今季最終戦:谷佳知引退試合を白星で飾る。西も10勝到達!

頑張れ!オリックス・バファローズ2015
10 /04 2015
151003Orix02.jpg
谷の背番号「10」で内外野が埋まったスタンド

大きな希望を持たせながらあえなく下位に沈んだ今シーズン。
コーチ陣の大幅改造に着手しており、
高山・小川・真喜志・本屋敷の各コーチの退団が確定。
2軍コーチで一軍に昇格する人材もいないので、
外部から招聘することになるでしょうが、
もともとヘッド格的存在である福良さんが正式に監督になるわけですから、
作戦参謀的な人を呼ぶよりは打撃面での技術屋が欲しいところ。
あとチームの重しということであれば、
もしお元気ならば中西太さんをもういちどヘッドで招聘するのもいいかも。
で・・・新陣容を整備している瀬戸山さんよ・・オマエさんはどう責任とるの?

さて、最終戦の登板は2桁勝利がかかる西

151003Orix06.jpg

「谷さんの引退試合で負けるわけにはいかない」と、
初回からビュンビュン飛ばし、4回まで8奪三振。
6回2死から本多に2ベースを打たれるまではノーヒットピッチングでした。
相手がホークスということもあり、
「え?また最終戦にノーヒットやるの?」という期待を持たせる好投でした。
今季は勝ち星に恵まれない時期もありましたが、
昨年以上に一年を通して安定したピッチングで、
成績は昨年を下回ったとはいえ、安定感がさらに増し投手陣の看板として成長した一年でした。

ヒットを打たれたところで勝ち投手の権利を保持してお役御免。
7回は、一軍登録して登板に備えていた金子が登場。
ファンへのシーズン最後の顔見せという意味があったのでしょう。
もちろん3人をピシャリと抑えて最終登板を終えました。
昨年の手術からの回復が遅れ、本人にとってもファンにも満足のいかないシーズンでしたが、
昨年がキャリアハイで終わる金子千尋ではありません。
来年は、万全の状態でシーズン通じての活躍を切望しています。
8回も岸田が無失点でホークス打線をここまで1安打だけと完全に封じて、
9回こそ佐藤達が被安打1、与四死球2で満塁のピンチを招きましたが、
最後はきっちり抑え、4人の投手リレーで完封勝利

151003Orix01.jpg

今シーズン最後のハイタッチは佐藤達と伊藤光で61勝目で締め

攻撃では3回にT-岡田が先制タイムリー

151003Orix03.jpg

今シーズン終盤はかなり安定感があり、
来季は打点を稼いでくれるんではないかと期待を持たせてくれます。

そして、7回一死後、9番山崎がヒットで出塁し、
一番岩崎に代打が送られます。
「ピンチヒッター谷、背番号10」

大きな歓声とともに、スタンドから一斉に「10」のプラカードが掲げられます。
この試合を最後に現役を退く谷の打席です。
バッターボックスに入る谷は既に目が潤んでいました。
そして初球をきっちり流し打ちしてライト前ヒット!
谷らしい好球必打のバッティングで自らの最終打席を飾りました。

151003Orix05.jpg

ファーストベースで涙をこらえながらファンの声援に応える谷。
コーチャーズボックスの同期入団の佐竹コーチも涙をこらえきれません。
そしてホークスベンチでも、ブルーウェーブ時代の同僚、藤井康雄コーチが、
谷の最後の姿を涙を浮かべて見つめていました。
多分、BW時代からのファンは、この康雄さんの涙に一番感動したんじゃないかな?
(とうぜん、私もそこで一番ウルッときました)

安達四球で満塁になり、
谷から「後はオマエにまかせた」と言われた糸井が、

151003Orix04.jpg

谷をホームへ還す2点タイムリー。
さらにT-岡田のタイムリー、小谷野の内野ゴロで加点し、
ラッキーセブンに4点とり、ホークスを突き放しました。

8回表は打者1人だけ谷がレフトの守備につき、

151003Orix07.jpg

スタンドの大声援に応えました。

試合終了後は、谷をチーム全員で背番号と同じ10回胴上げ

tani_retirement ceremony

こんな綺麗に揃った胴上げもなかなか珍しい
(胴上げ経験者少ないのに)

この61勝目の勝利をもって、今シーズンのオリックスの日程は終了

61勝80敗2分と昨年の80勝62敗2分とほぼ正反対の結果に終わってしまいました。
とはいえ、森脇監督休養時の5月で借金が17あったことを思えば、
交流戦後は5分以上の戦いが出きていたということです。
期待をスカされた悔しさは、交流戦の段階で置いてきてしまっていたので、
今はそれほどの悔しさはわりません。
しかし、昨年の最後の最後でリーグ優勝を逃した悔しさは、当然まだ癒えることはありません。
今年はそれを吹き飛ばしてくれることはありませんでしたが、
来年に向けて陣容を整えて、新たなチャレンジをして貰いたいと願っています。

今シーズン終了ということで、このカテゴリも(2015年)とタイトルに付け加えて記事更新を終了します。
ストーブリーグの話題については別のカテゴリにて更新していきますので、そちらをご覧下さい。
このカテゴリについてはオフの間、2015年の「61回の勝利」を「私が」振り返るために、
このまま保存しておきます。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

スポンサーサイト



ライオンズに一矢報いる勝利!チーム60勝到達。

頑張れ!オリックス・バファローズ2015
10 /02 2015
151001Orix03.jpg
福良代行監督、来季正式監督就任確定!
田口壮氏も2軍監督に就任。

来季に向けての話はシーズン終了後にするとして、
まずは来季陣容の第一弾が決まりました。
何よりも田口氏の球団復帰は嬉しい。

9月最後のゲームは、
CS争いに必死のライオンズにフルボッコにされ、
東明の最終登板は勝利となりませんでした。
また、秋山翔吾選手のシーズン最多安打タイ記録達成も好アシスト(泣)
イッキに5安打献上し、1試合残しての記録樹立となりました。

そしてライオンズ最終戦。
思えば開幕で所沢でライオンズに3連敗を喫したのが躓きのはじまり。
今シーズン通してライオンズに苦しめられた印象が強いのですが、
最終戦は、なんとか一矢報いることができました。

151001Orix01.jpg

先発バリントンが6回まで一与四球、被安打2の無失点と、
秋山を筆頭に勢いに乗るライオンズを完全に封じます。

151001_after.jpg

マスクを被った若月のリードも良かったのだろうと思いますが、
昨日、東明を初め投手陣が打ち込まれた同じ打線相手に、
これだけ見事なピッチングを見せたバリントン。
来季に去就が微妙だということですが、年棒面で球団が歩み寄りを見せてでも残って欲しいですね。

7・8回は岸田がピシャリ。
今シーズンは目立つ場面での活躍は決して多くはなかったですが、
勝ちゲームにも負けゲームにも登板し、15ホールドと、
かってのクローザーの復活を感じさせました。

9回の佐藤達は1点を取られましたが力でねじ伏せました。
昨年の登板過多からの影響が心配されましたが、
ホールドが13、セーブも13と、7敗喫したのは痛かったですが、
ほぼ1年を通してチームの終盤のマウンドを守り続けたのは彼だけです。
来季、引き続きクローザーになるかセットアッパーに戻るかはわかりませんが、
今後もオリックスの顔の一人としての活躍を期待しています。

打線は12安打で4点とやや効率は悪かったですが、
先制とダメ押しをいいタイミングで取りました。

151001Orix02.jpg

まず1回に一死から小田、糸井の連打で1・3塁とした後に、
T-岡田の犠牲フライで先制、返球がそれて糸井が2塁に進み、
小谷野のタイムリーで1点追加。

そして7回に、本日猛打賞の小田の2ベースから、

151001Orix04.jpg

糸井がスクランブル登板の菊池雄星投手から完璧な当たりの2ランホームラン。
ライオンズのCS進出の希望を粉砕しました。

1日もマリーンズが勝利したので、
0.5ゲーム差で3位にいたライオンズは4位に陥落して、
今シーズンの日程を終えました。
マリーンズの残りゲームは5試合。
2勝以上でマリーンズがCSに進出します。
「5年に一度のゴールデンイヤー」が現実味を帯びてきました。
パリーグファンとしては、
マリーンズが「何かやらかしてくれる」期待を持ってしまいます。

最後になりましたが、
秋山翔吾選手、シーズン最多安打記録更新おめでとうございます。
最終戦というプレッシャーもあり、最初の2打席凡退した中で、
その後の2打席で連続安打、見事に記録を塗り替えました。
今シーズンの秋山選手の記録達成に対して、
オリックスはずいぶん貢献しただろうと思って記録を見てみると、
確かにイーグルスと並び40安打され、一番打たれていますが、
そのうち7安打はこの2試合です。
つまり、それまでは33安打と他球団よりも少なかったわけです。
ほぼ全球団から万遍なく安打数を稼いだことが、この記録の達成につながったんでしょうね。
しかし・・最多安打記録だってのに、リーディングヒッターは別にいるってのもすごいハナシです。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

今年最後のウサ晴らし!1イニング10点とって大逆転!

頑張れ!オリックス・バファローズ2015
09 /29 2015
150929Orix04.jpg
なんじゃこりゃっ!!

27日は大谷相手に手も足もでず、
完封勝利を献上して、防御率ダウンをアシスト。
これで、西が大谷を上回るのはかなり難しくなりました。
大谷の好投につられて山崎福がいいピッチングしたのが救いでした。

28日はイーグルスとの今季最終戦

150929Orix03.jpg

オリックスは2度目の先発の左腕、山田。
初回、いきなり4連打で1点を失い、
併殺崩れでさらに1点。
その後、フェルナンドの左中間の深いあたりを、
駿太がフェンス際でのジャンピングキャッチで好捕。
このファインプレーで大量失点を免れました。
その後は5回に2塁打で1点を失うまでは安打を許さず、
責任回数の5回を4安打3失点で投げぬきました。
8回に原拓のエラーで1点献上し、4点差。

打撃陣は7回までイーグルス戸村の前に沈黙。
若月のプロ初安打は出ましたが、散発4安打で無得点。
よもや、ここから逆転できるとは思ってはいませんでした。

しかし、8回、戸村から中継ぎに代わった途端にチャンスが巡ってきました。

クルーズの3与四球で、1死満塁
ここで小谷野の2ベースが出て、まず2点
そして中島四球で再び満塁。
代わった福山が連続押し出し四球で、
相手に2点貰って同点に追いつきました。

150929Orix02.jpg
小谷野、歩いて同点のホーム。

ここで満塁に妙に強い伊藤光がこの試合初打席。
2点タイムリーで見事に逆転に成功。
150929Orix01.jpg

打者一巡して、
岩崎がヒットでつないで、また一死満塁。
駿太の犠牲フライで1点追加。
糸井の内野安打でさらに1点。
トドメはT-岡田の走者一掃の2ベースで2点。

150929Orix05.jpg

完璧な当たりだっただけにホームランじゃなかったのが悔しい。
これで8回打者14人、5安打6四球で10点を奪い土壇場で大逆転を演じました。

これだけでももう球場にいた人にはお腹一杯なのに、
9回にマウンドに上がった佐藤達が、
2安打1与四球で2死満塁のピンチを作るというオマケつき。
最後は三振で締めてゲームセット。

150928_after.jpg
このゲームは「勝たせて」いただきました。

これで最下位イーグルスとのゲーム差は4。
とはいえイーグルスはまだ8ゲーム残しているし、
わが方も残り3ゲームが、ライオンズ2、ホークス1なので、
最後までどうなるかはわかりません。

ただ個人的には、マリーンズにCSに進んで欲しいので、
ライオンズ2試合に勝って、アシストしてあげて欲しい。
それによって、オリックスの5位も確定的になるわけですから。

馬原、坂口が大幅なダウン提示を受けて自由契約に、
井川も来季契約の見込みなし・・と、
谷・平野恵の引退も含め、世代交代が進みそうです。
芽が出てきている若い世代の選手も大勢いるので、
これがチームの活性化につながればいいと思っています。
大事なのはコーチ人事にあると私は考えています。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

西、9勝目!139球熱投で8回2失点。

頑張れ!オリックス・バファローズ2015
09 /26 2015
150926_after.jpg
10勝到達まであとひとつ!

26日の京セラドームは大入り。
消化試合でのこの観客の入りは、
長年ファンをしている者からすると、
驚きと共に感動的な現象です。
この人気を背に、来年こそはファンに歓喜をもたらして欲しい。

オリックスの先発は防御率で大谷翔平を僅かな差で追う西勇輝。
最小失点で長いイニングを投げて、少しでも防御率を下げることが求められます。

150926Orix02.jpg

4回にレアードに2ランを浴びて2点を失うものの、
それ以外の回はファイターズ打線に得点を許さず。
8回まで139球を投げ、マウンドを降りました。

150926Orix01.jpg

8回は1・2塁でハーミッダを三振に仕留めマウンドで絶叫。

打つほうは、初回にT-岡田のタイムリーで1点先制

150926Orix04.jpg

ここんとこ順調に打点を稼いでいるT-岡田ですが、
今年はホームランが少なすぎ。
もう一度、ホームラン王を狙えるようなバッティングの復活を!

逆転された4回には、1死1・3塁から縞田の内野ゴロでまず同点。
山崎がヒットでつないで、川端が逆転タイムリー

150926Orix03.jpg

今シーズンは開幕から絶不調で、長2軍暮らしも経験した川端ですが、
ようやく本来の勝負強さが戻ってきました。
レギュラー出場もさることながら、
川端が代打に控えていると打線に厚みがあっていいんですけどね。
4回に逆転した後は、双方の打線が沈黙し、
最終回にマウンドに上がった佐藤達也が圧巻の三者三振で一点差逃げ切り。

150926Orix05.jpg


3万を超える観客にナイスゲームを見せることが出来ました。

27日のファイターズ戦の予告先発は、山崎福也と大谷翔平。
西が0.01だけ防御率の差をつめた中、
オリックス打線が大谷からどれだけ点をとり、
早い回でマウンドから降ろせるかがポイント。
今年だけに限っても、2戦2敗、防御率1.93と完全に抑えこまれているだけに、
なんとか奮起して西を援護して欲しいですね。
山崎福也はファイターズ戦は相性がよく、防御率1.69で自身3勝のうち2勝を稼いでいます。
この相性をいかして4勝目をもぎとって欲しいところです。

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

若月捕手、プロ初先発マスクで連敗を4でストップ

頑張れ!オリックス・バファローズ2015
09 /26 2015
150925Orix05.jpg
23日に他界された中村勝広タイガースGMは、
2003年から2009年まで、オリックスのGMや監督などを務めらということもあって、
25日のゲームでは試合前に黙祷を捧げ、ユニフォームには喪章をつけていました。
苦しい時期にチームを支えてくださった方ですし、金子千尋獲得を主導されたという意味で、
私をオリックスファンに踏み留めてくれた方でもあります。
謹んでご冥福をお祈りします。

20日のイーグルス戦で則本~松井裕樹相手に完封負けをくらって、
21~23日の所沢でのライオンズ戦は、CS進出が懸っているライオンズのモチベーションの前に完敗。
都合4連敗で本拠地に戻ってきました。
このゲームを含め残り7試合、全て京セラドームでのゲームです。
見事なまでに期待を裏切り続けた今シーズンのオリックスですが、
最後くらいは本拠地でファンが喜ぶゲームを見せていただきたいところ。

25日からは2位確定のファイターズとの3連戦。
ライオンズやマリーンズと違ってCSへの調整という意味以外に、
さほどモチベーションがあるわけでもないので、ある意味戦い易い相手です。
オリックスの先発はバリントン、ファイターズは斉藤佑樹。

150925Orix04.jpg

バリントンは初回こそ1点を失いますが、
その後は3回以外は毎回安打されるものの、
要所を締め、無失点で6回まで投げます。
そのバリントンを好リードしたのが、
高卒でプロ2年目にして初めて先発マスクをかぶった若月健矢捕手

150925_after01.jpg

伏見捕手とともに成長が期待される若手です。
今シーズンは伊藤光に捕手としての迷いがあり、
昨年のように安定して本塁を死守できませんでした、
代わりに山崎がいい活躍をしてくれましたが、いかんせんベテランです。
伊藤の奮起のためにも、若月、伏見が伊藤を脅かす存在になってもらわなくてはなりません。

150925Orix01.jpg

このゲームでの若月はその期待に充分に応える好リードで、
バリントンの好投を引き出しました。
残り試合でどれだけ場数を踏めるかはわかりませんが、
レベルアップのための経験を多く積んで欲しいところです。

打線のほうは、前回の登板で今季初勝利をあげ、
ホークスの胴上げを阻止してくれた「恩人」佑ちゃんだからなのか、
3回まではノーヒット状態。
しかし、4回に駿太のヒットを足がかりに、
小谷野の犠牲フライ、T-岡田のタイムリーで逆転に成功。
150925Orix03.jpg

6回にも、糸井、中島の連打からまたもや小谷野が犠牲フライ、
T-岡田が今度も流し打ちでタイムリーと、同じように2点追加。

150925_after.jpg

2人で稼いだ4点でゲームを決めました。

バリントンが勝ち星がひとつ先行する4勝目。
中継ぎで小松、岸田の調子がいいのも嬉しい限りです。

150925Orix02.jpg

さすがに平日ナイターで消化試合ですので観客は少なかったようですが、
ふがいない戦いをつづけた今シーズンでありながら、
観客動員数そのものは上向きです。
残りゲームでも、その人気に応えるプレーを見せて、
最後の最後くらい「少し」大型連勝して有終の美を飾って欲しい。

26日は防御率のタイトルを大谷と争っている西が先発予定。
対するファイターズはメンドーサで、
残念ながら大谷との投げあいにはなりませんでしたが、
まず、西が好投し、防御率を下げて、恐らく27日に先発する大谷にプレッシャーをかけましょう。
(どっちにしても大谷相手にいい加減勝とうよ)

携帯・スマホからアクセスされている方は、12454290046821m.gif
アクセスカウンターをクリックして頂くようお願いします

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。