UNI.T : 「ナンマリヤ」MV公開・・ラスト活動スタート!

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /20 2018
[Readygo]Image 2018-09-19 18-39-53
何がどうして「イ・スジが2人」

18日に公開されたUNI.Tのカムバック曲「ナンマリヤ(私って)」


頭からシッポまで隙間なく「勇敢な兄弟節」ともいうべき曲で、
レトロコンセプトって意味が、「K-POP的に・・・」ってことなら、
まさにピッタリな曲調ですね。
現在の第3次GGブームでTWICEあたりからファンになった人には馴染みが薄いか、
MOMOLAND「ブムブム」のような印象を持ったかも知れない。
(あっちはシンサドンホレンイだがバリバリ・コテコテのEDMってことでは同じだ)
でも、第一次、あるいは第2次ブームからどっぷりハマっているファンにとっては、
懐かしくも楽しくなるサウンドで満足度は高い。

そこかしこに「ブムブム」でウケた映像的な演出が顔を出していますね。
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-23
[Readygo]Image 2018-09-19 18-48-25
最終的に「ナンマリヤ」に決まる前の曲名も何故か挿入されてます。
これ若者の新造語らしいですね。
「認定」ってニュアンスなのはわかったけど、用法がわからん。
でも、なんか人目をひくようなタイトルにしようとするあたり、
キム・グァンスの嗅覚ってまだ機能しているようには思える。

このMVの最大の謎はメンバー名の表記
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-00
こちらの「下段テロップ」ではちゃんと名前一人ずつなのに、
なんでこうなちゃったんだろう?
[Readygo]Image 2018-09-19 18-39-53
いっそのことスジを合成でもう一人足しておけば笑えたのに

これで最後の活動だけど、今更のようにメンバーもきっちり紹介
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-06
ただし、これのサイズが結構まちまち。

[Readygo]Image 2018-09-19 18-41-10

基本が大きいのと小さいののセットのようですが・・・
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-26
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-20
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-40
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-36
[Readygo]Image 2018-09-19 18-41-01
[Readygo]Image 2018-09-19 18-41-05

ウィジンは「小」2つだし
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-45
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-51

ユンジョウヒは一種のみ
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-10
[Readygo]Image 2018-09-19 18-40-14

ポイントダンスのところで下段に大量に馬走らせているのは過剰すぎる演出
[Readygo]Image 2018-09-19 18-48-19
でも明るい画面では白抜きは見えにくいので中途半端
[Readygo]Image 2018-09-19 18-48-31
むしろ暗いトーンの時は白抜きでいいのに、
なんだこのバランスの悪いチョイスは?

そもそも、今更のように江南スタイル
「乗馬ダンス」をぶちこんできたことに感服する。
[Readygo]Image 2018-09-19 18-48-35
いったい何の勝算があったのか?まぁレトロコンセプトの範疇には入るか。

この荒い画素のカットをたくさん入れてきたのは、
レトロ感の演出と、メインの撮影が背景ナシなので、
アクセントつけるという意図があるんだろうな。
[Readygo]Image 2018-09-19 18-42-10
[Readygo]Image 2018-09-19 18-42-14
[Readygo]Image 2018-09-19 18-42-20
[Readygo]Image 2018-09-19 18-42-23
[Readygo]Image 2018-09-19 18-42-29
[Readygo]Image 2018-09-19 18-42-35
これ、断片をつなげると一つのストーリーになっているとかだったら面白いんだけど、
そこまで求めるのはさすがにキツイか。

最後のテロップ流しのところでつなげたのは良かった。
[Readygo]Image 2018-09-19 18-49-27

で、こちらもアクセントのつもりなんだろうが、
額縁の中の暗いトーンのカットはあんまり必要性を感じなかった。
[Readygo]Image 2018-09-19 18-48-06
どうせなら全編突き抜けたバカ騒ぎだけでよかった。

その意味で、メンバー個々の「ボケ」と
他のメンバーのリアクションの構図はよかったと思う。
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-30
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-32
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-34
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-37
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-39
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-42
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-45
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-48
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-50
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-53
[Readygo]Image 2018-09-19 18-46-56
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-00
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-03
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-05
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-08
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-11
ウヒの「悪人顔」いいね。
リアクションのほうはエンシアの動きが秀逸。
2度目のジウォンの投げキッスへの醒めたリアクションが良い。

オープニングがジウォンのアップで、
[Readygo]Image 2018-09-19 18-41-43
[Readygo]Image 2018-09-19 18-41-45

投げキッスの後のジウォンのアップで締めると整合性あるものになると思ったんだが
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-13

何故かウィジンのアップで締め・・・・と思いきや
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-18

やはりジウォンのアップで締め・・何だこれは?
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-21

「No More」に比べれば各メンバーのアップパートが少ないのが不満と言えば不満。
シリアスな曲じゃないので、入れにくいのはわかるけどね。
で、ティーザーの流用と思われるアップが4人
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-48
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-51
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-53
[Readygo]Image 2018-09-19 18-47-56

背後にメンバーを従えてポーズをとるのが4人と、バランスはとっている。
[Readygo]Image 2018-09-19 18-49-08
[Readygo]Image 2018-09-19 18-49-11
[Readygo]Image 2018-09-19 18-49-14
[Readygo]Image 2018-09-19 18-49-16
[Readygo]Image 2018-09-19 18-49-19
ユンジョイェビンは両方あったけどね

全カットとことん細かく見ていけば、
一人ひとりの表情や動きで面白いのが一杯あるんだけど、
それをやるとえらい目にあいそうだし、画質的にも表現できないので、
見ている人それぞれで自分のお気に入りにのカットを探しましょう。
[Readygo]Image 2018-09-19 18-48-29
[Readygo]Image 2018-09-19 18-48-58

私の推奨はウィジンユンジョ・ジウォン
「やだわー奥サマ」って声が聞えてきそうな謎のお上品ポーズ
[Readygo]Image 2018-09-19 18-49-23

ふぅ、イッキに書いたらエライ量になりました。

スポンサーサイト

「福良ヤメロ」のボルテージが一層上がったような敗戦

バファローズ黒星日記(since 2015)
09 /19 2018
[Readygo]Image 2018-09-19 21-55-09
カントク「コジマだよ!」・・ファン「違う!」

19日のイーグルス戦は先発東明が好投
180919Orix01.jpeg
6回までは被安打1、与四球も1で無失点。
球数もそこまでは57球とほぼ完ぺきな内容。
[Readygo]Image 2018-09-19 21-54-53

7回以降もそのまますんなりいきそうでしたが、
島内・内田・銀次にヒットを打たれ一失点、
この一イニングで33球を費やしてしまい後続は断ったものの、
ここらで限界とベンチは判断。
[Readygo]Image 2018-09-19 21-55-20
復帰以来ずっと上出来な内容で投げているだけに、
このゲームで2勝目をつけさしてあげたかった。

打線の方はロメロと中島が特大アーチ
4回はロメロ
[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-05
[Readygo]Image 2018-09-19 21-54-58

5回の中島の一打は全盛期を彷彿させる見惚れるような一打
[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-07
[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-10
[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-13
この背中からほとばしる威圧感が
ライオンズ時代にさんざん痛い目にあってきたナカジのそれだ!

[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-19
[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-21
[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-25
内寄りの球を腕をしっかりたたんで振りぬいた打球は、
コンパスで測ったような美しい円を描いてスタンド上段に飛んでいきました。
ようやくの5号ではありますが、ナカジまだまだやれる!

この一打で勢いを得たか、続く白崎が2ベース。
武田アウト、安達四球で1・3塁。
最近打撃好調の若月がこの日は引っ張ってレフト前にタイムリー。
[Readygo]Image 2018-09-19 21-55-01
なおも一死1・2塁で上位打線にまわりビッグイニングを予感させましたが、
宗の打席でとった戦術はセーフティーバント・・
そしてこれが失敗でアウトを重ねただけ。
宗の判断なら仕方ないけど、ベンチのサインなら・・そりゃないよ・・って采配。
この時点で最優先に考えて欲しいのはロメロ・正尚の前にランナーを溜めること。
そのためにはアウト一つをやすやすとくれてやる作戦が一番論外。
確かに2・3塁で福田だとオプションも広がりますが、
相手にとって残りのアウトが1と2では攻め方も変ってくるはずです。
せっかく上げ潮になっていたところに
相変わらずの消極的采配で現地応援の人も落胆したことと思います。

結局2点どまりなりましたが、
6回も正尚・ナカジの連打で一死2・3塁のチャンス。
次打者の白崎の三球三振も「がっくり」でしたが、
[Readygo]Image 2018-09-19 21-55-06
それでも、「なんの次は武田だし、代打小田って切り札もる。
それにベンチにはTも伏見もまだ控えている」・・・とファンは楽観的に見れたと思います。

が・・・そんなファン心理のはるか斜め上をいくのが福良クォリティ

代打・小島

私の頭の中では京セラドームライトスタンドのファンが一斉にずっこける音が聞えました。

まさにアンジャッシュ児島の被せネタ「コジマじゃねーよ!」って思いを
全国のオリ党が共有した一瞬でした。

まぁ小島はいい当たりのショートライナーだったし、
「昇格直後の小島は打つ」はジンクスとして一応有効なので手としてゼロではない。
でも・・ここじゃないだろ。
裏の守備固めで入れるってハラがベンチにはあったんだろうけど、
それなら守備からでいいし、そもそも武田の守備悪くない。
そして何よりも代打→そのまま守備固めなら絶対に小田でしょうよ。

結局、勝負の潮目を読めない采配や勝負勘の悪さが悪い流れになるんだよな。
イーグルスとのゲームは終盤に「痛い目」にあうことが多いとはいえ、
8回に山本がマウンドにあがったときまでは、
ファンはそんな嫌な予感はしなかったに違いない。
[Readygo]Image 2018-09-19 21-55-23
が・・その山本がストライクが入らない。
今江にヒットを打たれ、田中・八百坂を連続四球で無死満塁。
ここまでマルチの島内からは三振を取れたけど、
ウィーラーは初球を打たれ、これが高いバウンドで二遊間を抜けて同点打。
[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-30
[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-33
若干不運な当たりってのもあるだろうけど、
だからこそ尚更、山本はここでマウンドから降ろすべきだったろうね。
「動くべきとこ」「動くべきでないとこ」「どう動くべきか」そのいずれも判断を外しまくって、
福良采配の失敗例オンパレードのようなゲームになってしまいました。

で、続投の山本は銀次相手にもボール先行。
結局ストライクを取りに行ったところを痛打され、3ラン食らってジ・エンド
[Readygo]Image 2018-09-19 21-44-28

ファンからすると「これでも来季も福良続投でいいの?」って
思いを強くしただけのゲームになってしまいましたね。
東明の好投もナカジの美しいアーチも全部台無しじゃん。

9/18 怒涛の6連打で一気に逆転!地味に先発全員安打のオマケつき

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
09 /19 2018
[Readygo]Image 2018-09-19 02-20-23
監督から「お小言」は頂戴したけどなんとか2勝目

18・19日は京セラでイーグルスとの2連戦。
[Readygo]Image 2018-09-19 02-19-13
先発の松葉は2回に満塁のピンチで走者一掃の3ベースを打たれ3点を失う。
この回でベンチから見切りをつけられてもおかしくはなかったのですが、
目先の1勝に拘る時期でもないからか、3回以降も続投。
3回に味方が逆転してくれて、5回まで大きなピンチも迎えず、
勝ち投手の権利を手に入れることができ、継投陣の頑張りもあって今季2勝目。
「いつ崩れるかわからない」松葉を
5回ですっぱり代えたのは松葉のためにも英断でした。
[Readygo]Image 2018-09-19 02-19-21
5回で5奪三振で与えた四球は1つだけだから、まぁ頑張ったんけどね。
来季はもっと信頼されるピッチャーにならないとね。

打線は3回に集中打で安楽をKO

この回の先頭打者若月はもはや「持ち味」と言って良い右打ちで3ベース
[Readygo]Image 2018-09-19 02-18-42
上手くバットにボールがのったときはフェンスまで飛んでいきます。

打順一番に戻って宗もこれまた「得意技」の左打ちでタイムリー
[Readygo]Image 2018-09-19 02-18-45
宗はすかさず盗塁して相手を揺さぶり、
初回にもヒットを打っている2番福田は力強くライト線に打球を飛ばして3ベース。
[Readygo]Image 2018-09-19 02-18-48
小柄ながら全身を使って強いスイングしてくれています。
来季はさらに走攻守揃った強打者に成長しそうな予感。

5試合連続で打点をあげているロメロは
この日もタイムリーを放ち、あっという間に3点差を追いつく。
180918Orix01.jpeg

少しお疲れで初回のチャンスでも凡退した正尚は
四球を選び、まだ無死でチャンス継続。
次の中島は8月30日の1試合4安打の後、
14試合で無安打が2試合だけで、チャンスにめっぽう強い。
ここでもきっちりセンター前で満塁にチャンスは拡大。
が・・・次打者は久々のスタメンのT-岡田。
ここんとこ代打で出ても凡退で、打点は今月1日にあげたのが最後。
期待薄な感じでしたが、打線の勢いにTもようやく乗ることが出来たようで、
ライト方向に強い当たりを放ち2者生還の逆転打!
[Readygo]Image 2018-09-18 20-39-16
コース・スイングから言って
Tならばアーチを架けなければいけないようなボールではありましたが、
今の調子だとライトオーバーが精一杯。
とはいえ、この一打がTが吹っ切れるきっかけになってくれれば‥と願います。
四球を挟んで怒涛の6連打。
安楽をKOしたあと、菊池にも襲い掛かって、5得点で一気に逆転に成功。

6回以降は2点のリードを継投陣が守り切る。
6回は一将は先頭に四球を与えながらもその後3人斬り。
7回は澤田が併殺とファールフライで無失点。
田中和基との「立教大同級生対決」にも勝利。
[Readygo]Image 2018-09-19 02-19-25

打線の方は4回以降は得点こそできませんでしたが、
5回に9月にはいって影の薄い大城がヒット。
7回には遅ればせながら正尚が2ベース。
そして8回には安達にヒットが出て、これで先発全員安打。
[Readygo]Image 2018-09-19 02-19-28

3試合連続の完封負け以降、吹っ切れたように打線が好調。
この時期にどんだけ打っても順位の浮上にはつながりませんが、
球場に足を運んでくれたファンを満足させるのも大事なプロのお仕事。
このままシーズン終了まで景気よくバカスカ打ってもらいたいもんです。

8回は山本、9回は増井がそれぞれホールド・セーブを
一つずつ積み上げてゲームセット。
[Readygo]Image 2018-09-19 02-19-31

19日は東明と辛島が先発。
20・21日と2日間ゲームがないので、ここは気持ちよく勝ってもらいたい。

UNI.T : カムバックインタビューフォト①全体編

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /18 2018
180917201809170747774871_5b9eddd7f26c9.jpg
個別フォトも多いし、Naver Postは早くもMVメイキング出すし・・・忙しい

18日18時に公開された「ナンマリヤ」のMV。
スタジオ内でセットなしでの撮影に昨年のソナム「Friday Night」の悪夢が蘇りかけましたが、
あれよりはカット数は多いし、撮っている雰囲気も楽しげ。
MVレビューと本日のThe Showのステージは後でじっくり記事にするとして、
まずは17日に行われたカムバックインタビューで大量に撮られた写真の紹介。
全体フォト分は「各社ごと」ではなく「撮影場所」ごとでまとめてみました。

180917IE002392558_PHT.jpg
180917IE002392560_PHT.jpg
180917120275_110562_122.jpg
18091720180917083828285724.jpg
最後の一枚は掲載用ではないような・・・

ここのは外からの光が強すぎて少し白っぽくなってしまっています
この場所だと、平和コンサートでの派手派手衣装が合っていた感じですね。
180917BBNqrqz001.jpg
180917PS18091700018.jpg
1809171537155271471386.jpg
18091720180917112615314860_0_600_380.jpg

この屋外撮影が色合いは一番良くて、私も早速待ち受け画面に採用しました。
180917PS18091700019.jpg
180917PS18091700022.jpg
180917restmb_jhidxmake001.jpg
180917restmb_jhidxmake002.jpg
180917215412_245240_053.jpg
180917215469_245324_2440.jpg
1809171537155258283235.jpg
ウヒのスタイルの良さとスジの大人っぽさ、そしてウィジンのカッコよさが引き立っていますね。

えらい中途半端な場所と背景で撮ったものもあります
180917NISI20180917_0000202500_web.jpg
1809172018091710394754200.jpeg
1809172018091710404269200.jpeg
1809172018091710411157400.jpeg
1809172018091710422983500.jpeg
180917NISI20180917_0000202501_web.jpg
ウィジン、ややO脚気味ww

アングルで一番バリエーションが多かったのが階段での撮影
180917DnRbXldUcAAmLuK.jpg
180917236905_290032_0042.jpg
180917DnRbUIsVAAAp0mF.jpg
1809172018091612021879186_2.jpg
180917PYH2018091610960001300_P2.jpg
18091730000612982_1280.jpg

一番枚数が少なかったのが本棚の間での撮影。
180917120275_110564_332.jpg

ブックセンターのようなところで撮影するというのはおしゃれな感じがしますね。
韓国の大都市って、壁を本棚で埋め尽くしたようなカフェもあって、
本棚を知的インテリアとして活用するのが好きなのかも?

The Unit : 9/15 「SBS THE SHOW 平和コンサート」ステージ。「ナンマリヤ」先行公開なれど。

SONAMOO ウィジン出演:アイドル再生プロジェクト「THE UNI+」
09 /18 2018
[Readygo]Image 2018-09-18 02-35-23
とりあえずは新曲用の衣装だけ堪能しよう

15日、UNI.Tの2つ目のステージは江原道鉄原(チョルォン)郡での、
「SBS THE SHOW平和コンサート」
もともとは「DMZ(非武装地帯)平和コンサート」と銘打たれたイベントが、
江原道などで毎年の様に色んなカタチで行われているのですが、
今年に入っての南北融和の状況と、その更なる進展を希求して、
SBSはDMZの冠を外したようです(8月のMBC主催のイベントは従来のまま)。

このステージでは「ナンマリヤ」を先行公開
(後日このステージがTHE SHOWで放映されるためです)

先行公開のためアップされたファンカムは即日削除されたようで、
画像でのみ新曲の雰囲気を確認することが出来ます。
180915DnIiYHTUwAASZnO.jpg
180915DnJgjk2U0AA7XQb.jpg
180915DnJgkQOUcAA3AHi.jpg
180915DnJIEDaU0AAO0PD.jpg
180915DnJIEDbVYAIw5qM.jpg
180915DnJIEDcVsAAhj4E.jpg
※一部生き残っているファンカムもありますが、
楽しみは本日夕刻にとっておきましょう。

ということでファンカムの方は「No More」のみ
衣装が他のメンバーに比べて自己主張強すぎる。
「オシャレな囚人服」ウィジンフォーカスで。


ウィジンの身長とスタイルでこの衣装はインパクトありすぎ
[Readygo]Image 2018-09-17 02-49-42
[Readygo]Image 2018-09-17 02-49-46
[Readygo]Image 2018-09-17 02-49-52
[Readygo]Image 2018-09-17 02-49-55
[Readygo]Image 2018-09-17 02-50-13
[Readygo]Image 2018-09-17 02-50-16

縦長ファンカムでも目立つウィジン
[Readygo]Image 2018-09-17 02-42-36[Readygo]Image 2018-09-17 02-42-44[Readygo]Image 2018-09-17 02-42-47
[Readygo]Image 2018-09-17 02-42-50[Readygo]Image 2018-09-17 02-42-53[Readygo]Image 2018-09-17 02-45-55
[Readygo]Image 2018-09-17 02-46-01[Readygo]Image 2018-09-17 02-46-05[Readygo]Image 2018-09-17 02-46-20
[Readygo]Image 2018-09-17 02-46-23[Readygo]Image 2018-09-17 02-46-29[Readygo]Image 2018-09-17 02-46-35
[Readygo]Image 2018-09-17 02-46-38[Readygo]Image 2018-09-17 02-46-45[Readygo]Image 2018-09-17 02-48-19

ウィジンだけでなく、メンバー個々のレトロ風の衣装もバラエティ豊かで、
ステージが華やかで楽しそう。音楽番組でのパフォーマンスも楽しみです。

17日にカムバック前のインタビューがネット各配信で大量の画像と共に一斉に公開された。
前回もそうだったけど、これを全部ブログ記事に貼っていくとなると骨が折れるぞ。

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。