明日から10月:居場所はDSK

過去記事
09 /30 2014
10月ポスター

10月は、高3生にとっては、センターまで100日を切る月。
中3生にとっては、第2・3回の総合テストがあって、点数を安定させる正念場。

季節も良く、まさに「勉学の秋」
10月は多くの時間をDSK長野校で過ごしましょう
授業&自習室、さらには質問など、
DSKで多くの時間を過ごすことで、
学力を確実に積み上げることができます。
講師・スタッフもとことん付き合います。
聞きたいことがあったら、遠慮なく来て下さい。


今月は勉強で疲れたときにリラックスできる音楽をお届けしましょう。
ジャズの超巨星の2人、
エラ・フィッツジェラルドルイ・アームストロング(サッチモ)で、
「ニューヨークの秋」



ちなみに、この曲は映画「ラウンド・ミッドナイト」でも効果的に使われています。



主演のデクスター・ゴードンホンモノのサックス奏者で、
映画のモデルはピアニストのバド・パウエルだと言われています。
ジャズについても実は熱く語れる私(田牧)ですが、
その話はまた後日に。


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします
スポンサーサイト



最高のバースデープレゼント

田牧(元)校長の道楽
09 /29 2014
G20140422008023770_view.jpg
西投手、4点先取されるも粘りにピッチングで、
8月1日以来の勝利(13勝目)


粘りに粘って、4点差を跳ね返し、終盤の逆転で、
7対3で楽天に勝利。

これで明日以降への望みが残りました。
私は毎年、9月29日はお休みを頂いているので、
今日も家でTVを見て応援していたかと思われるでしょうが・・・

TV見るの怖くて寝ていました

途中、「恐る恐るTVをつけると負けていた」とか、
「初回に楽天が19点とっていた」とか、
「延長12回勝ったけど深夜1時半までゲームやっていた」
などとやや錯乱気味の夢を見たり、

目が覚めて、TVをつけようとして、やっぱり止めてを繰り返し
最終的には21時過ぎに、布団から這い出て、
覚悟を決めてTVをつけました。
ゲームは9回まできていて、7対4で勝っている!
最後は守護神平野が抑えてゲームセット。

140929TOAKADA.jpg
同点の8回にT-岡田の3ランが飛び出して
試合を決めました。


この試合、
2・3回と楽天に4点とられてしまい、
昨日までの森脇采配ならば、先発の西をそこで諦めていたでしょう。
しかし今日は西を続投させました。
西もそれに応え、4~6回の3イニングを無失点に抑えたことが、
後半の逆転を生みました。
ベンチ登録からマエストリをはずしていたことからも、
森脇監督が、「今日は少々のことでは西を代えない」と決意して挑んでいたのだと思います。

そして明日(30日)の予告先発
オリックス:金子 楽天:塩見

私が推奨した投手起用できました!
もちろん、2日のソフトバンク戦が天王山ですが、
明日勝つことで、ソフトバンクにプレッシャーをかけて挑むことができます。
その意味で、絶対的相性(5勝0敗 防御率0.92)の良い金子を楽天にぶつけ、
(これで、楽天との最終戦にも登板可能)
ここで確実に勝ちを獲ることが「優勝への道」です。

しかも、楽天は則本の先発を回避して、塩見できてくれました。
(塩見の対オリックスは1勝2敗防御率6.65)
※恐らく星野監督は、則本を短いイニングで「勝ち」をつける試合に登板させ、
最多勝利を獲らせる作戦にしたのでしょう

さらに楽天が今日負けて、日本ハムが勝った結果、
楽天のCS進出の可能性も消えました。
明日の試合、楽天からすると
「何がなんでも勝たなくてはいけない」という状況ではありません。

オリックスにとっては明日の試合は有利な条件が整っています。
とにかく明日確実にひとつ勝って、
ソフトバンク戦を最悪「引分けでもOK」という状態にすることです。

ソフトバンク戦の先発は恐らく松葉近藤の可能性もまだあります)
できればベンチ登録から敗戦処理の中山・海田の左2枚をはずして、
松葉・近藤・比嘉・岸田・マエストリ・馬原・佐藤・平野と、
「一人一イニング」くらいのつもりで行ってもいいのではないかと思います。
※ソフトバンクの左打者は左投手を苦にせず打っているので、
そもそも左投手のワンポイント起用が成立しません

※吉田・東明の一軍登録もないので、かわりに榊原を上げておいて欲しい

ともあれ、まだまだ優勝を諦めないで応援することができます。
粘り強くがんばれ!オリックス・バファローズ!

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

個人的なことながら

日々の雑感
09 /29 2014

Secret(시크릿) Happy Birthday to You 投稿者 secretHJSZ


個人的なことで恐縮ですが・・
49歳になりましたっ!


40代最後の一年、
健康に気をつけ、悔いなく過ごす所存です。
今後ともよろしくお願いいたします。

vote.gif


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

壮絶な「譲り合い」

田牧(元)校長の道楽
09 /28 2014
20140927OHT1I50080.jpg
27日も守護神平野痛恨のサヨナラ被弾

28日までパリーグ日程が終了し
ライバル、ソフトバンクは願ったりかなったりの2連敗で、
泥沼の5連敗

ではその間に3試合あった、我がオリックスはどうかというと、
本日も千葉ロッテ、涌井に念願のホームQVCマリンでの初白星を献上し、
こちらも3連敗

昨日(26日)のサヨナラ負けでマジックも消滅してしまい。

ある意味、ソフトバンク、オリックスともに、
「優勝したくないんかい!」と突っ込みを入れたくなってしまうような、
「壮絶な譲り合い」を展開しております。


これで29日以降、ソフトバンクはオリックスとの一試合を残すのみ、
我が方は、それに加え、楽天と4試合の計5試合残しています。

さて、明日以降の日程でオリックスの「優勝への道」を考えてみると、
29・30日とオリックスはコボスタ宮城で楽天戦。
明日は楽天が松井、オリックスは西が先発
これで30日の楽天の則本の先発は確定的
(ここまでは私の先発予想は、本日の日本ハム中村以外は全て正解)
もし2連敗だと、2日のソフトバンク戦に勝っても、
最終的に勝率でおいつかないので「終戦」です。
1敗1引分けだと、ソフトバンク戦を含め残り3連勝で最終戦で優勝できます。
1勝1敗だと、2日のソフトバンク戦に負ければ「終戦」で、
ソフトバンクに勝って、最後の2試合を1勝1引分けで優勝
2引分けの場合でも同じ。
さらに2連勝したときのみ、ソフトバンク戦に引分けることができて、、
残り2試合を1勝1引分けで優勝です。
つまり、ソフトバンク戦以外で4勝しても、そこで負けてしまえば最終勝率で上回れません。

結論:29・30日の楽天戦はひとつは負けられる
そのかわり、ソフトバンク戦は必ず勝たねばならない。

これにより、仮に明日(29日)に負ければ、
30日は中5日で金子でいくしかありません。
もし、29日に勝てば、金子は満を持して、2日のソフトバンク戦での登板でしょう。

(9/29補記)
よく考えて見れば、29日の勝敗が決まったあとで、30日の先発を修正することはできません。
ということなので、楽天戦2つとも勝つ(あるいは絶対1つ獲る)ことと、
ソフトバンク戦後の楽天戦の2つのうち、1つ必ず獲るためには、
30日に金子を持ってくることを推したいと思います。
(答えは、29日の20時ごろ明らかになります)

そして最後の2試合(楽天戦)は総力戦でいくしかないでしょう。

9月に入って勝利数は8(負け数14)。
そのうち先発投手が勝利投手になっているのが、金子3勝、ディクソン1勝のみ、
片や14敗のうち先発に負けがついたのが、9敗もあります。
(守護神平野の4敗も深刻なのですが)
金子・ディクソン以外のあと2ないし3人の
先発投手が責任回数を投げきることと、
序盤にリードする展開を作ること
両方をきっちりクリアすることが優勝への絶対条件になるでしょう。

森脇監督へ切なるお願い・・・
ノーアウト、もしくは1アウトで1塁(あるいはそれ以外にも)ランナーがいるときに、
ヘルマンに打順がまわってきたら、お願いだから「自由に」打たせないで下さい。
最悪でもバンドか進塁打の指示で、これ以上ダブルプレーを量産させないで下さい。

へるまん

28日現在、併殺数17でパリーグ2位
※1位(18個)の李大浩にソフトバンクファンも頭を痛めているところでしょう


只今フラストレーションと胃痛がMAXです。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

ドカベン逝く

日々の雑感
09 /28 2014
AS20140927000989_comm.jpg
26日、南海~ダイエーで活躍した、
「ドカベン」こと香川伸行さんが、
お亡くなりになりました。
享年52歳
謹んでご冥福をお祈りします。

「ドカベン」香川選手は、
私にとっては、高校野球のヒーローでした。
1979年(昭和54)の春と夏に、
牛島和彦元中日~ロッテ、横浜監督)とバッテリーを組んで、
甲子園に出場しました(春は準優勝)。

G20140927009000950_view.jpg
左:香川、右:牛島。
高校時代の牛島さんの「やんちゃ」ぶりは有名だったそうです。

何故、私にとってヒーローだったかというと、
2人のいた高校が、私にとって地元中の地元
浪商高校だったからです。
(自転車で10分程度で、私立高では一番近いところにありました)

現在、浪商は、大阪体育大浪商として、
茨木市から移転しまいましたが、
私の子供の頃は、大阪の野球の強豪校として、
そして「やんちゃ」な学校として有名でした。
※浪商生が向こうから歩いてきたら、道の端を歩いて目をあわせないようにするが
当時の茨木市の小・中学生の「マナー」でした(表現に若干の誇張があります)


そして香川・牛島時代が浪商の甲子園出場の最後でした。

当時の香川選手と会ったこともあります。
何かの用事で浪商を通る京阪バスに乗ったときに、
浪商の制服を着た生徒が数人乗り込んできて、
その中に香川選手がいました。
そのとき率直に思ったのが「でけぇ」でした。
プロ野球選手になってから、肥満の度合いが進んで、さらに大変なことになりましたが。
高校当時から「まんまる」ででかいけど愛嬌のある雰囲気でした。


anonatsu1.jpg
甲子園では、史上初(当時)3試合連続本塁打を放ち、
これは現在でもタイ記録として残っています。

私が中学2年生のときに高校3年生で、
高校の場所も近所ということで、
身近なヒーローということで、牛島投手ともに、
プロ野球選手になってからもファンでした。

52歳、あまりにも早い逝去が残念でなりません。
安らかにお眠り下さい。


golf5dokaben2.jpg
本家「ドカベン」の作者、水島新司先生のペンによる香川さんです


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

音狂時代(新:世界の音楽)⑩ だれだよPart7(最終回) ピートとロジャーの絆

音狂時代(新:世界の音楽)
09 /26 2014
The_who_face_dances_album.jpg
11thAlbum「Face Dances」(1981)

e8c0ac680e93f4a9fa1f6e65d4c1b1de4e0acebf.jpg
12thAlbum「It's Hard」(1982)

キース・ムーン亡き後、ドラムスに元フェイセズケニー・ジョーンズを迎え、
2枚のアルバムを製作しますが、
ともに評判は芳しいものではなく。
ピート1983年についに解散を決意します。

この2枚、確かにバンドとしてのまとまりもなく、
「かったるい」曲が多く、失敗作というのを認めざるをえません。
明らかにピートの創作意欲が
The Whoというバンドに向かっていないことがわかるアルバムです。

そんな中でも、シングルとして発表された「You Better You Bet」は、
スピード感のあるキーボード(ジョン・ラビット)がいい効果を出していて、
いい感じの仕上がりになっています。



1980年代、ピートはバンドの解散前からソロ作品に力を入れるようになっており、
Emptyglass.jpg Empty Glass (1980)
Allthebestcowboyshavechineseeyes.jpg All the Best Cowboys Have Chinese Eyes (1982)
41F6Y7BVJAL.jpg White City : A Novel (1985)
Theironmanamusical.jpg Iron Man (1989)

80年代には4枚のソロアルバムと、
The Who時代のデモテープ集「Scoop」「Another Scoop」を発表するなど、精力的に活動しました。

これらのソロ作品、私はかなり好きで、
ピート節とでもいいましょうが、
The Who時代から連綿と続くピートのソングライティングスタイルを、
満喫できる作品になっています。

「White City」からのシングルカット曲、「Face to Face」はMVも製作されており、
この時期のピートのソロとしての脂のノリ具合がわかります。



また「Iron Man」はイギリスの童話をミュージカル化した意欲作で、
ピートにとっても久々の「コンセプトアルバム」となりました。
しかも、この作品では、ロジャーとジョンが2作だけですが参加し、
クレジットにも「The Who」の名前が復活しました。
そのうちの一曲「Dig」をどうぞ。



ピートの曲を歌うロジャー、その素晴らしさを改めて確認できた曲でした。
そして1990年代に入ると、再びThe Whoとしての活動を活発化していきます。
ドラムスにビートルズのリンゴ・スターの息子、ザック・スターキーを迎え、
往年のキースのドラミングがバンドに蘇りました。
またサポートメンバーとして、ピートの弟、サイモン・タウンゼントも参加し、
90年代から2000年代初頭にかけて、
かってのパワー溢れるThe Whoの演奏が蘇り、ライブは好評を博しました。

しかし、2002年6月27日に、ジョン・エントウィッスルが、
ライブ・ツアー中のアメリカ・ラスベガスで急死
(コカイン吸引に伴う心臓発作)。
もともと、ジョンの生活苦を救済する目的もあって、再結成されたThe Whoでしたが、
ジョンの死後、2人残されたピートとロジャー・・・
バンド結成以降、ロック史でも有名なほど犬猿の仲であった2人は、
歩み寄りを見せ、ジョン亡きあともライブツアーを続行し、
2人でThe Whoを続けていくことを決心しました。
長年The Whoを見続けたファンからすると、
ピートのロジャーの「歴史的和解」でした。

2004年にロックフェスで、2008年には単独で来日公演を行い、
日本人ファンの前で初めて演奏しました。
(当時まで来日していない「最後の大物」と言われていました)
※ちなみに、私はこのライブ行っていません。その当時は、
力の衰えた2人を生で見ても悲しい思いをするだけだと思ったからです。
しかし、2012年のロンドンオリンピックの閉会式での
全くパワーが衰えていない演奏を見て、死ぬほど後悔しました。

そして2006年には、24年ぶりとなるThe Whoのオリジナルアルバム
「Endless Wire」を発表。
220pxEndlesswirecover.jpg
13th Album 「Endless Wire」(2006)

このアルバムに収められた最後の曲「Tea & Theatre 」は、
ピートとロジャーの2人だけで演奏されます。
ロジャーの円熟しきった歌いっぷりにバンドの長い長い歴史の重みを感じます。



曲が終わって、肩を組む2人。
長い時間を経て、バンドメンバーとして強固な絆を得た喜びに溢れています。


ロジャーは今年(2014年)にイギリスの伝説的ギタリスト、ウィルコ・ジョンソンとタッグを組み、
アルバムを発表
20140412102507151.jpg
これが、素晴らしい出来栄えで、The Whoとしてデビューするための
「販売戦略」として無理やりモッズにさせらたけど、
実は「ロッカー」(モッズと正反対の嗜好を持つ集団)だったロジャー
「先祖がえり」みたいなボーカルが炸裂!
癌で余命いくばくもないウィルコとの奇跡のようなセッションとなっています。



※現在、癌摘出手術を経て、余命とされた期間をを超え、なおも闘病を続けているウィルコ
もし奇跡が起きてカムバックできたら、ロジャーとともに是非来日公演を行って欲しいです。

The Whoの物語の最後にロンドンオリンピックの閉会式での最高の演奏で締めたいところなんですが、
IOCのオフィシャルの映像がyoutubeにあるんですが、転載できません
リンク先を貼っておくので、よい画像・よい音はそちらで見ていただくとして、
ここではTVモニターからの「また撮り」っぽいので我慢して下さい(でもそこそこ音いいです)




オフィシャルバージョンは→こちら

今回でThe Whoの物語は終了
次回からはアメリカに目を転じて、
「偉大なるオリジネイター」と題して5人のミュージシャンを紹介していきたいと思います。


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

マジック「7」点灯!!

田牧(元)校長の道楽
09 /26 2014
20140924yumehenoippo01.jpg

我が教え子金子千尋投手
一昨日(24日)も8回無失点で15勝目
投手三冠(勝利・防御率・奪三振)と沢村賞
もう目の前だ!!

昨日(25日)は、
家に帰ってCSフジのプロ野球ニュースを見て、
不覚にも涙がこぼれてしまいました。
オリックスが勝ち、ソフトバンクが敗れれば、
我が方に優勝マジック「7」が点灯することはわかっていましたし、
残り8試合で「7」と言っても、厳しいことにはかわりがないので、
プロ野球ニュースでゲームのダイジェスト見るまでは、
勝利の喜びには浸りつつも、マジックそのものには冷静でした。

713d17fb.jpg
「ヒガ神」こと比嘉投手が本日も見事な「火消し」

しかし、ダイジェストの中で、
最終回、抑えの平野佳寿投手を祈るように応援する
スタンドの様子が目に入ったとき、
私も同じ気持ちになり、ウルウルしてしまいました。
そういや「マジック」なんて、
1996年以来我がチームに点灯したことはなかったので、
長く辛く耐えてきた日々を思えば当然のことと言えるかも知れません。
(ちなみに、元近鉄ファンで現オリックスファンの場合、
2001年にも優勝しているので、ブルーウェーブ時代
からのオリックス・ファンよりは間隔があいていません)


PN2014092501002066.jpg
「4番ペーニャ」の勝負強さも復活!

さて、残りあと8試合
そのうち7つ勝つと考えると至難の技ですが、
幸いソフトバンクの残り試合が3つ
そのうちオリックスとの直接対決が1つ
です。
今後の日程を見ながら、戦い方を考えてみたいと思います。

140926最終決戦

今日(26日)以外は、私が予想した先発
(上段がオリックスおよびソフトバンク)です。

今日のソフトバンク-楽天戦は打ち合いになってくれれば、
ソフトバンクの敗北の可能性もあります。
しかも先発の中田は楽天との相性は良くないです。
日本ハム戦に先発が予想されるスタンリッジも、
対戦成績が1勝3敗と相性は悪い。
ローテーションを考えると、
スタンリッジよりも力のある投手の先発はないので、
この2試合をソフトバンクが落とす可能性もあります。
(ただし日本ハムの大谷も対ソフトバンクは1勝2敗です)

2敗してくれれば、オリックスのマジックは「5」になります。

そこで、問題の直接対決ですが、
我が方の金子先発はほぼ間違いないと思われます。
最多勝争いを考えると、中5日でまわして登板機会を2回作るという考えもありますが、
(しかもそうすると、その2回が最も相性の良い楽天戦になる)
※今季は5勝0敗、防御率0.92と圧勝です
現在最多勝争いをしている楽天の則本投手との差が僅か一勝ですが、
則本登板機会はあと2回ですので、
最多勝についてはタイでも良しという考えになります。
(というか、その2回が恐らくオリックス戦なので、こちらが勝たねばなりません)
ただ奪三振の差がわずか3なので、
こちらは登板数が多くなる則本投手が獲得する可能性が高いです。

しかし、そのような個人タイトル云々ではなく、
最後の天王山であるソフトバンクとの直接対決ということと、
これまでの森脇監督の戦い方を考えると、
その試合で先発は金子以外は考えられません。
ある意味、この試合を金子に託すためにこの一年間があったと言ってもいいでしょう。

ただ・・・私はここであえて異論を述べます。
金子投手の対ソフトバンクは4勝2敗
その2つの負けがいずれもヤフオクドームです。
さらに、ソフトバンクはエース攝津ではなく
オリックスに(だけ)相性のよい、武田投手を先発させる可能性があります。
(武田投手は今季3勝中2勝がオリックスからで防御率も0.89)
確かに直接対決で勝つのは大切ですが、
どこから勝っても一勝は一勝
もし仮に、直接対決前に、ソフトバンクが楽天・日本ハム戦で2連敗した場合は、
金子を9月30日と10月6日の楽天戦に中5日で登板させて、
そこで2つ獲ることを考えてもいいのかも知れません。
その場合、2日のソフトバンク戦は、かって「ソフトバンクキラー」だった近藤か、
昨年まで相性のよかった西を持ってきてもいいと思います。

このように2パターンの登板予定の準備をするのは大変になるかとは思いますし、
今年の森脇采配で「中5日」がはまったことも少ないので、
ややリスキーかも知れませんが、
ソフトバンクが2連敗し、かつ金子が楽天相手に2勝すれば
ソフトバンク戦に負けても残り5試合を3勝2敗でいけば優勝できます。
(ソフトバンク戦に勝てば1勝4敗で優勝できます)

ソフトバンクの今後2試合の戦いの結果を受けて、
臨機応変な投手起用を考えてもらえたら・・と切に願っています。

ちなみに、26・27日のオリックスは、西武・日本ハムともに、
対戦投手の成績は5分。
東明・牧田ともに1勝1敗、防御率も同じくらい。
ディクソンは日本ハムに4勝1敗と相性がいいですが、
かたや上沢も4勝3敗と今季、オリックス戦の勝ち星が最多です。
正直、この2試合はどちらに転ぶか全くわかりません。
(五分で乗り切ってくれれば上出来だと思いまが、そうするとソフトバンク戦に必ず勝たなくてはなりません)


ともあれ、クライマックスシリーズや日本シリーズなんてどうでもいいので、
ここまできたらリーグ優勝をつかみとって欲しいと祈っています。


オマケ:2001年9月26日近鉄バファローズ、リーグ優勝の瞬間
史上唯一
「2対5からの9回裏代打逆転優勝決定(釣銭無し)満塁ホームラン」



この試合は家でTV中継で見てまして、
オリックスファンの私としてはただ呆然とする他なかったです。
打った北川選手は現在オリックスの2軍打撃コーチ、
打たれた大久保投手はオリックスの球団職員をしています。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

恐るべし水中スポーツ

日々の雑感
09 /25 2014
20121114_vExpWg2Q.jpg

現在、韓国、インチョンで行われているアジア大会。
チケットが売れないだの、選手宿舎が劣悪だの、疑惑の「空調」だの、
いろいろと物議もかもしていますが、日本選手の健闘も目立っているようですね。

先日「各国のメダル獲得数どんなもんだろ?」と公式HPを見ていまして、
ミャンマーに「金メダルが2個」とある・・
「ほーミャンマーが金獲れる競技って何だろう?」と調べてみると
これがセパタクロー(上の写真の競技)。
なるほど、東南アジア発祥の競技。
(それも歴史は古く9世紀ころにはその起源がある)
いわば「お家芸」みたいなもんなんでしょうね。
(ラオスもこの競技で銀と胴を獲得しています)

が、本題はそれではなくて・・

セパタクローについてウィキで調べていると、
下段のリンクに、いろんなチームスポーツが載っています。
世界には実に多彩なチームスポーツがあるわけですが、
その中でひっかかったのが、
やたらと「ビーチ○○」とつくスポーツが多くあることです。

まぁ「ビーチバレー」や「ビーチサッカー」は既に多くの人が知るところですが、
ハンドボールバスケットボールにまで「ビーチ」競技があるとは知りませんでした。

Foto4.jpg
cleveland.jpg
上、ビーチハンド:下、ビーチバスケット

どちらの競技も、砂浜ではボールがバウンドしないから、
ドリブルのやりようがないのに、なんでわざわざビーチ競技にするんでしょうかね?
ネットであがっている競技シーンも見ても、
「パスでボールをまわす」→「突破してシュート」の繰り返しです。
うーむ、楽しいんだろうか・・・
まぁなんでも太陽の下でワイワイやる分には楽しいのかも知れませんね。
どちらかというち、下の動画のような、フリスビー競技(アルティメット)のほうが、
ビーチでやることにより、フィールドよりも思いっきり横っ飛びできるメリットがあって、
ゲームとしてよりエキサイトになるような気もします。





で、さすがにホッケー関係の「ビーチ」モノはなかったのですが、
(それは「宝探し」ゲームみたいになりそうですもんね)
そのかわり、ホッケーはもっとすごいものがありました(しかも2つも)。
まずは「水中ホッケー」・・・文字通り、プールの中でパックを追いかけるゲームです。
underwater hockey
「絵的」にはなかなか優雅っぽくていいですが・・
メジャースポーツになるための条件としての、
実況中継が難しそうですね。
実際のゲームを動画見てみると、こんな感じになります。



何となく、水族館でよく見る「餌に群がるサカナ」みたいですね。

で、今回調べた中でもっともたまげたのが、
「水中アイスホッケー」
水中ホッケーと何が違うかというと、当然のように、「アイス」の部分が違うわけで、
競技会場は概ねこのようになっているようです。
eca86bd9ddb4128ed3002c.jpg
氷のはった池や湖に潜って、ホッケーを行うようです。
なんて無茶するんでしょうか?

で、氷の下を覗いてみるとこんな感じ
underwatericehockey.jpeg
ようは、フツーのアイスホッケーだと、パックは氷上を滑りますが、
水中アイスホッケーの場合、浮いているパックが、氷の下にある状態になります。
そのパックを水中でステックで動かしてゴールを決めるようですね。
ゲームの様子はこんな感じです。



誰が、「やってみよう」と思ったんでしょうかね、
言いだしっぺとその賛同者には賛辞を贈りたいところです。


ちなみに、最初は「なんでもビーチでやればいいってもんじゃないだろー」
という感じで書こうと思っていましたが、
私が甘かったです。
ビーチ競技なんて、まだまだマシなもんです。
それ以上に、「すげぇ」「馬鹿かぁ?」と驚嘆すべき競技は、
むしろ水中にありました


詳しくは日本水中スポーツ連盟公式HPへ


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

ジウン:ソロ曲「見ないで」MV公開

Secret : ジウン、ソロ活動情報
09 /24 2014
tumblr_nce7lcxU3y1rnqu5so1_500.jpg

本日(24日)、
ジウンのソロ曲「見ないで」のMVが公開されました。

早速TSエンターテイメントの画像サイトを覗いてみると、
いきなりびっくりするようなカットが目に飛び込んできました

tumblr_nce7nca5GY1rnqu5so1_500.jpg

ジウンが鎖で拘束されています・・・
他にもメイキング写真がいっぱいアップされていて、
なかなかヘビーな曲であることがイメージできました、
そして、覚悟を決めてMVを見てみると・・



今までK-POPのMVでここまで被虐性の強いMVは見たことないです。
正直、「ここまでやっていいの?」と心配になる出来栄えです。
一回目はMVに目を奪われて、曲そのものがちゃんと耳に入ってきませんでした。

tumblr_nce756DYIq1rnqu5so1_500.jpg

で、改めて、MV見ないで曲だけ聴いてみると
シンプルだけどメロディーの強い曲で、
ジウンのボーカルがぐいぐい迫ってくるような切迫感を持っています。
3分35秒・・・聴いているうちに「え?もう終わりなの」と感じるくらいに、
ジウンの声にひきこまれていきました。

tumblr_nce733hvXC1rnqu5so1_500.jpgtumblr_nce7iiTccZ1rnqu5so1_500.jpg

欲を言えば、あとちょっと「悲壮感」を喚起するために、
「震え」や「泣き」につながるようなドスを効かす部分があってもよかったかなと。
パートごとのアクセントはあって全体の起伏はいいんですが、
パートの中でも強弱があると、
もっと感情豊かな印象が出せたんじゃないかと思います。

MVで論議を巻き起こすような気もしますが、
ジウンの新境地としてヒットすることを期待します。

tumblr_nce6vaelBz1rnqu5so1_500.jpg

最初の1分見たときにまず思ったのが、
「(オレの)ジウンに何すんねん!」・・でした

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

ヨン様(笑) 他一題

日々の雑感
09 /24 2014
話題①
ワイドショー的なTV番組は見ないので、
これがそのようなところでも取り上げられているかどうかはわかりませんが、
ぺ・ヨンジュンさんが「ややこしい」ことに巻き込まれているようですね。

140924④様

ビジネス上のトラブルなんてのは、よくあることでしょうから、
これが「事件」というレベルになるかどうかは、
今後の対応によってかわってくるでしょうが、
今回、このニュースをみて気になったのは、そこではありません。

私が赤でアンダーラインを引きましたが、
呼称がすべて「ヨン様」ってのはどんなもんでしょう?
最初の「ヨン様ことぺ・ヨンジュン(42)が・・・」はまぁいいとして、

ヨン様が大株主だった・・」
ヨン様側の欺瞞行為により・・」
ヨン様を19日に告訴・・」
などなど、

なんか訴えたほうが「畏れ多いこと」しているような雰囲気を醸し出しています。
まぁ、もちろんそんな意図はないでしょうが、
原稿アップする前に、もうちょっとちゃんと文章を推敲して欲しいものです。


話題②
T-ARAのジャパンツアーの件は、
先週「フライデー」にまで掲載されてしまいましたね。
5b907690.jpg

私も読んでみましたが、
いくつかのところで、事実誤認があると思いました。
まずタイトルに「巨大サギで中止へ」とありますが、
まだ「中止」と決まったわけではありません。
(まぁほぼ確定的に中止ですが)
この場合はせめて「中止か?」くらいにすべきでしょう。
さらに言えば、「巨大サギ」かどうかもわかっていません。
詐欺というのは最初から騙す意図があって行うもので、
現段階では主催者が問題発覚後になんのアクションも起こしていないので、
その真意が未だ判明していません。
(もちろん、このままノーアクションで、チケット代金を払った人が
告訴すれば、詐欺罪として立件されるでしょう)

ついでに言うと「韓国の星 T-ARA」って冠のつけかたも意味不明
「宝石」ならば、T-ARAのアルバムタイトルに
ひっかけてあるということで納得できなくもないが、
残念ながらT-ARAは別に韓国の(期待の)星でもなんでもないぞ。

それと現在も「公式サイト」をオープンしている、
J-ROCKについても誤認していまして、
このオフィスは今年の3月にT-ARAの公式ファンクラブを解散しており、
現在は韓国の事務所であるコアコンテンツメディア(CCM)と提携を行っていません。

(まぁそんなとこがまだ「公式」のHP残していることも問題なんですが)
そんわけでで「日本での活動をマネジメントしている・・」は誤り。
現在はCCMの日本担当部署がCCMジャパンとしてマネジメントしているようですが、
こちらは今回の件について一切の公式な発言をしていません
(一番の問題は実はここにあったりします)

さらに「T-ARAファンサイトの話しによると2000人ほどが被害にあっている模様」
書いてありましたが、会場のキャパシティや告知が出てからの動きを考えると、
これだけの人数が既にお金を振り込んでいるかどうかも確証は持てません。
仮にこの人数が実数に近いのであれば、予約金を支払うには十分な金額であり、
「最初から詐欺目的」ということが明白になりますが、
果たしてそんなわかりやすい詐欺ってやりますかね?
いずれにしてもそろそろ警察が動くことになりそうですね。

今回の騒動、もちろんT-ARAのメンバーの預かり知らぬところで起きているわけで、
彼女たちが責められるものではありません。
(もちろん今後何らかのコメントを発信する責任は負っていますが)
T-ARA自体は現在韓国でカムバック活動中ですので、
この火の粉が悪い形で彼女たちに飛び掛らないことを祈って、
活動曲「Sugar Free」をお届けします。




ただし、今回の「コンサート」の東京での会場変更告知を、
CCMの韓国サイトでは(韓国語で)告知を出してしまっており、
このことが果たしてCCMサイドも被害者なのか、それとも共謀になってしまうのか
こちらも今後の対応が気になります。


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

津軽海峡JAZZ景色

足まかせ旅日記
09 /22 2014
学生時代の馬鹿旅ばなしの第3回目

今回紹介するルートはこんな感じです。

140922地図

往路が青色で、大阪から函館
復路が黄色で、函館から松本です。

大学2年目、昭和63年1月5~9日のことでした。

目的はその年に開通する青函トンネルにより廃止が決まっていた、
青函連絡船に乗ることと、ジャズ喫茶として有名な、
岩手県一関市にある「ベイシー」に行くことでした。

高校時代から道楽のひとつに「喫茶店通い」があり、
特に、ジャズやブルース、クラシックなど音にこだわりを持っている店が好きでした。
地元、大阪や当時住んでいた松本はもとより、
旅先でも、「食事を抜いてでも」いい喫茶店を見つけるために、
街中を歩き回っていました。

旅の最初は大阪から三重県の四日市経由で名古屋に向かいました。
四日市に帰省していた友人(信大こまくさ寮での)に会うためでした。
今回も青春18切符利用の旅なので、
四日市に行くにも、2時間ほどで行ける近鉄特急を使わずに、
大阪から奈良、亀山と乗り換えて、関西本線で3時間半ほどかけて行きました。
友人と別れたあと、名古屋に向かい、そこから大垣まで戻り、
恒例の「大垣夜行」に乗り込みました。
20090310070246.jpg
名古屋で待っていてもよかったのですが、
大垣まで戻って始発で乗るほうが確実に座れるからです。

ここまでに何度も利用している大垣夜行で忘れないのが、
静岡駅での深夜の駅弁です。
静岡駅には夜の1時過ぎ(下りは2時過ぎ)に着くのですが、
なんとホームで駅弁を販売していました。
種類は幕の内弁当と「海老寿司」(多分)だけだったのですが、
私のように、夜行列車ではなかなか寝付けない旅人にとってはとても重宝でした。
(駅弁についていた「わさび漬け」がとても美味しかった)

明け方4時過ぎ東京駅に着き、
山手線で上野駅に向かい、
そこから常磐線仙台に向かいました。
途中、平(現在のいわき駅)駅で乗りかえるだけで、
昼12時過ぎ7時間ほどで仙台に到着。

最終の青函連絡船に乗るための乗り継ぎ時間には少し余裕があったので、
この前年に仙台を初めて訪問したときに偶然見つけたジャズ喫茶「カウント」に行きました。

P1020053.jpg仙台かうんと
一番町アーケードを脇にはいったところにあり、
30年近くたった今も営業しています。

この「カウント」はアルテックのスピーカーから
迫力ある音量でジャズを聴かせてくれる店で、
全身でジャズに浸ることができました。

列車の時間が迫っているので、そんなに長居できませんでしたが、
そのサウンドを十分に堪能して、
仙台駅から東北本線をさらに北へ向かいました。

ここで、重大なミスを犯してしまいました。
予定では、仙台から一ノ関行きの列車の乗り、
そこで乗り換えるつもりだったのですが、
その車内で熟睡してしまい、
気がつくと列車はすでに一ノ関駅に到着しており、
折り返しの乗客が乗り込んできていました。
あわててホームに下りましたが、乗り換える予定だった列車はすでに出発した後
「寝過ごし」ならぬ「寝て置いてかれ」をやらかしてしまいました。
一ノ関で予定の列車に乗れなかった場合、その日のうちに青森駅に着くことができず
その後の予定が全部狂ってしまいます。
そこで私は、一ノ関駅の新幹線改札口に大急ぎで行って、
次の新幹線の時間を確認しました。
すると、新幹線に乗れば、(新幹線で)2つ先の北上駅で、
乗り損ねた普通列車に追いつくことがわかりました。
予定外の出費でしたが新幹線の乗車券を買って、
北上駅で、無事普通列車を待ち構えることができました。

盛岡、八戸で乗り換え、青森駅に着いたときには、
深夜11時過ぎでした。
深夜0時過ぎに出航する青函連絡船に乗り換え、
普通船室の桟敷席に陣取りました。
青函
普通船室ならば青春18切符が利用できました。

連絡船の売店で駅弁を買い、遅い夕食をとりました。
青函カード (2)
まだ包装紙を保管してあります

このときに「(青函連絡船が)廃止になる」記念にと、
「乗船名簿用紙」にスタンプを押して持って帰ってきてあったので、
青函カード (1)
この時に乗った船が「羊蹄丸」であったことがわかります。
(それにしても本当にもの持ちのよい私です)

まだ真っ暗な朝4時函館に到着
といっても、函館にいたのは3時間ほど
朝7時の便で再び津軽海峡を渡り青森に戻りました。

函館でやったことはただ一つ
駅隣の朝市に行って名物「朝市ラーメン」を食べることだけでした。
幸いにもその日(7日)が仕事始めだったようで、
市場の中は早朝からたくさんの店が開いていました。
魚市場をひやして(松前漬を買った)から、
ラーメン屋に入り、「朝市ラーメン」を注文しました。
「カニがまるごと入っている」というのは知っていましたが、
fry02asaichimen.jpg
どんぶりから足が出るレベルで入っているとは思いませんでした。
しかも、海老、ホタテ、イカ、コーンなど北海道の幸も満載
(さすがに夕張メロンは入ってなかったですが)
これを早朝に食べるのはかなりキツかったです。
ラーメン食べているというよりは、具材の摂取のほうにエネルギーをとられた感じでした。
それでも完食し、重たい腹を抱えて、再び連絡船に乗り込みました。

青森到着は午前11時過ぎ
そこから来た線とは反対方向の奥羽本線の列車に乗り、
弘前を経て、秋田県の大館駅で降りました。
来た道と同じルートでは芸がないし、
その日の夜に一ノ関に着くのであるなら時間に余裕があるので、
秋田県から岩手県に抜ける花輪線に乗ることにしたわけです。
大館駅で駅弁を購入し、
大館駅弁 (1)
比内地鶏を使った現在でもランキングで上位に入る人気駅弁です


約4時間かけて雪深い八幡平を眺めながら、
好摩で東北本線に入り、盛岡に到着。
そこから2時間で岩手県の最南端、一ノ関駅に着きました。
本日はここでビズネスホテルに泊まり、
念願のジャズ喫茶「ベイシー」を訪問。
一旦、投宿してから、すぐに「ベイシー」に向かいました。
IMG_0340.jpg140922べいしー
当時はインターネットのない時代ですから、
確か駅の公衆電話の電話帳で住所調べて、
案内板で場所確認して自力で探したと記憶しています。

もともと、この店を知ったきっかけは、
当時どっぷりはまって読んでいた椎名誠さんの本の一冊に、
「今この人が好きだ!」という対談集がありまして、
そこで店主の菅原正二さんとの対談が載っていたからです。
(ジャズマニアとして有名なタモリさんも訪れたことがあるお店です)

店に入ってみると、思っていたよりも広く、
壁にJBLスピーカーや真空管アンプなど、
とことん音にこだわったオーディオ機器がずらりと鎮座していました。
100122_181759_27302.jpgbeisi.jpg

椎名さんとの対談でも、
道路の拡幅で店を移転しなければならなかったときに、
もう一度自分の納得のいくサウンドを作りだすのにとても苦労したと、
話していた通り、決して大きな音量ではなかったのですが、
ピンと張り詰めたようなサウンドが店内に静かに響いていました。
その日は、お客さんはほとんどいなかったように記憶しています。
店主の菅原さんとは少しだけ話をさせていただき、
確か「昨日は仙台でカウントに行ったんですよ」みたいなことを話していたように記憶しています。

ジャズ好きな方ならもうお分かりかと思いますが、
仙台の「カウント」と一ノ関の「ベイシー」・・・
二つあわせると、ジャズ界の巨人「カウント・ベイシー」になりますね。
DuncanMillerCountBasie45.jpg
Count Basie(1904-1984)
カウント(伯爵)の称号(ニックネーム)を持ち、デューク(公爵)・エリントンと双璧をなす、
ビックバンド・ジャズのバンドリーダーです。


長い時間、心地よいサウンドに酔いしれ、ホテルに戻りました。

ジャズ喫茶「ベイシー」紹介ページ

これで今回の旅の目的は全て完遂しました。

翌朝、一ノ関駅から普通列車に乗って、
仙台・福島・黒磯と乗り継いで、東京へ戻ってきました。
大館駅弁 (2)
福島駅で買った「かつ煮込み」弁当。
これが残っているので、帰路は東北本線であることがわかります。
※当時も今も「かつ」弁当、あるいは「(チキンや豚の)カツ」が入った弁当は珍しくないですが、
「卵とじ」の「煮かつ」つまり「カツ丼弁当」は駅弁としてはこの福島駅のそれ以外にはお目にかかれません。

(どうやら近年は駅構内での販売からは撤退してしまったようです)
私自身、この駅弁は何としても食べたいと思っていたので、
帰路を福島駅に寄れる東北本線にしたのだと思います。


松本に戻る列車は、新宿発23時55分発上諏訪行き夜行
kamisuwa.jpg
(この列車にもほんとうにお世話になりました)
夜行というには距離が短過ぎるので、
大月で40分程度、甲府では一時間以上も停車していました。
(1980年代までは松本を経て長野まで運転されていました)
停車中に甲府で駅前のコンビニに買い物にいったこともあります。

乗車までにはかなり時間があったので、
当時、西武新宿駅近くにあったジャズ喫茶でしばらく時間を潰していたように記憶しています。
(もしかしたら渋谷道玄坂のジャズ喫茶「音楽館」まで足を伸ばしていたかも)

オマケ:折角ですのでカウント・ベイシーの演奏をひとつ
ベイシーズ・オーケストラ&豪華ゲストによる「Dickie's Dream」





1957年のアメリカのCBS作成の「Sound of Jazz」という番組での演奏ですが、
ジャズ好きな人なら、どんだけすごいメンツかわかると思います。
この場面では歌っていないけど、レディ(ビリーホリデイ)まで映っていますもんね。



追記
今回、この稿を書くにあたり、全国のジャズ喫茶を紹介するHPを見つけました。
そこでショックな記事がひとつ。
高校時代、そして浪人時代、さらには長野住むようになってからも、
帰省の度に通っていた、地元大阪府茨木市の阪急茨木市駅前にあった、
ジャズ喫茶「コル」
私の青春と言っても過言ではない店でした。
数年前に閉店していたのは知っていましたが、
マスターが2007年にお亡くなりになっていました。
マスターの名前は関義晴さんと言いまして、
上田市室賀の出身で、
大学も私と同じ信州大教育学部(ただし登山に没頭し中退)。
高校時代から長野のことなどたくさん話をしていただいて、
私の中では最初に親しくなった「大人」の人だったように思います。
ある時、店に顔を出すと、
「おい、田牧くん、今から時間あるか?」と言われ、
深夜に車に乗せられてついていったら、
早朝の日本海でサザエ獲りにつきあわせられたりと、
店の内外で楽しい時間を一緒に過ごさせてもらいました。
そういえば、甲子園の売り子のバイトをしていたときは、
閉店間際に立ち寄って、バイトの残り物のサンドイッチと交換で、
珈琲をタダで飲ませてもらっていたっけ・・。


Col_01.jpgCol_02.jpg
四六時中この店でジャズ聴いて、本を読んでいたのが20歳前の私です。


遅まきながらマスターの訃報に接し、
せつない気持ちになってしまいました。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

ソナ「バラ色の恋人たち」撮影開始

ソナ主演ドラマ「バラ色の恋人たち」
09 /20 2014
tumblr_nc1o7szpsK1rnqu5so1_1280.jpg
17日に行われた「仁川韓流観光コンサート」
でのソナのショット・・細過ぎて心配になります。


製作発表の記者会見のニュースや動画があがってから、
記事をアップしようと思っていましたが、
そのような気配がないままに、撮影のほうは始まっているようなので、
先にアップしてしまいます。
10月初旬から韓国MBCで放映される、
ソナ初の「主演」作品「バラ色の恋人たち」の撮影が始まっています。

tumblr_nc1hhgeRKa1rnqu5so1_1280.png
tumblr_nc1hduRrWW1rnqu5so1_1280.jpg

出演者による台本読み合わせの様子

tumblr_nc3ncoaRaZ1rnqu5so1_1280.jpg
tumblr_nc3nfxAh4i1rnqu5so1_1280.jpg

江南エリア「高速バスターミナル」(多分)でのロケ

さて、このドラマの記事が最初にでたときは、
「ソナ単独主役」ということで、とても喜んでいたんですが、
どうも単独の主役というよりは、メインキャストのうちの一人という位置づけになりそうです。
まぁ恋愛ドラマですので、男女カップルで主役というのが韓国のパターンですし、
男性主役イ・ジャンウと同じ扱いであるなら文句のないところです。

この「バラ色の恋人たち」は丁度韓国に旅行に行っているタイミング見れるかな・・と思ったのですが、
週末ドラマで放映が土日の夜なので、ギリギリアウトでした・・・残念。

140920 neko

ヒョソンが出演中のドラマ「猫はいる」(韓国では75話まですすみました)は、
9月30日より、日本でもスカパーのKBSワールドで放送開始です。
私はKBSワールドは契約していないので見れないのですが、
20日(土)の昼12時からBS241ch「スカパーエンタ」で
第一話のみ無料で見れるので、
とりあえず、それだけでも見ようと思っています。


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

9/24☆ジウン、ソロ曲発表

Secret : ジウン、ソロ活動情報
09 /20 2014
tumblr_n8bv7g5Ykl1rnqu5so1_1280.jpg

先日「I'm in Love」での活動を終えたばかりのシクリですが、

来週、24日ジウンソロ曲が発表されます。

140919ジウンソロ

今回の新曲がミニ・アルバムの形態なのか、
ダウンロード音源のみになるのかは発表されていませんが、
発売までの期間を考えると、DL音源のみの発売になりそうですね。

記事の表題を見るとなにやら難しいテーマを扱った歌になりそうですが、
これまで(OSTを除く)ジウンのソロは、
曲調も少し重めのものが続いたので、
どちらかといえば爽やかなイメージのソロを望んでいたんですが、
そうですか、またダークな雰囲気ですか。

参考までに以前にアップしなかった「Going Crazy」(2011年発表)を聴いてもらいましょう。
(昨年のスタジオライブバージョンです)

昨年の「希望拷問」(歌ってみてわかったのですが)結構難しい曲で、
それをきっちり歌いこなすのがジウンの実力ですが、
今回、さらに難解なテーマの曲をどのように表情豊かに歌い上げるか、
来週の発表が楽しみです。

それにしても、予想より早い展開で驚きました。
前にも書いたとおり、10~11月にはジウンのソロ、
あるいはヒョソンとジウンのソロの両方が発表されるだろうと思っていました

上手くいけば、私が渡韓しているタイミングで、
発売のイベントに出くわすかも・・という期待も抱いていたんですが、よもやこんなに早くとは・・。
それでも10月にまだ「何かある」ことを期待せずにはいられない私です。

オマケ

先日、10月4日のファンミーティングのチケットが届きました。
昼の部だけの申込だったんですが、
ファンクラブ先行予約で良席を期待していたのですが、
抽選の結果がこれです・・・
12061102.jpg

「J列15番」

まぁ「15番」については、やや中央よりの席だと思うので良しとして、
「J列」って・・・前から10番目・・・FC先行でこれってのが、かなり悲しい。
前回もFC先行なのに、まわりが一般チケットで、先行のメリットが全然なかったんですが、
今回は、果たして「FC先行での販売数が多かった」からなのか、
またしても「私のクジ運」がなかったのか、当日の同じJ列の人に確認してみようと思います。

まぁ、ファンミですので、お客参加企画でステージあげてもらえれば何も不満ないですけどね。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

音狂時代(新:世界の音楽)⑨ だれだよPart6 キース逝く

音狂時代(新:世界の音楽)
09 /19 2014
51zpT1PX2L.jpg
9thAlbum「The Who By Numbers」(1975)

1975年はケン・ラッセル監督による映画「Tommy」が封切られ、
好調なセールスを上げる中、
ピートはマネジメントの混乱もあり、精神的にはかなり参っている状態でした。
そんな中で書かれた、このアルバムに収められた曲は、
ピートの感情を反映したどちらかといえば「テンションの低い」ものになりました。
とはいえ、それらの楽曲をハイレベルのロックナンバーに仕上げるのが
The WhoのThe Whoたる所以で、
四曲目「DREAMING FROM THE WAIST」なんかは、
The Whoの中でも特に上質の部類に入る、
各メンバーの演奏のシャープさと、ロジャーの感情豊かなボーカルが聴ける一曲です。


ただし五曲目「IMAGINE A MAN」
7~9曲目の「THEY ARE ALL IN LOVE」
「BLUE RED AND GLAY」「HOW MANY FRIENDS」
The Whoの中でも珍しいくらい穏やかな曲調で、
ピートのとても内省的でネガティブな感情が歌詞に反映されています。

そんなこんなで、このアルバム、世間的には決して評価の高くないアルバムなんですが、
私としては、この鬱々とした雰囲気がとても好きで、
The Whoの中でも好きな曲が並んでいるアルバムです。
一曲一曲が丁寧に作られているということにもよるんでしょうが、
ピートの多重人格的な部分のうち、弱いところが曝け出されていて、
その部分にシンパシーを感じることができるんだと思います。
また、そんなピートの感情の反映した曲を、ロジャーがきっちりと歌いこなせている・・
というよりはロジャーの歌声がそれを詩情豊かなものにしていると言えます。
ピートが自らボーカルをとっている曲も2曲あり、それも好きなんですが、
このアルバムでもロジャーのボーカルは囁く様に、語り掛ける様に、叫ぶ様にと、
まさに自在に声を操り、ピートの曲をより素晴らしいものにしています。
そのことが最もよく現れているのが「They Are All In Love」です。



7176066945_4213b976af_b.jpg
10thAlbum「Who Are You」(1978)

ここまでのThe Whoのキャリアの中で、前作から最も間隔のあいた、
3年という月日を経て発表された「Who Are You」は、キース・ムーン在籍の、
オリジナル・フーによる最後のアルバムとなりました。
キースは本作発表の2週間後の1978年9月7日の自宅で死んでいるところを発見されました。
アルコール依存を治す薬の大量服用によるショック死でした。

m_KeithMoon02.jpg

デビュー当時から破天荒な性格そのままに突っ走ってきたキースでしたが、
70年代になってから、その奇行はエスカレートしていきました。
これは私の推論ですが、キースはもともと「まわりにイメージされている自分」を過剰に意識し、
その期待に応えることにとらわれてしまっていたのではないかと思います。
ロック・スターそして「キース・ムーン」としてパブリック・イメージに応えるためのハチャメチャな行動、
そしてそれと自分とのバランスをとるための大量のアルコールとドラッグ、
これらはThe Whoが1975年からライブ活動を休止した結果、
もうどうにもならないところまで加速していきました。

キースの死の場面はピートの自伝では、このように綴られています。
「そのころのキースは医者を煙に巻いて言いくるめ、できるだけたくさんの薬を手に入れようとしていた。なかでも欲しがっていたのは、アルコール中毒の禁断症状を抑える薬だ。しかし少なくとも、シラフでいようと努力は続けている様子だった。やつはほとんど毎晩、それもたいてい真夜中すぎに電話をかけてきて、愛してるぜと私に言った。
 1978年9月、ロジャーから私のスタジオに電話が入った。内容は簡潔だった。
 “あいつ、やっちまったよ” (中略)
通常の意味での悲しみなんて、感じられなかった。だから違うやりかたで喪失感と戦わなければならなかった。それを否認行動と呼ぶこともできるだろう。キースはみんなに迷惑をかけつづけたけれど、いつだって楽しいやつだった。そんな男がいなくなってしまった。広々としたシェパートンの会議室にいると、絶対かわりのきかない何かが欠けてしまったような気持ちになった・・・」


そんなキースの最末期の映像のひとつが、このアルバムのタイトルチューンである、
「Who Are You」のレコーディング風景です。



キースのドラミングが本調子でないのは見てもわかります。
しかし、スタジオで楽しそうにバックコーラスの録音をしている風景を見ていると、
早すぎるキースの死がもったいなくてなりません。

今となってはこのアルバムジャケットでキースが座っている椅子に、
「Not To Be Taken Away」(持ち出し禁止)の文字が、
「キースを(天国に)連れて行かないでくれ」という願いにように思えてしまいます。
(実際にはただの偶然なんですけどね)


キースの不調と台頭してきたパンクロックへのピートの焦り、強がりがこのアルバムには反映されていて、
ドラム不在の曲「Music Must Change」や装飾過剰な曲「New Song」「905」「Sister Disco」など、
ファンからも評論家からも芳しい評価は得られませんでした。
しかし、このアルバムでのロジャーのボーカルはほんとうに素晴らしく、
長い道のりを経て、円熟の域に達したことを感じさせるものがあります。

私がこのアルバムの中だけでなく、The Whoのキャリアの中でも、
最高傑作であると思っているのが、「Guitar And Pen」です。
キースのドラミングの最後の輝きであり、
ピートの力強い決意表明であり、
ジョンのベースのうねりと、ロジャーのボーカルが曲を完成させています。




1978年をもって、オリジナルのThe Whoの活動は終わりを迎えます。
その後、ドラムスに元フェイセズのケニー・ジョーンズをむかえ、
2枚のアルバムを発表しますが、1982年にThe Whoは一旦解散します。
そして、その後は復活と活動停止を繰り返しながら、
2014年現在まで活動は断続的に行われています。
もちろんピートの創作力は衰えることなく、
ソロ作を含め、その後も素晴らしい作品を発表していますし、
ロジャーのボーカルは今でも味わいのある素晴らしいものです。
そして、ジョンは好き放題に人生をおくり、2002年に他界しました。
残念ながら、キース在籍時を凌駕する作品を生み出すにはいたっていない、
The Whoですが、意義のある活動は続いていますので、
次回、最終回として、まとめておきたいと思います。



携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

お国柄とでも申しましょうか・・

日々の雑感
09 /17 2014
140917korea.jpg

今、韓国で大ヒットしているのが、
文禄・慶長の役での韓国水軍の将「李舜臣」を描いた映画「鳴梁」
1700万人以上の動員ということで、韓国映画の歴代最高記録を塗り替えているようです。

まぁ、朝鮮史最大のヒーローの一人、李舜臣の華々しい活躍の、
見方によっては「国威発揚」映画ですので、大ヒットもさもありなんという感じです。
内容についてはとやかく言いません。
韓国の人たちのカタルシスの前に、史実云々というのは野暮な話です。
(我々日本人が戦後の復興期に街頭テレビでアメリカのレスラーを倒す力道山に喝采をおくったのは同じ心理でしょう)
所詮は娯楽として多くの人が壮大な歴史絵巻を楽しんでいればいいんじゃないでしょうか。
※ただし、この映画を史実として他国にまで押し付けるならばご勘弁ですが・・

それよりも興味深かったのが、この記事にある出来事です。
映画の中で「根性なしの裏切り」武将として描かれたぺ・ソルという人物の、
子孫の方が、「うちの先祖を侮辱して、私たちを傷つけた」
「死者の名誉毀損」で刑事告訴を準備しているとのことです。

まぁ族譜がしっかり残っていて、家系が何代でも遡れる韓国ならではってことなんでしょうが・・
日本ではまず考えられない訴訟沙汰ではないかと思います。

これを日本におきかえて考えると、
大河ドラマなんかで、お公家さんとかが、
かなり底意地の悪い悪役として描かれることがありますが、
その子孫がNHK相手に「歪曲された」、
「子孫の人格権の侵害を受けた」と訴えるようなもんです。

※お公家さんの家系だとわりと今の子孫もはっきりしています。

あるいは室町幕府の最後の将軍、足利義昭なんかの場合、
ほぼ必ず「へっぽこ」キャラで描かれていますので、
「幾度にも渡って侮辱を受けた」
足利家の現当主(これも傍流ですが現存します)が訴えるということになります。

140917hukikoshi.jpg
今回の「軍師官兵衛」での吹越満さんの「へっぽこ将軍」ぶりも見事です。

忠臣蔵の吉良上野介の子孫なんか、それこそ江戸時代の「仮名手本忠臣蔵」以来、
200余年に渡って侮辱されてきたことになります。

このように日本の事例を並べるだけでもそのナンセンスっぷりはわかりますね。

作品なんてものは、史実をどうなぞろうが、
登場人物に一定の役割を与えないことにはお話を成立させられないのは、
論を待つまでもありません。
そもそも史実も創作もいずれも物事に対しての「解釈」です。
その「解釈」が現実世界に影響を与えているというのであるならば、
それは受け手の「現実世界」がフィクションあるいは「他者の解釈」を
許容するだけの成熟に達していないということではないでしょうか?

まぁさすが今回の件については韓国においても
「冷ややかな」対応で終わることを望みたいところです。


ただ、このような問題が出てくるのも、
ある意味「お国柄」なのかなぁとは感じています。

韓国の場合、大事なのは「こうあった事実」よりも
「こうあるべき事実」のほうが優先されるというのをある本で読みました。
「竹島(独島)は韓国領である」「日本海は東海であるべきだ」
「日韓併合は民族の発展を阻害した」
などなど、枚挙のいとまがないほどに出てきますが、
仮にそれに反する事実があったとしても、「あるべき」が先にたつので、
客観的で冷静な判断に至らないことが多くあるようです。
※これが我が方の「嫌韓」論者にも同じことがあてはまります。
ようは「偏狭なナショナリズム」の弊害です。


この論法を適用すると、今回のことのように
「過去のことであっても許せない」ということになるんでしょうね。



余談:日本で少し似たエピソードとして、
豊臣秀吉の譜代家臣であった蜂須賀小六(正勝)は「盗賊あがり」というのが、
俗説とはいえ、「太閤記」などのより古くから知られているわけですが、
明治時代に当時の蜂須賀家当主の蜂須賀茂韶が華族に列せられ、
宮中に参内したときに、応接間で紙巻煙草を一本拝借したところを、
明治天皇が気づき「蜂須賀、先祖は争えんのう」とユーモアを持って突っ込んだそうです。
このことに蜂須賀茂韶は(程度はわからいけど)傷つき、
歴史学者に依頼して、蜂須賀家の先祖が盗賊ではないことを証明してもらったそうです。
(実際には美濃・尾張国境の国人衆で、戦のどさくさで野伏稼ぎくらいはしていたでしょうね)

人はどのような血統に属していようが、
そこに至る累々たる歴史の中で、
善行も悪行もまぜこぜになりながら、
そのときそのときを懸命に生きてきたからこそ、
今の私たちがこうやってあるのだと思います。
同じ歴史を学ぶのなら、
そのような「暖かい眼差し」を持てるようになりたいものです。
(もちろん時には厳しい反省の眼差しも必要ですが)

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

敬老の日ということで・・

日々の雑感
09 /16 2014
仕事帰りに、いつもの「マツヤ三輪店」で買い物して、
レジ後、袋に食料品詰めていると、

今日は「敬老の日」ということで、
子供が描いた「おじいちゃん・おばあちゃん」の
絵がズラリと貼ってあるわけですよ。


b60100c2832f0b31b8d1c714c73ce58a.jpg

で、いくつか見てたわけですが、
子供らしく、絵に「じいじ」とか「ばあば」とか書いてあったり、
中には「50年前のひいじいちゃん」みたいな凝った設定の絵もありました。

その中でひときわ目をひいたのが、
絵はたいしたことはなかったのですが、
「おばあちゃん」とか「ばあば」と書くところを

「おばあ様」

書いていた絵があったことです。

いやーお育ちがいいのか、
はたまた親が見栄はって「そう書け」と言ったのか、
子供らしい絵が並ぶなかで「おばあ様」は存在感ありました。

てなわけで、敬老の日にちなんで、
「大きな古時計」、ブルーグラスギターの名手、ドク・ワトソンのバージョンで


いつ聞いても気持ちのいいギターの音色です。

もう一つ、とんでもない人のバージョン見つけたので貼っておきます。
「ソウルの神様」サム・クックの素晴らしい歌声で



この人が歌うとどんな曲でもキラキラと輝いて聞こえます。

今度、色んな人が歌う「誰でも知っている」曲の特集もやってみたくなりました。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

I'm In Love活動終了へ

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
09 /15 2014
tumblr_nbqerdZCsw1rnqu5so1_1280.jpg

約一ヶ月に渡って、各音楽番組などに出演してきた、
「I'm In Love」でのシクリの活動が終わります。

9月11日は、「M Countdown」でのラストステージ



この後、各音楽番組でも順次「グッバイステージ」となる予定です。
残念ながら1位とはなりませんでしたが、
また次の活動曲でもめげずにチャレンジして欲しいと思います。


そして、昨日(14日)は、
SBS人気歌謡(イキガヨ)のイベント(だと思う)で、
ミニ・ファンミーティングが開かれたようです。

tumblr_nbw9huZgHK1rnqu5so1_1280.jpg



よーするに撮影会ということみたいですが、
来月ソウルに行くときに、このようなイベントに出くわしたいところです。

tumblr_nbw6zvsskr1rnqu5so1_1280.jpgtumblr_nbw73nZyax1rnqu5so1_1280.jpg
tumblr_nbw74gfNVY1rnqu5so1_1280.jpgtumblr_nbw7m7wgtI1rnqu5so1_1280.jpg

前にも言いましたが、日本でも撮影会やって欲しいですね。

ヒョソンもドラマ「猫はいる」の撮影がそろそろクランクアップになるだろうし、
新しいドラマの撮影が始まるソナ以外は、しばしの休暇となるのかな?
ゆっくり休んでいただいて、10月4日の東京でのファンミーティング
元気な姿に会いたいと思います。

おまけジウンのおもしろツィート

140915JiEUn
140915ジウン

tumblr_nboa0qAsjb1rnqu5so1_1280 (1)
「登山者」ジウンもまた可愛い


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

卒業生訪問

日々の雑感
09 /15 2014
CIMG1965.jpg

今年、高崎経済大に進学した、
知野航也くん(長野西卒)が、
教室を訪れてくれました。

実は先日も一度教室に顔を出してくれいたのですが、
タイミングが悪く、
彼が来たときは、私も授業の入っていて、
受付はもぬけの殻・・
お土産だけ置いて引き上げました

で、今回は私がいる時間をしっかり確認しての再訪。
大学での生活の様子を色々話してくれました。

サークルは法律研究会といって、
将来の公務員試験などを目指して
切磋琢磨する仲間が集まるところに入ったそうです。

前期は単位の取りこぼしもなく順調なスタートを切ったそうで、
充実した学生生活を送っているようでした。

最後の最後まで苦労して合格を勝ち得た知野くんのことです。
4年後の夢に向けてこれからもがんばってくれることでしょう。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

悲憤2題:続報

日々の雑感
09 /13 2014
140913リセ

先日お伝えしました、K-POPグループ、「LADIES' CODE」の、
自動車事故ですが、
重体で意識が戻らなかったリセさんが、7日にお亡くなりになりました。
まだ23歳という若さでした。

メンバー5人のうち、2人が死亡という、
とても悲しい事態になってしまいました。


リセさんは福島県生まれの在日4世で、
成蹊大学在学中に「ミスコリア日本」に選出され、
単身韓国に渡り活動していたということです。

謹んでご冥福をお祈りします

また、このような悲しい出来事が2度と起きないように、
韓国の芸能事務所の関係者の方にお願いしたい・・・

と思っていた矢先に、また自動車事故のニュースが飛び込んできました。

140913VI.jpg

大物グループ「ビックバン」のV.I(スンリ)が、自ら運転する車で、
他の車と追突し、横転しました。
V.Iも追突された車の搭乗者も幸い軽傷で済んだようですが、
この事故を偶然撮影していた車載カメラでの様子を見ると、
かなりの速度を出しての事故であったことがわかります。



このグループは以前に他のメンバーが交通事故にあったり、
死者が発生する交通事故に巻き込まれています。

そのような経緯や、LADIES' CODEの事故があったばかりの状況において、
自らの不注意により事故を起こしてしまうのは、
事務所の管理や本人の意識の欠如があると言われても仕方がないと思います。
本当に幸いに大事故ではなかったですが、
一歩間違えばV.I本人のみならず巻き込まれた人も含め
取り返しのつかないことになるところでした


safe_image.jpg

そして、もう一つの件、
T-ARAの日本ツアーの問題ですが、
こちらは解決どころか、混迷の度を深めています。

まず日本の開催事務所が、
東京ドームシティでの公演を、
パシフィコ横浜のホールに変更するとともに日程の変更を告知しました。
それにあわせて、韓国でのT-ARAの所属事務所である、
コア・コンテンツメディアも自社のホームページで、その旨を(韓国語で)告知しました。

しかし、その翌日、
「他の会場については予定通り開催します」と告知されていた、
福岡と大阪のそれぞれの会場のホームページで、
「そのような開催の予定はないので、問い合わせには応じかねます」と掲載し、
福岡と大阪でも会場がおさえられていないことが判明しました。


そして10日には、「変更先」であったパシフィコ横浜のホームページにも、
「開催の予定はありません」の告知がだされました。


開催事務所のホームページは、
9月5日の東京での会場変更を告知してから更新されておらず、
(予定)会場の告知に対しては沈黙したままです。

前回はズサンと書きましたが、これはもヒサンのレベルですね。
間違いなく、先行予約で集めたお金を予約金に使おうとしたのでしょう。
しかし、このようなかたちで実際の開催が危ぶまれるようになると、
「よし、私たちが予約したらコンサートが開催できるんだな」
と前向きになることはないと思います。
特にこの開催事務所はかってのコンサートキャンセルの
返金を未だしていないのですから尚更です。


よほどの事態の変化がない限り、
前金が集まらずコンサートの開催は中止になるのではないでしょうか?

こちらはこちらで、こんな杜撰な運営するところが
日本でのビジネスに関わって欲しくないものだと思いました。


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

音狂時代(新:世界の音楽)⑧だれだよPart5 ピートの集大成的作品

音狂時代(新:世界の音楽)
09 /12 2014
The WHo Q
6thAlbum 「Quadrophenia」(1973)

ピート・タウンゼント「Tommy」成功「ライフハウス」挫折を経て、
再びコンセプト・アルバムにチャレンジしたのが、
この邦題「四重人格」です。

まず、このアルバムに収められた最高の一曲から聞きましょう。
「四重人格」の4つテーマ曲が波の彼方から聞こえてくる、
「I Am the Sea」に続いて、ギターのソロと見まがう
ジョンのベースのイントロが強烈な、「Real Me」からどうぞ



この曲はとにかくジョンのベースです。
リード・ベースの言わしめたその存在感が際立っています。

では作品の解説を・・・
Quadrophenia_(soundtrack).jpg

主人公は、モッズの青年「ジミー」
舞台は1965年のロンドン
The Whoがデビューした年でもあり、
モッズ・ムーブメントが隆盛から衰退へと向かう時期でもありました。
ピートは自分の内面の多面性、
そしてバンドの他のメンバーのパーソナルを、
楽曲で表現し、ジミーという青年の中に宿らせました。

モッズとは1960年代のイギリスの労働者階級の青少年のいわゆる「不良」のスタイルの一つ、
ファッションと音楽にこだわり徒党を組んでバイクで街を走ったり、クラブに出入りしていました。
QuadM6Who.jpg
こうやってスクーターにド派手なデコレーションをするのがスタイルだったそうです。
このアルバムでは、イギリス南部の海岸、ブライトンで起こった、
モッズとロッカーズ(別種の不良さんたち)の大乱闘という、「史実」も織り込まれていまして、
そのときのニュース朗読も取り入れらています。
rockfight_1803818c.jpg


青年期の不安や焦燥、他者への憧憬や懐疑、そして失望、
自己肥大と自己嫌悪、相反する様々な心理ファクターに、
ジミーが苦しみ、もがき続け、逃避の先に、
絶望の淵から、「大きな愛」に救いを見出す・・


ありゃ、改めて考えたらオチは「Tommy」と大差ないぞ

そう、私が高校生当時にこれを聞いたときも、
最後の最後の締めが「愛の支配」だったことに納得いかず、
そこに消化不良を感じた作品でした。
とはいえ、「Tommy」のときのように、
ストーリーに楽曲を従わせるのではなく、
むしろ一曲一曲が独立していながら、
ストーリーをクライマックスに導いていく強さを持っています。
このアルバムでは4曲の表題曲があり、
それぞれがメンバー4人のパーソナルを表しており、
その人格がジミーに全て宿っており、
その都度にそのいずれかが表出し、ジミーの行動を支配します。
(とはいえ、キースの人格の曲である「Bell Boy」はモッズの憧れの先輩に反映されていると思うのだが)

1979年には映画(邦題「さらば青春の光」)化され、
モッズの「群れている」ところや、ラストのブライトンの海のシーンは、
映像化されたことでイメージがよりう湧くようになりましたが、
映画としては冗長で不明瞭な印象を持ちました。
20120825quaropheniascreen.jpg

このアルバム、ピートの頭の中にあったものをほぼ余すことなく、
楽曲にし、自身を含めThe Whoのパフォーマンス力により、
演奏することができた作品だと思っています。
その結果、ロジャー、キース、ジョンの演奏もとてつもなく素晴らしいにも関わらず、
ピートの「指揮棒」のもとで演奏している印象が強くて、
ピート以外の3人が、ピートの思惑を突き破っていくようなパワーを感じません
言いかえれば、どの楽曲も、よく出来ているけど、まとまりすぎているという感じです。
もちろん、それがレベルの高いところでのハナシなので
名盤であることは違いないんですが、
昔から通しで聞いていると、つい「流し聞き」になってしまっていることがよくありました。
※これは、この「四重人格」のライブパフォーマンスにおいても同じことが言えます。
上手いんですが、どこか熱気が足りないような印象なのです


タイトルで「ピートの集大成的作品」と書いたのはそういう意味からです。

さて何曲かピックアップしてみましょう。
まずはキースの表題曲「Bell Boy」



キースのボーカルが長めにフィーチャーされているというだけでも価値がある曲です。
(まぁ全然上手くはないんだけどね)

次にジョンの表題を含む「Docter Jimmy」



ロジャーの全盛期がもうすぐそこまで来ているという感じの、
ボーカルの力強さです。短いフレーズの中に色んな音色の声を入れたり、
ロングブレスのシャウトでの太く響く声や、どんどん多彩な技と豊かな表現力を手にしていっています。
そして、キース。ここでも縦横無尽に叩きまくっています。

「Is in My Head」では、曲のアレンジの進化を感じます。



各種の楽器をアレンジに取り込むのは以前からもありますが、
このアルバムではそれが、より大掛かりになり、
かつ違和感なくバンドのサウンドに溶け込んでいます。
ただ、その結果としてライブでやるとスケールダウンしてしまう楽曲が増えたのも事実です。

最後にピートの表題曲であり、アルバムのラストを飾る
「愛の支配」



最後に自分の表題曲で、これだけ大仰なエンディングを持ってくるなんて、
「ピートいいとこどり」という気もしないわけではないですが、
この曲自体は4人の実力が遺憾なく発揮された力強い曲で、
この後のライブの定番曲のひとつになります。
ロジャーとしては「2番目」に素晴らしいシャウトを聞かせてくれています。
(一番は言うまでもなく「無法の世界」でのシャウト)

今回は、このまま翌年に発売されたアルバムも紹介します。
The_who_odds_and_sods.jpg
7thAlbum「ODDS&SODS」(1974)

このアルバムは新作ではなく、
レアテイク集とでも言うべき、過去の作品の未発表音源を中心におさめたものです。
※同時期にシングル曲集のアルバムも発売しています
The Whoとしてのデビュー前であった、
ハイナンバーズ時代の(まるで売れなかった)「I'm the Face」などレアな音源満載です。
その中でも(発表時点で)特筆すべきなのが、
「ライフハウス」の表題曲になる予定だった「Pure And Easy」が初公開されたことです。
この曲は当時(そして今も)ピートの最高傑作のひとつとされており、
「ライフハウス」プロジェクトの息吹を感じさせてくれます。



この曲はピートの初のソロアルバム(1972)にも収録されていて、
曲の編集には少し粗さがありますが、こちらのほうを評価する声もあります。




次回は、キース・ムーン在籍(在世)時最後の2枚のアルバム、
「The Who By Numbers」(1975)と「Who Are You」(1978)をお送りします。


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

「トキめく」新潟に行ってきた(滞在3時間)

足まかせ旅日記
09 /11 2014
本日(11日)は私はお休み、
所用あって久々に新潟市に行ってきました。

来月韓国に行くにあたって、
同行するヨメはビザが必要なので、
韓国領事館に申請に行ったわけですが、

長野県在住で申請する場合、
東京の大使館ではなく、
新潟の領事館が管轄エリアということで、
距離はほぼ同じだけど時間は倍以上かかる
新潟市に行かねばならなくなったわけです。


しかも、申請受付時間が午前11時30分までということで、
長野駅前を朝8時に出る高速バスではギリギリ間に合いそうにないので、
信越線の始発に乗って、直江津で特急「北越」に乗り換えて向かうことになりました。

まぁ、「鉄」としての私としては、これはよい機会です。
というのは、来年3月14日北陸新幹線の金沢延伸で、
(このことの街頭インタビューで私、夕方のニュースに映っていたらしいですね)
信越線の長野~直江津間は第3セクター化され、
妙高高原駅まではしなの鉄道の「北しなの線」に、
そこから新潟側の直江津駅までは
「えちごトキめき鉄道」(このネーミングもどうしたもんだか・・)に分割され、
直通の運転はなくなります。
直江津~新潟間はJRのまま残りますが、
直江津以西、金沢までも第3セクター化されるために、
金沢~新潟間を運行している特急「北越」も廃止される予定です。
(現在、新井~新潟間で運行している快速「くびき」の存続も微妙)

このように北陸新幹線の金沢延伸で大きく変化する前の
信越線を記憶に留めておくよい機会となったわけです。


直江津駅には、
CIMG1946.jpg
直江津(犀潟)~越後湯沢を結ぶ第3セクター「北越急行」の
車両が発車も待っていました。
この路線も、現在は東京と北陸方面の短絡線としての役割を持っていますが、
新幹線延伸後はその役目を終え、特急「はくたか」は廃止されその名称は新幹線に引き継がれます。
その後の経営の維持が懸念されている路線です。


直江津駅は信越本線と北陸本線の乗り入れる駅として、
昔から交通の要路として発展していました、
CIMG1949.jpg
信越本線の起点を示す「ゼロキロポスト」も直江津駅に設けられています。

かっては東京方面から北陸へ、
大阪から新潟・青森へ、
さらには北陸間の輸送と、
頻繁に特急列車が走っていましたが、
北陸新幹線の新駅は
上越市の南方(現在の脇野田駅に隣接したところ)に設置され、
直江津駅は(おそらく)特急など優等列車の停まらない駅になってしまいます。
(現在は駅弁も数種販売されていますが、その存続も厳しいかも)
CIMG1951.jpg
金沢からやってきた特急「北越」に乗車、
直江津から先、柿崎・柏崎・長岡・見附・東三条・加茂・新津と、
新潟の主要な町を停車し、
新潟に向かう乗客が、それぞれの駅で乗り込んできます。

今から10年ほど前に、
当時勤めていた学習塾で、新潟に新教室展開する際の、
「ヘルプ」で週のほとんど新潟市に行っていた時期がありました。
その時以来の訪問だったのですが、
新潟駅が工事中だったのに、まずびっくりしました。
CIMG1952.jpg CIMG1953.jpg

在来線を新幹線の高架ホームと同じ高さのホームに移設し、
駅周辺も高架化し、連続立体交差にする工事がすすんでいました。

これにより、旧ホームの一部が既に解体され、
変わりに一番ホームの先に仮ホーム(一面2線)を作って列車をさばいていました。

今後、在来線の高架化が完成すると、
新幹線と同一ホームで乗換えができるようになり、
かって九州新幹線が全通する前に、新八代駅で行われていた方式が復活することになります。
dse_1119.jpg
九州新幹線が鹿児島中央~新八代の部分開業のころは、
このように同一ホームで新幹線と在来線特急「リレーつばめ」の乗り換えができました。
現在、日本でこの方式を採用している駅はありません。


この工事に伴って駅前(万代口)の様子も大きく変わることなるようです。
CIMG1954.jpg
新潟駅といえば、これ・・という風景でしたが、
このビルも取り壊されることになります。
今や全国の主要駅が高架化され、
このような典型的な「街の顔」の駅スタイルはどんどん姿を消しています。

また駅前広場も整備され、
現在の万代口のバスターミナルも姿を消すことになりそうです。
CIMG1963.jpg CIMG1962.jpg
この新潟駅万代口バスターミナルは、
日本国内では(大規模なものとしては)3つしかない
「スイッチバック式」の停留所です。
(他は草津温泉、東急綱島駅にあります)
歩道に並行にバスが停まるのではなく、
バックして進入するシステムで、独特の風情があったのですが、
30年ほど前に新潟に初めて行ったときにも強く印象に残りました。
この風景が見られなくなってしまうのは寂しいことです。
ちなみに、世界の各国では、この「スイッチバック式」のほうが一般的です。

さて、新潟駅からバスに乗り、
韓国領事館がある、万代島、朱鷺メッセに向かいました。
CIMG1959.jpg
コンベンションホールと、新潟(かつ日本海側で)で最も高い31階建てのビルがあります。
8階にある領事館で手続きを済ませ、
せっかくなので、31階の展望スペース(無料)に行きました。
CIMG1956.jpg CIMG1958.jpg
眼下に日本海が広がり、佐渡島も近くに見えます。
反対側に行くと、信濃川にかかる万代橋も見えます。

新潟市と日本海を一望でき、
特に日本海に沈む夕陽を見るには絶好の場所ですが、
この展望室「施設命名権(ネーミングライツ)」が与えられており、
地元の製菓会社、栗山米菓が落札しています。
その結果、当社の主力商品
20120111_016.jpg
「ばかうけ」をフューチャーした、
「Befcoばかうけ展望室」と名乗っています。

・・・新潟市民はこの名前に反論しなかったんだろうか?
※調べてみると、新潟弁では「ばか」は「すごい」のニュアンスに近く、
「ばかうけ」に違和感を感じなかったのかもしれません


新潟駅に戻り、近辺で軽く昼食(十日町名物「へぎそば」)を食べ、
13時5分発の「北越」で帰路につきました。
CIMG1964.jpg

信越本線とは、もともとは群馬県の高崎から碓氷峠を越え、
長野・直江津・新潟を結ぶ327.1キロの幹線でした。
それが、長野新幹線開通により、
横川~軽井沢が廃止、軽井沢~篠ノ井がしなの鉄道に転換と分断され、
今回の新幹線金沢延伸により、
長野~直江津もその区間ではなくなるわけです。
この結果、高崎~横川、篠ノ井~長野、直江津~新潟という路線になりますが、
もはや、信(州)と越(後)を結んだ路線ではなくります。
特に篠ノ井~長野は、距離も短過ぎますので、
篠ノ井線に吸収して線名も変えていいんじゃないかと思います。

今後、長野以北がしなの鉄道になることで、
現在は長野で運転が分断されている南北の流れが、
例えば、「牟礼~上田」とか直通の列車を設定すれば、
飯綱町や豊野から篠ノ井や屋代に通学したり、
その逆に高専や北部に坂城町、千曲市あたりから通学する利便性があがります。

またその際にJR区間をはさみますが、
しなの鉄道内の距離計算を篠ノ井以南と長野以北を、
通算して計算して、少しでも運賃負担が軽くなるような配慮をしてもらいたいものです。

★今日思ったこと★

新潟県民よ、なんでもかんでも「トキ」つければいいってもんじゃないぞ

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

気がつくとそこは飛騨高山

足まかせ旅日記
09 /10 2014
まだ信州大こまくさ寮に住んでいた頃のことです。
寮の友人(北山ぁ本返せ!)が、
「東京にクルマで帰るんだけど、一人で運転するのは不安だから一緒に来てくれるか」
と頼んできたので、何の躊躇もなく「いいよ」と軽く返事をして、
深夜の国道20号を馬鹿話しながら寝ないで
(そもそも私のお役目は、ドライバーの眠気防止のための「話し相手」)
東京に向かい、夜明け前に東京の「どっか」(覚えていない)で降ろされました。
手元に「青春18切符」が2枚あったので、このまま北へ向かって、
郡山から会津若松、そして新潟へ抜けて、一泊して松本に帰ろう・・・なんてプランをたてて、
上野駅から朝イチの東北本線の普通列車で北へ向かいました。

しかし、実際にそこから2日間で移動したのは、
以下の地図の、青のラインを引い路線と、赤で囲んだ場所でした。

140910TABI.jpg

郡山までは確かに行ってます。
しかし、そっからのルートがまるででたらめです。
どうしてこんなことになってしまったのか・・

朝イチバンの列車に乗ったといっても、
そこは各駅停車・・・
郡山についた頃にはすでにお昼ごろになっていました。
郡山駅在来線ホーム
この駅は東北本線・磐越西線・磐越東線・水郡線が乗り入れている駅なので、
まだ在来線ホームも活気があります。


新潟へ向かうには、磐越西線に乗り換えて、まず会津若松を目指すわけですが、
とりあえずは駅ビルをブラブラしてお買い物。
当時、たいして(というか全く)飲めないくせに、地酒にはまっていまして、
720mlサイズの日本酒を2本購入(お土産①)
そして、ここで今晩泊まるホテルを電話で予約しようとして、
重大な失策に気づきました
「(財布に)お金がほとんどない」
つまり、このまま新潟に行ってもホテル代が払えない
しかもその日は日曜日、
当時は銀行の自動支払機は日曜・祝日は全く使えなかったのです。
つまり、このまま新潟に行ったとしても宿無しになってしまうし、
新潟からはその日のうちに松本まで帰るのは不可能・・

ということで、ここで予定を変更し、
東京に戻り、新宿から上諏訪行きの夜行に乗って戻ろうとしました。


といっても、来た道をただ戻るだけでは芸がない。
「そうだ水戸へ行こう」
郡山からは水郡線という路線が茨城県の水戸まで延びています。
その区間は乗車したこともないし、そもそも茨城県に行ったことがなかったので、
いい機会と思い、水郡線のホームへと向かいました。
水郡線は非電化単線のローカル線(現在もです)、
2両編成の車両は結構混んでいましたが、
郡山を離れるにつれて空席が目立つようになります。
そしてコトコト揺られること4時間弱
夕闇がせまる頃に水戸駅に到着しました。
119070950889816400417.jpg
ちなみに、この旅行をした年が「JR元年」でした。
ここで、本日初めての食事、駅のスタンドでソバを食べました
(当時はびっくりするくらいに空腹に鈍感でした)
imga3b1631fzik5zj.jpeg
水戸駅の名物駅そばはこの「けんちんそば」と「納豆そば」

初めて来た水戸といっても、特に何をするわけでもなく、
駅近辺を少しブラブラして、駅の売店で記念に安い置物みたいな「何か」(お土産②)を買って、
上野へ向かう常磐線の各駅停車に乗りました。
ここから先も初の乗車区間ですが、途中からはすっかり夜になっていたので、
うつらうつらしているうちに2時間ほどで上野に到着。
当時の上諏訪夜行は23時55分に新宿駅を発車、
(確か一時間前くらいからホームには止まっていて、乗車できました)
多分、新宿の街をブラブラして時間を潰していたと思いますが、
そこのところ全く記憶がありません。

新宿駅で上諏訪夜行の到着を待ちながら、
「さて、このまま帰っていいものか・・」と悩んでいました。
一枚目の「青春18切符」は丸一日使ったので元は十分とりました。
しかし、松本に帰るためだけに、次の一枚を使うのはもったいない・・
とはいってもこのまま旅を続けるにはお金がない・・・どうしよう・・
ここで天啓を授かりました
「大垣夜行に乗って高山へゆけ」

そうだ!今から東京駅に行けば、大垣(岐阜)行きの夜行に間に合う、
それで岐阜で乗り換えて、飛騨高山に行けば、
そこの銀行でお金がおろせる、
しかも、富山にでて、糸魚川経由で帰ってくれば、
まる一日乗り続けるから切符も無駄にならない!

大慌てで東京駅に向かいました
大垣行きの夜行は発車直前。
夏休みシーズンでしたので、車内は乗客であふれていました。
すでに通路すらも座る場所がありません。
そこで、そのままデッキ部分に陣取って、夜を徹することにしました。
140910oogaki.jpg
まさにこんな混雑具合でいした。

デッキ部分とはいえ、立ちっぱなしではなく、
座る(といっても通路ですが)ことができたので、
なんとか耐えることはできました。
東京23時28分発で、岐阜に着くのが、翌朝6時46分。
つまり約7時間ずっとデッキで寝ていました
さすがに岐阜駅で下車したときは、疲労困憊でしたが、
僅かな乗り換え時間で、高山本線の普通高山行きに乗車ました。

今でもはっきりと覚えているのが、
前日の汗を吸いまくったタオルとT-シャツを
途中の停車駅が長いところの水道で水洗いして、
列車の網棚のところに干して、窓を全開にして、
飛び込んでくる風で乾かしていたことです。
夏の朝の涼しい風を「洗濯物」だけでなく私も受け、
夜行列車の「地獄」とはうってかわって、とても爽やかな気分になりました。


3時間半ほどで飛騨高山に到着。
ここでやっとこさ銀行でお金をおろして、
経済状況が好転しました。
せっかくなので、江戸時代の街並みを保存しているエリアを散策
140910takayama.jpg
何度行っても、ここは楽しい

さすがにここで、ちゃんとした食事をし(何食べたかは覚えていません)、
懲りずに地酒も一本購入(お土産③)

高山からは富山まで3時間
再び山の中の単線に揺られ、
ついに日本海側まででてきてしまいました。

toyama01_20051023.jpg
今はなき正面改札口。来年の北陸新幹線開通で
新しい富山駅が姿を現します。


富山では名物「ますの寿司」を購入し(お土産④)
北陸本線の普通の乗り、1時間半ほどで糸魚川に到着。
当初の予定地であった新潟県(場所全然違うけど)にたどり着きました。
ここでも(何故か)「笹飴」を買って(お土産⑤)
大糸線に乗り換え、
hqdefault.jpg
大糸線の南小谷までは、当時としても年季のはいった
ディーゼルカーが運転されていました。


一時間後南小谷に着いたころには既に真っ暗。
ここで最後の乗り換え、松本行きの各駅停車に乗り、
夜10時前に松本に帰ってきました。

2日前の深夜に松本を出て、
宿にも泊まらず、食事もほぼとらない
苦行のような一都13県、日本の中心部をぐるっと一周して持ち帰ったのが、
福島・茨城・岐阜・富山・茨城と、
「どこ行ってきたの?」と訝しがられるお土産たちでした。
(しかも酒瓶3本)

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

デング熱と言えば・・

日々の雑感
09 /09 2014
連日、東京近辺でのデング熱の感染が話題になっています。

かって私は、
image1519.gif
に由来がある名前と勘違いしていましたが、
一説にはスペイン語の「dengue」(引きつり・こわばり)が語源と言われていますが、
定かではないようですね。

私にとってデング熱すなわち「デング・フィーバー」と言えば、
お気に入りのバンドのことを指します。
DengueFever_PhotobyMarcWalker.jpeg
2001年からロサンゼルスを中心に活動しているグループで、
カンボジア・ロック再発見の旗振り役となっているバンドです。
(ボーカルの女性チョム・二モルが在米カンボジア人です)

もともとバンドメンバーが、カンボジアを旅行した際に、
カンボジアの国内だけで流通していて、世界に知られることはなかった、
60-70年代のポルポト政権以前のカンボジア・ロックの、
サイケデリックな世界に魅せられて、
そのサウンドの再現を目指したのがバンドの今のカタチを作るきっかけでした。
そして、その旅行で「デング熱」に感染したことから、
バンド名も「デング・フィーバー」となりました。

イギリスの音楽番組「ジュールズ倶楽部」での演奏から、
「Seeing Hands」



この曲はデングのオリジナルですが、カンボジア・ロックの雰囲気をとてもよく醸し出しています。
私自身は、このデング・フィーバー経由でないカタチでカンボジア・ロックを知っていたので、
現代のバンドで、これをオマージュしているバンドがあることに驚きました。
まぁ、私がyoutubeでオリジンのカンボジア・ロックを知ることができたのも、
多分、デングの音楽活動の影響によって再発見が進んだからだと思います。

もちろん、デングはライブやCDでオリジナルのカンボジア・ロックのカバーも多く残しています。
そのうちの一曲「New Year's Eve」



イントロ部分でかなり新しいアレンジしていますが、
オリジナルはこちら、「悲劇の歌姫」ロ・セレイソティアのバージョンです。



キンキンに響くハイトーンボイスと(少し野暮ったい)サイケなサウンドに融合にゾクゾクします
sothea_sepia.jpg

以前にもブログで紹介しましたが、このロ・セレイソティアや、シン・シサモット、パン・ロンなど、
60~70年代初頭のカンボジアの音楽シーンは百花繚乱の様相でした。
彼らは色んなジャンルの音楽に挑戦(日本のカバー曲もあります)し、
その中で当時のアメリカのムーブメントであったサイケデリック・ロック風の、
歪んだサウンドも積極的に取り入れていました。
しかし、ポル・ポトを中心とするクメール・ルージュの共産革命により、
その多くが「退廃的文化」とされ処刑や強制労働によりこの世を去りました
それから何年もたった現代に、再発見され、野心的な音楽として高い評価を受けています。

ロ・セレイソティアでもう1曲、サイケ色が最も濃厚なナンバーで、
「Have You Seen My Love?」




彼女の生涯は2006年にアメリカで25分という短いドラマになっています。
これフルバージョン見たいけど、どこで手に入るのやら・・・





デング熱からここまで飛んでいくのは私くらいかも知れませんが、
「世界の音楽シリーズ」のカンボジアの回はデータが完全に消えているので、
こんなカタチで復刻してみました。


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

先月読んだ本(8月)

先月読んだ本
09 /07 2014
8月はブックオフでコミック「あんどーなつ」全20巻を数回にわけて購入して、
昼食時に読んでいたので、活字で読んだ冊数はたったの2冊

とりあえず「あんどーなつ」の紹介もしておきましょう


あんどーなつ―江戸和菓子職人物語 (1) (ビッグコミックス)あんどーなつ―江戸和菓子職人物語 (1) (ビッグコミックス)
(2006/06/30)
西 ゆうじ、テリー山本 他

商品詳細を見る

 青年誌の連載にしては、とても「まっすぐ」な人物ばかりの、
ピュアな漫画と言えます。浅草の老舗和菓子屋で修行する、
明るくひたむきな「あんどーつ」こと安藤奈津と、
彼女を取り巻く心温かい人たちの物語です。
TVドラマに仕立てやすい内容で、貫地谷しほり主演でドラマにもなりました。
原作者、西ゆうじ氏の逝去により、未完で終わってしまったのが残念な作品です。
(最終巻である20巻のテリー山本さんの絵の乱れっぷりもちょっと残念)
「おかたじけ」「滅法界もなく」など、今の浅草の若い人は(多分)使わないだろう、
古い言い回しを(無理やり)使っているところに
原作者のこだわりを感じた作品でもありました。
作画のテリー山本さんは、
その昔「バウ」という犬を主人公にしたホンワカ漫画で
デビューしたころから知っていますが、
画力(特に人物)はたいして進歩してないような・・・、
まぁクセのない明快な絵なので読みやすいんですけどね。


昆虫はすごい (光文社新書)昆虫はすごい (光文社新書)
(2014/08/07)
丸山 宗利

商品詳細を見る


昆虫先般に関しての、珍しい生態などを紹介した一冊です。
専門的な難しい表現は少ないながらも、科学的な知識もしっかり書かれており、
読みやすくタメになる(何の?)本です。
筆者の専門であるアリの社会生活や寄生ハチの記述が少し多めですが、
それ以外にも擬態や生殖など、
地球上で最も繁栄している種である昆虫の面白さがよくわかり、
昆虫を毛嫌いする人にも読んでもらいたいと思いました。

★★★★★


嘘と絶望の生命科学 (文春新書 986)嘘と絶望の生命科学 (文春新書 986)
(2014/07/18)
榎木 英介

商品詳細を見る


今もっともホットな話題のひとつ「STAP細胞」問題をうけて出版された本です。
かってバイオ関係の大学研究室に在籍していた著者が、
バイオ研究の現場の過酷な状況と、それに伴う問題を論じています。
「研究不正は何故起こるのか」を研究室の在り方、
国の科学技術振興の在り方から考察し、その問題点を指摘しています。
科学技術立国を標榜する日本において、
今後も大学や様々な研究室で研究・開発をすすめる若い人材を育てることは、
とても必要なことで、高校生にとても将来の選択のひとつだと思います。
そこに至る厳しさの部分についてもしっかり知っておくためには必要な一冊です。

★★★★☆

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

やっとCD到着&シクリ近況

シクリ(Secret)「非」公式スポンサーのぺえじ
09 /07 2014
tumblr_nbdm98BNNu1rnqu5so1_1280.jpg

8月11日に(韓国で)発売されたシクリの5thミニアルバム
「Secret Summer」
メンバー4人のサイン入りという「特別仕様」で注文したので、
到着が遅れていましたが、
昨日(6日)にやっと我が家に届きました。

140907 summer secret①

140907 summer secret②

タイプ違いの2種(収録曲は同じ)
それぞれにポスター一枚、フォトカード(大)10枚、フォトカード(小)1枚、
韓国で使えるT-Money(のような)カード一枚
が封入されていて、
毎度おなじみ、本体CDよりオマケが豪華な「韓国仕様」です。

今回、Kissエンターテイメントの取りまとめで発注した分を、
メンバー4人が一枚一枚ジャケットにサインしてくれたわけで、
忙しい中ありがたいことです。
これで4人分全員のサインを手にしたことになりますが、
ソナのサインと同様に、
自分が用意した写真に目の前で書いてもらうチャンスを今後も狙いたいと思います。
(いちおー10月9~11日にオフクロとオバたちのリクエストによりまた韓国に行く予定ですので、
そのときに何かチャンスがないか、シクリのスケジュールに目を光らせます)


さて、「I'm In Love」で活動中のシクリの近況ですが、
140907Sunhwa.jpg

ソナは同じ事務所のB.A.Pのヒムチャンとお食事デート、
近々、ソナ主役のドラマの製作発表があることでしょう。

140907HyoSoung.jpg
ヒョソンはカフェで寛ぐところパチリ
韓国に行ったときにこういう「奇跡の出会い」があればねぇ・・

140907JiEun.jpg
ジウンはマメに自撮りをインスタにアップしてくれいます。
そして私はそれをマメに自分のフォルダに保存しています。

140907hana2 (1)140907hana3.jpg140907hana2 (2)
ハナは雑誌のモデルのお仕事
今までのパブリックな写真の中ではイチバン綺麗に撮れているかも?

この雑誌撮影のメイキングの様子がこちら


バックにある剣道の防具は何のイメージなんだろう?



携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

長野県内に9つ目の大学が来春誕生します

過去記事
09 /06 2014
すでに報道などでご存知の方もいるかと思いますが、
長野市川中島今井の長野医療技術専門学校
(理学療法・作業療法3年制)が、
ttl_idx.jpg

来春から長野保健医療大学(仮称)として開学すべく、
文部科学省に認可申請中です。
(10月末には最終的な認可がおります)

もともと医療リハビリ系は長野県下には大学・専門学校ともに少なく、
信州大医学部の保健学科以外では、ここと、
信州リハビリテーション専門学校(理学療法・塩尻)だけでした。

それだけに専門学校と言えども、県内での就職実績はよく、
「わざわざ」4年制大学にしなくても、東北信エリアでの人気はあったように思いますが、
昨今、リハビリ系(特に理学療法)の人材供給が飽和に近づきつつあり、
より安定した就職を求めるために大卒資格をとっておこうという志向が強まり、
全国的にも専門学校の4年制大学化が進んでいるのが現状です。
長野県内においてもその波がついにやってきたということでしょう。

(ちなみに看護はまだ人手不足が深刻ですから、佐久大に続く4年制大学の誕生はまだないでしょう)
補記:飯田女子短大は看護科は3年制だしなってもよさそうなもんですが、他の2学科を置き去りにできないのと、
長野県看護大がお隣にある兼ね合いもあるのかも知れません


いずれにせよ、今までだと3年分で済んでいた学費が、
あと一年分多くかかる
ということにはなります。

また、大学になるということで、
今までのように早い時期からの公募推薦や
一般入試というものもなくなります。

募集要項でみますと

140906①140906②

まず募集定員に変更はありません(各40名)。
公募推薦の成績要件も評定平均3.3以上で変更なし、
しかし昨年までは小論文と面接だったのが学力試験と面接に変更されています。
一般入試は、昨年までは、12月、1月、2月の3期でしたが、
来年度入試は1・2・3月の3期と一ヶ月後ろにずれます
ただし試験教科は現代文・数学ⅠA・英語と、変更はないようですが、
来年度要項には「3教科または4教科」なっており、
もしかしたら理科が増えるかも知れません
なお来年度入試ではセンター利用入試はしないようです。
また試験時間も昨年までは一教科45分でしたが、
「大学入試」になることを考えると、
最低でも一教科60分以上の試験時間になると思います。

なお各学科定員40名のなかには社会人入試も含まれますので、
大学になることで、他県からも募集が集まり、
今までよりも競争は少し厳しくなるかも知れません。

長野県の4年制の大学の数はこれで9つになります。
全国で比べて見ると、
24位にランクされることになるので、
真ん中あたりということになります。
大都市圏や地方中枢都市を有する県の大学数が多くなるのは当然として、
そうでない県としては平均的な数だと思います。

ちなみに全国で最少の大学数なのは2校の県
島根・鳥取・佐賀です。
(このうち鳥取は、私立看護大が来年度開校予定)
また鳥取に私立大が誕生(正しくは復活)するので、
全国で私立大学がないのは高知と島根だけとなります。
(高知の場合は、高知工科大が私立から公立に転換しため)



携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

悲憤二題

日々の雑感
09 /05 2014
YooHooのニュースなどでも報じられているので、
ご存知の方もいるかと思いますが、
韓国でK-POPアイドルグループが大変な惨事にあってしまいました。

LADIES CODE

LADIES' CODEは昨年デビューしたばかりの、
新進のガールズグループで、
歌唱力の確かな実力あるグループです。
これからの更なる活躍が期待されていただけにとても残念です。

シクリのヒョソンも哀悼の意をツィートしています。
140905ヒョソン
(訳)ご冥福をお祈りいたします。
是非他の方も早く回復することを祈ります。 とても心が痛いですㅠㅠㅠ

前にも言いましたが、シクリのメンバーも2012年12月に、移動中の車がスリップ横転し、
ハナ重傷を負う事故を起こしています。このときも事故もひとつ間違えば、
今回のような惨事になっていたかも知れず、
ヒョソンにとっても、そしてK-POPファンである私としても、ひとごとではないように感じます。

韓国の芸能界では、タイトなスケジュールの中、移動の際などの無謀運転が多く
(そもそもソウル市街などで見る限り、クルマの運転が荒っぽいです)
類似の事故は頻繁に起こっていました。

今回の惨事を大きな教訓として、スケジュール管理のありかたを業界全体で見直し、
2度と未来ある若い命がこのようなことで奪われることないようにしてもらいたいです。


哀悼の意を込めて、彼女たちの歌、「I'm Fine, Thank You」を貼ります。




ウンビのご冥福をお祈りするとともに、
未だ意識不明のリセの回復を心から願います。



そしてもうひとつ、
K-POP絡みでも、こちらは憤るニュースです。

safe_image.jpg

日本でも頻繁に活動している、ガールズグループT-ARA(ティアラ)の、
東京・大阪・福岡でのコンサートツアー告知が9月2日にウェブサイトで公開されました。

TARA 2014 TOUR in JAPAN

告知日にすぐに申込受付開始というのもあまりない話で、訝る声もでていた翌日に、
T-ARAの日本での公式サイト(ただし現在は契約終了)が、異例のコメントを発表しました。

140905TAra.jpg

そして、東京でのコンサート開催の場所だとされる東京ドームシティのサイトにも、
このような「注意喚起」さなされています。

140905domecity.jpg

さらに、K-POP関係のニュースサイトのK-Styleでも、
一旦発表したツアーのニュースを掲載中止にする旨をコメントしています。

これはいったいどういうことなのか?
簡単にいうと、今回のツアーの主催者が、
東京でのライブ会場である東京ドームシティをおさえていないのに、
コンサート告知をして、チケットを売っている
ということです。

コンサート会場を借りるには、通常前受け金として、
会場使用料の一部を先に払わなければなりません。
しかし、コンサート主催者にその準備金がなく(あるいは足りず)、
先行販売での入金をその前受け金にあてて、会場を予約するという腹積もりが、
関係各所が、この告知を見て、
「そんな話は聞いていない」と騒ぎになっているのではないかと推測されます。

これは運営として考えると相当に杜撰な事態です。
今回の運営主体は、以前にも他のグループのイベントで、
その開催の延期をウェブ上で通知したまま、
チケットの返金や延期の具体的な日程について、
「決まり次第告知します」としながらも、その後何の告知も出さなかったり
と、
不誠実な対応により非難されているところだそうです。

今後どのような展開になるかはわかりませんが、
無事に会場がおさえられて、コンサートが予定通りに開かれるならば、
(その段取りの杜撰はともかく)ファンとしては「よかった」と言えるでしょうが、
最悪の予想としては、このような騒ぎになってしまった以上、
ファンもチケットの購入も控えるでしょうし、
前受け金を払えないままコンサート中止ということもありえます。
このような不誠実な対応をする運営会社があると、
K-POP全体への悪印象が広がり、
誠実な対応をしている他の運営会社にも迷惑がかかります。
幸いにもシクリの日本での運営主体であるKISSエンターテイメントは、
このような杜撰さとは無縁ですが、
T-ARAは日本ではそこそこ影響力のあるグループなので、
このような不始末がK-POP離れの一層の加速を促すのではないかと危惧しています。
(もちろん今回の件はT-ARAメンバーに何ら責任はありません)


携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

音狂時代(新:世界の音楽)⑦ だれだよPart4 ロックファン必聴盤

音狂時代(新:世界の音楽)
09 /05 2014
140905 whonext
6thAlbum「Who's Next」(1971)

ロック・オペラ「Tommy」の成功を受けて、
ピートはさらに大きな構想のプロジェクトを構想します。
それが「ライフハウス」というもので、
観客が能動的に音楽に関わることをイメージし、
映画、ライブ、レコードを融合させていこうという試みでしたが、
ピートの頭の中にわるイメージをメンバーを含む周囲が理解できず
(もちろんピートのイメージが抽象的かつ複雑すぎたのも原因ですが)
企画は中途で頓挫、「ライフハウス」に向けて製作されていたり、
構想中であった楽曲を流用するカタチで出来上がったのが、
この「Who's Next」です。

つまり、このアルバムはピートにとってすれば、
セカンド・チョイスだったわけで、
決して満足のいく作品ではなかったわけです。

しかしながら、先週も述べた通り、
この時期のThe Whoは4人のパフォーマンスのバランスが
最も良かった時期でもあり、
ピートが「ライフハウス」に向けて精魂込めて書いた楽曲と、
(当時の)最新のシンセサイザーをフル活用したサウンドメイクがあわさって、
一曲の無駄もない最高傑作
(それもThe Whoとしてのである以上にロック史上において)が完成しました。

オリジナルアルバムでは曲数は9曲、
一曲目の「Baba O'Riley」からパワー全開です。
1978年に映画用に行われたミニライブの映像で聴いてもらいましょう。



このライブがキース・ムーン最後のライブアクトとなってしまいます。
(ライブの4ヵ月後1978年9月7日に他界します)
このライブ、キースの衰えは目立ちますが、
それでも久しぶりのThe Whoのライブをとても楽しんでドラムを叩いています。
また、ピートとロジャーがノリノリで、狭いステージを所狭しと暴れまわっています
(特にピートの弾けっぷりがすごい)
そしてジョンの不動の姿勢からの唸りまくるベースの音色も最高に格好いいです。
※この曲、「CSI:科学捜査班」のニューヨーク編でOPで使われているので、
耳にしたことある人も多いのでないでしょうか(他のシリーズでもThe Whoの曲を使っています)。


そして2曲目の「Bargain」
この曲には、The Whoのバンドとしての魅力が詰まっています。
キースの荒れ狂うドラムを軸に、ギター・ベース・ボーカルが、
絡み合みあって素晴らしい一体感を醸し出しています




この曲でのキースのドラムのすごさを堪能してもらうために、
youtubeでドラムカバーをしている映像を一通りみてみたんですが、
残念ながら、誰もキースのように叩けていません
私からみて、唯一、キースのフィーリングに近い人が、
このアルバムの別の曲のカバーをしてくれているので、
そちらを見てみましょう。
曲はアルバム7曲目の「Going Mobile」


大きく息を吸って、エイヤッと息を止めて叩きまくる・・・
私の中では、キースの叩き方はそんなイメージです。
この叩いて叩いて叩きまくるキースのドラムがあってこそ
The Whoのサウンドだと言えます。


この「Who's Next」全曲紹介したいほどの名曲ぞろいですが、
イチバン最後の曲「Won't Get Fooled Again」が、アタマ一つ抜けて素晴らしく、
8分超えの長尺の曲ですが、長い間奏部分も含め、
全てのパートが生き生きと輝きをもっている曲です。
特に最後のキースのドラムソロからロジャーのシャウトの流れは、
ロックの「最高の瞬間」のひとつといっても過言ではありません。
この曲も1978年のライブ映像で聴いてもらいましょう。




この曲は、もう一つ長く記憶に留めるべきライブパフォーマンスがありまして、
2001年10月20日のニューヨーク、マジソンスクエアガーデンでの、
同年の「9.11アメリカ同時多発テロ」被害者の支援コンサートです。
このときの圧倒的なパワーによる演奏(特にピート)は、
まだ傷の癒えぬニューヨーク市民に勇気を与えました。
(ちなみにドラマーはリンゴ・スターの息子ザック・スターキーです)


オマケ
1978年版の「Won't Get Fooled Again」は、映画公開用とは別に、
ベースのジョン・エントウィッスルに焦点をあてた映像と、
ベース音だけをピックアップした音源が残されています。
ライブではいつも直立不動で演奏し、スポットがあたることが少ないジョンですが、
おとなしく突っ立ったままで、実はとんでもない音を弾き出しています。
その様子がとてもよくわかるレアな映像ですので、
(特にバンドでベースやっている人は)楽しんでみて下さい。




まだまだ続くThe Whoディスコグラフィー
来週は1973年発表のコンセプトアルバム第2弾「四重人格」です。



携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

決戦の9月(といってもプロ野球のお話)

田牧(元)校長の道楽
09 /03 2014
140903kaneko.jpg
(かっての教え子が今や球界一のピッチャーだよ)

4月に「こんなに調子よくていいのだろうか?」とこのブログにも書いた、
(昨年まで)「万年Bクラス」の我がオリックス・バファローズですが、
9月に入っても、首位福岡ソフトバンクホークスとゲーム差僅か1.5で、
しぶとく2位をキープしています。
3位、北海道日本ハムファイターズとは8.5ゲーム差、
ほぼ確実に2位以上でCS(クライマックスシリーズ)進出はできそうです。

1996年に「がんばろう神戸」の合言葉の元、
パリーグ2連覇、日本シリーズでもジャイアンツを破っての日本一になって以来、
優勝から遠ざかり、特に21世紀に入ってからは、
4→6→6→6→4→5→6→2→6→5→4→6→5と、2008年に2位に躍進した以外は、
全てBクラス、しかも最下位が13年間で6回と、セリーグの横浜DeNAの9回には及ばないものの、
パリーグ最弱と、けなされても文句の言えないチームでした。
(ちなみにこの通算記録はオリックス・ブルーウェーブ時代からのものです)
この間、監督ものべ10人(代行を含む)とコロコロ変わり、
安定したチーム運営もなされない状態でした。
c78e0e2b.jpg
昨年からの監督は森脇浩司さん、12球団一のイケメン監督です。

さて、そんな我がオリックスバファローズも、
今年はパリーグ優勝のチャンスが十分にあるシーズン終盤を迎えたわけで、
ここからしばらくは私も落ち着きのない日々を送ることになりそうです。
(今シーズンは4月からずっとそうですが)
昨日2日からは、敵地福岡での首位攻防3連戦、
初戦は4対4の引き分けに終わり、互いに一歩も譲らない熱戦となりました。
本日(3日)は、我が方は球界のエース、東部中、長商OB金子千尋投手が先発です。
相手もエース攝津投手が先発ですが、最近は本調子とはいえない状態。
この2戦目を勝利して、首位奪取に望みをつなぎたいところです。

できることなら、球場に足を運んで応援したいところですが、
何せこの10年、球場で観戦したゲームは全て負けているという、
まさに「疫病神」のような私です。
最近は休みの日にTV中継を見ていても、
勝てないことが多いので、生で見るのは我慢しているほどです。
優勝の行方が決まるまでは球場に行くのも我慢して、
(どのような結果であろうと)順位が決まってから、
ゆったりと観戦して、一年間楽しませてくれた選手たちにエールを贈ろうかと考えています。

思い起こせば18年前
1996年の優勝の年は、
イチローブームでわいた2月の沖縄でのオープン戦観戦から、
毎月のように長野から所沢、千葉、名古屋、東京、神戸と観戦に出かけ、
一試合を除いて、全試合勝利を見ることができ、
とどめは9月23日の神戸でのゲームで、
イチローのサヨナラヒットによるリーグ優勝決定を見ることができました。
その感動の瞬間がこれ・・・(ちょうど私がいたレフト側にボールが飛んできました)



このときは、前売りでチケットを持っていたんですが、
友人も観戦するということで、夜行バスで大阪に朝6時に着いて、
そのまま神戸の球場で並んで(すでに長蛇の列でした)
そのまま6時間ほど待ってチケットを購入して、球場に入りました。
優勝した瞬間は、歓喜というよりは、なんかボー然としてしまい、
カラダの震えが止まりませんでした。
(このときも夜行バスで眠れなくてほぼ徹夜だったというのもあります)

ゲームが終わって球場をでた直後の写真が残っています。
12052501.jpg
(念のため言っておきますが左側の女性は「カノジョ」ではないですよ、
当時のDSKの講師でイチローファン仲間でした)


さて、今年の9月はこの時以来の感動に包まれるかどうか、
これからもプロ野球から目が離せない日々が続きます。





携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

「自習室の神」の帰還

日々の雑感
09 /02 2014
140902muramatsu.jpg

今年、東北大に合格し、仙台で充実した大学生活をおくっている、
「自習室の神様」こと村松くんが夏休みで帰省して、教室に顔を見せてくれました。

昨年一年間、信学会で浪人生活をおくっていましたが、
ほぼ毎日、DSKの自習室を利用し、
島崎・大島・猪飼・干川の各講師に質問もたくさん持ちこんで、
ついた名前が「自習室の神様」
(ほんとうは私が中3生の生徒に「そう言いなさい」といったところから始まったんですけどね)

大学生活ではサークルにも入り、見てのとおりすっかり日焼けして元気そうです。

また長野に帰省したときには、
成長した姿を見せて下さい。
(「萩の月」よろしく)

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします





DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからお願いします

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。