4/21 西、好投実り、ようやく今季初勝利・・・ただし、恐怖の増井劇場つき

勇猛果敢に頂きを目指せ! 2018 オリックス・バファローズ、勝利の記録
04 /21 2018
[Readygo]Image 2018-04-21 17-14-19
今シーズン「4度目」の非の打ちどころないピッチング

21日のイーグルス戦は則本との「ガチ勝負」をあえて外し、
まずシーズン初勝利を西につけようという一日ずらしでの西先発。

そんなベンチに思惑に応えるのは、西というよりは打撃陣。
今季調子の上がらない美馬に対して、2回に早くもマレーロの先制ソロ。
[Readygo]Image 2018-04-21 15-59-52
[Readygo]Image 2018-04-21 18-43-59
外角低め、マレーロがかっ飛ばすにツボのコース。
綺麗な放物線を描いてレフトスタンドにズドン。
山川が足踏みしているので、これで単独トップの6号となりました。
さらに2死から、前日は「反省ベンチ」だった大城がスタメン復帰してヒット。
そしてここんとこ意外と頼りになる若月が2ベースで大城生還。
[Readygo]Image 2018-04-21 18-42-56

4回には今やTよりも安定感のある伏見が無死からヒットで出塁し、
大城がきっちり送って、若月アウト、宗四球の後に、
この日2番に入った安達がこの2本目のヒットで1点追加。
[Readygo]Image 2018-04-21 18-43-05

センターが捕った位置が浅いと判断したか、
伏見のスタートが良くなかったと判断したのか、
風岡3塁コーチはストップを指示
[Readygo]Image 2018-04-21 18-43-10

で、3塁を狙った宗がニ三塁間に挟まれてしまい・・
[Readygo]Image 2018-04-21 18-43-14

その隙をついて伏見がホームイン
[Readygo]Image 2018-04-21 18-43-19
これは、結果的にはイーグルス側のランダウンプレーの判断ミスでしたね。
ただ、サードでストップかけなきゃいかんような浅さではなかった気もするんですが・・・

今の西の調子なら「もう十分」という3点を序盤で奪うことができたのは大きい。
が・・・これまでの3試合の「罪滅ぼし」を考えればもっと取ってやっても良い。

その意味では8回の一死満塁のチャンスを潰したのは痛かった。
その前の打席も含め伏見が2併殺。
そんなとこまで、Tの役割を担わなくてもいいのに・・・。

西の内容は完ぺきでしたね。
奪三振こそ、6つと控えめではありますが、
アウトのうち外野フライになったのが僅か2つ。
ヒット3本打たれたのも含め、外野に飛んだのが5回だけ。
内野フライ、内野ゴロでアウトのほとんどを取っています。
いかに甘いところにボールがいかなかったかを証明しています。

[Readygo]Image 2018-04-21 18-43-28
そんなキレキレの状態で、8回終わって、無失点。
球数も107球だったので、
西ならば完封狙わせるだろうと思っていましたが、

意外や意外、9回のマウンドに上がったのは増井。
[Readygo]Image 2018-04-21 18-43-40
多分、あと1点取っていれば、セーブつかないから行かせなかったのでしょうが、
3点差というところと、西がランナー出してからの交代よりかは・・という判断だったのでしょう。

ただ・・その増井投手が現場を含め試合を見守るオリ党の肝をしっかり冷やしてくれました。
まず、先頭の今江に・・・
[Readygo]Image 2018-04-21 18-43-53
メモリアルアーチを気前よく進呈。

一発のある打者が続くのに、続けて四球で無死一塁。
今季初めてバッテリーを組む山崎との相性まで心配してしまいましたが、
この状況でやっとエンジンがかかったのか、怖いウィーラー・ペゲーロ連続三振。
最後は代打藤田をサードゴロに仕留めて、逃げ切り成功。
[Readygo]Image 2018-04-21 18-44-07
昨年の平野でもよく見たシーンだし、
こんな場面であっさり同点弾というのもオリ党は悲しいけどいつも脳裏によぎる。
でも、増井投手は、ヒヤヒヤさせはするけど、
最後はなんとかしてくれる・・と信じられそうです。

ともあれ「4度目の正直」で西、今季ようやく初勝利です。

若月が走塁時に足を痛めて途中でベンチに下がり、
明日のスタメンマスクが心配なところですが、
代わった山崎もリード面については安心は出来るので、
ムリはさせないでいただきたい。

明日の予告先発は山岡と池田。
前回の池田は勝ち投手になってはいるけど内容はよくない。
かたや山岡は前回がベストピッチ。
一週間前の好投を再現できれば2カード連続の勝ち越しも不可能ではありません。
ホークス、ライオンズと当たる前に少しでも借金減らしておかないと・・・


スポンサーサイト

ソナ:「Up ! Pretty」制作発表会後の個別インタビューフォト・・貫録すら感じる美貌

ハン・ソナ大女優への道
04 /21 2018
1804211524209718_1345359.jpg
30代になってもこの美しさのままだろうね

20日に行われた「Up ! Pretty」の制作発表会。
そのステージ上でのソナの画像も、
各芸能サイトでものすごい数がアップされていますが、
施設内の別の場所に移動してのインタビュー&フォトタイムの画像も、
たくさんアップされていて、
こちらの方がより美しくこの日のソナを捉えています。

180421201804201443723537_4.jpg180421201804201443723537_1.jpg
180421201804201443723537_3.jpg
180421201804201443723537_2.jpg
1804212018042012275669459_1524194876.jpg
180421201804201910771025_5ad9bd146a570.jpg
180421DbNwZKuVAAAdQsx.jpg
180421DbNwYk_VwAUpui6.jpg
180421DbNwaHqVQAACXot.jpg
180421201804200948214110_2.jpg
180421201804200948214110_1.jpg
1808211RYBWIQLGR_1.jpg

インタビューの中で、ソナは作詞の勉強をしていることや、
インディーズバンドに興味を持っており、そのような形態で歌ってみたいと、
音楽活動についても復活の可能性に触れていました。
女優としての更なる活躍はもちろんのこと、
歌手としても、ソナの才能を眠らしておくのは勿体ないので、
是非ステージで歌う姿も再び見せて欲しいですね。

制作発表会ステージでの画像も少し追加
180421897059734.jpg
180421201804201136773592_5ad959164f239.jpg
180421201804201057201510_1.jpg

ちなみにこの日の衣装候補は2つだったようで
[Readygo]Image 2018-04-20 22-43-46
正しい選択であったように思われます

ソナインスタ最新画像
[Readygo]Image 2018-04-20 20-51-10[Readygo]Image 2018-04-20 20-51-14
[Readygo]Image 2018-04-20 20-51-27[Readygo]Image 2018-04-20 20-51-30
[Readygo]Image 2018-04-20 20-51-20[Readygo]Image 2018-04-20 20-51-23
[Readygo]Image 2018-04-20 20-51-33[Readygo]Image 2018-04-20 20-51-36
[Readygo]Image 2018-04-20 20-51-43[Readygo]Image 2018-04-20 20-51-46
[Readygo]Image 2018-04-20 20-51-50
「婿殿オ・ジャクドゥ」第14話まできてますが、
視聴率は10%前後と、前作に比べてやや苦戦。
同枠のSBSドラマには勝っているけど、
少し時間が被るKBSの「一緒に暮らしませんか?」が強い。


パク・セワンさん主演のWEBドラマ「囲碁ガール」公開間近、全州国際映画祭にも出展されます。

パク・セワン(박세완):期待の新進女優
04 /21 2018
[Readygo]Image 2018-03-15 23-52-33
「一緒に暮らしませんか?」DLしたものがたまってる・・・

現在KBS週末ドラマ「一緒に暮らしませんか?」出演中のパク・セワンさん。
彼女の演技もドラマ自体も大好評で、序盤の時点で既に視聴率30%をマーク。
半年間という長いクールのドラマなので、今年を代表する作品になりそうな勢いです。
パク・セワンさんの魅力満載のドラマですので、
どっかで腹括って一気に遅れを取り戻して記事にしていきたいところです。

こちら、母親役キム・ミギョンさんとのインスタ画像
[Readygo]Image 2018-04-21 04-37-28


パク・セワンさん、昨年末にWEBドラマの撮影をしていたことを、
私、迂闊にも完全にスルーしていました。
今回、その作品が5月の全州国際映画祭に出展されるとの、
彼女のインスタ情報でやっと知ることができました。
201804132013505113.jpg
タイトルは「囲碁ガール(オモク・ソニョ)」
主演はもちろんパク・セワンさんで、
かっての天才囲碁少女が、再び囲碁で全国大会を目指すというもの。

201804132013089384.jpg
201804132013425565.jpg
201804132013478513.jpg
201804132014234069.jpg
201804132014268659.jpg
201804132014288287.jpg
2018041320141910555.jpg
全編で58分と長い作品ではないので、ドラマとして大きな起伏はないかもしれませんが、
逆に内容を内容をコンパクトにまとめることができていれば、
面白い作品に仕上がっている期待も持てます。
出来れば最初から字幕付きで見たい作品ではあります。
映画祭への出展と同時に5月にはWEB上で公開されるのではないかと思います。

今年の百想芸術大賞、TV部門の新人女優賞で絶対にノミネートされると思っていたんですが、
「学校2017」で共演したキム・セジョンさんがノミネートされたのに、
パク・セワンさんは入りませんでした。
出演している作品の数や、その演技の幅の広さから考えると、
パク・セワンさんの方がより評価されてしかるべきと思っていたので残念です。
[Readygo]Image 2018-04-19 02-36-48[Readygo]Image 2018-04-19 02-37-35
[Readygo]Image 2018-04-19 02-37-09[Readygo]Image 2018-04-19 02-37-14
[Readygo]Image 2018-04-19 02-36-40
まぁ、年末のKBSでの演技賞はほぼ確実だと思いますけどね。

交代機の難しさ・・・・ディクソンの「これまで」を考えると止む無しだったのか

バファローズ黒星日記(since 2015)
04 /20 2018
[Readygo]Image 2018-04-20 20-47-08
宗、先制のタイムリー2ベース。
得点圏打率(.364)を考えると、Tと打順を入れ替えても面白いかも?

20日の仙台でのイーグルス3連戦初戦。
3連勝を目指すには高い壁となる先発則本。
このゲーム、唯一大きく崩れたのが3回。

先頭安達が2ベースで出て、福田が送りバントを決め一死3塁。
若月は倒れるも、宗が左中間を割る2ベースでまず1点。
続く正尚も追い込まれてからセンター前に軽打で1点追加。
小谷野・ロメロも続いて、4連打で2死満塁と、追加点のチャンス。
が、マレーロの当たりはショート三好の好プレーにも阻まれチェンジ。
ここでもうひと攻め出来ていれば、十分に勝ち目はあったのですが・・・

オリックス先発のディクソンは4回にウィーラーに一発を浴びるも、
5回までは四球も出さず、連打も許さず、球数も66球と、
前回と同じように引き締まったピッチング。
[Readygo]Image 2018-04-20 20-47-27
が、6回2死後にアマダー、ウィラーに連打を浴びたところで、
ベンチは限界と判断。近藤をマウンドに送りました。
しかし、この近藤が大誤算で、ペゲーロにストレートの四球で満塁。
さらに茂木に対してもコントロールが定まらず押し出しで同点。
9球投げてストライクを1つしか取れずにまさかの降板。
代わった比嘉が嶋に走者一掃の2ベースを打たれ、
この回4点と大きくひっくり返されました。

あとアウト一つ・・ディクソンの続投という手はなかったでしょうか?
確かにディクソンは直前まで好投をしていても、
突如崩れてしまうことは過去に何度もあったこと。
今回も1点しかリードしていない状態と、
則本からこれ以上の追加点を奪うのが難しいという状況の中で、
経験則からディクソンを見切るはアリだとは思います。
しかし、ここでポイントとなるのは、出したランナーがいずれもヒットだということ。
球数に関係なくディクソンが大崩れする前兆は、
それで言えば、そこまで無四球であるのと、
ヒットを打たれた2人に対してもストライクをとるのに窮して打たれたというわけではない。
確かに次打者は長打のあるペゲーロですが、打率は2割切っている状態。
この場面で「経験則」と「この日の調子」を
ちゃんと秤にかけての交代であったのかどうかが疑問に残ります。

さらにここで近藤をマウンドに送ったベンチの判断。
もちろん定石としては間違っているとは思いませんが、
この日昇格した左腕の海田が7回に左打者3人を抑えたことを考えると、
ブルペンでの判断は正しかったのかどうかというところにも疑問符がつきます。
※近藤の後の比嘉という流れは打たれましたが、これは間違っていないと思います。

この日のケースは「結果として失敗」ではありますが、
「100%ベンチが悪い」と責められるものではないと思えるくらい、
判断の難しいものではあったと思います。
ただ、それがより確実性を増すように、
ベンチ・ブルペンワーク全体の高準化を目指し、
良き反省材料になることを願って止みません。

これで、またまたカード初戦を取れなかったわけですが、
明日の先発は西、その次は山岡。
イーグルスの美馬・池田の今の調子を考えると、
2連勝だって十分に考えられます。
負け越して最下位転落・・ということは避けてもらいたい。


ソナ:「Up ! Pretty」制作発表会・・・ケーブルTVのバラエティ番組だけど注目度は高い

ハン・ソナ大女優への道
04 /20 2018
1804201RYBVXE75H_2.jpg
「主役」の美貌

20日午前、ソウル江南区清潭洞ドレス・ガーデンで、
23日から放送開始のソナがメインMCを務める番組、
「Up ! Pretty」の制作発表会が開かれました。

180420IE002320263_STD.jpg
180420201804201133779070_5ad952bfa94ea.jpg
これまでブログ記事でバラエティ番組の制作発表会を取り上げたことはありません。
それはシクリであれ、ソナムであれ、
バラエティ番組の「初動メンバー」に入ってなかったからなのかも知れませんが、
(ヒョソンのビューティバイブルも1stシーズンではなかったような・・・)
ケーブル局配信のビューティー情報番組が、こうして制作発表会を開き、
しかも大勢のマスコミが集まっているというのは、
注目度が高いからということではないでしょうか。

この日のソナは番組のメインMCとして、
まさにステージの真ん中で、その美を誇っています。
180420201804201106774222_5ad94b58121dc.jpg1804202018042011154162089_1.jpg
18042020180420105849_P_00_C_1_388.jpg180420397684_43248_1353_org.jpg
1804201RYBVGWLIU_1.jpg1804201RYBVWG025_1.jpg

芸能サイトにアップされている画像がとにかく多い
1804202018042011204312726-540x781.jpg180420201804201054770295_5ad948d2abde7.jpg
180420DbMlaEwVMAAOOD0.jpg180420DbML5JmU8AAM38Q.jpg
1804202018042014445283239540x692.jpg180420201804201209770029_5ad95a088bdc2.jpg
180420IE002320275_STD.jpg180420DbMu6IYVAAI5KgR.jpg
1804202018042011211901407_1.jpg180420DbMsj8mVQAI4qeZ.jpg
[Readygo]Image 2018-04-20 15-21-27180420DbMu63DUwAEi5bi.jpg

ドレスの柄も素敵だけど、ソナのバックラインが飛び切り美しい
18042020180420131528_1206175_600_1000.jpg1804201RYBWA7W6F_1.jpg
1804202018042011285997289_1.jpg180420201804201133779070_5ad952bfeceb3.jpg
インタビューでも「背中を重要なチェックポイントにしている」と語っていました。

制作発表会終了後は別室にて個別のインタビューもあり、
これはこれまで見たドラマの制作発表会でもなかったもの。
1804202018042012220779754_1.jpg
180420201804201311777111_5ad968998cdc6.jpg[Readygo]Image 2018-04-20 16-47-57
インタビューの中で、ソナはこれまでドラマでの演技に比べて、
素で向き合うバラエティーの仕事への適性に不安を感じる部分もあったと語っています。
(自動翻訳が不明瞭なのでちょっと意訳です)

180420DbMslT9VQAEHSOp.jpg
180420DbMskQWVAAAo_xM.jpg
また、今後は色んなバラエティー番組にチャレンジしたいとも語っており、
事務所移籍から1年半が経ち、ドラマ出演も安定したペースになってきた中で、
いよいよ、マルチタレント・ソナの姿を押しだしていくことになりそうです。
そこに、シクリの頃と変わらぬ「スター担当のソナ」の姿を私たちは見ることができるでしょう。

180420DbMsk-YU0AA9Hwq.jpg
今回のインタビューでは語っていませんが、
私が2018年のソナに一番期待を寄せているのは、
「初めての(本格的)映画出演」です。それも主要な役どころで。

30歳を越えても息長く、韓国芸能界で主要なポジションにいることが出来るかどうか、
今回の「Up ! Pretty」でのメインMCとしてのソナの活躍は、その試金石となるかも知れません。

個別インタビュー時の画像はもう少しアップされるかも。
その時はソナのインスタ画像とともに追加記事にします。

gotama

K-POPグループSECRET(シクリ)、SONAMOO(ソナム)の動向、オリックス・バファローズの応援を中心に、色んな趣味、雑学などを日々徒然に書き込んでいきます。原則毎日更新です。
2017年2月1日より自営業者になりました。