ヒョソン:「メモリスト」ビハインド動画

Secret:ヒョソン、ドラマ出演情報
05 /03 2020
[Readygo]Image 2020-05-03 08-03-56
収録現場ではムードメーカー

最終回は3.3%と視聴率が持ち直したヒョソン出演の「メモリスト
ケーブル局としてはまずまずの結果で幕を閉じました。

ヒョソンのyoutubeチャンネルでは、
全収録を通しての撮影ビハインドを公開。


収録中のヒョソンのムードメーカーぶりがよくわかります。
[Readygo]Image 2020-05-03 08-03-49
[Readygo]Image 2020-05-03 08-03-52
[Readygo]Image 2020-05-03 08-03-59
[Readygo]Image 2020-05-03 08-04-02
[Readygo]Image 2020-05-03 08-04-08
[Readygo]Image 2020-05-03 08-04-11
[Readygo]Image 2020-05-03 08-04-14
[Readygo]Image 2020-05-03 08-04-23


2人でのシーンも多かったユン・ジオンくんとは和気藹々
[Readygo]Image 2020-05-03 08-04-27
[Readygo]Image 2020-05-03 08-04-30

ユ・スンホくんはともかく、
イ・セヤンさんとの共演シーンは多くなかったけど、
ヒョソンとも打ち解けていたようですね。
[Readygo]Image 2020-05-03 08-04-33

最終話の取材シーンの「モブ撮影」がヒョソンのラストカットだったようですね。
[Readygo]Image 2020-05-03 08-04-42
[Readygo]Image 2020-05-03 08-04-45
[Readygo]Image 2020-05-03 08-04-48

年内中に次回作のオファーあるでしょうね。
[Readygo]Image 2020-05-03 08-04-51
[Readygo]Image 2020-05-03 08-04-54

番組公式の13~16話ビハインド動画




ユ・スンホとの撮影合間のやりとりは楽しかったようですね
[Readygo]Image 2020-05-03 08-05-01
[Readygo]Image 2020-05-03 08-05-04
[Readygo]Image 2020-05-03 08-05-08

こちらでも撮影終了の感想
[Readygo]Image 2020-05-03 08-05-11


ヒョソン、インスタで純韓国産の生活韓服を着ての自撮り
[Readygo]Image 2020-05-03 08-23-16
[Readygo]Image 2020-05-03 08-23-27
[Readygo]Image 2020-05-03 08-23-47
これ純韓国産素材で縫製した製品を
クラウドファンディングで「販売」しているんだけど、
部屋着としていい感じ。
まぁ日本で言えば作務衣みたいなもんだけどね。
日本にも発送してくれるなら
クラウドファンディングに参加してみたいもんだ。


スポンサーサイト



ヒョソン:メモリスト第16話(最終回)登場シーン

Secret:ヒョソン、ドラマ出演情報
05 /02 2020
[Readygo]Image 2020-05-01 18-29-23
フィナーレの一翼を担いました。


ヒョソン出演のtvNドラマ「メモリスト」最終話。
まずは、ストーリーの顛末を。

連続殺人犯「消しゴム」の正体は、
国会議員パン・ジュンソクの秘書兼看護士のソ・ヒス(イ・ヨンジン
[Readygo]Image 2020-05-01 18-26-24
ヒスはトンベクの実の姉で、友人が若い頃のジュンソクに監禁・凌辱され自殺。
その復讐を遂げる過程で、複数の殺人事件が誘発的に起こり、
事件を隠すためにトンベクの記憶も超能力で消し去っていたのです。

トンベクはヒスにジュンソクやその母ピルスンを司直の手に委ねるよう説得しますが、
その問答の末にヒスは刑事に狙撃され、致命傷を負います。
ヒスはジュンソクに近づき、友人への暴行の証拠を押さえていました。
[Readygo]Image 2020-05-01 18-26-34

死ぬ寸前、トンベクに自分の記憶をスキャンさせ、その証拠のありかを伝えます。
[Readygo]Image 2020-05-01 18-26-26
[Readygo]Image 2020-05-01 18-26-38
口で言えば早かったんじゃないのか?

ジュンソク、ピルスンの数々の悪事を
もみ消し続けていた警察次長のイ・シウンも連行され、
[Readygo]Image 2020-05-01 18-26-30

イ・シウンが持っていた証拠が決定打となり、ジュンソクとピルスンも逮捕されます。
[Readygo]Image 2020-05-01 18-26-42

ジュンソクは獄中で自殺し、
息子と家門を守ることに生涯をささげたピルスンは全てを失います。
[Readygo]Image 2020-05-01 23-08-28
[Readygo]Image 2020-05-01 23-08-22

あとは悪事に加担した小物たちの逮捕が続き、
ここでようやく取材するカン・ジウン登場。
[Readygo]Image 2020-05-01 18-27-01
[Readygo]Image 2020-05-01 18-26-47
[Readygo]Image 2020-05-01 18-26-56
[Readygo]Image 2020-05-01 18-27-06
[Readygo]Image 2020-05-01 18-27-10
[Readygo]Image 2020-05-01 18-27-21
[Readygo]Image 2020-05-01 18-27-33

取材陣のモブとして、ちっちゃいヒョソンが埋もれてますw
[Readygo]Image 2020-05-01 18-27-38
[Readygo]Image 2020-05-01 18-29-44

事件の顛末をリポートするカン・ジウン
[Readygo]Image 2020-05-01 18-27-45
[Readygo]Image 2020-05-01 18-27-52
[Readygo]Image 2020-05-01 18-27-55
[Readygo]Image 2020-05-01 18-27-58

もちろん前にいた放送局ではなく、別のTV局の記者としてです。
[Readygo]Image 2020-05-01 18-28-11
以前の上司は他局にスクープを奪われ茫然自失・・・・
こちらもちゃんとオチがつきました。

あ・・ギョンタン無事でした(よかった)
[Readygo]Image 2020-05-01 18-27-42


全てが終わり、プロファイラーのソンミは
警察を辞め弁護士として個人事務所を開設。
被害者の人権を守ることに自分の道を見出しました。
その開設祝いに元同僚も集結
[Readygo]Image 2020-05-01 18-28-22
何故かカン・ジウンもいます。

[Readygo]Image 2020-05-01 18-28-26
[Readygo]Image 2020-05-01 18-28-45

記念写真をセフンが撮ろうとしますが、
その前に、こっそりカン・ジウンだけを「隠し撮り」
[Readygo]Image 2020-05-01 18-28-54
[Readygo]Image 2020-05-01 18-28-37
[Readygo]Image 2020-05-01 18-28-40

でもバレますw
[Readygo]Image 2020-05-01 18-28-57

最後の最後でセフンからカン・ジウンへの淡い恋心が判明しました。
[Readygo]Image 2020-05-01 18-29-03
[Readygo]Image 2020-05-01 18-29-09
[Readygo]Image 2020-05-01 18-29-13
[Readygo]Image 2020-05-01 18-29-16
オ・セフン役のユン・ジオンくんは2016年デビューの若手(29歳だけど)。
今回のドラマでの好演で一躍脚光を浴びています。

このときのヒョソンの照れと戸惑いが混じったような表情も良かった
[Readygo]Image 2020-05-01 18-29-19
[Readygo]Image 2020-05-01 18-29-27
[Readygo]Image 2020-05-01 18-29-29

大団円の場にヒョソンも含まれていたのが嬉しい。
[Readygo]Image 2020-05-01 18-29-34

てなわけで最終回のヒョソン登場シーン


さすがにこれがラストシーンではなかったけどね。
[Readygo]Image 2020-05-01 18-29-39
主役2人のシーンがあって、最後は現場復帰したトンベクの活躍で幕。

クランクアップの集合写真。ヒョソンもちっちゃく写ってます。
[Readygo]Image 2020-05-01 18-30-24

期待したほどに登場シーン多くなかった(特に前半)し、
出来れば、記者カン・ジウンの葛藤と成長を
サイドストーリーももう少し描いて欲しかった。
でも2017年の「内省的なボス」から3年のブランクを経て、
WEBドラマを挟んでのTVドラマ復帰一作目で、
その演技で高い評価を得るという大きな収穫がありました。
[Readygo]Image 2020-05-01 20-40-54
[Readygo]Image 2020-05-01 20-41-08
これで、歌手・女優・バラエティタレント・MCと、
芸能活動全ての面でヒョソンの完全復活を示すことが出来ました。
これから先、女優ヒョソンにも
オファーがどんどん舞い込んでくることを願ってます。

久々のTVドラマ出演、お疲れさまでした!


ヒョソン:「メモリスト」第15話登場シーン

Secret:ヒョソン、ドラマ出演情報
05 /01 2020
[Readygo]Image 2020-04-30 20-56-48
カン・ジウン、事件を動かす

残り2回となったヒョソン出演のtvNドラマ「メモリスト」

15話ではヒョソン演じるカン・ジウンが自分の信念を貫き、
それが事件解決へ大きな役割を果たすことになります。


最初は前回の続きから、
トンベクを庇ったギョンタンを車で轢いた男をカン・ジウンが追います。
[Readygo]Image 2020-04-30 20-45-01
[Readygo]Image 2020-04-30 20-45-15
[Readygo]Image 2020-04-30 20-45-22
[Readygo]Image 2020-04-30 20-45-31
[Readygo]Image 2020-04-30 20-45-37
記憶スキャンで意識を失ったトンベクは
何故か以前にギョンタンが入院していたときのことを夢で見ます。

それもカン・ジウンの取材をTVで放送した時のこと
[Readygo]Image 2020-04-30 20-45-54
キャプチャするためにスクロールそながら見ていたときに、
「あれ?ギョンタン軽傷だったの?」と思いましたが、これは以前のお話。

15話の中ではギョンタンは意識回復せず・・重体です。
[Readygo]Image 2020-04-30 20-44-48
※先日CSで映画「1987 ある戦いの真実」見たんですが、
コ・チャンウクさん、新聞社のデスクの役で、
少ない出番ながら存在感示してました。
顔面アピール強い役者さんなので、出てると目を引きます。

結局、轢いた男は見失ってしまいますが、
トンベクは「消しゴム」を追い詰めるために動き出します。
カン・ジウンは無理を重ねるトンベクが心配で止めようとします。
[Readygo]Image 2020-04-30 20-46-08
[Readygo]Image 2020-04-30 20-46-18
[Readygo]Image 2020-04-30 20-47-10
[Readygo]Image 2020-04-30 20-47-18
[Readygo]Image 2020-04-30 20-47-36

トンベクはカン・ジウンに「消しゴム」の事件に深く関りを持つ、
国会議員アン・ジェモとその母ファン・ピルスン、
そして彼らの犯罪を隠匿し続けてきた
警察のイ・シンウン次長を告発するUSBをカン・ジウンに託します。

[Readygo]Image 2020-04-30 20-47-47
[Readygo]Image 2020-04-30 20-47-51
[Readygo]Image 2020-04-30 20-47-56

TV局に戻り、上司にUSBの内容を打ち明けるカン・ジウン。
上司は「そのデータを見せろ」と要求しますが、
「トンベクが犯人」という既定路線を変えず、
トンベクの告発をもみ消そうとしていることを察した彼女は渡すことを渋ります。
[Readygo]Image 2020-04-30 20-48-08
[Readygo]Image 2020-04-30 20-48-04

「真実は作られるもの」と欺瞞を用い説得しようとする上司ですが、
カン・ジウンはジャーナリストとしての自分の信念を守り、これを拒絶。
[Readygo]Image 2020-04-30 20-48-51
[Readygo]Image 2020-04-30 20-49-02

上司の制止を振り切り毅然と立ち去るカン・ジウン
[Readygo]Image 2020-04-30 20-49-07
[Readygo]Image 2020-04-30 20-49-12

このシーンのヒョソンの表情演技素晴らしかった
[Readygo]Image 2020-04-30 21-07-21[Readygo]Image 2020-04-30 21-07-26
[Readygo]Image 2020-04-30 21-07-31[Readygo]Image 2020-04-30 21-07-37
[Readygo]Image 2020-04-30 21-07-39[Readygo]Image 2020-04-30 21-07-42
[Readygo]Image 2020-04-30 21-08-20[Readygo]Image 2020-04-30 21-08-23
[Readygo]Image 2020-04-30 21-08-26[Readygo]Image 2020-04-30 21-08-30
上司の報道人としてのスタンスに怒りを覚え、その態度に幻滅しつつも、
自分の未熟さを上司から揺さぶられ、揺らぎかける。
しかし最後は自分の所信を貫く決意を固める・・
その心理の変化を目の演技で十分に見せてくれました‥ブラボー!

そして、トンベクの告発は公のものとなり、
権力の座に君臨してきたファン・ピルスンたちは窮地に追い込まれます。
[Readygo]Image 2020-04-30 20-49-17

信念を貫き、上司からの批難にも毅然とした態度のカン・ジウンは
セフンから「かっこよかった」と称賛されます。
[Readygo]Image 2020-04-30 20-49-43
[Readygo]Image 2020-04-30 20-49-47

このシーンでは大きな役目を果たした自信と安堵、
事件解決のために身を削るトンベクと、
重体であるギョンタンを案ずる感情などなど、
穏やかなトーンの中で色んな表情を見せてくれています。
[Readygo]Image 2020-04-30 21-08-37[Readygo]Image 2020-04-30 21-08-42
[Readygo]Image 2020-04-30 21-08-47[Readygo]Image 2020-04-30 21-08-51
[Readygo]Image 2020-04-30 21-08-54[Readygo]Image 2020-04-30 21-09-03
[Readygo]Image 2020-04-30 21-09-07[Readygo]Image 2020-04-30 21-08-59

ドラマの方は、予想だにしなかった人物が、
「消しゴム」としてその姿をトンベクの前に表したところで続きます。

何となくですが、この第15話がカン・ジウンのハイライトっぽい。
最終話はあんまり出番がないような気もするなぁ。

トンベクと対峙したシーンの表情もグッドでした。
[Readygo]Image 2020-04-30 21-06-54[Readygo]Image 2020-04-30 21-06-59
[Readygo]Image 2020-04-30 21-07-05[Readygo]Image 2020-04-30 21-07-09

繊細な演技で登場シーンでは視聴者を惹きつけたヒョソン
主役とまではいかないかもしれないけど、
これからも女優として重宝されそうな気がします。

駐車場のシーンでのユ・スンホとの2ショット
[Readygo]Image 2020-04-30 20-43-24
[Readygo]Image 2020-04-30 20-43-42

で、撮影時の衣装でのインスタ画像
[Readygo]Image 2020-04-30 20-43-52
[Readygo]Image 2020-04-30 20-43-57

ヒョソン:「メモリスト」第14話登場シーン

Secret:ヒョソン、ドラマ出演情報
04 /26 2020
[Readygo]Image 2020-04-25 20-34-49
どうしてこうなった?


ヒョソン出演のドラマ「メモリスト」
日本語記事を読んでもストーリーがわかりづらい。
「他人の記憶を読む」という特殊能力を持つ刑事トンベクと、
「他人の記憶を消す」力を持つ
殺人鬼「消しゴム」の対決というのが展開を複雑にしてます。
さらに終盤になって
プロファイリングが役にたたなくなっているような感じもして、
ヒョソン演じるカン・ジウン含め、
登場人物をしっかり生かしきれてないようでもあります。
韓国でも視聴者が結構脱落してるみたいです。

14話のヒョソンの登場シーンはちょっと多めです。


トンベク擁護記事を書こうとしているカン・ジウンですが
上司から厳しい叱責を受けます。
[Readygo]Image 2020-04-25 20-04-56
[Readygo]Image 2020-04-25 20-05-40
[Readygo]Image 2020-04-25 20-04-59
[Readygo]Image 2020-04-25 20-05-23
[Readygo]Image 2020-04-25 20-05-55
[Readygo]Image 2020-04-25 20-06-04

そんなカン・ジウン宛てに(何故か)「消しゴム」から写真が「郵送で」届く
[Readygo]Image 2020-04-25 20-06-18
[Readygo]Image 2020-04-25 20-06-31
[Readygo]Image 2020-04-25 20-07-22

カン・ジウンの意志関係なく局の人間の立会いのもと開封
[Readygo]Image 2020-04-25 20-07-27
[Readygo]Image 2020-04-25 20-07-31

中にあったのは監禁されている犠牲者の写真。
その痛ましさにめを顔をしかめるカン・ジウン。
[Readygo]Image 2020-04-25 20-07-45
[Readygo]Image 2020-04-25 20-07-50
[Readygo]Image 2020-04-25 20-07-56

この一件が局内でのカン・ジウンの立場をさらに危ういものする。
[Readygo]Image 2020-04-25 20-08-16
[Readygo]Image 2020-04-25 20-08-25
[Readygo]Image 2020-04-25 20-08-42
[Readygo]Image 2020-04-25 20-08-47

そしてついに閑職に追いやられる。
[Readygo]Image 2020-04-25 20-09-12
[Readygo]Image 2020-04-25 20-09-16
[Readygo]Image 2020-04-25 20-09-25

しかも、記者の命、パソコンも取り上げられてしまいます。
[Readygo]Image 2020-04-25 20-09-30
[Readygo]Image 2020-04-25 20-09-43
[Readygo]Image 2020-04-25 20-09-47

途方に暮れるカン・ジウンにどこからか電話が・・
[Readygo]Image 2020-04-25 20-09-52

話は飛んで、追われるトンベクは、
ギョンタン、セフンとともに起死回生の大博打を打ちます。
セフンがトンベクの身代わりとなって捜査員を陽動している間に、
トンベクは「消しゴム」の正体を掴む「記憶スキャン」を実行。
それが公の場での国会議員に対してのものだったので、会場は騒然。
「記憶スキャン」による消耗で、トンベクは捕まりそうになりますが、
ここでトンベクの逃亡を手引きしたのがなんとカン・ジウン。
[Readygo]Image 2020-04-25 20-10-11
[Readygo]Image 2020-04-25 20-10-16

恐らくセフンかギョンタンから電話で助力を頼まれたんでしょうね。
[Readygo]Image 2020-04-25 20-10-26
[Readygo]Image 2020-04-25 20-10-35
[Readygo]Image 2020-04-25 20-10-45

カン・ジウンが車をまわしてきて、乗り込もうとするトンベク。
[Readygo]Image 2020-04-25 20-10-52
[Readygo]Image 2020-04-25 20-10-56

しかし、トンベクが「消しゴム」だと嘘の情報を吹き込まれ、
彼に復讐しようとする男が車で突っ込んできます。
[Readygo]Image 2020-04-25 20-11-01
[Readygo]Image 2020-04-25 20-11-05

その瞬間、トンベクを車に押し込み、自らが盾になるギョンタン。
[Readygo]Image 2020-04-25 20-11-28
[Readygo]Image 2020-04-25 20-11-19
[Readygo]Image 2020-04-25 20-11-31

果たしてギョンタンはどうなるのか?・・ってとこで次回へ。
[Readygo]Image 2020-04-25 20-11-34
ラストんとこ、コ・チャンウクさんの表情最高!
さすがベテランバイプレーヤーです。

ヒョソンの演技も緊迫感を引き出してましたね。
[Readygo]Image 2020-04-25 20-35-01

暗いトーンが多いですが、ヒョソンの表情アップたくさん
[Readygo]Image 2020-04-25 20-29-41[Readygo]Image 2020-04-25 20-30-15
[Readygo]Image 2020-04-25 20-30-21[Readygo]Image 2020-04-25 20-30-23
[Readygo]Image 2020-04-25 20-30-26[Readygo]Image 2020-04-25 20-30-30
[Readygo]Image 2020-04-25 20-30-32[Readygo]Image 2020-04-25 20-30-40
[Readygo]Image 2020-04-25 20-30-43[Readygo]Image 2020-04-25 20-30-55


これまで追っかけてきたドラマの中でも一番わけわかんないですが、
とりあえず来週で最終回。
ここまできてようやく、主演のユ・スンホくんが、
パク・セワンさんの出演ドラマ「ロボットじゃない」でも主演だったと気付いた私です。

オマケ:ネイバーでのインタビューフォトとそのときのインスタ
[Readygo]Image 2020-04-25 20-35-44
[Readygo]Image 2020-04-25 20-35-53
[Readygo]Image 2020-04-25 20-35-57
2004221587432640205132.jpg
2004221587432652991677.jpg
ヒョソンのジャケット姿でオシャレなんだよなぁ

ヒョソン:「メモリスト」第13話登場シーン

Secret:ヒョソン、ドラマ出演情報
04 /25 2020
[Readygo]Image 2020-04-25 19-04-46
ヒョソン演じるカン・ジウンの転換点のような回

ヒョソン出演のドラマ「メモリスト」も残り4話、佳境に入ってきました。


トンベクが連続殺人犯「消しゴム」ではないかという疑惑が広まり、
カン・ジウンも局内での立場がますます苦しいものになってきています。

そんな中、トンベクの同僚セフン(ユン・ジウン)から、
彼への理解と擁護を求められるカン・ジウン。
[Readygo]Image 2020-04-25 19-03-17
[Readygo]Image 2020-04-25 19-03-30

セフンの話に真剣に耳を傾けるカン・ジウン
[Readygo]Image 2020-04-25 19-03-19
[Readygo]Image 2020-04-25 19-03-35
[Readygo]Image 2020-04-25 19-03-48
[Readygo]Image 2020-04-25 19-03-26
[Readygo]Image 2020-04-25 19-03-39

局の方針との板挟みに悩むカン・ジウン
[Readygo]Image 2020-04-25 19-03-52
[Readygo]Image 2020-04-25 19-03-57
[Readygo]Image 2020-04-25 19-03-59

しかし、自分の信じる道を貫くことを決意し、上司にもそれを宣言
[Readygo]Image 2020-04-25 19-04-06
[Readygo]Image 2020-04-25 19-04-11

そんなカン・ジウンの決意をあざ笑うかのように
「消しゴム」により新たな犯行が引き起こされたいうニュースが流れます。
[Readygo]Image 2020-04-25 19-04-19
[Readygo]Image 2020-04-25 19-04-42
[Readygo]Image 2020-04-25 19-04-38

14話ではいよいよカン・ジウンがストーリーの核心部分に絡んでいきます。

今回も尺は少なめなので溜っているインスタ画像貼っておきます。
[Readygo]Image 2020-04-16 02-26-56
[Readygo]Image 2020-04-16 02-26-34
[Readygo]Image 2020-04-16 02-26-40
[Readygo]Image 2020-04-16 02-26-46
[Readygo]Image 2020-04-16 02-28-51
[Readygo]Image 2020-04-16 02-28-59
[Readygo]Image 2020-04-16 02-29-07
[Readygo]Image 2020-04-16 02-29-12
[Readygo]Image 2020-04-16 02-29-16
[Readygo]Image 2020-04-16 02-29-20
[Readygo]Image 2020-04-16 02-29-48
[Readygo]Image 2020-04-16 02-29-52
[Readygo]Image 2020-04-16 02-29-56
[Readygo]Image 2020-04-16 02-30-00
[Readygo]Image 2020-04-16 02-30-15

次回は尺も長いしキャプチャも多いぞ


gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。