細が決まった日と会場情報

3日(水) 中部国際空港セントレア4F イベントプラザ 第一会場
      ①15:00~  ②18:00~
      ミニライブ観覧は無料

4日(木) 池袋サンシャインシティ B1F 噴水広場
      ①15:30~ ②18:30~
      ミニライブ観覧は無料

6日(土) イオンモール幕張新都心 グランドモール1階グランドスクエア
      ①14:00~ ②17:00~
      ミニライブ観覧は無料

7日(日) タワーレコード渋谷店(既出)


これで、2日の大阪、8日の神奈川、9日の東京以外の会場が決まりました。
私は4日の池袋サンシャインにて参加することになりそうです。


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ジウン:「Twenty Five」リリースイベント追加情報・・なんか釈然としません

Secret : ジウン、ソロ活動情報
11 /26 2014
tumblr_nfe62lg0aT1rnqu5so1_1280.jpg
リリースイベントまであと一週間

昨日、ジウンの日本ソロデビュー「Twenty Five」
リリースイベントの追加情報が入りました。

最初に会場が決定したのが、12月7日(日)

場所はタワーレコード渋谷店

時間は14:00~、16:00~、18:00~の3回
各最大で90分のイベントになると思われます。

なお、タワレコ渋谷ではインストアライブとなるため、
7日は無料観覧はできません。観覧する場合には、
「Twenty Five」通常盤もしくは初回限定盤を購入し、
イベント参加整理券を受け取る必要があります。

そして、CD「Twenty Five」予約販売が、
本日26日午前10時より、タワーレコード渋谷店で(のみ)開始されます。
※店頭での受付のみで、他店舗やネット通販での予約はできません。
※追記:電話での予約は可能。それでチェキ参加券も確保できます。ただし、受け取りは渋谷店のみ

予約の段階で、通常盤一枚で握手会参加券一枚、
初回限定盤一枚でサイン会参加券一枚、
通常盤+初回限定盤一枚ずつで、チェキ会参加券一枚を受け取ることができます。
各参加券の配布は定員に達したところで終了。

141126JiEun.jpg

まぁ、今回のジウンのソロアルバムは、
タワレコ渋谷店独自のリリースレーベルからの発売なので、
予約可能なのが渋谷店だけなのはわかる。
しかし、東京近郊以外に居住している人にとっては、
リリースイベントでの各種イベントの参加のチャンスの面において、
明らかな不利益となります。
例えば、渋谷店での予約販売の段階で、各イベント参加券が定員に達する、
あるいは定員の大部分を消化してしまったら、
地方在住者には「残り少ない当日分」しかチャンスがなくなるわけです。
(予約の状況によっては、そもそもチャンスがゼロになるかも知れない)


また、その結果としてイベント券が「インフレ状態」になると
ネットでの転売による「旨味」が生じるので、
リリースイベント告知の中で、「転売は禁止」と謳っていますが、
販売方法そのものが「転売」を促進しているとも言えます。

そのような事態を防ぐためには
①チェキ会参加券の一人当たりの配布制限
(一日一枚もしくは一公演一枚まで)
②チェキ会参加券の交換はイベント開催日に会場で先着順
(前回の告知では「会場でのみ交換可能」と書いてあったのだが)
という対応が望ましいと考えます。

これによって、地方在住者のデメリットも、転売の旨味も減ずることができます。

タワレコ渋谷が利益を考えれば、一枚でも多く、
自店舗で買ってもらうようにするのは、当然のことです。


しかし、今回のCD販売において、発売元として名を連ねている、
シクリファンクラブ運営者でもある、KISSエンターテイメントが、
ファンの立場にたって、タワレコ渋谷としっかり折衝してもらいたいものです。
(ファンクラブの名簿を見れば、東京近郊以外にもたくさんファンがいることはわかるハズ)


前回の韓国盤のジウンのソロアルバムや、
10月のシクリのファンミーティングでは、
ファンにとって満足も納得もいく対応を見せてくれていただけに、
今回のイベントの進め方は残念でなりません。

(内容の再考を求める意見はKISSエンタにメールで送りました)

・・・と結構、「立腹な」状態で記事をアップしたので、
最後にイタリアの雑誌「Jentleman」韓国板12月号の、
「今月の女性」に選定された、ジウングラビア写真を貼っておきます。
(大きいサイズで)

tumblr_nfl0yuBCwd1rnqu5so1_1280.jpg
tumblr_nfl15wv5HV1rnqu5so1_1280.jpg
tumblr_nfl188w40w1rnqu5so1_1280.jpg

これ、今までのジウンのグラビア写真の中で、
「最も美しい」写真だと思います。
(「もっとも可愛い」や「もっともジウンらしい」は別にありますが)


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ジウン:「Twenty Five」リリースイベント企画参加方法詳細

Secret : ジウン、ソロ活動情報
11 /25 2014
141125JiEun.jpg
チェキチャンス拡大?

12月2日から9日のあいだ、日本各地で開催される、
ジウン日本ソロデビュー「Twenty Five」リリースイベントでの、
握手会、サイン会、チェキ撮影会の参加方法の詳細が発表されました。


握手会参加券通常盤CD(1500円・税込)に1枚封入

サイン会参加券初回限定盤CD+DVD+フォトブック(2500円・税込)に1枚封入

チェキ撮影会参加券
握手会参加券1枚+サイン会参加券1枚で、チェキ撮影会参加券に引換え
(ただし一会場ひとり一枚になると思われます)

つまり、上記企画に全て参加しようとすると、
通常盤2枚+初回限定盤2枚の購入でOKということになります。


これまでよりは、サイン会参加へのハードルは下がりました。
ただし、今までは通常盤+初回限定盤の組み合わせで、
握手会参加券2枚+サイン会参加券1枚だったので、
握手会への参加については回数が減じることになります。

これは、チェキ撮影会の時間を確保するために、
握手会の時間を短くすることが狙いではないかと思います。
tumblr_nezb05GPMP1rnqu5so1_1280 (1)

チェキ撮影会は前回は各会場、抽選で10名でしたが、
今回は上記条件を満たした人の先着順。
各会場で受付順で、チェキ撮影会参加券と交換する仕組みです。
今のところ交換準備枚数は公表されていませんが、
多くても30名くらいではないでしょうか。
チェキ撮影の必要時間が一人1分30秒くらいと考えると、
この人数でも45分から1時間はかかります。
イベント全体の時間が3時間弱でしょうから、ここらへんが限界だと思います。

tumblr_nf4cl63i0x1rnqu5so1_1280.jpg

今回のリリースイベントでは、
日本で活動するダンスユニット、4C Crewのメンバーが、
バックダンサーとして帯同するということで、
表題曲の「Twenty Five」での
ジウン「ソン・ニウンダンス」も生で見れることになりました。

tumblr_nemchrsJKE1rnqu5so1_1280.jpg

ミニライブでは、2~3曲歌うことになるでしょうから、
「Don’t look at me like that」「Star」の両方か、どちらかも歌うことになるでしょう。
(どちらか1曲ならば「Star」がいいなぁ)

まだ会場や時間の詳細、およびCD販売店が発表されていませんが、
来週の火曜日にはもう日本に来ているわけです。
たくさんの人にジウン素晴らしい歌声と、
愛くるしい姿に触れて欲しいと思っています。

17日に行われた大韓民国大衆文化芸術賞でのスペシャルステージ(11/24放送)

あくまで「幕間ゲスト」みたいなもんで、ジウン表彰されたわけではないです。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ソナ:「バラ色の恋人たち」 第12話(後半) セラ姉・グムジャのタッグ誕生

ソナ主演ドラマ「バラ色の恋人たち」
11 /24 2014
B3IKSI5CUAAD0Mw.jpg
最強タッグが結成されました

第12話の視聴率が17.4%。
20%台を目前にして、残念ながら2ポイント近く下落
内容自体は面白くなってきているだけに、
これからの挽回に期待です。


出だし、前半からの楽屋のシーンですが、
ソナとイェジンさん、以前からバラエティーで顔を合わせているからか、
母娘の会話、波長があっている感じで、テンポがいいですね。

後半

ㅇㄴㄷ 投稿者 rhdtk07

ジャンミの楽屋からトイレに向かったグムジャは、
そこでチョロンに遭遇
141124RL1221 (2)
その付き添いがセラであることに驚きます。
チョロンの「正体」を悟られないようにしますが、
チョロンがセラを「叔母」と言ったことから、
グムジャはジャンミの子供ではないかと思い、チョロンから聞き出そうとします。
141124RL1232.jpg
セラが「言っちゃだめよ、チョロン!」自爆行為をして、
グムジャは全てを悟り、うろたえます。
141124RL1221 (1)
撮影シーンを不安そうに眺めるセラとグムジャ。
二人はステージ裏で、互いに「脅しあい」を演じます。
さすが両家の口達者同士、互いの弱みをえぐりながら一歩も引きません。
次第に感情が高ぶり、大声を出してしまって、スタッフに怒られてしまいます。

そして、スタジオの外で、改めて話し合い
141124RL1233.jpg
冷静に考えてみれば、どちらがバラしても、その報いは両方にきます。
ということは、とにかく内密にしておくしかないと、双方合意に達します。

ここに最強の「秘密同盟」が結成されました。

※いずれこのドラマは放映されるんだから、双方(特にパク家)ともに、
いずれはバレるって気付かないのかな?まぁこのへんのセラ姉の「短絡さ」が好きですが。


ジャンミとチョロンは撮影を通じてすっかり打ち解けた様子。
141124RL1204.jpg
チョロンと「お姉さん、きれいだからだーすき」と言うと、
上機嫌のジャンミは、チョロンに、自分のヘアピンをプレゼントします。
141124RL1237.jpg
スタジオに戻ってきたグムジャは、
慌てて、ジャンミをチョロンから引き離し連れて帰ります。
セラはジャンミと顔を合わせないように隠れて、
2人が去ってから、チョロンのところにいきます。

セラはチョロンがジャンミを気に入っている様子を見て、不安を募らせます。


さて、カンテとスリョンはどうなったか?

お手々つないでペク家の前・・・復縁おめでとー!
141124RL1235.jpg
久しぶりの2人の安らいだ笑顔。
スリョンのひたむきさにカンテも自分の心を決めたようです。
以前のような優しさでスリョンを労わり、
スリョンもそんなカンテに幸せ一杯です。
そして・・・
141124RL1234.jpg
もちろん、これで二人には退くに退けない
「戦い」が待ち受けているわけですが、
それをどのように乗り切って幸せを手に入れるか、
暖かく見守りましょう。


恐らく、チャドルとジャンミが「ヨリ戻す」ためには、
この2人の協力が不可欠になるでしょうから。


走り去っていくカンテと入れ違いに、
ジャンミをグムジャを乗せた車が家に到着。
ジャンミはカンテを後姿を見ましたが、それがカンテだとは気付かないようです。

3人で家に入ると、
マンジョンと祖母が、中華料理の出前をとって食事中。
ここぞとばかりにグムジャがイヤミたっぷりに2人をネチネチと攻めます。
やせがまんをするするマンジョンですが、
さらに追い討ちをかけるグムジャに、2人は悔しくも完敗を喫します。

ジャンミはさっきの「後姿」が気になって、
スリョンの部屋に行きます。
幸せいっぱいのスリョンはニヤニヤ顔でカンテとメールのやりとり。
(ピンクのパジャマがかわいいなぁ)

「オンニ、彼氏がいるんじゃない?」とジャンミは訊ねます。
スリョンは、それがカンテのことを指しているのではないとわかり一安心。
しかし、カンテとの恋が、いずれはジャンミを苦しめることになるかも知れないと思うと、
(何も知らずに)無邪気に姉の幸せを願う妹に対し、複雑な表情になります。

チャドルは初日の商いを無事終えて帰宅。
「今日は(チョロン)とどこに行ってたの?」とセラ姉に問うと、
セラ姉、(どこかわからんけど)ウソをついてごまかします。
そなセラ姉に、「面倒みてくれてありがとう」と、売り上げの一部を謝礼として渡します。
すると、シネもカンテも、セラ姉に、「保育」費を渡します。
(カンテはポケットからほんの少額だけど)
141124RL1240.jpg

セラ姉、(当然だけど)みんなの好意が心苦しくて、
眠っているときにうなされます(セラ姉、根は善人)

ジェドンくんの3年後といえば・・
会長である義兄、ヨングクを筆頭に、重役の前で、
自分の業務のプレゼンテーション
しかし、ヨングクにボロカスにダメだしをくらいます。
(口調は穏やかだけど)

そんなジェドンをトイレで揶揄する会社の同僚(格下社員?)
それは「個室」にいたジェドンの耳にしっかり入り、
悔しさに「個室」の扉を拳でガン!
・・・でも痛がる姿が、このドラマでの彼のポジションを示しています。
そして、むくれて早びけ(?)。母親に、自分に義兄が強くあたるのも、
ヨンファ姉との夫婦仲が上手くいってないからだ(多分)と八つ当たり。
そこにヨンファが出てきて、ジェドンは姉に夫婦仲のことを問いますが、
ヨンファは、そのことは特に心配することではないと言います。
これを聞いて母も少し安心ですが、
見方を変えれば、ジェドン・・・純粋に仕事でダメだしくらっているってことだよ。
ジェドン母の、不肖の息子への心配は絶えません。

ヨンファはヨングクのスケジュールを秘書に確認。
いつものように運動してから帰るとのこと。
ただ、いつもと違うのは「自転車を一台」買っていったことです。
「何だろう?」とヨンファは不思議に思います。

その自転車は・・・
141124RL1205.jpg

シネにプレゼントするために買ったものでした。
すでに自転車に懲りているシネは迷惑そうですが、
「自転車の効用」を一生懸命説くヨングクに、
「じゃあ乗ってみるか」という気にさせられます。
(さすがカンホグループ会長、セールストークも一流の腕前)
シネも「負けず嫌いの見栄っ張り」(セラ姉に濃厚に遺伝)ですので、
そこもくすぐられたわけですね。


「ヨングク自転車教室」のスタートです。
141124RL1218 (1)

・・・というほどでもなく、わりとあっさり、シネは自転車に乗れます。
そして二人並んで、楽しいサイクリング。
ヨングク、初心者の前で蛇行運転したら危ないって!

シネもとっても楽しそう。
(ロケ地、オリンピック公園の夢村土城駅側の入口近辺かな?)

そして、ヨングクも超ゴキゲンで帰宅。
口笛を吹くほどのウキウキ様に、
ヨンファ母はとっても訝しげ(そりゃそうだろう)

チャドルは、張り切って商売に邁進。
チラシを配ったり、販売促進にも一生懸命。
(これ、高陽市のショッピングモールかな?)

ドラマ撮影のスタジオの外では、
セラ姉、グムジャの「秘密同盟」は所在なげに雑談中。
セラ&グムジャ

互いの「バレたら困る」話しをしているうちに、
妙に気があった2人は、コーヒーで乾杯。
(この組み合わせ面白くていいなぁ)

141124RL1208.jpg

ドラマの撮影は順調にすすんでいます。
(セットがすごくシンプルなことを気にしなければ)
撮影後、
チョロンは自分の描いた絵をジャンミにプレゼントします。
絵のモデルが「お母さん」でないと知ったジャンミは、
「お母さんはどこにいるの?」とチョロンに聞きます。
141124RL1212 (1)

チョロンは「目の前」「天国・・・」と答えます。

グムジャが、長話をさせぬよう、ジャンミに手を引っ張ります。
例によって、セラ姉は隠れています。
(ナイスコンビネーション!)
「あの子、お母さんが死んじゃったんだって・・・」
グムジャはそれを困惑した面持ちで聞きます。

車の中で、さっきの絵の裏面を見るジャンミ。
141124RL1238.jpg
「パク・・・・チョロン・・・・?」
自分の娘と同じ名前・・・

141124RL1207.jpg

隣にいたグムジャに、そのことを言うと、
グムジャはうろたえつつも、「どこにでもある名前じゃない!」と、
ジャンミがそれ以上深く考えないようにしむけます。

が・・・ジャンミの視界に、走っていくチョロンが見えます。
その先を目で追っていくと・・・

141124RL1206.jpg

チョロンを抱き上げるチャドル。

141126RL1210 (1)

「避けられない運命」に驚愕するジャンミ。

というところで12話終了。今回も予告なし。

今回の感想

セラ姉がたくさん出たので嬉しかった!

過去の放送回の中で最も出番が多かった回じゃないかな?

11話・12話と、コミカルな要素はできるだけ前半に集めて、
見る側に軽快なテンポを提供し、
シリアスな部分は後半に集中というパターンできましたね。
この流れは1時間視るのに、苦にならない方法なので、
今後も出来るだけ取り入れて欲しいところです。


ここまでのところで、各キャストのキャラクターも固まってきたので、
それぞれの活躍の場がちゃんと与えられるようになってきたのかなぁと思います。

(ジェドンはこのままダメキャラでは終わらないような気もしますが)

こんなに早く、チョロンが自分の娘とわかってしまい、
次週はどんな展開になるんでしょうか?

正直、今回はまるで予想がつきません。


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ソナ:「バラ色の恋人たち」 第12話(前半) セラ姉大活躍!

ソナ主演ドラマ「バラ色の恋人たち」
11 /24 2014
B3CxLXKCQAAZUmE.png
上流家庭の幸せだった頃の一枚(グムジャ除く)

第12話の韓国芸能記事およびキャプチャー画像が全く上がってきません。
したがって、シーンの細かい部分についての内容と、
貼り付けるべき画像がないままです。
とりあえず、見た印象でのレビューを書きつつ、
ネタが整理され次第、画像貼り付け、記事修正を行っていきますので、
どうかごかんべんを。


12話FULL

روزي لافرز اسيا ورلد تيم الحلقة رقم 12 投稿者 park-mervet

前回のラスト、
チョロンの相手役がジャンミと知ったセラ姉は、
すぐに、スタッフに理由をデッチ上げて、チョロンの降板をお願いします。
しかし、前渡で契約金を受け取った上、ここで降板すると違約金まで発生すると説明を受け、
(お金がなくてお金が好きな)セラ姉はやむなく、降板申請を取り消します。
141124RL1214 (1)


そして、セラ姉は家の前で、チョロンに、
「(撮影のことは)絶対に内緒にすること」と、チョロンに約束させます。
(当然)何のことかわからないチョロンは無邪気に約束に応じます。

そこにシネとチャドルがそれぞれ帰宅。
チャドルは商売用の車を手に入れて帰ってきました。

セラ姉、会話が「ヤバイほう」にいかないよう、
「あぁお腹すいた~」とシネを手をひいて家に入ります。

しかし、セラ姉、ジャンミのことが気がかりで食がすすみません。
チョロンもさっきアイスクリームを食べたせいか、お腹がいっぱい
(箸先を遊ばせる演技を幼児が出来るってのもすごい)
チョロンからバレるの防ぐために、セラ姉、料理の味にケチをつけて、話をそらそうとします。
3人曰く「(味は)どこもおかしくないよ」(そりゃそうだ)、
チョロンはセラ姉と目をあわせ、「約束は守るよー」アイコンタクトして、にっこりポーズ(かわいい)

セラ姉、ベッドの中で、ひとり事態の深刻化を悩みます。

ペク家では・・・
父マンジョンも、ついに女優ジャンミの活躍に大喜び、
これでジャンミが有名になれば虚栄心も満たされるということで、
最初の心配はどこへやら、意外とお気楽なお父さんです。
祖母も調子にのって、つい「古傷をえぐる」発言をしてしまいます、
(ここなんて言ったのかな?)
これには家族イッキにテンションダウン。
ジャンミは部屋に戻ってしまいます。
141124RL1236.jpg
部屋に戻ったジャンミは深刻な表情。
女優という新しい人生を気丈に踏み出し、
家族に対しても以前の明るさが戻ったように見せても、
その実、無理やりそのように自分を仕向けているだけで、
決して傷は癒えてはいません。
しかし、その思いが大きな愛情を失った後悔なのか、
自分の過去を消せないことの悔いなのかは、
まだこのシーンの中ではわかりません。

(ここで、バラのネックレスを引き出しの奥から取り出すとかあれば、わかったんですけどね)

さて、お次は「定番」と化してきた、「グムジャの反乱」シーン
夫婦の寝室・・・今や、部屋に布団を敷いて別々に寝るほど、
グムジャの恨は深いレベルにきています。
しかし、マンジョンはそんなことは意に介さず、
コツコツと家計簿をつけています(さすが守銭奴!)
そして、グムジャのお金のつかい方にケチをつけます。
グムジャも負けずに反論。
ニュアンスとしては「オマエがなんでこんな贅沢するんだ?」みたいに言われて、
グムジャはムカッときて、枕を抱えて、寝室を出て行きます。
行ったさきはジャンミの部屋
141124RL1202.jpg

ジャンミに向かって、夫婦生活を愚痴ります。
ジャンミはそんな母を慰めつつ、ある提案をします。

翌朝・・・
ジャンミと一緒に外出しようとするグムジャ
141124RL1203.jpg
「オンマにマネージャーやってもらうことにした」
意気揚々のグムジャとあきれ顔のマンジョン&祖母

出がけに「オモニ、夕食は作って下さいねー」と言い残して出かけるグムジャ。
マンジョンは「外でお金を稼ぐ苦労を身にしみればいいんだ!」と悔し紛れの一言。
141124RL1224.jpg


ここの展開、これまでの経緯と、これからの流れを考えると、
全てが自然とつながるいいアイデアだ。


パク家では、商いの準備が完了したチャドルの出陣式
セラ姉がチョロンの世話をしてくれるのをチャドルは素直に感謝しますが、
隠し事があるセラ姉は、少しオドオド。
カンテの突っ込みにもいつものキレのある返しができません。
さぁチャドルがんばれ!

シネはマッサージ店に出勤。
「特別なお客さん」のいつもの担当が不在ということで、
代役を引き受けます。
そして、その「特別なお客さん」がなんとヨンファ
(この2人、未だかって「待ち合わせ」して会ったことがないな)

チャドルの露店「移動式」スニーカーショップ
チャドルの溌剌とした雰囲気も手伝ってか、
さっそくお客さんがつきます。実に幸先のよいスタート

しかし、この商売、韓国では法的に成立するのか?
まぁ私もアックジョンで「移動式自転車屋」さんは見かけたけど。


出だし好調のチャドルに、一人の女性が声をかけます。
141124RL1230.jpg
ソ・ジュヨン(キル・ウンヘ)、早い段階でキャスティングが決まっていた、
「三角関係」の相手役の登場です(いまんとこ、2角が崩壊してるけど)
チャドルの大学でのサークルの先輩(あんだけバイトしてて、よくサークル活動できたな)
久しぶりの対面のようです。
チャドルを見るときの目つきで、以前からチャドルに好意を持っていたことがわかります。

シネは、(シネだと気付いていない)ヨンファに大変気に入られ、
特別にチップまで貰います。シネがお礼に向かったところで、
お互いに「オモ!」
141124RL1215.jpg
ロビーで再会を懐かしみます。

ヨンファは、最後に出会った「屋台での出来事」が忘れられないようで、楽しそうに思い出します。

ヨンファからのチップは破格の「十万ウォン」
それに気を大きくしたシネは、なんとヨングクにこの前のお礼とばかりに、ご馳走します
141124RL1212 (2)

(こーゆーのを「金は天下の回りモノ」って言うんですね、あっという間に、元のところに戻っちゃいました)


ここでヨングク、シネに「自転車のススメ」
「健康にいいし、ストレス発散にもなる」と、自転車に乗れないシネに乗り方を教えます。
141124RL1201.jpg
(ここのBGM、50’sソングなんだけど、誰かわからん、すごい気になる)
なかなか上手く乗れないシネ、ついにはヨングクを巻き込んでの転倒。
141124RL1216.jpg
二人は地面に抱き合うように倒れこんで、妙な雰囲気に・・・
しかし、そこはさすがに熟年、シネは起き上がるなり、自転車を蹴飛ばして、
「2度とやるか!」と去っていきます。

場面はカンテの勤務先、ピザ屋さん。
カンテに気があるっぽい女性店員と休憩でピザを食べていると、
チェロを抱えた女子高生の団体様。
スリョンが引率して連れてきました。
カンテは戸惑いますが、スリョンはカンテに会うために、この店に来たのです。
スリョンは、カンテへの消せない思いを告白してから、
自分の感情を偽ることをやめ、まっすぐカンテだけ見ることに決めたようです。
カンテはそれを拒否しようとしますが、
その背中にスリョンが言います。
141124RL1239.jpg
「私には何も約束しなくていいです。私もカンテさんに何も望みません。
ただ、この瞬間、こんな風に、明日のことを考えないで…
カンテさんが私のことを嫌いになって、愛情が無くなって、もう会わないって言うなら、
私いつでもカンテさんの元を去ります。
でもカンテさん、まだ私のこと愛しているじゃないですか!
カンテさんも私に会いたかったでしょ?」

(ここ「107 K.Channel」けいこさんの素晴らしい訳を拝借しました。ありがとうございます)
元ページは→こちら

動揺するカンテ、近づくスリョン・・・
スリョンの思いにカンテはこたえるのか・・・答えは後半へ!

チャドルはスニーカー絶賛販売中。
そこに一人の男性が・・・
「あるある」のパターンだと、「ここで勝手に店開いていいと思ってんのか!」
というところですが、違いました。

チャドルもびっくりのスニーカー「大人買い」
それを遠くから見守る車。
141124RL1231.jpg
この「大人買い」を指示したのは、先ほどのソ・ジュヨンでした。
チャドルへの好意・・まぎれもなし・・です。
(それにしてもチャドルよ・・・なぜ金持ちばかりにもてる?)

場面は、ジャンミの楽屋シーンに飛びましたが、
区切りがいいので、前半はここまでにしましょう。

オマケ
ずっと思っているんですが、パク・サンウォンさん(ヨングク)って、
2PMのウヨンくんのン十年後って感じです。
あくまで、私の主観ですけどね。

ヨングクBdks2ehCQAAjM3c.jpg


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ソナ:「バラ色の恋人たち」第11話(後半) いくらなんでもそりゃないよ

ソナ主演ドラマ「バラ色の恋人たち」
11 /23 2014
141121RL1101.jpg
このシーンは第12話のようです。
そして、やっぱりサンウォンさん自転車乗るのヘタ


前半の「コント多発」に対し、
後半はイ・ゴウンちゃんが泣かせてくれます。

家族揃ってジャンミ初CMをTVで見るペク家。
141123RL1111.jpg

マンジョン以外は、大喜び。
そこに一本の電話が入り、
なんとジャンミへのドラマ出演のオファー
※CM一本でかよ!宮崎美子みたいだな(ネタ古すぎ!)

事務所にマンジョンも同行して話を聞きます。
「ジャンミさんは必ず成功します(キム・テヒが比較対象に出てました?)」と太鼓判をおされ、
さすがのマンジョンも反対できません。
141123RL1112.jpg

(さすがは、権威と名誉に弱い父マンジョンです)

一方、チョロンの保育園ではお遊戯会の真っ最中、
どの子の横にもお母さんがいるのに、チョロンには誰もいません。
(セラ姉が頼まれていたのに、2日酔で起きられなかったのね)
就職の面接に来ていたチャドルに保育園から電話が入り、
大急ぎでチョロンのもとへ向かいます(面接はどうしたんだろ?)

141121RL1102.jpg

外で寂しく待つチョロン。
駆けつけたチャドルを責めます(泣き所①)
141123RL1108.jpg

チャドルは、チョロンと練習した、ダンスを一緒に踊ります。

201411181149382_P.jpg

ここまでの全11回の中で、一番微笑ましいシーンですな。
こーゆージャンウくんいいねぇー


「五気筒ジャンプ」(2人だから二気筒か)もバッチリきまって拍手喝采。
チョロンもニコニコです。

しかし、帰りに、友達から「お母さんがいない」ことで、いじめられます。
チョロンは「お母さんはいる、ウソじゃない」と泣き出してしまいます。
141123RL1104.jpg

チャドルが気づいて、チョロンの近寄ります。
どうやたセラ姉がチョロンにお母さんのことを何か入れ知恵した模様。

(「お母さんはアメリカにいる」と言ったそうです・・・って事実じゃん!)
チャドルはチョロンを抱きかかえ、家路へと向かいます。(泣き所②)
141123RL1109.jpg

そして、バス停で、バスが到着したときに、
側面の広告に目が止まり・・・・息をするのを忘れたかのように、凝視します。
141123RL1121.jpg

そこにはジャンミがいました。
既に記憶から消えてしまっていた笑顔とともに。
チャドルの顔に驚きと憤怒が交じり合ったような表情が浮かびます。
 
ここのジャンウくんのタメの演技お見事!

ペク家では、シネがチャドルのとの約束をすっぽかしたセラ姉をたたき起こします。
あわてて飛び起きてももう遅い、ちょうどチャドルとチョロンが帰宅。
セラ姉はひたすらわびますが、チャドルはそのことよりもセラ姉がチョロンに言った、
「お母さんのこと」を問いただします。
ここで、セラ姉、また余計な一言をいって、シネに口をひねられ、塞がれます。

チャドルは何よりも、ジャンミの帰国がショックで、
意を決して、ペク家に向かいます。
ちょうど、そのタイミング(こんなのばっか)で、ジャンミが帰宅したので、
家族に知られることなく、2人は公園のベンチで話をします。

かって、2人でたくさんの愛を語り合ったベンチで・・・

V6B7BU6H9noX635522950735170090.jpg

ジャンミはつとめて平静を装い、
チャドルへの思いはもうないと伝えます。

チャドルは、チョロンの様子を見て、
「それでも母親は必要だ」と思ったのでしょう。
懸命に怒りをおさえ、少しの可能性を、ジャンミの母性を見出そうとします。
しかし、それは徒労でした。
全てを諦めたチャドルは去っていきます。


そして、感情を出さないように耐えていたジャンミは、
一人、嗚咽をもらします。

去っていくチャドルとオーバーラップさせるように、
席をたつジャンミを後ろから撮るシーン・・・ここのカメラアングルよかったです。

チャドルが家に帰ると、
チョロンが起きていて、絵を描いています。
チャドルはチョロンに覚悟を決めて言います。
「お母さんは天国にいるんだよ」
それはチャドルにとってジャンミとの完全な訣別であり、
チョロンにとっては残酷なウソでした。
「私にもお母さんはいる」と信じていたチョロンは、
大きな悲しみに襲われます(泣き所③)
141123RL1114.jpg
ここ子役にしては長台詞で、しかも感情を変化させていく難しい演技。
見ている人を泣かせる子役が多いねぇー。

141123RL1122.jpg


翌朝、パク家の食卓、
TVからジャンミのCMが流れて、カンテとセラ姉とシネはびっくり。
「チャドルには言わないように」とシネは念押しします。
(こんなもん黙っていたってしょうがないけどね)

ここでのチョロンを抱き上げるセラ姉、かわいくて綺麗だったー

ここでチャドルは「自分で商売を始める」と家族に宣言したようです。
(あとの流れから推測)

チャドルは商売用の中古車探し、

話はいきなり飛んで、グムジャがお友達(第1回以来の登場)と会食中。
ジャンミをドラマオファーを自慢しています。
お友達が突然、シネとチャドルのことを話題にしたので、思わずむせてしまいます。
そこに「うちのチャドルがどうかしたって?」といきなりのシネの登場
(出来過ぎの偶然・・というか第1回も同じパターンだったよな)

怒りのシネに対して、贖罪意識を持つグムジャ。
二人の携帯が同時になり、それぞれカンテとスリョンからのお迎えの電話。
店の外でお迎えを待つ間、
グムジャはシネに「チャドルとシネへの仕打ち」をわびます。
しかし、シネはグムジャが夫に逆らえずに止むを得なかったことは理解しながらも、
許そうとはしません。

そして、お迎えの車が同時に(おいっ!)到着。
ここで、カンテとスリョンも3年ぶりの気まずい再会をします。

いろんな都合のいい偶然はいっぱい起こるのに、
ご近所さんで偶然に会う機会は3年もなかったのね


先に去るシネ。
グムジャはシネに対し、まだ友情を保ちたいだけに辛いようです。

スリョンは躊躇しながらもカンテにメールをし、
二人は会って話しをします。
しかし、チョロンのことが、3年前以上に2人に大きな溝となってしまいました。
カンテは、弟に辛酸をなめさせたペク家を許すことができない気持ちをもったままでは、
スリョンと向き合うことができません。
そして、スリョンはそのことがわかっていながらも、
カンテへの想いを断ち切ることができません。
別れ際、スリョンは後ろからカンテに抱きつき、その想いを伝えます。
141123RL1110.jpg

この2人のヨリの戻し方もこれから気になるところですね。

シネは道端のベンチでビール、ヤケ酒中。
そこに偶然通りがかるのが、
「無駄な蛇行」サイクリングのヨングク。

三十数年会ってなかった2人が、僅か1ヶ月ほどで3度目の偶然ですか・・へーえ

この2人、一緒にいると、とても楽しそう。
どんどん距離が縮まっていくんだろうなぁ・・・
あぁ「怒りのヨンファ」が怖いぞー


チャドルは良さげな中古車が見つかったとの連絡を受け、
セラ姉に、チョロンの保育園への送り出しを頼んで出かけます。
チャドルが忘れていった携帯が鳴り、
セラ姉が出ると、これがチョロンへのドラマオファー
(もう流れ見えましたね)

びっくりして、チョロンを事務所に連れていくと、
早速演技テスト。
141123RL1113.jpg

無事にクリアしたチョロン(そりゃ子役だもん)は、
すぐに撮影に入ります。

そして、その相手役が・・・
141123RL1105.jpg

もうこんだけ「偶然」が続けば、視聴者は驚かない・・・

141123RL1106.jpg

でもセラ姉にとっては驚愕の事態・・・

ということで12話に続く

12話では、シネとヨンファの再会、チャドルに新たな女性が登場、
カンテへの想いをぶつけるスリョン、「最強対決」グムジャvsセラ姉
チョロンを自分の娘だと気付く(?)ジャンミ、
そして「サイクリング♪サイクリングヤホーヤホー♪」です。

都合の良い偶然を結び目にして、いかようにも話しを転がせていけそうな雰囲気がでてきた中、
それぞれの登場人物の運命は吉に転ぶのか?はたまた凶に転ずるのか?お楽しみに!



携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ソナ:「バラ色の恋人たち」 第11話(前半) グムジャ人生劇場

ソナ主演ドラマ「バラ色の恋人たち」
11 /23 2014
10310602_767085929993454_2833675199213019061_n.jpg
オフショットでは打ち解けています

3年の時間が経過しての、
登場人物のいろんな変化や、
ジャンミの帰国・・
さてどんなドラマが展開するかと思いきや・・
前半は(見方によっては)ほぼコメディ(!)

突っ込みをたくさん入れながらレビューしていきます。

前半


장미빛 연인들 (11회) 投稿者 rhdtk10

スタジオの廊下で偶然出会ってしまった母子
それとは知らずに、ジャンミはチョロンに「かわいいね、いくつ?」と聞きます。
141123RL1101.jpg

チョロンの答え(自分が産んだ子と同い年)に少し動揺を見せます。
背後からチャドルが現れ、運命の再会!・・・と思いきや
ジャンミがスタッフに声を掛けられ、その場を去ります。
後姿をチャドルは見ますが、それがジャンミとは気づきませんでした。
141123RL1102.jpg

いいや、横顔が視界に入っているし、声も出してる・・・・気づくよ!

一部、視聴者の間で、「チャドルが声を掛けられて振り返るので気づかない」という予想がなされましたが、
その逆でした。まぁ、これはどっちであれ不自然なので、無理があるのはしょうがないですね。


ジャンミはCMの撮影。別のスタジオではチョロンも予定していたモデルがキャンセルしたとかで、
急遽代役で出演。チャドルがハラハラ見守る中、無事にその役目を果たします。
(そりゃ「子役」だもん)

帰り道。仲良く帰る、チャドルとチョロンですが、
父母と仲良く手をつないでいる子供見て、
チョロンが寂しそうに「私にもキレイなママがいたらいいのに」とチャドルに言います。
チャドルはそれには直接は答えずに「お父さんが、お母さんの分までチョロンを大切にしてるよ」(意訳)
と、チョロンを慰め、肩車をして家に帰ります。

ペク家では・・
グムジャが、着飾って外出の準備。
今日は結婚記念日
夫が当然エスコートしてくれるであろうと待っているわけです。
外からのマンジョンの電話では、その気配なし、
一瞬イラッときますが「そうかーサプライズかぁー」(多分)と気を取り直します。
そして、マンジョンが祖母と帰宅。
祖母が息子に買ってもらったミンクのマフラーを自慢します。
そしてとどめの一撃「そうそう、アンタ(グムジャ)には貰った試供品があるよ」
もちろん祖母はただの善意ですが、グムジャの「期待」は爆破されます。
部屋でマンジョンに「試供品」の紙袋を投げつけるグムジャ。
マンジョンはびっくりしますが、グムジャの「今日は結婚記念日よ!」に、
さすがに「しまった・・・」という表情をします。
しかし、そこで謝らないのがペク家の地位関係
祖母を言い訳にして部屋を去るマンジョンに対し、
髪の毛をかきむしり怒りを表すグムジャ、
そして悲しげなピアノの音色・・・・・いや、そんな悲劇的BGMの場か?

舞台はイ家へ、
ヨンファがヨングクの秘書を面接している模様。
そこにヨングクが帰宅します。
どうやらヨンファの行為は自分の預かり知らないことのようで、
ヨンファに不快感を示します
その様子を見て、ヨンファ母とジェドンは夫婦仲の危機は
我が身の生活の危機でもあるので心配しています。

ヨングクは気分転換に夜のサイクリングに出かけ、
そこで仕事を終えたシネとばったり出会います。
「今日は財布があるので・・」と前回のお詫びと食事に誘います。
庶民的な焼肉屋で、2人は思い出話に花を咲かせます。
141123RL1124.jpg
141123RL1125.jpg

そして、今の境遇について、シネはあけすけに本当のことを話しますが、
ヨングクは大会社の会長であるとは言わず、
さらに、結婚についても言葉を濁します。
別れ際に、ヨングクは「お持ち帰り用」にサムギョプサル(豚肉)をシネに渡します。

ヨンファとヨンファ母が心配する中、ヨングクは帰ってきますが、
どことなくヨンファにはよそよそしい。
「なんでサムギョプサルの匂いがするの?」と2人は訝しそうです。
ヨングクは書斎で、ニヤニヤしながらシネのことを思い出します。
141123RL1123.jpg

さて、この展開どうなるのやら・・・

パク家では、待ちに待った焼肉です(4話・10話と2回食いそびれ)
チョロンがいることで、パク家はすっかり明るい家庭になったようです。

ペク家では、重々しいBGMとともに、
キッチンドランカーと化しているグムジャの姿。
今日のことは相当腹に据えかねている様子。
※でも、多分、今年に限ったことじゃないと思うんだけどね

マンジョンと祖母が「隠し財産」の金塊磨きをしながら、
楽しげに話しているのが耳に入ってきます。
それを聞いて、グムジャぶち切れ
合鍵で鍵を開けて、祖母の部屋に乱入します。
そして「その金を私にもよこせー」とばかりに、
金庫に向かいます。それを押し留めるマンジョン、
141123RL1130.jpg

まぁ「裏金」ですので、これについてはあんまり強い非難もできません。
すると、一旦部屋を出たグムジャが、今度はハンマーを持ってきて、
金庫を破壊しようとします(いや、それでは壊れないって)
ここも、このドラマでもっとも重いBGMが使われましたが、
私は爆笑しながら見ていました・・・・これはコントだよ。

またしてもグムジャはスーツケースに荷物をまとめ、
家を出ようとします。マンジョンと祖母が引き止めようとしているところに、
スリョンも帰宅(あら、髪の毛がウェーブかかってる)、母を説得していると、
もう一人のいきなりの帰宅。
「何騒いでんの?」と平然と家に入ってくるジャンミ、びっくりする家族。
141123RL1120.jpg

BGMのピアノの音階が下がっていって「だだーん」・・・絶対にセレクト間違ってる!


そして、(恒例「グムジャの家出などなかったかのように」)リビングで家族揃って、
ジャンミの帰国の経緯を聞きます。
マンジョンはすぐにでもアメリカに戻るようジャンミに言いますが、
ジャンミは拒否。グムジャは、スリョンのことを引き合いに出し、
「お父さんの言うことをきいていても、何も得られないから自分で決めたらいい」(私の解釈)と、
ジャンミを擁護します。なおも執拗なマンジョンに、強い意志で帰国したことを表明します。
141123RL1107.jpg

ここのソナの演技、難しいものでしたね。あまり意思決然とし過ぎると、
前回のセラとの遭遇の後の不安な表情と矛盾をきたしますし、
かといって、不安な帰宅では、「戻らない」という表明が弱くなります。
口調は強いけど、目は真っ直ぐ相手を見ない・・というところでバランスをとっていたと思います。


そして、かってのジャンミの部屋で、グムジャとスリョンは、
ジャンミを労わります。ここでジャンミは、
「私はもう3年前のことは忘れたの」と過去と訣別して生きていくことを誓います。
グムジャは頼もしくなかったわが子の成長(?)をスリョンとともに喜び、安堵します。
(だーかーらー家出はどうなったのだよ?)

スリョンが「オンマ、ジャンミは疲れているから寝かせてあげようよ」と言うと、
ジャンミが「3人で一緒に寝ようよ」と母娘の久しぶりの対面の喜びをかみしめます。
(そんな会話だと思ったのですが、どうでしょ?)

ペク家、かなり泥酔してセラ姉帰宅、そのまま布団にもぐりこみます。
仕事でいやなことがあったか、オトコにふられたか(多分後者)、
ヤケ酒だったようですね。

翌朝、チャドルがチョロンのお出かけの準備、
「この髪形はイヤ」と少しわがまま言いますが、
チャドルはにこやかに対応。

二人が出かけたあとに、カンテも出勤。
セラ姉は二日酔いでダウンしています。

保育園にチョロンを預けたあと、大急ぎでバスにのるチャドル。
そのバスの側面にはジャンミがモデルとなった広告がデカデカと貼られていますが、
チャドルはここでは気づきません。
141123RL1103.jpg


ペク家で一家揃ってジャンミの初CMを見ているところで前半終了。


後半へ続きます。

オマケ:イ・ゴウンちゃんの撮影シーン&オフショット


いつも思うけど、韓国の子役って憎たらしいほど上手いよね。


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします



ヒョソン:「猫はいる」放送終了

Secret:ヒョソン、ドラマ出演情報
11 /22 2014
tumblr_nf8odsNiJo1rnqu5so1_1280.jpg
tumblr_nf10fefXr71rnqu5so1_1280.jpg
番組打ち上げでのヒョソン


141122ヒョソンb

6月から放送されていた、
ヒョソン出演の毎日ドラマ「猫はいる」が、
(現在、スカパーKBS Worldで放送中)
放送終了しました(全119話)

韓国での視聴率はずっと20%オーバーで、
大きな話題にはならないけど、
安定した支持を受けていたようです。

tumblr_nfdyboPSLw1rnqu5so1_1280.jpg
出演者、番組スタッフと記念写真

ヒョソンは、主人公のライバル役として、
長いストーリーの中では時には嫌われ役を演じましたが、
最終的にはヒョソンの演じていたハン・スリにもハッピーエンドが訪れ、
シクリ、そしてヒョソンファンとしてもホッとしたところだと思います。
ヒョソンは約6ヶ月間に渡って、毎週月~金の夜に、高視聴率番組に登場していたわけで、
次のドラマの配役では、より大きなポジションを得ることが期待できます。

何はともあれ、ヒョソンおつかれさまでした!

tumblr_nfdz9uctkF1rnqu5so1_1280.jpg

先日は、単独で小規模なイベントに顔を出していていたようです。
(でも、ダンサー付きでソロ曲を披露)





携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ソナ:「バラ色の恋人たち」第11話予告

ソナ主演ドラマ「バラ色の恋人たち」
11 /22 2014
tumblr_nfe3plJyFM1rnqu5so2_1280.jpg
これからの演技がいよいよ難しくなっていくソナ、ファイティン!

明日22日に放映される、「バラ色の恋人たち」第11話の予告編がアップされました。




第10話の最後で、
141117RL1005.jpg
ばったり出会った、ジャンミとチャドル・・・
しかし、この場面では「修羅場」にはならないようですね。
恐らく第11話冒頭では、この瞬間にチャドルが後ろから声を掛けられ、
振り向くことによって、ニアミスで終わるのでしょう。
(これはキズナさんのご指摘でしたが、その通りになりました)

141121RL1102.jpg
予告編ではチョロンが母がいない子供として、辛い目にあっているシーンがありますね、
父娘で健気に生きる姿が涙を誘いそうです。

また、ヨングクとシネが意外な展開に

141121RL1101.jpg

小学校時代の同窓生が数十年して再会、
ヨングク・ヨンファ夫妻の微妙な冷え込みもあって、
この2人のラブラインという予想もしなかった展開が始まるのか?

ペク家では、グムジャの怒りが爆発(何度目?)、
今回は隠し財産の金庫に手をかけるなど怒りの度合いが大きそうです。

そしてジャンミがペク家に帰宅。
事前にお知らせなしの突然の帰国だったようですね。

そして、チャドルがその帰国を偶然に知り、ペク家を訪れる・・・
ここんとこの予告編のパターンからすると、
チャドルのジャンミの再会は11話と12話のブリッジになりそうですね。

カンテとスリョンのストーリーも再開しそうです。

11・12話も面白くなりそうです。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ジウン:日本ソロデビュー、リリースイベント日程発表

Secret : ジウン、ソロ活動情報
11 /21 2014
tumblr_nf4imgXkfU1rnqu5so1_1280.jpg
バックダンサー「PlayGirls」と記念撮影

12月2日に発売されるジウンの日本での初のソロ(ミニ)アルバム、
「Twenty Five」のためのリリースイベントの日程が決まりました。

141121ジウンリリイベ


具体的な時間・場所はこれから発表ですが、
予想していたよりも期間が長いです。
場所も、大阪・東京だけだろうと思っていましたが、
名古屋と千葉まであるとは意外でした。


こちらは、アルバムジャケット(予定)
141122Jieun.jpg


ミニライブはオープンスペースならば無料、
インストアならCD一枚購入で観覧可能。
(オープンスペースの場合は前方の優先席で観覧)
握手会参加券は限定盤、通常盤いずれにも一枚ずつ封入
サイン会参加は限定+通常の2枚購入で1回分
チェキ会は抽選制で、握手参加券ないしサイン会参加券の枚数分だけ抽選できる
・・・・という、まぁ前回と同じ仕組みになるでしょう。

今後の詳細日程の発表後に、
私も参加スケジュールを決めようと思っていますが、
曜日的には参加できる日が少ないなぁ・・・。



携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

音狂時代(新:世界の音楽)⑰ 偉大なるオリジネイター達 (番外)「ファンクの帝王JB」

音狂時代(新:世界の音楽)
11 /21 2014
141121JB.jpg

前回までで、5人の「偉大なるオリジネイター」を紹介してきましたが、
一人、重要な人物を抜かしていました。
その名もジェームス・ブラウン「ファンクの帝王」として、JBという略称だけでも通用する、
偉大なるオリジネイターの一人です。

ファンクは、現在のヒップ・ホップやテクノ、そしてクラブミュージック全体に大きな影響を与えているジャンルであり、
ポピュラー音楽に強烈なリズムを与えました。
そのJBはそのファンクの元祖であり、73歳で亡くなる2006年まで、
第一線で活躍し続けました。

まずは、1966年のエド・サリバンショーでのパーフォーマンスで、
「Papa's Got A Brand New Bag - I Feel Good」のメドレー

これは、TV番組ようなので、とても短いバージョンですが、
ファンクは同じパターンで長々と演奏することで、
一種のトランス感覚が得られる音楽でもあるので、
ステージパフォーマンスだともっと長くなります。

JBのパフォーマンスで特に有名なのが、
「マント・ショー」


ステージ上で、JBが熱唱のあまりにぶっ倒れる
    ↓
専属MCが、JBにマントをかけて、ステージ裏に連れて行こうとする
    ↓
やにわにJB蘇り、またマイクに向かって絶唱する
    ↓
繰り返す


50年以上やり続けても必ずウケる、JB安定の持ち芸です。

また、常時15~20名程度のバンドを率いており、
このような大所帯のパーソナルバンドを率いるスタイルをジャズ以外で導入したケースも、
彼が最初ではないかと思います(ここについてはちょと確証がもてない)

そして、メイシオ・パーカーブーツィー・コリンズ
フレッド・ウェズリーなど、錚々たるメンツが、JBのファンク・リズムを支えました。

そんなバンドとJBの一体感を堪能できる1971年のイタリアでのTV用のライブ
メドレーで少し長いですが、濃密すぎる15分です。



そして、これは管楽器が入る前の、リズム隊のグルーヴ感が強烈な、
「Get Up I Feel Like Being Like a Sex Machine(Part 1)」



JBが与えた影響は、ポピュラー音楽全般に及びますが、
中でも特筆すべきは、マイケル・ジャクソンプリンスがリスペクトし、
ダンススタイルなど大きく影響を受けていることです。
すなわち、JB「神を生んだ神」みたいな存在であるとも言えるのです。

ということで、マイケル・ジャクソンがJBのステージに飛び入りした貴重な映像

その1 1983年
このときは、マイケルの後にプリンスもステージに上がり、ギター&ダンスを披露していますが、
ひどい酩酊状態で、まわりが引くくらいにグダグダです。



その2 2003年の音楽賞のステージで、
プレゼンターマイケルが、なんとJBにマントをかける役を担います。
そして、JB「ここにいるこの人物ほど、僕に大きな影響を与えた人はいない」と最大の賛辞を贈ります。



以上、JBのすごいところを見てきましたが、
今度は、彼のトンデモナイところも少しだけ、

JB犯罪歴がトンデモナイんです。

まず、16歳で車を強盗し教護院ゆき

1988年には、妻との喧嘩がきっかけで、
公園のトイレでマシンガンを連射
出動した警官と、国道でカーチェイスを繰り広げ、
逮捕・・・懲役6年(3年で釈放)。
80年代半ばと90年代半ばには、やはり妻への暴行で4回逮捕
さらに無許可での拳銃所持を咎めた警官に暴行をはたらき、逮捕
麻薬所持、交通違反でも幾度となく有罪判決と・・・

こんだけ逮捕くらった大物ミュージシャンもJBだけだと思います。
よって、よくアーチストがCDジャケットやMVで演出で用いる、これ・・・
20100912_1071079.jpg
逮捕されたときに記録で撮られる写真も、
JBに限っていえば、ホンモノです。

そして、亡くなる2年まですら、妻への暴力で逮捕・・・

決して正当化できるわけはないけど、
JBの音楽活動を鑑みると、
エネルギーありあまっていたんだろうなぁ・・・

最後にオマケをひとつ。
JB日清カップルードルのCMにも出ていました。




さて、これで「偉大なるオリジネイター達」シリーズは終了

来週からは「売れなかったけど伝説」というタイトルで新シリーズを始めます。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

シクリ「妹」グループ「SONAMOO(ソナム)」4人目のメンバーの完全公開

SONAMOO:Green Moon Rising !
11 /20 2014
さっそくK-Styleの記事から、

141120Sonamoo.jpg


現在、TSエンターテイメントから、
シクリ妹グループとしてデビュー準備中の、
「SONAMOO(ソナム)」の4人目のメンバー。
一般公募で名前を募集していましたが、
「D.ana」(ディエナ)と決まり、フェイスも公開されました。

sonamoo_Dana.jpg

といっても、このように、前回公開された、
「顔のところが隠されていた写真」の、
顔の部分をだしただけなので、
アップにしてもイマイチ判別が聞きません。

今後いろんなスタイルの画像が出てくることを期待しましょう。

Diana(ディアナ)D.ana とは、中々よく考えた名前です。
既に発表されていたメンバーのNewSun(ニューサン)太陽からの連想であるなら、
センスの良さを感じます。

なにはともあれ、これで今年5月の一人目の公開から、
半年かけて全員集合(長かった・・・)

sonamoo_1416354640_sonamoo.jpg
左から、ナヒョン、ニューサン、ウィジン、ディエナ

早ければ12月から、デビューに向けた、
さまざまなイベントが(韓国で)行われるかもしれません。
デビュー自体は来年早々になろうかと思いますが、
毎年、毎月、たくさんの新人グループがデビューする韓国において、
決して埋没することなく、グループの名前の如く、
枝を幅広く伸ばしていけるよう育って欲しいところです。

いっそ、日本同時展開したらどうだろう?
(日本語曲なくてもいいから)

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ソナ:「バラ色の恋人たち」 ニュースいろいろ

ソナ主演ドラマ「バラ色の恋人たち」
11 /19 2014
RLdzoMBac7ta635517771326990888.jpg
すっかり「セラ姉押し」の私です。

まだ今週予定分の予告編はでていませんが、
「予告画像」がひとつあがってきました。

201411181149381_P.jpg201411181149382_P.jpg
201411181149383_P.jpg201411181149384_P.jpg

幼稚園のお遊戯会で、チョロンと一緒に、
クレポ「Bar Bar Bar」を踊るチャドル

キャプチャーでは確認できませんが、

tumblr_mov8jyCgEL1r2p4foo4_r1_400.gif

イ・ジャンウくんが、これをやるのか・・・楽しみ

番組HPでは、ソナが、ジャンミ役の演技について語っていました。



インタビューの中で、まず「(ジャンミを演じることは)難しい」と話し始め、
「家族のシーンが多いので、ペク家の家族が最もそばで力になってくれる」
「監督、作家、複数のスタッフの方がよく助けてくれている」と語っています。
現場では、「先輩」「先生」と呼ぶよりも、「お父さん」「お母さん」など、家族の呼称で呼び合う、
一体感のある雰囲気で撮影が行われているとのことです。

もうひとつ、番組HPから・・・

カップルコンテストイベント_ MBC週末ドラマバラ色の恋人たち

現在、視聴者の投票により決める「バラ色の恋人たち」カップルコンテストなる企画が行われており、
投票してくれた人の中から抽選で、12/25に行われる「Fly to the Sky」のコンサートにご招待ということです。

ちなみに、こんなボーカルユニットです。


それにしても・・・この組み合わせ面白いですね。
チャドル&ジャンミ、カンテ&スリョン、ヨングク&ヨンファは当然として、
マンジョン&祖母・・・って、そこで夫婦仲を裂いているあたりが、
ストーリーを暗示していますね。
で、姑にはじき出されたグムジャさんが、シネとタッグに・・・
結果、セラ姉がノミネートされず。
嗚呼可哀想なセラ姉・・・・・・

この投票結果の予想ですが、多分一位は「カンテ&スリョン」でしょう。
この企画で一位がとれない主役カップルってどうよ、という気もしますが、
ジャンミ「あんまり」な行動を鑑みると票が集まりそうにないんですよね。
12/14締め切りらしいので、結果はまたお知らせします。

最後に私の願望

박초롱

A Pinkのパク・チョロンをカメオで出して下さい。
このネタつかわないのは勿体無い

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ソナ:「バラ色の恋人たち」 登場人物おさらい

ソナ主演ドラマ「バラ色の恋人たち」
11 /18 2014
141118セラ姉
セラ姉のドヤ顔(ちょっとだけ)

ブログをご愛読いただいている方から、
「人物相関図」が欲しいというリクエストがありましたので、
ドラマHPの相関図にカタカナで役名と俳優名を追加して作成しました。
(チョロンちゃんを追加)

相関図2


このうち10話までのところで明らかになっている関係性は、

ジャンミ ⇔ チャドル 恋人同士(破局中)
スリョン ⇔ カンテ  元恋人同士(破局中)
スリョン ⇔ ジェドン 見合い相手(破談)
シネ   ⇔ チャドル 血のつながってない母子
ヨンファ ⇔ チャドル 実の母子(?)
シネ   ⇔ グムジャ 高校の同級生
シネ   ⇔ ヨンファ  意気投合
シネ   ⇔ ヨングク 昔馴染み
ヨンオク ⇔ ピルスン お友達

おぉセラ姉、誰とも相関線がない!
可哀想だから作ってあげよう

セラ ⇔ ジャンミ 不倶戴天の敵

・・・ということで、10話段階で、だーれも「恋人たち」でないという、
なかなか「看板に偽りアリ」ドラマになっています


今後の「バラ色」展開が待ち望まれます。


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ソナ:「バラ色の恋人たち」・・韓国芸能評「だってドラマじゃん」

ソナ主演ドラマ「バラ色の恋人たち」
11 /18 2014
tumblr_nf6p91aF8D1rnqu5so1_r1_1280.jpg
11/16は久しぶりに4人でステージ
って、「Starlight Moonlight」をこの衣装でやりましたか


韓国の芸能関係のWEBページは、
ドラマの放送終了後一時間くらいから、
そのドラマのハイライトシーンをレビューしたり、
翌日に視聴者の反応などを参照にしながら、総評を書きます。
これが私がレビューを書く上でとても参考になるのですが、
自動翻訳だとかなり日本語が無茶苦茶です。
今回、それを自分なりに整理して、
「バラ色の恋人たち」のジャンミの行動に対しての芸能評をアップして見ました。
長いですので、てきとーにはしょって読んで下さい。
(部分的に意訳してあります)

tumblr_nf2zvuQO711rnqu5so1_1280.jpg



[ニュースエンジョヨンギョン記者]
「バラ色の恋人たち」ハン·ソンファが帰ってきた。3年の時間があったので、出るときとは180度変わった。
モラルを破った彼女の行動は何の罪の代価なしに許されるだろうか。
MBC週末ドラマ「バラ色の恋人たち」のジャンミ(ハン·ソンファ)への
視聴者の非難や展開に対する期待感が後を絶たない。
「来た!チャンボリ」のミンジョン(イ·ユリ)にも劣らない極悪非道な悪事にただ幼いという言い訳は通じないこと。
すべての過ちをすべて犯して傷だけを残して忽然と去ったジャンミが再登場し、
彼女の行動をどのように許すのかについての意見も分かれている。
愛してたまたま妊娠をし、愛があれば、世界のすべての難しさも乗り越えると家出を敢行した。
親とお金を失ったが、恋人(チャドル)とお腹の中の子供を得た。
少し困難があっても幸せだと信じていたが、世界は思ったより簡単でなかった。
だから、最終的に恋人も子供も捨てたまま、自分の「場所」に戻って行った、
同じ空の下にいることができないという理由で、他の国でまで逃げた。
3年後に再び韓国に戻ってきた時は、もはや恋愛に生きるだけの女性ではなく、
やりたいことをして、自分のことをある程度はできる女性に成長した。
温室の中の草花のように育ったことの習性が身にしみている中で、
一度も経験しなかった生活苦はうつ病を生じたが、これも結果的には時間が解決した。
「頑是無い(幼くて善悪がわからない)」の一言で断定するにはその誤りが大きい。
すべての責任を回避していたジャンミに基許される機会も贅沢だ。
どのような言い訳をしてもモラルに反したという事実は変わらない。
ジャンミは、産んだ子を振り向かないまま出て行った。。
能力もなく、病気であったことまでは理解できるとしよう。
しかし、これまでジャンミは母性愛の欠片も見出せないほど、
自分の赤ちゃんにわずか1%の愛情も見えなかった。
ジャンミがもし、娘(チョロン)のところに戻ってくるとしても、この事実は消えることはない。
「来た!チャンボリ」でのミンジョンは罪の代価を払った。
ジャンミはそれに比べれば、まだひよこレベルだが決して軽い罪とはいえない。
もちろん、ジャンミが過去を完全に忘れて新しい出発をするために韓国に帰ってきたのか、
それとも別の理由があるのかはまだ明らかにされなかった。
また、表に出せない過去があるにもかかわらず、顔が知られる広告モデル活動のために韓国に帰ってきた理由も、
視聴者の気がかりなことの一つだ。
11月16日放送された「バラ色の恋人たち」第10話でジャンミはチョロンを娘と気づかないまま目を合わせて
会話をしようとした。「かわいいね。何歳なの?」と優しく尋ねるジャンミをチョロンは凝視するだけで、口を開かなかった。乳離れもしない娘を捨てておきながら。善良なふりをして話しかけるジャンミは、
視聴者から見ても許しがたいものであった。
3年という時間が経つにつれ、チャドルも無力な学生ではなくなった。
たった10話の中で残酷な悪行を犯したジャンミ、(彼女の)家族がそれにふさわしい墜落を味わうか、
そのすべての責任を一身に受けているヒロイン、ジャンミのストーリーは
どのように描かれるのか視聴者たちの耳目が集中している。(転載以上)

tumblr_nf300x64lI1rnqu5so1_1280.jpg


・・えーと・・・、実在の人物に対しての論評ですか?
脚本や演出への批評でもなく、役者の演技への評価でもない、
これだドラマ評というなら、記者はラクだよなぁ・・。
あれこれいっぱい書いているけど、
「だってドラマじゃん」の一言で済んでしまう内容です。

参考にさせてもらってケチをつけるというのも何ですが、
もうちょっと給料に見合った仕事しようよ・・・。

tumblr_nepsn3t2v21rnqu5so1_1280.jpg

ドラマのほうの視聴率は好調で、17.9%
先週に続き記録を更新しました。
波乱万丈なストーリーに視聴者が食いついてきているようです。
当ブログにおいても、レビュー記事のアクセス数が、
全ての回で、上位にランキングされていて、
たくさんの人がこのドラマの成り行きに興味を持っていただいているようです。
(他の記事も読んでね)
この先、20%の壁を突破し、同時間帯一位を快走する
「家族同士どうして?」に牙城を脅かすまでになって欲しいところです。


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

訃報:キム・ジャオクさん逝去(享年63歳)

日々の雑感
11 /17 2014
a0163619_1726711.jpg
韓国の女優で、「お母さん役」で、
日本でもお馴染みだった、キム・ジャオクさんが、
11月16日、肺ガンの合併症により、お亡くなりになりました。
享年、63歳。謹んでご冥福をお祈りします

私は、ジャオクさんの出演されていたドラマを多くみているわけではありませんが、
アフクスのユイとチュウォンが主演ということで見始めた、
烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち(2011年)の、
41c8c625d725797198aa1c4c81c475b0.jpg

4兄弟の母親、ポクチャ役で印象が強く。
このドラマだけでも、その感情豊かで、時には細やか、時にはおおらかな演技に魅了されました。
特に、最終回のテヒとチャウンの結婚式でのスピーチは、
何度見ても幸せ一杯の気持ちにさせてくれます。
1312165612.jpg

ややオーバーかな?と思えるような演技のときもありましたが、
それが嫌味にもくどくもならない、品のある演技をされる方でした


最近では、バラエティ番組「花よりお姉さん」イ・スンギと組んで、
「かわいいおばあちゃん」として楽しい雰囲気を醸し出していただけに残念でなりません。
2013120708231346917.jpg

また、私が最も好きなドラマ「アクシデント・カップル」(2009年)でも、
第14話でカメオ出演されていて、
200906112312551020_1.jpg

ほんのちょっとの出演なのに、
存在感が随分あったと
いう印象が残っています。

さっきまで、ずっと「バラ色の恋人たち」のレビュー書いていて、
記事検索しているときに、このニュースが目に飛び込んできて、
ほんとうにびっくりし、そして悲しい気持ちになりました。

キム・ジャオクさん、たくさんの素敵なドラマをありがとう!
そして安らかにお眠り下さい。


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ソナ:「バラ色の恋人たち」第10話 セ○ラ出撃

ソナ主演ドラマ「バラ色の恋人たち」
11 /17 2014
sunhwa kansai
こちらはリアルソナ入国風景
(2014.07.21関西空港にて)
右手に持ってるユンケルは、
present from me.


さて、第10話、やっとこ五分の一が終わりました。

ここのところ、放送終了後のアクセスが多く、
たくさんの人にこのレビューを見ていただいているようで、
ありがたい限りです。
シーンの解釈なんかで間違いがありましたら、遠慮なく指摘していただくとありがたいです。
また、ドラマレビュー以外の記事も楽しんでいらだければ尚幸いです。

それでは第10話のレビューを始めましょう。

10話FULL

روزي لافرز اسيا ورلد تيم الحلقة رقم 10 投稿者 park-mervet

今回は、会話シーンの細かいところがほとんど分からず。
相当の部分をニュアンスに頼っています。


前回、イ家に乱入し、チョロンを返してくれるよう懇願したチャドル。
しかし、すぐにガードマンに叩きだされてしまいます。
閉ざされた扉を、こぶしに血が滲むまで叩き続け叫ぶチャドル。
家の中では、ヨングクがコトの真相を確認します。
チャドルがチョロンの父親であることは理解した模様。
ヨンファ母も、トラブルに巻き込まれると面倒だと考え、
チョロンを返すことをすすめます。
ヨンファは強く拒否します。
ヨングクは、外で待つチャドルと話をします。
チャドルは暴漢にチョロンをさらわれたことなどを話します。
それを聞き、ヨングクは、
「キミが父親であるであることはわかった。
しかし今回の経緯を考えると、
キミにはあの子を育てるのは無理なんじゃないか?」

と、穏やかに引き下がることをすすめます。
しかし、チャドルはヨングクの前で土下座をし、
141116RL1001.jpg
チョロンを返してくれるように頼みます。
その必死の姿勢にうたれたヨングクはチョロンを返すことを決め
家に戻りヨンファを説得します。
しかし、どうしても「せっかく授かった我が子」を諦めたくないヨンファは、
外で待っているチャドルに向かい、
「欲しいものは何?何でもあげる。だからあの子を私から奪わないで」と、
141116RL1002.jpg
チャドルに懇願します。
チャドルはその必死さにたじろぎつつも、
その願いを拒絶します。
そうこうしているうちに、ヨングクがチョロンを抱いて出てきて、
141116RL1003.jpg
141116RL1009.jpg

チャドルにチョロンを渡します。

141116RL1004.jpg

ヨンファが引き止める間もなく、チャドルは走り去っていきます。

残されたヨンファは泣き崩れます。

141116RL1008.jpg

あ・・書くの忘れていましたが、
チャドルが外で待っているとき、
マンジョンがそれを車の中から見ていましたね。
彼からすると、早くチョロンをチャドルに戻してもらって、
ジェドンのスリョンの結婚の障害を取り除きたい一心なんでしょうね。
そして、その視線にオーバーラップするように、
チャドルはマンジョンから言われた「拾い子」という言葉を思い出し、
「自分と同じ思いをチョロンにはあわせたくない」という思いを強く持ったのでしょう。


しかし・・・・よくよく考えて見れば、
チョロンにはどっちが幸せだったのか?
いえ、そりゃ、まぁドラマとしてはチャドルの元に戻らないとしょうがないですよ。
そうしないと、ストーリー別物になりますもんね。
でも、大富豪ですぜ、しかも父母ともとても人格者ですよ。
まぁ、若干問題な2人もいますが、トータルで考えて、
あの恵まれた環境で育ったほうが苦労もなく幸せになったんじゃないか・・と思ったりもします。


ここでの、ヨンファ役のチャン・ミヒさんの演技よかったなぁ。
諸事控えめで上品な婦人が、ようやく得た「わが子」を返したくないという必死さが、
伝わってくる激情の演技でした。若い頃に自分の子(それがチャドル)を手放してしまった後悔を、
もう一度味わいたくないという思いも含めた演技だったのでしょう。
私は、この場面ではチャドルよりもヨンファに同情してしまいました。
今後、この母子孫が幸せなカタチで再開できたらいいなぁ。
(ヨンファさんが不治の病にかかって、その最後の瞬間にようやく和解とか・・・やめてよ、脚本家!)



ともあれ、チョロンがチャドルの元に戻ってきました。
そして、チャドルも帰るべきところに帰るときが来ました。

パク家では、カンテが「チョロンを探して」のチラシを見つけて持ってきます。
そして、それが配られた周辺でチャドルを探します。
結局見つからないまま、シネが家に戻ってくると、
もはや帰る場所がここしかなくなったチャドルが、
家の前で入るべきかどうかを迷っています。

二人の感動の再会。
141116RL1010.jpg
141116RL1012.jpg
141116RL1011.jpg
母子が離れ離れになっていたのは、
話数にしてたった4話、リアルな期間としては半年
今までのドラマのスケールから考えると、かなり短い期間なのに、
こんなに感動するのは何故だだろう?
ひとえに、母シネのチャドルへの愛の深さだな。


翌日、シネがあやすチョロンの横で、
チャドルも(カンテが言うように)死んだように眠っています。
恐らく、チョロンが見つかるまで不眠不休だったんでしょう。
(あれ?病院で一晩ぐっすり眠ってなかったか?)

パク家ではひさしぶりに家族集合(しかも一人増えました)
141116RL1007.jpg
カンテはチョロンの養育費として、
映画の監督としての報酬をシネに渡します。
シネもセラもこのことを知らなかったので、
カンテが監督の仕事がきていたことを喜びます。
カンテは映画の内容がピンク映画なので、
今まで言えなかったのですね。
素直に喜ぶ二人に対しても少し複雑な表情です。
(はい。カンテフラグまたたちました!)
起きてきたチャドルは、これまでの経緯を話します。
マンジョンの卑劣な手段に、3人は怒ります。

さて、そのペク家。
マンジョンと祖母が、スリョンをジェドンとのデートに送り出します。
特に祖母は煮え切らないスリョンに苛立ちを覚えている様子。
あいも変わらず、「どんより」とした表情でスリョンが出かけた後、

マンジョンが祖母に、「冷麺でも食べにいきましょう」と誘います。
グムジャとともに、3人で玄関を出ると、
そこに待ち構えていたシネが、
復讐の塩まき攻撃!!
141117RL1006.jpg
(これずっと待っていたのか?だったらスリョンとも
会っていただろうに、さすがにスリョンには攻撃なし?)


突然のことで、3人とも怒り心頭
しかし、シネの罵詈雑言により、グムジャと祖母は、
マンジョンがやらかした悪行を知ります。
さすがにマンジョンは強く反論もできず、スゴスゴと家に引き返します。
グムジャはマンジョンのあまりにものやり様を責めますが、
祖母は「それの何が悪い!」とマンジョンを庇い、逆にグムジャを責めます。

ここの祖母のよどみのない罵詈雑言、見事だったなぁ、全訳が欲しいです。

グムジャは一層、鬱屈が蓄積した模様。
(大爆発まであと何話?)

場面は、ジェドンとスリョンの「ノリイヤ」デートシーン。
(今回から省略しました)

ジェドンはさすがに少しは反省して、
「これからはアナログ(ゆっくり)でいきますよ」と、
スリョンを気遣う発言。
しかし、スリョンは付き合っていた人(カンテ)がいたことを告白し、
141116RL1006.jpg

「ジェドンさんを好きにはなれない、別れて欲しい」と正直に言います。

141116RL1005.jpg

「鈍感な」ジェドンもさすがに、これには憤慨し、席を立ちます。
(今回はチクリおよびクレームシーンなし、この状態のまま3年後の次回以降に続きます)

ペク家にみなさんはここで今回は登場終了。
3年後、「裏金」は増えているかな?


カンテは映画撮影中。
2014111622352715_1_lakebright.jpg
「主演女優」がへっぽこなため、撮影が遅々としてすすみません。
そこに、「フツーの映画を撮っている」と思っている、シネとセラが差し入れをもって登場。
映画の内容を知って呆然とします。
2014111622353755_1_lakebright.jpg

そして、家で、シネはカンテから貰ったお金をつき返します。
シネはカンテがそんな仕事を受けたことを、恥ずかしいと思っているのではなく、
自分がカンテをそのような仕事をさせてしまっていると悔いている模様。
(恐らく、セラの結婚のときと同じ心情)
カンテも涙ぐみながら、「自分だって辛いが、オンマやチョロンに苦労をかけたくないんだ」と、
お金を受け取ってくれるようシネ懇願します。
(ここ、もう少し正確な訳を後日入手します)
そして、シネは自分を責め、外に出ます。

カンテ役、ハン・ジサンさんの長セリフはいつもいいなぁ、
悲しい顔のとき、太い眉毛が「八の字」になって、より哀愁が際立ちます。


イ家では、ヨンファさんが、すっかりふさぎこんでいます。
ヨングクが気をきかせて買ってきたプレゼントも、投げ捨ててしまいます。
ヨングクはヨンファを諌めますが、それでも繰り言をやめないヨンファに、
(珍しく)ヨングクが腹をたて、無言で部屋を出ます。
(ここの言い合いの内容も、ちゃんと知りたい)
深く傷ついたヨンファは、一人、漢江の川岸をフラフラと歩きます。
さきほど、家をでたシネは、その川岸の屋台「客来んのか?そこ」みたいなとこで営業中)
で、一人飲んでいます。そして、悲しげに歩くヨンファに気づき、屋台に招き入れます。
二人で「ドヨドヨ」テンションで飲んでいるところに、
中年男性2人が、ナンパします(ただしヨンファのみ)
シネが自分には声を掛けなかったことに腹を立て、中年男性2人に怒り、酒をぶっかけます。
141116RL1013.jpg
ヨンファもなんとハイヒール攻撃!
そして、2人で走って逃げていきます。
追っ手がこないところまで逃げて(というか追いかけられてもいないし、飲み代も払っていない)
ヨンファの意外な猛者ぶりにシネが笑い、ヨンファにも笑顔が戻ります。
このシーン、最後は二人で笑いあうんだから、こんなスリリングなBGMでなくてもいいし、
できれば走るの止める前後でフェードアウト・インでBGM変える細やかさが欲しかった

あと、この2人についても、この後3年間出会いがないってのは不自然なんだけどなぁ

シネが家に戻ると、チャドルが家の外でチョロンをあやしています。
チャドルはシネが明るくなったのをみて、安心した模様。
シネが「少し外で話をしようか」と誘い、
チョロンを抱いたまま、漢江の夜景をみながら、
いろいろあったここ数ヶ月を振り返り、
これからチョロンを暖かく育てていこうと思いを新たにします。
(ここも完全な憶測です。後日修正入れますね)

そして、チャドルの「チョロン!」と呼ぶ声とともに、
3年の時間がたち、
場所はチャドルの大学の卒業式
3歳になり、かわいく成長したチョロンが駆け寄ってきて、チャドルに抱きかかえられます。
家族揃って、記念写真。
141117RL1001.jpg

カンテはヒゲを剃ってすっきり、シネとセラは髪型がかわっています。
(ここまでずっと束ねていたのをおろしただけなんですが、上手いアクセントですね)

141117RL1002.jpg141117RL1003.jpg

カンテはピザ屋さんで働いている模様。
シネはマッサージ店に勤務。
セラはなんだかわからないけど、どっかのOLかな?
3年たってパク家にはチョロンの成長と共に幸せな時間が流れているようです。

一方、イ家では、ヨンファとヨングクの間に微妙な空気が流れています。
141116RL1014.jpg

ヨングクの秘書のちょっとばかりの非違をヨンファが言い立て、
秘書をかえるようにヨングクに強要します。
ヨングクはそんなヨンファの態度に困惑し
帰宅途中のサイクリング中に、少し物思いにふけります。
(東大門だね、ここ)

仕事帰りのシネは、チャドルの卒業祝いということで、
奮発して韓牛を買って帰ります。

そして、路上で、正面から来たヨングクの自転車と衝突
せっかくの韓牛が路上に飛ばされ、車に轢かれてしまいます。

ここのパク・サンウォン(ヨングク)さんのぶつかり方が下手糞。
あーゆーよろけ方だったら歩行者はよけることできます。
そもそも第一話でもそうだったけど、
サンウォンさん、名優だけど、自転車乗るの下手だと思う。


当然、シネは立腹し、「弁償しろ」とヨングクに迫ります。
ヨングクはたまたま持ち合わせがなく、ちょっと困ってしまいます。
(多分、韓牛なんて「卸す」ほど持ってるだろうけど)
すると、シネがヨングクの顔を見て、あることに気づきます。
20141116_1416148962_33146500_1.jpg
なんと2人は古くからの知り合いでした!!

よもや、ここまで「糸」を絡めてくるとは予想しませんでした。
これで、チャドルは情実でヨングクの会社に入社でもしたら面白いなぁ
(マンジョンがジャンミとの仲を反対する根拠がなくなるという意味で)


場面はいきなり変わって、
飛行機が着陸します。

そう、ジャンミの帰還です。

141116RL1015.jpg

しかも、「あんたスター(担当)か?」的なサングラスで

しかも、お迎えつき

141116RL1016.jpg

ジャンミはなんの絡みか、アメリカ在住中に、スカウトを受け、
CMモデルとして帰国したのでした。

tumblr_nf302dxdsX1rnqu5so1_1280.jpg

まだ少し翳もありますが、元気になっている模様。
(パッと見た印象では、ジャンミではなくソナそのものでしたが)

このシーンの撮影って、ロケの都合を考えると、前回の出国シーンと同じ時に撮られたんだろうなぁ、
そう考えると、表情とか心情の切り替えがすごく大変だったんじゃないかと思います。
「どんな表情で帰ってくるべきか」これはものすごく難しい演技プランだったと思いますが、
「ソナそのもの顔だなぁ」と私が思ったように、すこしギャップがあり過ぎるようにも感じました。
まぁ、3年という時間がそれだけジャンミを変えたという演技プランなら納得ですが、
その後の、「セラ出撃」シーンでの表情を考えると、ちょっと違うかなぁと思います。


そして、向かったホテルの入口で、
セラとすれ違います。
ジャンミは気づきませんでしたが、
恨み骨髄のセラはすぐ気づきます。

お待たせしました!

セラ出撃
セラ出撃B
ミノフスキー粒子が濃くて、一旦はロストしましたが、
エレベーター前で発見、近接攻撃を行います。

20071030123142-67625.jpg

あ・・・逆だ

ここで、ジャンミは突然の出来事に、
そして「3年前のことは消すに消せない」という事実に、
怯えの表情を浮かべます。
141115RL905.jpg

セラ姉、破壊したメインモニターむしりとった髪の毛を「戦利品」にドヤ顔でホテルを後にします。

(番組よりお知らせ、「ソナの髪の毛」抽選で3名様にプレゼントして・・くれ!)

セラは家に帰り、シネに「ジャンミがいた!」と髪の毛を見せながら報告。
シネは「チャドルには黙っておいて」とセラに言います。

翌日、チャドルはチョロンを連れて、職場のTV(多分)スタジオへ、
(これが正社員かバイトなのかは不明)

チョロンがスタジオの外で待たされているところに、
(そこで撮影予定だった)ジャンミが通りがかり、
チョロンを見て「かわいいね、何歳?」と、
141117RL1007.jpg
自分が産んだ娘とは気づかずに声をかけます(嗚呼、なんて残酷な再会)
そして、そこにチャドルが現れ・・・・・
141117RL1005.jpg


続きはまた来週・・・というところで第10話終わり
(予告編、今回もなし)

帰国から放送時間15分にして、あっさり再会してしまいました。
さて、これで来週どのような展開に持っていくんだろう?
チャドル・ジャンミ以外のストーリーも3年たってどう変わっているかが、とても気になります。

第10話のMVP、前半見ているときは、
ヨンファさんで決まり!と思っていましたが、
やはり、セラ姉の「ドヤ顔」が逆転受賞です。
(キャプチャでたら貼ります)


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ソナ:「バラ色の恋人たち」第9話(後半) 「世の中見えない糸だらけ」 ソウルは狭いのか?

ソナ主演ドラマ「バラ色の恋人たち」
11 /16 2014
141116RL908.jpg
マンジョン役、チョン・ボソクさん、憎々しげな父親役で、
ドラマにいいアクセントを与えていると、評価上々。


ちなみに、前半のサブタイトルの、「往十里」

135013290808313131729_K210_wangsimni.jpg

ドラマに全く関係しません。ただの語呂合わせですが、
実際にソウルにある地名ではあります。

※「青春不敗1」のユチ里に列車で行こうとするなら、
ここから乗車します(バスの方が便利いいけど)


さて9話の後半です。


장미빛 2 投稿者 dm_353831

チョロンを連れ去れた翌日、
チャドルは警察に駆け込みます。
そこでのやり取りの中で、チャドルはあることに思い当たります。
そして、ペク家に行き、
マンジョンに「あなたがチョロンを連れ去らせたんだ!」と、問い詰めます。
マンジョンは一瞬表情を固くしますが、「そんなことは知らん!」と、突っぱねます。
141116RL907.jpg
手がかりを失ったチャドルは途方にくれます。

そのころ・・
「赤ちゃんポスト」から育児施設に廻されたチョロンと、ヨンファが出会います。
ぐずるチョロンをヨンファが抱き上げると、泣き止みます。
チョロンのことを気に入ったヨンファは家に連れて帰ってしばらく預かることにします。

そのイ家では、ヨンファ母とジャンミ祖母が会食中、
話題は当然、スリョンとジェドンのこと
スリョンがイマイチ乗り気でないことを気にしている様子。

そこにチョロンを抱いたヨンファが帰宅。
ここで、2人は驚愕の事実を知ります。

141116RL916.jpg

ジャンミ祖母は、その子の手のアザを見て、チョロンであることに気づきます。
そしてヨンファ母は、チョロンがヨンファが生まれたときと同じ顔であることに、
何かとんでもない因縁があるような危惧を覚えます。

祖母がチョロンと気づくのは、まぁ、そのために伏線はったので当然として、
赤ん坊みて、「自分の娘とそっくりだ・・・まさか?」ってなるもんですかね?
数奇な運命を表現するためには必要なシーンだとはいえ、
ちょっと無理があるんじゃないかと思いました。
それにしても・・・・やっぱりソウルは狭いのか?


ペク家に帰宅した祖母は、
マンジョンにこのことを伝えます。
141116RL934.jpg

自分の指示で「赤ちゃんポスト」にチョロンを「捨てさせた」ことは知られたくないマンジョンは、
「そんなことがあるはずないですよ」と否定しようとしますが、
祖母は「いや、あの手のアザは間違いない」と言います。
グムジャは「チャドルが窮して、そうしたんじゃない?」と言いますが、
マンジョンは「そんなハズはない!いいか、このことは口外するんじゃないぞ」(多分)
とグムジャに命じます。
ペク家にとっての「ジャンミの傷」を消すために、
コトを上手く運んだつもりでいたマンジョンは、その企みが崩壊し、
スリョンの結婚にとって重大な支障になりかねないと思います。

イ家では、ヨンファがチョロンをあやしているところに、ヨングクが帰宅し、
ヨンファが幸せそうにしているのを見て、ヨングクも嬉しそう。
「オマエのことを母親だと思っているんじゃないか?」と言うと、ヨンファも喜びます。
さらに、「おや?よく見ると、顔もオマエにそっくりじゃないか、目も鼻も口も・・・」と言って、
2人で幸せな時間に浸ります(まぁ、「血を分けた孫」ですので、似るでしょうね)
それを、扉の隙間からヨンファ母が不安そうに眺めます。

チャドルは地下鉄の駅の出口で、雪が降る中、
チョロンを探してください」というチラシを作り、
行き交う人に配って、必死でチョロンを探します。
141116RL932.jpg

(良く見るとカラー印刷・・・よくそんな金残っていたな)

しかし、その最中についに倒れてしまい、病院に搬送されます。

141116RL931.jpg

(ここのBGM、OST曲のBGM版だったけど、合ってないだろ)

ヨングクとヨンファは、ヨンファ母とジェドンに、
チョロンと養子縁組する考えを伝えます。
141116RL917.jpg

ヨンファ母とジェドンは表面上は祝福しているが、
腑に落ちない様子。
※ここ、2人の会話の中身がわからなかったので、
何に納得していないのかわかりません。
「財産の分け前」で気にしているのではないと思うんですが、
詳細がわかれば、後日追記します。

11/16追記
ここの会話、母がジェドンに「もっとしっかりしろ」とヨンファが養子を迎えるにあったての、
ジェドンの立場を心配しているとのことです。


マンジョンは「手の者」の調べにより、
チョロンがヨンファの手に渡ったことが真実だと知ります。
さらに、ヨンファ母から「養子縁組」のことも聞き、
早急に手を打つ必要を感じ、策を講じます。

チャドルは病院で目を覚まし、看護師の制止を振り切って、チョロンを探しに行きます。
そこに、捜索のビラを手がかりにチャドルの居所を突き止めたマンジョンがやってきます。
(よく、この病院だとわかったな)

そして、チャドルに「チョロンをさらわせたのは私だ」と白状し、
居所を教える代わりに、「ある取引」を持ちかけます。

141116RL921.jpg

「チョロンがジャンミの子であることを口外しない。
もし、口外した場合は、チャドルはチョロンの親権を放棄する」
という念書に、
サインをしろとチャドルに要求します。

141116RL922.jpg

チャドルは「僕だって、もうジャンミと会おうとは思っていない」と、
念書にサインします。そして、教えられた育児センターに向かい、チョロンの居所を突き止めます。

ペク家では、祖母はこれで一安心。
しかしグムジャは、「ジャンミが正気に戻ったときに、納得するかしら?」(多分)と懐疑的。
マンジョンと祖母は、そんなグムジャの心配をアタマから否定します。
(この状況にあっても、グムジャさんだけはなんとか正常な思考を保っているのが、今後の展開への救い)

さて、場面は、毎度お馴染み
「ノリノリ」ジェドンと「イヤイヤ」スリョンのデートシーン。
ジェドンは上機嫌で、「さて何に乾杯しようか?・・・・キミと僕の未来に(多分)・・」
なんて、デートを楽しんでいます。
スリョンにネックレスをプレゼントし、まるで嬉しそうでないスリョンの首にかけます。
そして、その勢いのままスリョンにキスを迫りますが、
ここでスリョンの忍耐の限界・・・ジェドンにビンタをかまします。
141116RL935.jpg

びっくりしたジェドン。
「キミは僕のことが好きじゃなかったのか?」
と、「何を今さら」なことを言って怒って去っていきます。
そして、このことをすぐに母親にチクるジェドン(あぁ情けない)
母からスリョン祖母へ、すぐにクレームの電話が入ります。
ペク家では祖母とマンジョンがスリョンに真意を質します。
スリョンは「私にはジェドンさんへの愛はない」と言います。
マンジョンはそんなスリョンを諌め、このまま付き合うように言いますが、
ついにスリョンははっきり「シロ(嫌)」と自分の意思を表明します。
マンジョンはカッとなって、「この結婚はオマエのためだけのものじゃない」(多分)と、
本音を口走ってしまいます。これにはスリョンもグムジャもびっくり、
マンジョンも「しまった」という表情をします。

11/16追記
ここのマンジョンのセリフ「この結婚のために私がどれだけのことをしたと思っているだ!」が正解とのことです。


イ家では、ヨングクさんが、育児用品をたくさん買い込んでご帰宅。
ヨンファともどもチョロンをすっかりお気に入りの様子。
141116RL919.jpg

しかし、そこにチャドルが乗り込んできます。
141116RL920.jpg

ガードマンが制止する中、チョロンの名を叫ぶ、チャドル。

141116RL933.jpg

戸惑うヨンファ・・・・「実の親子と孫」のとんでもない再会で第9話は終わり

今回は仕方がないとはいえ、重い内容で、和めるシーンがほぼなかったですね。
ジェドン「ダメダメ」ぶりがはっきりしてきて、「タダの脇」で終わる可能性が高くなってきました。
(それでも、途中でコロッとキャラが変わるのが長尺韓国ドラマなので、予断は許しませんが)

数少ない癒されシーンが「子煩悩のヨングクさん」でした。

第10話の予告を見る限り、
3年の時間が経過するのは、次回ですね。
チョロンを取り戻したチャドルが母シネの元に戻り、
チャドルも無事大学を卒業、チョロンもすくすく成長。
そして、ジャンミが帰国・・・
tumblr_nf3060RGI41rnqu5so1_1280.jpg
これが「お出迎え」シーンだとするならば、
元気になって帰ってくるということですね。
そして、セラ姉とのバトル・・・セラ姉、次回は出番多そう。

では第10話もお楽しみに
(何よりも私が待ち遠しい)




携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ソナ:「バラ色の恋人たち」第9話(前半) 「母が訊ねて往十里」・・ソウルは広いのか?

ソナ主演ドラマ「バラ色の恋人たち」
11 /16 2014
141116RL904.jpg

第9話のソナ登場シーンはちょこっとだけ。

昨日、予告の記事アップで「3年が過ぎて・・」て書きましたが、
ジャンミの帰国など、3年後のおハナシは10話に方になるようです。
第9話は、チョロン攻防戦(その1)です。

前半


장미빛1 投稿者 dm_353831

前回のラスト、
ジャンミに「戻る」「戻らない」の選択を迫った、マンジョンとチャドル・・
141116RL903.jpg
ジャンミの答えは「戻らない」
勝ち誇ったマンジョンは、チャドルを叩き出します。
まだ心が癒えないジャンミ、父の命に従うまま、アメリカへと留学に出ます。

141116RL901.jpg
141116RL902.jpg
車の中でも、空港でも、「心が病んだ」表情のまま、
最後に、後ろを振り返り、
ここでチャドルとの「楽しい日々」から「別れ」までの回想シーン(OST一曲分)が流れ、
出国ゲートへと消えていきます(父同行)。
スタートから約10分、今回のソナの出番はこれで終了

一方のチャドルは、ジャンミを何とか連れ戻そうと、
チョロンを連れて、もういちどぺク家に向かいます。
折り悪く、丁度空港を向かう車とすれ違ってしまいます。
(あんなわざとらしい、「すれ違いシーン」いらないのにね)
応対に出た祖母が、事情をチャドルに告げます。
祖母は意外なほどに悪態をつかず
むしろ「頼むからもうかかわらないでくれ」(多分)とチャドルに懇願します。
そして、さすがに自分の「ひ孫」としての情があるのか、チョロンを哀れみとともに、覗き込みます。
(これは、今回の重要な伏線行為になります)

チャドルは大急ぎで空港に向かいますが、
当然間に合いません。
141116RL905.jpg
(JAL映り込みに成功!)

失意のままアパートに帰るチャドルにさらに追い討ち。
家賃滞納でアパートを追い出されます。
なんとか安宿を見つけ、寝泊りしますが、
141116RL912.jpg
141116RL913.jpg
財政的には破綻寸前・・・・

でも、わが子へ愛情をいっぱい注ぎ、なんとか頑張ろうとするチャドル。
141116RL914.jpg
さすがに前途への不安は隠しきれません。

シネは、チャドルを案じ、食べ物を差し入れを持って、
アパートへと向かい、モノだけ置いて帰ろうとしますが、
そこで、すでにチャドルがアパートを追い出されたことを知ります。
チャドルの携帯もつながらない状態。
大慌てで(絶交状態だったはずの)グムジャに事情を確認するために会います。

そして、ここまでのいきさつをグムジャから聞いたシネは、
ぺク家のあまりにもの仕打ちに憤慨します。
グムジャは、自分自身も納得いかないことも多々あり、
チャドルやシネに同情すべき点もあるけれど、
自分の力ではどうにもならないもどかしさも手伝って、
感情を出さずに淡々とシネに説明し、
(ここの演技はそういった意味だと解釈しました)
「お詫び」としての養育費をシネに託そうとします。
(これは多分、グムジャのへそくりから出資)

しかし、シネは怒りとともにそれを突っ返します。
恐らく、グムジャもシネが受け取るとは思っていなかったのでしょう。
押し付け合いをせずに、自分の元に封筒を戻します。

チャドルは「子連れ」バイト状態。
141116RL930.jpg

さすがに、これでは営業に支障をきたすと、
店長は日当を渡してチャドルにクビを宣告します。
またしても、がっくりとして店を出るチャドル。
そこに入れ違いにシネがやってきます。
(だから、その偶然いらんって!)

シネはここでも経緯を聞き、
すぎにチャドルを追いかけます。
しかし、チャドルは既にバスに乗った後。
走り去るバスと、追いかけるシネがすれ違います。
(しかも、そこだけスローモーション)

・・・ここまでクドイ演出しなくてもいいのになぁ・・・と思いますが、
ここまでのところは「ソウルは広い・・・母子はなかなか会えない」の演出と思えば、
後半の「ソウルは狭い・・・なんでこんな奇遇が起こるの?」との対比と考えられないこともないです。


ちなみに、今回で役割を終えた(であろう)、
漢江を見渡すアパートですが、
141554563708700096177_02.jpg
あるブログで場所を特定してくれていました。
141554565500663115177_03.jpg
地下鉄9号線ノドゥル駅(鷺梁津の隣)の近くでした。
橋の風景からして、漢江鉄橋だというのはわかっていたんですが、
対岸のビル群から、ソウル中心部のほうだと思っていましたが、
全く逆で、対岸の江南エリア、銅雀区でした。

パク家では、シネ、カンテ、セラがチャドルのことを案じて沈痛な面持ち。
特にセラはジャンミがチャドルを捨てて留学したことに腹を立てます。
(セラ姉、本日の出番これのみ。カンテも)

バイトをクビになったチャドルの不幸は続きます。
安宿に戻ると、部屋から荷物が出されています。
ついにここすらも追い出されてしましました。
雨が激しく降ってきて、ビルの入口で雨宿りをします。
残り少なくなったミルクをチョロンに与えようと準備をしているところに、
酔っ払いが通りかかり、最後の粉ミルクを蹴倒してしまいます。
散らかったミルクをかき集めようとするチャドル・・・
(それチョロンに飲ませてはいかんだろ)

ミルクを買うお金もないチャドルは、コンビニで万引きすることを決意します。
141116RL909.jpg
しかし、これまで貧しくとも「心正しく」生きてきたチャドルにとって、
それは尋常ならざる行為でした。
ここでのイ・ジャンウさんの演技、その葛藤がよくでていて、
チャドルの心の苦しさが視聴者に伝わったと思います。


結局、店の人に気づかれて、
チャドルは逃げ出します。
しかし、すぐに追いつかれてしまって、
チャドルは見逃してもらうよう、そしてミルクを譲ってもらうよう懇願します。
141116RL910.jpg

店の人も、その必死さと、哀れさにほだされ、
見逃してあげることにします。


141116RL911.jpg

ここ、涙なくしては見れませんでした、今回のハイライトです。

チョロンにミルクをあげ、やっと一息ついたときに、
3人の強面な男がチャドルの前に現れ、
チャドルに暴行を加え、チョロンを連れ去っていきます。

3人のうちの一人が、チョロンも「赤ちゃんポスト」に置いていきます。
141116RL906.jpg

その様子を車内から見ているマンジョン
全てはマンジョンの差し金だったのです。

とはいえ、マンジョンにとってもこれは苦渋の選択だったのかも知れません。
車内では良心の呵責に耐える様子が映し出されていました。

ここで前半終了。

後半は稿を改めてレビューします。



携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

ソナ:「バラ色の恋人たち」第9話予告

ソナ主演ドラマ「バラ色の恋人たち」
11 /15 2014
141115RL905.jpg
ジャンミにいったい何が?

第8話の最後に次の予告編が出ませんでしたが、
後日になって公開されたようです。



結局、ジャンミチャドルのもとに帰らず、
海外に行くことを選びます(これまた定番)
141115RL901.jpg
141115RL902.jpg

チャドルシングルファーザー生活は苦難の連続

141115RL904.jpg

不良に絡まれたり、寒空で寝るところに困ったり、
アルバイト中に過労で倒れたり・・・・

そして、3年が過ぎ・・・・
ジャンミは帰国
チャドル姉セラとバッタリ出会ったところで、
141115RL903.jpg

怒りのセラから、髪ひっぱられ攻撃を受けます
(母娘2代で何やってんだか・・・)

3年も時間すっとばすのか!

ジャンミが戻ってくるには、それくらいの時間が必要だけど、
その間に、スリョンとジェドン見合い後どうなっているんだろう?
カンテの映画監督の仕事は?そしてスリョンとは音信不通?
シネとヨンファの交流は3年間空白?

3年あけちまうのは、ジャンミとチャドル以外のストーリーには、
いろんな無理が生じると思うのだが、
そこをどんな処理しているのか、今日の夜が楽しみです。

3歳になった、チョロン役で登場するのがイ・ゴウンちゃん。
635068032903842500.jpg

昨年のイ・ヒョリ姉御の「Bad Girl」のMVにも出演しています。



igounn.jpg
このMV見ていたので、どんな子役演技するかちょっと楽しみ。

ジウン:ソロ活動終了へ

Secret : ジウン、ソロ活動情報
11 /15 2014
tumblr_nf0uitxKgK1rnqu5so1_500.jpgtumblr_nf0uk5Fmb81rnqu5so1_500.jpg
変身中→変身後・・・かわらない可愛さ!

141115ジウンツイ
141115ジウンツイ訳 (1)

10月14日に始まった、ジウンのソロ「きれいな年齢25歳」活動も終了へ・・
一ヶ月お疲れさまでした。
14日のミュージックバンクのステージ


枝恩 JiEun(Secret)-漂亮年紀25歲 Twenty-Five 141114... 投稿者 SUNNYEunji

「ソン・ニウン」ダンス特集
tumblr_ndukw55B6R1rnqu5so1_1280 (1)tumblr_ndjj2xFgeR1rnqu5so1_1280.jpgtumblr_ndwg8b9V3d1rnqu5so1_1280.jpg
tumblr_ne5px4x2wJ1rnqu5so1_r1_1280.jpgtumblr_nevkdpIBZh1rnqu5so1_1280.jpgtumblr_nevl6wPXgW1rnqu5so1_1280.jpg
tumblr_neimwcQXPn1rnqu5so1_1280.jpgtumblr_nemchrsJKE1rnqu5so1_1280.jpgtumblr_ne7km1wUKE1rnqu5so1_500.jpg
こーゆー衣装って、使いまわしきかないだろうから、
結構な投資額になりますねー。


11/9の「Open Concert」では、パク・ワンギュとのデュエットで、
「美女と野獣」を披露



これで、次のジウンの活動は、
12月2日の日本でのソロデビュー
恐らく、レコーディングは終わっていて、
トラックダウンの段階じゃないかと思いますが、
これからジャケ写やMV撮影が
急ピッチで行われるんじゃないでしょうか?
tumblr_nf112z2V7k1rnqu5so1_1280.jpg

リリースイベントの詳細は来週明けにも
発表されることになると思います。

日本での活動にも期待しましょう。
※シクリ揃ってのファンミは告知タイミングから考えて、
年内の開催は難しくなったなぁーと思います。



携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

2012年のシクリと私(2)

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
11 /14 2014
tumblr_nepzkhi8sG1rnqu5so1_500.png
同時期にドラマで2人も「妊娠」する
グループってある意味凄い


握手会でシクリ「ウイルス」に感染した私は、
2日後の大阪でのコンサートへ、
大阪が初日でしたので、
正真正銘のシクリの初単独コンサートに
立ち会える僥倖に恵まれたわけです。


ギリギリに購入したチケットなので、
オールスタンディングの最後尾。
でも、私自身も初めてのことだったので、
さして気にすることもなく、
一人で列に並び、一人で会場に入りました。

思えば、この2012年のイベント以降は、
知り合いも出来たりと、誰かしらが一緒にいるわけですが、
このときと、後述する8月のイベントはたった一人で参加してたわけです。

とはいえ、そのことに臆するタイプでもないし、
かといって、同好の士がまわりにたくさんいるからといって、
そうむやみに打ち解けるタイプでもありません。
いつも平然と一人でその場を楽しむのが向いているのかも知れません。

これも2012年のツアーの東京での画像ですが、
こんときは、ぎっしり満員で、
まさにK-POPブームのピークという感じですね。
2012 zepp
2012 zepp tokyo
それが、この翌年には同じハコで半分も埋まらなかったんですから・・・
よく、そこで挫けずに、こうやって日本で頑張ってくれていると思いますよ。

このときのコンサートの様子は、
シクリの日本での(今のところ)唯一のフルアルバムである。
「Welcome To Secret」初回限定盤についているDVDで見ることができます。
そして悲しいかな、まだその初回限定盤は入手可能です。

WELCOME to SECRET TIME(初回生産限定盤A)(DVD付)WELCOME to SECRET TIME(初回生産限定盤A)(DVD付)
(2012/08/22)
Secret

商品詳細を見る


amazonのレヴューのトップにあるのが、
当時私が書いたものです。
ちょっと長いけど、全文掲載。

投稿者 gotama 投稿日 2012/8/23
形式: CD
CDについては他の人に譲るとして・・
3種あるうちのこのAタイプ版に入ってる、SECRET TIME2012 シークレット1st Japan Tourが、ファンが待ち望み、またSECRETをこよなく愛するモノたちが、多くの人に見てもらいたいと願っていたDVDなのです。
ツアー最終日のzepp Tokyoのライブのうち、各ソロパートを除くほとんどが収録されていて(結果、CDよりも特典DVDのほうが収録時間が長くなってます)、SECRETの4人のメンバー(ヒョソン・ソナ・ジウン・ジンガー)のパフォーマンス力の高さが十分に伝わる内容となっています。また、韓国では成し得なかった、グループとしての初の単独ツアーにひたむきに取り組み、やり遂げた喜びや、単独ライブができる嬉しさをステージいっぱいに歌い踊ることで表している姿に爽やかな感動を覚えます。
 歌についてはバックボーカル部分以外は全て生歌。まだ持ち歌に日本語バージョンが多くない時期なので、全体の3分の2程度は韓国語バージョンですが、日本語での歌唱力については、K-POPグループ随一の安定した力を持っています。
 ジウンの透明感あるボーカル、ソナの多面的なキャラ変化、ジンガーのステージの盛り上げぶり、リーダー、ヒョソンの切れ味鋭いダンス、そして何より、ほんとうに一体感溢れるグループとしての結束力。このライブDVDにはこのグループのステージを一度生で見てみたくなる魅力がつまっています。
 数あるK-POPガールズグループの中では決して知名度の高い方ではないSECRETですが、このDVDでその魅力に出会って下さい。



youtubeのほうでは、曲ごとにアップされていますが、
dailymotionでは、フルの動画があります。
出来れば買っていただくほうが嬉しいわけですが、
せっかくなので、2012年ライブのフルバージョンを貼りますので、
気になる人は是非見て下さい。
ほんとうに出来のよい、
シクリの4人とファンが幸せな時間を過ごしたライブです。
前半


Secret(시크릿) SECRET TIME 2012 1/2 投稿者 secretHJSZ

後半


Secret(시크릿) SECRET TIME 2012 2/2 投稿者 secretHJSZ

※あらためて見ると、台本(モニター)喋りとはいえ、
今よりも日本語ちゃんと喋っているなぁ・・・特にソナ
まぁ今のナチュラルなステージトークのほうが好きだけどね


握手会と、初コンサート。
どちらも若い女の子の「ギャー」というすさまじい絶叫が、会場中に響いていたんですが、
翌年からは、その数が減ってしまったのが、寂しいことです。
(その分オッサン濃度が確実にアップしてきている・・・)

この日を境に、私の生活におけるシクリ濃度および、K-POP濃度は
悪化の一途をたどりました。

6月にはT-ARAの全国ツアーを名古屋で見ました。
ただし、こちらは、シクリほどの感動がなく、持続しませんでした。
ついでに言えば9月にはIU(アイユ)の日本での初ライブにも、
(ネットオークションで高いチケット買って)行きましたが、
こちらについてはまた日本でチャンスがあるか、
あるいは韓国ででもあれば、また行きたいと思っています。

シクリについては、6月に第2弾オリジナル日本語シングル、「Twinkle Twinkle」を発売。
secret -03
トータルでの楽曲の良さとしては、今でも群を抜いていると思います。

さらに、7月にフルアルバムを「Welcome to Secrt Time」を発売。
この購入特典として、8月30日~9月1日に
大阪・名古屋・東京で開催されるリリースイベントの応募券が封入されていました。
各会場とも定員がありましたが、無事に大阪で参加することができました。

8月はその前に、8月21日にあった、「お台場合衆国」でのミニライブ(有料)にも参加し、
このときは、30分と短い時間でしたが、前回よりもステージに近い席で観ることができました。

そして、8月30日。
大阪のミナミ、アメリカ村のイベントホールでの開催。
このときもオールスタンディングで、場所は後ろのほう。
ただ会場が小さかったので、Zepp大阪のときよりもは、
間近で見ている感覚でした。
リリースイベントへの参加は初めてだったので、
どれくらいの曲数・時間かを事前にわかっていなかったのですが、
数曲歌って終了で、少し拍子抜け・・・。
しかし、その後の握手会が、会場の後ろのほうから先の順番だったので、
開始からすぐで順番がまわってきました。
3月のオーラに圧倒された「初」握手会と違って、
ほんの数秒ではあったけれど、メンバー一人ひとりと
ちゃんと「やりとり」できた
のを、今でも覚えています。
※このときのソナのMCがあまりにもメタメタだったので、
ソナに「ソナヤー、ケンチャナヨ?(ソナ、大丈夫?)」と、
声を掛けたら「ケンチャナー」とリアクションがあったのですが、
今にして思えば、あれはソナの「普通モード」です。


このときの大阪をはじめ、名古屋、東京でのリリースイベントの動画がこちら。


Secret(시크릿) WELCOME to SECRET TIME ミニライブ... 投稿者 secretHJSZ

出だしの「入り」のシーンで、喋る前のソナの表情見ると、
やっぱり少し元気がないですね。


今にしてみると、このときの「やりとり」も、
なんてことないものなんですが、
そのときは、「4人と会話できた!」という多幸感にエライ包まれまして、
ニヤニヤしながら、くそ暑いミナミ界隈を歩いた記憶があります。
このときの感覚も、未だ続いているシクリ熱の根っこのところにあります。

ただし、2012年のシクリとの接点はここまで。
9月には韓国でカムバック、さらに12月に継続して新曲を発売、
と同時にメンバー全員で交通事故、ハナが入院という、シクリサイドの事情と、
日韓関係の冷え込みに伴うブームの収縮が、
日本での活動の機会を奪いました。

しかし、私はそもそもがブームに乗っかったというよりは、
それが鎮まりかけたころに没入していったので、
浮世の動向とは無縁に、一層興味・関心を深めていきました。
(さらに悪いことにドラマでもお気に入りのものを見つけてしまいました)

こうして遅れてきた「韓流オヤジ」として、
今に続く趣味生活を形成したのが、2012年でした。

そして、今ではドラマのレビューをするハメに・・・
(これが今、当ブログのアクセスを伸ばしてくれています)

これから先、シクリと私はいったいどこへ向かうのか?
私にもさっぱりわかりませんが、
まぁ、人生楽しいことはたくさんあったほうがいいので、
しばらくは、わが身をシクリの4人にまかせ
その後ろをついていこうと思っています。



携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

2012年のシクリと私(1)

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
11 /14 2014
tumblr_nevffrSfjz1rnqu5so1_500.jpg
久々にヒョソンの写真

前回、11/12放送の「週刊アイドル」の動画を探しているときに、
「へぇーこれあったんだ」と今まで見落としていた動画を発見したので、

その動画を見ながら、
私がシクリ「どっぷり」はまりだした、
2012年の思い出話をしていこうと思います。

2011年の丁度今頃の季節に、
「Starlight Moonlight」のMVを偶然見て、
それまで、世間でエライ流行しているという理由から、
積極的には接していなかったK-POPというものに、興味を持つようになりました。
(正直言うと、その前に少女時代の「Gee」については衝撃は受けていました)

シクリの日本でのデビューはその年の7月だったわけですが、
私はその時点では全く存在を知らなかったので、
日本デビューの最初から追っかけていたわけではなかったのです。
(もちろん2009~2011年の韓国での活動も後追いです)

なんでそこまで「Starlight Moonlight」という曲にハマってしまったのか?

当時を思い出すと、私はK-POPの「作りこんだ」音にさほど興味を持っていませんでした。
どちらかというと、タイやインド、あるいは中央アジアの「ゆるめ」のポップスに面白みを感じ、
そちらのほうで、自分の好きな音楽を探して聴いていました。

シクリ「Starlight Moonlight」は、そういった音楽に通じる、「ゆるさ」があったわけです。
のほほんとしたサウンド、のほほんとしたダンス
そして、かわいくはあるけど、(当時の)少女時代にビジュアルに比べると、
どことなく「ゆるい」感じの4人
eI0cC8.jpg
今と比べても、どことなく「垢抜けなさ」がありますね。

そして、わざとらしいほどに「かわいさ」を満載した曲の振り付けに、
「ここまで、かわいい要素を集めまくった曲って見たことなかったなぁ」と、
そこから音楽も動画もヘビーローテーションで接するようになりました。

そして、そのすぐ後に発売された、「Love Is Move」も、
曲自体はアップテンポでノリのよい半面、
この時代にあえてサーフ&ホットロッド調のギターの音色を使い、
音楽的に私のツボにはまるものでした。
Love is Move(B-2)
シクリ「ムチムチ」時代

また、丁度、日本語でのリメイク・シングル「Shay Boy」も発売されたタイミングで、
これまた、50’sアメリカンレトロ調という、
私の嗜好ど真ん中のサウンドやMVだったのが、
一曲だけで興味が終わらなかった原因のひとつだと思います。
Shy Boy(B-2)
こうやって並べると、「このグループのコンセプトってなに?」って思いますね

また、当時、CSで「青春不敗」が放送されており、
ここから、メンバーの中でもソナのパーソナルなキャラクターをより深く知ることができ、
「青春不敗」を通じて、他のK-POPグループなどについても、
興味が向かうようになった結果、
自分の趣味の中で、K-POPが大きなウェイトを占めるようになり、
その中心にシクリを置くようになっていったわけです。

しかも、まわりを見渡してもKARA・少女時代は知っていても、
誰もシクリを知らない・・・私のマイノリティ精神にも丁度合致したのも大きいです。
つまり、やや大げさですが、
私の周囲では私が「シクリの第一発見者」だったわけです。

Secret_santa.jpg
2011年12月には「Starlight Moonlight」の、
日本語改題曲「Christmas Magic」を発表するも、
プロモートが弱くさして話題にならず


さて、ここまでが前置き、
話は2012年に入っていきます。

年が明けても、K-POP三昧は続き、
カラオケで歌える韓国曲も増え、
「青春不敗」に至っては、全話ダウンロードして、
出演者ごとに再編集の作業に入る始末。
しかし、2月の途中までは、
「シクリのイベントに参加する」ということは、
自分の中では全くイメージしていませんでした。

それが、シクリのオリジナル日本語版シングル、
「これくらいのサヨナラ」発売での握手会イベント、
そして、大阪・名古屋・東京での、
シクリ初のライブツアーという情報が同時に入ってきて、
何か「見えないチカラ」が私の背中を押しました。
「行ってこい」と・・・・

とはいえ、今のように先行販売で、ということでなく、
ローソンチケットで販売期間ギリギリに購入しました。

これまで、2回ほど外タレ(ストーンズですが)のコンサートに行き、
イカ天でブレイクしていた「たま」が長野に来たときに、
小さいライブハウスに行ったことはありましたが、
アイドルの握手会なんて、
一度だけたまたま「そこでやっていた」のに
参加したことがあるくらいです。

ですので、全く勝手がわからないまま、
3月3日の昼:名古屋→夜:大阪の2回の握手会に参加することになりました。
※5日の大阪でのコンサートのチケットをとっていたので、
長野を出て、名古屋で途中下車して、
シクリと同じように移動して大阪に向かったわけです。


secret (1)
この時期のシクリの出で立ちはこんな感じ。
とにかくジウンのサラサラストレートが強く印象に残っています。


今回は昔話でレポートではないので、詳細は省きますが、
この名古屋での握手会「決定打」でした。
簡単に言ってしまえば、
「今までに浴びたことのないオーラを浴びてしまった」ということです。
私の記憶の中では、狭い会場に4人が登場したときに、
その周囲が光に包まれました。
自分の順番を待っている間、4人の対応を見ることができたんですが、
輝くオーラがありつつ、極めてフレンドリーな対応。
しっかりと目を見て話をしたり、笑ったり、驚いたりしてくれる・・


まぁ、要するに、今までの人生でそんな経験がなかったから、
免疫がなかったということですね。
そして年齢相応の節度とか体面なんかも希薄なタイプ(私のことね)だったので、
シクリ「ウイルス」があっという間に体中に、浸透して住みついてしまったということなのでしょう。

そのときの握手会の様子
120303ジウン

夜の大阪での握手会は、
この日も徹夜で長野を出たこともあって、
もうフラフラな状態で参加してのを覚えています。
名古屋のようなビルの一室ではなく、
吹き抜けのホールの1階が会場だったので、
人もたくさん集まっていて、
あちこちに監視員が「写真禁止」のアピールして、
隙あらば撮ろうと思っていましたが、そんなチャンスも場所もなかったですね。
このときは、名古屋も大阪も「初めて」のことだったので、
4人にかけるコトバとか事前に何も考えずに、挑みましたが、
とにかくオーラとフレンドリーさにKOされたという感じでした。

で、その握手会の動画が、東京での分ですが、ありました。


Secret(시크릿) これくらいのサヨナラ 握手会 投稿者 secretHJSZ

オープニングで「また会いましょう」と日本語の用法を思いっきり間違い、
ハナに苦笑いされるソナ・・・さすがです!


こうやって見ると、一番距離が近かった名古屋で最初だったというのが、
ある意味、私の命運を決めたのかも知れません。


長くなったので、2部にわけます。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。